メタバース投資とは?メタバースで注目の関連銘柄10選

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/6/30

メタバース投資とは

 

「メタバース投資って何?」

「なぜ、ここまでメタバースが話題なの?」

 

メタバースといえば三次元の仮想空間のことですが、メタバース投資とは、どのような投資を指しているのでしょうか。仮想空間と「投資」が、どのようにして結び付くのでしょうか気になるところです。

 

ビジネスパーソンならば、ぜひ「メタバース投資」について知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、

 

◉ メタバース投資とは?

◉ メタバース投資のやり方

◉ メタバースで注目の関連銘柄10選

◉ メタバース投資の始め方

◉ メタバース投資の注意点

 

について解説します。この記事を読むことで、『メタバース投資』の基礎知識が身に付くようになります。

 

メタバースの話題は今後ますます、WEBメディアやニュースを賑わすことでしょう。

この記事を参考に、新たな時代の資産運用や投資の仕方について考えてみましょう!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

メタバース投資とは?

株式市場で注目されている投資テーマのひとつに「メタバース」があります。メタバース投資とは、メタバース関連企業の株を売買することを意味します。

 

メタバースとは「超越的な」を意味する「メタ」と「宇宙」を意味する「ユニバース」を組み合わせた造語であり、「超越的な」、「宇宙的な」という意味を持っています。

 

自分(ユーザー)の分身として登場するキャラクター「アバター」が、ゲームやインターネット上で現実世界に近いレベルで様々なコミュニケーション活動を行うことができる仮想空間を表す技術を「メタバース」と呼んでいます。

 

メタバースに決まった定義はないのですが、インターネットを介してアクセスできる共有仮想世界、特にVR(仮想現実)技術やAR(拡張現実)技術を用いたデジタル空間を指すことが多いです。

 

メタバースでは、ユーザーは自分のアバター(分身)を使って、現実世界と同じようにコミュニケーションやゲームへの参加ができるほか、暗号資産(仮想通貨)を使ってデジタル資産を購入するなどの経済活動も行うことができます。

 

メタバースでは物理的な制約がないため、日本にいる人と地球の裏側の国の人がアバターを通じて簡単に交流できるなど、非日常的で非現実的な体験ができることも特徴の一つです。

 

株式市場では、メタバースの知名度を大きく上げる出来事がありました。またソーシャルネットワーキング大手のフェイスブック社が明らかにした経営戦略に端を発します。

 

フェイスブックは2021年にメタバース事業に注力することを投資家に約束し、「(フェイスブックは)数年以内にSNSの会社からメタバースの会社に変わるだろう」と発言したのです。2022年現在、「(メタバースビジネスへの)投資をさらに拡大する」と表明しています。

 

米国のトップ企業によるメタバースへの巨額投資の発表は、世界の株式市場で大きな話題となり、投資家など株式市場関係者はメタバースに関連する企業を手がける「メタバース関連銘柄」を探すようになりました。

 

また、メタバース関連事業をビジネスチャンスとして投資することを表明する上場企業も増えており、有力な投資テーマの一つとして注目されています。

 

メタバース投資のやり方

メタバース投資のやり方ですが、現在、国内の仮想通貨取引所で購入できるメタバース銘柄はわずかですが、エンジンコイン(ENJ)はコインチェックとGMOコインで購入することが可能です。

 

また、『サンドボックス』のゲーム内土地である「ランド」は、コインチェックNFT(β版)で販売されています。これらは国内の取引所から簡単に購入できるので、メタバースの未来に期待する方は、ぜひ口座を開設して購入してみてください。

 

メタバース株は、海外の取引所でも購入できるものが多いです。海外の取引所でメタバース株を購入する場合は、国内の取引所を開設し、先に購入した仮想通貨を送金する必要があります。

 

なお、海外の取引所でメタバース株を購入する前には、まずは国内の取引所を開設して準備をする必要があります。

 

メタバースで注目の関連銘柄10選

メタバース関連銘柄は数え切れないほど多く存在しますが、本項ではメタバースで特に注目度の高い関連銘柄を10社紹介します。

 

エンジンコイン(ENJ)

エンジンコイン(ENJ)は、ENJとも呼ばれる暗号資産(仮想通貨)の名称であり、Enjinはプロジェクト名を指します。エンジンコイン(ENJ)はトークンを発行し、Enjinのエコシステムで使用されます。

 

トークンは、ゲームアイテムの交換やゲームアイテムのエンドースメントとしてメディアアセットとして利用されることが想定されています。

 

ゲームアイテムのエンドースメントとは、例えば武器アイテムがあり、その裏付けとして1000円相当のマシンコイン(ENJ)がある場合を想定しています。この仕組みには、イーサリアム(ETH)標準のERC-1155が使用されます。

 

エンジンコイン(ENJ)は、ゲーム開発者がSDKを通じてブロックチェーンの知識を必要とせず、ゲームアイテムなどをトークン化し、ゲームに組み込むための仕組みを提供します。わかりやすく言えば、ゲームアイテムなどのアセットを取引しやすくする開発者向けツールということができます。

 

エンジンコイン(ENJ)では、Unity、Java、Godot用のSDKや、Minecraft用のプラグインを提供していて、従来のゲームエコシステム内でトークン化したアイテムを流通させることができるようになっています。Blockchain Explorerはこのようなゲームアイテムをサポートすることができ、Enjinのエコシステムを構築する上で重要な役割を担っています。

 

エンジンコイン(ENJ)の開発ツールを使って、様々なゲームが開発されています。例えば、人気ゲーム「Minecraft」のプラグイン「EnjinCraft」では、ブロックチェーンベースのMinecraftアセットを作成し、ブロックチェーンウォレットを接続することが可能です。

 

Enjinの運営会社であるEnjin Pte.Ltdは、シンガポールで設立され、2009年より運営を開始し、Enjin Network上でゲーマーがお気に入りのゲームについて議論し、コミュニケーションするためのプラットフォームを提供しています。

 

Enjin Pte.Ltd.は、2009年にシンガポールで設立されました。Ltd.は、ゲーム運営者向けのモジュールも作成しており、ゲーム開発者はEnjinの機能を使ってゲームのアイテムショップやWikiなどを簡単に作成できます。

 

なおiOSとAndroidアプリがあり、ゲームが対応していれば、Enjinを通じて25万件のゲームコミュニティが作られ、Enjinはその種のものとしては最大規模です。

 

基本的にEnjinは一貫して、ブロックチェーンによるトークン化されたアイテムなどのツールを提供し、ゲーム開発者と既存のゲームユーザーのためのエコシステムを作ろうとしています。

 

参考:Enjin|みんなのNFT

 

ディセントラランド(MANA)

ディセントラランド(MANA)は、Ethereumブロックチェーンを利用したバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームで、ディセントラランド(MANA)で使用できる独自トークンはMANAと呼ばれています。

 

ディセントラランド(MANA)のVRプラットフォームでは、ユーザーは広大なVR空間を探索したり、ミニゲームをプレイしたりすることができます。

 

これは他のVRゲームでも見られる機能ですが、Decentralandの場合、土地や建物、アバターなどVR空間のすべてが、ブロックチェーン技術を使ってNFTで作成されています。また、ユーザーがVR空間に新たなNFTのオブジェクトやコンテンツを作成することも可能です。

 

これまでのVRゲームでは、アイテムは最終的にゲームの制作者が所有し、サービスが終了すると、そのアイテムは使えなくなるものでした。しかし、DecentralandでNFTとなったアイテムは、プレイヤー個人が所有することができ、ブロックチェーンが存在する限り、資産として保有することができるのです。

 

MANAは2017年にICO(資金調達のためのプレセール)を実施し、わずか35秒で2400万ドル(約26億円)を調達して話題になりました。

 

参考:Welcome to Decentraland

 

シータネットワーク(THETA)

シータネットワーク(THETA)は、分散型の動画配信プラットフォームです。ブロックチェーン技術により専任の管理者を必要とせず、高品質な映像配信と低コストでの運用を実現します。そのため、従来の動画配信の問題点を解決するプラットフォームとして期待されています。

 

YOUTUBEの共同運営者であるスティーブ・チェンが本プロジェクトのアドバイザーに就任していることからも、その信頼性と大きな可能性がうかがえます。

 

さらに、シータネットワーク(THETA)は、内で発行される「TEHTA」は、ガバナンストークンとしての役割を持ち、所有することでプロジェクトの運営に発言権を持つことになります。

 

シータネットワーク(THETA)は、独自のトークンを入手するには、まず国内の取引所で仮想通貨を取引する必要があります。

 

多くの有名企業から出資を受けているシータネットワーク(THETA)は、は、将来が期待されるプラットフォームです。従来のプラットフォームとは一線を画し、シータネットワーク(THETA)は、は、今後の動画配信を再構築する可能性を持っています。

 

シータネットワーク(THETA)は、は、PoSというコンセンサスアルゴリズムを採用しているため、ストライキの恩恵を受けることができます。PoSとは、ユーザーが簡単に通貨を保有できる仕組みで、処理速度や環境負荷の面から現在主流になりつつあるアルゴリズムです。

 

従来のアルゴリズムと比較すると、得られる利益は保有する通貨の量と保有時間に比例するのですが、そのためシータ・ネットワーク(THETA)を長く保有しようとする人が増え、通常、価格の上昇につながります。

 

シータネットワーク(THETA)は、は、ブロックチェーン技術としてMulti-Level BFTを採用しています。Multi-Level BFTは、高い安全性を保ちながら、ブロックの承認プロセスを高速化する技術です。

 

従来の動画配信サービスでは、4Kや8Kといった高解像度の動画はデータ量が多く、サーバーに大きな負荷がかかるため再生が困難でした。

 

しかし、シータネットワーク(THETA)では、「マルチレベルBFT」により、映像の負荷を複数の端末に分散させ、処理速度を大幅に向上させていす。このようなシータネットワーク(THETA)は、国内の取引所を経由して国際取引所で入手する必要があります。

 

参考:Theta Network

 

ブロックトピア(BLOK)

ブロックトピア(BLOK)は、暗号業界の愛好家をターゲットとしたメタバース・プラットフォームです。ブロックトピア(BLOK)は、ビットコインの最大発行枚数が2100万枚という点で、21階建ての高層ビルを中心に構成されています。

 

ブロックトピア(BLOK)の保有者や参加者は、Bloktopiansと呼ばれ、没入感のある一人称視点で仮想現実の世界を体験することができます。また「21」という数字は、ビットコインの最大発行枚数(2100万枚)と関係があると言われています。

 

ブロックトピア(BLOK)の特徴は、各エリアに取引所、ニュース、ゲームなどのコンテンツが用意されていることです。オンライン展示会のような空間で、Bloktopiaに集まれば、暗号業界の最新情報を手に入れることができるのです。

 

ブロックトピア(BLOK)は、仮想通貨に興味のあるすべてのユーザーを対象としたNFTゲームです。また、最近流行のメタバースにも適合しています。Polygonネットワーク上に構築され、2022年3月頃にベータ版リリースを予定しています。

 

ユーザーはブロックトピア(BLOK)に広告を掲載することができます。また広告掲載スペースは「ADBLOK」と呼ばれ、NFTとして販売されます。そしてADBLOKの価格はすべて同じではなく、配置する場所によって異なります。

 

例えば、Blocktopiaのユーザーが必ず訪れる1階は、より多くのユーザーに見られるため、ADBLOKの価格が高くなります。一方、上層階を訪れるユーザーが少なくなると、ADBLOK価格は低下します。

 

広告収入の数十%がBlocktopiaの運営(DAO)から差し引かれ、残りがBLOKとして広告主が受け取る仕組みになっています。blocktopia内の不動産はREBLOKと呼ばれます。REBLOKの所有者は、現実世界と同じように、他のユーザーに貸したり、お店を開いたりして収入を得ることができます。

 

ゲーム内の土地やアイテムはNFTとして生成され、ユーザーがそれらを売買するためにはBLOCKSが必要です。また、Blocktopiaは将来的にDAO(自律分散型組織)によって運営され、REBLOKの所有者は運営に参加する権利を持つことが予定されています。

 

Blocktopiaには、新しいBCプロジェクトに資金を提供するためのローンチパッドがあります。これは「BlokPad」と呼ばれていますBlocktopiaのユーザーは、BLOKをステークすることで、BlokPad上で支援したいプロジェクトに投資することができます。

 

プロジェクトは、自身のトークンを報酬として投資家に配布する。BLOKの賭け数が多ければ多いほど、受け取る報酬の額も大きくなります。Blocktopiaは仮想通貨業界からの注目度が高く、正式リリース前から多くの大手取引所やプロジェクトがBlocktopiaへのテナント開設を決定しています。

 

参考:BLOKTOPIA – the home of crypto

 

サンドボックス(SAND)

サンドボックス(SAND)は、メタバースにおけるブロックチェーンゲーム「The Sandbox」内で使用できる仮想通貨(暗号資産)です。The Sandboxでは、ゲーム内で使用するキャラクターやアイテムを作成し、NFTとして売買することができます。

 

作成したNFTは、仮想通貨「SAND」を使って取引することができます。また、The Sandboxの「LAND」地形を利用して、いくつかのマネタイズ方法が生み出されています。

 

2021年11月2日、The Sandboxの運営会社は、投資会社のソフトバンクVF(VF=ビジョンファンド)等からシリーズB資金調達ラウンドで9300万米ドル(約106億円)を調達したと発表し、SANDの価格が一時高騰しました。

 

The Sandboxは、SANDが実現するメタバースを利用したブロックチェーンゲームです。簡単に言えば、マイクロソフトの「Minecraft」のブロックチェーン版と言えば分かりやすいでしょうか。

 

The Sandboxは、ブロックチェーンを利用した仮想世界「メタバース」において、デジタルアセットを作成し、取引することができるゲームです。ゲーム内のオブジェクトなどのアセットはブロックチェーン上で発行されるため、NFT(ノン・フラット・トークン)として扱われます。

 

また、The Sandboxは、分散型自律組織(DAO)とノン・フラットトークン(NFT)の特徴を併せ持ち、ゲームコミュニティのための分散型プラットフォームとなっています。

 

SANDの発行枚数は3,000,000枚で、2021年3月現在、680,266,194個のSANDが発行されており、これは最大発行数の23%に相当します。SANDは、ETHのブロックチェーンとしてERC-20プロトコルを、ブロックチェーンのコンセンサスとしてPoS(Proof of Consensus)を用いて発行されています。

 

参考:ユーザーが作るブロックチェーンゲーム – The Sandbox

 

スターアトラス(ATLAS)

スターアトラス(ATLAS)は、ソラナチェインをベースに開発されたNFTゲームで、2620年の世界・宇宙をイメージして作られた「メタバース」がゲームの舞台となっています。

 

スターアトラス(ATLAS)の基本シナリオは、メタバースには人間(MUDテリトリー)、エイリアン(ONIリージョン)、ドロイド(USTURセクター)の3つの派閥が存在します。

 

土地や資源を奪い合い、プレイヤーはこの3派閥のいずれかに所属して他の2派閥と競い合います。また、プレイヤーは3つの派閥のいずれかに所属し、他の2つの派閥と競い合うことになります。

 

NFTゲームは新興ジャンルであるため、低予算の2Dカードゲームや子育てゲームが量産されています。そのため、ゲーム内で獲得した仮想通貨でお金を稼ぐことはできても、ゲーム性が面白いのかどうか疑問の声が多く上がっていました。

 

スターアトラス(ATLAS)は、最新のゲームエンジン「アンリアルエンジン5」のリアルタイムグラフィックス技術を駆使し、CG映画のようなグラフィックで制作されています。

 

参照:Star Atlas: Experience

 

エバードーム(DOME)

エバードーム(DOME)は、暗号資産とブロックチェーン技術を用いた火星を舞台にしたリアルメタバース(仮想空間)プラットフォームです。仮想空間・プラットフォームプロジェクトの名称は「Everdome」、プラットフォームで使用する仮想通貨の名称は「DOME」です。

 

Everdome/DOMEは、近年世界的に普及が進んでいる「仮想通貨とブロックチェーン技術を用いたメタバースプラットフォーム」で、ユーザーは仮想通貨のポートフォリオを繋げることで仮想空間の土地(LANDやNFTオブジェクト等)を売買することができます。

 

Everdomeの仮想空間内の土地は「LAND」として販売され、ユーザーはLANDを購入、販売、レンタルすることで、Everdomeの仮想空間内で独自のコンテンツを開発し、収益化することができる仕組みです。

 

参考:Everdome

 

ワックス(WAXP)

ワックス(WAXP)は、は2017年にローンチされたブロックチェーンで、すべての関係者にとって電子商取引をより速く、より簡単に、より安全にすることを目的としています。

 

WAXにはWAXP-to-Ethereum(ETH)ブリッジがあり、WAXPトークン保有者はトークンをEthereumベースのERC20ユーティリティトークンであるWAXEに変換することができます。

 

WAXトークノミクスに参加したいユーザーは、WAXPトークンを燃やして、イーサリアムブリッジ経由でWAXEを入手する必要があります。その後、WAXEトークンはイーサリアムとの流通契約にステイクする必要があります。

 

WAXGは、WAXEのステーキング者に配布されるイーサリアムベースのERC-20ガバナンストークンです。配布は設定されたスケジュールに基づいて行われ、WAX経済活動プールのシェアに比例します。

 

トークン保有者は、結果的にプラットフォーム上の経済価値の配分と分配をコントロールすることができます。

 

WAX経済活動プールは、生成されたWAX手数料の一定割合を蓄積し、ETHに変換してWAXEステイカーに分配することができるスマートコントラクトです。また、WAXGトークンの保有者に渡して、すでに保有しているトークンを燃やすことも可能です。

 

WAXブロックチェーンは、合意形成メカニズムとして委任型プルーフオブステーク(DPoS)を使用しています。これはEOSと完全に互換性があります。

 

WAXが開発したカスタマイズ機能と報酬の仕組みは、電子商取引での使用に特化したブロックチェーンの使い勝手を最適化し、提案に対する投票を容易にすることを目的としています。

 

これを可能にするため、WAXは分散型アプリケーション(DApps)や非代替可能トークンのマーケットプレイスを構築できるブロックチェーンベースのツール群を開発しました。

 

WAX Cloud Wallet、SSO、OAUTHなどのサービスが電子商取引をサポートし、組み込みのRNGサービスや開発者ポータルを提供しています。WAXのブロックチェーン・アーキテクチャでは、500ミリ秒のブロックタイムと顧客に対する取引手数料ゼロがサポートされています。

 

また、投票報酬を利用してブロックジェネレーターの選定や改善提案に参加することができます。

 

参考:OPSkins – Crunchbase Company Profile & Funding

 

スシスワップ(SUSHI)

スシスワップ(SUSHI)は、Uniswapのミーム(模倣)として作られ、2020年8月27日にローンチされた分散型取引所(DEX)です。当時、大人気のUniswapを模倣したDEXとして大きな話題となりました。

 

スシスワップ(SUSHI)は当初、Uniswapの仕組みをそのままコピーしていましたが、最近はオリジナルのサービスを提供することで差別化を図っています。コピー「バンパイア攻撃」を行うことで、SushiSwapは発売からわずか2週間で約1500億円を集め、一気に注目を浴びるDEXとなりました。

 

SushiSwapはもともとミームとして作られ、本格的な取引プラットフォームになるとは思われていませんでしたが、大手仮想通貨取引所FTXのCEOが開発に携わったこともあり、今では本格的なDEXに成長しています。

 

SushiSwapのような分散型取引所は、管理者がいないため、ユーザー同士が交換できるように通貨を準備して置き、流動性を提供する必要があります。また、保有する通貨を預けて流動性を提供することで、報酬を得ることができます。

 

SUSHIはSushiSwapが発行する独自トークンであり、ユーザーは流動性を提供した報酬としてSUSHIを獲得できる仕組みです。SUSHIは報酬としてだけでなく、BinanceやOKExなど様々な国際取引所に上場しており、通常の仮想通貨取引で購入することも可能です。

 

参考:Sushi

 

まとめ|メタバース投資

今回は「メタバース投資」について解説しました。「メタバース投資」はビジネスパーソンにとって、必須の知識です。なお「メタバース投資」の関連情報は、資金調達プロのコラムやニュースにて読むことができます。

 

「メタバース投資」の新着情報をお探しの方は、ぜひ資金調達プロのページをブックマークするか、資金調達プロの公式TwitterやFacebookのフォローをお願いいたします。

 

資金調達プロ公式 Twitter

資金調達プロ公式 Facebook

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a****o様が
    700万円を調達しました。

  • p******h様が
    1100万円を調達しました。

  • r***w様が
    100万円を調達しました。

  • n*****e様が
    500万円を調達しました。

  • d****y様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング