FXスキャルピングとは?初心者でもわかる手法・勝つコツ徹底ガイド

運営事務局
運営事務局
更新日2022/5/11

資金調達プロの人気記事  NEW

FXスキャルピングとは?

スキャルピングとは、短時間で利益を出すことができるFXの手法です。

 

スキャルピングを始めてみたいけど、「スキャルピングってなんのことだろう」「自分でも利益が出せるの」など不安に思っている方は多いと思います。

 

この記事では、FX初心者の方向けに

  • スキャルピングのメリット・デメリット
  • スキャルピングのコツ
  • スキャルピングの手法
  • スキャルピングでおすすめの通貨ペア
  • スキャルピングをするときに知っておくべき経済指標

など解説をしていきます。

 

この記事はスキャルピングを始めるにあたって必要な情報を網羅しています。

 

読み終えるころには、スキャルピングに関する知識を得ることができ、今すぐに取引を開始することができるでしょう。

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
著者情報|資金調達プロ資金調達プロ

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

 

 

資金調達プロの専門家はコチラ

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

ビジネスパーソンが参考にしたい!金融WEBメディア

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

現在おすすめのカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

FXスキャルピングとは?

FXスキャルピングとは?

スキャルピングとは、数秒から数分の間に1回の取引を完結させる超短期売買のこです。

 

FXには多くのトレードスタイルがあります。

その中でも短い時間に何度も取引を行うことで、小さな利益を積み重ねて行くことが特徴です。

 

取引回数は人それぞれですが、注文と決済をそれぞれ1日に10~100回程度程度行うことが多いようです。

 

FXの主なトレードスタイル

 

スキャルピング

秒単位~分単位の短期売買をするスタイル

 

デイトレード

数時間~1日で完結するトレードスタイル

 

スイングトレード

数日~数週間単位で売買するスタイル

 

長期保有

月単位~年単位の長期間保有するスタイル

 

FXスキャルピングのメリット

FXスキャルピングのメリット

どんな戦略でFXを行うか決める際、メリット・デメリットの情報は欠かせません。

 

スキャルピングのメリットは以下のとおりです。

 

FXスキャルピングのメリット

  • ロスカットの危険性が少ない
  • すぐに結果がわかる
  • スキマ時間、短時間でできる

 

慣れている方が見れば「うんうん」とうなずく内容ではないでしょうか?

 

でも、初心者の方はこれだけ見ても、具体的にどういったメリットなのかわかりませんよね。

かみ砕きながら詳しく説明していきましょう。

 

ロスカットの危険性が少ない

ロスカットとは、決済前の損失である含み損が一定の水準に達した時に自動的に強制決済する仕組みのことです。

 

スイングトレードや長期保有をする方は、為替レート次第では大きな含み損が出ることがあります。

そのため、資金が少ない方はロスカットをされる危険性高くなってしまいます。

 

しかし、スキャルピングでのトレードは数秒~数分の短期売買です。

為替レートが大きく動く前に決済を終えてしまうことがほとんどなのでFX会社にロスカットをされることは少ないです。

 

ロスカットによる損失を防ぐことができる点は、メリットといえるでしょう。

 

すぐに結果がわかる

スキャルピングでのトレードは数秒~数分で決済が完結します。

 

ポジションを持って数分後には、利益がでているか、損失が出ているかの結果がすぐにわかります。

 

なぜこれメリットなのかといいますと、多くの経験を短期間で積むことができるからです。

 

FXは経験の差が如実に出る投資です。

経験があればあるほど勝率も上がっていく傾向にあるといっても良いでしょう。

 

デイトレードを主体で取引を行っている方と比べても、スキャルピングでのトレードは1日に数倍、数十倍ものトレードを行います。

 

そのため、取引で得られる経験値にもそれだけの差が生まれます。

取引の数だけ投資観や相場観が養われ、自分がより早く成長することができるでしょう。

 

スキマ時間、短時間でできる

トレード時間が非常に短いため、スキマ時間、短時間で取引を行うことができます。

 

例えば、仕事の休憩中にも取引を行うことができますし、電車の待ち時間でも積極的に利益を狙いに行くことができます。

 

スマホやパソコンさえあれば、いつでもどこでも取引を行うことが可能となるわけです。

 

また、短時間で決済をするということは、精神的にも楽な場合が多いです。

 

スイングトレードのように何日かポジションを保有する場合、ずっとFXのことが頭から離れなくなる場合が多いです。

そうなってしまうと、私生活や本業の仕事に支障をきたす可能性もでてきます。

 

その点、スキャルピングは数分で決済まで完結するため精神的なストレスは少ないです。

 

ロストカットのリスクが少なく、すぐに結果がわかって、スキマ時間にできるトレード。

魅力的なトレード方法ですよね。

 

でも、メリットを把握しただけではFXでスキャルピングを始めるのに万全とは言えません。

デメリットまでしっかり把握することで、リスク回避したり自分に合った戦略を立てたりできるようになります。

 

次の章ではスキャルピングのデメリットを解説していきましょう。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

現在おすすめのカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

FXスキャルピングのデメリット

FXスキャルピングのデメリット

FXスキャルピングのデメリットは以下の3つです。

 

  • 数pips〜数十pipsの値動きの予想は困難
  • スプレッドの影響を受けやすい
  • スキャルピング禁止の場合は口座凍結される

 

「pips」や「スプレッド」というFXの専門用語も説明しながら、それぞれの内容を解説していきます。

 

数pips〜数十pipsの値動きの予想は困難

スキャルピングでは、1~10pips程度の小さな利益を繰り返すことで、大きな利益を生み出します。

 

しかし、1~10pipsのような小さな値動きは大口の投資家が取引をしただけでも、変動してしまいます。

そのため、値動きの根拠となるような予想が立てづらいことが非常に多いです。

 

そのような状況で利益を出していくことは、なかなか難しいと言わざるを得ません。

 

pips (ピップス)
FXで通貨の共通単位として使用され、pipsはその複数形です。「米ドルが○pips変動」というように、異なる通貨ペアでも共通の単位で変動幅を表すことができるほか、買値と売値の差を表すスプレッド(買値と売値の差)の単位としても用いられます。
1pipがいくらを表しているのかは、通貨ペアによって異なり、たとえば米ドル/円やクロス円(ユーロ/円、ポンド/円など)の場合、1pip=0.01円(1銭)を表し、10pips=10銭、100pips=1円となります。米ドル/円のレートが100.00円から100.05円に上昇したとすると、「5pips上昇した」と表します。
引用:初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

 

ただ、難しいと言ってもきちんとコツを押さえて取引すれば勝つ可能性を上げることができます。

 

スキャルピングで勝つコツに関しても後述していますので、参考にしてください。

 

スプレッドの影響を受けやすい

スプレッドとは、FX1回の取引にかかるコストのことです。

 

通貨ペアやFX会社によってスプレッドには違いがあります

 

仮に1度の取引で0.3銭(0.003円)と3円のスプレッドの違いがあり、1000回売買したとしましょう。

 

0.3銭の場合は3円
3円の場合は3000円

 

とスプレッドの違いによって利益が大きく変わってきてしまいます。

 

スキャルピングは取引の頻度が非常に多くなるため、スプレッドの影響をより受けやすい手法になります。

 

また、スプレッドはFX会社や通貨ペアによって変わってきます。

 

スキャルピングを行う方は、FX会社や通貨ペアに注意し、スプレッドが狭くなるように取引を行った方がよいでしょう。

 

おすすめの通貨ペアやFX会社は記事後半で紹介しています。

 

スキャルピング禁止の場合は口座凍結される

当然と言えば当然ですが、スキャルピングが禁止されているFX会社でスキャルピングを行うと口座凍結される可能性があります。

 

ルールは守らなければなりません。

 

「スキャルピング」について調べていると、必ずと言っていいほど「口座凍結」というワードも目にすると思いますが、これはなぜでしょうか?

ちなみに、凍結された口座はいくら待っても解除されることはありません。

 

口座凍結については次の章でじっくり解説していきます。

 

FXスキャルピング禁止の場合は口座凍結の恐れ

FXスキャルピング口座凍結

スキャルピングにはたくさんのメリットがありますが、FX会社によって禁止となっている場合があります。

 

  • FX会社がスキャルピングを禁止する理由
  • 口座凍結されないようにするには
  • 口座凍結された時の対処法

 

この3点を確認し、安全にスキャルピングを行うことができるようにしていきましょう。

 

FX会社がスキャルピングを禁止・口座凍結する理由

FX会社がスキャルピングを禁止・口座凍結する理由は、2通りの原因が考えられます。

 

  • カバー取引が間に合わない
  • サーバーに負荷がかかりすぎる

 

これらが原因でスキャルピング行為を禁止したり口座凍結の対応をしたりするFX会社があります。

 

カバー取引が間に合わない

FX会社は個人がFX取引をした直後に、インターバンク市場に対して同じ取引を行います。

これは、カバー取引と呼ばれており、カバー取引を行うことでFX会社は利益を相殺して、自社の損失を防いでいます。

 

しかし、個人が短時間で決済を繰り返すと対応しきれなくなることがあります

 

そうすると、FX会社は孫卒を抱える可能性があるため、スキャルピングが禁止されている会社があるのです。

 

禁止されている証券会社でスキャルピングを行うと口座凍結の恐れがあるため注意が必要です。

 

サーバーに負荷がかかりすぎる

スキャルピングは大きく分けると決済までに数分の時間をかける「分スキャルピング」と60秒以内で決済を繰り返す「秒スキャルピング」とに分かれています。

 

秒スキャルピングを行って毎月大きな利益を生み出していると、サーバーへの負担がかかりすぎてしまい、約定速度が遅くなってしまいます

 

そうなると、他の投資家が被害を受けるため口座が凍結されてしまいます。

 

口座凍結されないようにするには

スキャルピングで口座凍結される主な理由は

 

  • カバー取引が間に合わない
  • サーバーに負荷がかかりすぎる

 

この2点です。

 

カバー取引が間に合わなくなる原因は、大口の取引を短期間で行った場合が多いようです。

 

口座凍結が心配な方は、大口の取引を行うときは数分間の時間をかけて取引を行う分スキャルピングをするとよいでしょう。

 

また、取引が集中する時間にサーバーへの負荷が大きくなることが多いようです。

重要な経済指標の発表時間などは取引が増えることが多いため、短期間での決済を避ける方が、口座凍結の観点からは無難といえるでしょう。

 

口座凍結された時の対処法

口座凍結をされると、新規注文ができなくなりますが、ログインや決済注文、取引報告書のダウンロードによる確定申告の手続きなどは行うことができます。

焦らずに口座資金を出金しましょう。

 

また、凍結された口座はいくら待っても解除されることはありません。

 

事前に、

  • 複数のFX口座を持つ
  • スキャルピング可能なFX会社を使う

などの対策を行ったうえでスキャルピングを行う方が良いでしょう。

 

FXスキャルピングで勝つコツ

FXスキャルピングで勝つコツ

FXのスキャルピングで勝つコツを紹介します。

 

スキャルピングは難しいトレード方法と言われています。利益があまり出せていない方は参考にしてみてください。

 

  • チャートを毎日みる
  • 損切ラインを守る
  • 負けても気持ちをすぐに切り替える
  • 通信環境を整える

 

こうして見てみると「こんな単純なことで?」と思う方がいるかもしれません。

でも、これらをいい加減にしてしまうとFX投資で稼ぐことは難しいでしょう。

 

実際にFXトレーダーとして成功している人は上の4つを必ず守っています。

 

FX初心者の方や慣れてきた方こそ、以下の詳しい解説に目を通し、しっかりと戦略を立ててください。

 

チャートを毎日見る

スキャルピングに限らず、FXではチャートを毎日見ることが重要です。

 

ただぼーっと眺めるのではなく、なぜこのタイミングで為替レートが動いたのかを考えながら見ることがとても大切です。

 

実際にトレードをしてなくても、自分なりにシナリオを考えながらチャートを毎日みていくと売買のタイミングが少しずつわかるようになってくるでしょう。

 

損切ルールを守る

損切とは、含み損を抱えているポジションを決済し、損失を確定させることをです。

 

含み損を抱えている状態で、決済すると損をするのではないかと思う方も多いでしょう。

 

しかし、FXでは相場がどのように動くかは誰にもわかりません。

 

そのため、小さな損のうちに決済しておかないと、損失がどんどん膨れ上がることがあります。

「放置しておけばそのうち利益になるだろう」といった考えは非常に危険です。

 

自身で、ここまで来たら損切をしようというルールを決めて、ルールにのっとって取引を行うことが、大きな損を防ぐためには非常に重要です。

 

負けてもすぐに気持ちを切り替える

スキャルピングでは、短期間でたくさんの取引を行う必要があります。

 

そのため、負けた気持ちを引きずってトレードを行っていると、トレード中の集中力が切れてきてしまいます。

 

また、利益を求めるあまり、自身で決めたはずの損切ルールを破ってしまい大きな損失にもつながりかねません。

 

トレードを多く行うためには、負けてもすぐに気持ちを切り替えることが重要です。

 

どうしても気持ちを切り替えることが難しい場合は、一度トレードを中断することも必要でしょう。

 

通信環境を整える

スキャルピングは1~10pips程度の小さな利益を積み立てる手法です。

 

為替レートは瞬く間に変動していくため、パソコンの通信環境が悪く、エントリーや決済に時間がかかるとそれだけで10pipsの利益があった状態から5pipsの損失に変わってしまう可能性があります。

 

スキャルピングは瞬発力を要します。通信環境を整え相場の動きを見過ごさないようにしましょう。

 

 

次の章からはより具体的な内容に触れていきます。

スキャルピングの手法やおすすめの通貨ペア、スキャルピングにおすすめのFX会社を解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

現在おすすめのカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

FXスキャルピングの手法

FXスキャルピングの手法

FXでは、為替レートがどのように変化していくのかを分析することが重要です。

 

スキャルピングではテクニカル分析(チャートを利用して先行きを分析する)を利用して、為替レートの変化を追っていくとエントリーのタイミングがつかめてきます

 

  • ボリンジャーバンドを使う手法
  • 指数平滑移動平均線を使う手法

 

代表的な2つの手法について詳しく見ていきましょう。

 

ボリンジャーバンドを使う手法

 

ボリンジャーバンドは、移動平均線と標準偏差で構成されており、移動平均を表す線とその上下に値動きの幅を示す線を加えた指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。
特徴は、収束と拡散を繰り返していることで、この動きにあわせて「順張り」「逆張り」それぞれの投資に利用することができます。
引用:ボリンジャーバンド|マネックス証券

 

ボリンジャーバンドとは、相場の過熱感を知るために使います。

 

+3σ、+2σ、+1σ、-1σ、-2σ、-3σ

 

の6本の線で構成されており、+3σに近づくほど買われすぎ、-3σに近づくほど売られすぎということになります。

 

±1σの幅の中には68%の価格が収まり、±2σの幅の中には95%の価格が収まります。

そして、±3σの幅の中には99%の価格が収まると言われています。

 

なので、±2や±3σから価格が逸脱した場合には価格がバンド内に戻ってくる可能性が高いです。

 

そのため、±2σ、±3σから逸脱した時がエントリーポイントとなります。

 

1度の決済でどれだけの利益を求めるかは個人により異なりますが、5pips~10pipsの利益がでたら、決済するのが一般的です。

 

指数平滑移動平均線を使う手法

指数平滑移動平均線とはEMAと呼ばれており、トレンドの発生にいち早く対応したい場合に有効なテクニカル指標です。

 

短期平滑移動平均線(短期EMA)と長期平滑移動平均線(長期EMA)の2つでできており、

 

  • 短期EMAが長期EMAを下から上に突き抜けるようになったら買いでエントリー
  • 短期EMAが長期EMAを上から下に抜けるようになったら売りでエントリー

 

がエントリーポイントとなります。

 

決済のタイミングは人それぞれですが、スキャルピングでは、1度の決済で利益を追い求める事は得策ではありません。

 

多くの決済を行い勝率を上げていくことを目指すとよいでしょう。

 

FXスキャルピングでおすすめの通貨ペア

FXスキャルピングのおすすめ通貨ペア

FX会社により取り扱っている通貨ペアは異なりますが、多い会社だと20を超える通貨ペアが存在します。

 

どこの通貨ペアにするか迷ってしまう方も多くいると思いますので、おすすめの通貨ペアをご紹介いたします。

 

  • ドル(USD/JPY)
  • ユーロドル(EUR/USD)
  • ポンド円(GBP/JPY)

 

ドル円(USD/JPY)

最もおすすめの通貨ペアとなります。

 

その理由は「スプレッドが狭い(安い)から」です。

 

ドル円は日本人にとって最もなじみのある組み合わせです。そのため、FX取引の中でも王道で最も人気があります。

 

人気のドル円は各社のスプレッド競争が激しく、現在では、0.2銭に設定されていることが多いです。

0.2銭は非常に狭い値ですので、これを利用しない手はありません。

 

迷った方はドル円からはじめてみるとよいでしょう。

 

ユーロドル(EUR/USD)

FXスキャルピングにはユーロドルで取引を行うのもよいでしょう。

 

日本では、ドル円が最もポピュラーですが、世界的にはユーロドルが1番人気です。

そのため、海外のFX会社では、日本のFX会社よりもスプレッドが狭いことが多いです。

 

また、ユーロドルは世界一取引量が多い通貨ペアのため、トレンドが発生しやすく、取引も成立しやすいです。

 

スキャルピングを行うのに向いた通貨ペアといえるでしょう。

 

ポンド円(GBP/JPY)

最後におすすめする通貨ペアがポンド円になります。

 

ポンド円は価格変動が激しい通貨ペアです。値動きが激しいポンド円は短時間でレートの変動がしやすいです。

 

そのため、スキャルピングでの利益を得やす通貨ペアとなります。

 

FXスキャルピングをする時に気にするべき経済指標

FXスキャルピングで気にすべき経済指標

FXでスキャルピングを行う際は、テクニカル分析を意識しがちです。

 

しかし、重要な経済指標の発表時などは、大きな価格変動が起きやすいです。

 

あまり、ファンダメンタルズ(金利や経済指標)は意識していないという方も、下記のような重要な経済指標は把握しておくとよいでしょう。

 

  • 米国雇用統計
  • GDP
  • FOMC

 

それぞれの発表日も記しますので、カレンダー登録して確認漏れがないようにしましょう!

 

米国雇用統計

発表日:毎月第一金曜日

発表時間:夏時間 日本時間21:30 冬時間 日本時間22:30

 

言わずと知れた最重要経済指標です。

 

米国は日本と比べリストラしやすいです。その、景況感をリアルタイムで反映しており、個人消費にも大きな影響を与えます。

 

雇用統計の発表後は一瞬にして1円=100pips以上の値動きがおこることもあります。

 

米国GDP

発表日:毎月下旬

 

一定期間内に米国内で生み出された剤とサービスの付加価値の総額になります。

 

最もインパクトの大きい速報値は1・4・7・10月となっており、注目度も市場に与える影響度も非常に大きい経済指標です。

 

多くの項目で構成されていますが、実質GDPが最も注目度が高く、個人消費やGDPデフレーターなどにも注目が集まります。

 

FOMC

発表日:年8回 6週間ごと

 

経済指標とは異なりますが、米国のFOMC(連邦公開市場委員会)は重要な金融政策のひとつです。

 

米国の中央銀行であるFRBが定期的に開く会合で約6週ごとに年8回、2日間にわたって開催されます。

 

政策金利の変更や、声明文の内容により、大きく為替レートが動くため注目しておく必要があります。

 

FXスキャルピングでおすすめのFX会社

FXスキャルピングのおすすめFX会社

FXでは、スキャルピングが禁止されている会社もあるため、会社選びは非常に重要です。

 

ここでは、FXでスキャルピングをするにあたり、おすすめの会社をお伝えしていきます。

 

 

なお、DMM FXでのスキャルピングについては下記の記事をご覧ください。

 

セントラル短資FX

最低取引単位:全通貨ペア1,000通貨

スプレッド(原則固定、例外あり):米ドル/円0.1銭~ ユーロ/円0.4銭~

※市場の流動性低下時(国内外の休日、主要経済指標の発表時、天災地変、その他突発的事象の発生時)などには、一時的にスプレッドを上記値より拡大する場合があります。
引用:セントラル短資FX

 

セントラル短資FXはスキャルピングを公認しているFX会社。

堂々とスキャルピングを行えます。

 

セントラル短資FXは初心者でも使いやすいツールを用意してあるFX会社です。

スマホアプリの操作性も抜群なので、FX初心者や少し慣れてきた人に合っているでしょう。

 

短期トレードを始めたい人におすすめです。

 

>>セントラル短資FXで口座を開設する

 

GMOクリック証券

最低取引単位:原則10.000通貨

スプレッド(原則固定):米ドル/円0.2銭 ユーロ/円0.5銭 ポンド/円1.0銭

 

 

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスキャルピングで利益を出しやすい会社です。

また、大量注文しても、スプレッドが原則固定なことも魅力の一つです。

 

>>GMOクリック証券で口座を開設する

 

FXプライムbyGMO

最低取引単位:1.000通貨

スプレッド:米ドル/円0.3銭※1.2 ユーロ/円0.6銭※1 ポンド/円1.1銭※1

※1 時間帯によりスプレッドが異なります
※2 1取引あたり50万通貨超は0.6銭

 

スキャルピング公認の会社です。

 

約定力が高く価格が乱高下している時でも安定して取引が行えることも魅力の一つです。

 

また、1.000通貨単位からの少額取引が行えるため初心者の方も始めやすい会社と言えます。

 

>>FXプライムbyGMOで口座を開設する

 

MATUIFX

最低取引単位:1通貨

スプレッド(原則固定):米ドル/円0.2銭 ユーロ/円0.5銭 ポンド/円1.1銭

 

なんと最低取引単位が1通貨の会社です。

 

100円から取引することができるため、資産が少ない方やまだ本格的にFXを行うのに不安がある方も少額で試すことができます。

 

スマホアプリでもすぐに売買できるスピード注文機能も実装されており、自宅にいなくてもスマホ一つで本格的にFXを行うことができます

 

>>MATUIFXで口座を開設する

 

スキャルピングでよくある質問

FXスキャルピングに関するよくある質問

ここでは、スキャルピングに関連してよくある質問とその答えを取り上げます。

 

質問① 初心者でもFXのスキャルピングで稼ぐことはできますか?

スキャルピングはFXのトレード手法の中でも難易度が高いです。スキャルピングで利益をだすためには、相場分析の能力や経験がどうしても必要となります。

そのため、初心者ですぐにスキャルピングで稼ぐというのは難しいかもしれません。

 

しかし、スキャルピングは経験を積むにはもってこいの手法です。まずは、勉強や経験のために少額から開始できるFX会社を利用するとよいでしょう。

 

質問②おすすめのFXの手法を教えてください。

ボリンジャーバンドや指数平滑移動平均線(EMA)を使用した手法が良いでしょう。

 

ボリンジャーバンドは相場の過熱感を知るために使用し、指数平滑移動平均線はトレンドの発生にいち早く対応したい場合に有効です。

ボリンジャーバンドでは±3σにを超えるような値動きがあった時が、エントリーポイントです。

 

指数平滑移動平均線(EMA)は、短期EMAが長期EMAを上に突き抜けた時が「買い」、下に突き抜けた時が「売り」のエントリーポイントとなります。

 

両方を組み合わせ、ボリンジャーバンドで抵抗ラインを見極め、短期EMAが長期EMAを突き抜けたときにエントリーするなど組み合わせることでより精度が上がります。

 

質問③スキャルピングで口座凍結をされることはありますか?

FXのスキャルピングでは、口座凍結の可能性はあります。

スキャルピングで口座凍結される理由としては、

  • カバー取引が間に合わない
  • サーバーに負荷がかかりすぎる

この2点であることが多いです。

 

口座凍結を防ぐためには、カバー取引が間に合わなくなるような短期間で大口の取引を行わない、サーバーに負荷がかかるような取引が集中する時間帯に短期間で過度な取引を行わない等の対策が必要です。

また、口座凍結された時のために複数のFX口座を持っておくというのも重要な対策になります。

 

FXスキャルピングの理解に役立つ書籍

FXでスキャルピング始めるにあたり、トレード手法やコツを身につけていくことは非常に重要です。

 

基礎をしっかりと身につけ利益を得られるようになっていきましょう。

 

おすすめの書籍を5冊ほど紹介しますので、ぜひご一読ください。

 

世界一わかりやすい! FXチャート実践帳〈スキャルピング編〉 

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方) 

最強のFX 1分足スキャルピング 

 マーケットの魔術師 米トップトレーダーが語る成功の秘訣 (ウィザードブックシリーズ) [ ジャック・D.シュワッガー ]

予測の達人が教える 経済指標の読み方

 

特に1番最初におすすめした『世界一わかりやすい!FXチャート実践長〈スキャルピング編〉』は、スキャルピングに最適な通貨ペアや売買タイミングを詳しく教えてくれる良書です。

 

スキャルピングで稼ぐための基礎がしっかりと身につくことでしょう。

 

まとめ

今回は、FXのスキャルピングについて取り上げてきました。

 

  • スキャルピングのメリット
  • スキャルピングのデメリット
  • スキャルピングのコツ
  • スキャルピングの手法
  • スキャルピングにおすすめの通貨ペア
  • FXスキャルピングをする時に気にするべき経済指標

 

など、スキャルピングを始めるうえで重要なことがある程度ご理解いただけたかと思います。

 

知識を得たら、あとは実践あるのみです。

 

ぜひ、これを機にFXのスキャルピングをはじめてみてはいかがでしょうか。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

現在おすすめのカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

FXの関連記事

セントラル短資FXの特徴・評判!FX極めたい短期トレーダーにおすすめ

DMMFXはスキャルピング禁止?公式見解と口座凍結されない賢い運用方法

DMM FXのキャンペーン情報!口コミ評判やメリット・デメリット徹底解説

FXのキャッシュバックキャンペーンで稼ぐ方法!お得な9社全紹介

YJFXのキャンペーンを攻略してお得にFXを始めよう!裏ワザも合わせて紹介

外為オンラインの無料デモトレードで本格FX体験!徹底使い方ガイド

お金を増やす5つの方法!資産運用や投資、FXで資産を30倍に増やそう

FX会社おすすめ比較!失敗しないFX会社の選び方

FX口座は複数所有すべき!メリット・デメリットや100%役立つ管理方法

お金を借金以外で作る方法!10万円20万円50万円100万円200万円を明日までに作る方法を徹底解説

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k*****t様が
    800万円を調達しました。

  • p****l様が
    1100万円を調達しました。

  • w***i様が
    1100万円を調達しました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング