IoTとは?中小企業が IoTを導入すべき理由は3つ!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

 IoTとは

 

「最近よく聞く、 IoTって何のこと」

「 IoTってモノと何のことを指しているの?」

 

IoTとは「Internet of Things」の略称であり、日本語ではモノのインターネットのことを指しています。

 

具体的には、従来インターネットに接続されていなかった様々なモノとインターネットが接続されることで、産業だけでなく家庭の電子機器や家電にも広く IoTが普及しています。

 

IoTを導入することで、企業の業務効率化や生産性向上が叶います。

そこでこの記事では、

 

◉ IoTとは?

◉ IoTの活用事例

◉ 中小企業が IoTを導入すべき理由

◉ IoTのメリットデメリット

◉ IoT導入の注意点

 

について解説します。この記事を読むことで、 IoTの基本的な部分が分かるようになります。この記事を参考に、 IoTを上手に活用し、自社の業務効率化や生産性向上を目指しましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

IoTとは?

IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)のこと。スマートスピーカーやスマートホーム、自動運転車など、近年急速に実用化が進んでいる先端技術です。

 

IoTとは、これまでインターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(センサー、アクチュエーター、家やビル、自動車、家電、電子機器など)が、サーバーやクラウドサービスにネットワーク接続され、情報を交換する仕組みのことです。

 

モノがインターネットにつながることで、これまでサーバーに埋もれていたデータを加工、変換、分析、接続することが可能になります。

 

このような IoT技術を使うことで、これまで以上に多くの価値やサービスを生み出すことができます。また、センサーや家電などのデバイス、通信インフラ、クラウドサービスの高性能化・低コスト化により、 IoTの導入はますます安価になってきています。

 

20年ほど前までは、インターネットへのアクセスは自宅や職場のパソコンから可能でしたが、デジタル技術や通信技術の急速な発展により、携帯電話(スマートフォン)やタブレット端末などのモバイル端末からもインターネットにアクセスできるようになりました。

 

社会のデジタル化に伴い、家電や自動車などの「モノ」をインターネットに接続する IoT(Internet of Things)技術への注目も高まっています。現在、 IoTは、エアコンや冷蔵庫などの各種家電製品、自動車やバス、工場の設備機器など、さまざまなモノに適用されています。

 

IoTの対象物には、センサーやカメラ、無線通信などが搭載され、対象物の状態や動きを検知してデータを収集するのですが、IoTの基本的な仕組みは、インターネットを介して人やモノに情報を伝達することです。

 

IoTでは、遠隔地からの計測や制御、モノ同士の通信が可能になるため、幅広い分野・領域での活用が期待されています。

 

IoTの活用事例

IoTの活用事例は厚生労働省のホームページにて、数多くの事例が紹介されています。

 

参考:ICT や IoT 等を活用した 働き方 – 厚生労働省(PDF)

 

中小企業が IoTを導入すべき理由は3つ

中小企業が IoTを導入すべき理由は3つあります。

 

◉ ユーザーニーズが分かる

◉ 技術の伝承ができる

◉ 技術の伝承ができる

 

それぞれの内容を順にみてみましょう。

 

ユーザーニーズが分かる

ユーザーニーズが分かるのは、 IoT化の大きなメリットです。購買データの威力は、コンビニエンスストアのPOSシステムで実証されています。

 

売上予測の精度が大幅に向上し、きめ細かな品揃えが実現していますし、また小売業では、店舗に設置したカメラなどで消費者の購買行動データを取得できるようになりました。

 

何が買われたかだけでなく、買われなかった理由も把握でき、商品開発に生かすことができるようになりました。購買データや行動データに加え、特にネット通販では顧客個人に関するデータも取得できるようになっています。

 

例えばアマゾンでは、一人ひとりの購買データをもとに「レコメンドメール」を送信しており、一人ひとりの購買データを正確に把握することでその人の嗜好を理解し、効果的なマーケティングコミュニケーションを実現することができています。

 

顧客一人ひとりの詳細な情報を得ることで、企業は顧客一人ひとりのニーズを把握することができるのが IoT化の大きなメリットです。

お客様のために “を標榜する企業にとっては、ビジネスチャンスが無限に広がるツールを手に入れたことになります。

 

今後も IoTは、この流れを加速させるでしょう。つまり、モノがインターネットにつながる世界では、製品を通じてお客様の生活に関する詳細なデータを得ることができるようになるのです。

 

冷蔵庫がインターネットにつながり、中に入っている食品のデータがすべて集まれば、その家庭で毎日どんな食べ物が消費されているかがわかります。

 

牛乳や卵を消費する頻度や、消費された食品の種類まで推測できるでしょう。そして本にCIチップを埋め込んでインターネットにつなげば、読者がいつどのくらいその本を読んだかが正確にわかるようになります。

 

最適化された生産体制を構築できる

最適化された生産体制を構築できるのは、生産性向上において大切なことです。工場をスマート化することで、製造業のさまざまな問題を解決し、効率化を図ることができます。

 

モノとヒトをインターネットでつないで可視化する IoTは、製造システムの効率化を実現できる画期的なシステムです。IoT導入のメリットとして、生産性の向上、コスト削減、設備の最適化、ヒューマンエラーの防止などが挙げられます。

 

生産設備とAI/ IoTが常時ネットワークに接続されていれば、工場のあらゆるデータをクラウドに収集し、情報として蓄積することが可能です。蓄積されたデータを分析し、その結果に基づいて機器を最適化することができれば、業務効率の向上が期待できます。

 

また、エネルギー使用量の見える化によるコスト削減や、作業の自動化によるヒューマンエラーの低減も可能です。従来の製造業では、生産設備のメンテナンス作業や製品の目視検査は個人で行う傾向がありました。

 

これは経験によって培われた深い知識と高度な技術に頼らざるを得なかったからです。しかし、技術者の技量に関わらず、目視検査には限界があるのも事実です。人工知能は、目視検査、不良品検出、故障予測、異常検出など、精密さや正確さが求められる作業を得意とします。

 

人工知能の活用により、設備保守や目視点検の負担を軽減できれば、社員のモチベーションを高めつつ、利益に直結するコアな活動にリソースを集中させることができます。

 

インテリジェントファクトリーは、収集した情報を分析し、数値やグラフに置き換える「可視化」、可視化したデータをさらに分析して機械を効率的に稼働させる「制御」、AIを使って制御し自律的に効率を上げる「自動化」の順に構成されています。

 

技術の伝承ができる

長い間、製造業では「技術は見て盗むもの」という職人気質な考え方が中心でした。しかし、このような精神論では、徒弟は何十年も働くことが前提になりますし、体系的な考え方に基づき順序立てて教える指導方法は、決して良いとは言えません。

 

実際このやり方は、多品種少量生産で遭遇するアジャイルな生産スタイルには決して最適なものとは言えません。なぜなら、市場の変化が激しい時代には、いかに早く技術を標準化し、迅速に水平展開できるかがパフォーマンスの鍵を握っているからです。

 

このような理想と現実のギャップを埋めるために、どのようなアプローチがあるのでしょうか。そのひとつの答えが、 IoT(Internet of Things)の活用です。

 

これまで機器の稼働状況は、従業員が目視で確認していました。ここに IoTセンサーを活用すれば、現場の従業員はセンサーが読み取った数値を画面上で判断するだけでOKです。また、AR(拡張現実)などの技術を組み合わせれば、検査対象の機器にゴーグルやタブレット端末をかざすだけで、複数の機器を一目で確認することも可能になります。

 

このようなシステムを活用すれば、2つに分かれていた作業を、どの責任者でも同じレベルで行えるように変更することも可能でしょう。こうした取り組みは、異なる従業員間の経験値の差を縮める糸口になるはずです。

 

熟練技術者の目の動きを可視化し、形式知に変換するアイトラッキング機能付きヘッドマウントディスプレイ等、この技術で細かい目や手の動きをデータ化できれば、これまで言葉では伝えにくかった技術も伝えることができるようになります。

 

また、熟練技術者の手と目の動きを統合的に捉えて分析できれば、蓄積されたデータを基にしたトレーニングマニュアルを作成することも可能になります。こうした取り組みは、職人の視覚をデジタル化できる 『IoTの力』があってこそ実現できるものです。

 

IoTの導入方法

IoT化された製品は、製品ユーザーにとってさらに便利なものになります。例えば、家庭の冷蔵庫を IoT化し、インターネットに接続すれば、ユーザーはレシピを検索したり、食品の賞味期限などの情報をリアルタイムに受け取ったりすることができるようになります。

 

企業は、ユーザーに寄り添った製品を提供する一方で、ユーザー情報を収集・分析し、さらにニーズに合った製品開発に役立てることができます。IoTは、ビッグデータを活用して複数のユーザーの要望を適切に把握できる点で注目されており、AI(人工知能)技術との併用も効果的です。

 

企業が新たに IoTを導入する際には、「小さく始める」「結果を認識する」ことが効果的です。安価なクラウドサービスを利用して情報を収集・管理し、コストを抑えながら徐々に IoT企業を形成していくことで、あらゆる負担を軽減することができます。

 

また、経営層と現場、 IoT導入プロジェクトの担当者間で、スモールスタートに対する認識を一致させることも非常に重要なポイントです。

 

IoTの新規事業に充てる予算の割合や金額、人材の確保や配置の計画などを話し合い、 IoTの導入によりどのような成果が望まれるかという「成果の見極め」の違いを埋めることが、 IoT事業を軌道に乗せるためのポイントになるのではないでしょうか。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

IoTのメリット

IoTの構成要素は、モノ、 IoTゲートウェイ、ネットワーク、クラウド上のアプリケーションに大別されます。

 

まず、モノに搭載された各種センサーが、温度や湿度、位置情報などさまざまなデータを収集するのですが、そのデータは IoTゲートウェイやインターネットを経由してクラウドに蓄積されます。

 

そして、クラウド上のアプリケーションを利用して、蓄積されたデータの解析やシミュレーションを行います。このように、モノのデータとクラウド上のアプリケーションを連携させるシステムを IoTシステムと呼びます。

 

工場で消費される電気やガスなどのエネルギーデータを収集し、可視化することで、どの生産ラインがどれだけのエネルギーを消費しているかを把握することができるようになります。また、クラウドに蓄積されたデータを分析することで、エネルギー削減のための具体的な対策を講じることができます。

 

さらに最近では、公共交通機関でも IoTが活用されています。

 

例えば、 IoTシステムが導入されている路線バスでは、各車両の位置情報や交通情報を収集・分析し、「バスが停留所に到着するまでの時間」などの情報をリアルタイムに提供することが可能です。

 

温度・湿度センサーのデータを使って、「雨が降ったらドアを閉める」「気温が一定以上になったらエアコンをつける」など、設定した条件に従って自動的に制御することも可能です

 

農業分野では、農家の高齢化や労働力不足などの問題を解決するために、ドローンを使って農薬を効率的に散布したり、植物などの作物に水をやる頻度を自動調整するなど、Internet of Thingsを活用した試みが始まっています。

 

IoTのデメリット

IoTのデメリットですが、今後、世の中には IoTに対応したさまざまなサービスが生まれます。ユーザーがこれらのサービスを利用するためには、各ユーザーが所有する個人情報を提供する必要があります。

 

例えば、車関連のサービスでは、ユーザーが所有している車の種類やいつどこを走っているかなどの情報を提供する必要があるかもしれません。それでも、車に乗っている時間が分かれば、家にいる時間と車外にいる時間をある程度絞り込むことが可能になります。

 

生活データの提供は、プライバシー保護の問題と密接に関係しています。 IoTデバイスの普及が進むと、いわゆる「管理社会」になる可能性がある。 IoTデバイスの普及が進むと、いわゆる「管理社会」になる可能性があります。

 

個人情報をどこまで提供すべきか、情報を提供するかしないかをユーザーが選択する自由はあるかなど、プライバシー保護のあり方について慎重に考える必要があります。

 

IoTは利便性や生産効率を向上させますが、システムを管理するのは最終的には人間です。最近ではAI技術の進歩もあり、将来的にはロボットやAIが人間の作業を行うという話もありますが、実用化にはまだ時間がかかりそうです。

 

また、システムを管理するのは誰でもいいというわけではなく、 IoT技術に精通し、問題発生時に的確に対応できるエンジニアなどの人材が必要です。

 

さらに、 IoTでは大量のデータを分析する必要があるため、データ分析に精通した人材も必要になります。しかし、そのような人材が不足しているのが現状です。実際インターネットに接続されていることは、インターネットを介した外部からの攻撃を受けるリスクにつながります。

 

ご存知の通り、コンピュータウイルスやデータ改ざん、個人情報の漏洩などがよくニュースになっていますが、 IoT分野も大きなリスクを抱えています(というかPCやスマートフォン以上にリスクが高いです)。

 

IoTのセキュリティは、これまで以上に慎重でなければなりません。なぜなら、攻撃の被害は実世界に直接影響を及ぼすからです。例えば、 IoTで遠隔医療を実現した病院があるとしよう。この病院を悪意のある第三者が攻撃し、システムを使用不能にすれば、人命に関わります。

 

万全のセキュリティ体制を敷いていたとしても、安全とは言えません。セキュリティホールに対応しても、悪意のあるハッカーは新たなハッキング手法を編み出すでしょう。犯罪の手口とそれに対応するセキュリティ技術の進化は、長い間、絶え間ない戦いの連続でした。

 

それは、 IoTデバイスも同じかもしれません。今はセキュリティに問題がなくても、将来どうなるかは誰にもわかりません。もちろん、インターネットに接続されている機器であれば、パッチを配布して修正することは可能です。

 

しかし、ハードウェアに組み込まれたすべてのシステムをインターネット経由でアップデートすることは容易ではありません。特に自動車のように長期にわたって使用する場合、持続可能なセキュリティシステムをどのように実現するかが問題です。

 

IoTの注意点

IoTの注意点ですが、モノのインターネット化が進み、私たちの生活がより豊かになる一方で、インターネットを介して私たちを取り巻くセキュリティの脅威も増大しています。

 

なぜなら、インターネットに接続されたすべてのモノは、ハッキングによる情報漏えいや不正操作のリスクにさらされており、インターネットに接続されたモノが増えれば増えるほど、セキュリティ対策が必要な範囲も広がっていくからです。

 

IoTデバイスを使ったハッキング事件が多発しています。例えば、個人所有のネットワークカメラが不適切な設定でハッキングされ、その画像がインターネット上に無断で公開されるという事件がありました。

 

また、実証実験中のスマートカーの制御システムをハッキングすることで、遠隔ブレーキや遠隔操作により人命に関わる危険性があることが明らかになっています。快適で便利な生活への期待ばかりが注目されがちですが、 IoTの利用にあたっては、セキュリティにも十分な配慮が必要です。

 

まとめ| IoT(モノのインターネット)

今回は「 IoT(モノのインターネット)」について解説しました。「 IoT(モノのインターネット)の情報」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。なお「 IoT(モノのインターネット)」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「 IoT(モノのインターネット)」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h***d様が
    400万円を調達しました。

  • r**d様が
    100万円を調達しました。

  • x****q様が
    700万円を調達しました。

  • v******q様が
    1000万円を調達しました。

  • l****n様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング