生産性向上で役立つ補助金と助成金5選【2022年最新版】

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

生産性向上

 

「生産性向上に役立つ補助金はないかな?」

「生産性向上に役立つ助成金があれば申請したいなあ…」

 

このように、生産性向上のために【補助金や助成金】の申請を検討中の経営者や管理者の方は多く、国もこうしたニーズに応えるべく様々な制度を設けて経営者を支援しています。

 

そこでこの記事では、

 

◉ 補助金助成金がおすすめの理由

◉ 生産性向上で役立つ補助金

◉ 業務効率化で役立つ助成金

◉ 補助金・助成金申請で必要な書類

◉ 補助金・助成金の注意点

 

について解説します。この記事を読むことで、今申請できる補助金や助成金の内容が分かるようになります。

 

補助金や助成金であれば、融資ではないので返済の負担がないのがうれしいですね。

この記事を参考に、生産性向上や業務効率化を目指しましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

生産性向上に補助金助成金がおすすめの理由

生産性向上に補助金助成金がおすすめの理由ですが、経済活動の再開とともに、新型コロナウイルスに関連した補助金や助成金の話が多く聞かれるようになりました。雇用、起業、社員教育など、目的に応じて企業に支給される補助金制度は数多くあり、時期によって公示される内容は変わります。

 

補助金は国の政策により、さまざまな分野で提供されています。新製品のための設備投資やITツールの導入など、生産性の向上を目指す中小企業を対象としています。

 

申請は年間を通じて受け付けており、いくつかの締切日が設定されているので、企業は十分な準備の上で応募することができます。申請が採択された企業は、交付決定内容に従って事業を開始します。

 

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、特別枠として補助率が引き上げられたり、別枠で定額補助が上乗せされたりするケースがあるようです。

 

なお、ここでいう「生産性」とは、従業員数や労働時間に対して、どれだけ達成できたかを示す指標のことです。生産性の向上は、企業に大きな利益をもたらします。

 

時間とプロセスの効率化により、従業員の労働時間を短縮することができます。人件費などのコスト削減が期待できるほか、削減した時間を既存の製品やサービスの付加価値を高める業務に集中させることができます。

 

また、AIやRPAの導入による生産性の向上は、人材不足の解消につながると期待されています。これまで人間が行っていた作業を自動化できれば、社員は「人間にしかできない仕事」に集中でき、限られた人的資源を効率的に働かせることができます。

 

効率化による残業時間の削減は、社員のモチベーションアップにつながります。そして、働きやすい環境は、離職率の低下や優秀な人材の確保につながります。

 

労働生産性は「一人当たりの付加価値額」です。生産性には他にも「物的生産性」「付加価値生産性」などがありますが、日本では主に「労働生産性」のことを指しています。

 

生産性(労働生産性)の向上についても考えなければいけません。日本は高齢化が進んでおり、最も働きにくい年齢層である30歳以上の人口は減少を続け、2000年の4686万人から2030年には4501万人になると言われています。

 

日本生産性本部が発表した「国際労働生産性比較2020」によると、日本の一人当たりの労働生産性は81,183ドル(約824万円)で、OECD加盟国37カ国中26位となっています。

 

グローバルな競争の激化を乗り切るために生産性を上げなければ、やがて国内市場シェアすら外国企業に独占されてしまうかもしれないというのは危険なことです。働き方改革を推進することで、労働者はワークライフバランスを実現するために働きやすい環境を求めています。

 

生産性向上が進まない企業は、従業員の総労働時間を減らさない傾向があり、このままでは人材確保が難しくなることは間違いないでしょう。このような背景から、近年一人ひとりの生産性を向上させることがより重要な課題となっています。

 

参考:生産性向上のヒント集 – 厚生労働省(PDF)

 

生産性向上で役立つ補助金

生産性向上で役立つ補助金は、次の通りです。

 

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型)

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)

 

生産性向上で役立つ助成金

生産性向上で役立つ助成金は、次の通りです。

 

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(一般型)

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)

働き方改革推進支援助成金 (労働時間短縮・年休促進支援コース)

 

補助金・助成金申請で必要な書類

補助金・助成金申請で必要な書類ですが、各補助金プログラムでは、運営事務局が異なるため、申請手続きや書類もそれぞれ異なります。多くの場合、助成金申請には、申請書、事業計画書、原価計算書、事業申請書、申請書などが必要です。

 

審査は非公開で行われますが、審査員は大学教授や大企業の経営者など異分野の専門家であり、それぞれの立場から厳しく審査されます。こうした異分野の専門家を納得させるためには、ありきたりな企画書ではなく、さまざまな工夫を凝らした書類を用意する必要がある。

 

補助金申請の案内ページには、申請書の記入例が掲載されていることが多いです。この記入例を参考にして申請する人も多いが、これではライバルに対して優位に立てません。つまり、記入例レベルの申請書は受理されないという現実があるのです。

 

ライバルに差をつけ、受理されるためには、まず、自分の応募作品が「例題より優れている」レベルでなければならないことを意識する必要があります。申請書の冒頭に、「ビジネスプランの概要」という項目があることがあります。

 

あまり充実した項目ではないので、書きすぎることはできませんが、まずこのサマリーが目に留まるようにすることが、合格への重要な第一歩となります。

 

ここでありきたりな印象しか与えなかったり、印象が薄かったりすると、審査員はそれ以上読もうとは思わないかもしれません。逆に、ビジネスプランの概要が魅力的であれば、その先を読んでみようと思ってもらえるので、非常に有利です。

 

応募書類に「問題点、取り組み、解決策」の項目がある場合、専門用語や業界用語を使わず、読み手が理解できるように記述することが重要です。なぜなら、応募書類を読む評価者は、大学教授や大企業の経営者など、さまざまな分野の専門家ですが、すべての分野の専門家ではないので、業界用語を多用した応募書類は理解できない可能性があるからです。

 

業界用語だけでなく、その業界特有の事情や慣習なども詳しく説明するように気をつけましょう。業界の人間にとっては当たり前のことでも、主観的な用語が使われていると理解しにくいことがあります。

 

ビジネスプランに「実施体制」の項目があり、補助事業の実施に社外のメンバーを巻き込む予定がある場合は、自社の体制だけでなく、社外のメンバーを含めた実施体制も示してください。また、各人がどのような責任を負うのかを具体的に記述してください。

 

社外メンバーを含む場合は、責任だけでなく、具体的な実績も必ず記載すること。支援プロジェクトの計画スケジュールでは、課題・項目ごとに、いつ、どのような活動を行い、その結果、どのようなアクションを起こすのかを明確にまとめてください。

 

審査をする側はここでスケジュールの実現可能性を評価しようとしますので、あまりにも実現が困難なスケジュールを提出すると不信感を持たれます。反対に余裕のありすぎるスケジュールは、いい加減な印象を与えます。また、大雑把すぎるスケジュールも、計画性のなさを印象づけます。

 

「設計」「試作」など、実施する項目をわかりやすく見出し、簡潔で十分な、説得力のあるスケジュールにしてください。また、市場規模や競合状況を統計で示しましょう。このとき、計画の説得力を高めるために、各省庁の公式データを利用するとよいでしょう。

 

もちろん、信頼できる民間の研究機関が発表している統計データを利用することもできます。どのようなデータを使うにしても、必ず出典と引用元を明記しましょう。

 

それぞれの数字はあらゆる角度から調査・分析されているので、一つの数字だけで説得しようとせず、複数の数字を使い、分析することが大切です。

 

異なるデータを異なる視点で提示することは、審査員を納得させるだけでなく、事業計画そのものの見直しや新たな販売戦略の発見につながることもあるのです。

 

競合他社を包み隠さずリストアップすることを忘れないようにしましょう。競合他社の製品・商品・サービスの特徴や販売戦略を分析することは、自社の製品・商品・サービスの特徴や販売戦略を分析することにもつながるというメリットがあります。

 

競合他社との比較は、わかりやすい形でまとめると良いです。特徴や課題、問題点などを簡潔にまとめ、ポイントがわかりやすく、長くなりすぎないように心がけましょう。

 

売上・利益計画は、これまで述べてきた問題点や解決策、スケジュールなどを数字で表す部分ですので、詳細な分析に基づいた客観的で説得力のある数字にするようにするとOKです。

 

事業開始時の赤字はやむを得ませんが、翌年以降黒字になるような利益計画を立てるようにしましょう。また、この売上計画の作成には、さまざまな手法や対策があります。

 

そのひとつが、営業活動などの計画から予想される数値をまとめるという方法です。例えば、1人の営業担当者が月に5個、200万円の商品を売れば、1ヵ月で1,000万円、3人の営業担当者がいれば、1年で3億6千万円の売り上げが見込めるということです。

 

また、市場規模から予想される市場占有率を割り出す方法もあります。この場合、調査機関や調査方法によって結果が異なるため、データを正しく解釈できない可能性があることに注意が必要です。

 

その他、歴史的に同様の手法で販売している企業や、同様のサービスを展開している企業の結果と比較することで売上規模を予測する方法もあります。実際には、「売上と利益」のビジネスプランを作成する際に、上記のような様々な方法を組み合わせて使用することが多いようです。

 

どのような方法で、どのように計画書を作成するかは、個々のケースによりますが、審査官が納得する数値を導き出すためには、補助金に詳しい税理士に相談することが望まれます。

 

なお、電子申請の場合、事前にアカウントを取得する必要があったり、データ登録に意外と時間がかかったりすることがあります。

郵送出願の場合は、提出するデータや紙の書類の形式や提出方法が細かく決められており、それに従って作成する必要がある。そのため、出願書類を準備してから提出できるようにするためには、十分な時間的余裕を持つことが望まれます。

 

補助金・助成金の注意点

補助金・助成金の注意点ですが、補助金や助成金には、「後払いであること」「申請から受領まで一定の時間がかかること」などの注意点もあります。

 

「資金が足りない」「助成金を受け取れない」といったトラブルを避けるためにも、事前に必要な資金や事業期間を確認し、経理や事務の手配を忘れないようにすることが大切です。

 

補助金も助成金も、国や自治体から支給されるお金です(民間団体から支給されるものもあります)。もちろん、公的資金から出るものなので、誰でも利用できるわけではなく、申請や審査が必要で、一定の資格が必要な場合もあります。

 

このうち、いわゆる「補助金」は、条件を満たせば利用できる可能性が高くなります。例えば、厚生労働省が所管する「雇用調整助成金」があります(2014年4月より)。どちらも条件を満たし、所定の様式による申請が必要ですが、条件を満たした企業には原則として給付が行われます。

 

一方、多くの「助成金」は、申請数や採択額があらかじめ決められており、申請したからといって必ずしももらえるとは限りません。応募数が30社で、採択されるのが10社であれば、20社は審査に通らないことになります。

 

補助金の場合、申請期間は一般的に1ヶ月程度です。この期間内に必要な書類を準備し、申請書を提出しなければなりません。

 

多くの場合、応募数が採択数を上回ります。提出する書類で、提案の妥当性や必要性を示すことができなければ、どんなに良い提案でも採用されることはないでしょう。その意味で、助成金申請においては、提出書類の内容が非常に重要であると言えます。

 

ここで注意しなければならないのは、「助成金」と「手当」という言葉が、必ずしも明確に区別されていないことです。

経済産業省が管轄する「補助金」の中には、上記のようなよく似たものがあります。そのため、それぞれの制度の内容を把握した上で利用するようにしましょう。

 

 

まとめ|生産性向上で役立つ補助金と助成金

今回は「生産性向上で役立つ補助金と助成金」について解説しました。「補助金と助成金」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「生産性向上で役立つ補助金と助成金」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「生産性向上で役立つ補助金と助成金」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h***d様が
    400万円を調達しました。

  • r**d様が
    100万円を調達しました。

  • x****q様が
    700万円を調達しました。

  • v******q様が
    1000万円を調達しました。

  • l****n様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り7社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング