ETF(上場投資信託)とは?ETFの仕組みを徹底解説!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/8/2

ETF(上場投資信託)

 

ETFは日本語で「上場投資信託」といいます。具体的には日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、NYダウ等の指数に連動して運用される投資信託の一種で、一般的な株式と同様にリアルタイムで売買できます。

 

ETF(上場投資信託)と良く間違えられやすいキーワードに「NFT」がありますが、NFTは非代替性トークンのことで、本項で紹介しているETFとは異なるものです。

 

この記事では、投資で知っておきたい「ETFの仕組み」を分かりやすく解説します。

 

◉ ETF(上場投資信託)とは?

◉ ETF(上場投資信託)の魅力

◉ ETF(上場投資信託)と投資信託の違い

◉ ETF(上場投資信託)の始め方

◉ ETF(上場投資信託)の注意点

 

この記事を読むことで、ETF(上場投資信託)の基礎部分が分かるようになります。

 

資産運用や資金運用について興味のある方、今後に備えて投資を勉強している方はぜひ、ETF(上場投資信託)の仕組みについてマスターしておきましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

ETF(上場投資信託)とは?

ETFは「Exchange Traded Funds」の略で、日本語では「上場投資信託」と訳されます。

 

ETF(上場投資信託)は、ETFは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など。特定の指数の動きに連動する投資成果を目指して、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託で、証券会社に口座を開設すれば、株式のように簡単に取引することができます。

 

相場急落時の資金流入源として注目され、売買シェアが拡大しているETFですが、注目される理由は、市場の上昇・下降に伴うパフォーマンスの把握が容易で、運用の透明性が高い点にあります。

 

関連する指数には、株式だけでなく、債券、REIT、通貨、コモディティなどがある。投資先も日本から海外に広がり、投資しにくい国や地域、資産にも投資しやすくなっています。

 

ETFは、インデックスファンドなど投資信託に似た金融商品で、金融商品取引所に上場しています。ETFとインデックスファンドは、投資対象が似ています。ETFとインデックスファンドは、指数の動きに連動する投資成果を目指す指数連動型投資信託です。

 

ETFやインデックスファンドは、対象となる指数と同じ株式・債券の比率で保有したり、定量分析に基づいて株式・債券の保有比率を設計したり、デリバティブ商品を利用することで、指数に連動する投資成果を上げることができます。

 

インデックスファンドは1日1回しか取引できず、基準価額も1日1回しか算出されないのですが、ETFは金融商品取引所の取引時間中、株式と同じように市場の動きを見ながら投資家の判断で売買が行えます。

 

ETF(上場投資信託)の魅力

ETF(上場投資信託)の魅力ですが、一般的な投資信託は、1日1回オークション時間終了後に決定される基準価額でしか取引できない場合が多いです。

 

これに対しETF(上場投資信託)はオークション時間中に市場の動きを見ながらリアルタイムで取引することが可能です。

 

また、ETFは取引から決済、税金などの仕組みが株式と同じであり、信用取引も可能です。例えば日経平均株価に連動するETFは、多種多様な銘柄に分散投資しているのと同じ効果が期待できるため、個別銘柄への投資と比較して、リスク分散が図れると言えます。

 

ETF(上場投資信託)と投資信託の違い

ETF(上場投資信託)と投資信託の違いですが、ETFと一般の投資信託の違いは、上場か非上場かです。上場しているETFは、株式と同様、市場価格の変動に応じて自由に売買することができます。ETF、株式、投資信託のどれを選ぶかは、それぞれの考え方次第です。

 

株式投資をする場合は、自分で市場の動向や個別企業を調査・分析し、売買の判断ができることが重要です。一方、分散投資をしたい場合や、外国株や債券など個人では手が出しにくい資産に投資する場合は、ETFや投資信託を利用するとよいでしょう。

 

ETFや投資信託は、株式のように自分の好きな価格で売買したい場合や、相場を見ながらリアルタイムで売買したい場合などに適しています。一方、1日1回の基準価額で取引したい場合や、証券取引に不慣れな方は、投資信託を検討されるとよいでしょう。

 

株式投資(個別株)の場合、投資家自身が株式を選択し、投資します。これに対しETFを含む投資信託は、複数の投資家から資金を集め、株式や債券などを運用の専門家が選び、運用します。

 

投資信託の運用には、大きく分けて「インデックス運用」と「アクティブ運用」の2種類があります。インデックス運用は、指数などあらかじめ設定された目標(目標指数)に連動した運用成果を得ることを目的としています。

 

一方、アクティブ運用は、目標指数を上回る運用成果を得ることを目的としています。現在はインデックス運用のETFが主流ですが、今後はアクティブ運用のETFも含め、様々なETFが市場に参入してくることが予想されます。

 

ETF(上場投資信託)の特徴

ETF(上場投資信託)の特徴ですが、ETF(上場投資信託)は、株式と同じように証券取引所でいつでも売買ができ、投資信託と同じように複数の株式に投資することができます。

 

また、ETFは、取引所に上場しており、投資信託でもあることから、投資信託と株式の特徴を併せ持っています。同時に、ETFならではの特徴も持っています。

 

ETFは、株式だけでなく、債券、不動産、商品、テーマなど、さまざまな投資対象に投資することができます。また、ETFは、これまで株式市場を通じて実現することが難しかった投資対象への投資を可能にします。

 

ETFの経費率は一般的に低く、低コストの投資手段となっています。また、経費率は、ファンドの長期的なパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。

 

ETFの構成銘柄や組入比率は、投資家の皆様がホームページでいつでも確認することができます。取引所に上場しているため、常に最新の市場価格を確認することができます。指数の動きに連動することが主な目的なので、値動きを追いやすいです。

 

ETFは取引所に上場しており、市場が開いている時間帯に取引できる。株式と同様、指値・成行注文など柔軟な取引が可能。1日中価格が決まっており、リアルタイムで売買できます。

 

ETF(上場投資信託)の始め方

ETF(上場投資信託)の始め方ですが、ETFは株式と同様に証券会社から購入することができ、証券会社に口座を持っている方はすぐに取引を開始することができます。

 

証券会社に口座をお持ちでない方は、口座開設が必要です。ETFは東京証券取引所において、平日の第1部(9:00~11:30)、第2部(12:30~15:00)に取引することが可能です。ETFの最低購入金額は、取引単位×取引所価格で計算できます。取引所価格が変動するため、最低購入金額は日々変動します。

 

ETFは、株式と同様に信用取引が可能です。信用取引とは、投資家が証券会社から保証金を担保に資金や株式を借り入れ、株式の売買を行う取引です。ETFの売却は、市場を通じてタイムリーに取引できるため、相場が下落した場合でも利益を追求することができます。

 

ETFでおすすめの証券会社

ETFには、日経平均株価やTOPIXなどの株式市場の指数を比較するもの、商品指数やREIT、債券などに投資するものなど、さまざまな種類があります。商品指数の中には、金や銀、原油の価格に連動するものもあり、株式以外の金融商品にも幅広く投資することが可能です。

 

現在、東証だけで250のETFが上場しており、投資家は幅広いテーマや金融商品の中から、自分の好みに合ったものを選んで投資することができます。

 

 

ETF(上場投資信託)の注意点

ETF(上場投資信託)の注意点ですが、ETFの中には、流動性が非常に低い、つまり1日の取引量が非常に少ないものがあります。

 

流動性の低いETFを購入した場合、時価よりもかなり低い価格で売却しなければならなかったり、最悪の場合、買い注文がなく、売却できないこともあります。

 

ETFのメリットは、いつでも簡単に売買できることです。売りたいときに売れない、あるいは安値で売らざるを得ないとなると、そのメリットは生かせません。毎日投資したい株数の100倍をコンスタントに売買しているETFを選ぶとよいでしょう。

 

また、ETFは指数や商品価格に連動した値動きをするように運用されていますが、中には原指標と乖離した価格を形成しがちなものもあります。代表的なものは、流動性の低いETFや外国株式など海外の指数に連動するETFです。

 

流動性の低いETFの場合、少量の売買注文で価格が大きく上昇したり下落したりすることがあります。その結果、ETFの価格は、連動対象となるはずの指数の価格とかけ離れたものとなってしまいます。

 

海外の指数に連動するETFの場合、日本の株式市場が開いていても、その指数が算出されている海外の市場が休場していることがあります。このような状況下で売買が行われると、指数とはかけ離れた、需給や投機の影響を強く受けた歪んだ価格が形成されることになります。

 

このように、流動性の低いETFはなるべく避けた方が無難です。海外の指数に連動するETFの価格が指数から乖離する傾向があることは避けられませんが、指値注文を意識するなどして、指数からかけ離れた価格での取引は避けるようにしましょう。

 

まとめ|ETF(上場投資信託)

今回は「ETF(上場投資信託)」について解説しました。「ETF(上場投資信託)」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。

なお「ETF(上場投資信託)」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「ETF(上場投資信託)」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a****o様が
    700万円を調達しました。

  • p******h様が
    1100万円を調達しました。

  • r***w様が
    100万円を調達しました。

  • n*****e様が
    500万円を調達しました。

  • d****y様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング