NFT投資とは?NFT投資の仕組みや特徴・投資の始め方を解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/8/26

NFT投資とは

 

「NFT投資って何だろう?」

「NFTって暗号資産とは違うの…?」

 

NFTは(非代替性トークン)といいます。一般的な仮想通貨が代替性トークンのことを指すのに対し、NFTは「替えが効かない、ブロックチェーン技術を利用して証明する技術」のことから「非代替性トークン」と呼んでいます。

 

NFTはメタバースの分野でも、毎日目にしない日はないほど、IT化やデジタル化の進んでいる現代では「誰もが知っておきたい基礎知識」の一つに数えられています。

 

そこでこの記事では、

 

◉ NFT投資とは?

◉ NFT投資の仕組み

◉ NFT投資のメリット

◉ NFT投資のデメリット

◉ NFT投資の始め方

 

について解説します。この記事を読むことで、「NFT投資」の基本的な仕組みが分かるようになります。ぜひ、NFT投資について理解を深め資産運用や資金運用の参考にしてみてください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

NFT投資とは?

NFT投資が話題となっていますが、NFTとは「Non-Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)」の略で、非代替性トークンのこと。このNFTに対して投資を行うことを「NFT投資」と呼んでいます。

 

NFT投資の仕組み

NFT投資の仕組みですが、NFT投資からリターンを得る方法の1つに、関連する暗号通貨への「投資」という選択肢があります。

 

暗号通貨にはそれぞれ、流通の場と通貨があります。例えば、エンジンプラットフォームで発行されるEnjin Coinや、分散して発行されるMANAなどがこれにあたります。

 

NFTと連動する暗号通貨の価格は上昇傾向にあります。関連株の保有やデジタル作品の購入など、関連する暗号資産に投資することで利益を得ることができます。

 

暗号通貨は、それぞれのプラットフォームで取引可能なデジタル資産にリンクさせることで、取引データがブロックチェーン上に保存され、所有者情報が改ざんされないようにすることができるのです。

 

注目度の高まりとともに、連動する暗号資産への需要も高まり、証券価格が上昇しています。

 

その他、オペラに投資する方法として、マーケットプレイスがあります。マーケットプレイスでは、様々な音楽作品や芸術作品がNFTにリンクされ、ブロックチェーンで配信されます。

 

このリンクにより、これらのデジタル作品の偽造やコピーが不可能になるだけでなく、その独自性を証明し、希少性を確保することができます。リンクされたデジタル作品は、第三者が市場で購入することができ、第三者はクリエイターに対価を支払うことができます。

 

また、その独自性から、美術品や音楽などの他のデジタル作品や、チケットやトレカなどのアイテムにも応用されており、価値の上昇が見込まれるコンテンツを購入し、より高い価格で販売する投資手法としても注目されています。

 

NFTを市場で購入し、価格が上がったら売るという方法もある。カビが生えないため数が少なく、価格高騰も珍しくはありまsねn。また、取引に使用する暗号通貨の価格変動で儲けることも可能です。

 

こうした問題に関わる暗号通貨には、特定のゲームで使用できる暗号通貨や、ブロックチェーン上でアプリケーションやゲームの開発を可能にする暗号通貨など、さまざまな種類があります。

 

例えば、Engine Coins、Tezos、Chilliesなどが関連する名称として挙げられます。エンジンコインは、ゲーム内のデジタルアセットと連携できる暗号通貨ですが、人気ゲーム「マインクラフト」で使用できることから話題を呼びました。

 

参考:公式サイト | Minecraft

 

NFT投資のメリット

NFT投資のメリットですが、これまで価値を証明することが難しかったデジタル資産を売買できるようになるメリットは大きいです。NFTを利用することで、所有者情報が改ざんされたり、不正に転売されたりする可能性がなくなります。

 

これまでのデジタルデータのやり取りでは、データの改ざんやコピーが可能で、一意性が保証されないため、価値を保証することが困難でした。

 

しかし、NFTはブロックチェーンを通じてデジタル著作物の価値を証明できるため、不正や改ざんを不可能にすることができます。

 

また、NFTがあれば、デジタル資産の価値はしっかりと守られます。デジタルクリエイターにとっては収入源になりますし、投資目的でデジタル資産を購入する人が増えれば、巨大なマーケットになります。

 

実際、世界最大のNFT市場であるオープンシーでは、毎月20億米ドル以上の取引が行われており、NFTに使われるイーサリアムには、スマートコントラクトという機能があります。スマートコントラクトを使えば、契約を自動化することができます。

 

従来の契約では、仲介者である第三者が必要であったり、複雑な書類のやり取りが必要でした。仲介者や書類の存在が、安全な取引の保証になるからです。

 

しかし、NFTの場合、ブロックチェーン技術によって信頼が保証される。スマートコントラクトにより、契約の実行と価値の移転が保証されるからです。

 

NFTでは、これまでのような複雑な契約は必要ありません。自動販売機でお金を入れて商品を選べるように、契約もいちいちサインしたり、第三者に仲介してもらったりすることなく自動化できるのです。

 

参考:Enjin|みんなのNFT

 

NFT投資のデメリット

NFT投資のデメリットですが、NFTはオークションや転売が可能ですが、その際に交換される仮想通貨の価値が下がると、購入時の価格より大幅に下がる可能性があります。

 

また、NFT市場そのものが過熱しているときに購入したデジタル資産は、ブームが収まると価格が下落する可能性があります。このため、NFT取引には投機的な要素が強いことを理解しておくことが重要です。

 

イーサリアムなどの仮想通貨を使ってNFTを売買する場合、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。この手数料は変動するため、購入するデジタル資産によっては、ガス代が資産自体の価格よりも高くなることがあります。

 

NFTを取引する際は、ガス代を含んだ価格であることを前提にする必要があります。NFTを通じて取引されるデジタル資産は、データそのものがない場合が多く、NFTには資産の所有者としてしか記載できない場合がほとんどです。

 

実際の資産が手元に来るわけではないので、実際の所有権という感覚とはやや異なるイメージです。デジタルアセットは画面上に表示することができるので、所有者は優越感に浸ることができるかもしれません。

 

デジタル資産の実データを取得できたとしても、それは民法上の所有権にはなりません。このあたりの法的理解も欠かせません。専門家によると”NFTに関する法整備は、白黒がはっきりしないグレーゾーンにある “といいます。テクノロジーの進化は非常に速く法律がそれに追いついていないのです。

 

参考:今さら聞けない「NFT」と法律、著作権 – 日経クロストレンド

 

NFT投資の始め方

NFT投資の始め方ですが、NFTを取引するには、イーサリアムと呼ばれる暗号トークンが必要ですが、これを購入するには先に、取引所に口座を開設する必要があります。

 

取引所に口座を開設したら、すぐにイーサリアムを購入することができます。どのくらいのイーサリアムが必要なのかを調べるには、まず買いたいNFTの価格を調べます。

 

取引方法は、売り取引所で購入する方法と、取引所で購入する方法があります。売り取引所は取引が容易ですが、高いスプレッドを徴収されます。一方、取引所は、スプレッドはかかりませんが、取引は少し難しいです。

 

次に、自分のイーサリアムとマーケットプレイスを連携させるためのウォレットを作成します。ウォレットとは暗号資産を保管・管理するための財布で、イーサリアムを含む様々な通貨を保管することができます。

 

ウォレットをマーケットプレイスに接続します。マーケットプレイスは登録不要で、ウォレットに接続するだけでNFTを取引することができます。

 

マーケットプレイスに接続すると、あとは好きなNFTを購入することができます。NFTはさまざまな通貨のブロックチェーン上で取引されますが、その中でも最も好まれるのがイーサリアムです。

 

イーサリアムのブロックチェーンはガス代が最も高いですが、取引量が最も多く、枚数も多いのが特徴です。

 

参考:ethereum.org

 

NFTの使用できるマーケット

マーケットプレイスによって、使用できるブロックチェーンが異なります。他のマーケットプレイスで使われていないマイナーなブロックチェーンを選ぶと、相互運用が難しくなるのです。

 

マーケットプレイスを選ぶ際には、ブロックチェーンの種類だけでなく、手数料や支払い方法などにも注意が必要です。

 

また、マーケットプレイスでNFTアートを購入する前に、どのようなウォレットが必要なのか、そこに暗号資産を保管する必要があるのかの確認も済ませておく必要があります。

 

NFTでアートを販売したい場合は、販売するマーケットプレイスと使用するブロックチェーンの種類を決定する必要があります。両方が決まったら、デジタルアート作品を登録し、各マーケットプレイスでどのように販売するかを設定してください。

 

また、販売方法を設定する際に、作品を再販する際の手数料をいくらにするかも設定します。

 

参考:MetaMask

 

NFT投資の注意点

NFT投資の注意点ですが、NFTを買うには仮想通貨が必要なので、仮想通貨を買うときとNFTを買うときに手数料が発生します。取引手数料は、何度も売買する人にとっては意外と負担になるので注意が必要です。

 

例えば、コインチェックのNFTでは、売却手数料として売却価格の10%、退出手数料として0.01ETHがかかります。

 

こうしたNFTの取引手数料は「ガス代」と呼ばれ、NFTの売買やNFT-artの登録を検討している人は、ガス代が発生するタイミングを把握しておくことが、無駄なコストをかけないために重要です。

 

NMTを購入する際は、コンテンツの著作権に注意してください。NMTのコンテンツ自体はブロックチェーンに関連するものであり、独自の価値を持つことが保証されていますが、そもそもコンテンツに著作権があるかどうかは不明確です。

 

また、数億円分のアートを購入したとしても、外部契約を結ばない限り、NFTのアートの著作権は原画家に帰属することになります。購入をすると、著作権も含めて自分のものになる!というわけではありませんので、ご注意ください。

 

購入したNFTアートはブロックチェーンの内部ではなく、ブロックチェーンの外部に保管されます。保管場所はNFTの開発者やパブリッシャーが決定し、IPFSや自社サーバーを利用するのが一般的です。

 

IPFSでは、各コンテンツに識別子が付与され、トークンのメタデータとしてブロックチェーンに格納されます。IPFSでは、メタデータはプラットフォームが所有するサーバーに保存されますが、プラットフォーム独自のサーバーを使用して保存することも可能です。

 

デメリットは、データ管理が複雑で初心者には理解しがたいことなので、できればスマートフォン用のモバイルウォレットを用意してデータを保存しておくとよいでしょう。

 

参考:IPFS Powers the Distributed Web

 

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産の違いは、単純にトークンが代替可能か非代替可能かの違いです。

 

暗号資産はFT(Fungible Token)であり、資産の個々の識別子を無視し、「資産価値0.1百万円のデジタルデータ」として扱うことで他の暗号資産や現金と交換することができる。つまり、暗号資産はカンジブルトークンなのです。

 

一方、NFTは、各作品の識別データに基づいて冪乗値が割り当てられ、他の同等作品と交換できないユニークな存在として扱われます。そのため、似たようなデータでも全く違うものになる可能性があり、多くの場合、その金銭的価値は相対的な取引によってのみ決定されることになります。

 

このような理由から、美術品との相性が良いのです。NFT技術は、この世に1つしか存在し得ないという証明を提供できるため、他の代替サービスや商品等と交換することなく、唯一無二の存在とすることができます。

 

一方、NFTが注目されるのは、競争の激化もあります。専門家によれば、「イーサリアム以外のブロックチェーンプラットフォームのプレーヤーが集まってきています。

 

これからは、こうしたプラットフォーム同士の戦いが始まります。かつての検索エンジンやECサイトと同じような競争が起こるだろう」とのこと。

 

イーサリアム(ETH)は、ヴィタリック・ブテリン氏が開発したプラットフォームの名称である。ここで使われる仮想通貨はEther(イーサ)と呼ばれますが、日本ではプラットフォームもEtherも「イーサリアム」と呼ばれることが多いです。

 

現在、NFTの取引のほとんどは、このイーサリアムのブロックチェーン上で行われています。イーサリアムはプラットフォームでありながら、オープンソースのソフトウェアプロジェクトであるため、中央のコントローラーが存在しません。

 

NFTの市場が加熱するにつれ、プラットフォームとしてのイーサリアムと仮想通貨イーサの両方が評価されつつあります。

 

参考:イーサリアムとは? | ethereum.org

 

まとめ|NFT投資

今回は「NFT投資」について解説しました。「NFT投資」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「NFT投資」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。「NFT投資」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a****o様が
    700万円を調達しました。

  • p******h様が
    1100万円を調達しました。

  • r***w様が
    100万円を調達しました。

  • n*****e様が
    500万円を調達しました。

  • d****y様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング