今話題のFIREとは?早期リタイアとの違いと成功への2つのルール

Boli
Boli
更新日2022/5/23

資金調達プロの人気記事  NEW

FIREとは

働き方やライフスタイルが多様化している。変化している。自分らしく生きよう!

 

一見素晴らしいことに思えますが、現実に目を向けてみると、私たちの多くが職場や住まいに縛られて、やりたいことを自由にできない状態にいます。やりたいことがあってもお金がない。それも真実でしょう。

 

そんな中、今話題になっているのがFIREです。

 

FIREとは何でしょうか?FIREを実現するためには、何をどうしたらいいのでしょうか?そのメリットは何でしょうか?デメリットや注意点があるでしょうか?

 

この記事でFIREについてよく理解して、実際に目指すかどうか家族で話し合ってみてください。

 

前提として、当記事ではFIREを強く推奨しているわけではなく、否定するわけでもありません。人生の選択肢の1つとしてとらえてほしいと願っています。

 

ではさっそく「FIREとは何か」から整理していきましょう!
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
ライター boli

資金調達プロのWEBライター。国立工業高専を経て、建築技師として国際建設ボランティアに携わる傍ら、現地記者としてライター業で生計を立てる。 2013年からは日本において本格的にライターとして活動を開始し、金融・建設系のメディアでの執筆を中心に行なっている。 プロ目線の難解な解説ではなく、一般的に理解できる言葉や概念を用いたわかりやすいライティングを心がけています。

Twitter

 

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

資金調達プロの専門家はコチラ

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

1.FIREとは

FIREとは何か

FIREはカタカナ読みでは「ファイア」となります。

 

FIREとは、経済的に自立して早期に仕事から解放され、自分の時間を自由に使うスタイルのことを指します。

 

FIREに正確な定義があるわけではなく、この言葉は「Financial Independence, Retire Early」の頭文字から取られた造語です。そこには「経済的自立」と「早期リタイア」という2つの概念が含まれています。

 

ちなみに、FIREとは「火」や「クビになる」ことではありません。投資の一手法でもありません。

 

FIREは概念的でありライフプランなので、一言でまとめるのは難しいですし、そうする必要もありません。とにかく、人生の早い段階で貯蓄や投資などによって資金を増やしていき、経済的自立の目処がついたら仕事を辞めて自分のスタイルで生きることを目指す。そんな生き方のことをFIREと呼びます。

 

FIREには「早期リタイア」という概念が含まれていると書きました。しかしFIREは単なる早期リタイアのことではありません。

 

1-1.FIREと早期リタイアの違い

FIREと早期リタイアには違いがあります。

 

早期リタイアの場合、仕事を辞めたあとはこれまでの貯蓄や退職金、年金を切り崩して生活していくことになります。

 

一方でFIREの場合は、仕事を辞めてリタイアしたあとも資産運用を続けていき、運用益などを得ながら生活していきます。

 

単純に言うと、資産がどんどん目減りするのが早期リタイア、資産を切り崩すことなく不労所得で維持するのがFIREです。

 

ここにFIREの特徴が表れています。早期リタイアははっきり言ってお金持ちの選択肢です。もともと家が裕福、高額の遺産相続、高報酬の仕事を続けてきたなど、選ばれた人だけが選択肢に加えることができるのが早期リタイアです。

 

しかし、FIREはお金持ちだけのものではありません。早期リタイアのように大量の資産を保有しなくても、運用益などで生活する目処が立っていればだれでも実現できるのです。このあたりは後ほど詳しく説明していきます。

 

ここで、FIREとは何かに関連して「サイドFIRE」についても触れておきます。

 

1-2.サイドFIREとは

サイドFIREとは、資産運用などで運用益を得ながらの生活を基本とするものの、副業でも生活を支えていくスタイルのことです。こちらも正式な定義があるわけではなく、FIREに対して「もう少しゆるい」という意味で使われることがあります。

 

「私たちはFIREするんだから、リタイア後は絶対に働いてはいけない」とか、何かの型にはめ込んで考える必要はありません。大切なのは各自が「どんな生き方をしたいのか」よく考えて、必要な準備をし、実現させることです。

 

もしFIREとは何かを知った今、「ぜひ目指したい!」と感じているなら、さらにFIREについて理解を深めていくべきです。

 

FIRE実現に欠かせない2つの重要ワードがありますので、次の項目で取り上げます。

 

2.FIRE実現に欠かせない2つの重要ワード

FIRE実現に欠かせない2つの重要ワード

FIRE実現に欠かせないのが「年間支出の25倍の資産」「4%ルール」という2つのワードです。

 

FIRE実現に欠かせない2つの重要ワード

  • 年間支出の25倍の資産
  • 4%ルール

 

この2つのワードは、「自分たちがFIREできるかどうか」判断する時に役立つ指標となります。

 

それぞれについて解説します。

 

2-1.年間支出の25倍の資産

1つ目のワードは「年間支出の25倍の資産」です。

 

年間支出の25倍の資産を準備することができれば、今すぐFIREしても大丈夫。そんな目安となっています。

 

たとえば、家庭の支出が年間で350万円だとしたら、8,750万円の資産があれば「今すぐFIREを実現してもOK」となります。年間支出が300万円なら7,500万円、年間支出が200万円なら5,000万円となります。

 

あなたの家庭の年間支出はどれくらいでしょうか?年間支出の25倍で計算してみましょう。いくらになりますか?

 

FIREにはもう1つ重要なワードがあります。それが「4%ルール」です。

 

2-2.4%ルール

FIREの場合、蓄えを切り崩すのではなく資産を運用して利益を得て、その利益で生活していく必要があります。そこで出てくるのが「4%ルール」です。

 

この4%ルールとは、「生活費を投資元本の4%以内に抑えることで資産の目減りを心配することなく暮らせる」というルールのことです。

 

年間支出が250万円の家庭なら、6,250万円の資産を運用して年4%かそれ以上の運用益が出ていれば資産を減らすことなく生活していけるというわけです。

 

このルールはアメリカ発で、「S&P株の成長率(7%)-インフレ率(3%)」で4%となっています。

 

FIREとは仕事に縛られない生活のこと。そのFIREを実現させるためには、年間支出の25倍の資産を準備し、その資産を運用して年4%以上の運用益を手にすること。こんなふうに理解できたのではないでしょうか。

 

次の項目で、頭の整理も兼ねて実際にFIREする流れを見ていきましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

3.FIREするための具体的な流れ

FIREするための具体的な流れ

FIREを実現させるためには、以下の3ステップで物事を考えて進めていく必要があります。

 

FIREするための具体的な流れ(3ステップ)

  1. 年間の生活費をシミュレーションする
  2. FIREに必要な金額を計算する
  3. 目標額を達成するため貯蓄や投資に励む

 

3-1.年間の生活費をシミュレーションする

まず、年間の生活費をシミュレーションしましょう。年間の生活費をシミュレーションすることで、FIREしたあとの年間の生活費をイメージしやすくなります。

 

とはいえ、家計簿をつけている場合を除き、「年間の生活費はあらためて計算してみないとよくわからない」という家庭がほとんどだと思います。まずは銀行の預金通帳やクレジットカードの明細などを眺めながらザッと見積もってみてください。

 

年間の生活費を計算していく過程で、「これいらないかも」と無駄使いに気づくことがあります。あまりにストイックになると非現実的な数字になってしまうのでよくありませんが、FIRE後を見据えてカットできるものがあるかどうかの仕分けもしていくとよいでしょう。

 

年間の生活費をシミュレーションしたら、次のステップに進みます。

 

3-2.FIREに必要な金額を計算する

2つ目のステップは「FIREに必要な金額を計算する」です。

 

FIREに必要な金額を計算するために、最初のステップで計算した年間の生活費のデータが役立ちます。年間の生活費とはつまり年間の支出とほぼ同じですよね。FIREに必要な金額は年間支出の25倍が目安でした。実際にはじき出した数字に25をかけてみましょう。

 

いくらになりましたか?

 

1円単位で算出する必要はありませんが、あまりにアバウト過ぎてもいけません。FIREに必要な資産の額を減らそうとして年間の支出を低く見積もっても意味がありません。現実的な計算をしてください。

 

FIREに必要な金額がわかったら、次のステップに進みます。

 

3-3.目標額を達成するため貯蓄や投資に励む

FIREに必要な金額がわかったので、さっそく目標額を達成するために貯蓄や投資に励んでいきましょう。

 

ただがむしゃらに、そして無計画に進めていくよりも、貯蓄の目標を立て、同時に投資方法を見極めて実行するなど、ある程度の戦略が必要になってきます。このあたりのことは後ほど取り上げます。

 

目標額が貯まったらFIREする・・・では、何歳になるかわかりません。ぜひとも具体的にFIREする時期を見定めて、そこから逆算して計画を練るようにしてください。

 

この3ステップを踏むことで、特別なお金持ちでなくても誰にでもFIREの機会が開かれます。

 

ところで、そもそもFIREしたほうがいいのでしょうか?

 

FIREのメリットとデメリットを把握することは、FIREを自分たちの目標にするかどうか決めるための助けになります。まずはメリットから見ていきましょう。

 

4.FIREのメリット

FIREのメリット

FIREには少なくとも5つのメリットがあります。

 

FIREのメリット

  • 労働に縛られなくなる
  • 暮らす場所を自由に選択できる
  • 人生の選択肢が増える
  • 世の中の動きに詳しくなる
  • 少ないお金で生活する習慣が身につく

 

4-1.労働に縛られなくなる

労働に縛られなくなる。これがFIREの本質であり、最大のメリットと言えます。

 

自由な生活を送りたくても、会社に勤めてそこから給与をもらっている間は、縛られたままです。仕事自体に生きがいを感じているなら何のためらいもなく続けていけると思いますが、食べていくために渋々自分の自由を犠牲にして働いているとしたら考えものです。

 

FIREしてしまえば、労働という縛りがなくなります。といっても、別に「働いていけない」と法律で決められるわけではありませんので、FIRE後は働くも働かないも自由です。

 

働くも働かないも自由、労働に縛られることなく自由に生活できます。

 

4-2.暮らす場所を自由に選択できる

仕事や会社に縛られなくなれば、暮らす場所を自由に選択することが可能になります。これもFIREのメリットです。

 

会社勤めの場合、フルリモートや「全国どこに住んでも出社時には交通費出します!」というケースを除き、会社へ通える範囲に居を構えることになります。ある意味、暮らす場所が制限された状態になります。

 

リタイアしてしまえば会社に行かなくてもいいので、住みたいと思う場所に住めるわけです。

 

4-3.人生の選択肢が増える

FIREすることで人生の選択肢が増えます。

 

これまでは会社員として生活しているゆえに「自分たちには無理」とあきらめてきたことでも、FIRE後は選択肢に復活させることができます。

 

本当はしたかったけど、無理だとあきらめたことが何かありますか?

 

4-4.世の中の動きに詳しくなる

FIREを実現するためには必要な資金を準備しないといけませんし、FIRE後も運用益を手にしなければなりません。FIREを目指して実行する人たちは、自然と世の中の動きに詳しくなります。

 

これまでは会社の業務に関係することだけで生活できたかもしれません。それがFIREを目指すとなるとそうは行きません。日本経済や世界の経済のこと、株価、資産運用方法、今後の展望、日々のニュースとその背後に隠れている意味などを注視する習慣が身につきます。

 

世の中の動きに詳しくなることで、新たな人生の扉が開いたり、チャレンジしてみたい分野が見つかったりするかもしれません。

 

4-5.少ないお金で生活する習慣が身につく

FIREを目標にする人たちの多くは、少ないお金で生活する習慣を身につけることができます。これもメリットと言えます。

 

もちろん「FIRE=節約生活」ではありませんが、目標を実現してその後の生活を安定させていくためには、賢くお金を用いていく必要があります。

 

本当に価値あるものだけにお金を使うようになり、貯蓄や資産運用にははっきりとした目標が伴うようになります。ただなんとなく給与の範囲内でお金を使う生活よりも、無駄を抑えて賢く使えるようになります。

 

次に、FIREのデメリットにも目を向けてみましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

5.FIREのデメリット

FIREのデメリット

FIREのデメリットとして挙げておきたいのは、以下の3つです。

 

FIREのデメリット

  • 運用益をキープできるとは限らない
  • 予期せぬ出費があると計画が狂う
  • キャリアがストップし社会復帰が難しくなる

 

5-1.運用益をキープできるとは限らない

FIREの目安として、年間支出の25倍の資産を使って年4%の運用益を得ることについて説明しました。

 

狙い通り年4%かそれ以上の運用益が得られればいいのですが、そうなる保証はどこにもありません。FIREを目指すかどうかに関わりなく投資にはリスクがつきもので、株式市場や国際情勢の影響によって運用益を確保できない可能性があります。

 

もちろん運用益が確保できないと即破産とはならず、まとまった資産があるのでそこから切り崩していくことが可能です。とはいえ、資産が目減りするときに抱える精神的不安がありますし、資産が少なくなればその分だけ運用できる金額が減ってしまいます。

 

5-2.予期せぬ出費があると計画が狂う

年間の生活費の計算に基づいてFIREする場合、予期せぬ出費があると計画が狂ってしまいます。なぜなら、生活費が一気に増えるからです。

 

病気や事故、介護、増税、日本では考えにくいかもしれませんがハイパーインフレなど外的要因によって支出が増える可能性があります。

 

予期せぬ出費が発生すると年間の運用益では賄えないので、元本から捻出することになります。

 

5-3.キャリアがストップし社会復帰が難しくなる

FIREすることで労働に縛られることがなくなりますが、同時にそれはキャリアがストップすることを意味します。

 

キャリアがストップしても、生涯を終えるまでFIRE生活なら問題ないと言えます。しかし、その後の生活がうまくいかなかったり、やっぱり以前の生活に戻りたいと思ったりした時に、キャリアがストップしていることで社会復帰が難しくなる可能性があります。

 

たとえば、20代や30代でFIRE生活に入り、50代で行き詰まって再就職活動をしようと思うケースでは、年齢的な面、即戦力にならないこと、FIRE生活を送っていたこと自体がネガティブ要素になって、なかなか定職につけないかもしれません。

 

FIREには準備が必要であること、実現できたら素晴らしい結果が待っていること、でも同時に覚悟がいることが理解できたと思います。

 

FIREとは何かについて語る上で、切っても切り離せないのが「資産運用」です。資産運用しなければFIREは成立しません。次に、FIRE実現に向けた効率よい資産運用のポイントについて解説します。

 

6.FIRE実現に向けた効率よい資産運用のポイントは?

FIRE実現に向けた効率よい資産運用のポイント

よほどの年収がない限り、普通に働いて生活しているだけではいつまで経ってもFIREは実現できません。

 

FIRE実現に不可欠なのが資産運用です。でも、資産を運用するためには当然ながら資産が必要です。

 

ここでは、資産を増やしながら資産を運用し、FIREにどんどん近づいていくために助けとなるポイントを5つ紹介します。

 

6-1.固定費を見直す

今すぐにでも実行したいのが固定費の見直しです。

 

固定費の中でも見直し効果が大きいのは保険と通信費。この両方を最近見直しましたか?

 

もしまだなら、本当にその保険が必要か、保障が過剰ではなくベストな状態になってるかチェックしてください。保険代理店の営業パーソンや銀行員に勧められるままに加入しているとしたら、かなりの確率で「ベストではない状態」になってしまいます。

 

通信費、とくにスマホ代を見直すことで、毎月数千円節約できるかもしれません。数千円あれば投資信託や株式投資に回せます。特別な理由がない限り、格安SIMや大手キャリアの新料金プランの利用を検討してみましょう。

 

その他にも、利用していないのに契約したままになっているサブスクなど、見直していくといろいろ出てくるかもしれません。FIRE実現のためにも、さっそく時間を取って見直してください。

 

節約方法については、「資金調達プロ」の以下の記事で取り上げています。

 

関連記事:お金がない?金欠の方におすすめの節約法とお小遣い稼ぎのワザをコッソリ教えます!

 

6-2.複利効果を狙う

固定費の見直しや節約によって浮いたお金を投資に回しましょう。

 

投資を行うときに欠かせないのが複利効果を狙うことです。複利効果とは、投資で得た収益を当初の元本に加えて再投資することを指しています。運用で得た収益を手元に残して当初の元本のみで投資する「単利」と比較すると、その差はかなり大きくなります。

 

FIREを目指すなら、早めに複利効果を覚えて狙っていくとよいです。

 

さっそく複利効果を狙って投資を始めるなら、投資信託がおすすめです。長期で投資することで複利の効果が発揮されます。

 

すでに投資信託を始めていますか?

 

もしまだなら、この機会に複利効果を狙うために具体的に動きはじめてください。ちなみに、以下の記事を読めば、20代におすすめの投資信託がどれか知ることができます。

 

6-3.税制優遇制度を最大限に活用する

複利効果を狙って投資することは大切ですが、同時に賢く税金対策もしていきたいものです。税制優遇制度を最大限に活用した投資を目指しましょう。

 

日本の税制優遇制度の中でも外せないのが「iDeCo」「NISA(もしくはつみたてNISA)」です。

 

iDeCoは税制上のメリットの恩恵を受けながら老後に備えることができる私的年金制度です。FIREを目指す場合、FIREのための資金を準備し、FIRE後も資金の運用益で生活しないといけないので、iDeCoは魅力的に見えないかもしれません。しかし、長い目で考えると、FIREしてもしなくてもやがては老後を迎えるわけですから、今の段階で将来設計をしておくとよいと言えます。

 

NISAは、毎年一定の枠内に限り、投資で得た収益に対しての税金がかからない制度のことです。NISAの場合は年間120万円まで、つみたてNISAは年間40万円まで非課税となります。

 

iDeCoもNISAも、FIRE実現後ではなく今検討しておくべき制度です。「資金調達プロ」では完全ガイドを用意していますので、この機会に参照してみてください。

 

iDeCo完全ガイド:【iDeCo完全ガイド】お金が増えるiDeCoの正しい使い方を徹底解説!

 

NISA完全ガイド:【NISA完全ガイド】お金が増えるNISAの正しい使い方を徹底解説!

 

6-4.副業で収入を増やす

固定費を見直したり節約しながら資金を投資に回していけばFIREに近づきます。

 

でも、もし「少しでも早くFIREしたい」と考えているなら、収入を増やすことも視野に入れていきましょう。

 

収入を増やすといっても、勤め先で給料を上げてもらうのはなかなか難しいかもしれません。そんなときは副業で収入を増やすのがおすすめです。

 

※副業については、まず会社の規定を確認してください。

 

ひとことで副業と言っても、じつにさまざまな選択肢、可能性があります。時給計算でお金をもらうアルバイト、内職、成果報酬型のもの、当たれば本業を超えるレベルの収入が手に入るものなど、ピンからキリまであります。

 

この機会に、まず副業の選択肢を知り、そのうえで「FIRE実現のためにどんな副業を始めるといいだろうか」と考えてみるとよいでしょう。良い副業に巡り合えば、FIRE後もそのときどきの状況に応じて続けていけます。

 

関連記事①:注目の副業!初心者でも月3万円稼ぐ!ネットで稼ぐ11の厳選方法とは?

 

関連記事②:【副業大辞典】会社員やサラリーマンに人気のネット副業100選

 

6-5.情報収集を怠らない

FIREとは何かについて知った結果、あなたの人生が変わろうとしています。情報を手にする者とそうでない者とでは、人生のさまざまな場面で差が出てきます。

 

今後も情報収集を怠らないようにしましょう。入手する情報の中で「これだ」と思うものがあればぜひ生活に取り入れていきましょう。

 

日々収集する情報が、今後の投資の方針に活かされるかもしれませんし、収入を増やす助けになるかもしれません。FIRE後の生活のために「どこで暮らすか」「どんなふうに暮らすか」調べるのも楽しいですよね。

 

さて、あたらめて現実に目を戻して、次の項目では「FIREを目指す前に考えておきたい5つの点」について取り上げます。今FIREで頭がいっぱいの人にとってはいくらかクールに感じる情報ですが、大切な点なので目を背けることなくしっかりと向き合ってください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

7.FIREを目指す前に考えておきたい5つの点

FIREを目指す前に考えておきたい5つの点

FIREを目指す前に考えておきたいのは、これら5点です。

 

  • 本当に年4%が実現できるのか
  • 貯蓄切り崩しの局面になっても精神的に耐えられるか
  • FIRE実現のためなら進んで節約生活を受け入れることができるか
  • そもそも本当にFIREで幸せになるのか
  • するしないに関わらずFIREのエッセンスは生活に応用できる

 

7-1.本当に年4%が実現できるのか

FIREのために、年間支出の25倍の資産を蓄えて、毎年4%の運用益を手にする必要があると説明しました。

 

ところで、本当に年4%が実現できると思いますか?

 

すでにFIREしている人もこれからする人も、絶対に年4%を手にすることができると保証されているわけではありません。年間でどのくらいの運用益が得られるかは、投資手法や金融政策、世界経済等によって左右されます。

 

ただ1つ言えることは、年4%を実現するためには、投資についての勉強と実戦経験が必要だということ。本気でFIREを目指して実現させたいなら、今からしっかりと投資について勉強してください。そして実際に投資しながら学んだことを実践しましょう。

 

間違っても、FIRE後に投資デビューとは考えないでください。

 

7-2.貯蓄切り崩しの局面になっても精神的に耐えられるか

万全の準備を施してFIREしても、そのあとの次第で貯蓄切り崩しの局面を迎えるかもしれません。

 

順調なときも困難なときも、精神的に耐えることができるでしょうか?

 

会社員として生活していると、毎月収入があるのが当たり前のように思えるはずです。しかし、FIRE後は基本的に資産運用での生活になるわけです。投資成績が伸びなかったり急な出費が重なったりすると、蓄え自体が減少していきます。

 

FIREの明るい面だけではなく現実的な面にも目を向けるようにしてください。

 

7-3.FIRE実現のためなら進んで節約生活を受け入れることができるか

FIRE実現のためには準備が必要です。そしてその準備期間は、はっきり言って我慢の生活になります。

 

生活の見直し、節約、副業で資金を貯める、投資の勉強など、FIREを目指さなければしなくてもよいことでも、FIREという目標を見据えるがゆえに取り組んでいかなければなりません。

 

何歳までにFIREを目指すのか、どれくらいのペースで蓄えが増えていくかによりますが、きっと1年や2年ではなくもっと長いスパンで取り組んでいくことになるでしょう。

 

FIRE実現のためなら進んで節約生活を受け入れることができるでしょうか?あらためて自問自答してみましょう。

 

7-4.そもそも本当にFIREで幸せになるのか

そもそも論は敬遠されがちですが、あえてここで。そもそも本当にFIREで幸せになるんでしょうか?

 

FIRE以外にも人生で目標にできることがあります。それなのにFIREを目指すのはなぜでしょうか?

 

もし一時的な感情の高まりでFIREを目指し始めているとしたら、ぜひ敬遠せず「そもそも」と考えてみてください。

 

7-5.するしないに関わらずFIREのエッセンスは生活に応用できる

FIREとは何か、そのメリットやデメリット、現実的な面に注目した結果、「FIREを目指さない」という決定を下す家庭も少なくありません。

 

でもだからといってFIREするかしないか考えたのが無駄かというと、そんなことはありません。事実、FIREするしないに関わらず、FIREのエッセンスは私たちの生活に応用できるんです。

 

私たちの生活に応用できるFIREのエッセンス

  • 固定費の見直し
  • 税制上の優遇や複利効果を狙った投資
  • 副業で収入を増やすこと
  • 幸せな生き方について考えること
  • 人生の選択肢を狭めない柔軟な発想力 など

 

今はFIREを目指さなくても、やっぱり目指したくなるかもしれません。FIREしたものの、何年かしてから以前の生活に戻りたいと思って戻す人たちもいます。

 

柔軟な発想力をベースに、自分や家族にとっての幸せを考えながらいろいろ決定していきましょう。

 

8.FIREについてよくある質問

FIREについてよくある質問

ここで、FIREについてよくある質問とその答えを取り上げます。

 

質問① FIREとは投資の方法のことですか?

FIREとは投資の方法のことではありません。FIREとは、経済的に自立して早期に仕事から解放され、自分の時間を自由に使うスタイルのことで、英語の4単語の頭文字から取られた造語です。FIREを実現するためには投資が必要になることが多いので、投資と密接な関わりがあるのは事実です。

 

質問② FIREするなら何歳がおすすめですか?

何歳でFIREするかは、それぞれの価値観によって変わってきますので、「おすすめは何歳」とは言えません。20代~30代でFIREすることで経済的に自立した自由な生活を長く送ることが可能になりますが、その分だけ長くFIRE生活を維持する力が必要になります。理想の年齢があっても、資産が追いつかない可能性もあります。それで、まずはFIREに必要な資金を算出し、それから「自分たちは何歳で目指すといいか」考えてみてください。

 

質問③ なぜ今、若い人たちの間でFIREがムーブメントになっているのでしょうか?

FIREがムーブメントになっている背景には、日本の社会構造の変化が関係していると思われます。今日よりも明日が良くなって、会社で働けば自然と給与が右肩上がりでどんどん増えると信じてやまなかった時代は過去のものとなり、今では自分で主体的に切り開いていかなければ未来がないと考える若者が増えています。加えて、モノがあふれる時代に「本当の豊かさとは何か」考える若者が増えているのも事実です。いずれにしても、ムーブメントに乗るという発想ではなく、本当にFIREで自分たちが幸せになるのかしっかりと考えてください。

 

質問④ FIRE後もキャリアアップを目指したいと思っています。何かいい方法がありますか?

FIRE後にスキルアップを目指す方法はいろいろあります。オンライン形式の講座を受講したり、特定の分野での知識と経験を培うためにあえて仕事をしてみるのも良い方法です。数年ごとに再就職する人たちもいます。FIREするとしても、その都度必要に応じて自由自在に考え決定すればいいわけです。

 

質問⑤ FIREの落とし穴があれば知っておきたいです。

何のためにFIREするのか目的がはっきりしていないと、FIRE後の生活に満足できない可能性があります。思い描いていた“自由”とは違うとか、社会的活動から離れることで自己実現欲求が満たされなくなるなど、FIREが良い変化とならないケースもあります。「明確な目的なしにFIREする」という落とし穴を避けるようにしてください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

9.FIREに関連して役立つ書籍

FIREに関連して役立つ書籍

FIREに関連して役立つ書籍があるので、ここでご紹介します。

 

ネット上にもさまざまな情報が掲載されていますが、書籍なら特定のテーマに沿って体系的に学べます。最近本を読んでいないという場合はとくに、この機会に書籍でFIREについて学んでみませんか?

 

FIRE 最速で経済的自立を実現する方法

 

本気でFIREをめざす人のための資産形成入門 30歳でセミリタイアした私の高配当・増配株投資法

 

FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド

 

本当の自由を手に入れる お金の大学

 

ジェイソン流お金の増やし方

 

まとめ

FIREを実現すれば、会社や住む場所に縛られず、経済的に自立した状態で自由に生活できます。

 

今、FIREに注目する人が増えており、有名企業に勤める人たちの中にも早期リタイア&FIRE生活に移行するケースが見られます。あなたの場合はどうでしょうか?FIREとは何か理解した今、どんな気持ちでしょうか?

 

FIREしなければいけない理由があるわけではありません。今のままの生活を続けていくこともできます。もしFIREするとしたら、実際的な計画と節約生活が求められます。

 

FIREするとしてもしないとしても、この機会に今後目指す生き方について真剣に考えてみるのはよいことです。

 

FIREするとしてもしないとしても、この機会に本格的に投資にチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

 

記事のまとめ

この記事では、こんな点を取り上げました。

FIREとは
☑️ FIREとは何か
☑️ FIRE実現に欠かせないポイント
☑️ FIREの流れ
☑️ FIREのメリットとデメリット
☑️ FIRE実現の助けになる具体的な行動とは

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**o様が
    100万円を調達しました。

  • a**r様が
    1000万円を調達しました。

  • w****s様が
    200万円を調達しました。

  • l****l様が
    800万円を調達しました。

  • u**q様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング