米国株式インデックスファンドとは?米国の投資信託を徹底解説

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/5

資金調達プロの人気記事  NEW

米国株式インデックスファンドとは?

 

米国投資信託インデックスファンドとは、アメリカの株式が投資対象の投資信託で、各証券会社が米国投資信託インデックスファンドを扱っています。

 

トレーダーの間で人気の「米国投資信託インデックスファンド」には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

この記事では、米国投資信託インデックスファンドで注目の銘柄や利回り、取引をする上でどのような注意点が必要なのか詳しく解説します。

 

米国投資信託のおすすめ動画(YouTube)

 

関連記事:DXとは何か?デジタルトランスフォーメーションの意味や仕組みを解説

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

Twitter

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

 

資金調達プロの専門家はコチラ

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

インデックスファンドとは?

インデックスとは、市場の動きを表す指標のこと。例えば、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)は、日本株の代表的な指数です。指数の値動きを見ることで、市場全体の状況を推測することができます。

 

指数に連動して動くように運用されている投信を「インデックスファンド」と呼び、市場にはさまざまな指数連動型の投信があります。

 

インデックスとは指標、ファンドとは投資信託のことで、インデックスファンドとは株価指数などの指標に連動した運用を目指す投資信託を指します。

通常、ファンドの運用対象は目標となる株価指数に採用されているのとほぼ同じ銘柄群で構成され、組み入れ比率も指数への影響度に応じた割合となります。ベンチマーク(目安)となるインデックスには、日経平均株価、ダウ平均株価などの株価指数の他、債券指数、REIT(不動産投資信託)指数、コモディティ指数などがあります。

出典元:初めてでもわかりやすい用語集(SMBC日興證券)

 

また、インデックスファンド以外にも、何らかの指数をベンチマーク(参考値)とする投資信託もあります。

そもそも、インデックスファンドとは、株価指数などのインデックスに連動することを目的とした投資信託のことです。

 

一般的には、対象となる指数におおむね類似した銘柄群で構成され、指数への影響度に応じてファンドのポートフォリオの割合が決まります。

 

ベンチマークとなる指数には、日経平均株価やダウ・ジョーンズ工業株平均などの株価指数のほか、債券指数、reit(不動産投資信託)指数、商品指数などがあります。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

米国株式インデックスファンドとは?

米国株式インデックスファンドとは、国内株式ではなくアメリカの株式が投資対象の投資信託です。

 

1.米国株式市場(ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等)の主要産業を代表する規模や財務健全性の基準を満たす500社に分散投資を行い、中長期的にS&P500指数(円ベース)に連動する投資成果を目指します。

出典元:米国株式インデックスファンド|三井住友信託銀行

 

米国株式インデックスファンドのような外国株式は、長期に渡って株価が上昇していく傾向があるのことが魅力です。

 

数の多い外国株式の中でも、多くの有名企業があるアメリカの銘柄にフォーカスした米国株式インデックスは、伸び率がいいので人気を集めています。

 

米国株式インデックスファンドとは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が運用している株式です。

 

参考リンク:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)

 

米国株式インデックスファンドは、2021年現在もいい値動きを続けて成長しています。これからの値動きも期待できるので、投資信託で悩んでいる人はまずはじめに検討したい株式のひとつです。

 

米国株式インデックスファンドの特徴

 

米国株式インデックスファンドは、各種手数料が安く株式を保有している間の管理費用も安価なのが特徴です。そのため、費用を抑えて運用できます。

 

多くの米国株式インデックスファンドは、投資開始時の販売手数料と売却時の信託財産留保額を無料で設定しています。

 

そのため、複数証券会社のインデックスファンドを比較する際には、株式保有中に発生する「信託報酬」のパーセンテージを比較してみるのがオススメです。

 

米国株式インデックスファンドの種類

 

米国株式インデックスファンドは、全米株式とS&P500の2種類にわけられます。

 

全米株式は、米国株式市場で投資できるすべての銘柄を指標としています。対象となる銘柄は4,000を超えています。銘柄数が多いので幅広い投資が可能です。

 

S&P500は、米国株式市場の中でも時価総額の大きい銘柄を指標としています。対象となる銘柄は500銘柄で、定期的に見直しながら銘柄のアップデートがおこなわれています。

 

これから米国株式インデックスファンドの運用をはじめたいと思っている方は、幅広い銘柄で急成長の可能性がある全米株式を選ぶ方法があります。もしくは、将来的に期待できる企業500社を対象にできるS&Pがオススメです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

米国株式インデックスファンド ステート

初心者でも挑戦しやすい投資として人気なのが投資信託です。

 

投資信託の種類の中でも、日経平均株価やNYダウ平均株価などの指標(インデックス)と同じ値動きをするように運用されているのが「インデックスファンド」です。

 

米国株式インデックス・マザーファンドへの投資を通じて、実質的に米国の証券取引所上場株式(これに準ずるものを含む)に投資を行い、中長期的に、S&P500指数(円ベース)の動きに連動した投資成果の獲得を目指して運用を行う事を基本とします。

出典元:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(State Street Global Advisors)

 

インデックスファンドは、コストを抑えながら運用できる比較的受け身な運用方法です。

 

多種にわたるインデックスファンドの中でも、注目を集めているのがステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(State Street Global Advisors)の米国株式インデックスファンドです。

 

米国株式インデックスファンドは、2009年頃から日本投資信託市場において運用が始まりました。米国株式インデックスファンドが、米国内で誕生したのは1976年頃です。

 

当時の米国経済は、高いインフラと高失業などを繰り返していたことで、赤字の状態が続いていました。そこから徐々に人気を高めていき、リーマンショック以降は存在感を誇る投資信託のひとつとして選ばれてきました。

 

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、SSGAとも呼ばれています。ETFとインデックスファンドの運用の先駆者としても知られています。投資に対して責任をもち経済の繁栄と社会後継をするために、多方面からお客様の運用目標や課題解決について考えてくれるの人気の理由です。

 

SSGAの米国株式インデックスファンドは、2021年現在は良い値動きを続けています。しかし必ずしもこの値動きが10年後も継続されるわけではありません。

 

過去には、値動きがよかった米国株式インデックスファンドの動きが悪くなるケースがありました。当時は米国株式よりも国内株式の方が、好調だったという歴史もあるのです。

 

これから投資信託を始めようと考えている人は、国内株式と米国株式、そして全世界株式などを比較したうえで、複数の地域に分散投資しておくのがオススメです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

米国株式インデックスファンドの利回りは?

投資信託における利回りとは、投資した金額に対する収益割合を指します。

米国株式インデックスファンドの平均年利回りは、1年で13.9%・3年で10.1%・5年で11.4%・10年で16.5%となっています。

 

国内株式の平均年利回りは、1年で6.6%・3年で4.4%・5年で5.9%・10年で9.5%となっています。

 

この実績を元にして計算すると、国内株式の場合は平均4~6%程度の年利回りです。

 

米国株式インデックスファンドと国内株式の年利回りを比較すると、米国株式インデックスファンドの方が高い利回りで運用していけるので魅力的です。

 

米国株式インデックスファンドは、海外で成長を続けている期待の企業などに投資しています。そのため、今後の利回り成長にも期待できます。

 

インデックスファンドの中でも、より高い利回りで運用していきたいという方には、米国株式インデックスファンドがオススメです。

 

米国株式インデックスファンドの利回り計算方法

 

収益割合には、利息や売却損益も含まれています。1年間の利回りを求めるためには、収益金額を計算式に当てはめて計算します。

 

年利回りを求めるための計算式:(年間の分配金○○万円+売却益○○万円)÷投資金額〇〇万円×100=利回り〇〇%

 

年利回りの計算例:(年間の分配金5万円+売却益1万円)÷投資金額20万円×100=利回り%

 

利回りは騰落率(とうらくりつ)という言葉と混同されてしまう場合があります。騰落率とは株式の基準価額がどれくらい価額変動したのかを計算したパーセンテージです。

 

例えば、投資信託の基準価額が10,000円から12,000円に値上がりした場合の騰落率は20%なのです。利回りは分配金なども込みで考える計算方法だと覚えておきましょう。

 

米国株式インデックスファンドの利回りは比較的高くなる傾向があります。米国株式インデックスファンドの利回りを、2020年9月の実績を参考に計算してみました。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

インデックスファンド 米国株式の手数料は無料?

投資信託で資産運用する際には、各種手数料が発生します。手数料が発生するタイミングや、内容について把握しておきましょう。

 

投資信託で資産運用している際に発生する手数料は3種類です。

 

ひとつ目が、投資信託を買うときに発生する販売手数料です。販売手数料は、投資信託を購入する際の申込金の中に含まれています。購入と同時に販売会社に支払うのが一般的です。

 

場合によっては、販売手数料が発生しない投資信託(ノーロード)もあります。

 

ふたつ目が、投資信託を保有している間の管理費用として支払う信託報酬です。信託報酬は、管理費用として運用会社に支払わなければいけません。

 

最後が、信託財産留保額です。信託財産留保額は、保有していた投資信託を解約する際に支払わなければいけない手数料です。

 

インデックスファンドは、安定性を重視しているため、運用も長期の受け身型になっています。そのため、保有期間中の信託報酬は比較的安いのが特徴です。

 

数多くあるノーロード投資信託の中から、2021年現在に値動きのいい米国株式インデックスを紹介します。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P 500)は、販売手数料と信託財産留保額が無料で、信託報酬0.098%で運用できる米国インデックスファンドです。

 

SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

SBI・V・S&P500インデックス・ファンドは、販売手数料と信託財産留保額が無料で、信託報酬0.0638%で運用できます。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天・全米株式インデックス・ファンドも、他と同じように販売手数料と信託財産留保額が無料で、信託保証0.132%で運用できる米国株式インデックスファンドです。

 

手数料無料で米国株式インデックスファンドを運用してみたいと考えている場合は、販売手数料だけではなく信託保証や信託財産留保額のパーセンテージもあわせて検討するのが大切です。

 

まずは検索してみたいと考えている場合は「ノーロード 投資信託」で検索すると人気の米国株式インデックスファンドを探せます。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

全米株式インデックスファンド s&p500

代表的な米国株式インデックスファンドは、S&P500と全米株式の2種類にわけられます。それぞれの違いは、指数としている市場が違います。

 

S&P500は、米国株式市場の中から500銘柄を指数としています。全米株式は、米国株式市場で投資できるすべての銘柄を指数としており、その数は約4,000銘柄を超えています。

 

「S&P500インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

出典元:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)|楽天証券

 

どちらの種類も運用利回りに差はありません。しかし、運用コストが違います。運用コストは銘柄数によって変動するので、対象となる銘柄数が少ないS&P500の方がコストを抑えて運用できます。

 

S&P500と全米株式では、運用コストが低いS&P500がオススメです。米国株式インデックスファンドの中でも著しく伸びているのがS&P500です。

 

S&P500は、ナスダック上場銘柄の中から、さらに時価総額が大きい500銘柄を指数としています。そのため、今後の成長が期待できます。

 

全米株式とは違い、定期的に対象銘柄の見直しが行われています。不振が続いている銘柄などは500銘柄の中から除外されるのです。そのため、常に安定した運用ができるのも魅力のひとつです。

 

S&P500の米国株式インデックスファンドのオススメを紹介します。eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、騰落率15.38%で伸び続けている投資信託です。

 

SBI・V・S&P500インデックスファンドは、信託報酬が0.0638%と他と比べてもローコストで運用できる投資信託です。

 

iFree S&P500インデックスは、基準価額が3年で77.25%と伸び続けている投資信託です。

 

その他にも「つみたて米国株式(S&P500)」「農林中金<パートナーズ>つみたてNISA米国株式S&P500」「Smart-i S&P500インデックス」などがあります。

 

利用する証券会社によって保有期間に発生する信託報酬額も違うので、手数料を比較して選ぶのがオススメです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

全米株式インデックスファンド評価

全米株式インデックスファンドは、投資可能な米国株を幅広くカバーしています。そのため、投資初心者から上級者までにオススメの投資信託です。

 

全米株式インデックスファンドは、S&P500と比較すると指標としている銘柄数が大きく違います。米国株式市場で投資可能な約4,000銘柄を指数としているので、運用コストが少し高くなります。

 

「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資する。CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジは行わない。

出典元:楽天・全米株式インデックス・ファンド

 

幅広い市場に投資できる全米株式インデックスファンドは、中小企業などの急成長が見込める企業がある場合に大きなメリット得られます。

 

現在、日本国内で運用できる代表的な全米株式インデックスファンドは「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の2種類です。

 

それぞれの資産額や手数料、そして評価について比較してみます。

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドは、2021年6月29日から運用が始まった新しい米国株式インデックスファンドです。そのため、まだ年間の実績を指標とした評価はあがっていません。

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドの基準価額は、2021年12月17日現在で10,947円です。販売手数料と信託財産留保額は無料で利用できます。保有期間中の信託報酬は、年間0.0638%です。

 

SBI・V・全米株式インデックス・ファンドは、投資信託の中でも保有期間に発生する信託報酬が最も安く設定されています。そのため、コストを抑えて運用したい方にオススメです。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンドは、楽天バンガードファンドとも呼ばれています。楽天・全米株式インデックス・ファンドは、2017年に運用が始まり成長を続けています。

 

楽天・全米株式インデックス・ファンドの基準価額は2021年12月17日現在で19,336円です。楽天・全米株式インデックス・ファンドは安定して値動きしているので、多くの投資家が運用している投資信託です。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

米国株式を理解するのにおすすめの書籍

米国株式の理解をサポートしてくれる、おすすめの書籍を集めてみました。

 

  1. バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
  2. 80分でマスター! [ガチ速]米国株入門
  3. 毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資
  4. 今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門
  5. 今日から始める! 米国株投資超入門―松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由
  6. 33歳で年収300万円台でも 米国株投資で爆速1億円
  7. 最速で資産1億円! たぱぞう式 米国個別株投資 (きずな出版)
  8. もみあげ流 米国株投資講座
  9. 世界一やさしい 米国株の教科書 1年生
  10. 英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円

 

1〜10の書籍について、おすすめポイントや概要をまとめてみました。

 

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

タイトル バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
著者 金川 顕教
発行日 2021/12/17
出版社 扶桑社
内容 [ガチ速]シリーズ第3弾が登場!
「決算書」、「簿記」に続き、今度は「米国株投資」!見てマネするだけで、今すぐはじめられる!
注目の投信・ETF・高配当銘柄を公認会計士の視点で徹底分析。
初心者でも大丈夫! 絵本のように読めて、
米国株投資の極意があっという間にわかる!
目次 ★1章 米国株に投資するべき理由
★2章 金川流・米国株投資の基礎知識
★3章 STEP1:投信積立で米国株投資をはじめよう!
★4章 STEP2:ETFで米国株全体に投資しよう!
★5章 STEP3:米国高配当株に投資しよう!
公式サイト 詳細はコチラ

 

80分でマスター! [ガチ速]米国株入門

タイトル 80分でマスター! [ガチ速]米国株入門
著者 太田 創
発行日 2019/3/20
出版社 かんき出版
内容 経済や数字が苦手でも、すぐ始められる!続けられる!手間いらずで、景気に左右されない。しかもローコストな方法をこっそり教えます。
目次 第1章 なぜ資産運用が必要なのか?
私たちの「貯蓄額」
期待できない退職金
50代以降もお金は貯まりづらい
増える社会保険料
増えない給料
老後のお金のリアル
もし30年後に3000万円の資産があれば
Q、日本株の個別銘柄の方が儲かるのでは?
「ドルコスト平均効果」によくある批判に対する私の回答
Q、投資ってお金が減るというイメージがあるのですが。
Q、投資する資金がありません。
Q、どれぐらいの金額を投資すればいいですか? など第2章 なぜ米国なのか?
30年間の「つみたて」で最も効果が得られる金融商品とは
Q、新興国のほうが、これからもっと伸びるのでは?
世界の株式市場の5割超が米国
下がってもまた戻る米国インデックス
株式資本主義が浸透している米国
欧州、中国、日本株に分散投資する意味はない
日経平均よりもS&P500に投資した方が良い数字的な根拠
バフェットも認めたS&P500
米国の3つの主要インデックスを比較してみた
ダウよりS&P500が好まれる理由とは など<続きは書籍でご確認ください>
公式サイト 詳細はコチラ

 

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

タイトル 毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資
著者 岡元 兵八郎
発行日 2020/12/3
出版社 ビジネス社
内容 10年先がイメージできる投資こそ勝つ奥義である!【これから10年先まで持ち続けられる米国株21選】
目次 第1章◎10年先がイメージできる投資をしよう
第2章◎なぜ米国株式なのか
第3章◎ETFを活用すれば簡単にできる米国株投資
第4章◎実際に投資をしてみよう
第5章◎長期投資に適したポートフォリオの作り方
第6章◎これから10年先まで持ち続けられる米国株21
公式サイト 詳細はコチラ

 

今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門

タイトル 今こそチャンス! 資産を増やす米国株投資入門
著者 松本 大
発行日 2021/10/8
出版社 東洋経済新報社
内容 米国株が魅力的な理由から、最新「松本大流7つの「投資の極意」、バイデン、GAFAM系など米国の経済がどのような変貌を遂げていくのか著者が語る「5つのシナリオ」、気をつけたい税金とNISAの話などなど、米国株投資の基本を徹底解説!
目次 プロローグ 世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧める3つの理由
第1章 マクドナルドは日本株ではなく米国株に注目!
第2章 松本大流「投資の極意」
第3章 円安リスクから資産を守る
第4章 米国株投資5つのシナリオ
第5章 米国株投資の基礎知識
第6章 ネット証券ではじめる米国株投資
第7章 米国株投資お役立ちツール
第8章 米国株投資の税金とNISA
公式サイト 詳細はコチラ

 

今日から始める! 米国株投資超入門―松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由

タイトル 今日から始める! 米国株投資超入門―松本大がやっぱり勧めるこれだけの理由
著者 まーしー
発行日 2021/12/8
出版社 ポプラ社
内容 年収300万円台の平凡サラリーマンが米国株集中投資を駆使し、25歳から33歳の7年間の投資で、金融資産1億円を達成!「爆速でお金持ちになる」ための超投資術。経済がわからなくても、英語が読めなくても、データや数字が苦手でも、最強の米国株投資で「爆益」を実現する攻めの投資方法。たった1年で6000万円超の資産増も実現した、急成長する銘柄選び、リスク許容度の把握、攻めのフルインベストメント、弱気相場時のメンタルコントロール術……など、爆益投資の全貌を余すところなく紹介。
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

 

33歳で年収300万円台でも 米国株投資で爆速1億円

タイトル 33歳で年収300万円台でも 米国株投資で爆速1億円
著者 たぱぞう
発行日 2021/6/29
出版社 きずな出版
内容 キャピタルゲインを狙って短期で売り抜けるもよし、
高配当を期待して長期で保有し続けるもよし。
月間100万PVの超人気米国株ブロガーが厳選した珠玉の45銘柄をまとめました。
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

 

最速で資産1億円! たぱぞう式 米国個別株投資 (きずな出版)

タイトル 最速で資産1億円! たぱぞう式 米国個別株投資 (きずな出版)
著者 著者
発行日 2020/10/17
出版社 ソーテック社
内容 Twitterフォロワー6万人、米国株投資2年目で米国株投資家のシンボル的存在である人気米国株ブロガーの著者が、データに基づいた圧倒的な分析力で米国株・ETF銘柄を徹底解説! 「米国株投資をやってみたいけど、どの株を買えばわからない」「単独銘柄投資は怖いのでETFに関心があるが、お勧めはどれ」?と言った疑問に、著者独自の分析眼でこたえます! これから米国株投資をはじめたい人、既に投資しているけど改めて勉強したい人などにお勧めの、米国株銘柄分析の決定版!
目次 第1章 米国株投資が資産形成・運用には必要不可欠な理由
1-1 貯金では資産形成・運用ができない時代
1-2 なぜ米国株投資なのか?
第2章 米国株投資の始め方・投資方法・種類
2-1 米国株投資の始め方
2-2 米国株投資方法
2-3 米国株投資の種類・属性
第3章 投資の目標とテーマの設定
3-1 自分自身の目標・テーマを設定する
3-2 米国株投資で何がしたいかを決める
3-3 資産総額を増やしたいか、生活補助を増やしたいか
3-4 資金余力を考える(アセットアロケーション)
3-5 投資資金を増やす(入金力を高める)
3-6 投資は人生を豊かにする「お手伝い」ツール
第4章 目的にあった投資方法の選択とインデックス投資
4-1 目標にあった投資方法の選定<続きは書籍でご確認ください>
公式サイト 詳細はコチラ

 

もみあげ流 米国株投資講座

タイトル もみあげ流 米国株投資講座
著者 バフェット太郎
発行日 2018/4/28
出版社 ぱる出版
内容 英語力ゼロ、知識ゼロでも10万円からスタート。月3分のチェックで2年で1000万円!けっこー地味…でもローリスクにお金持ちになる投資法。
目次 ★はじめに・・・「配当って何」?レベルのど素人でもできます!

序章 庶民がお金持ちになれるたった一つの方法
★マイホーム購入なんてクソダサい投資を平気でやる日本人
―離婚、失業のリスクを考えれば米国株投資より超ハイリスク
★米国株投資でローリスクに1000万円稼いじゃった件
―超大型連続増配高配当株10社に均等分散投資+配当を再投資
コラム…ガソスタ店員が37歳からはじめた米国株で10億円

第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
★米国株投資なんてスタバでフラペチーノ飲むくらいカンタン
―「英語できない」とかグダグダ言うな。全部教えるから!
★米国株投資家のための秘密の情報源
―と言いつつ「ブルームバーグ」(日本語版)とかってのは内緒
★「米国株ってどこで買うの」?って人へ基礎のキから教えます!
―証券会社、最低約定代金、確定申告、NISA口座など

第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
★200年間の資料を調べた結果「債券より株式」って証明された
―債券は自分の「損に対するオロオロ度」を計り組み込む
★配当投資するなら絶対アメリカ! っていうこれだけの根拠
―100年に1度の金融危機でも優良企業は増配を続行しました
★ガラケー→iPhoneくらい 日本株→米国株は自然の流れ!
―嫌われても真実を言います。日本株はゴミです
★為替・税のリスクを補ってあまりある米国株の最強っぷり!

<続きは書籍でご確認ください>

公式サイト 詳細はコチラ

 

世界一やさしい 米国株の教科書 1年生

タイトル 世界一やさしい 米国株の教科書 1年生
著者 はちどう
発行日 2020/6/2
出版社 ソーテック社
内容 米国株投資をやってみたいけど、何から始めてよいのかわからない。そんなあなたにこの本はぴったりです。本書を読んでいただければ、はじめて米国株投資をする人が、米国株のメリットを理解し、投資方針づくりから証券口座の開設、銘柄選び、発注、積立、年金作りまで一人でできるようになります。
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

 

英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円

タイトル 英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円
著者 エル
発行日 2021/2/10
出版社 ダイヤモンド社
内容 経済的に自立して早期リタイアを果たす「FIRE」を目指し、株式投資を始める個人投資家が増えている。
その多くの投資対象は日本株だが、じつは米国株こそFIREへの近道だ。
某金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、2020年に資産1億円達成を計画。
見事、計画を達成し、51歳で早期リタイアを実現した。
その大きな原動力となった米国株の投資術を全公開!
目次 公式サイトを参照
公式サイト 詳細はコチラ

 

米国株式のインデックスファンドの関連サイト

ここで「米国株式のインデックスファンド」を理解するのに役立つ関連サイト(WEBサイト、ブログ)などを集めてみました。

 

米国株式インデックス・ファンド[55312179] – 日本経済新聞

本音が飛び出す! つみたてNISA座談会(金融庁)

S&P500、NYダウ…米国株インデックス投資は本当に安心ですか

米国株式インデックス・ファンド – モーニングスター

米国株式インデックス・ファンド:基準価格・チャート投資信託

米国株式インデックス・ファンド(三井住友信託銀行)

米国株式インデックス・ファンド – 投資信託 – マネックス証券

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) – 三菱UFJ銀行

Smart-ⅰ S&P500インデックス 投資信託 りそな銀行

教えて虫とり先生(第8回) – 金融庁

iFree S&P500インデックス | 投資信託 | 大和証券

上場インデックスファンド米国株式(S&P500) (1547/T)

米国株式 | 海外株式・ETF | 楽天証券

米国株(アメリカ株) – Yahoo!ファイナンス

米国株・アメリカ株情報トップ|株探(かぶたん)

米国株式取引 – 外国株式・海外ETF|SBI証券

米国株営業日カレンダー – マネックス証券

米国株式の魅力 – 野村證券

米国株式:お気に入りリスト | マーケット情報 | 大和証券

 

米国株式のインデックスファンドで良くある質問

最後に「米国株式のインデックスファンド」で良くある質問を紹介します。

 

質問1:米国株と日本株の違いは何ですか?

【回答】米国株は1株単位で取引されます。日本株が1株単位で取引されているのに対し、米国株はすべて1株単位で購入することができます。そのため、少額の資金で米国株への投資を始めることができます(ただし、手数料は高くつきます)。

米国株にはストップロスやストップハイはありません。米国の株式市場には、日本の株式市場のような1日の値幅制限がありません。その結果、市場は需要と供給によって急激に上昇したり下降することも。

米国株は配当金の支払い頻度が高い。日本の株式の場合、配当は通常年2回です。これに対し、米国企業の多くは四半期に1回、あるいは年に4回も配当を行っています。

 

質問2:取引時間はいつですか?

【回答】アメリカの株式市場は、現地時間の午前9時30分から午後4時まで開いています。日本のような昼休みはありません。取引時間は、夏時間は午後10時30分から午前5時(GMT)まで、冬時間は午後11時30分から午前6時(GMT)までです。

 

質問3:株主優待制度はありますか?

【回答】いいえ、当社には株主優待制度はありません。

 

質問4:米国と日本に、税制の違いはありますか?

【回答】米国では株式の売却益には課税されませんが、日本では20.315%の課税となります。
配当金に対しては、現地では配当金の額に10%の源泉徴収税がかかり、日本では20.315%の税金がかかります。ただし、居住地が米国以外の場合は、居住地の税率が適用され、必ずしも10%ではありません。

 

質問5:配当金はありますか?

【回答】はい、配当を実施しています。米国企業の多くは株主還元を重視しているため、日本企業に比べて相対的に高い配当利回りを実現しています。

米国株式のインデックスファンド用語集

米国投資信託やインデックスファンドの理解に役立つ『用語』を集めてみました。

 

ADS(米国預託証券)

ADSは通常、1ADSあたりの米ドルで表示されます。ニューヨーク証券取引所に上場しているADR(米国預託証券)建ての外国株式を総称してADS(American Depositary Shares)と呼んでいます。

 

まとめ

今回は「米国株式のインデックスファンド」について解説しました。投資において、米国株式は無視できない大きな存在です。投資・資産運用を効率良く進めるためにも、米国株式や米国投資信託の仕組みを知って、運用益をコツコツと積み上げていきましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

米国株式のインデックスファンドの関連記事

DXとは何か?デジタルトランスフォーメーションの意味や仕組みを解説

米国株式インデックスファンドとは?米国の投資信託を徹底解説

・ エンジェル投資家とは?個人投資家から出資を受ける5つの秘訣とメリットとデメリット|2021年対応

・ 投資家・トレーダーになるには?フリーランスで成功する方法!

・ スマホでワンコイン投資!今おすすめの投資アプリ5社を徹底比較!

・ 【老後の資金調達】長期投資がオススメの理由は4つ!投資で自分の年金を調達しよう(2021年最新版)

・ これから始める長期投資!初心者でも本当に儲かる10の方法

・ 株式投資型クラウドファンディングを比較!FUNDINNO/GoAngel/エメラダ・エクイティ

・ 20代で投資信託を始めるならこれ!おすすめの銘柄と賢い投資方法を教えます

・ 投資で稼ぐ方法、ロボットアドバイザーで資産を増やすメリット

・ 資産運用の方法10選!資金運用で100万円~1000万円まで資産を増やす方法

・ 資産運用で失敗しない7つのコツ!初心者のあなたも確実に1000万円増やせる

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • w******y様が
    200万円を調達しました。

  • m****u様が
    600万円を調達しました。

  • k****v様が
    400万円を調達しました。

  • a******j様が
    1000万円を調達しました。

  • t******s様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング