キャリアカウンセラーの平均年収と資格取得の方法を徹底解説!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

キャリアカウンセラー

 

あなたは『キャリアカウンセラー』と呼ばれる職業を知っていますか?

 

キャリアカウンセラーは、仕事のキャリアや進路などをアドバイスするカウンセラーのことで、企業内で働くカウンセラーの中でも、国家資格(キャリアカウンセラー資格)を持ったカウンセラーのことを指しています。

 

一般的な産業カウンセラーよりも、平均年収が多いためにキャリアアップを目指して、キャリアカウンセラー資格を取る方やキャリアカウンセラーを目指して勉強する方が増えています。

 

そこでこの記事では、

 

◉ キャリアカウンセラーとは

◉ キャリアカウンセラーが人気の理由

◉ キャリアカウンセラーの平均年収

◉ キャリアカウンセラーが活躍できる場所

◉ キャリアカウンセラーに必要な資格

 

について解説します。この記事を読むことで、キャリアカウンセラーになる方法や必要な資格が分かるようになります。

 

現在の職場でのキャリアアップ、転職、就職活動で「キャリアカウンセラー」を目指している方は、ぜひ本記事を参考にキャリアカウンセラー資格を取得してみましょう!

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

キャリアカウンセラーとは

キャリアカウンセラーとは、本人との対話を通じて、希望するキャリアの選択と発展を支援するキャリア形成の専門家です。キャリアカウンセラーの活躍の場は、

 

◉ 企業の人事部

◉ 教育関連部署

◉ 人材紹介会社、人材派遣会社

◉ 就職支援センター

◉ 学校

◉ 行政機関

◉ 独立系

 

など、そのニーズは多岐にわたります。就職や転職に関する悩みだけでなく、職場の人間関係、将来への漠然とした不安、もっと自分らしくありたい、育児・介護・医療と仕事の両立など。

 

日常生活におけるさまざまな問題について、カウンセラーは一人ひとりと対話します。

対話を通じて、人生で出会うさまざまな経験を積極的に受け止め、それを成長の糧として、より幸せな人生を自ら切り開いていけるようサポートしています。

 

日本では、2016年4月に新しい国家資格「キャリアコンサルタント」が誕生しました。キャリアカウンセラーとは名称が異なりますが、社会で果たすべき役割は同じです。イキイキと働く人を増やし、活気ある社会を実現するために活動するといえるでしょう。

 

参考:国家資格 キャリアコンサルタント試験

 

キャリアカウンセラーは、どんな仕事が自分に合っているのか、今の職場では自分の能力が評価されていないのではないか、など仕事に関する相談を受け、自分に合った人材やポジションを探し、問題や悩みを解決する手助けをします。

 

キャリアカウンセラーの仕事は、適職を見つけることにとどまりません。仕事に関する悩みは、その人の価値観や人生観と深く関わっています。

 

キャリアカウンセラーは、キャリアカウンセリングを通じて、クライアントが自分自身と向き合い、自分自身の価値観や世界観を再発見し、自己理解を深めていくことを支援します。

 

キャリアカウンセラーの仕事の中心は、クライアントが自分自身の価値観を発見し、「やればできる」という自信をもって職場で活躍できるようになることを支援することです。

 

キャリアカウンセラーは、個人と社会の間に立ち、人々が仕事を中心とした健康的な人生を送れるように支援しています。

 

参考:キャリアコンサルタントとして活動している方へ – 厚生労働省

 

キャリアカウンセラーが人気の理由

キャリアカウンセラーが人気の理由ですが、「キャリアカウンセラー」「キャリアコンサルタント」「キャリア○○」といった言葉が含まれる資格が増えていますが、この背景には、労働環境の変化が大きな要因として挙げられます。

 

かつての日本では、終身雇用や年功序列が当たり前でした。しかし、こうした考え方は、今や過去のものとなっています。

 

例えば、「年功序列」については、時代の変化に対応できなければ、企業として成長するどころか、存続できなくなるため、年齢ではなく、能力で評価する企業が増えています。

 

また、ワークスタイルも多様化し、転職も珍しくありません。一つの会社や同じ働き方に縛られず、一人ひとりが自分らしく働ける時代だからこそ、積極的に自分のキャリアと向き合うことが必要なのです。

 

とはいえ、「自分に合った働き方がわからない」「目標を実現する方法がわからない」といった悩みはあるはずです。

 

そんなキャリアの悩みを解決してくれるのが、キャリアカウンセラーです。政府は、企業に対し、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントを活用し、社員のキャリア形成を積極的に支援することを求めています。

 

日本の経済・社会環境は、この10年あまりで大きく変化しました。バブル経済とその崩壊を経て、2008年にはリーマンショックに端を発した世界同時不況が始まりました。

 

このような長い経済不況の結果、終身雇用制度や年功序列といった日本企業の伝統的な労働制度は失われました。労働環境は大きく変化しています。

 

同時に、個人の仕事観も変化しています。仕事だけでなく、余暇や人生の楽しみも重視し、自分の好きな生き方に合わせて仕事を選択する「ワーク・ライフ・バランス」の考え方が徐々に浸透し、その価値観も多様化してきています。

 

こうした社会や個人の変化により、日本では多様な働き方を選択することができるようになりました。

 

その一方で、一つの企業や組織で継続的かつ安定的に働くという「キャリア」を築くことが難しくなってきているのも事実です。自分の価値観や職業観、人生観に基づいて、自分自身のキャリアを形成していくことが重要になってきています。

 

参考:ワークライフバランスとは? – アデコ

 

キャリアカウンセラーの平均年収

キャリアカウンセラーの平均年収ですが、厚生労働省の調査によると、教育機関に勤務するキャリアカウンセラーの過去1年間の年収は、500万円以上が40.1%、300万円以上500万円未満が26.6%となっています。

 

また公的職業支援機関では、100万円以上300万円未満が46.9%、300万円以上500万円未満が41.2%で、他の2グループより低い傾向にあります。

 

これは、公的な就職支援機関に勤務するキャリアカウンセラーの約8割が非常勤であることに起因していると考えられ、人材派遣会社や公社に勤務する場合は、勤務先の給与体系に従って毎月固定給を支給されるのが一般的です。

 

キャリアカウンセラーの多くは派遣社員やアルバイトとして働いているため、給与は人によって異なり、この職業全体の平均年収を見るのは参考にならないかもしれません。

 

キャリアカウンセラーは社会的な需要が高いものの、パートタイムで働く人が多く、収入が不安定と言われています。この問題を解決するために、国が中心となって企業にこの仕事を普及させ、安定した収入を得られるような環境を整えているのです。

 

キャリアカウンセラーが活躍できる場所

キャリアカウンセラーが活躍できる場所ですが、キャリアカウンセラーの活躍の場は、年々増えています。代表的な職場は、教育機関、人材会社、ハローワークなどの公共職業安定所、一般企業などです。

 

キャリアカウンセラーは、派遣社員や出向社員など非正規雇用であることが多く、その場合は複数の職種を掛け持ちしているケースが目立ちます。また、個人事業主やフリーランスとして独立して活動する場合や、企業や教育機関から委託を受けて活動する場合もあります。

 

キャリアカウンセラーは、キャリアカウンセリングの資格が必要な場合が多く、自身の経験を生かせる仕事であるため、資格のない新卒者は就くことができません。

 

ただし、一部の教育機関や人材紹介会社では、新卒者を募集しています。正社員であれば勤務先、派遣社員であれば派遣先、個人事業主であればカフェでの講演やどこかのホールでのセミナー運営など、勤務地は変動することが多いようです。

 

働く場所によっては、キャリアアドバイザーの国家資格の保有を求められることもありますし、キャリアアドバイザーに関する他の民間資格を目指している場合もあり、それぞれ求められる資格やスキルは異なります。

 

また、勤務する企業や機関によっては、「カウンセラー」「キャリアカウンセラー」「キャリアアドバイザー」と呼ばれることもあり、必ずしも「キャリアカウンセラー」と呼ばない方がわかりやすい場合もあります。

 

職種によって、キャリアカウンセラーに求められる役割や仕事の流れは異なるので、自分がどこに当てはまるかを考えることが大切です。

 

キャリアカウンセラーに必要な資格

キャリアカウンセラーは、資格が重要な職業ではありません。人材紹介会社や人材派遣会社、企業の人事部などで働くキャリアカウンセラーは、資格がなくても新卒でキャリアカウンセラーとして働き始めることができます。

 

なお、教育機関や国の専門家支援機関でキャリアのプロとして働く場合、キャリアアドバイザーの資格が求められる可能性が高いです。

 

2016年4月にキャリアカウンセラーの国家資格が創設されたので、将来的にキャリアカウンセラーを目指すのであれば、キャリアカウンセラーの国家資格を取得することが望ましいでしょう。

 

キャリアカウンセラーになるための決まったルートはありませんが、大学や中学、専門学校を卒業後、人材紹介会社や一般企業の人事部で採用試験を受けるなど。

 

このほか、業界や職種を問わず企業で実務経験を積みながらキャリアカウンセラーの講座を修了し、キャリアカウンセラーの国家試験に合格してキャリアカウンセラーとしてのキャリアを歩むことができます。

 

参考:キャリアコンサルタントになりたい方へ – 厚生労働省

 

キャリアカウンセラーの注意点

キャリアカウンセラーは国家資格ですが、取得したからといって、すぐにキャリアの専門家になれるわけではありません。むしろ、キャリアカウンセラーになるためのスタートラインに立ったということです。

 

キャリアを支援するためには、キャリアガイダンスのスキルや経験、そして自分自身の実務経験が必要です。ある現役のキャリアカウンセラーの言葉を借りれば、”そこにたどり着くまでに、たくさんの回り道をしなければならない “ということです。

 

経験や知識を活かせる仕事だからこそ、キャリアカウンセラーになるのに遅すぎるということはありません。

 

これまで、キャリアガイダンスの資格は、組織によって未整理で、キャリアカウンセラーのスキルやレベルを評価することが困難でした。そこで、国家資格である「キャリアカウンセラー資格」が創設されたのです。

 

今、国家資格の取得を考えている人は、国家資格を取得した人という社会的信用を得ることができるので、「キャリアカウンセラー国家資格」に注目しましょう。

 

試験は筆記試験と実技試験からなり、筆記試験と実技の論文試験は年4回(2月、5月、8月、11月)実施されます。実技試験は、学科試験の1~2週間後に行われます(試験を実施する団体により異なる)。

 

国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が認定する研修を受講・修了しているか、進路指導等の分野で3年以上の経験を有していることが必要です。

 

2016年の第3回試験の合格率は、2つの試験会場で平均49.3%でした(学科試験と実技試験を同時に受験した人の場合)。これらのデータから、簡単ではないことがわかります。2017年2月27日現在、15のトレーニングコースが認定されています。

 

キャリアカウンセラーの実務能力検定(1級・2級)は、キャリアカウンセラーの国家資格の最高峰の資格で、社内ではまだ民間資格が2つ施行されています。キャリアカウンセラーを目指すなら、派遣会社や人材紹介会社、ゼネコン企業の人事部など、新卒者に門戸は開かれているのです。

 

人材派遣会社は、社員を募集している企業と転職・就職を希望する個人を結びつける役割を担っています。一般企業の人事部の役割は、人材を通じて組織を発展させることです。

 

適切な部門構成や人員配置を行うことから、社員のモチベーションを維持し、仕事に励むための目標管理制度の導入まで、仕事は多岐にわたります。

 

こうした企業で働きながらキャリアカウンセリングのスキルを高めたいのであれば、キャリアカウンセラーの国家資格取得を目指すとよいでしょう。実際、入社後に資格を取得する人も多く、資格取得後にフリーランスのキャリアカウンセラーになる人もいるほどです。

 

教育機関や公的なキャリア支援機関でキャリアカウンセラーとして働くには、キャリアガイダンスの資格が必須です。ほとんどの求人には「キャリアコンサルタント」が記載されています。

 

これまで、いくつかの民間団体があり、それぞれ独自の進路指導の資格を持っていましたが、2016年4月に国家資格「キャリアコンサルタント」が創設されました。

 

将来的にキャリアカウンセラーを目指すのであれば、この資格が最も一般的でしょう。国家資格であるキャリアカウンセラーは、養成講座を修了し、学科試験と実技試験に合格し、キャリアカウンセラーの登録簿に登録することで取得することができます。

 

キャリアカウンセラーーは独占称号資格であり、キャリアカウンセラーでない者がキャリアカウンセラーやそれに紛らわしい称号を名乗ることはできないことになっています。

 

その他、キャリアカウンセラーは5年ごとに資格の更新が義務付けられており、知識と技術を最新の状態に保つことができます。

 

まとめ

今回は「キャリアカウンセラー」について解説しました。「キャリアカウンセラー」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

なお「キャリアカウンセラー」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「キャリアカウンセラー」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a****o様が
    700万円を調達しました。

  • p******h様が
    1100万円を調達しました。

  • r***w様が
    100万円を調達しました。

  • n*****e様が
    500万円を調達しました。

  • d****y様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング