資金調達とは?資金調達の種類とおすすめの資金調達方法

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/11

資金調達プロの人気記事  NEW

資金調達とは

 

資金調達は、このサイトのタイトルにも採用されていますが、資金調達は主に事業資金の調達のことを意味します。

どの事業にも共通することですが、ビジネスを行うには、起業資金をはじめ運転資金など、どの段階においても「資金=お金」が必要です。

 

最近では16歳の高校生が、巨額の事業資金を調達することも珍しくありません。例えば、下のニュースでは1億円の資金を調達したことで注目を集めました。

 

□ 資金調達の関連動画

 

ビジネスを成長させるのに十分な資金がない場合は、外部から資金を調達する必要があります。この記事では、事業資金の調達方法ついて説明します。

 

この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

TwitterQuora

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

資金調達プロの専門家はコチラ

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

資金調達とは

資金調達とは、会社が事業を継続するために必要な資金を調達することです。会社をさらに大きくしようとするタイミングや、新たな事業を始める際には、大きな資金が必要になってくる場合があります。

 

資金調達の意味

所要資金を集めることで, 資金には設備などの固定資産に用いる長期資金と, 現預金・売掛金・在庫などの流動資産に充てる短期資金とがある。

前者は主に株式市場や債券市場などの資本市場で調達され, あるいは金融機関からの長期借入金として調達される. 後者は主に金融機関からの短期借入金や企業間信用として調達される。資金を調達するには, 資金の提供者になんらかの報酬を支払う必要があるので, 資金調達には必ずいくらかのコストがかかる。

Weblio辞書

事前にしっかりとした資金を確保しておくことで、事業展開もスムーズにおこなえるのです。事業拡大しながら、長期にわたって会社を経営していくためには、資金調達しながら経営していかなければならないのです。

 

資金調達が必要になるケース

実際に、どのようなケースで資金調達が必要になるのか覚えておくと、いざという時にスムーズに資金調達できます。

 

一つ目のケースが、起業する時や新規事業を立ち上げる時です。事業をはじめたばかりの頃は、まだ利益も上がっていないので必然と様々な経費を立て替えておかなければいけません。

 

場合によっては、家賃や光熱費などの支払いが必要になってくるので、資金調達で不足分の資金を確保できます。

 

二つ目のケースが、新たに事業を拡大する時です。事業拡大する時は、会社で確保している資金を使う場合と、事業拡大するための費用を資金調達で確保する場合の2つの方法があります。

 

三つ目のケースが、会社の運転資金が不足してしまっている場合です。会社の経営不振が続き赤字が続いている場合は、別の場所から資金調達して運転費に充てることができます。

 

大きなアクシデントがなくても、情勢や環境の変化次第で会社の運転費が減少してしまいます。経営者は、例え赤字ではなくても、運転資金の状態について常に確認しておくことが大切です。

 

また他の企業の買収を検討している場合は、資金調達で買収に必要なお金を集められます。

資金調達の方法は多種多様です。資金調達で後悔しないためにも、資金調達するための方法について覚えておきましょう。

 

資金調達の方法① 資産を現金化して調達する

手元にある資産を売却し、現金化することで資金調達ができます。売却して資産にできるものは多種多様です。

 

現在保有しているけれど、利用していない社用車や設備などを売却することで資産の現金化ができます。

 

不動産や証券など、今まで資産運用していたものを売却することで資金調達をすることも可能です。
資産を売却すると、売却した物品次第で高額の資金を得られる場合があります。

 

資産を売って現金化するメリット

保有している資産を売却して資産を増やすメリットは、スピーディな資金調達が可能だという点です。資金が必要だと思ったタイミングで現金化することで、支払いまでのタイムロスを少なくできます。

 

資産を売って現金化するデメリット

資産を売却しての資金調達は、スピーディに現金化できます。しかし、売却先が見つからなければ資金調達にも時間がかかってしまうのです。

 

不動産や株、物品などを現金化した場合は、購入時の価格を大幅に下回ってしまう可能性があるのです。
売買のタイミング次第では、少し待っていればさらに高く現金化できたという状況も考えられます。

 

資金調達の方法② 投資で調達する

現在手元に残っている資産や現金を元手として、資産運用や投資で資金調達する方法です。資産運用に挑戦して資金を増やす方法は、実際に利益が出るまで時間がかかります。

 

クラウドファンディング、個人投資家との出会いなどを活用して、ビジネスに対して投資してもらい資金調達をおこなう方法もあります。

 

場合によっては、高額の投資を受けられる機会がある可能性もあります。ベンチャー企業が資金調達する場合は、ベンチャーキャピタルを利用するのがオススメです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

投資で増やすメリット

クラウドファンディングや投資家からの投資を受けると、一気に知名度が上がる可能性があります。投資の場合は、資金調達できる金額も跳ね上がる場合があるのです。
たとえば、新規事業のクラウドファンディングの場合はビジネスアピールも同時にできるので、マーケティングにもなります。

 

自分で資産運用をして資金調達する場合もあります。その場合は、株式などの売買によって多額の資金調達ができる可能性もあるのです。

 

投資で増やすデメリット

投資での資金調達方法には、稼げるかどうかの保証はありません。「いつまでに資金調達したい」というように期限が決まっている場合は、資金調達できる保証がないので投資で調達する方法は避けましょう。

 

投資家の興味を引けなかった場合は、投資してもらえる可能性が下がってしまいます。自分で投資をして資金調達する場合は、最初に投資をするための初期費用が必要だと覚えておきましょう。

 

資金調達の方法③ お金を借りて調達する

銀行や消費者金融などからお金を借りて資金調達することも可能です。自宅や宅地などの不動産を担保にして融資を組むことで、数千万円の資金調達が可能になる可能性があります。
ビジネスに利用するための資金を貸してくれるビジネスローンを利用する方法もあります。銀行や公的機関の融資を受ける場合は、審査項目が厳しい場合もあります。

 

お金を借りるメリット

銀行などからお金をかりることで、一度に高額の資金を調達できる可能性があります。高額支払いが発生している場合や、家賃や給料など避けられない支払いが発生している場合に便利です。

 

会社の経営が厳しくなると、1ヶ月分の支払いに必要なお金だけではなく、数ヶ月分の資金を確保しておかなければいけません。そのような時は、高額資金調達ができる方法がオススメです。

 

お金を借りるデメリット

銀行や金融機関でローンを組むことで、毎月のローン返済義務が発生します。すでにビジネスローンなどを借りている場合は、新規でお金を借りるのが難しくなります。審査次第では、ローンを組めない可能性があると覚えておきましょう。

 

資金調達の方法④ 補助金や助成金で調達する

会社の資金繰りが苦しくなってきたので、お金を借りようとしたけれど借りられないケースもあります。そのような場合は、国や自治体が用意している補助金や助成金を活用してみましょう。

 

補助金や助成金で資金調達するためには、定められている条件をクリアしなければいけません。補助金や助成金を活用するためには、自ら進んで情報収集をしていく必要があります。

 

ビジネスをしている人が利用できる補助金や助成金には「ものづくり補助金」「事業再構築補助金」「働き方改革推進支援助成金」などがあります。

 

補助金や助成金を使うメリット

補助金や助成金は、国や自治体が管理しているので安心して資金調達ができます。補助金や助成金の内容次第では、借りられる金額が高額になる場合があります。
一般的には、補助金や助成金で受け取ったお金は返済しなくても良いとされています。一度、補助金や助成金申請を通過すると、企業や銀行からの信頼度が上がります。そして、次回ローンを組む際の審査基準にもなるのです。

 

補助金や助成金を使うデメリット

補助金や助成金を申請するためには、事前に多くの申請書類や判断書類を用意しなければなりません。補助金や助成金を申し込める期間が短いので注意が必要です。

 

申請内容次第では、決められた期間中にビジネスの様子を報告しなければいけない場合もあります。

 

また、補助金や助成金の審査に通過したとしても、実際に資金が口座に振り込まれるのには時間がかかってしまいます。補助金や助成金の条件によっては、申請しても対象外とされてしまう場合もあります。

 

資金調達に役立つサイト

ここで資金の調達に役立つサイトを集めてみました。

 

資金調達ガイド

ITを活用した資金調達 – 中小企業庁

資金調達の多様化に向けて – 中小企業庁

中小企業庁:創業前後の資金調達

中小企業者のためのエクイティ・ファイナンスの基礎情報

中小企業の成長に向けた資金供給の必要性

資金調達事例集 資金調達事例集 – 中小企業庁

起業資金の調達方法9選!借入・出資などメリット・デメリット完全比較

【日本政策金融公庫】創業融資の審査を通す5つのコツ!無担保で3000万円借入する方法

独立開業100%成功ガイド!独立開業で役立つ補助金制度は?

信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

日本政策金融公庫の融資に必要な書類と成功する準備の進め方!

日本政策金融公庫で融資を受ける!日本政策金融公庫のメリットとデメリット

【日本政策金融公庫完全ガイド】公庫の概要を徹底解説!

銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

日本政策金融公庫の融資審査を100%通すコツ!審査の難易度や審査時間も紹介

信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ

中小企業経営者が、事業融資を可決させるポイント!

日本政策金融公庫で借入をしたお金の使い方(資金使途)

日本政策金融公庫を利用するメリットは6つ!日本公庫の融資がお得なポイント

日本政策金融公庫(国民金融公庫)で融資を受ける際、注意すべきデメリットは4つ!

信用保証協会の仕組み

信用保証協会の理念

信用保証協会のメリット

信用保証協会のデメリット

経営改善資金(マル経融資)とは

日本政策金融公庫の新規開業資金、新規開業資金がアナタにおすすめの理由

海外展開資金とは

商工会議所の役割・商工会議所とは何か?

信用保証協会

日本政策金融公庫とは?日本公庫を支える3つの機能と3つの目的

日本政策金融公庫の貸付の種類|日本公庫で利用できる借入全ラインアップ(2022年更新)

日本政策金融公庫(株式会社日本政策金融公庫)の理念を知っておこう!

日本政策金融公庫(日本公庫)の仕組みや特徴を徹底解説!国の金融機関を活用する方法とは?

 

資金調達でよくある質問

資金調達で良くある質問を集めてみました。

 

質問① ファクタリングとは何ですか?

ファクタリングとは、債権をファクタリング会社に売却して早期に現金化することで資金を調達する方法です。ファクタリングは、契約形態によって、債権の通知を必要としない「二者間ファクタリング」と、債権の通知を必要とする「三角ファクタリング」の2種類に分けられます。

 

ファクタリングは、銀行などの金融機関からの融資ではないので、利用しても債務の増加(返済)はありません。ファクタリングは、債権を早急に現金化したい場合に利用される資金調達方法です(売買契約になります)。

 

債権をファクタリングサービス会社(以下、ファクタリング会社)に譲渡し、手数料などを差し引いて支払いを行います。

 

質問② 日本政策金融公庫とは何ですか?

日本政策金融公庫(JFC)は、日本政策金融公庫法に基づいて2008年10月1日に設立された財務省所管の特殊法人です。日本の政府系金融機関5社のうちの1社です。

 

民間のニーズに応えるため、さまざまな融資や事業者向けの融資を実施しており、資金調達プロでも日本政策金融公庫に関する記事を多数アップしています。

 

関連記事:日本政策金融公庫の融資審査を100%通すコツ!審査の難易度や審査時間も紹介

 

質問③ 日本政策金融公庫と普通の銀行の違いは?

事業目的や組織形態の違いからもわかるように、日本政策金融公庫は国民の生活向上のために融資を行う政府系金融機関であり、銀行は収益事業の手段としてお金を預かり、融資を行う組織という違いがあります。

 

質問④ 低金利のビジネスローンを教えてください

資金調達プロでは、経営者の間で人気の高いビジネスローンを35社厳選し紹介しています。

 

関連記事:ビジネスローンおすすめ35選!事業融資で事業資金を調達しよう

 

質問⑤ 負担の少ない借入方法はありますか?

返済不要な補助金や助成金で、資金を調達する方法があります。ここで資金調達プロで、補助金・助成金について解説した記事を紹介します。

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

資金調達で役立つ書籍

資金調達で役立つ書籍を集めてみました。どの書籍も実際に筆者が読んでみて、今回のテーマについて「分かりやすい」と思ったものだけに絞っています。

 

資金調達の理解に役立つ書籍
1. 銀行からの融資 完全マニュアル
2. 中小企業の資金調達 大全
3. わかりやすい プロジェクトファイナンスによる資金調達
4. 起業のファイナンス 増補改訂版
5. 中小企業経営者のための 絶対にカネに困らない 資金調達 完全バイブル
6. クラウドファンディングで資金調達に成功するコレだけ! 技
7. [新版]プロジェクト・ファイナンスの実務
8. 成功に導く! 創業支援マニュアル -事業計画・資金調達・各種手続きと事例
9. コーポレートファイナンス 戦略と実践
10. 入門 企業金融論: 基礎から学ぶ資金調達の仕組み

 

1〜10の書籍について、概要をまとめてみました。気になる書籍があれば、ぜひ公式サイトにて詳細をチェックしてみてください。

 

銀行からの融資 完全マニュアルの詳細

タイトル 銀行からの融資 完全マニュアル
著者 川北 英貴
出版社 すばる舎
発売日 2020/12/24
内容 頼りになる銀行員、どのように見極めればいい?借入時にできるだけ金利を低くしたい。どう交渉する?融資審査の段階では、決算書のどこを見られているのか?リスケジュールを要請するときに注意すべきポイントは?お金を借りるときに知りたいこと、元銀行員の資金調達アドバイザーが、すべて教えます!
目次 はじめに

Chapter1 融資の基本

Chapter2 銀行つきあいの基本

Chapter3 融資審査の基本

Chapter4 銀行による決算書の見方の基本

Chapter5 資料作りの基本

Chapter6 返済に困った時の基本 

おわりに

公式サイト すばる舎

 

中小企業の資金調達 大全の詳細

タイトル 中小企業の資金調達 大全
著者 塩見 哲
出版社 日本法令
発売日 2020/12/18
内容 アセット・デット・エクイティの3面から、中小企業が活用できるファイナンス手法を全て解説!
目次 第1章 中小企業の資金調達の基本的な考え方

I 資金不足の原因と改善法

1 新規の出店計画

2 資金不足の理由を知る

3 原因別の対処法

4 債権・債務を改善する

5 資金こそ企業継続の絶対必要条件

II 資金調達の8つの視点

1 「資金調達 = 金融機関」という思い込み

2 資金調達の優先順位

3 資金調達を考えるための基本

4 クラウドファンディングで近づく投資家との距離

III 資金調達の実例集

1 徹底した資金運用の見直しでスピード改善

2 事業再編を使ってピンチ脱出!?

3 起業時のファイナンス戦略の作り方
第2章 資産から資金を調達する〈アセットファイナンス〉

I ケーススタディで見るアセットファイナンス

1 手持資産の処分で資金を捻出する時の注意点

2 長期投資コストを見直し、財務体質を改善

3 設備資産の見直しとリースバックの有効活用

II 資産から資金を生む15の方法

1 資産を資金化する4つの手順を知る

2 社内休眠資金を発掘する

3 使わない資産を資金化する

4 売掛債権を期日前に回収(ファクタリング)する

5 売掛債権を期日前に回収(AI活用)する

6 適正在庫の把握と在庫処分の方法を知る

7 在庫のままで資金を生む

8 貸付債権を上手に回収する

9 リースによる資金調達を考える

10 セール&リースバック方式を活用する

<続きは書籍でご確認ください>

公式サイト 日本法令

 

わかりやすい プロジェクトファイナンスによる資金調達の詳細

タイトル わかりやすい プロジェクトファイナンスによる資金調達
著者 堀切 聡
出版社 税務経理協会
発売日 2021/6/23
内容 セキュリティーパッケージの交渉について、コマーシャルリスク、ポリティカルリスク、フォースマジュールリスクといった各リスクについて、貸手(レンダー)側はどう考え、それに借手(スポンサーやSPC)側はどう対処すべきなのかを、立場ごとに説明。他ではなかなか読めない、必見のコンテンツです。
目次 第1章 プロジェクトファイナンスとは

‐1 プロジェクトファイナンスの定義

‐2 プロジェクトファイナンスを採用するメリット

‐3 プロジェクトファイナンスのデメリット

‐4 プロジェクトファイナンスの適用可能な案件

‐コラム 銀行でのプロジェクトファイナンスの相談
第2章 プロジェクトファイナンスのためのプロジェクト組成

‐1 プロジェクトのリスクとは

‐2 プロジェクトの関連当事者と契約

‐3 スポンサー(出資者)

‐4 株主間契約

‐5 EPC契約

‐6 EPCコントラクターの選定

‐7 オペレーター契約とオペレーター 

‐8 オフテイク契約とオフテイカー

‐9 原燃料供給契約と供給者

‐10 現地国政府等

‐11 保険会社と保険契約

‐12 その他の関連当事者の選定する上での留意事項

‐13 スポンサーによる事業性評価

‐コラム IPPオフテイカーの三重苦
第3章 プロジェクトファイナンスの検討

‐1 Financial Advisor の選定

‐2 Financial Advisor との協議

‐3 公的金融機関等との目線合わせ

‐4 幹事銀行・ロールバンクの選定

‐コラム 案件への参入タイミング

<続きは書籍でご確認ください>

公式サイト 税務経理協会

 

起業のファイナンス 増補改訂版の詳細

タイトル 起業のファイナンス 増補改訂版
著者 磯崎 哲也
出版社 日本実業出版社
発売日 2015/1/16
内容 あの「起業家のバイブル」が全面改訂!改正会社法を反映したベンチャーのガバナンスを最終章に追加。
目次 序章:なぜ今「ベンチャー」なのか?

第1章:ベンチャーファイナンスの全体像

第2章:会社の始め方

第3章:事業計画の作り方

第4章:企業価値とは何か?

第5章:ストックオプションを活用する

第6章:資本政策の作り方

第7章:投資契約と投資家との交渉

第8章:優先株式のすすめ

第9章:ベンチャーのコーポレートガバナンス

公式サイト 日本実業出版社

 

中小企業経営者のための 絶対にカネに困らない 資金調達 完全バイブルの詳細

タイトル 中小企業経営者のための 絶対にカネに困らない 資金調達 完全バイブル
著者 川北 英貴
出版社 すばる舎 
発売日 2016/12/14
内容 元銀行員のカリスマコンサルタントが伝えたい!銀行との融資交渉、決算書の見られ方、普段の取引…etc.「いつ不足するか?」がひと目でわかる「資金繰り表」、絶対にソンをしない「資金調達」の方法、調達した後も苦しくならない「返済計画」…融資審査が通るポイントをズバリ解説!銀行から借りられなくても心配ご無用!普段の銀行との付き合い方から、スグに融資が出る「資金使途」の詳細まで!あらゆる手法を徹底網羅!
目次 Chapter1 資金調達の種類と資金の出し手

Chapter2 資金調達を行うタイミング

Chapter3 資金調達の優先順位

Chapter4 金融機関の使い分け

Chapter5 銀行からの融資の基本

Chapter6 銀行の融資審査のポイント

Chapter7 銀行の融資審査を通しやすくする方法

Chapter8 信用保証協会保証付融資

Chapter9 政府系金融機関

Chapter10 ノンバンク

Chapter11 その他の資金調達

公式サイト すばる舎 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

クラウドファンディングで資金調達に成功するコレだけ! 技の詳細

タイトル クラウドファンディングで資金調達に成功するコレだけ! 技
著者 クラウドファンディング研究会 、大竹 秀明
出版社 技術評論社
発売日 2019/5/1
内容 「会員制レストラン&バー」の開店資金、「焼かない焼肉屋」店舗拡大へ、新しいスタイルの「高品質腕時計」etc…これまでの成功事例を厳選掲載!実現したいアイデアをまとめる→プロジェクトページを作成する→拡散してPR活動をする→目標金額達成!クラウドファンディングの「成功法則」をこれ1冊で完全理解!
目次 第1章

クラウドファンディングの基本を知る
Section 01 クラウドファンディングとは

Section 02 クラウドファンディングでアイデアを実現する

Section 03 クラウドファンディングの流れを知る

Section 04 クラウドファンディングの種類を知る

Section 05 クラウドファンディングでの資金の受け取り方を知る

Section 06 クラウドファンディングのジャンルを知る

Section 07 クラウドファンディングのサービスを選ぶ

Section 08 クラウドファンディングサービスを利用する

第2章

プロジェクトを計画する
Section 09 プロジェクトのアイデアを検討する

Section 10 支援したくなるプロジェクトを考える

Section 11 成功したプロジェクトを研究する

Section 12 プロジェクトのストーリーを考える

Section 13 プロジェクトのチームをつくる

Section 14 プロジェクトのスケジュールを立てる

Section 15 プロジェクトのリターンを考える

Section 16 プロジェクトの目標金額を設定する

Section 17 プロジェクトの掲載期間を考える

Section 18 プロジェクトの審査を通過する

第3章

プロジェクトを投稿する
Section 19 プロジェクトページを作成する

Section 20 支援者の目を引くタイトルをつける

Section 21 プロジェクトの概要文を書く

Section 22 プロジェクト内容がわかる写真を掲載する

Section 23 プロジェクト内容がわかる動画を掲載する

Section 24 プロフィールを工夫する

Section 25 キュレーターに相談する

column Readyforのキュレーター

第4章

目標を達成するためのPRテクニック

<続きは書籍でご確認ください>

公式サイト 技術評論社

 

[新版]プロジェクト・ファイナンスの実務の詳細

タイトル [新版]プロジェクト・ファイナンスの実務
著者 加賀 隆一 
出版社 きんざい
発売日 2020/3/2
内容 経験豊富なプロがノウハウを詳しく解説!待望の全面改訂で最新の金融技術・情報を満載。実際の経験に基づいた事例を多数紹介。国際開発金融機関・各国公的金融機関の業務や具体的な活用法を網羅。
目次 第Ⅰ章 プロジェクト・ファイナンスの基本

1 資金調達の形態/2 プロジェクト・ファイナンスの定義/3 ノン・リコース・ファイナンスとリミテッド・リコース・ファイナンス/4 プロジェクト・ファイナンスの特徴/5 プロジェクト・ファイナンスの長所と短所/6 プロジェクト・ファイナンス市場の課題/[プロジェクト・ファイナンス略史]

第Ⅱ章 プロジェクト・ファイナンスの主要当事者と実務手順

1 プロジェクト・ファイナンスの主要当事者/2 ファイナンシャル・アドバイザーとアレンジャー/3 法律事務所/4 コンサルタント/5 プロジェクト・ファイナンスの実務手順

第Ⅲ章 プロジェクト・リスクのコントロール

1 プロジェクト・リスク/2 商業リスク/3 政治リスク/4 天災リスク/5 プロジェクトの保険/[ガス供給・発電事業の複合プロジェクト・リスク]

第Ⅳ章 事業性審査とキャッシュフローのコントロール

1 事業性審査/2 キャッシュフローの分析とコントロール/3 環境社会審査

第Ⅴ章 関連する契約書と紛争解決手段

1 準拠法/2 現地法/3 関連契約書の構成/4 紛争解決手段/5 紛争事例

<続きは書籍でご確認ください>

公式サイト きんざい

 

成功に導く! 創業支援マニュアル

タイトル 成功に導く! 創業支援マニュアル -事業計画・資金調達・各種手続きと事例
著者 森 隆夫
出版社 ビジネス教育出版社
発売日 2019/3/18
内容 図表や様式の記載例を多数収録し、わかりやすく詳解!
目次 第1章金融機関による創業支援とは

第2章融資を引き出す創業計画

Ⅰ 創業計画書の重要性Ⅱ 事業概要の検討Ⅲ 損益計画、資金計画等、数値計画の作成Ⅳ 創業計画書の具体例Ⅴ 創業のスケジュール 

第3章お金をめぐるキホンと支援

Ⅰ 資金調達Ⅱ 銀行口座の開設Ⅲ 財務管理 

第4章組織をめぐるキホンと支援

Ⅰ 組織の種類Ⅱ 個人事業、合同会社、株式会社のメリット・デメリットⅢ 組織の決定Ⅳ 株式会社の設立 

第5章創業に必要な届出・手続きをめぐるキホンと支援

Ⅰ開業時の税務Ⅱ 社会保険への加入Ⅲ 許認可等関連の届出 

第6章事例で学ぶ創業支援

Ⅰ 経験と人脈を生かした新分野での創業Ⅱ 経験十分な分野での創業Ⅲ 未経験分野での創業

公式サイト ビジネス教育出版社

 

コーポレートファイナンス 戦略と実践の詳細

タイトル コーポレートファイナンス 戦略と実践
著者 田中 慎一、保田 隆明 
出版社 ダイヤモンド社
発売日 2019/4/4
内容 本書は、類書が手薄になりがちな市場との対峙方法(IRや配当や自社株買いなどの株主還元政策)についても、多くのページを割いた。また、最近日経新聞でも頻出のROICも、既存指標との差から実務での使い方まで詳しく解説している。最終章には、ビジネスセンスに直結する「ビジネスパーソンとしてざっくり知っておくべき主要数字一覧」もまとめた。まさに、実務に直結するファイナンスの入門書であり、決定版である。
目次 第1章 ファイナンスの全体像: Life of a Company

第2章 ファイナンスに必要な会計を理解する

第3章 会計をファイナンスに 生かすためのキャラクター分析

第4章 ファイナンスの一丁目一番地 「現在価値」

第5章 資本コストをマスターする 

第6章 DCF法による事業価値の算出

第7章 株式市場での同業他社の評価

第8章 M&Aにおける買収金額の決め方 

第9章 株主還元政策

第10章 IR戦略

第11章 ベンチャーファイナンス

第12章 ビジネスパーソンとして ざっくり知っておくべき主要数字一覧

公式サイト ダイヤモンド社

 

入門 企業金融論: 基礎から学ぶ資金調達の仕組みの詳細

タイトル 入門 企業金融論: 基礎から学ぶ資金調達の仕組み
著者 中島 真志
出版社 東洋経済新報社
発売日 2015/2/20
内容 「企業金融」を学ぶための入門書。とくに、企業がどのような資金を必要とし、どのような手段によって資金を調達するのか、という資金調達の面を中心に記述。難しい数式は抜きで企業財務がすらすらわかる。
目次 序 章 企業金融とは何か

第1章 企業の資金需要

第2章 資金調達の形態

第3章 財務諸表の見方

第4章 キャッシュフロー

第5章 借入金(1)──借入れの種類と返済方法

第6章 借入金(2)──借入金利とメインバンク制

第7章 借入金(3)──担保

第8章 借入金(4)──保証

第9章 社債(1)──社債の種類

第10章 社債(2)──公募債と私募債

第11章 社債(3)──格付け

第12章 株式(1)──株式による資金調達

第13章 株式(2)──企業の合併・買収

第14章 アセット・ファイナンス

第15章 ベンチャー・ファイナンス

公式サイト 東洋経済新報社

 

まとめ

今回は資金調達する上で、知っておきたい基礎知識をまとめました。なお、資金調達プロでは、資金調達に役立つ金融機関や日本政策金融公庫の情報、事業資金の調達方法などを詳しく解説しています。

 

事業資金の最新情報を知りたいアナタは、ぜひ資金調達プロの公式サイトをブックマークしてみてください。また、公式Twitterでも、事業資金の調達方法や起業に役立つ情報を発信しています。

 

気になる方は、ぜひアカウントをフォローしておいてくださいね。

□ 資金調達プロ|公式Twitter

 

資金調達プロ

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

□ 資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達の関連記事

創業融資は自己資金なしで受けられる?自己資金ゼロの先にあるリスク

金融機関の借入とは?銀行融資とノンバンク融資の違い

公的融資制度とは?国や自治体から資金を調達する方法!

創業融資の審査に落ちる7つの特徴!回避方法と落ちた際の対処も伝授

【信用保証協会】創業融資の審査期間は?最短で融資を受けるコツ必見

事業計画書の正しい書き方!公庫融資&銀行融資審査で役立つコツ

日本政策金融公庫とは?公庫の事業内容と最新情報【まとめ】

日本政策金融公庫に必要な事業計画書とは?

日本政策金融公庫京都支店の行き方、アクセス方法

日本政策金融公庫の採用情報|2022年最新版

日本政策金融公庫大阪支店の行き方、アクセス方法

日本政策金融公庫で無利子(利息ゼロ)になる条件は?

日本政策金融公庫東京支店の行き方、アクセス方法

日本政策金融公庫の借入申込書とは?借入申込書の正しい書き方を解説!

一般社団法人 全国信用保証協会

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫|中小企業経営者におすすめの融資制度一覧

日本政策金融公庫の創業融資とは?申請条件と審査

日本政策金融公庫の融資を利用するデメリットは?

日本政策金融公庫の融資を利用するメリットは?

日本政策金融公庫の金利は何パーセント?【2022年最新版】

日本政策金融公庫の年収と採用条件|2022年版

日本政策金融公庫の店舗一覧|全国の日本政策金融公庫の支店

日本政策金融公庫のインターンシップ|2022年最新版

日本政策金融公庫の教育ローン(国の教育ローン)とは?

日本政策金融公庫の審査難易度、審査に通るコツは?

日本政策金融公庫とはわかりやすく説明すると?公庫の仕組み

日本政策金融公庫の借入申込書|書き方のコツ

日本政策金融公庫とは?日本政策金融公庫で融資を受ける方法

日本政策金融公庫の融資制度一覧

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫のローン概要【おすすめローン・金利・審査】

フリーランスが申請したい!給付金、助成金もらえるお金【お金の専門サイト資金調達プロ】

フリーランスも申請可能!2021年に利用できる「特別貸付」とは?

日本政策金融公庫「特別融資」の申し込み条件と申し込み方法を徹底解説!

日本政策金融公庫の健康対策特別貸付とは?

日本政策金融公庫の創業融資とは?起業融資の審査と申し込み条件を解説!

日本政策金融公庫の本店&全支店リスト!創業融資はここで申込OK!

届け出だけでお金がもらえる!公的給付金11選【資金調達プロのお金がよく分かるコラムvol.29】

日本制作金融公庫の創業融資とは?最新金利情報付き

日本政策金融公庫の中小企業向け融資と金利一覧

資金調達の方法31選!経営者が知っておくべき資金調達の種類

日本政策金融公庫なら銀行融資NGな人でも借りられる可能性アリ【2022年最新ビジネスニュース】

日本政策金融公庫の新創業融資ってどんな制度?【2022年最新ビジネスニュース】

事業資金の借入は創業時だけじゃない!事業融資は起業後にも活用できる【2022年最新ビジネスニュース】

事業資金の借入は日本政策金融公庫がオススメ!【2022年最新ビジネスニュース】

日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つの借入申込のコツ

【個人向け公的融資】年金受給者の借入は厳しい?それでも融資を受けたい場合は

会社設立は10代でもできる!若手起業家の例に見る成功する起業【2022年最新版】

アントレで飲食店を開業、フランチャイズ経営してみよう!

日本政策金融公庫の入札情報が漏洩、国の金融機関は立て続けに信頼を失っている【2022年最新ビジネスニュース】

資金調達方法|創業資金や事業資金を日本政策金融公庫で借りるメリット【ビジネス2022年最新ニュース】

【スタートアップ資金】創業融資とは?起業時にお金を借りる方法を5つ紹介

起業資金の調達は女性経営者に有利!女性の会社設立を応援する制度一覧【2022年最新ビジネスニュース】

経営者の資金繰り改善計画『節税のコツ』を知って資金繰りを改善しよう!(2022年版)

資金繰りや融資の問題点を「商工中金の事件」を例に考えてみよう(2022年最新版)

事業計画書の書き方はデキる経営者から学べる!驚きの「事業計画書公開」イベントとは?

【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

担保がなくても大丈夫!年金受給者がお金を借りる5つの方法とは?

資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2022年最新版)

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

【個人向け公的融資】年金を担保に!高齢者でも今すぐお金が借りられる便利な方法

【個人向け公的融資】奨学金でお金を借りるすべての方法

【個人向け公的融資】自治体でお金を借りるためのすべて!メリット・デメリットは?

返済条件変更(リスケジュール)中に資金調達&融資を受ける方法3選!

創業&開業資金でオススメの資金調達法BEST5!

【起業資金】日本政策金融公庫で今すぐ利用できる融資制度一覧!

個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2022年更新)

制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

マル経融資の審査を通す8つのコツ!あなたも金利1%台の低利率で2000万円借入できる

創業計画書100%書き方ガイド!公庫から創業融資を受ける5つのポイント

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • y*****o様が
    400万円を調達しました。

  • j***k様が
    200万円を調達しました。

  • u*****g様が
    900万円を調達しました。

  • e***x様が
    300万円を調達しました。

  • e*****k様が
    200万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング