閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

プロパー融資の審査で重視されるポイント7つ!銀行融資を受けるには

資金調達はすべての企業にとって最も重要な課題といっても過言ではありません。資金調達手段として最も伝統的な手法がプロパー融資(銀行融資)です。

プロパー融資の審査で見られるポイント

ご存じの方もいるでしょうが、銀行からの融資には信用保証協会の保証の有無によって「プロパー融資」と「信用保証協会保証付融資」に分かれています。

 

この記事では、前者のプロパー融資について詳しく解説していきます。信用保証協会保証付融資について知りたい方には下記の記事がおすすめです。

 

 

なお、プロパー融資と信用保証協会保証付融資のどちらを受けるべきか迷っている人は、このままこの記事を読み進めることをおすすめします。
プロパー融資の審査を受けるうえで重要な基本知識(特徴やメリット・デメリット)も合わせて解説しているからです。

 

すでに基本情報を押さえている人は1~3章をおさらい程度にさらっと読むか、もしくは目次から知りたい情報へジャンプしてください。

 

すべて読み終えればプロパー融資の審査に受かる可能性を高められます。ぜひ、参考にしてください。

 

また、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

1. プロパー融資とは

 

プロパー融資の審査基準についてご説明する前に、まずは基本情報を正しく理解しておきましょう。
審査を受ける前にどのような資金調達方法なのかを理解することが重要です。

 

プロパー融資とは、信用保証協会を通さずに信用保証協会の保証を受けない融資を指します。

 

ちなみに信用保証協会の保証が付く場合は保証付融資と呼ばれています。

 

プロパー融資は企業や個人と銀行の間で契約が締結され、企業の財務状況や業績、担保の有無などをもとに融資の上限額や金利、貸付の期間などが決定されます。

 

一般的に創業してすぐのスタートアップやベンチャー企業はプロパー融資を受けることが難しく、業績が長く、実績のある企業のみがプロパー融資を受けられます。

 

以下の記事ではプロパー融資の基本情報をさらに詳しく解説しています。

 

 

続いて、プロパー融資のメリット・デメリットを解説していきます。

 

2. プロパー融資のメリット

 

次に、そもそもプロパー融資にはどのようなメリットがあるのかを理解しておきましょう。メリットを理解しておけば、審査基準が厳しい理由がわかると思います。

 

プロパー融資は企業の資金調達方法として最も伝統的な方法です。多くの企業が活用しているということはそれだけ多くのメリットがあるということです。

 

信用保証協会の保証付き融資と比較したプロパー融資のメリットは以下のとおりです。

 

  1. 保証料が不要
  2. 融資の上限額がない
  3. 信用力が向上する
  4. 審査が迅速

 

それぞれのメリットについて詳しく解説します。メリットを理解したうえで、プロパー融資を活用しましょう。

 

プロパー融資のメリット1.保証料が不要

プロパー融資は保証料を支払う必要がありません。

 

何度も言いますが、プロパー融資と比較されるのが信用保証協会の保証付き融資です。

 

信用保証協会の保証付き融資は債務者が融資の返済ができなくなったときには債務の80%を信用保証協会が立て替えてくれるという制度です。信用保証協会の保証が付くことで銀行の融資審査に通りやすくなります。

 

しかし、債務者はタダで保証を付けてもらえるわけではありません。信用保証協会に対して保証料を支払うことによって保証をつけてもらいます。

なお、保証料は企業の財務状況や業績などによって異なります。

 

一方のプロパー融資では、保証を付けてもらわない分、保証料を支払う必要がありません。信用保証協会の保証付き融資と比較すると債務者の金銭的負担が軽減される点がメリットであると言えます。

 

プロパー融資のメリット2.融資の上限額がない

プロパー融資には融資の上限額がありません。

 

一方で信用保証協会の保証付き融資の場合には融資額に上限があります。基本的には無担保の場合には8,000万円、担保を含める場合には2億円となります。

 

無担保の融資と担保を含む融資を合わせると2億8,000万円が融資の上限額となっています。したがって、2億8,000万円以上の資金調達を必要としている場合には必要額を満たすことができません。

 

1企業の保証限度額はいくらですか?
1企業に対する保証の限度額は合計で2億8千万円(普通保証2億円、無担保保証8千万円)です。また、組合の場合は4億8千万円(普通保証4億円、無担保保証8千万円)です。
なお、都・区市町制度についてはそれぞれ融資要項で限度金額が決まっています。

引用:東京信用保証協会「保証利用について

 

片やプロパー融資には、前述の通り上限額がありません。企業が必要としている資金調達を希望することができます。

 

ただ、融資の審査に通るかどうかは別の話です。希望する額の融資を申し込むことができますが、企業の財務状況や業績、自己資本などを考慮して、信用力が不足していると判断されると、必要な金額を調達できない場合があります。

 

プロパー融資のメリット3.信用力が向上する

金融機関からの信用力が高くなることもプロパー融資のメリットです。企業の信用力はポイント制のようなものであり、融資の返済実績を積むほど信用が蓄積されていくからです。

 

金融機関が企業の信用力を判断する際には財務状況や業績や業歴だけではなく、過去の融資の返済実績も判断材料にします。プロパー融資を受けて、返済することができた場合は信用力が補強されます。

 

したがって、一度プロパー融資を受けるだけで次の融資が受けやすくなるのです。

 

ただし、返済ができなかったり返済が遅れてしまったりした場合は悪い実績として記録が残ります。信用力が低下してしまうので注意してください。プロパー融資は確実に期限通りに返済するようにしましょう。

 

プロパー融資のメリット4.審査が迅速

プロパー融資は信用保証協会の保証付き融資と比較して、審査が迅速に行われるというメリットがあります。

 

信用保証協会の保証付き融資の場合は金融機関の融資審査に加えて、保証協会の保証の審査も必要になります。審査をする機関が2つあるので、その分だけ審査にかかる時間も長くなってしまいます。

 

一方のプロパー融資の場合は、金融機関の審査に通過すれば融資を受けることができます。

 

信用保証協会の審査に通過する必要がないので、信用保証協会の保証付き融資と比較すると審査にかかる時間が短縮されます。

 

緊急に資金調達が必要になった場合にはプロパー融資を受けることによって審査の時間が短縮し、迅速な資金調達が可能になることは大きなメリットです。

 

 

以上4つが信用保証協会の保証付き融資と比較したプロパー融資のメリットでした。

 

以下の記事では現役銀行員ライターが思うプロパー融資のメリットを解説しています。銀行員目線の情報もたっぷり掲載しています。合わせてご覧ください。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

さて、資金調達をする場合は、その資金調達手段のメリットだけではなく、デメリットについても理解したうえで活用することが重要です。次の章ではデメリットを解説していきましょう。

 

3. プロパー融資のデメリット

 

プロパー融資にデメリットがないわけではありません。プロパー融資にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

信用保証協会の保証付き融資と比較したプロパー融資のデメリットは以下のとおりです。

 

  1. 審査が厳しい
  2. 返済期間が短い

 

それぞれについて詳しく解説します。

 

プロパー融資のデメリット1.審査が厳しい

プロパー融資は信用保証協会の保証付き融資と比べると審査が厳しいというデメリットがあります。

 

金融機関は自社の利益を最優先し融資をしますので、確実に返済されると判断されなければ融資をしません。

 

信用保証協会の保証付き融資の場合には債務者が返済不能になっても保証が付いているので、金融機関も安心できます。しかし、プロパー融資は保証がないので厳格に審査をします。

 

具体的には、企業の業歴や業績、財務状況などを細かくチェックされます。詳しいポイントは後述しています。

 

一般的に業績の不十分なスタートアップ企業やベンチャー企業は融資を申し込んでも審査に落ちることが多いようです。もちろんすべてに当てはまるわけではありません。

 

プロパー融資は金融機関から見て、「お金を貸したい」と思えるような企業を中心に活用されているのが現状です。

 

プロパー融資のデメリット2.返済期間が短い

プロパー融資は信用保証協会の保証付き融資と比較すると返済期間が短いというデメリットがあります。

 

上述のように金融機関は自社の利益を最優先に考え、貸し出した資金が確実に返済されることを重要視しています。

 

金融機関としては融資している企業の業績が悪化して、資金の回収が困難になるという変動リスクを抱えているので、できるだけ早く資金を回収してリスクを最小限にしたいのです。

そのため、融資した資金の回収を急ぎます。

 

一方で、信用保証協会の保証付き融資であれば、融資している企業の経営変動リスクがあっても信用保証協会の保証がリスクをカバーしてくれます。したがって、金融機関としても返済期間を長めに設定しているのです。

 

 

4. プロパー融資で重視される審査の7ポイント

プロパー融資の審査ポイント

プロパー融資は信用保証協会付融資や政府系金融機関の融資と比べて、審査が厳しいと言われています。実際に融資を申し込んだ経営者が「融資を断られた」「門前払いにされた」という意見も散見されます。

 

銀行側は融資した資金が確実に回収されることを重要視しているという点は前述しました。したがって、確実に資金が返済される企業にしか融資をしません。

 

銀行は融資の申込みを受けたら、慎重に審査を行います。プロパー融資の審査に通過するためには事前に審査のポイントを押さえて、入念に準備しておきましょう!

 

具体的な審査ポイントは以下の通りです。

 

  1. 税引き後の当期利益
  2. 自己資本
  3. 融資希望額及び資金使途
  4. 銀行の担当者との関係性
  5. 担保や保証人の有無
  6. 事業計画書と資金繰り表の提出
  7. 業歴の長さ

 

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

審査ポイント1.税引き後の当期利益

プロパー融資の審査に通過するためには会社として利益を上げること重要です。

 

会社の利益として銀行が注目するのが税引き後の当期利益です。これは「最終利益」とも呼ばれ、企業の人件費や仕入れ代、設備費、税金などあらゆるコストを差入引いた後に企業の手元に残る利益です。

 

したがって、いくら売上が上がっていたとしてもコストがかさんでしまって、最終利益が小さいと不利になってしまいます。

 

反対に、税引き後の当期利益が十分にあれば企業の業績が好調であり、融資をしても十分な返済能力があるとみなされます。

 

融資の審査に通るために売上を上げたり、無駄なコストを削減したりして、税引き後の当期利益が手元に多く残るようにしましょう。

 

審査ポイント2.自己資本

プロパー融資の審査では自己資本の厚さも重要な判断要素です。

 

企業の資産は負債と自己資本で構成されています。

 

負債は他人資本とも言われるように将来的に返済する必要のある資金です。一方で自己資本は返済する必要のなりお金ですので、自己資本が多い企業であれば、安定性が高く、返済能力に問題がないと判断できます。

 

また、自己資本の量と同時に自己資本の比率も重視されます。
一般的には自己資本が資産に占める比率が30%を超えると自己資本が十分にあると判断されて、プロパー融資の審査に通りやすくなります。

 

自己資本は税引き後の当期利益の蓄積です。自己資本を厚くするためには本業の業績を改善し、利益が蓄積するようにしましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

審査ポイント3.融資希望額及び資金使途

融資希望額及び資金使途もプロパー融資の審査基準です。

 

プロパー融資に申し込む際には必ず「どれだけの金額を借りたいのか」「何にお金を使うのか」を確認されます。

 

融資の希望額は自社の業績や財務状況に照らして、適切な水準でなければなりません。返済能力を超えた融資額を希望しても審査に通過することは難しいでしょう。

 

また、資金使途についても詳しく説明することが重要です。
「運転資金として1,000万円融資してほしい」「設備資金として2,000万円貸してほしい」など明確に資金の使用用途を説明しましょう。

 

銀行は資金の使用用途に照らして、融資希望額が適切な水準かどうかも見ています。必要であれば、決算書や設備の見積書、発注書などを提出して、融資希望額及び資金使途の根拠を示しましょう。

 

審査ポイント4.銀行の担当者との関係性

プロパー融資では企業の業績や財務状況についても判断されますが、銀行とどれだけ良好な関係が築けているのかも重要なポイントです。

 

銀行員も一人の人間であり、機械ではありません。

 

銀行内で融資の審査をする際には企業の担当者が決裁権者に対して、融資の必要性や妥当性を説明します。
預金を預けていない、訪問しても留守にされる、銀行の提案に一切乗ってこないといった経営者のために、時間と労力を使って融資の手続きをしたいと思う銀行員は少ないでしょう。

 

資金が必要になったときに備えて、日頃から銀行の担当者に会社の状況について話したり、少額の融資を受けて、銀行取引を厚くするなど銀行と良好な関係を築けるように努めましょう。
そうすることでより良い条件で融資を受けられるかもしれません。

 

審査ポイント5.担保や保証人の有無

担保や保証人を提供することでプロパー融資の審査を有利にすすめることができます。

 

プロパー融資は信用保証協会の保証付き融資と異なり保証がないので、銀行にとって貸し倒れのリスクがあります。

 

しかし、融資金額をカバーできるだけの担保や十分な資金力のある保証人を提供することができれば、債務者が返済できなくても融資した資金を回収することができます。

 

企業の業績が必ずしも好調ではなく、財務状況に不安な点があっても担保や保証人がマイナス面をカバーしてくれます。

 

実務上では大きな金額が必要となり、返済期間が長い設備資金の場合には担保や保証人を付けることが多いようです。また、企業の経営者が企業の保証人となるケースも多いです。

 

審査ポイント6.事業計画書と資金繰り表の提出

プロパー融資の審査において事業計画書と資金繰り表を提出することが重要です。

 

事業計画書とは、事業内容や事業の運営方針、売上の見込みなどを説明するための計画書です。
資金繰り表とは、一定期間の現金の収入と支出、すなわち現金の収支を明らかにして、現金の動きや過不足を把握できる表を指します。

 

事業計画書と資金繰り表を提出することでどのような事業を経営しており、今後どれくらいの収益を見込めるのか、そして収益の中からどのようにして融資の資金を返済するのかを説明することができます。

 

これらの説明をすることで銀行に安心感を与えると同時に銀行の担当者が銀行内の融資の決裁権者に案件内容を説明する際の材料としても使えますので、担当者に大変喜ばれます。

 

審査ポイント7.業歴の長さ

業歴の長さはプロパー融資の審査項目の一つです。

 

業歴が長いほど事業が好調であるとみなされ、プロパー融資の審査に通りやすくなります。反対に、創業間もないベンチャー企業やスタートアップ企業は審査に通過することが難しくなります。

 

銀行は融資した企業が倒産して資金が回収できないという事態を最も恐れています。

 

一般的に業歴が5年以上あると実績と信頼性が認められ、審査の通過率が上昇すると言われています。

 

業歴の短い企業は後述する日本政策金融公庫の融資制度やほかの資金調達手段を活用して資金を調達し、5年以上経過したらプロパー融資に申し込んでみましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

5. プロパー融資の審査の流れ

プロパー融資の流れ

プロパー融資を受けたことのない中小企業の場合、どのような手順を踏めばよいのか分からないという人も少なくないでしょう。

 

金融機関の方から融資の提案を受ける場合にはスムーズに進みますが、企業側から融資の申込みをする場合は様々なステップを踏む必要があります。

 

プロパー融資の審査の流れは以下のとおりです。

 

  1. 融資の申し込みをする
  2. 必要書類の提出
  3. 銀行の担当者との面談
  4. 審査
  5. 融資の実行

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

審査の流れ1.融資の申し込みをする

プロパー融資に申込みをする場合には、企業側から銀行に申し込む場合と銀行から企業に提案をする場合の2つの方法があります。

 

銀行から提案する場合は銀行側が融資をするつもりでいるので、融資の審査に通りやすいです。

会社に定期的に訪問している銀行の担当者に相談することでスムーズに融資の手続きが進みます。提案を受けたら、あとは銀行の担当者の依頼どおりに進めていきましょう。

 

企業側から申し込む場合は銀行の窓口に直接行って申し込みをします。銀行側も融資の受付の準備作業がありますので、申込の前に事前に電話などで連絡を取っておきましょう。

 

融資の申込から実行まで2~3ヶ月程度かかると言われているので、融資実行のタイミングを考えて申し込みをしましょう。

 

審査の流れ2.必要書類の提出

定期的に会社に訪問している銀行の担当者から融資の提案を受けた場合は必要な書類についても教えてくれます。

 

しかし、企業側から融資の申込をする場合や新規の融資の申込の場合には必要書類を持参して支店に訪問する必要があります。一般的に必要な書類は以下のとおりです。

  • 決算書類(最新3期分)
  • 最新の試算表
  • 税務申告書(最新3期分)
  • 納税証明書
  • 資金繰り表
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社のホームページや製品カタログの写し
  • 登記事項証明書(担保を差し入れる場合)
  • 見積書・売買契約書(設備投資の場合)

 

これらの必要書類のほかにも個人事業主か法人か、運転資金か設備投資か、短期か長期かによって必要な書類が変わりますので、銀行の支店を訪問する前に必要書類について問い合わせをしましょう。

 

 

審査の流れ3.銀行の担当者との面談

用意した必要書類をもとに銀行の担当者との面談が行われます。

 

面談では書類だけではわからない経営者の人柄や力量、将来のビジョンなども確認されます。

 

具体的には、銀行の担当者から以下のような内容を質問されます。

  • 創業のきっかけ
  • 事業内容
  • 事業計画
  • 資金繰りの状況
  • 自己資金の多寡
  • 融資資金の使用用途
  • 返済原資

 

特に事業内容や業績の推移、予測などについては詳しく聞かれます。自社の財務状況や事業については何を聞かれても答えられるように準備しておきましょう。

 

また、面談は銀行の担当者とリレーションを構築するチャンスでもあります。

 

担当者は銀行の窓口となって社内稟議の作成や決裁権者との調整などを行ってくれる大切な存在です。良い印象を与えられるようにしましょう。

 

審査の流れ4.審査

銀行の担当者との面談が終わると銀行内で審査が行われます。必要書類を銀行の担当者が精査して融資の決定を下します。

 

銀行の書類は複雑で数も多いので、不備がないように気をつけましょう。もし書類に不備があれば担当者から連絡が来るので、早急に提出しましょう。
審査の段階で融資の金額や金利、返済期間などについて銀行と交渉することになるかもしれません。

 

最近ではマイナス金利政策の影響で銀行の経営環境が厳しくなっているので、金利の引き上げをお願いされる可能性があります。

 

特に初めて融資を申し込む企業の場合は高めの金利が設定されることが多いです。
また、不動産担保や保証人を差し入れる場合には担保や保証人の審査も行われるので、審査期間が長くなることを覚悟しておきましょう。

 

審査の流れ5.融資の実行

銀行の融資審査に通過すると銀行の担当者から連絡がきます。融資に関する契約書に署名をすると融資が実行されます。

 

融資された資金は銀行の当座預金に振り込まれます。一般的に融資を申し込んでから融資が実行されるまでは1ヶ月程度かかります。

 

さらに、必要書類に不備がる場合や融資希望額、金利、返済期間などの貸付条件で銀行と交渉する場合はさらに時間がかかります。

 

融資の申込をしたら、すぐに借入金が振り込まれるわけではないので、資金が必要になる前に融資の申込をするようにしましょう。
1回目の融資の申込から実行まではこのような流れで進みますが、一度融資を受けて返済した実績を作れば、次回以降の融資の審査期間は短縮されます。

 

銀行や貸付条件にもよりますが、最短で1~2週間程度で融資の審査に通ると言われています。

 

6. プロパー融資の審査前に利用できる相談先

融資に関する相談先

ここまで融資の審査のポイントや流れを解説しました。

 

すべて読んで「ハードルが高い」と感じた方もいるのではないでしょうか?

 

実はそのとおりで、すべてのポイントを押さえることは容易では有りません。経営者は仕事のプロかもしれませんが、融資のプロではないからです。

 

また、融資の基準を満たしていると思っていても審査に落ちてしまうことは珍しいことではありません。

 

資金調達が必要な中小企業の経営者にとっては融資の審査に通らないことは経営上の重要な課題です。

 

より確実に融資の審査を通したい人は、審査に関する悩みや不明点などを所定の機関に相談するのも手です。
専門家に相談することで問題を発見・解決し、融資を受けられることも珍しくありません。

 

ここからはプロパー融資の審査通過に役立つ3つの専門機関をご紹介します。

 

  1. 税理士
  2. 全国銀行協会相談室
  3. 商工会議所

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

相談先1.税理士

プロパー融資に関する相談をする際に一番最初に思いつくのは税理士でしょう。

 

この場合の税理士とは自社の財務や経理を担っている税理士を指します。

 

税理士であれば、自社の財務状況を把握していますし、税理士が担当している他の企業の例などを参考に融資の審査のポイントについて相談に乗ってくれます。

 

また、自社に税理士がいない場合には外部の税理士を頼ってみるのもいいでしょう。

 

税理士であれば、事業計画書や資金繰り表の作成を手伝ってくれますし、銀行との独自のコネクションがある税理士もいます。

 

銀行との交渉経験が豊富な税理士に依頼すれば、金利や返済期間などの貸付条件の交渉も行ってくれます。
一方で税理士に依頼する場合には別途報酬が発生することに留意しましょう。相場としては1時間1万円程度です。

 

相談先2.全国銀行協会相談室

全国銀行協会は「全銀協」とも呼ばれており、「銀行の健全な発展を図り、経済の成長と国民生活の繁栄に寄与すること」を目的にしています。国内の都市銀行や信託銀行、地方銀行など民間銀行のほとんどが加盟しています。
全国銀行協会には「中小企業向け融資に関する相談窓口」が設けられており、完全無料で電話または面談で中小企業向け融資に関する相談ができます。

 

元銀行員や現役の銀行員が無料で相談に乗ってくれるので、中小企業にとっては心強い味方です。

 

また、融資だけではなく、外貨両替・外国送金、手形・小切手の決済や、銀行で販売した公共債・投資信託、保険などに関する相談のほか、銀行業務に関する苦情や要望を受け付けています。

 

銀行に関する相談であれば何でも受け付けてくれる専門機関です。

 

⇒一般社団法人全国銀行協会「中小企業向け融資に関する相談窓口

 

相談先3.商工会議所

商工会議所とは非営利の経済団体であり、商工会議所法に基づき、地域経済の発展や地域の企業の発展のために一定地域の商工業者によって組織される公益経済団体です。会員制の組織であり、全国に500以上の拠点を持っています。

 

商工会議所では弁護士、税理士、社会保険労務士、弁理士、コンサルタントなどが経営に関する相談を無料を行ってくれます。

 

地域の個人事業者や中小企業に対して、経営相談などにも乗っており、融資に関しても相談に乗ってくれます。

 

また、政府系金融機関の無担保・無保証融資の相談・斡旋や地方自治体の制度融資の相談も受け付けているので、資金調達に困ったらとりあえずお近くの商工会議所に相談してみるのもいいかもしれません。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

7. プロパー融資の審査に落ちたら日本政策金融公庫の融資を利用しよう

 

プロパー融資の審査に落ちたら日本政策金融公庫の融資を利用することをおすすめします。

 

はじめて融資を受ける場合やスタートアップ企業やベンチャー企業のように業歴の浅い企業にとって民間の金融機関のプロパー融資を受けるハードルは高いと言われています。

 

プロパー融資は融資の審査が厳しく、「信用力がない」と判断されると融資を受けられないためです。

 

しかし、日本政策金融公庫の融資であればプロパー融資の審査に落ちてしまった企業であっても融資を受けやすいと言われています。

 

プロパー融資の審査に落ちたからといって諦めないで日本政策金融公庫の融資制度を活用しましょう。

 

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫は「公庫」もしくは「日本公庫」とも呼ばれている政府が100%出資している政府系の金融機関です。
2008年に国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行が統合して設立されました。

 

株式会社日本政策金融公庫法に基づいて設立されており、その目的は「国民一般、中小企業者、農林水産業者の資金調達を支援する」ことです。

 

経済の活性化を目的としているので、ベンチャー企業などの業歴の浅い企業や新規創業支援など民間の金融機関が融資を躊躇うような場合でも積極的に融資をしてくれます。

 

 

日本公庫の特徴は以下のとおりです。

 

特徴1.融資審査が厳しくない

日本政策金融公庫の融資は審査基準が厳しくないことが特徴です。

 

通常の銀行のプロパー融資の場合は財務状況や業績、返済実績、他の金融機関からの借入状況を審査して、融資の決定が下されます。したがって、創業間もない企業や返済実績のない企業は審査に通ることが難しいのが現実です。

 

しかし、日本政策金融公庫は「創業融資」と呼ばれる創業時から利用できる融資制度も存在します。こちらは返済実績などにかかわらず融資を受けられます。

 

民間の金融機関のプロパー融資と比べて確実に融資の難易度が低く、融資を断った金融機関から日本政策金融公庫の融資制度の利用をすすめられることもあるようです。

 

実際に民間の金融機関のプロパー融資で融資の審査に通らなかったものの日本政策金融公庫ではあっさりと通過したという事例もあります。

 

一方で、日本政策金融公庫であっても融資の審査は存在し、融資を断れることはありますので、甘く見すぎないようにしましょう。

 

 

特徴2.金利が低い

日本政策金融公庫は比較的低金利で融資をしてくれます。

 

日銀のマイナス金利政策の影響で民間の金融機関の貸出金利も低下していますが、それでも初めて融資する企業に対する金利は高めに設定されています。
金利はリスクの対価ですので、返済実績がなかったり、業歴の浅い企業に対する金利を高く設定するのは当然のことです。

 

しかし、日本政策金融公庫は政府系の金融機関ですので、民間の金融機関でも有利な金利条件で融資をしてくれます。

 

融資実行時の金融市場や事業者によって金利は変動しますが、1~3%程度の金利で融資を受けることができます。

 

また、若者、シニア、女性の場合には特別な低金利が用意されている場合があり、さらに金利面で優遇されることもあるようです。
金利が高いと、たとえ資金調達に成功してもその後の経営に大きな負担となりますよね。低金利は借り手とって大変ありがたい話です。

 

 

特徴3.信用力が向上する

日本政策金融公庫から融資を受けることで信用力を向上させることができます。

 

日本政策金融公庫から融資を受けて、しっかりと返済した実績を作ることで返済実績を作ることができます。

 

借入と返済を繰り返すことで企業の信用力が向上しますので、日本政策金融公庫から融資を受けると、民間の金融機関の融資の呼び水のような役割を果たし、次回以降は民間の金融機関から融資を受けやすくなります。
民間の金融機関の場合は返済実績がないと新規の融資を受けることが難しいのが現実です。

 

しかし、一度民間の金融機関から融資を断られても、一旦日本政策金融公庫から融資を受けることで次回は借りられたという事例もあります。

 

つまり、日本政策金融公庫から融資を受けることで次回以降は民間の金融機関から融資を受けやすくなるので、資金調達方法の選択肢が増え、倒産リスクを下げることができるのです。

 

特徴4.無担保・無保証

日本政策金融公庫から融資を受ける場合は担保や保証人を差し入れなくても融資を受けることができます。

 

一般的に民間の金融機関のプロパー融資を申し込むと不動産などの担保や経営者保証を求められるケースが多いようです。

 

しかし、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を利用した場合は基本的に無担保・無保証で融資を受けることができます。

 

万が一、経営がうまく行かずに融資の資金を返済できない場合でも会社の資産や経営者個人の資産を守ることができます。

 

プロパー融資の場合は担保や保証人の資産の喪失を恐れて、融資の申込を躊躇ってしまう場合がありますが、日本政策金融公庫の融資であれば、躊躇うことなく融資を申し込むことができます。

 

特徴5.返済期間が長い

日本政策金融公庫から融資を受ける場合は返済期間が長くなる傾向にあります。

 

民間の金融機関のプロパー融資を利用する場合には返済実績が乏しかったり、業歴が短くて「信用力がない」と判断されると返済期間が短く設定されます。

 

返済期間が短いとせっかく資金調達ができても資金調達後の経営が圧迫され、経営に支障をきたします。

 

しかし、日本政策金融公庫の融資制度であれば、返済期間を5年以上20年以下から選ぶことができます。
万が一経営がうまく行かなくなった場合には減額申請が認められていますので、毎月の返済金額を減額し、返済期間をさらに長くすることができます。

 

このように日本政策金融公庫から融資を受ける場合には返済期間に余裕をもてるので、事業を軌道に乗るまでは余裕が持てます。資金需要の高い中小企業やベンチャー企業にとってはありがたい融資制度です。

 

以下の記事では日本政策金融公庫の仕組みや特徴を解説しています。プロパー融資に落ちてしまった人、またはプロパー融資の審査が通らなさそうな事業者は一度ご確認ください。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

まとめ

プロパー融資の審査ポイントや流れ、メリット・デメリットなどの基本情報を解説しました。簡単におさらいしましょう。

 

プロパー融資は多額の融資を受けることができ、信用保証協会の保証料がかからないというメリットがあるので、資金調達が必要な企業にとっては大きなメリットです。

 

一方で審査基準が厳しく、返済期間も短いので、融資のハードルは高めです。

 

プロパー融資の審査に通過するためには税引き後の当期利益や自己資本などの財務状況に注意しましょう。もし、審査に関して不安なことがあれば税理士や商工会議所などの専門家に相談しましょう。

 

それでも審査の通過が難しいようであれば、日本政策金融公庫の創業融資など比較的ハードルの低い融資制度の利用を検討してみてください。

 

この記事を参考にプロパー融資の審査に通過して、資金調達に成功し、会社の業績を向上させましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

 

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

【資金調達プロ】shikin-pro.com PR動画(Youtube)


関連リンク:資金調達プロ(YouTube)

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram
□ 資金調達プロのFacebook
□ 資金調達プロのnewspicks
□ 資金調達プロのAmebaブログ
□ note|資金調達プロ

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集
ビジネス関連|ニュースサイト一覧
労働問題の解決に役立つサイト一覧
上場・IPO・証券取引関連情報
お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧
公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧
中小企業・起業に役立つサイト一覧
官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)
日本政策金融公庫の関連サイト一覧
日本政策金融公庫
クラウドファンディング協会
信用保証協会
日本信用情報機構(JICC)
CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
全国銀行個人信用情報センター
金融庁
中小企業庁
日本弁護士連合会
フリーランス協会
一般社団法人 全国銀行協会
一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人日本クレジット協会
JCCA 日本クレジットカード協会
JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

The following two tabs change content below.
運営事務局

運営事務局

2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。
JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/02 05:00
    無料診断がされました。
  • 08/01 21:00
    無料診断がされました。
  • 08/01 20:51
    無料診断がされました。
  • 08/01 18:36
    無料診断がされました。
  • 08/01 18:33
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(192件)

1 2 3 4 5 38

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,456件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる