NFTとは?NTFアートの始め方やメリット・デメリットをわかりやすく解説

Boli
Boli
更新日2022/6/30

資金調達プロの人気記事  NEW

NFTとはなにか

子どもが描いたドット絵が380万円に!

 

若いアーティストの作品が1,000万円超え!

 

今、NFTという仕組みを使ったデジタルアートの世界がかなり盛り上がっています。アート界の重鎮やプロだけではなく、趣味で描いている一般人や子どもまでがNFTによって大金を手にしています。

 

そんなNFTですが、じゃあ「NFTについて説明してください。何がどんなふうにすごいんですか?どんな仕組みなのか詳しく教えてください」と言われると、きっとよくわからないと思います。

 

大丈夫。私たちの周りのほとんどの人は、言葉はなんとなく知っているけど説明できない状態だからです。

 

この記事を通してNFTについてしっかり理解すれば、一歩先を行くことができます。それだけではなく、自分で出品してみることで思いもよらなかったような未来が開けるかもしれません。一攫千金も夢ではないんです!

 

それではさっそくNFTとはなにか見ていきましょう。

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
ライター boli

資金調達プロのWEBライター。国立工業高専を経て、建築技師として国際建設ボランティアに携わる傍ら、現地記者としてライター業で生計を立てる。 2013年からは日本において本格的にライターとして活動を開始し、金融・建設系のメディアでの執筆を中心に行なっている。 プロ目線の難解な解説ではなく、一般的に理解できる言葉や概念を用いたわかりやすいライティングを心がけています。

Twitter

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

資金調達プロの専門家はコチラ

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

ビジネスパーソンが参考にしたい!金融WEBメディア

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

1.NFTとは

ブロックチェーンのイメージ

はじめに、NFTとはなにかしっかりと理解しておきましょう。

 

少し難しいですが、まずは日本語への変換から。NFTとは日本語で表現すると「非代替性トークン」となります。

 

非代替というのは代替できない、つまり「他のものと代えることはできませんよ」という意味です。トークンとは直訳すると「しるし」「象徴」のこと。

 

ですから、NFTとは「これは他のものとは代えることできない唯一無二のデータですよ」という印のようなものであると理解してください。

 

NFTを技術的側面から説明することもできますが、まあまあ複雑で理解しにくいです。ですので、まずはざっくり「オリジナルですよ!というお墨付き」なんだと理解しておきましょう。

 

さて、そんなNFTの中でも特に注目されているのが「NFTアート」です。

 

1-1.NFTアートとは

NFTアートとは、「これはオリジナルです」というお墨付きをもらったデジタルアート作品のことです。

 

NFTの技術が誕生することによって、デジタルアート作品の売買が格段にしやすくなりました。紙に描いた作品ならオリジナルは1枚だけで、複製されたものとの差別化が簡単です。

 

一方でデジタルになると簡単にコピーできてしまい、どれがオリジナルかわからなくなってしまうのが問題点でした。

 

NFTによって「これがオリジナルである」としっかり証明してもらうことで、作者には適正な利益の還元が、購入者にもオリジナル作品を手にしているという保証が与えられるわけです。

 

NFTによってオリジナル作品がどれか証明できるようになったことで一気に市場が盛り上がりを見せるようになりました。

 

今ではNFTといえばNFTアート!と言っても大げさではないくらいです。

 

1-2.NFTと仮想通貨の違い

NFTは、別の角度から見ると「デジタル資産」とみなすこともできます。

 

デジタル資産とかトークンとか聞くと、「あれ、なんか仮想通貨と似ている」と思うかもしれません。

 

NFTも仮想通貨も、ブロックチェーン上で発行されて流通するデジタルデータです。それをコンテンツやアートに使うか通貨に使うか、ただそれだけの違いと考えて問題ありません。

 

もちろん厳密に言うと、NFTは非代替性トークンで仮想通貨は代替性トークンなどいくつかの違いがあります。

ただ、何らかの形で開発に携わるのでない限り、NFTと仮想通貨の違いの細部まで理解する必要はありません。

 

とりあえず、「NFT=仮想通貨」ではないと覚えておきましょう。

 

1-3.NFTに注目が集まる理由

NFTに注目が集まる理由がなんとなく見えてきたでしょうか。

 

デジタルの世界ではコピーが簡単なため、これまでは違法コピーや海賊版の問題によってオリジナル作品に価値を与えるのが困難でした。

それがNFTの登場によって一変したわけです。

 

ついにデジタルの世界でも価値が証明されたオリジナル作品の売買が可能になった。そう、デジタル市場が盛り上がらないわけがないんです。

 

デジタル市場の盛り上がりは、NFTの取引事例に表れています。

 

1-4.NFTの取引事例

NFTの取引事例を見ると、盛り上がり具合、温度感がわかります。

 

  • 米国のアーティストが制作したコラージュ作品が75億円で落札(時事通信社)
  • 香取慎吾さんが1万点限定でチャリティ出品→わずか1日で完売
  • 小学3年生の夏休み自由研究のドット絵が380万円に
  • ドルチェ&ガッパーナがNFTコレクションを開催
  • バーチャルスニーカーが、ただ観るだけの作品なのに140万円で落札

 

著名人、一般人、子ども、世界的に名前が知られているファッションブランドと、あらゆる方面でNFTの仕組みが活躍しています。

 

1つの作品に対する価格が75億円に達するなど、高額取引でも話題になっています。

 

1-5.一発逆転の可能性を秘めているのがNFT

NFTには一発逆転の可能性が秘められています。

 

名前が知られていないとしても、未成年でも、本業がアーティストではないとしても、自分のデジタル作品を「買いたい!」と言ってくれる人がいれば売ることができるんです。

 

しかも、ただ売れるだけではなくて、自分でも驚きの価格で落札されることも十分あり得ます。

 

夢があると思いませんか?

 

作れそうなものがあれば、この機会にNFTの世界に飛び込んでみませんか?

 

この記事の後半でNFTアートの販売方法をお伝えします。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

2.なぜNFTは高値で取引されるのか

ところで、なぜNFTは高値で取引されるのでしょうか?

 

勘違いしてはいけないのが、NFTだと自動的に高値になるわけではないことです。唯一無二とお墨付きが与えられた価値あるデジタル作品が高値で取引されるのです。

 

同じデジタル作品でも、NFTで保証されている場合とそうでない場合とでは、価値の付き方に雲泥の差があります。

 

ポイントは、価値あるデジタル作品であること。そしてそのデジタル作品がNFTによって唯一無二であると証明されていること。この2点を満たすときに高値での取引が実現します。

 

「価値あるデジタル作品と言われると、自分にはとても・・・」と思ってしまうかもしれません。

でもそんなことはないんです。なぜそう言えるのか、この記事の最後で取り上げます。

 

3.NFTのメリット

こんどは、メリット・デメリットという視点でNFTについての理解を深めましょう。

 

まずはメリットから。

 

NFTのメリットとは

  • 唯一性が保証されること
  • 改ざんできないこと
  • さまざまな情報を記録できること
  • 誰にでも購入・販売のチャンスがあること
  • 投資対象になること

 

3-1.唯一性が保証される

NFTによって唯一性が保証されます。

 

唯一性が保証されるので、デジタルであってもオリジナル作品には適正な価値が与えられます。

作者は「オリジナルです」と出品できますし、購入者には「このコンテンツの持ち主は自分だ」という安心感が与えられます。

 

デジタルコンテンツに対してもちゃんと「所有」という概念を確立させることができたという点で、NFTは本当に貴重な仕組みと言えます。

 

3-2.改ざんできない

お墨付きが与えられても簡単に改ざんできてしまったら意味がありません。NFTの場合、改ざんはまず不可能です。

 

ブロックチェーン技術を用いた非代替性トークンになっているので、改ざんの心配なく「所有者が誰であるか」が証明され続けます。

 

3-3.さまざまな情報を記録できる

NFTにはさまざまな情報を記録できます。

 

NFTを使えるのはアート作品に限りません。ゲームコンテンツやバーチャル設計の商品など、デジタル作品ならいろんな分野に搭載できます。

 

そのため、アーティストに限らず、クリエイター、設計技師などいろいろなジャンルの人たちにNFTでの販売の機会が開かれるようになっています。

 

3-4.誰にでも購入・販売のチャンスがある

NFTは誰にでも購入・販売のチャンスがあるという意味でじつにフェアです。

 

極端な例を使うと、メリカリに出品したりメルカリで商品を買ったりする感覚でNFT作品のオークションでも売買できるんです。

 

メルカリでは、「こんなもの誰が買うの?」というものでも、「それほしいです!」という人がいれば売れます。

少し前には子どもの夏休みの自由研究に使えるトイレットペーパーの芯の販売が話題になっていました。

 

NFTでも、とにかく恐れずに出品することでビックリする未来が開けることがあります。

 

3-5.投資対象になる

NFTは投資対象になります。投資に関心がある人にとって、NFTは知っておいて損はないでしょう。

 

これまでもアート投資は盛んに行われてきましたが、これからはデジタルアートへの投資が可能になります。

 

あなたの場合も、仮に自ら提供できるデジタル作品がないとしても、NFTについて学ぶことで「投資」という形によってお金を稼ぐ機会が与えられるわけです。

 

そんな魅力たっぷり、メリットいっぱいのNFTですが、デメリットも見ておきましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

4.NFTのデメリット

NFTのデメリットにはこんなものがあります。

 

NFTのデメリット

  • 高値で売れる保証がない
  • 法整備が整っていない
  • 価格が変動しやすい
  • 売買手数料が高い

 

4-1.高値で売れる保証がない

NFTには高値で売れる保証がありません。

 

これはNFTのデメリットというより、一般市場において当然のことです。価値あるもの、人が価値があると判断するものはオークションで高値が付き、価値がないとみなされるものは、売れないか安値での取引になります。

 

4-2.法整備が整っていない

NFTの歴史は非常に浅く、本格的な取引が始まったのは2021年です。

 

まだ法整備が追いついていない部分があります。たとえば「購入者の権利」「著作権問題」「取引のルール」にははっきりしていない部分が残されており、今後の整備が期待されています。

 

加えて、何かが盛り上がるとそこにはかならずと言っていいほど偽物がつきまといます。偽物のNFTアートをつかむことがないよう注意しなければなりません。

 

4-3.価格が変動しやすい

NFTは価格が変動しやすいです。

 

投資対象としてデジタル作品を保有していると、価格の上昇を経験するかもしれず、反対に価格の急激な下落を経験する可能性も。

 

ただ、価格が変動しやすいのは仮想通貨投資も株式投資も同じ。投資目的の場合はリスクを理解したうえで取り組むことが大事になります。

 

4-4.売買手数料が高い

今のところ、NFTは売買手数料が高く、まだ高騰する可能性があります。

 

後ほど取り上げますが、NFTの取引を行うためには法定通貨ではなく仮想通貨(たいていはイーサリアム)の購入が求められます。

イーサリアムには「ガス代」と呼ばれる手数料があって、このガス代がまあまあ高いのです。

 

ガス代

イーサリアム・ブロックチェーン上での取引手数料の名称。 ガス代は定価ではなく、取引実行依頼者(生成者)が任意の価格を設定できる。ガス代は『 Gas(仕事量)× Gas Price(1Gasあたりの単価)』で算出されるが、「Gas Price(1Gasあたりの単価)」を取引実行依頼者が自由に設定できる仕組みである。

引用:LIFULL用語集

 

NFTのメリット・デメリットが私たちの生活に影響するとしたら、それは実際にNFTアートを購入したり販売したりする場合、またはNFT関連の投資を始める場合のみです。

 

5.NFT市場で売れるもの

NFT市場で売れるものはなにか。

 

この質問に対してできるだけシンプルに答えるとするなら、「デジタルデータならなんでもNFTで売れる可能性がある」となります。

 

当然ですが、仕組みから考えてその作品はデジタルデータでなければなりません。これは絶対条件です。

 

ではそのほかの条件はというと、別にアート性の高い作品に限る必要はないんです。

 

PhotoshopやIllustratorを使って仕上げた画像、イラスト、スニーカーやスエット、Tシャツなどのバーチャルデザイン、音楽データ、ゲーム作品など、本当に可能性は無限にあります。

 

取引が盛んになり、今後新たに大きな市場が形成されるかもしれない分野があるかもしれません。

 

NFTは意外と身近なものが商品になることがあるんです。ちょっと時間を取って、「どんなものがNFTになりそうか」「自分にも制作・出品の可能性がありそうか」考えてみませんか?

 

思考の幅を広げたり、意外に思えるものをかけ合わせたりして、自分でもビックリするようなものが生まれるかもしれませんよ。

 

さて、もし「これは出品できるぞ!」というものが見つかったら、こんど気になるのは具体的な販売方法です。この点は次の項目で取り上げます。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

6.NFTの販売方法

ここでは、一般的なNFTの販売方法を紹介します。

 

※一般的ではないプロ向けの「独自のNFTを発行する」という方法もありますが、初心者には難しすぎるためここでは割愛します。

 

6-1.① 作品を準備する

まず、NFTを使って販売する作品を準備しましょう。

 

最終的にデジタル作品になっていれば、作業工程はとくに問われません。

 

6-2.② プラットフォームに作品を載せる

作品を準備したら、こんどはその作品を出品します。出品はプラットフォームを利用して行います。

 

プラットフォームに作品を載せる手順は以下のとおりです。

 

プラットフォームに作品を載せる手順

  1. NFTマーケットプレイスにログイン
  2. 仮想通貨のウォレットを作成
  3. 作成したウォレットに、NFTの売買に必要な仮想通貨を入金する
  4. 作品の販売条件を入力する
  5. 作品をマーケットプレイスにアップロードする

 

手順を見るとわかるとおり、作品を販売するためにはどのマーケットプレイスを利用するか決め、そこで登録する必要があります。

 

また、NFTの売買には手数料がかかるのですが、この手数料は仮想通貨で支払うことになります。この機会に仮想通貨の売買にも慣れておくことをおすすめします。

 

仮想通貨の売買については、「資金調達プロ」の以下の記事で取り上げています。合わせてチェックしてみてください。

 

 

ちなみに、おすすめのプラットフォーム(マーケットプレイス)は以下のとおりです。

 

NFT作品の売買におすすめの国内マーケットプレイス
 

CoincheckNFT(β版)

 

Adam by GMO(β版)

 

nanakusa

 

 

海外のマーケットプレイスもありますが、まずはCoincheckやGMO系列の国内マーケットプレイスから始めてみるのがおすすめです。

 

6-3.③ 販売開始

マーケットプレイスを通して販売を開始したら、あとは普通の商品と同じように売れるのを待つことになります。

 

入力した条件に基づいて取引が開始されます。

 

7.NFTの購入方法

お金を作るための方法の1つとして考えるといいのがNFT投資。そのためにはNFTの購入方法を知っておく必要があります。

 

流れは以下のとおりです。

 

  1. 仮想通貨取引所のアカウントを取得する
  2. 仮想通貨のウォレットを作成する
  3. NFTのプラットフォームとウォレットを接続させる
  4. 作品を選んで購入

 

7-1.① 仮想通貨取引所のアカウントを取得する

NFTアートなどを購入するためには、原資となる仮想通貨を用意しなければなりません。円やドルなどの法定通貨で売買することはできません。

 

仮想通貨を用意するために、まず仮想通貨取引所のアカウントを取得する必要があります。

 

どの仮想通貨取引所を利用すればいいかわからないなら、国内でも人気のCoincheckのサービスを利用しておくとよいでしょう。

Coincheckを含め、以下に挙げている国内の仮想通貨取引所がおすすめです。

 

NFT作品の売買におすすめの国内仮想通貨取引所
 

CoincheckNFT(β版)

 

Adam by GMO(β版)

 

nanakusa

 

 

7-2.② 仮想通貨のウォレットを作成する

仮想通貨取引所のアカウントを取得したら、こんどは仮想通貨のウォレットを作成します。

 

ウォレットは、購入した仮想通貨を管理するために必要です。

 

どのウォレットにするか、選択肢はたくさんありますが、よくわからない場合は国内でもメジャーなCoincheckでウォレットを作成しておきましょう。利用する取引所もウォレットもCoincheckにしておくと便利です。

 

公式サイト:Coincheck

 

7-3.③ NFTのプラットフォームとウォレットを接続させる

次に、 NFTのプラットフォーム(仮想通貨取引所)とウォレットを接続させます。

 

この点、どちらもCoincheckを利用しておけば接続がスムーズに進みます。

 

接続が完了したら、仮想通貨取引所を通して仮想通貨を購入し、ウォレットに入れます。たいていはNFT取引で利用されることが多いイーサリアムを購入することになります。

 

7-4.④ 作品を選んで購入

NFT作品を購入する原資を仮想通貨で準備したら、いよいよ作品の購入。所有ではなく投資目的で購入する場合は、「どんなものが値上がりするだろうか」という視点で作品をチェックします。

 

これまで仮想通貨取引やNFT売買の経験がない人にとって、円を仮想通貨に換えること、ウォレットを作成することなど、いまいちピンと来ない部分があったかもしれません。

今後を見据えて、実際にNFTの売買をするかどうかは別として仮想通貨取引所のアカウントを取得するくらいはやっておいて損はないと思います。

 

おすすめの取引所については、仮想通貨の中でもアルトコインについて解説した以下の記事で取り上げています。よろしければこの機会にチェックしてみてください。

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

8.NFT初心者におすすめの始め方とは

NFTで稼ぐことに興味があっても、売買の方法のくだりを見て「なんだか面倒くさそうだな・・・」「難しそうだな・・・」と感じたかもしれません。

 

たしかに新たなことにチャレンジするためには、いくらか学習コストがかかります。

 

ここで、NFT初心者におすすめの始め方をご紹介したいと思います。結論から言うと、とにかくおすすめしたいのは「やってみて考えよう」ということです。

 

8-1.とりあえず販売の流れを体験してみる

とりあえず販売の流れを体験してみましょう。

 

簡単でいいので何かデジタル作品を作って、NFTを売買できるプラットフォームに登録してみるのです。

あとは売れるかどうか様子を見る。売れないとしても問題なし。販売の流れを確認することを目的にしましょう。

 

一通りの流れを経験してみると、きっと「全然難しくない!」と感じるはずです。

 

8-2.体験後に本格参入するか判断する

販売の流れを経験してみて、本格的にNFTに参入するかどうか判断するとよいと思います。

 

今後、NFTの市場はさらに盛り上がっていくことが予想されますが、だからといって自分も絶対にNFTで稼がないといけないわけではありません。お金を稼ぐための方法はいろいろあります。

 

「資金調達プロ」の以下の記事では、ネットでお金を稼ぐ方法を一挙公開しています。

 

 

8-3.やってみなければわからないのがNFT

NFTは、やってみなければわからないところに魅力があります。

 

380万円の値がついた子どもの作品も、1,000万円以上で取引されるようになったアーティストの作品も、最初から「これくらい稼げるぞ」と狙って出品したわけではありません。

「自分の作品が売れたらいいな」くらいのつもりで出品したものが、売れたらいいどころか高い評価がついたわけなんです。

 

アートの世界では、本当に何かどのように評価されるかわかりません。だから、せっかくのチャンスを、せっかく興味があるなら逃さないようにしてください。とにかく、とりあえずやってみましょう。

 

9.NFTについてよくある質問

ここで、NFTについてよくある質問とその答えを取り上げます。

 

質問① NFTとは投資の方法のことですか?

NFTとは「非代替性トークン」のことで、「これは他のものとは代えることできない唯一無二のデータです」という印のようなものです。NFTはFXや株式投資のような投資方法の名称ではありません。しかし、NFTが付与されたデジタル作品は値動きが激しいため、投資の対象になることがあります。

 

質問② NFTの取引をする際に必要なイーサリアムとはなんですか?

イーサリアムは仮想通貨(暗号資産)の一種で、ビットコインに次ぐ時価総額2位の人気通貨となっています。誕生は2014年ですが、スマートコントラクトなど搭載されている技術ゆえに取引時の通貨として選ばれています。NFT取引の際もイーサリアムが選ばれることが多いのはそのためです。

 

質問③ NFTの作り方を教えてください。

まずデジタル作品を準備します。アートやゲーム、音楽など、自分が得意とするもの、販売したいと思うものでOKです。作品を作ったら、こんどはそれをNFTにします。そしてNFTにしたものを販売します。自分の作品をNFTにするためには、手数料を仮想通貨で支払う必要があります。そして、自分のNFT作品を販売するためにはプラットフォームへの登録が必要になります。このあたりの流れは、この記事の「NFTの販売方法」の項目で確認してください。

 

質問④ NFTのガス代とはなんのことですか?

ガス代とは「手数料」のことと理解しておいて問題ありません。NFTにして作品を販売するとき、そしてNFT作品を購入するときは、そのどちらにも手数料がかかります。その手数料のことをガス代と呼びます。

 

ガス代が発生するタイミング【参考】

  • NFT作品を購入するとき
  • NFT作品を売るとき
  • NFTを誰かに送るとき
  • 自分のウォレットから仮想通貨を他人に送るとき
  • 新しいNFTを発行するとき

 

ちなみに、仮想通貨の性質上、ガス代は固定ではなく変動します。

 

質問⑤ SKE48のNFTトレカが完売したというニュースを見たのですが、NFTトレカとはなんですか?

NFTトレカとは、ブロックチェーンを利用したデジタルトレーディングカードのことです。唯一性が証明されるため人気作品はすぐに売れてしまうことが多く、すぐに値上がりが期待されるため投資対象になることが多いです。紙のトレーディングカードも値動きが激しくなる場合がありますが、NFTトレカの値動きはさらに激しくなる傾向があります。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

10.NFTに関連して役立つ書籍

この機会に本格的にNFTについて学んでみませんか?

 

本格的な学びに役立つ書籍を厳選して5冊ご紹介します。

 

だれにでもわかる NFTの解説書

 

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

 

ブロックチェーンでできる30のこと

 

図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

 

仮想通貨のすべてがわかる本

 

まとめ

今回は、NFTとはなにか、なぜ人気なのか、そのメリットや販売方法について取り上げました。

 

技術的な面に目を向けると、NFTについて説明すべきことはまだまだたくさんあります。それはさておき、私たちが知っておくべきなのは技術面より将来性。そう、NFTには将来性があるんです!

 

今まさにNFT市場は加熱していますが、今後ますますいろいろなデジタル作品にNFTが付与されて取引が盛んになっていくことでしょう。

 

あなたはどうしますか? 自分でデジタル作品を作って販売して利益を上げますか? それとも投資対象としてのNFTに注目し、勉強してみますか?

 

もちろんNFT以外の方法でお金を作ることもできます。この機会にNFTを含めてどんなふうにお金を稼いでいくかあらためて考えてみることをおすすめします!

 

記事のまとめ

この記事ではこんな点を取り上げました。

 

NFTとは
☑️ NFTとはなにか
☑️ NFTが高値で取引される理由
☑️ NFTのメリットとデメリット
☑️ NFTの売買方法
☑️ 初心者がNFTを始めるには

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット
SMBCモビット公式サイト

 

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

 

NFTの関連記事

大手の「NFT」取り扱い増加 楽天、Yahooなど|資金調達プロニュース

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • o******j様が
    500万円を調達しました。

  • h**q様が
    300万円を調達しました。

  • q**x様が
    900万円を調達しました。

  • p**d様が
    800万円を調達しました。

  • k******s様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング