Azureとは?AIクラウド活用で役立つMicrosoftAzureの基礎知識

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

Microsoft Azure

 

Azureとは、Microsoftのクラウドサービス「Azure(アジュール)」のことを指しており、aws(Amazon Web Services)と比較されることの多いサービスです。

Microsoft Azureは、マイクロソフトから提供されるクラウドコンピューティングサービスであり、海外の大手企業や政府機関も使用しています。

 

企業の生産性向上や業務効率化でも、Microsoft Azureが活躍しています。

そこでこの記事では、

 

◉ Microsoft Azureとは?

◉ Microsoft Azureが中小企業の生産性向上に役立つ理由

◉ Microsoft Azureのメリット

◉ Microsoft Azureのデメリット

◉ Microsoft Azureとawsの違い

 

について解説します。この記事を読むことで、Microsoft Azureの「基礎的な部分」が簡単に理解できるようになります。Microsoft Azureは、日本でも人気のクラウドサービスです。

 

ITインフラの導入を検討中の方もぜひ、参考にしてみてください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

Microsoft Azureとは?

Microsoft Azureとは、Microsoftが提供するクラウドサービスで、AmazonのAWS(Amazon Web Service)、GoogleのGCP(Google Cloud Platform)と並んで人気の高いクラウドサービスです。

 

参考:Microsoft Azure: クラウド コンピューティング サービス

 

Microsoft Azureは、マイクロソフトが提供するパブリッククラウドプラットフォームです。世界55カ所にデータセンターを持ち、多数のサーバーと強力なWAN基盤を備えている。この施設をクラウドプラットフォームとして利用し、ユーザーにサービスを提供しています。

 

Microsoft Azure(以下、Azure)は、一般的に「IaaS」と「PaaS」と呼ばれる2種類のプラットフォームを提供しており、クラウドサービス提供者(Microsoft)とユーザー(お客様)で異なる管理をしています。

 

なおマイクロソフトは世界中に自社のデータセンターを持ち、IaaSとPaaSを大規模に提供しています。

 

IaaSとは?

IaaSは、Infrastructure as a Serviceの略です。インターネットを介したクラウド上で仮想マシンを作成し、運用するサービスです。クラウドサービスプロバイダー(マイクロソフト)は、仮想化レイヤーの管理を担当します。ユーザー(クライアント)はOSの上にある仮想マシンの管理を担当します。

 

PaaSとは?

Platform as a Serviceの略。仮想マシンのOSの管理もクラウドサービス提供者(Microsoft)が行う。PaaSで構成できるシステムは、クラウドサービス提供者が提供するPaaSの機能(種類)に依存する。

 

Microsoft Azureの価格は、AWSやGPCと同様に、使った分だけ支払う「従量課金制」で、前払い金はありません。クラウドサービスには様々な種類があり、Microsoft Azureが提供するサービスは一般的にIaaSとPaaSに属しています。

 

IaaSとPaaSは、どちらもクラウドサービスの一種です。IaaSは「Infrastructure as a Service」の略で、「IaaS」の略です。仮想サーバーやストレージ、ファイアウォールなどのインフラをサービスとして提供し、インターネット経由でアクセスできるようにしたサービスの一種です。

 

PaaSとは、「Platform as a Service」の略で、「Paas」のことです。アプリケーションソフトを実行するためのデータベースやアプリケーション実行環境などを提供するサービスのことを指しています。

 

参考:PaaS とはサービスとしてのプラットフォーム | Microsoft Azure

 

マイクロソフトは、AzureのIaaSとPaaSの他に、SaaSと呼ばれるクラウドサービスも提供しています。

SaaSとは、Software as a Serviceの頭文字をとったものです。これまでパソコンにインストールして動作させていたアプリケーションを、インターネット経由でアクセスできるようにしたサービスのことです。これはOffice 365やOneDriveはマイクロソフトのSaaSにあたります。

 

参考:IaaS とはサービスとしてのインフラストラクチャ – Microsoft

 

Microsoft Azureが中小企業の生産性向上に役立つ理由

Microsoft Azureが中小企業の生産性向上に役立つ理由ですが、Microsoft Azureは、業種を問わず、またクラウドが初めての組織でもクラウドネイティブな組織でも、Azureは迅速で自信に満ちた立ち上げを容易に実現します。

 

参考:Microsoft Azure: クラウド コンピューティング サービス

 

リソースの一部または全部をAzureに移行することで、短期的にも長期的にも大きなコストメリットを得ることができます。使用した分だけ支払えばよいので、次のような革新的なコスト削減の機会が得られます。

 

Windows 10とOffice 365で最高の仮想デスクトップ体験を従業員に提供し、どこでも、どのデバイスでも利用できるようにして、リモートでの生産性を向上させます。

 

ユーザーのニーズに焦点を当てたマイクロソフト認定パートナーからの幅広いサポートオプションとコンサルティングサービスで、いつでも専門家のサポートを受けることができます。

 

現在、多くの企業がクラウドの利用を前提に情報システムの再構築を進めていますが、既存の情報システムにおいて、コミュニケーションツールなどの情報システムには、SaaSなどのクラウドサービスの利用が前提となっています。

 

一方、基幹システムなど企業独自の資産(最適化された業務プロセスや情報資産)がある場合でも、SaaSの利用検討が一般化しているが、SaaS型への置き換えが困難なものもあるのが現実です。

 

そこで検討しなければならないのは、既存のオンプレミス環境を、IaaSやPaaSを中心としたクラウドに移行することです。現行システムをIaaSやPaaSなどのクラウドに移行することで、導入・運用コストを削減できるだけでなく、将来の拡張性や柔軟性を実現することができます。

 

Microsoft Azureの導入方法

Microsoft Azureの導入方法ですが、まずMicrosoftの公式サイトでアカウントを作成し、アカウントでAzure公式サイトにサインインをしてください。

 

参考:MicrosoftAzure(公式サイト)

 

Azure公式サイトでAzureのアカウントを作成し、Azure管理ポータルにサインインするとMicrosoft Azureを利用する準備が整います。

登録作業自体は、Azureの公式Webサイトで全ての手続きを行うことができるため、難しいことはありません。

 

ただし、Microsoft Azureを導入したい企業の担当者は、「Microsoft Azureを導入する目的は何か」「現行システムからMicrosoft Azureに移行するものは何か」「移行の具体的なスケジュールはどうか」などを掘り下げてから登録することをお勧めします。なぜなら、目的が曖昧なままでは、せっかくAzureを導入しても有効に活用することができないからです。

 

Microsoft Azureを導入する際には、社内で使用しているシステムやAzureに詳しいエンジニアがいると便利です。また、Microsoft Azureの導入・運用が難しい場合は、アウトソーシング会社に依頼する方法も選択できます。

 

Microsoft Azureが普及した今、多くの企業がMicrosoft Azureの導入・運用をサービスとして提供し、技術者の技術支援も行っています。費用はかかりますが、このサービスを上手に利用することで、Microsoft Azureの導入をスムーズに行うことができます。

 

Microsoft Azureのメリット

Microsoft Azureのメリットですが、Microsoft Azureには、コンプライアンスやネットワークセキュリティ対策が施されています。また、脅威はデータセンターの外からだけでなく、内部からも発生する(悪意のある操作など)ことがあります。

 

このためAzureのデータセンター自体にも「入室制限」「多層式セキュリティゲート」「自動化による人手の軽減」など、さまざまな対策が施されている。オンプレミス環境でこれを実現するのはかなり難しいのですが、ワンクリックでこうした環境を導入できるのはAzureならではのメリットです。

 

パブリッククラウドの肝はネットワークですが、マイクロソフトはネットワークに多大な投資をしており、現在世界で3本の指に入る長さのバックボーンネットワークを持っています。

 

Azureのデータセンターは世界中にあり、「リージョン」と呼ばれています。現在、マイクロソフトは60以上のAzureリージョンを持ち、140カ国で利用できます。

 

Microsoft Azureの魅力は、リージョン間のネットワーク通信が、この太いMicrosoftのバックボーンネットワークを通じて行われることです。これは他のクラウドサービスと大きく異なる点であり、グローバルなサービス展開やVDI環境などに有効です。

 

Microsoft 365にアクセスする際にもMicrosoftのバックボーンネットワークが利用できるため、AzureのVDIとの親和性が高く、VDIからMicrosoft 365の大容量ファイルに素早くアクセスできるようになります。

 

Microsoftの考え方でユニークなのは、「すべてをクラウドに移行する必要はない」という点です。他のパブリッククラウドが「フルクラウド」(すべてのシステムをクラウドに移行)の世界を前提としているのに対し、Microsoft Azureは「ハイブリッドクラウド」(一部はオンプレミス、一部はクラウドで連携しながら)であり様々なサービスが用意されています。

 

Microsoft Azure独自のリモートアクセス環境サービスとして提供される「”Azure Virtual Desktop”(DaaS)」や、VPNを介してAzureやオンプレミス環境に簡単かつ安価にアクセスできます。

 

実際に社外から社内システムに接続できる「”Windows 365″ Azure Virtual Desktop」(DaaS)「Windows 365」(クラウドPC)などがあります。

 

オンプレミス環境での導入が増えているNutanixなどのハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品は、クラウドへのバックアップ機能を備えているため、自社で同等スペックのバックアップストレージを購入・運用・管理しなくてもMicrosoft Azureへのバックアップが追加設備なしで使用できます。

 

Azureで提供されるファイル共有サービス「Azure Files」は、インターネット経由でどこからでも同時アクセスが可能で、SMBプロトコルを利用しているため、オンプレミスのファイルサーバーからの移行でもアプリケーションの互換性を気にする必要がありません。

 

また、Azure File Syncという機能により、オンプレミスのファイルサーバーと同期させることができます。ファイルの目的に応じて、Azureとオンプレミスで簡単に使い分けることができます。

 

データ統合ツール「Microsoft Azure DataFactory」を活用することで、SaaS/クラウド/オンプレミスに分散するすべてのデータをAzure上で統合することができるのですが、統合されたデータは、Azureのストレージサービスに格納することができ、いつでも簡単に取り出すことができます。また、Azureを利用する場合、すでにオンサイトで利用しているライセンスの適用など、さまざまな特典を受けることができます。

 

Microsoft Azureのデメリット

Microsoft Azureのデメリットですが、Azureはローカルサーバではありません。つまり、ローカルサーバーとは異なり、すべてのインスタンスやその他の可動部分を効果的に動作させるための構成や設定に、専門的な知識が必要なのですが、簡単な作業ではなく、企業のCTOクラスの技術責任者でも、間違えると問題にぶつかる可能性があります。

 

またMicrosoft Azure学ぶためのコストがかかるため、手軽さという点では難しいかもしれません。基本的には、Azureに特化したパートナー企業にクラウド管理を委託するというアプローチもありますが、莫大な費用を請求される可能性があります。

 

Azureの仮想マシンの起動速度は致命的に遅く、素早く作業を行いたい場合には大きな欠点となります。仮想マシンを利用するには起動する必要がありますが、他のクラウドインフラサービスと比較すると、起動完了までの時間に大きな差があります。

 

例えば、AWSのEC2インスタンスであれば、1分以内に起動することが可能です。これは驚くほど速いというわけではないのですが、システムの利用に支障をきたすほど遅いというわけでもありません。

 

Azureの仮想マシンを起動する場合、実際には200秒以上かかるケースがほとんどです。この遅さは、たまに使うには非常に致命的で、高速なサービス提供を求める現代社会とは相反するものです。この使いにくさを無視することはできないでしょう。

 

スケーリングにも対応していますが、柔軟な対応が重要です。AzureをIaasとして利用するには、スピードが求められます。テスト用のサーバーをすぐに用意する必要がある場合や、オンプレミスのサービスを移行するために利用する場合、起動が遅いとストレスがぐっと増えます。

 

Azureは複数のソリューションで構成されていますが、オンプレミスのようにアプリケーションを追加展開することができないため、柔軟性やカスタマイズ性に著しく劣ります。そのため、独自にセキュリティ要件を設定することができず、Azureのセキュリティポリシーに依存することになります。

 

AzureはグローバルなISO標準を満たしていますが、独自のセキュリティ要件を満たすことができない場合もあります。そのため、Azureへの移行に際しては、自社の要件が満たせるかどうかの定量的な評価が不可欠となります。

 

また、AzureはVMの選択に関しても選択肢が限られるという問題があります。

 

AzureもAWSも、あらかじめ定義されたマシンタイプのセットから使用するVMを選択する必要があります。AzureもAWSも、あらかじめ定義されたマシンタイプの中から使いたいVMを選ぶ必要があります。

 

コア、メモリ、ディスクの数が決まっているものを必ず選択しなければなりません。つまり、用途に応じて自由にカスタマイズできないのと同じです。

 

ここはコアを増やして、メモリはこれくらいで、ディスクは…」などと考えることなく、与えられたものをただ使うという図式ですが、AzureはAWSに比べて選べるVMの数が限りなく少ないです。むしろ選択肢が少ない分、初心者やクラウドコンピューティングに力を入れていない人にとっては、パターンを追うだけで済むので使い勝手がいいです。

 

クラウドを利用するメリットは、クラウド基盤を様々な用途に利用できることであり、つまりは最初からクラウドのメリットを捨てていることになります。これはインフラを自由に操りたい人にとっては、致命的なデメリットと言えます。

 

Microsoft Azureとawsの違い

Azureとawsの違いですが、Azureは、金融、航空、エネルギーなど特定業界の課題解決に強みを発揮しています。

 

例えば九州電力は、ホストコンピュータ上で稼働するスクラッチシステムで開発し定期的に変更していた業務基盤をAzureに部分移行することを決め、2016年に移行作業を開始しました。

 

また、MicrosoftはIT業界において強い影響力を持ち、オンプレミスサーバーとの親和性が高い。Azureは、特化型のクラウドサービスと言えるため、上記のような業界向けのシステム構築やサービス提供に適しています。

 

AWSは2002年に発表され、2006年にリニューアル、Azureは2008年に発表され、2010年に正式サービスが開始されました。実際にAWSは、パブリッククラウド提供の歴史が最も長いです。また、サービス開始当初から安定した運用を提供しています。

 

AWSは190カ国、Azureは140カ国で利用可能であり、AWSの方が利用可能な国が多いです。海外でのサービス提供を検討している場合は、サービスを提供したい国や地域でどのクラウドサービスが利用できるかを確認しておくとよいでしょう。

 

Office365やSharePointなど、マイクロソフトが提供する他のクラウドサービスやアプリケーションと連携したい場合は、Azureが圧倒的におすすめです。例えば、ファイルや情報の共有サービスであるSharePointと簡単に連携し、ファイル形式の変更やファイルコピーの制限などの機能を実現することができます。

 

参考:MicrosoftAzure(公式サイト)

 

Microsoft Azureの注意点

Microsoft Azureの注意点ですが、Azureに限らず、クラウドサービスを利用する際には、適切なアクセス権を付与してアクセス管理を行うことが重要です。

 

Azureの場合、リソースへのアクセスを許可したり、不要な場合はアクセスを制限したりすることが可能です。アクセス権の管理には4つのロールが用意されているほか、カスタマイズしたロールを定義することで、適切なアクセス管理を行うこともできます。

 

Azureは基本的にサブスクリプション契約であるが、リソースの利用には一定の制限(クォータ制限)があります。制限の内容はサービスやリソースによって異なりますが、一例としてAzureのリソースマネージャーでは、仮想マシンに割り当てられるコア数を1リージョンあたり20個に制限しています。

 

必要に応じてサポートに連絡することで制限を解除することができるのですが、管理を複雑にしたくない場合は制限を超えないように注意する必要があります。

 

Azureをはじめとするクラウドサービスでは、クラウドの管理をネットワーク上で行うため、不正なアクセスを防ぐために、より高度なセキュリティが要求されます。

 

また、Azureでは、IDやパスワードに加え、生体認証など異なるタイプのセキュリティを組み合わせることができるため、高度な認証を要求することが可能です。アクセス制限とあわせて、認証要求を高いレベルで定義する必要があります。

 

まとめ|Microsoft Azure

今回は「Microsoft Azure」について解説しました。「Microsoft Azure」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「Microsoft Azure」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「Microsoft Azure」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h***d様が
    400万円を調達しました。

  • r**d様が
    100万円を調達しました。

  • x****q様が
    700万円を調達しました。

  • v******q様が
    1000万円を調達しました。

  • l****n様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング