awsとは?中小企業の生産性向上に役立つawsの基礎知識

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

awsとは

 

「awsが企業の生産性向上に良いって聞いたけど…」

「awsって何?Amazonとどんな関係があるの?」

 

awsは「Amazon Web Services」の略称であり、その名の通りAmazonが提供するクラウドサービスのことを指しています。

 

awsはクラウドですべてのことがこなせるよう、様々なサービスを提供しNetflixなどの大手企業、各国の政府機関なども使用するクラウドサービスであり、企業の生産性向上や業務効率化に欠かせないサービスとして世界中に普及しています。

 

実際、企業コンサルタント等も業務効率化や生産性向上のために、awsの導入を推奨為ています。

 

そこでこの記事では、

 

◉ awsとは?

◉ awsが中小企業の生産性向上に役立つ理由

◉ awsの導入方法

◉ awsのメリット・デメリット

◉ awsとAzureの違い

 

について解説します。この記事を読むことで、aws(Amazon Web Services)の基本的な仕組みが分かるようになります。

 

また、aws(Amazon Web Services)がビジネスパーソンにとって何故重要な役割を担うのかも理解できます。

 

aws(Amazon Web Services)を上手に活用し、ビジネスや事業のイノベーションを加速させていきましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

awsとは?

AWSとは、Amazon Web Servicesの略で、Amazonが提供する100以上のクラウドコンピューティングサービスの通称です。

 

参考:アマゾン ウェブ サービス(AWS クラウド)- ホーム

 

Amazon Web Services(AWS)は、世界で最も包括的で広く展開されているクラウドプラットフォームで、世界中のデータセンターから200以上のフル機能を備えたサービスを提供しています。

 

クラウドコンピューティングとは、サーバー、ストレージ、データベース、ソフトウェアなど、さまざまなコンピューティングサービスをインターネット上で利用することを指します。

 

クラウドコンピューティングでは、パソコン1台とインターネット接続環境があれば、サーバーや大容量ストレージ、高速データベースなどを必要な分だけ利用することができます。

 

日本では、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社が日本法人として運営しています。クラウドコンピューティングサービスは、インターネットを介して、サーバーやデータベースなどのリソースを自由に利用できることが特徴です。

 

同様のサービスを提供する企業として、Google(Google Cloud Platform)、Microsoft(Microsoft Azure)などがあり、このうちAWSは世界最大のシェアを誇っている。

 

Microsoft、Google、IBMなど多くのクラウドサービスプロバイダーがありますが、その中でもAmazonのAWSは世界シェアNo.1を誇ります(2019年第4四半期)。AWSは世界のクラウドサービスシェアの約3分の1を占め、2位のMicrosoft Azureを大きく引き離していることがわかります。

 

AWSは、製薬会社や金融機関、政府機関などさまざまな規制をはじめ、国の規制やコンプライアンスに対応するため、高いセキュリティレベルを維持しています。

 

AWSのデータセンターはリージョンと呼ばれ、Availability Zone(AZ)と呼ばれるデータセンター群から構成されています。リージョンを構成するAZは、さらに1つ以上の複数のデータセンターで構成されています。

 

グローバルで20リージョン、61AZが展開されており、アカウントを開設すれば世界中のデータセンターにシステムを展開することが可能です。ソフトウェア、ハードウェアともに定期的に最新の状態に更新され、常に高いパフォーマンスを発揮できるようになっています。

 

AWSは、ストレージ、データベース、ネットワークに加え、データ分析、アプリケーションサービス、人工知能、セキュリティなど、幅広いサービスを提供しています。

 

必要な機能を組み合わせて導入することで、さまざまなサービスを柔軟に利用することができます。また、サービスの追加、削除、設定も迅速かつ容易に行うことができます。

 

AWSでは、通信量や使用量に応じて、利用した分だけ料金を支払います。サーバーを設置する必要がないため、初期費用がかかりません。また、使わないサービスにお金をかける必要もありませんし、サービスの範囲を適宜変更することも可能です。

 

AWSはストレージ、ネットワーク、データベースだけでなく、データ分析(アナリティクス)、アプリケーション、セキュリティ、モバイル、IoT、人工知能(AI)にも対応しています。

 

AWSは複数のサービスを組み合わせることができ、Webだけでなく、基幹システムや企業システムなどでも利用されています。2018年5月には、NTTデータがAWSの利用を全社的に推進することを発表し、大きな話題となったのは記憶に新しいところです。

 

AWSの急拡大の背景には、提供するサービスや情報の多さだけでなく、独自の「パートナー制度」がある。パートナー制度とは、AWS導入のノウハウを持つシステム関連企業がユーザーのAWS導入を支援する制度です。

 

ここ数年はAWS導入支援のための組織を新設したNECをはじめ、多くの企業がパートナーとして契約しており、こうしたパートナーの増加により、AWSの普及がさらに加速することが予想されます。

 

awsが中小企業の生産性向上に役立つ理由

awsが中小企業の生産性向上に役立つ理由ですが、新しいビジネスに挑戦するには、多額の初期投資が必要な場合が多く、失敗のリスクから挑戦せずに諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

従量課金制のクラウドサービスなら、数千円から数万円から始められるので、「少ないリスク」で新しいアイデアや顧客ニーズを実現することができます。また新型コロナウイルスの感染や大雨、地震など、予測困難な事態において、迅速かつ柔軟なIT環境のニーズが高まっています。

 

多額の投資が難しい中小企業でも、「無駄のないディザスターリカバリーを実現する」「必要なときだけリモートワーク環境を提供する」「来社せずにIT環境を運用・管理する」など。柔軟かつ無駄なく利用できるクラウドサービスのメリットは大きいと言えるでしょう。

 

多くの中小企業では、IT管理者が1人または数人、場合によってはそれ以外の業務も抱えています。

しかし、AWSクラウドを利用して最小限のインフラ管理でシステムを安定稼働させることで、多忙なIT管理者の業務負担を大幅に軽減し、よりビジネスに近い業務に注力するための時間を確保することが可能になるのです。

 

これにより、より多くの時間をビジネスに集中するための業務に費やすことができるようになります。日本の企業が利用する柔軟で堅牢なITインフラは、多額の初期投資をしなくても「従量課金制」で利用することができます。

 

サーバーだけでなく、ストレージ、データベース、ロードバランサーなど、さまざまなサービスを組み合わせて利用することで、効率的で運用負荷の少ないスムーズなシステムを構築することができます。

また、サービスを停止したい場合は、すぐに運用を停止することができます。

 

awsの導入方法

awsの導入方法ですが、まずAWSのアカウントを作成します(aws公式サイトからAWSアカウントを作成することから始めます)。

 

参考:アマゾン ウェブ サービス(AWS クラウド)- ホーム

 

アカウント、連絡先、支払い情報を入力・送信すると、SMSまたは日本語の自動音声で認証が行われます。認証にお進みください。最後に、AWSのサポートプランを選択して終了です。

 

作成したAWSアカウントでAWSに登録します。登録後、EC2インスタンスを作成する前に準備することがいくつかあります。

 

VPCとは、AWS内に独立した仮想プライベートネットワーク環境を構築するサービス です。EC2やRDSなどのサーバー型インスタンスを利用するためには、まずこのVPCを作成し、インスタンスを展開する際のベースとなるネットワークを定義する必要があります。

 

VPCは論理的に他のVPCから完全に隔離され、外部と遮断された状態ですが、インターネットやオンプレミス環境と通信できるように設定することができます。

 

サブネットはVPC内の内部ネットワークで、IPアドレスの範囲で区切られ、VPCからインターネットへのゲートウェイとなる「インターネット・ゲートウェイ」が作られます。

 

インターネットゲートウェイを作ることで、VPCからインターネットへのゲートウェイができるわけだですが、現段階ではどの通信回線をインターネットに向けるかは未定です。そのため、経路表の作成と設定により、これらの通信のルールを決定してください。これが、EC2インスタンス構築の事前準備の基本形です。

 

EC2インスタンスを作成するには、AWSの画面にある「Launch Instance」ボタンをクリックします(ここではLinux OSが選択)。

 

SSHクライアントソフトをインストールする。Windowsの場合は「Tera Term」などがあります。ちなみにMacの場合はOSにインストールされている「Terminal」を利用できるので、SSHクライアントソフトをインストールする必要はありません。

 

インスタンスを作成したら、鍵ペアを作成し、SSHでインスタンスに接続します。この時点で、Linux仮想マシンの起動と接続は完了です。

 

awsのメリット

awsのメリットは、AWSはクラウドセキュリティに「責任共有モデル」を採用していることです。AWSが責任を持つ領域とユーザーが責任を持つ領域を明確に分けています。AWSが提供するサービスのうち、インフラ部分の保護はAWSが責任を持ちます。

 

サーバーやハードウェア、ネットワークなどのインフラは、セキュリティ対策が施されたデータセンターで運用され、様々なコンプライアンス要件に準拠しているため、インフラ部分については最初からセキュリティに準拠したシステムを利用することができます。

 

つまり、インフラ部分については、最初からセキュリティに準拠したシステムを利用することができるのです。

また、セキュリティサポートサービスやプロフェッショナルサービスも用意されており、要望に応じてスタッフが解決策を提供しています。

 

一方、AWSではユーザーがセキュリティの責任を負うため、実行するアプリケーションのセキュリティ対策が必要になります。

 

AWSの200のサービスについては、ユーザーは必要な時にワンクリックでアクセスできます。そして、不要になったらワンクリックで停止することができる。AWSはこれらの負担を取り除き、システムのテスト、検証、デプロイ、引退を可能にします。

 

ITリソースは、初期費用なしで利用できます。月額固定費もなく、使った分だけ毎月課金されます。料金はAWSのWebサイトで公開されており、サービス開始時や乗り換え時に便利で透明性が高い。

 

リソース不足によるビジネスチャンスの喪失を防ぐには、余裕のあるシステムが理想的です。しかし、オンサイトで持つということは、使用頻度や規模に関わらず、固定費と継続的なコストがかかるということです。

 

構成に応じてサイジングを自動化できるAWSなら、自社でサーバーのサイズやコストを監視して余力を設定するメンテナンスから解放されます。

 

AWSは、世界中で利用者が増えています。その結果、利益も増えており、これをユーザーに還元する目的で、AWSは2006年のサービス開始以来、85回以上の値下げを実施しています。

 

また、新技術の開発・導入にも力を入れており、それがコストパフォーマンスの向上にも表れている。

 

AWSは公式ドキュメントをはじめ、Web上で多くの情報が公開されています。AWSのクラウドコンピューティングユーザーによるコミュニティ「JAWS-UG(AWS Users Group-Japan)」を利用して、日々のパソコン利用におけるAWSの技術情報を交換し、困ったときに助けてもらうのも一つの方法です。

 

直接エンジニアや専門家を通じて「もっと情報がほしい」という方は、AWS Loft Tokyo(東京都品川区上大崎)に直接足を運んでみてはいかがでしょうか。ユーザー登録をするだけで、Ask An ExpertのカウンターでAWSの専門家に相談することができます。

 

他にも自社でハードウェアを管理する運用負担の軽減や、特定の社内エンジニアや開発者による構築・改修が重なることによる運用の手間を省くことができるなど、様々なメリットがあります。

 

アマゾンは英語でのサポートが必須と思われがちですが、日本のユーザーは24時間日本語でのサポートが受けられるのも大きなメリットです。

 

参考:アマゾン ウェブ サービス(AWS クラウド)- ホーム

 

awsのデメリット

awsのデメリットですが、初期導入費用は安いのですが、月々のランニングコストが高い。オプションを追加すればするほど高くなること。また、保守・運用の自由度が低く、カスタマイズの幅がオンプレミス環境より制限される点がデメリットといえます。

 

awsとAzureの違い

AWSは200以上のサービスを提供しており、その中から必要な機能を選択することで、目的に応じた最適な組み合わせで利用することができます。そのうちの90%以上は、世界中のユーザーからの要望をもとに実装されたものなので、欲しい機能が見つかる可能性が高くなります。

 

一方、Azureは、OfficeやMicrosoft365などとの親和性が高いため、Windows Server環境をクラウドに移行したいユーザーや、マイクロソフトのサービスを主に利用するユーザーにおすすめです。

 

Azureと既存サービスの連携が容易にできるため、Azureと既存サービスの相乗効果により、それぞれのメリットや効果を最大限に発揮することができます。

 

また、Azureは高度なセキュリティ対策が施されており、多くの政府機関、金融機関、医療機関などで利用されています。非常に高いセキュリティレベルを備えているため、内外からの攻撃やコンプライアンスに不安がある場合は、Azureを選択するのがよいでしょう。

 

海外に拠点がある場合や、製品・サービスの海外展開を考えている場合は、提供する国や地域によって、どのクラウドサービスを導入するかを検討する必要があります。

 

AWSは245の国と地域で利用でき、25の地域と81のアベイラビリティゾーン(2021年11月現在)があり、アカウント開設後すぐに世界中のデータセンターでシステムを展開することが可能です。

 

このほかAWSはマイクロソフトのサービスだけでなく、他の製品や分野にも対応しており、汎用性が高いのも特徴です。さらに、一流メーカーとして、様々なエラーやトラブルを解決してきた実績があり、安心して利用できると言えます。

 

awsの注意点

awsの注意点ですが、AWSは基本的にサービス提供のみです。実際の利用や環境構築、データやシステムの移行などは、自分で調べて実行しなければなりません。もちろん、トラブルへの対処も自分でしなければなりません。

 

また障害が発生する可能性を想定し、その対応策を考えておく必要があるのです。

AWSは便利で、コスト削減などの大きなメリットがある反面、一定のデメリットもあります。油断すると、AWSの導入、構築、データ・システムの移行、運用を専門に行うベンダーに頼ることも視野に入れる必要があります。

 

幅広いサービスから選択し、カスタマイズして自分で構築しなければいけませんし、機能が多すぎて独学で使いこなすのは難しいでしょう。AWSを使う目的が決まっているサービスを選ばないとしても、AWS環境の構築にはかなりの時間がかかります。

 

また、AWSのサービス数は年々増え続けているため、常に最新の情報を入手することが重要です。柔軟性や拡張性が高く、追加コストがかからず便利な反面、従量課金制のため、毎月のコストが変動する可能性があります。

 

正確なコストは請求書を見るまでわかりません。企業によっては、変動費は経費管理の観点からデメリットととらえることもできます。

 

AWSは「箱物」のサービスです。そのため、オンプレミス環境に比べて、サービスを100%自社ビジネスにカスタマイズすることは困難です。サービスがあなたに合わせるのではなく、あなたがサービスに合わせなければならない状況も出てくるでしょう。

 

AWSでメンテナンスが発生した場合、システムを停止させることができます。事前にスケジュールは通知されますが、その日時に業務が中断する可能性があります。

 

注意すべきは、自分でメンテナンスをするよりも、スケジュールをコントロールできないことです。また、システムを利用して、一般公開されているサービスサイトを運営している場合、ユーザーへの告知が必要になることもあります。

 

参考:アマゾン ウェブ サービス(AWS クラウド)- ホーム

 

まとめ|aws(Amazon Web Services)

今回は「aws(Amazon Web Services)」について解説しました。「aws(Amazon Web Services)」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

 

なお「aws(Amazon Web Services)」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「aws(Amazon Web Services)」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****u様が
    500万円を調達しました。

  • j***w様が
    1100万円を調達しました。

  • n*****g様が
    700万円を調達しました。

  • r*****j様が
    700万円を調達しました。

  • x******j様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング