DXとは何か?デジタルトランスフォーメーションの意味や仕組みを解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/23

資金調達プロの人気記事  NEW

DXとは何か?

 

DXとは『デジタルトランスフォーメーション』のこと。日本語では、企業がテクノロジー(IT)を利用して、ビジネスのパフォーマンスや範囲を根本的に変えてしまう状態を意味します。

 

ここ数年、国内外の企業でDX(デジタルトランスフォーメーション)が取り入れられるようになりました。この記事では、ビジネスパーソンが必ず知っておきたい、DXの意味や仕組みを詳しく解説します。

 

DXのおすすめ動画(YouTube)

この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

Twitter

 

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

 

資金調達プロの専門家はコチラ

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXとは?わかりやすく

ニュースなどで耳にすることが多くなった経済用語のひとつに「DX」があります。

一般的には、主にビジネス用語として使われており、「最新のデジタル技術を用いて、企業をデジタル時代に向けて変革すること」を意味します。
また、各政党が2021年の衆議院選挙の政策課題として挙げているなど、認知度が高まっている言葉でもあります。

 

2018年には、日本企業におけるDXの動きを加速させる動きとして、経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション推進ガイドライン(DX推進ガイドライン)」を発表しました。

 

デジタルトランスフォーメーションのはじまり

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、「情報技術の浸透により、人々の生活があらゆる面で向上する」という前提のもと、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱しました。

 

ストルターマンは「ITの浸透が人々の生活をあらゆる面で良い方向に変えていくこと」と定義し、以下のような特徴を提示しています。

 

デジタルトランスフォーメーションでは、情報技術と現実が徐々に融合・接続されていく変化を伴い、デジタル・オブジェクトが物理的な現実の基本素材となります。

 

例えば、デザインされたオブジェクトは、ネットワークを介して人間の環境や行動の変化を知らせる機能を持ちます。

 

本質的な課題として、今日の情報システム研究者は、情報技術研究のためのより本質的なアプローチ、方法、技術を開発する必要があります。

 

「IT」という言葉にはさまざまな定義や解釈がありますが、一般的には「企業がテクノロジー(IT)を利用して、業務のパフォーマンスや範囲を根本的に変えること」という意味で使われています。

 

デジタルトランスフォーメーションでは、情報技術と現実の融合・連動が進んでいます。また、デジタル・オブジェクトは、物理的な現実の基本的な素材となりつつあります。

 

デザインされたオブジェクトは、ネットワークを介して人間の環境や行動の変化を知らせる機能を持つようになります。

 

また、今日の情報システム研究者は、それぞれ固有の課題としてより本質的なアプローチや方法、技術を開発しなければなりません。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本におけるDXとは

日本では、DXは第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャルテクノロジー)を活用すること。新しい製品、サービス、ビジネスモデルを通じて、オンラインと実世界の両方で顧客体験を変革することと定義しています。

 

また、価値と競争優位性を創出すること。外部のエコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化にビジネスが対応する際に、内部のエコシステム(組織、文化、従業員)の変化を促進すること。

 

価値と競争優位性を創出することとして解釈されており、この定義は、経済産業省のDX推進ガイドラインにも引用されています。

 

DXはさまざまな企業が提唱していますが、ある企業ではでは「現実世界の事象をデジタル化してサイバーワールドに取り込み、ヒト・モノ・コトをつないで新たな価値を創造し、私たちの生活やビジネスをより良いものに変えていくこと」と定義しています。

 

DXは、ビジネスやユーザーエクスペリエンスを進化させるというコンセプトをさらに発展させたものです。

DXはさまざまな業界で導入されていますが、最近の動きとしては、新型コロナウイルスで大打撃を受けた外食・給食業界での導入が進んでいます。
例えば、ビッグデータやAIを活用して来場者数を予測するシステムを導入することで、仕入れの無駄を省き、廃棄物を減らすことができます。

 

また、従業員の労働条件の管理も容易になり、導入には負担がかかりますが、その効果が注目され始めています。特に、リモート/テレワークの普及や外食を控える傾向が強まっていることもあり、来店者数が大幅に減少しています。

 

テイクアウトサービスを始めるなど、解決策を模索するのが一般的な流れですが、DXを使って無駄を省き、効率的に集客するという考え方が浸透してきています。

 

ビジネス用語としてのDXは多義的であり、様々な他の用語と混同される可能性があります。

 

以下は、広義のデジタルトランスフォーメーションの解釈に含まれる概念と同義語の一覧である。狭義のデジタルトランスフォーメーションは、文脈に応じてこれらの同義語のすべてと区別されています。

 

デジタルシフト

デジタルシフトとは、デジタル化が進むグローバル社会において、企業のあらゆる活動(経営、マーケティング、採用・教育、生産、財務活動など)のあり方が変化することを指しています。

 

デジタル化が進むグローバル社会において、企業のあらゆる活動(経営、マーケティング、採用・教育、生産、財務活動など、ビジネスモデルそのもの)を本質的にデジタル化すること」と定義されています。

 

デジタルトランスフォーメーションに比べ、デジタルシフトはより狭義で、個々のサービスや業務のデジタル化を指します。一方、デジタルトランスフォーメーションは、社会や企業全体のビジネスモデルを、デジタル技術によって改革・変革することを指すことが多いです。

 

デジタル化

情報をアナログからデジタルに変換することは、DX推進のためのステップの一つであるが、デジタル化自体はデジタルトランスフォーメーションではない。

 

デジタライゼーション

デジタル化と混同されがちだが、デジタル化はプロセスやワークフローに焦点を当てた変革を指すことが多い。

 

デジタルディスラプション

デジタル・ディスラプション(Digital Disruption)とは、デジタル技術の破壊的な革新によって生まれた新しい製品やサービスによって、古い製品やサービスが陳腐化すること。DXが引き起こす社会的・産業的現象の一つと言われています。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXとは?経済産業省の取り組み

経済産業省は「DX推進のためのガイドライン」を策定しています。

 

このガイドラインは、本年9月に発表した「DXレポート」の提言に基づき、経営者がDXを実施する際、およびDXの基盤となるITシステムを構築する際に留意すべき点を明確にしました。

 

また、ガイドラインの作成により、取締役会や株主がDXの取り組みを検討する際に活用することを目的としています。

 

2008年5月、経済産業省は「デジタルトランスフォーメーション研究会」(座長:青山幹夫 南山大学理工学部ソフトウェア工学科教授)を設置。

 

ITシステムのあり方を検討するとともに、日本企業がDXを実現するために現在抱えている問題点を明らかにし、その対策を検討しています。

 

このほか、経済産業省ではDX達成のために必要なアプローチやアクションについて共通の理解を得るためのガイドライン作成の必要性を強調し、そのための構成を提案しています。

 

この提言を受けて、経済産業省は本ガイドラインの策定に取り組んできました。

 

産業界のDX推進政策

すべてのビジネス分野で、新規参入者が新しいデジタル技術を使って新しいビジネスモデルを開発することで、急速な変化が起きています。

 

このような環境の中、企業は競争力を維持・強化するために、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させることが求められています。

 

日本企業の中には、DXを推進するために独自のデジタル部門を設けているところもあります。

 

しかし、いまだに多くの企業がある程度の投資をして概念実証を繰り返していますが、本当の意味でのビジネス変革にはつながっていません。

 

DXを本格的に開発するためには、DXによってビジネスがどう変わるのかなど、ビジネス戦略の方向性を明確にする必要があります。

 

既存のシステムは古く、複雑でサイロ化しており、データの利用や統合が限られているため、新しいデジタル技術を導入しても効果は限定的です。

 

さらに、既存のシステムを維持・整備するためのリソースや人的能力が、新しいデジタル技術に投資するためには利用できません。

 

何もしなければ、保守・サービスのコストは上昇し続け(技術的負債の増加)、既存のシステムの保守・サービスに対応できる人の数は減少し、安全上のリスクも増加します。

 

もちろん、すでにレガシーシステムのブラックボックス化を解消している企業や、そもそも大規模なITシステムを導入していない企業、ITシステムを導入していない分野でデジタル化を推進している企業など、上記のような問題に直面していない企業もあります。

 

DXを実現するためにはITシステムが大きな問題となることから、経済産業省は有識者による研究会を組織し、DXを実現するためのITシステムの現状の問題点とその解決策を検討しました。

 

ITシステムを見直す際には、デジタル技術によって企業をどのように変革していくのかという経営戦略が不可欠であり、その戦略を実行するためのシステムや仕組みが企業の組織内に存在している必要があります。

 

そのため、これらの点についても議論されています。

 

参考文献:デジタルトランスフォーメーションを推進するための ガイドライン (DX 推進ガイドライン) 経済産業省

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

なぜDXが重要視されているのか?

DXはビジネスの世界では特に重要です。単なる業務のデジタル化ではなく、最新のIT技術を活用して組織構造やフレームワークを変革することが求められています。

 

ITもDXもデジタル化の導入・活用を指すが、その最終目的には大きな違いがあります。

 

ITとは、業務効率の向上、生産性の向上、コストの削減を目的としたデジタル技術の導入です。

 

一方、DXとは、デジタル技術を手段として利用することです。これは、新しい社会の実現に向けて、ビジネスモデルや組織、さらには新しいビジネスなど、さまざまな変化をもたらす取り組みです。

 

デジタル化は、スマートフォンの普及に伴う消費者行動の変化や、コロナ社の震災後のリモートワークの増加など、様々な形で社会を変えてきました。これにより、多くの企業が新しいビジネスモデル、製品、サービスを開発しています。

 

企業がこの競争社会で生き残るためには、DXを推進して自らを変革しなければなりません。

 

2025年の崖」は、DXを推進する上で無視できないキーワードで、「2025年の崖」は、経済産業省が2018年に発表したDXに関する報告書で使われている言葉です。報告書では、2025年に企業は様々な課題に直面すると予測しています。

 

DXの重要性は明らかですが、実際に対策を講じている大企業は少数です。

 

経済産業省は、日本企業が2025年までにデジタル化を導入しなければ、2025年から2030年にかけて年間最大12兆円の経済的損失を被ると指摘しています。

 

ガートナー(Gartner)社は2011年の講演において「クラウド、情報、ソーシャル、モバイルの4つのプラットフォームはそれぞれ独立して進化しているが、数年の調査では、既存のアーキテクチャを陳腐化させる収束が進んでいる」と警告しています。

 

これは2012年に「Nexus of Forces」としてまとめられ、新しいIT基盤として提案されました。同様の概念は、IDCの第3のプラットフォーム「クラウド、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャルテクノロジー、モビリティ」や、IBMのSMAC「ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド」にも見られます。

 

これらのIT基盤を活用して市場優位性を獲得する一環として、デジタルトランスフォーメーションが注目されています。

 

DXの課題

最大の課題は、ビジネスの生成がなされていないことであり、多くの企業はPoCの反復に一定の投資をしているが、実際のビジネスの変革には至っていなません。

 

問題は、既存のシステムが古く、複雑でブラックボックス化していることで、新しいデジタル技術を導入しても、データの利用や統合が限られているため、その効果が限定的になってしまうことです。

 

また、既存システムを放置しておくと、将来的に保守・メンテナンスのコストがますます上昇し(技術的負債の増大)、既存システムを保守・メンテナンスできる人材が枯渇してセキュリティリスクが増大します。

 

デジタルトランスフォーメーションにおける課題として最も多く挙げられたのは、適切な技術スキルの獲得でした。

 

自社の従業員をスキルアップできない理由として、マネージャーが挙げたトップ3は、「時間がない」、「トレーニングの仕組みがない」、「組織内の知識がない」など。

 

デジタルトランスフォーメーションを獲得するための手段として、国境を越えた転職が増加しています。

 

非IT企業や地方自治体の場合、そもそもデジタルに抵抗がある組織が多く、紙で処理したり、SIerに委託したりしています。そのため、上流工程を正確にベンダーに提出することが難しいのです。

 

これは非IT企業にとって、ITは本業ではなく、コスト部門だったからです。

 

多くの場合、オープンイノベーションによる非IT業界とIT企業のコラボレーションによって実現されています

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXを図解で説明

経済産業省のサイトでは、DXについて分かりやすく解説をしています。

 

DXを図解で説明

 

政府全体では、毎年何億もの行政手続きが行われており、これまではこれらの手続きの「コンピュータ化」が奨励されてきました。

 

しかし、これらの手続きのデジタル化は、情報が紙からPCの画面に移されるだけで、情報を整理し、入力し、確認するという作業の本質は変わらないことが多いです。

 

これは、公共サービスを利用・依頼する企業や個人にとっても、それを受けるスタッフにとっても大きな負担となっています。

 

この状況を変えるために、経済産業省がDXによる変革と位置づけているのは、デジタルによる「業務の最適化」です。

 

例えば、DXが今後どのような変化をもたらすのか。例えば、DXはどんな変化をもたらすのか?これらのステップを実行するために必要な時間と労力が大幅に削減されます。

 

民間サービスと連携することで、行政手続きのための書類作成の手間を省くことができます。申請書の記入漏れや間違いをシステムが自動的に検出してくれるので、窓口での面倒なやり取りが不要になります。

 

デジタルトランスフォーメーションは、今後これらの変化を可能にします。手間をかけずに、やりたいことにもっと時間をかけられるようになる。これこそが、国として実現しようとしている「行政の生産性革命」なのです。

 

企業や公共サービスの利用者から提供される情報には、政策立案に必要な情報が多く含まれています。

 

しかし、紙ベースの手続きの情報は、データとして管理できないために死にかけているといっても過言ではありません。

 

さらに、部門間でデータを共有し、組織内で連携してより付加価値の高い政策立案を実現することも可能ですが、そこまではできていません。

 

企業や市民が経済産業省の顧客であると仮定すると、データから顧客のニーズを分析し、それに基づいて対象者に商品(政策)を提供するというマーケティングの基本的な考え方が実現できていないことになります。

 

また、「たくさんの支援制度や政策があるが、たくさんの情報の中でどれが自分に合っているのかわからない」という声もあります。

 

デジタル化の時代には、データを活用するシステムがなければ、政策決定方法の大半が陳腐化するのは当然のことです。

 

このような状況を打開するためには、まず行政手続きそのものをデジタル化し、申請データを収集することが必要です。

 

まずは、行政手続きそのものをデジタル化し、申請データを収集することから始めます。

 

そして、これらのデータを統合的に共有・利用することで、組織は自分たちの施策の顧客である企業や個人のニーズや環境を分析し、民間企業では当たり前のマーケティングやパーソナライゼーションを実施することができます。

 

日本でこのようなアプローチを推進するにあたり、世界中の政府が行政サービスのデジタル化に熱心に取り組んでいることを忘れてはいけません。

 

経済産業省も、省内の業務プロセスの見直しから、ユーザーフレンドリーなサービスの設計、データの整備・運用・活用まで、省内で一貫したシステムを実現することを目指しています。

 

経済産業省は今夏、これらの取り組みを組織的に推進する「デジタルトランスフォーメーション推進室(DX室)」を設置しました。

 

DXオフィスは、経済産業省のCIOを責任者とし、経済産業省の関連部署と協力して、ビジネスプロセスの見直しからデータのシステム化と活用まで、包括的なシステム設計を行います。

 

さらに、民間企業でITシステム開発やコンサルティングを経験した人も加わり、公務員とIT専門家のハイブリッド体制になります。

 

この取り組みはまだ始まったばかりですが、DXオフィスからは「小さく始めて大きく育てる」「失敗から学んで改善を繰り返す」「本当に使いやすいものを探す」という文化を推奨し、デジタル化の実現だけでなく、経済産業省の働き方を変えていきたいと考えられています。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXとIT化の違い

DXとITの違いは、デジタル化を「手段」ととらえるか「目的」ととらえるかです。

 

具体的には、DX:デジタル化を「手段」として、製品やサービス、ビジネスモデルを変革すること。ITはDXを実現するための手段です。DXとITは一見すると同じもののように見えますが、実は全く異なる意味を持っています。

 

DXとは、テクノロジーを使ってビジネスプロセス、製品やサービス、オペレーションやマネジメントを変革することです。つまり、情報やデジタル化を「手段」として活用し、製品やサービス、ビジネスモデルを変革していくことです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXと数学

この記事で紹介しているDXと、数学のDXとは異なるものです。積分では、dxは∫という記号と組み合わせて初めて意味を成す記号です。

 

DXそのものでは、意味がありません。つまり、∫とdxの間にある関数の原始値を見つける必要があるのです。

 

DXの事例

北欧の小国、人口130万人のエストニアは、デジタル化によって大幅な効率化を実現したことで注目を集めています。

 

エストニアは、長年のソ連支配により財政難に陥っていました。

 

しかし、エストニアは独立後、行政サービスの効率化のためにデジタル化に着手しました。

 

現在では、教育、医療、警察、選挙など、ほとんどの行政サービスがインターネットを介して行われています。

 

また、海外にお住まいの方には、バーチャルな居住権である「e-Residency」を提供しています。エストニア国民がデジタルの世界でバーチャルな状態になることは、自国の経済を加速させるための試みでもあります。

 

シンガポールでは、国全体を3Dマップで表現した「バーチャル・シンガポール」が注目されています。

 

この未来の技術的な地図は、すべての土地や建物を3Dで表示するだけでなく、車の流れや建設プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで表示します。

 

これらの情報を省庁間で共有し、交通渋滞や防災などの都市問題の解決に役立てることができます。

 

ここで、国内外の企業における『DXの取り組み事例』を紹介します。

 

メルカリ

メルカリの前には、インターネット上にフリーマーケットのサービスがありました。メルカリDXの特徴は、アプリ上で匿名で新品・中古品の売買ができる仕組みを作ったことです。

 

また、「メルペイ」というスマートフォン向け決済サービスを提供することで、インターネット上での売買のハードルを下げ、お客様が売上金を利用する方法を増やし、カスタマーエクスペリエンスの向上に貢献してきました。

 

家庭教師のトライ

家庭教師のトライは、遠隔地で受講できる動画家庭教師サービス「Try IT」でDXに到達しています。

同社は、30年にわたる学習ノウハウを蓄積し、生徒にとってより効果的な学習方法を模索する試みを繰り返してきました。

 

当時、オンライン学習の黎明期であった同社は、ビデオレッスンの可能性に着目し、サービスの開発に着手しました。

 

元生徒の学習習慣を分析して、試験前に効率よく勉強できるシステムを作ったり、オンラインレッスン中にスマホを振って先生に質問できる画期的なシステムを立ち上げました。

 

また、スマートフォンやタブレットにも対応しており、より多くの方に利用できるよう工夫をしています。

 

その結果、100万人以上の生徒がTry ITに登録し、さらに多くの生徒が定期試験の準備に利用しています。ITは従来の塾だけでなく、オンライン授業などの新しい活動を生み出しています。

 

ソニー損害保険株式会社

ソニー損保は、自動車保険にAIを活用してDXを実現した会社です。

 

同社の課題は、運転技術や癖が分からないため、自動車保険で事故のリスクを算出することが難しいことでした。

 

この問題を解決するために、AIを活用したスマートフォンアプリを開発し、運転特性に連動した自動車保険「GOOD DRIVE」の提供を開始したのです。

 

スマートフォンのアプリケーションを使って運転中のデータを収集・分析することで、ドライバーの事故リスクを算出することが可能になりました。事故リスクは、スマートフォンのジャイロセンサーや加速度センサーと、同社が保有する過去の事故データを組み合わせて算出されます。

 

その結果、AIが安全な運転と判断したドライバーにキャッシュバックを行う自動車保険「GOOD DRIVE」が誕生しました。

 

Netflix

Netflixは、もともと映画や音楽のDVDを家庭に届ける動画配信サービスです。

 

しかし、Netflixは現在、将来を見据えて、動画サービスを提供するための独自のプラットフォームを構築しています。Netflixは、データ分析とレコメンデーションを利用して、既存の顧客データを活用し、大きな一歩を踏み出しました。

 

BMW

BMWは、実物大のクルマを視覚化してパーソナライズできる拡張現実アプリで、試乗と同じ価値を提供しています。

 

もちろん、最終的な判断は試乗後に行いますが、試乗前に車を間近で見ることで、判断に要する時間を短縮することができます。これにより、新たな販売機会が生まれ、より多くのお客様にアプローチすることができます。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

DXの関連サイト

ここで「DX」を理解するのに役立つ関連サイト(WEBサイト、ブログ)などを集めてみました。

 

「デジタル原則」で行こう、2022年に注目すべき3つのキーワード(日経XTECH)

DXやるなら、変化なき日本型IT投資の構造を変えるべし–日本オラクルの三澤社長

2022年10大キーワード(5)(6)進むかDX、「デジタル庁の真価」「データとの対峙」

従業員16人の設備工事会社が「DX優秀賞」、熊本地震の経験生かしAI新事業

「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2022」の選定に向けたアンケート調査項目を事前公開します(経済産業省)

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは|NEC

DX銘柄についてのご案内(情報処理推進機構)

DXを実現していく航海図「DXジャーニー」 – 三菱総合研究所

「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」の策定

トラストを確保したDX推進サブワーキンググループ(第3回)デジタル庁

リスキリングでDX攻略〈岐路2022〉 – 日本経済新聞

トラストを確保したDX推進サブワーキンググループ(第1回)

ビジネスdXストア™|docomoビジネス

【徹底解説】デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?|ソフトバンク

研究DX – 科学技術・イノベーション – 内閣府

インフラ分野のDX – 技術調査 – 国土交通省

DX | 株式会社サイバーエージェント

DX社会実装プロジェクト 企業募集|東京都

ABOUTNJCが考える「DX」とは – 日本事務器

大阪DX推進プロジェクト | 公益財団法人大阪産業局

 

DXを理解するのにおすすめの書籍

DXの理解をサポートしてくれる、おすすめの書籍を集めてみました。

 

  1. DX戦略立案書
  2. DX時代の売れるしくみの作り方 (小さな会社のデジタルマーケティング超入門)
  3. マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX
  4. いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略
  5. いまこそ知りたいDX戦略 自社のコアを再定義し、デジタル化する
  6. DXの思考法 日本経済復活への最強戦略
  7. DX経営図鑑
  8. DXを成功に導くデータマネジメント データ資産価値向上と問題解決のための実務プロセス75
  9. 図解まるわかり DXのしくみ
  10. イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション);デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業

 

1〜10の書籍について、概要とおすすめポイントをまとめてみました。

 

DX戦略立案書

タイトル DX戦略立案書
著者 兼安 暁
発行日 2019/10/11
出版社 彩流社
内容 GAFA、ユニコーン企業に市場を奪われ、日本の主要産業が次々と消えていく恐怖!個人、企業は、いま何をなすべきか、DXトップコンサルタントが徹底解説!
目次  第1章 デジタル経営変革に関する5つの領域:顧客、競争、データ、革新、価値
第2章 顧客ネットワークを活用する
第3章 製品だけでなくプラットフォームを構築する
第4章 データを資産に変える
第5章 スピーディな実験で革新を起こす
第6章 価値提案を時代に適応させる
第7章 破壊的なビジネス・モデルを使いこなす
結論
公式サイト 詳細はコチラ

DX時代の売れるしくみの作り方

タイトル DX時代の売れるしくみの作り方 (小さな会社のデジタルマーケティング超入門)
著者 長橋真吾
発行日 2021/10/22
出版社 standards
内容 本書はただDX化を図るのでなく、より売上向上に結び付くインターネットでの販売促進としてのデジタルマーケティング、「攻めのDX」に舵を切ろうとしている中小企業の方々にもわかりように、さらに実践できるよう構成されたデジタルマーケティングの入門書になります。
目次 01 DX時代に取り組むべきデジタルマーケティング

02 簡単に実践できるDX時代のデジタルマーケティング

03 目的に合わせて適切にデジタルマーケティングを設計!

04 DX時代のデジタルマーケティングの具体的な手順!

05 売上アップを加速させる「御社のWebチーム」を結成しよう

06 DX時代に求められるデジタルマーケティングの本質とカギ

公式サイト 詳細はコチラ

マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX

タイトル マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX
著者 黒川 通彦、平山 智晴、松本 拓也、片山 博順
発行日 2021/8/21
出版社 日本経済新聞出版
内容 変革すべきは「利益構造」「組織能力」「企業文化」
企業文化変革×デジタルのプロが、成功するDXを解説!
目次 目次
第1章 Why? 産業構造の変化
-ビジネスモデルを変えていく製造業
-技術革新がもたらす製造業のビジネス変革
-日本の製造業が遅れている3つの原因
-小売業界も関係性構築が求められている
-エコシステム間の戦いへとシフトする金融サービス業界 ほか第2章 What? DXで何を目指すのか
-DXを阻む3つの症状
-企業戦略の再定義こそがDXの〝What〞
-顧客ニーズ&自社提供価値の再定義
-ビジネスモデルの再定義
-経営層の役割の再定義 ほか第3章 How? 日本企業の足枷と挑戦
-後れをとっている日本
-日本企業の課題1:経営陣の同床異夢
-日本企業の課題2:デジタル人材不足
-日本企業の課題3:負の遺産(レガシーシステム)
-日本企業の課題4:失敗が許容されない文化(アンチ・アジャイル) ほか第4章 How? DXを成功させるために必要なこと
-要素(1)戦略ロードマップ
-要素(2)人材
-要素(3)アジャイル・デリバリー
-要素(4)テクノロジー
-要素(5)データ
-要素(6)チェンジマネジメント ほか第5章 You あなたは、何をすべきなのか
-次世代リーダーが立ち上がるべき理由
-最初の一歩
-人生100年時代を幸せに生きるために ほか
公式サイト 詳細はコチラ

いちばんやさしいDXの教本

タイトル いちばんやさしいDXの教本 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略
著者 亀田重幸、進藤 圭
発行日 2020/9/18
出版社 インプレス
内容 本書は、DXのために必要な知識と実行ステップを、現場目線で丁寧に解説しています。ペーパーレス化など小さく始められるデジタル化から行い、徐々にビジネスプロセス、ビジネスモデルの変革を目指せるように、豊富な図を用いて解説しているのが特徴です。実際にDXを推進する立場の人から、先端テクノロジーに関心のある人まで、専門知識不要でスラスラ読めるDXのいちばんやさしい解説書です。
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

いまこそ知りたいDX戦略

タイトル いまこそ知りたいDX戦略 自社のコアを再定義し、デジタル化する
著者 石角 友愛
発行日 2021/4/23
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
内容 なぜ、あなたの会社のDXはうまくいかないのか? シリコンバレーに学ぶDX戦略の最先端 自社のDXを成功させたい経営者とリーダー必読の一冊!
目次 第1章 そもそもDXとは何か?

第2章 DXを推進するために超えるべき壁1「何から手をつければいいかわからない」

第3章 DXを推進するために超えるべき壁2「なかなか実現フェーズに進まない」

第4章 DXを推進するために超えるべき壁3「リソースが足りない」

第5章 成功するDXのあるべき姿

公式サイト 詳細はコチラ

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略

タイトル DXの思考法 日本経済復活への最強戦略
著者 西山 圭太 (著), 解説・冨山和彦 (解説)
発行日 2021/4/13
出版社 文藝春秋
内容 累計9万5000部(電子含む)突破!『コロナショック・サバイバル』『コーポレート・トランスフォーメーション』に続く「DX成功への決定書」!
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

DX経営図鑑

タイトル DX経営図鑑
著者 金澤 一央、DX Navigator 編集部
発行日 2021/3/18
出版社 アルク
内容 本書は世界全32社のDX事例を収録。いずれも、顧客/ユーザー視点での「ペイン(苦痛)」と「ゲイン(利得)」を切り口に、顧客/ユーザーが最終的に得た「価値」について解き明かす。
目次 はじめに
< Part 1 世界のDX事例と価値交換の仕組み>
DX Case 1 Netflix「4度のDXで絶対王者に君臨」
DX Case 2 Walmart「Amazonショックに立ち向かうリテール王」
DX Case 3 Sephora「化粧品販売の革命児」
DX Case 4 Macy’s「アメリカ百貨店の象徴が見せるリテールDXの方向性」
DX Case 5 Freshippo(盒馬鮮生)「Alibabaが目指すニューリテール」
DX Case 6 NIKE「稀代のマーケティング巧者が目論む、超高速の価値提供サイクル」
DX Case 7 Tesla「自動車業界のDXをリードする新しい巨人」
DX Case 8 Uber「タクシー業界を破壊し、ギグエコノミーを生み出した元祖ライドシェア」
DX Case 9 Starbucks「『ひとときのコーヒー体験』のための徹底的なペイン除去」
公式サイト 詳細はコチラ

DXを成功に導くデータマネジメント

タイトル DXを成功に導くデータマネジメント データ資産価値向上と問題解決のための実務プロセス75
著者 データ総研、小川 康二、伊藤 洋一
発行日 2021/12/20
出版社 翔泳社
内容 ・DXが目指すところはわかったけれど、具体的に何から始めればいいのかわからない方
・データが社内で散在、混乱していて、データ活用の手前で躓いているDX担当の方
・DXがスムーズに進まない、挫折しそうで困っているDXチームのリーダー
目次 〈第1部 データマネジメント組織の立ち上げ〉
第1章 データ駆動型経営へのシフト
第2章 成功するデータマネジメント組織づくりの8原則
第3章 データマネジメント施策策定
第4章 データマネジメント組織設計
第5章 データマネジメントガイドライン策定
〈第2部 データマネジメントの実践〉
第6章 データ活用の課題とデータ活用基盤
第7章 マスタデータ管理
第8章 データ連携管理
第9章 データカタログ管理
〈第3部 データマネジメントの継続的実践〉
第10章 データマネジメントを支えるスキル
第11章 データマネジメントの組織文化醸成
公式サイト 詳細はコチラ

図解まるわかり DXのしくみ

タイトル 図解まるわかり DXのしくみ
著者 西村 泰洋
発行日 2021/10/11
出版社 翔泳社
内容 現在、DXはさまざまなシーンで登場する言葉となっています。本書ではDX人材に身につけてもらいたいITとデジタル技術を中心に基礎知識から実用に至るまでをしっかりと解説しています。

ビジネスやサービス、あるいはシステムの企画立案をするためには、技術の理解が不可欠です。

目次 第1章 DXの基本~特徴と機能、デジタル化との違い~
第2章 DXの実現に向けて~取り組みと実現のパターン~
第3章 DXを実現するフロントエンドのデジタル技術~AI・RPA・IoTデバイス~
第4章 DXに不可欠なWeb技術~ブラウザ、Webアプリ、多様化するWebの世界~
第5章 DXの基盤を担うクラウド~クラウドのサービスと技術~
第6章 データ処理とネットワーク~変わりゆくデータベースと典型的な処理~
第7章 DXを創る活動~企画・設計から準備まで~
第8章 DXはWebとクラウドから~DXのほとんどはWeb技術を使う~
第9章 DX人材を育てる~人材像とスキルの定義~
公式サイト 詳細はコチラ

イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)

タイトル イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション);デジタル技術で爆発的に成長する産業、破壊される産業
著者 兼安 暁
発行日 2019/10/11
出版社 彩流社
内容 GAFA、ユニコーン企業に市場を奪われ、日本の主要産業が次々と消えていく恐怖!個人、企業は、いま何をなすべきか、DXトップコンサルタントが徹底解説!
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

 

DXで良くある質問

最後に「DX」で良くある質問を紹介します。

 

質問1:DXの意味とは?

【回答】デジタルトランスフォーメーションは、ICT技術やデジタルマーケティングの分野でよく使われる言葉です。DXの意味は、「デジタル・プロミスの効果的な使用と実現を可能にするために、ビジネスや組織の活動、コンテンツ、構造を戦略的かつ構造的に再構築すること」です。

質問2:なぜDTではなくDXと略されているのか?

【回答】経済産業省もDXという略語を使っています。通常、”Trans “を “X “で略すのが一般的であり、それゆえに “DT “ではなく “DX “という略語が使われています。

 

質問3:DXを導入している企業の例を知りたいです

【回答】DXの導入事例として世界的に有名なのが、マイクロソフトの例です。これまでカットプライスタイプで販売していたOfficeですが、クラウドサービスとして提供。利便性を飛躍的に向上させ。さらに月額制にすることで新たな顧客層を獲得し、売上を伸ばしました。

 

質問4:DXの語源は?

【回答】2004年にウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、大まかには「ITの浸透により、人々の生活をあらゆる面でより良いものに変える」という意味です。

 

質問5:DXとは何の略で、どのように読めばいいのですか?

【回答】DXはデジタルトランスフォーメーションの略です。

 

質問6:DXに期待される効果は?

【回答】基本的には、デジタル化の推進による企業の生産性向上が期待されていますが、流れを説明すると、以下のような効果が期待されていると考えられています。
デジタル技術を活用することで、業務の効率化やコスト削減が実現し、最終的には企業の生産性を向上させることが期待できます。

 

質問7:経済産業省のDXの定義とは?

【回答】経済産業省は、DXを「データやデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズに基づいて製品やサービス、ビジネスモデルを変革。

 

ビジネス環境の急激な変化に対応するとともに、業務や組織、プロセス、企業文化・風土を変革して競争優位を確立すること」と定義しています。

 

DXを実行するには、データやデジタル技術を使うだけでは不十分です。重要なのは、顧客や社会のニーズに応え、競争力を高めるために、企業や会社の組織のあり方を変えることが重要です。

 

質問8:製造業でどのように役立つのか?

【回答】製造業では、検査工程の改善や製品仕分けの自動化などに、aiによる画像認識が活用されています。

 

例えば、検査工程を改善するために、生産ラインにカメラを設置し、製品の画像を、良品と不良品を区別するように学習させたaiに読み取らせることで、不良品を自動的に判別することができます。

 

質問9:コールセンターでもDXは導入できますか?

【回答】はい。コールセンターは、他の産業と同様に人件費が高く、DXアプローチの恩恵を受けることができます。実際に人件費の削減だけでなく、業務の効率化や高度化、従業員の負担軽減、顧客満足度の向上などの効果が期待できます。

 

AIによる音声認識など、テクノロジーの進歩により、新たな業務の実現が可能になってきています。これは将来的に検討すべきことだと思います。また、DXはセンター内のオペレーション改善にも活用できます。

 

近年、AI技術の発展により、コールセンター向けの音声認識サービスが普及しています。音声認識サービスでは、通話内容をテキスト化し、自由に取り出すことができます。

 

また、お客様とオペレーターの会話をリアルタイムに、かつ事後的にも見ることができ、会話の最後の記録を自動化・簡略化したり、会話の中にNGワードがあると警告を受けたりすることができます。

 

チャットボットやIVRで顧客対応をデジタル化することで、業務量を減らし、人件費を削減することができます。
そのためには、日々のやり取りを自動化することが最も効果的な方法の一つです。

 

チャットボットやIVRは、人の手を介さずに対応できるという利点がありますが、技術的な限界があるため、複雑な問い合わせやリクエストに対応するのは困難です。

 

一方で、お客様は自動応答でも欲しい情報が得られれば満足することが多いため、これらのプロセスをできるだけ自動化することは、お客様と企業の双方にとってメリットがあります。

 

対応履歴や処理時間などのデータを蓄積し、それをツールで分析することで、さまざまな業務改善が可能になります。

 

例えば、前述の音声認識サービスでは、通話内容をテキストとして蓄積し、VOC(Voice of the Customer)を抽出・分析することで、商品やサービスの改善に役立てることができます。
また、過去のデータに基づいて将来の通話量を予測したり、シフトに必要なスタッフ数を決定するのにも利用できる。

 

質問10:小売業ではどのように使用できますか?

【回答】小売業では、顧客とのコンタクトやマーケティング活動にDXを活用できる例が数多くあります。

 

例えば、チャットボットによる問い合わせの自動化、CDP(Customer Data Platforms)やDMP(Data Management Platforms)などの顧客データベースによるターゲットの詳細な分析など、デジタル技術による個人の嗜好に合わせたアプローチなどが挙げられます。

 

また、顧客との関係を強化するために、デジタル技術を活用するケースも増えています。

 

質問11:金融業界では、DXがどのように活用されていますか?

【回答】金融業界には大量の紙文書がありますが、これをAI-OCR(AIによる文字認識)を使ってデジタル化しています。

 

また、読み取ったデータをもとにその後の処理を自動化するRPA(Robotic Process Automation)の活用も進んでいます。これにより、事務作業に必要な人的リソースを大幅に削減することができました。

 

質問12:なぜDXが注目され始めたのか?

【回答】DXという言葉は広く普及するようになりました。その背景には、2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」の影響があります。

 

同報告書では、DXを阻害している課題として、既存のシステムが事業部ごとに構築されていてデータの横断的な利用ができないことや、過度なカスタマイズにより複雑化・ブラックボックス化していることを指摘しています。

 

既存システムの問題点を解決するためには、業務そのものを見直す必要があり、現場からは大きな抵抗があります。

 

これらの課題を克服できなければ、DXが現実のものとならないばかりか、2025年以降の日本では年間最大12兆円の経済的損失が発生する可能性があります。「2025年の崖」は、日本企業が危機感を共有するためのレポートです。

 

このレポートにより、特に成長が停滞している企業や、海外企業などの新規参入により市場が脅かされている企業では、DXの必要性に対する意識が高まっています。

 

また、AI技術の発展や、データ分析を高度化して当たり前にする新技術の登場なども、DXへの注目度を高める要因となっています。

 

質問13:DX「3つの定義」とは何ですか?

【回答】DXの定義は大きく分けて三つあります。

 

(1)デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションは、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念です。この定義では、「ITの浸透により、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変えていくこと」を指しています。

 

(2)デジタルビジネス・トランスフォーメーション

デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションは、2010年代にマイケル・ウェイドらによって提唱された概念です。

 

デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションは、「デジタル技術とデジタル・ビジネスモデルを活用して、組織を変革し、ビジネスパフォーマンスを向上させること」と定義されています。

 

エリック・ストルターマンが提唱したデジタルトランスフォーメーションと区別するために、デジタル「ビジネス」トランスフォーメーションと呼ばれています。

 

(3)経済産業省が発表した定義

経済産業省が2018年に発表した定義では、具体的には「データやデジタル技術を活用して競争優位を確立するために、顧客や社会のニーズに基づいて製品やサービス、ビジネスモデルを変革すること。

 

また、事業環境の急激な変化に対応して、事業そのもの、組織、プロセス、企業文化・風土を変革すること」としています。また、競争優位性を確立するために、ビジネスそのもの、組織、プロセス、企業文化・風土を変革することを定めています。

 

質問14:企業がDXに取り組むべき理由を教えてください。

【回答】あらゆる業界で新規参入者が現れ、新しい製品、サービス、ビジネスモデルを生み出しています。この流れに乗り遅れないためにも、企業はDXを取り入れる必要があります。

 

近年、企業が使用している既存のシステムは限界を迎えています。既存のシステムのままでは、新しいビジネスを始めるのは難しいでしょう。また、複雑なシステムを維持するにはコストがかかります。古いシステムから新しいシステムへの移行が急務となることもあります。

 

時代は、モノの消費からコトの消費へと変化しています。製品を買って所有するのではなく、楽しい体験からしか得られないものに消費者の関心が集まっています。

 

企業は、このような時代のニーズに応えるために、システムやオペレーションを含む組織全体を変革していく必要があります。また、市場の変化に取り残されないように、サービスを革新していく必要があるのです。

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)用語集

デジタルトランスフォーメーション(DX)

デジタルトランスフォーメーション(DX)という概念は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授によって提唱されました。

一言で言えば、デジタル技術によって生活やビジネスのあり方を変革することです。それは、既存のビジネスの枠組みを破壊し、より良い方向に変革し、人々の生活を豊かにすることです。

デジタルトランスフォーメーションはDXと略されます。英語では、”trans-“は交差点を意味する “x-“と綴られることもあり、Digital XformationはDXと略されます。

 

DX銘柄

DX銘柄は、東京証券取引所に上場している企業の中で、DXプロモーションシステムを導入している企業や、優れたデジタルアプリケーションを導入している企業の中から、業種ごとに毎年1~2社を上限に認定する制度です。

 

AI

AIは「人工知能」の略で、一つのことに特化した「特化型AI」と、いろいろなことができる「汎用型AI」に分けられます。特殊なAIは特殊な作業しかできませんが、汎用AIは与えられた情報をもとに自分で考え、応用することができます。しかし、AIが人間と同じレベルの知能で複数の作業をこなせるようになるには、まだ長い道のりがあります。

データから特徴を自動的に抽出して分類や予測を行う機械学習の一種であるディープラーニングの登場により、画像認識、音声認識、予測技術などの分野で精度向上の可能性が出てきました。

 

AppSheet

AppSheetは、開発経験のない人でも高機能なアプリケーションを作成できるノーコードツールで、2020年1月にGoogleが買収しました。AppSheetは、従業員リストの管理、カメラでの撮影、QRコードの読み取り、電子署名などのアプリを、マウスを数回クリックするだけで作成できる、コード不要のツールです。

 

AIoT

AIoTという言葉は、AIとIoTを組み合わせたものです。AIoTは、Artificial Intelligence of Objects(モノの人工知能)とも呼ばれ、センサー(機器)にAIを組み込むことで、データ収集と分析の両方を効率化することを指します。

現在、インフラメンテナンス分野の監視にはIoT技術が広く使われていますが、AIを統合することで、リアクティブなメンテナンスではなくプロアクティブなメンテナンスが可能になります。

 

AWS

AWSとは、Amazon Web Servicesの略で、Amazonが提供するクラウドコンピューティングサービスのこと。

世界各地にデータセンターを持ち、仮想Webサーバー、仮想ストレージ、仮想データベース、プラットフォームなどのインフラサービスから、機械学習、人工知能、データレイク、アナリティクスまで、幅広いサービスを提供しています。

 

物理的なサーバーを構築する必要がないため、初期費用が少なく、アップグレードが早いなどのメリットがあり、世界中でシェアを拡大しています。アマゾンの小売店向けWeb関連サービスは、すべてAWS上に構築されています。

 

AWS Lambda

AWS Lambdaは、AWSが提供するサーバーレスコンピューティングサービスです。Lambdaはその汎用性の高さから、サーバーやログの監視、バックアップの実行、ストリーミングデータの処理などに利用できます。Lambdaはその汎用性の高さから、サーバーやログの監視、バックアップの実行、データのストリーミングなどに利用できます。価格は、処理されたリクエストの数とその期間に応じて決まるため、アプリケーションによっては大幅な節約になります。また、さまざまなプログラミング言語に対応しているのも利点です。

 

Alexa

Alexaは、Amazonが開発した人工知能アシスタントで、Amazon Labが開発したAmazon EchoとEcho dotデバイスに初めて搭載されました126。声との対話、音楽の再生、予定表の作成、アラームの設定、ポッドキャストの再生、オーディオブックの読み聞かせ、天気や交通情報、リアルタイム情報の提供などが可能です。

 

他にも、Alexa自体をホームオートメーションハブとして利用し、複数のスマートデバイスをコントロールすることができます。話しかけるだけで、さまざまな情報を音声で得られる画期的な方法です。情報だけでなく、Amazonに接続して商品を購入することもできます。

 

Amazon

アマゾンは世界有数のEコマース企業で、主要国では最大のシェアを誇っています。日本では2002年に「Amazonマーケットプレイス」が開始され、企業や起業家がAmazonのプラットフォームを利用して商品を販売できるようになりました。

 

その結果、商品数が増加し、現在では3億点以上の商品が販売されています。また、2020年3月には、配達時に居住者が不在であることによる再配達の増加に対応して、居住者が玄関やガスメーターボックスに商品を置いてくれる標準的なサービス「焼き鳥」を30都道府県(一部地域を除く)で開始しました。

 

Apple

アップルは、米国に本社を置く大手コンピュータ企業で、iPhone、iPod、iPad、Apple Watchなどのハードウェアおよびソフトウェア製品を販売しています。

 

アップルは2018年、米国企業として初めて時価総額が1兆円を超えたことで話題になりました。また、スティーブ・ジョブズの成功までの道のりを描いたドラマチックな映画もあり、彼のアップル製品へのこだわりが描かれています。

 

アクセシビリティ

アクセシビリティとは、年齢、性別、環境、障害の有無にかかわらず、サービスを利用できること。

中でもウェブ・アクセシビリティとは、ウェブサイトやアプリケーションが提供する情報やサービスの使いやすさのこと。

 

オンサイト・マーケティング

オンサイト・マーケティングとは、潜在的なお客様とコミュニケーションをとり、集客し、販売するためのマーケティング手法です。

 

オンサイト

オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどのシステムを自社で所有し、運用すること。オンプレミスとは、サーバーやソフトウェアなどのシステムを自社で所有・運用することをいい、クラウドコンピューティングとは、システムを自社で所有・運用せず、インターネット上で利用することをいう。

 

オンラインストレージ

オンラインストレージとは、インターネット上にファイルなどのデータを保存しておくこと。クラウドストレージ」や「ファイルホスティング」とも呼ばれています。オンラインストレージを使えば、データの共有やバックアップが簡単にできます。

 

オンライン展示

オンライン展示会とは、オンライン上で行われる商業イベントのことです。実際の会場のような制約がないため、人・物・金・時間のコストを大幅に削減することができます。

 

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、商品やサービスに関する有益なコンテンツ(情報)をお客様に提供し、購入を促すマーケティング手法です。この手法には、SNS上の写真や動画だけでなく、雑誌や製品カタログ、カスタマーレビューや口コミなども含まれます。

 

ボット

ボットとは、「ロボット」を意味する言葉で、ユーザーに代わって人間の作業を自動的に行うプログラムのことです。チャットボットは、企業がウェブサイト上でユーザーの要求に自動的に対応するために利用されることが多くなっています。

 

仮想通貨

Crypto-currency 仮想通貨とは、電子データの形でのみ交換される通貨で、主にインターネット上での取引に使用されます。仮想通貨の考え方は1995年からありましたが、世界初の仮想通貨は2008年に登場したビットコインです。

 

2020年5月現在、世界で流通している仮想通貨は3,000種類を超えています。仮想通貨は価格変動が大きく、現在は投資の対象とされていますが、将来的には日本円などの法定通貨に取って代わると予想されています。

 

クラウドサーバー

クラウドサーバーとは、インターネット上のサーバーを共有できるサービスです。使った分だけ支払うことができ、数秒でサーバーを構築できるという利点があります。

 

グループウェア

グループウェアとは、企業内での情報共有やコラボレーションに必要な機能を提供するソフトウェアです。一般的な機能としては、メール、スケジュール、連絡帳、施設の予約、掲示板、Wikiなどがあります。グループウェアは、組織内のコミュニケーションを活性化し、ビジネスの効率化に貢献します。

 

コラボレーションツール

コラボレーションツールとは、社内外を問わず、他の人と一緒に仕事をすることができるツールです。その主な機能は、コミュニケーションと情報の共有であり、生産性の向上とデジタル化に貢献しています。

 

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)

CRMとは、お客様の状態や状況を把握することで、お客様に提供する価値を高めることを目的とした活動です。顧客情報や販売プロセスをクラウドで管理することで、過去の対応履歴が伝わらないなどの問題を解決します。

 

D2C

企業が自社で製品を設計・製造し、自社のECサイトでお客様に直接販売するビジネスモデルです。アマゾンなどの大規模ECサイトを介さないため、中間マージンや手数料などのコストがかからず、小ロットでの生産・販売が可能です。また、企業が独自のデータを収集し、キャンペーンや顧客への最高のサービスの提供に活用することもできます。

 

その一方で、自分たちでマーケティングを行い、顧客を獲得し、ウェブサイトを整備する必要もある。インターネットが普及し、新しい世代が新しいブランドを買いたいと思うようになったことで、このサービスの需要は高まっています。ECサイトとの違いは、問屋を介さずにメーカーが直接お客様に販売することです。

 

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティとは、コンピュータへの侵入、データの破損、情報の漏洩などを防ぐことです。

 

ディープラーニング

ディープラーニングとは、人間が教えなくてもコンピュータが大量のデータの中から特徴を見つけ出すことができる技術です。

 

ディスラプター

デジタル・ディスラプターやディスラプティブ・イノベーターとも呼ばれています。ディスラプターとは、デジタル技術を使って既存のビジネスに参入し、急速に拡大していく人のことです。

 

ディスラプターの多くは、デジタルテクノロジーを駆使した新興企業(デジタルネイティブ)であり、その特徴は、従来の枠組みや慣習から脱却し、デジタル時代に最適化されたビジネスモデルで業界に参入し、驚異的なスピードで市場シェアを獲得することにあります。

 

GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)に加え、Uber、Airbnb、Netflixなどがよく取り上げられています。

 

デジタルツイン

デジタルツインとは、現実世界の情報を、双子のようにデジタル空間で複製できるデータに変換し、分析や予測を行う技術のことです。建設・製造分野のDXや、スマートシティでの利用が増えています。

 

デジタル・ディスラプション

デジタル・ディスラプション(Digital Disruption)とは、デジタル・ビジネスがもたらす破壊的なイノベーションのことで、既存のビジネスを市場から駆逐してしまう可能性があります。

 

簡単に言えば、アマゾンの台頭は小売業を混乱させ、Netflixなどのインターネットビデオサービスはレンタル市場の規模を大幅に縮小させました。

 

イコールオーシャン

EqualOceanは、産業革新のためのグローバルなプラットフォームを目指し、中国および海外の最新のイノベーションやビジネス情報に関するニュースを提供するニュースメディアです。
2018年10月に設立され、北京に本社を置くEqualOceanは、上海、深圳、ニューヨークにオフィスを持つ中国の投資調査機関であるEO Companyの海外部門でもあります。

 

電気自動車(EV)について

電気自動車(EV)とは、電動モーターを動力源とし、電気をエネルギー源とする自動車のことです。電気自動車(EV)とも呼ばれる電気自動車は、ガソリン車に比べて走行中にCO2や排気ガスを排出しないため、大気汚染問題の一因となっています。

 

電子契約

電子契約とは、紙の契約書に署名するのではなく、コンピュータ上の電子ファイル(PDFなど)に両当事者が署名して契約を締結する方法です。このサービスは、コロナでのテレワークの普及に伴い、ますます人気が高まっています。

 

ERP(Enterprise Resource Planning)

ERPとは、販売、生産、会計、人事など、企業にとって必要不可欠なあらゆる業務に関する情報を統合して管理し、企業経営に役立てるための経営管理システム群の総称です。

 

e-learning

E-learningとは、コンピュータやインターネットを利用した学習方法のことです。いつでもどこでも受講できるというメリットがあるため、企業内研修によく利用されています。社内研修に利用すれば、社員全員が自分の時間に合わせて研修を受けることができます。

 

ノーコードとローコード

No code, low codeとは、ほとんどコードを使わずに開発されたアプリケーションのことです。これにより、プログラミングのスキルを持たない人でも、自分の会社や部署に適したアプリケーションや相互接続されたシステムを作ることができます。

 

導入前には、セキュリティ対策や運用・保守体制の確認、実装すべき機能の定義、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)の設計などが必要です。

 

フェイスブック

Facebookは、2004年に設立された世界最大級のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で、本社は米国にあります。

 

Facebookはもともと大学生向けのソーシャルネットワーキングサービスとして開発されたものですので、アカウントを作成する際には実名を使用することをお勧めします。

 

Facebookはもともと大学生のためのSNSとしてスタートしましたが、実名での利用を推奨していることから、学校のグループや求職者、企業が仕事上の目的で利用するケースが増えています。

 

2012年、Facebookは写真を使ったSNSであるInstagramを約1,000万ドルで買収しました。Instagramは、若者の間では主流のSNSに成長しています。

 

FANG

FANGとは、米国の巨大なインターネットブランド群を表す言葉です。Facebook、Amazon.com、Netflix、Google。2004年にマーク・ザッカーバーグがハーバード大学で設立したFacebookは、世界最大のソーシャルネットワークとなりました。

 

世界最大のEコマースサイトであるFacebookは1994年にプリンストン大学出身のジェフ・ベゾスによって設立され、有料動画配信サイト最大のNetflixは1997年にリード・ヘイスティングスによって設立され、1998年にはFacebookは世界最大のソーシャルネットワーキングサイトとなりました。

 

世界で最も有名な検索エンジンであるGoogleは、1998年にスタンフォード大学の学生であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって設立されました。

 

フィンテック企業

FinTechという言葉は、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせたもので、FinTech企業とは、FinTech分野のサービスを提供する企業のことです。

 

FinTech企業とは、FinTech分野のサービスを提供する企業のことであり、コンピュータ技術の発展に伴い、銀行や投資などの資産に関わる「金融」に「技術」を融合させたサービスやシステム、またはそのようなサービスを提供する企業のことを指します。

 

世界的に注目されているフィンテック産業は、米国を中心に大きな成長を遂げています。

 

ブレイクスルーとしては、送金や決済が便利になったこと、これまで銀行などの金融機関が対面で行っていたことをクラウドで行えるようになったこと、クラウドファンディングで個人が資金調達できるようになり、資金調達のハードルが下がったことなどが挙げられます これにはさまざまな理由があります。その理由はいろいろあります。

 

Google

Googleは、1998年にスタンフォード大学の卒業生であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって設立された世界有数の検索エンジン企業です。

 

スタートは遅かったものの、その技術力の高さで世界有数の検索エンジンとなりました。また、IT企業の台頭やリモートワークの増加に伴い、パソコン作業を効率化するためのツール「G suite」を導入する企業も増えています。

 

近年では、携帯電話やスマートスピーカーなどのハードウェアの販売や、YouTubeなどのプラットフォームの運営にも進出しています。その親会社であるアルファベットは、2020年10月現在、時価総額で世界第5位の企業です。

 

gBizID(ジービズアイディー)

gBizIDは、次に説明するjGrantsをはじめ、複数の管理サービスに1つのアカウントでアクセスできる認証システムです。これまでの行政手続きは紙で行われていましたが、今後は「gBizID」を使った電子申請が必要な手続きが増えてくることが予想されます。その一つが、電子交付申請システム「jGrants」です。

 

Google マイビジネス

Googleマイビジネスは、Googleのさまざまなサービス(Google検索やGoogleマップなど)上で、地域のビジネスに関する情報を表示・管理することができる無料のツールです。

 

IaaS

IaaSとは、Infrastructure as a Serviceの略で、システムやアプリケーションの構築に必要なインフラ(ネットワークインフラ、仮想マシン)をインターネットサービスとして提供するビジネスモデルです。
代表的なサービスは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)とGoogle Compute Engine(GCP)です。

 

Paas(プラットフォームの提供)やSaaS(サービスや機能の提供)とともに、インターネット上でサービスを提供するクラウドサービスの一つとして紹介されています。

 

SaaSは企業が開発したシステムをインターネット上でサービスとして提供するものであり、IaaSはユーザーが独自にシステムを開発するためのプラットフォームを提供するものです。

 

ビジュアルIVR

ビジュアルIVRとは、自動音声応答システム(IVR)の音声ガイダンスをWebやアプリケーション上で視覚化するシステムのこと。お客様を適切な窓口に誘導し、自己解決を促し、迅速な解決を実現するためのIVRの設計を検討するために使用されます。

 

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)とは、新規顧客の獲得やリードの育成などのマーケティング施策を仕組み化するためのツールです。

 

ランディングページ(LP)

ランディングページ(LP)とは、ウェブサイトを訪れた人が最初に開くページのことです。

また、ディスプレイ広告やリスティング広告など、ウェブ上の広告のリンク先としてもLPはよく使われています。

 

IoT

IoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されています。コンピュータ同士だけでなく、これまでインターネットに接続されていなかったものも接続できるようになります。
モノに取り付けられたセンサーは、人の手を介さずにデータをインターネット上に送信することができます。人や物の位置や環境に関する情報をセンサーで取得し、クラウドベースのシステムに保存して後から分析することができます。

 

iPaaS

iPaaSとは、Integration Platform as a Serviceの略です。SaaSやPaaSなどのクラウドベースのサービスやオンプレミスのアプリケーションなど、あらゆる数のサービス、システム、データを連携させるためのプラットフォームです。

 

2011年に定義されたiPaaSは、限られた機能の中で優れたSaaSや専門家向けのアプリケーションが数多くリリースされ、業務の集中化や効率化の観点から非常に重要なものとなっています。また、集中化や効率化の観点からも非常に重要になっています。

 

マイクロサービス(Microservices)

マイクロサービスは、各サービスの機能が継続的に更新されるように、柔軟に拡張できるシステムです。プログラムはその機能によって互いに独立したものとなり、APIによってリンクされて大きなサービスを形成します。これは、AmazonやLINE、NETFLIXなどで採用されている新しいタイプのシステム構造で、主に要件が急激に変化するサービスに用いられます。

 

マネージドチャージング

マネージドチャージングソフトウェア マネージドチャージングは、2018年に設立されたばかりのサンフランシスコのスタートアップ「Electriphi」が提供する自動車の充電管理ソフトウェアです。

 

基本的にクルマの消費電力は、走行距離だけでなく、さまざまな条件によっても変化します。しかし、一台一台に充電器を用意するのは非常にコストがかかります。マネージドチャージングは、こうした状況をAIで最適化し、最適なパフォーマンスを提案するソフトウェアです。

 

モールEコマース

モールECとは、Amazonや楽天市場などのように、複数のショップが集まって一つのショップを形成しているECサイトの一種です。ECとは、Electric Commerceの略で、インターネット上で買い物ができるサイトのことです。

 

モール型のEコマースは、顧客情報の蓄積、検索履歴に基づく関連商品の推奨、定期的なクーポンの配布などの機能を備えており、消費者に大変好評です。また、月間利用者数が多く、初心者にも使いやすいことから、販売者にも人気があります。

 

オムニチャネル

企業がお客様に商品をお届けする流通経路をマーケティング用語で「チャネル」と呼び、実店舗、ECサイト、カタログ通販、ソーシャルメディアなど複数のチャネルを活用した販売戦略を指しています。

 

お客様に複数のチャネルを提供することは「マルチチャネル」とも呼ばれますが、各チャネルが別のサービスであり、登録が必要なため、登録情報の管理が難しいというデメリットがあります。

 

オムニチャネルでは、実店舗やオンラインショッピングなど、すべてのサービスで同じ登録情報を使用することができ、購入金額に応じた特典を提供したり、一緒にポイントを貯めたりすることで、お客様の満足度向上につながります。

 

オンサイト

オンサイト運用とは、自社運用とも呼ばれ、システムを構築・運用するための機器やサーバーなどの設備を設置し、設置者(企業など)自身が管理することを指します。

 

インターネット回線の強化・発展に伴い、SaaSやPaaSなど、データをオンラインで保存・管理できるクラウドコンピューティングが登場するまでは、オンプレミス型のシステムを構築・運用することが主流でした。

 

オンプレミス型のシステムには、レスポンスの速さ、セキュリティ、カスタマイズ性、可視性などのメリットがありますが、機器購入の初期費用や管理リソースのコスト、アップグレードの難しさなどから、システムの構築・運用はクラウドに移行しています。

 

デプロイメント・ケーブル

お客様が自宅にいても、移動中であっても、特定の場所に商品をお届けするサービスです。留守番電話や印鑑、サインが不要で、配達完了を示す写真を撮ることもできます。
日本では、Amazon、楽天、ユニクロ、ZOZOTOWN、郵便局がこのサービスを開始し、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でヤマト運輸や佐川急便もこのサービスを開始しました。

 

PaaS

PaaSとはPlatform as a Serviceの略で、2007年にセールスフォース・ドットコムが提唱したものです。ソフトウェアやアプリケーションを作成・実行するために必要なプラットフォーム(OSやミドルウェアなどの開発環境)を、インターネット上で提供するサービスとして提供するビジネスモデルです。
代表的なサービスとしては、Google App Engine、Salesforce Platform、Kintone、AWS Lambda、AWS Elastic Beanstalkなどがあります。

 

インターネット上でサービスを提供するクラウドサービスの一つとして、Iaas(インフラストラクチャの提供)とSaaS(サービスや機能の提供)が提示されています。
SaaSは企業が開発したシステムをインターネット上でサービスとして提供するもので、PaaSはユーザーが独自のシステムを構築したり、独自のアプリケーションを開発するためのプラットフォームを提供するものです。

 

PayPal

PayPalは、電子メールアカウントやインターネットを利用した決済サービスを提供する米国の企業です。主に、オンラインショップでお客様が口座やクレジットカードを事前に登録し、ログイン名とパスワードを入力するだけで支払いができる決済サービスを提供しています。

 

また、銀行口座の開設や口座振替により、友人や家族間で送金することも可能です。この決済サービスは、特に米国で広く利用されています。190の国と地域で利用でき、21以上の通貨に対応しています。PayPalは、革新的な送金方法です。つまり、クレジットカードや口座番号をお客様に開示する必要はありません。

 

販売時点情報管理システム

POS(Point of Sales)システムとは、「Point of Sale」の略です。消費者が小売商品を購入・決済した時点でのデータを集計し、売上や在庫を管理するシステムのことです。商品名や価格など、商品に関連する記録データをサーバーに転送して管理しています。
一般的なスーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、チェックアウト(レジ)で商品のバーコードを読み取り、そのデータをお店のコンピュータに読み込ませて集計・管理しています。鉄道駅では、マルス端末(発券端末)と連動して、チケットの販売や領収書の発行をカウントします。

 

RPA

RPAとは、ロボットによる業務の自動化を意味する造語・概念です。多くの場合、WinActorやUiPathなどのRPAツールと呼ばれる業務自動化ツール群を指すことがほとんど。人間のオペレーターが行うべき処理手順を記録しておけば、複数のシステムやアプリケーションを人間のオペレーターと同じように操作・実行することができます。

 

RPAの大きな特徴は、既存システムの長期的な変更やワークフローの再設計を必要とせず、既存の業務を効率化できる点にあります。

 

ソフトバンク

ソフトバンクは、ドコモ、auに続く日本の三大携帯電話事業者の一つです。ソフトバンクの会長である孫正義は、1981年に日本ソフトバンク株式会社を設立し、それが現在のソフトバンクグループ株式会社となりました。

 

2020年頃には、これまで以上に高速な通信を実現する5Gの可能性が世界的に注目され始めていますが、ソフトバンクは現在、5Gを超えるテラヘルツ周波数を使用する6Gに取り組んでいます。

 

SaaS

SaaSとは、Software as a Serviceの略で、主にインターネットやクラウド上で提供されるサービスのことです。それは通常、単一の機能を単一のサービスとしてインターネット上で提供するものです。

 

これまでCDやDVDなどのパッケージで提供されていたソフトウェアが、インターネット上で利用できるようになったことで進化したものです。例えばGmailは、必要な時に必要な機能を、用意された設定で簡単に利用できるサービスです。近年では、セキュリティ侵害への懸念から、これらのサービスの利用が軽視されています。

 

SFA(Sales Force Automation)について

SFAとは、販売支援システムのことです。ここでの販売は「潜在的なお客様を開拓し、コミュニケーションを通じてお客様との関係を構築し、最終的には自社の製品やサービスを購入していただけるお客様に育て、さらにはリピーターに育てていく」ことであり、本システムはこれらの活動を体系的にサポートするものです。

 

セールスフォース・ドットコム

1999年3月に設立されたセールスフォースは、世界で初めてクラウドコンピューティングサービス(SaaS)を提供した企業と言われており、2000年4月に日本市場に参入し、日本国内で多くの企業に利用されています。

 

Shopify

Shopifyは、家にいても移動中でも、特定の場所に商品を届けてもらうことができるサービスです。カスタマーサービス担当者の必要はなく、印鑑やサインも必要なく、配達時の写真も提供されます。

 

SNS

自宅でも移動中でも、指定した場所に商品を届けることができるサービスです。カスタマーサービス担当者の必要はなく、署名や捺印も必要ありません。

 

スペースX

スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ社は、2002年にイーロン・マスク氏が米国で設立した企業です。スペースX社は、ロケットや宇宙船の開発から、宇宙輸送、医療通信の打ち上げまで、商業軌道輸送サービスを提供することを中核事業としています。

 

将来的には、商業的な宇宙旅行サービス、火星移住プロジェクト、高速長距離移動プログラムなどが計画されており、国内外で注目されています。

 

サブスクリプション

サブスクリプションとは、お客様が月額または年額の料金を支払うことで、商品やサービスを定期的に受け取ることができるビジネスモデルです。サブスクリプション」という言葉は、口語で使われることが多いです。

 

書籍、音楽、動画サイト、飲食など、幅広い分野で利用されています。世界的に有名な定額制の例としては、ECサイト「Amazon」で買い物をすると配送料が無料になるなど様々なサービスが受けられる「Amazonプライム」や、5,000万曲以上の楽曲が聴き放題の「Spoify」などがあります。これらはほんの一例に過ぎません。

 

シェアリングエコノミー

サブスクリプションとは、月額または年額の料金を支払うことで、定期的に商品やサービスを受け取ることができる経済モデルです。サブスクリプション」という言葉は、口語で使われることが多いです。

 

書籍、音楽、動画サイト、食品、飲料など幅広い分野で使用されています。世界的に有名な定額制の例としては、ECサイト「Amazon」で買い物をすると配送料が無料になるなど様々なサービスが受けられる「Amazonプライム」や、5,000万曲以上の楽曲が聴き放題の「Spoify」などがあります。これらはほんの一例に過ぎません。

 

スマートシティ

サブスクリプションとは、月額または年額の料金を支払うことで製品やサービスを受けることができるビジネスモデルです。サブスクリプション」という言葉は、口語で使われることが多く書籍、音楽、動画サイト、飲食など、幅広い分野で利用されています。

 

世界的に有名な定額制の例としては、ECサイト「Amazon」で買い物をすると配送料が無料になるなど様々なサービスが受けられる「Amazonプライム」や、5,000万曲以上の楽曲が聴き放題の「Spoify」などがあります。これらはほんの一例に過ぎません。

 

自動運転

自動運転とは、人が運転しなくても、機械が自律的に自動車などを運転することです。自動運転には、SAE(Society of Automotive Engineers)が定義したさまざまなレベル(0~5)があります。

 

レベル0ではドライバーが車両を完全にコントロールし、レベル1と2は運転支援システムです。レベル3、4は自動運転システム。レベル5は完全な自動運転です。つまり、レベル3以上が「自動運転」の定義された範囲となります。現在、ほとんどのクルマはレベル2を超えていません。

 

自動運転が画期的なのは、運転にお金がかからないことです。運転にはお金がかかります。アクセルを踏んだり、ブレーキをかけたり、ハンドルを切ったり、常に安全を確認する必要がないというのは画期的です。

 

Uber

Uberは、Uber Technologies社が運営するレンタカーアプリケーションで、世界70カ国、450都市以上で利用されています。Uberは目的地までのおおよその料金を教えてくれるので、安心・安全な移動手段としてアプリを利用する人が増えています。

 

日本では、タクシーを運転するには道路運送法に基づく免許が必要であり、免許を持たずに有償で運転することは違法です。日本でUberに代わるサービスとしては、フードデリバリーサービスのUber Eatsがあり、都市部では自転車やバイクでよく利用されています。

 

Uber Eats

Uber Eats」は、海外のライドシェアサービス「Uber」をベースにしたフードデリバリーサービスです。「Uber Eats」の特徴は、自社サービスで宅配を行っていないレストランでも「Uber Eats」で注文できることで、自宅やオフィスにいながらアプリを使って簡単にフードデリバリーサービスを注文することができます。

 

日本では2016年にサービスを開始しました。このサービスの最大の特徴は、一般ユーザーが空いた時間を利用して、レストランから注文された食事をピックアップし、ユーザーに届けることです。配送は宅配業者ではなく、ユーザーの近くにいてすぐに料理を届けられる人が行うため、スムーズでスピーディーな配送を実現しています。

 

360°リアリティオーディオ

2019年のInternational CESでソニーが発表したオーディオ技術。放送された音を360度のバーチャルな球体上に配置することで、よりリアルで没入感のあるオーディオ体験を提供します。

 

声、ギター、歓声、床のひび割れなど、それぞれの音が聞こえる方向を定義できます。この技術はソニー独自のものではなく、他の技術と組み合わせて使用することができ、音楽エンタテインメントシーンの発展に寄与することが期待されます。

 

Webインタビュー

Webインタビューとは、インターネットに接続されたパソコンやスマートフォンを使って行うインタビューのことです。

 

3Dプリンター

3Dプリンターは、3D CADの設計データ(STLデータ)の上に、薄い2Dレイヤーを重ねて3Dモデルを作成する機械です。柔らかいゴムからアルミなどの丈夫な金属素材まで、さまざまな素材のモデルを作ることができます。

 

3Dプリンターを使って医療用メガネを作る取り組みとしては、3Dプリンターを使ったメガネメーカーのFitz社があり、年間185ドルのサブスクリプションで、ユーザーが好きな時に何度でもフレームを交換できるサービスを提供しています。この購読サービスは、医療関係者に無料で提供され、多くの関心を集めています。

 

まとめ

今回は「DX」について解説しました。DXが求められるようになった最大の理由は、消費者の購買行動の変化にあります。

 

スマートフォンを使って簡単に買い物ができる現在とは異なり、それまでのマーケティング手法は、新聞やテレビなどのマスメディアを中心に、企業が自分のタイミングで広告を出すのが一般的でした。

 

しかし、インターネットの普及により、状況は大きく変わりました。ユーザーは自分のタイミングで欲しい情報を積極的に探すことができるようになりました。また、個人消費だけでなく、ビジネスの世界でもデジタル化が進んでいます。

 

このような消費者行動の変化は、これまで当たり前だった広告手法やビジネスモデルが通用しなくなることを意味します。世界各国でDXの導入が進んでおり、これまで遅れていた日本でも普及が進んでいます。

 

この流れは今後ますます加速すると予想され、企業も消費者の行動に合わせて変化していく必要があるでしょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**o様が
    100万円を調達しました。

  • a**r様が
    1000万円を調達しました。

  • w****s様が
    200万円を調達しました。

  • l****l様が
    800万円を調達しました。

  • u**q様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング