NFTアートとは何か?NFTアートの作り方や売買の方法を解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

NFTアートとは

 

「NFTアートが高値で売れたってニュースを見たよ」

「NFTアートって一体、どのような芸術の事なの…?」

 

NFT、メタバース、NFTアートといったキーワードを目にしない日はありません。WEBメディアだけでなく、国会でもメタバースについて取り上げられる機会が増えています。

 

NFTアートは、NFT(非代替性トークン)と紐付いたデジタルアートのことで、インターネット上では有名な作家のNFTアートが高値で取引されるようになりました。

 

そこでこの記事では、

 

◉ NFTアートとは?

◉ NFTアートが注目される理由

◉ NFTアートの仕組み

◉ NFTアートの作り方

◉ NFTアートの買い方

 

について解説します。

 

この記事を読むことで、NFTアートの基礎知識が理解できるようになります。NFTアートはイラストレーターやデザイナーなど、クリエイターの未来を切り開く新しい可能性を秘めています。

 

この記事を参考にぜひ、大きなビジネスチャンスや発表の機会を手に入れてください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

NFTアートとは?

NFTアートとは、NFT(Non-Substitutable Token)と連動したデジタルアートのことです。デジタルアートとは、「電子的に存在するアート」と理解することができます。インターネット上にアップロードされたイラスト・3D、音楽、動画などがこれにあたります。

 

NFTアートは、所有者や発行者の一意性を記録・証明でき、改ざんができない特性を持つブロックチェーン技術を利用しています。画像や写真、動画、Twitterのつぶやきなど、どんなデジタルコンテンツでもNFTアートにすることができるのです。

 

そもそもNFTとは、「Non Fungible Token」の略で、直訳すると「かけがえのないトークン」。これを理解するには、「non-fungible」と「token」の2つに分ける必要があります。

 

NFTの説明から、NFTアートとはブロックチェーン技術を使って作られたかけがえのないデジタルアートを指すことが分かります。

 

これまで、デジタルアートは数多く存在し、インターネット上にも多く存在しましたが、簡単にコピーや改ざんができたため、資産価値はほとんど生まれませんでした。

 

しかし、ブロックチェーン技術により、デジタルアートに改ざん不可能な所有権証明書を発行することが可能となり、デジタルアートの資産価値が生まれました。

 

アートの最初の所有者が誰なのか、アートの所有履歴に関するすべての情報を記録・確認することが可能になったのです。

 

作成されたNFTアートは、オンラインマーケットプレイスで簡単に取引できるようになり、敷居がかなり低くなりつつあります。NFTアートはブロックチェーン技術を使用していますが、ブロックチェーン技術を使用することで、改ざんが困難となり、独占性が保証されます。

 

そのため、ブロックチェーンを利用したNFTアートは、あらゆるデジタル資産の所有権と「真贋」の情報を提供します。

 

NFTアートで取引されるものはすべてデジタルデータです。しかし、簡単にコピーできる従来のデジタルデータに比べ、NFTアートは複製が非常に困難で、独自の価値を証明することができます。また、NFTアートの出現は、アーティストの権利保護にも非常に有効であると考えられています。

 

これまで、アーティストが創作した作品がいくら二次市場で転売されても、その対価が支払われる仕組みがありませんでした。

 

しかし、ブロックチェーン技術を活用したNFTアートは、二次市場での取引に対して一定の対価をアーティストに還元する仕組みの構築を可能にしました。こうした仕組みの構築も、NFTアートの人気が急速に高まっている理由です。

 

NFTアートが注目される理由

NFTアートが注目される理由は、有名なアートを所有できる可能性に加え、NFTの市場規模が拡大し、高いポテンシャルを秘めているためです。NFTの登場により、デジタルデータに独自性が加わり、それを所有する人の「所有権」が確定しました。

 

これまで、デジタルアートの公開は、簡単にコピーされ配布される危険性がありました。また、コピーとオリジナルの区別がつかず、あいまいになってしまうケースも少なくありませんでした。

 

しかし、NFTアートの場合、その「非譲渡性」によって原画の存在が証明され、美術品としての所有の意味を持つようになりました。最近では、オンライン美術館「NFTアートミュージアム」が誕生するなど、NFTアートに接するチャネルも増えてきました。

 

NFTアートをはじめとするデジタルアートが新たな展開を見せる中、既存の人気アーティストもこの分野に興味を持ち始めています。2021年3月、現代美術家の村上隆氏がNFTマーケットプレイス「OpenSea」で初のNFT作品を展示しました。

 

同月には、テレビ俳優としても活躍するVRアーティストもOpenSeaに作品を出品し、日本人アーティストとしては史上最高額となる約1300万円で落札されています。

 

海外の著名なアーティストもNFTアートに挑戦したり、既存の作品をNFTアートとして発展させたりしており、今後、デジタルアート全体の質の向上が期待されます。

 

サザビーズと並ぶ2大オークションハウスの一つであるクリスティーズは、アメリカのアーティスト、ビープルのNFTアートのデジタルコラージュを約75億円の高値で落札しました。

 

実際に落札されたのは、作品のJPGファイルです。しかし、所有権を示すNFTスタンプが添付されていたため、高値がついたといいます。最近では、デジタルアートを専門に扱うオンラインギャラリーも登場し、オンラインでのアート売買が活発化しています。

 

NFTアートの仕組み

NFTアートを扱うNFTプラットフォームでは、誰もが公平に取引することができます。今までのアートマーケットは招待制で、有名なアーティストしか出品できないなど、誰でも参加できるものではありませんでした。

 

その代わり、NFTアートはNFTプラットフォームで取引できるため、仮想通貨とウォレットさえあれば、身分や国籍、知名度に関係なく、公平にアート作品の交換を楽しむことができるようになりました。

 

これまでも多くの人がアートに投資してきましたが、NFTアートの特徴は、より投資的な側面を持っていることです。NFTアートの価格変動は比較的大きく、短期間で値上がり・値下がりするケースもあります。そのため、短期的な利益を得るためにNFTアートを取引する人もいます。

 

NFTアートへの投資を始める際には、仮想通貨取引と同様に、価格変動やそのアーティストが有名になった経緯などをできるだけ調べておくことが重要です。

 

これまで、作品を展示する際にギャラリーや美術会社が手数料を差し引くことが多く、アーティストとして十分な収入を得ることができるのは一部のアーティストに限られていました。

 

一方、NFTアートの場合、アーティストはギャラリーやアート会社にコミッションを支払う必要がなく、NFTのプラットフォーム上で簡単に作品を展示できるため、多額の収入を得るアーティストが増えています。

 

さらに、作品が売れたときだけでなく、転売されたときにも収入を得ることができるため、アーティストの収入機会も広がる仕組みになっています。また、アートバイヤーにとっては、支援するアーティストに直接資金を投じることができる絶好の機会でもあります。

 

そもそもNFTとは?

そもそもNFTとは、「Non-Fungible Token」の頭文字をとったもので、日本語で「非可溶性トークン」を意味します。Non-fungible tokenとは、「世界にひとつだけの価値」を生み出すことができるトークンのことを指し、現在は主にブロックチェーンゲームで使用されています。

 

ちなみに、NFTに関連してよく話題になる「仮想通貨」は、ファンジブルトークン(FT)と呼ばれています。ユニークで交換不可能なトークンをNFTと呼び、暗号通貨(仮想通貨)のように交換可能なトークンをFT(Fungible Token)と呼びます。

 

NFT技術は「交換不可能」であることから、例えばゲームにおいて独自の価値を持つキャラクターを作成したり、会費や不動産などの所有権を証明するために広く利用されています。

 

ほとんどのNFTは共通の「ERC721」規格に従って発行されるため、この規格に準拠したウォレットやマーケットであれば、原則どこでも取引可能です。

 

NFTはブロックチェーン上に構築されているため、生成されるデータに「一意性」を付与することができます。つまり、本物の絵画や宝石がコピーや偽造できないのと同じように、コピーや偽造ができないユニークなオブジェクトを作成することができるのです。

 

NFTは、特定の組織ではなく、分散型のブロックチェーンで管理されています。そのため、ビットコインやその他の暗号資産と同様に、購入したNFTを自由に譲渡・取引することが可能です。

 

NFTの技術的な特徴は大きく4つあります。1つ目は「独自性」です。本来、デジタルデータは容易に複製や改ざんが可能なため、所有者の特定が難しく、その分価値が上がります。

 

NFTの場合、デジタルデータが改ざんされないよう、ブロックチェーン上に真正性の証明や所有者の証明を記録するため、他のデジタルデータと区別して独自性を持たせることが可能です。つまり、ユニークなデータとしてのアセットアビリティが出現するといえます。

 

2つ目は、「相互運用性」です。従来のプラットフォームでは、デジタルコンテンツを購入したプラットフォームのサービスが終了すると、デジタルコンテンツは利用できなくなります。

 

一方、NFTは共通の規格で公開・配布されているため、複数のプラットフォームでデジタルコンテンツを利用することが技術的に可能です。ただし、共通規格はメタ情報であり、複数のプラットフォームで利用するには、コンテンツのフォーマットそのもの(音楽、映像、3Dデータなどのファイルフォーマット)が各プラットフォームで動作することが前提になります。

 

将来的にすべてのプラットフォームで利用できるようにするためには、コンテンツの種類ごとに標準化することが望ましいでしょう。

 

3つ目は「プログラマビリティ」です。契約内容を電子化し、ブロックチェーン上で指定された取引を自動的に履行する仕組みを「スマートコントラクト」と呼びます。

 

NFTはスマートコントラクトで実装できるため、取引量の制限や時間経過による価値の増減など、様々な機能を付加することが可能です。

 

NFTもスマートコントラクトを利用して実装することができます。また、NFTの取引履歴はブロックチェーン上に公開され、過去にさかのぼって確認することができるため、二次流通後の取引の場合、収益の一部を原作者に還元するなどのプログラムを設計することが可能です。

 

4つ目は「取引可能性」です。所有者を明確にし、固有性、資産性を持たせることができれば、取引が可能となります。また、取引内容はブロックチェーン上で公開され、誰でも検証できるため、安全性の高い取引が可能です。

 

なお、取引されるNFTは、デジタルデータの真正性の証明や所有権の証明とされるメタ情報であり、データのリンクに関する情報が含まれます。データそのものは、データ容量の制約からブロックチェーンの外部に保存されるのが一般的です。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

NFTアートの作り方

NFTアートの作り方ですが、NFTアートの制作にルールはありません。そもそも、NFTアートとして販売されているコンテンツには、音楽、画像、動画など、さまざまな形式が存在します。

 

著作権を侵害しない作品であれば、どのような形式のコンテンツでも作成することができます。多くのアーティストは、PhotoshopやIllustratorといったAdobeのソフトウェアを使って、ビジュアルコンテンツを制作しているようです。

 

仮想通貨を保持するウォレットを作成します。次に、NFTアートを出品するためのマーケットアカウントを作成します。最後に、PhotoshopやIllustratorで作成したNFTアートをマーケットプレイスにアップロードします。

 

定価販売やオークションはご存知の通りですが、バンドル販売とはすでにアップロードした他の商品とバンドルしてアートを販売する方法です。販売方法と価格が決まったら、いよいよNFTアートをマーケットプレイスに掲載します。これで販売が開始できます。

 

NFTアートの買い方

NFTアートの買い方ですが、購入するには仮想通貨が必要です。まず仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。次に、仮想通貨を保管するためのウォレットを作成します。

 

NFTアートワークの販売で説明したように、使いやすいウォレットとしてMetaMaskをおすすめします。その後、オープンな仮想通貨取引所に日本円を入金し、NFTアートワークを購入するために必要な仮想通貨を購入します。

 

OpenSeaなど多くのNFTマーケットプレイスでは、イーサリアム(ETH)を使って売買が行われているので、準備しておきましょう。

 

イーサリアム(ETH)を購入したら、MetaMaskにダウンロードします。最後にNFTのマーケットプレイスに登録し、ウォレットに移した仮想通貨でNFTのアートワークを購入します。

 

利用するマーケットプレイスによって販売されるNFTアートが異なりますので、次章で利用するマーケットプレイスを選択してください。

 

NFTアートの注意点

NFTアートの注意点ですが、NFTアートを投資ととらえる人もいます。そのため、株と同じように価格変動があり、価格が下落することもあります。

 

また、NFTアートはまだ新しい市場なので、価格変動が激しいという特徴もあります。流動性も低いため、価格下落時の損失が大きくなることも留意すべき点です。

 

NFT取引で主に使用されるイーサリアムには、「ガス代」と呼ばれる手数料がかかります。このガス代は、イーサリアムを発見したユーザーが自由に値付けを行うことができるので、そのためNFT取引の需要が高まれば、ガス代も上昇します。

 

少額の手数料でNFTアートを購入できるとはいえ、気をつけたいのは、「あれ?「思ったより料金が高かった」とならないように注意しましょう。NFTアートは2021年に出始めたばかりなので、取引方法、買い手の権利、著作権の問題など、まだまだ不透明な部分が多いのです。

 

実はNFTアートには所有権と著作権の違いがあり、所有権を持つ購入者はアーティストに無断で複製や配布などの利用をすることはできません。また、NFTアートの偽物も出回っているため、NFTアートを購入する際には注意が必要です。

 

これは、NFTを購入する際に最も注意すべき点かもしれませんが、Openseaを含むNFTのプラットフォームは、基本的にブロックチェーンに対応したクリプト ゲーム内のキャラクターやアイテムをNFT化し取引するためのプラットフォームとして設計されています。

 

そのため、アカウントは必ずしも現実世界の実在の人物の情報とリンクしている必要はなく、誰でも複数のアカウントを作成することができます。

 

つまり、NFTを作成する人の身元は必ずしも完璧ではなく、アカウントの身元を偽ることも可能なのです。実際、OpenseaなどのNFTプラットフォームで発生している問題のひとつに、この身元偽装による詐欺があるのです。

 

現状、購入者は慎重にならざるを得ないが、NFTのプラットフォームでも対策がとられている。例えばOpenseaでは、NFTがデジタル証明書の詳細な説明を行い、その内容を説明するURLを添付することができます。

 

作品を購入する際には、こうした詳細な情報を確認し、その作品が本当に作者によってNFT化されているのかを確認することが重要だと考えられています。

 

NFTを購入する際に注意しなければならないのは、NFT加工されたデータそのものをコピーすることが可能だということです。アーティストが自身のデジタルコンテンツをNFTの形で販売したとしても、データ自体は従来通りコピー可能です。

 

ただ、コピーが可能であっても、NFTの購入者はそのコピーを防ぐことはできません。これは、NFTがデータそのものをコピーできなくするのではなく、デジタルコンテンツがいつ、誰のものかを証明する証明書がブロックチェーンと連携しているという性質に基づくものです。

 

この性質により、NFTは生産者から購入者に譲渡され、購入者はNFTに含まれるデジタルデータの正式な所有者となります。このように、世界中で証明できるあるデジタルデータの正式な所有権を買うとイメージすると、NFTを管理しやすくなるかもしれません。

 

NFTのプラットフォームは、もともとゲーム内のコンテンツをやり取りするために開発されたものなので、ゲームの延長線上にあると捉えられることが多いようです。また、NFTは資金決済法上の暗号資産に該当しないと解釈されており、NFTの運営者は金融規制当局の監督対象外に置かれています。

 

したがって、金融法上の意味では、事業者自身に落ち度がある可能性も否定できないことに留意する必要があります。NFTを売買する際には、ルールをよく確認した上で行動しましょう。

 

NFTの取引ができるプラットフォーム

NFTアートを取引できる代表的なプラットフォームは以下の通りです。

 

・OpenSea

・Coincheck NFTs

・LooksRare

 

それぞれの内容を順にみてみましょう。

 

OpenSea

OpenSeaは、世界で最も有名なNFTのマーケットプレイスです。2017年にイーサリアムブロックチェーン上の世界初のNFTマーケットプレイスとして誕生しました。

 

2021年8月現在、月間15億6400万米ドルの取引量を記録し、現在も成長を続けている。NFT市場の中で最も歴史が古く、ユーザー数も多いため、NFT取引が初めての方でも安心して利用できる市場です。

 

参考:OpenSea, the largest NFT marketplace

 

Coincheck NFT

コインチェックNFTは、日本で初めて仮想通貨取引所が運営するNFT市場です。仮想通貨取引所「Coincheck」と連携しているため、取引所で仮想通貨を獲得した後、そのままNFTを購入することが可能です。

 

また、この市場は、NFTの取引で問題となっていたガス代(手数料)や難しい取引方法を排除し、簡単で手数料無料の取引を実現しているのが特徴です。そのため、とにかく気軽にNFTの取引を始めたいという方には最適なNFTマーケットプレイスです。

 

参考:Coincheck NFT

 

LooksRare

LooksRareは、2022年1月10日にローンチしたNFTマーケットプレイスで、仮想通貨LOOKSのコミュニティによって運営されています。

 

コミュニティファーストのマーケットプレイスであり、NFTの買い手と売り手に対して積極的に報酬を与えることを特徴としています。そのため、リーズナブルな価格でNFTの取引を始めたい方におすすめできます。

 

また、2022/01現在、OpenSeaの競合他社から顧客を獲得するため、過去にOpenSeaで3ETH以上取引した人には、トークンを無料で提供しています。難点としては、サービス開始後間もないため、日本語での利用方法に関する情報が少なく、初心者が挑戦しにくいことが挙げられます。

 

参考:LooksRare – NFT Marketplace | LooksRare

 

NFTアートの今後の動向

2015年の登場以来、NFT市場は着実に成長を続けています。特に、2020年後半から2021年前半にかけて急成長し、ゲームやアートなどの分野で次々とユースケースが生み出されています。

 

例えば、米国のアーティストが制作したデジタルアートが6900万米ドル(約75億5550万円)、SNSの共同創業者による初の出版物が291万5835米ドル(約3億1640万円)でオークションに出品されました。

 

また、プロスポーツ選手のコレクションや名シーンがデジタルカード化されて話題を呼んだり、コレクターズゲームが大ブームとなったりしています。ブロックチェーンゲーム市場では、ゲーム内で購入したアイテムと連動したNFTが売買されています。

 

アジアの一部の国では、ゲーム内で入手したNFTと仮想通貨を自国通貨に交換することができ、「勝つために遊ぶ」世界を実現しています。

 

現在、NFTはデジタルアートやゲームオブジェクトなどのデジタルコンテンツの所有権証明として使われることがほとんどですが、最近では絵画などの物理的なオブジェクトの所有権証明としての利用例も出てきています(例:Physical to Digitalなど)。

 

今後は、NFTを鍵やチケットとして物理的なモノの利用を可能にするでしょう。これまで価値がないとされてきた領域をNFT化することで発見するユースケースの登場も期待されています。

 

参考:How Businesses are Transforming From Physical to Digital

 

まとめ|NFTアート

今回は「NFTアート」について解説しました。「NFTアート」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「NFTアート」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。「NFTアート」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • y******x様が
    1100万円を調達しました。

  • f****u様が
    500万円を調達しました。

  • j***w様が
    1100万円を調達しました。

  • n*****g様が
    700万円を調達しました。

  • r*****j様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング