お金が貯まる?人気のキャッシュレスサービスを徹底解説!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/1/11

資金調達プロの人気記事  NEW

キャッシュレスでお金を貯める

 

2020年以降、現金取引からスマートフォン決済などを中心とした『キャッシュレス化』が進んでいます。

 

キャッシュレスサービスの要となるのが、「スマートフォン決済」ですが、スマートフォン決済は現金を必要としないキャッシュレス決済の一種です。

キャッシュレスのメリットは、非接触で取引ができること。このような時代、自分の身を守るためにもキャッシュレスを活用するのがベストなのは言うまでもないこと。

 

またキャッシュレスは、衛生面だけで無く「お金を貯める」「お金を増やす」「お金を作る」という意味でも重要なキーワードに。

 

この記事では「キャッシュレスでお金を貯めるお得ワザ」と題して、人気のキャッシュレスサービスを徹底調査しました。

キャッシュレスでポイ活しているというアナタ、お金を貯めたいアナタは必見ですよ!

 

お金がない時にオススメ!お金を増やす裏ワザ30選!

 

この記事を書いた専門家(アドバイザー)

Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

Twitter

フリーランスのスキルアップ&収入アップに繋がる国家資格一覧

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

ビジネスパーソンが参考にしたい!金融WEBメディア

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在のおすすめカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

キャッシュレスとは?

 

キャッシュレスとは、簡単に言うと「現金以外の手段で支払いをすること」です。

クレジットカードでの支払い、ICカードでの電車乗車、銀行口座からの税金や保険料の引き落としなどは、すべてキャッシュレス決済の一例です。

 

キャッシュレス決済は意外にも、古くから存在し、私たちの日常生活の中で利用されています。

海外では、近距離無線通信規格であるNFCを搭載したクレジットカードが普及しており、決済端末にカードをかざすだけで支払いが完了するタッチ決済が主流となっています。

 

キャッシュレスサービスでお金を増やすコツ

 

キャッシュレス決済の魅力のひとつは、PayPay、WAON、nanacoなどのサービスを利用すると、利用金額に応じてポイントが貯まることです。

このポイントは請求書の支払いに使ったり、商品と交換したりすることができるので、家計の助けにもなります。

また、クレジットカードから電子マネーにチャージすれば、カード会社のポイントも貯まりますので、ポイントの二重取りも可能です。

 

キャッシュレスサービスの種類

 

スマートフォンでの支払いには、大きく分けて「タッチ決済」と「コード決済」の2種類があります。

「タッチ決済」は非接触チップを搭載したスマートフォンが必要で、「コード決済」はアプリケーションをダウンロードすればどんなスマートフォンでも利用できます。

 

キャッシュレスサービスが普及した理由

 

2020年の春以降、非接触で取引出来るよう、以前にも増してキャッシュレスサービスを利用する方が増えました。

また2020年までの動きをみると、マイナカードやマイナカードキャンペーン、キャッシュレス推進事業などの働きも、キャッシュレスサービスを普及させる基盤をつくりました。

 

キャッシュレスを推進する消費者還元事業は2020年6月末で終了したため、コード決済アプリの魅力は薄れてしまいましたが、各社ともさまざまなキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの一例ですが、特定のお店で利用したり、一定の条件を満たすと大量のポイントが付与されます。

 

このため「ポイ活」を実践中の方には「キャッシュバック還元率の高さ」で人気の高いキャッシュレスサービス、キャッシュレスと紐付くクレジットカードを登録する動きが増えています。

 

日本におけるキャッシュレスサービスのこれまで

 

2021年現在も経済産業省は、キャッシュレス決済の普及を推進しています。

 

過去 消費税率が10%に引き上げられたことを受けて、登録加盟店でキャッシュレス決済を行うと、購入金額の2%(コンビニエンスストアなどのフランチャイズチェーン店)または5%(中小企業の事業所)相当のポイントが還元される「ポイント還元制度」が実施されました この施策により、キャッシュレス決済の普及が促進されたと言われています。

 

政府の支援やキャッシュレス決済事業者のキャンペーンなどにより、キャッシュレス決済に対応する店舗は増加していますが、キャッシュレス決済に対応していない店舗もまだ多く存在します。また「セキュリティへの不安やリスク感が強い」「設備投資コストが高い」「取り扱いが煩雑」などの理由から、キャッシュレス決済の導入に消極的な店舗も少なくありません。

 

キャッシュレスサービスのおすすめ比較

 

ここからは、国内で人気の高いキャッシュレスサービスを順に解説します。

 

d払い(NTTドコモ)

 

d払いは 銀行口座やクレジットカードの設定をするのが面倒な方におすすめです。電話回線がドコモの場合、「d払い」(毎月の電話代が加算されること)が利用できます。

 

通常の還元率は05%(Am2onなどのネットショッピングは1%)ですが、dカードと連携させることでさらに1%の還元率になります。また、還元率アップのキャンペーンを頻繁に行っているのもd払いの魅力です。

 

LINE Pay

 

スーパーマーケット、コンビニエンスストア、飲食店、家電量販店など、全国230万店以上の店舗で利用できるLINE Payは、LINEのスマートフォン決済アプリで、スマートフォンに表示されるバーコードやQRコードを利用して、現金を使わずにお買い物ができるキャッシュレス決済サービスです。キャンペーンなどを利用すればポイントも貯まるので、現金やクレジットカードで支払うよりもお得です。

 

メルペイ

 

メルペイは、株式会社メルペイが提供するキャッシュレス決済サービスで、全国のコンビニエンスストアや飲食店などの加盟店で「メルカリ」アプリを使って利用することができます。

メルペイは、メルカリの売上を決済に使えるサービスですが、メルカリユーザーだけのものではありません。アプリ内ではキャッシュレスサービスのiDを使うこともできます。

 

サービス利用料は無料。メルカリの売上金を、指定の銀行口座に振り込んで現金を得ることなく、電子マネーとして利用することができます。

加盟店での支払い方法には、「コードによる支払い」と「iDによる支払い」があり、これらの方法はいずれもスマートフォン1台で決済できるため、お財布代わりにも便利です。

 

さらにメルペイのコード決済では、お店でスマホに表示されたコードを読み取るか、お店に置かれたコードをアプリで読み取って決済を行います。このためお財布から小銭を出す必要がありません。

また、メルカリの加盟店だけでなく、約108万のiD加盟店でも利用できるので、選択肢が広がります。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

au Pay

 

au Payは、KDDI株式会社が提供するスマートフォン向け決済サービスです。スマートフォンに表示されたQRコードを使って支払いを行います。

 

au Payの利用料や年会費は無料で、お支払いは200円(税込)ごとに1Pontaポイントが貯まります。

これまでKDDI株式会社は「au WALLET」という電子マネーサービスを提供していましたが、2020年からは決済・コマース関連のサービスを「au Pay」という名称に統一することを発表しました。

 

ポイント割引率が1%の「au Pay(コード決済)」を利用すると、割引率は1.5%になります。カード料金や携帯電話料金の支払い、Pontaポイントとしての利用など、その使い勝手の良さは多くの方に評価されています。また、年会費無料でありながら、海外旅行保険などが充実しているのもPAYカードのメリットです。

 

 Suica(スイカ)

 

JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」は、電車やバスだけでなく、スーパーやコンビニエンスストアでも利用でき、近年、対応店舗が急増しています。

従来のカードに加えて、スマートフォン用アプリ「モバイルSuica」も登場し、さらに便利になりました。

 

JRE CARDを使ってモバイルSuicaにチャージすると、1,000円ごとに15円が加算されます。またJRE CARDを使ってモバイルSuicaにチャージすると、1,000円ごとに15ポイントが加算されます。

さらに「モバイルSuica」をJR EPOネットワークに連携させると、JR東日本の在来線利用時に50円ごとに1ポイントが付与されます。

 

また、「モバイルSuica」をJR EPOネットワークに連携させると、JR東日本の在来線での利用で50円ごとに1ポイントを獲得できます。つまり、3.5%のポイントを獲得することができるのです。

JRECARDの年会費は無料ではありません。JR東日本の在来線をよく利用される方であれば、その価値はあると思います。

 

ゆうちょPay

 

ゆうちょPayは、ゆうちょ銀行が提供するスマートフォン決済サービス。2019年5月8日より提供を開始しました。

 

スマートフォンアプリに表示されたQRコードやバーコードを提示することで、登録したゆうちょ銀行の口座から決済金額が即時に引き落としできる仕組み。同アプリは、東急線の駅の券売機で現金を引き出せる「キャッシュアウト」機能にも対応しています。

 

ゆうちょPayは、ゆうちょ銀行の口座と直結しているので、支払い後すぐに利用金額が引き落とされ残高管理がしやすくなります。またゆうちょPayは、全国のコンビニエンスストア、薬局、家電量販店など、ご利用いただけるお店が順次増えています。

 

ファミペイ

 

FamiPay(ファミペイ)は、これまでファミリーマートの専用サービスでしたが、2020年10月からは全国10万カ所以上で利用できるように提携店舗を拡大。

またFamiPay(ファミペイ)には、ファミリーマート限定のキャンペーンが多く、ファミリーマートの利用機会が多い方におすすめのキャッシュレスサービスです。

 

楽天ペイ

 

「楽天ペイ」は、楽天会員向けの決済サービスでクレジットカードや、楽天アカウントに登録されている楽天スーパーポイントを利用してお支払いができます。

楽天ペイ単体の決済機能に加え、「楽天Edy」「楽天ポイントカード」をアプリに搭載。2020年には、アプリ内でSuicaの発行やリロードが可能になりました。

 

アプリがインストールされていれば、スマホに表示されたバーコード・QRコードをスマホで読み取るか、ショップに置かれたQRコードをスマホで読み取ることで支払いができます。これにより、カードを提示することなく、簡単かつ安全にクレジットカード決済を行うことができます。

 

また2020年7月には、クレジットカード決済の支払元として設定できるカードの種類を拡大し、カード会社2社(J⊂B、アメリカン・エキスプレス)が発行するカードに対応し選択肢が増えました。

 

「楽天ペイ」で支払うと、200円につき1ポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まります。またお使いのクレジットカードが楽天カードの場合、100円ごとに1ポイントが貯まりますので、200円ごとに3ポイントが貯まります。

 

WAON(ワオン)

 

WAON(ワオン)は、イオングループを中心とするイオンリテールが発行するICカード型プリペイド電子マネーで、WAON=イオングループのマスコット犬の通称でもあります。

電子マネーWAONには様々な選択肢があります。たとえばWAONカード単体で利用することもできれば、イオンカードセレクトなどのクレジットカードやキャッシュカードと組み合わせて利用することもできます。

 

WAONカードは複数枚持つことができますが、とりあえずWAONを使ってみたいという方には、初期費用がかからず、申し込みも簡単なモバイルタイプのWAONがおすすめです。

 

nanaco(ナナコ)

 

セブンイレブン等で利用できる電子マネーnanaco(ナナコ)は、支払いのたびにnanacoポイントが貯まります。

セブン&アイグループでは、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの小売店から、飲食店、空港まで。約90以上の店舗でnanacoを利用することができます。

 

原則として、ポイント率は200円につき1ポイント、還元率は0.5%です。

nanaco加盟店の中には、通常の支払いに対するポイントに加えて、特定の商品や特定の日に購入するとボーナスポイントがもらえるところもあります。

 

例えば、セブン-イレブンやイトーヨーカドーでは、特定の商品を購入すると10ポイント以上のボーナスポイントがもらえるキャンペーンを随時実施しています。

また、イトーヨーカドーやアリオモールの専門店では、毎月8日にポイントが2倍になり、ポイント還元率が1.0%になります。

 

より効率的にnanacoポイントを貯めたい場合は、支払い時にnanacoポイントが貯まるクレジットカードがおすすめです。

セブンカード・プラスは年会費無料のクレジットカードで、200円ごとに1nanacoポイントが貯まります。

 

このほかセブン&アイグループのショップではポイントが2倍(還元率1%)になり、セブン&アイグループのショップで特定の商品を購入するとボーナスポイントがもらえます。

さらにnanacoとクレジットカードを連携させると、nanacoクレジットカードが無料で発行され、nanacoのチャージで0.5%のポイントが貯まります。

 

nanacoを上手に活用するには、nanacoが無料でついてくる一体型のクレジットカードがおすすめです。

クレジットカード一体型なら、いつでもどこでもnanacoポイントを貯めることができ、クレジットカードの特典を利用して貯蓄額を増やすことができます。

 

PayPay(ペイペイ)

 

PayPay(ペイペイ)は、ヤフー株式会社とソフトバンク株式会社が提供するオンライン決済サービスです。PayPayは、PayPayに対応したお店であれば、現金やクレジットカードを使わずに、スマートフォンのアプリを使って支払いができます。

 

PayPayは、スマートフォンに表示されたバーコードを店員に見せるか、店内に表示されたQRコードを読み取ることで支払いができます。PayPayはアプリと連携する企業や店舗数が多く、オンライン決済や請求書の支払い、ショップでの割引、さらにはタクシーの配車にも対応しています。

 

ViewSuica(ビュー・スイカ)

 

ビュー・スイカは、スタンダードなViewカードで、クレジットカード、電子マネーSuica、交通乗車券の3つの機能を備えています。

 

お買い物や公共料金の支払いに加えてJREポイントが15ポイント貯まると、交通乗車券の購入やSuicaへのチャージに利用できます。

Suicaは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで、現金感覚で使用可能。また、モバイルSuicaを使えば、いつでもどこでも同じ還元率でSuicaのチャージができます。

 

JRE POINTでネットショッピングをする場合は「VIEWショッピングステーション」の利用がオススメ。これらポイントアップ提携店では、通常よりもさらに多くのポイント(最大37倍)が貯まります。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

スマホ決済(スマートフォン決済)とは?

 

その名の通りスマートフォンを使って行う決済です。スマートフォン決済はコード決済ではありません。例えば Apple PayやGoogle Payは「スマートフォン決済」、Pay Payや楽天ペイは「コード決済」となります。

 

スマートフォン決済の安全性ですが、セキュリティ対策は強化されていますが、トラブルが起こらないという保証はありません。安全に使用するには、セキュリティ対策を強化し、明確なポリシーを持った決済サービスを選ぶことが大切です。

 

スマートフォン決済(スマホ決済)と電子マネーの違いは?

 

電子マネーとは、電子マネーや通貨、金融情報を交換する決済手段やサービスのこと。中でも「スマホ決済」は、NFC決済やコード決済など、スマートフォンを使った決済方法の総称です。

 

例えば、「楽天ペイ」は、「楽天キャッシュ」という電子マネー(電子マネーや通貨)をチャージし、残額の範囲内でコード決済などスマートフォン決済ができる決済サービスです。

 

このほかにも、対応店舗のリーダーにカードをかざして利用する「カード型」の電子マネーもあります。

 

スマートフォン決済(スマホ決済)のメリット

 

スマートフォン決済のメリットは、自分がいくら使ったか、どれだけのポイントを獲得したかが瞬時にわかることです。

また明細がすぐに確認できるため、クレジットカードを使うとついつい使いすぎてしまうという方におすすめです。

 

スマートフォン決済では、1台のスマートフォンだけで、すべての買い物やサービスの支払いができます。時間とお金の節約になるだけでなく、ちょっとした買い物をするときに財布を持ち歩かなくても済むようになります。

 

スマートフォン決済(スマホ決済)の始め方

 

まずアプリをインストールする必要があります。スマートフォン決済の多くは、専用アプリが必要になります。

スマートフォンアプリを提供するサイトの公式サイトまたは「App Store」(iPhone)または「Google Play」(Android)からアプリケーションをダウンロードし、アプリケーションの指示に従って操作してください(※カード情報を入力する場合もあります)。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

キャッシュレスでオススメのクレジットカード

 

キャッシュレスでオススメのクレジットカードを集めてみました。

 

楽天カード

 

楽天カード, クレジットカードおすすめ徹底比較!

 

キャッシュレスでおなじみの楽天カードは、日本顧客満足度調査で「クレジットカード業界顧客満足度10年連続No.1」を獲得している人気のクレジットカードです。

年会費は無料で、還元率は1%からとなっており、楽天のサービスを利用しない方にもお勧めです。

 

楽天最新YouTube動画

 

楽天カードの詳細は、以下の通りです。

 

楽天カードの詳細

カード名 楽天カード
年会費 無料
追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~3.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
交換可能なマイル ANAマイル
電子マネー 楽天Edy
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険 海外旅行保険
利用可能枠 10万円~100万円
締め日・支払日 月末締め・翌月27日払い
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX
申込み条件 18歳以上で支払い能力のある方(学生可)
カード会社 楽天カード
資金調達プロのおすすめ度 ★★★★★(大変オススメ!)

 

楽天カードの審査時間は?楽天カードの審査難易度を徹底解説!

 

楽天カードの詳細は、以下公式サイトをご覧ください。

 

参考リンク:楽天カード(公式サイト)

 

JCB CARD W

JCB CARD W, クレジットカードおすすめ徹底比較!

 

キャッシュレスでも大人気なJCB CARDWは、年会費永年無料、39歳以下の方が発行可能なWEB限定のクレジットカード。家族カードやETCカードの追加発行も無料で行えます。

 

JCB CARDWのポイント還元率は1.00%で、1,000円(税込)ごとにOki Dokiポイントが2ポイント貯まります。また 1000円(税込)ごとに2ポイントのOki Dokiポイントが貯まるので、若い方に人気のあるクレジットカードです。

 

JCB CARD W(YouTube)

 

JCB CARD Wの詳細は、以下の通りです。

 

JCB CARD Wの詳細

カード名 JCB CARD W
年会費 無料
追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.60%~1.00%
貯まるポイント Oki Dokiポイント
交換可能なマイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル
電子マネー なし
スマホ決済 Apple Pay、Google Pay
付帯保険 海外旅行、ショッピング
利用可能枠 要問い合わせ
締め日・支払日 公式サイト参照
国際ブランド JCB
申込み条件 18歳以上~39歳以下、本人または配偶者に継続的収入のある方(学生可)
カード会社 ジェーシービー
資金調達プロのおすすめ度 ★★★★★(大変オススメ!)

 

JCB CARD Wの詳細は、以下公式サイトをご覧ください。

 

参考リンク:JCB CARD W(公式サイト)

 

イオンカードセレクト

 

イオンカードセレクト, クレジットカードおすすめ徹底比較!

 

イオンカードセレクトは、「クレジットカード」「イオン銀行キャッシュカード」「電子マネーWAON」の3つの機能を持つカードです。

キャッシュレスでも大人気のクレジットカードで、ポイント還元率は0.5%~1.0%、イオン系列のお店ではポイントが2倍になります。

 

また、イオンの「お客さま感謝デー」には5%の割引が適用されるなど、イオンユーザーにとってはお得なカードです。公共料金の支払いや給与振込にイオン銀行の口座を利用すれば、ポイントが貯まり、金利も優遇されます。

 

イオンカードセレクト(YouTube)

 

イオンカードセレクトの詳細は、以下の通りです。

 

イオンカードセレクトの詳細

カード名 イオンカードセレクト
年会費 無料
追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%~1.33%
貯まるポイント ときめきポイント
交換可能なマイル JALマイル
電子マネー Apple Pay、楽天ペイ
スマホ決済 WAON
付帯保険 ショッピング
利用可能枠 10万円~50万円
締め日・支払日 10日締め・翌月2日払い
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
申込み条件 18歳以上で支払い能力のある方(学生可)
カード会社 イオン銀行
資金調達プロのおすすめ度 ★★★★★(大変オススメ!)

 

イオンカードセレクトの詳細は、以下公式サイトをご覧ください。

 

参考リンク:イオンカードセレクト(公式サイト)

 

dカード

dカード, クレジットカードおすすめ徹底比較!

 

dカードはキャッシュレスでも大人気。カードの利用金額100円につき1ポイントが貯まり、dポイントは1円として利用できます。また提携している「dカード特約店」でカードを利用すると、さらにポイントが貯まります。

例えば、マツモトキヨシのドラッグストアでdカードを利用すると、100円(税込)につき2ポイント、還元率は3%となります。

 

 

dカードの詳細は、以下の通りです。

 

dカードの詳細

カード名 dカード
年会費 無料
追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~4.50%
貯まるポイント dポイント
交換可能なマイル JALマイル
電子マネー iD
スマホ決済 Apple Pay
付帯保険 ショッピング
利用可能枠 審査により決定
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
国際ブランド VISA、Mastercard
申込み条件 18歳以上で支払い能力のある方(学生可)
カード会社 NTTドコモ
資金調達プロのおすすめ度 ★★★★★(大変オススメ!)

 

dカードの詳細は、以下公式サイトをご覧ください。

 

参考リンク:dカード(公式サイト)

 

Orico Card THE POINT

オリコカード, クレジットカードおすすめ徹底比較!

 

キャッシュレスでも大人気 Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、ポイント還元率の高さと、貯まったポイントの交換先の豊富さが特徴のカードです。

オリコカード・ザ・ポイントでは、「100円につき1オリコポイント」が貯まります。さらに、オリコカード会員が利用できるショッピングモール「オリコモール」を経由して買い物をすれば、還元率は2倍以上になります。

 

Orico Card THE POINT(YouTube)

 

Orico Card THE POINTの詳細は、以下の通りです。

 

Orico Card THE POINTの詳細

カード名 Orico Card THE POINT
年会費 無料
追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 1.00%~2.00%
貯まるポイント オリコポイント
交換可能なマイル ANAマイル、JALマイル
電子マネー iD、QUICPay
スマホ決済 Apple Pay、楽天ペイ
付帯保険 なし
利用可能枠 10万円~300万円
締め日・支払日 月末締め・翌月27日払い
国際ブランド Mastercard、JCB
申込み条件 18歳以上で支払い能力のある方(学生可)
カード会社 オリエントコーポレーション
資金調達プロのおすすめ度 ★★★★★(大変オススメ!)

 

Orico Card THE POINTの詳細は、以下公式サイトをご覧ください。

 

参考リンク:Orico Card THE POINT(公式サイト)

 

キャッシュレスサービスの専門用語

 

最後にキャッシュレスサービスでよく使う用語を集めてみました。分からない単語があれば、チェックしましょう。

 

キャッシュレス決済/キャッシュレス(cashless)

キャッシュレス決済とは、紙幣や硬貨などの現金を使わずに行われる支払いのことです。クレジットカード、電子マネー、デビットカード、スマートフォン、インターネット決済などが含まれます。

cash は「現金」を意味します。接尾語のlessは “なし “という意味です。キャッシュレス決済は、現金ではなく、主にデジタル化されたデータの形で行われます。

 

キャッシュレス決済比率

決済総額のうち、キャッシュレス決済を利用している割合のこと。

 

キャッシュレス推進協議会

キャッシュレス推進協議会は、「キャッシュレス・ビジョン」の提言に基づき、2018年7月に一般社団法人として設立されました。本協議会は、日本におけるキャッシュレス推進活動の牽引役として、様々な業界が対等な立場で、官界・学界と連携しながら、横断的に意見交換を行い、キャッシュレス社会の実現に向けて協働する組織です。

 

キャリア決済

携帯電話の料金と一緒に商品やサービスの代金を支払う方法のこと。

 

共通ポイント

コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、レストランなど、さまざまなお店で利用できるポイント。コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、レストランなど、さまざまなお店で利用できます。

 

アクセプタンス・マーク(acceptance mark)/利用可能表示

アクセプタンスマークとは、キャッシュレスシステムが利用できることを示すために店頭に置かれるロゴのこと。

 

アクワイアラー(acquirer)

キャッシュレスシステムを導入するお店と契約し、管理する会社のこと。

 

後払い

商品やサービスを先に受け取り、後から代金を支払うこと。クレジットカード、商品やサービスを受け取った後にコンビニエンスストアで支払う方法、銀行振り込みなどがある。他にも「前払い」や「即時払い」などがあります。

 

アプリ/アプリケーション(application)

アプリケーションとは、スマートフォンやタブレットにインストールできるソフトウェアのこと。正式には「アプリケーション」といいます。アプリケーションには、ゲーム、SNS、音楽プレーヤー、決済アプリケーション、銀行アプリケーションなど、さまざまな種類があります。

 

イシュアー(issuer)

発行者とは、ユーザーと契約してキャッシュレスの決済手段を発行・提供する企業のこと。ユーザーの獲得と課金を主な業務としています。

 

一次元コード

数字や文字を縞模様の線の太さで表現したコードのこと。バーコードとも呼ばれる。例えば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、商品のパッケージにバーコードが付けられており、レジの機械で読み取ることができます。

 

インターチェンジ・フィー(interchange fee)

インターチェンジフィーとは、クレジットカードで取引が行われた際に、アクワイアラーが発行元に支払う手数料のこと。

 

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

 

この手数料は、アクワイアラーが加盟店から徴収する加盟店手数料によって支払われるため、最終的には加盟店が負担することになります。手数料は、Visa、MasterCard、JCBなどの国際ブランドによって設定されており、加盟店の業種によって異なりますが、Visaの場合はIRFと呼ばれています。

 

インターネット・バンキング(internet banking)

インターネット上で、口座残高の確認や振込などの銀行取引を行うことができるサービス。銀行の窓口やATMに行かなくても、パソコンやスマートフォンで取引を行うことができるサービスのこと。

三菱UFJ銀行では「三菱UFJダイレクト」、三井住友銀行では「SMBCダイレクト」、みずほ銀行では「みずほダイレクト」という名称でインターネットバンキングサービスを提供しています。

 

ウォレット(wallet)

ウォレットとは、電子マネーを管理するための財布の役割を果たす機器のことです。本来は英語で「財布」を意味しますが、デジタルウォレットや電子財布を指すことが多いです。電子マネーを所有・保管・利用するためのもので、スマートフォンやパソコンで作成することができます。

 

オーソリゼーション(authorization)

消費者の支払いにクレジットカードが利用できるかどうかを店側が確認するプロセス。お店は専用の端末を使って、お客様のクレジットカードがお店で使えるかどうかをクレジットカード会社に確認します。

 

おサイフケータイ

おサイフケータイとは、携帯電話やスマートフォンを読み取り機にかざすことで、決済ができるサービスです。日本独自のサービスで、Felicaを採用しています。決済だけでなく、残高の確認やポイントを貯めることもできます。このシステムはNTTドコモが開発しました。システムを開発したNTTドコモの登録商標ですが、「おサイフケータイ」はKDDIやソフトバンクなどの携帯電話でも利用できます。

 

オフライン決済

電子決済の場合、決済会社とのやり取りがその場で行われる。クレジットカードは提示時に限度額に達している場合、デビットカードは登録した口座の残高が不足している場合は使用できません。デビットカードは、口座の残高が不足している場合はご利用いただけません。

 

オンライン決済

電子決済を利用したときに、その場で決済会社との通信が行われること。クレジットカードでは提示した時点で利用限度額に達している場合は利用できず、デビットカードでは登録してある口座残高が不足している場合は利用できない仕組みになっている。

 

カード決済

クレジットカードやデビットカードなどのカードを使った支払いのこと。カードは、カードリーダーにスライドさせて読み取る方法(磁気カード)と、挿入して読み取る方法(接触型ICカード)があります。

オフアス取引(off-us)

発行者(利用者と契約している決済会社)とアクワイアラー(お店と契約している決済会社)が異なる会社で行われるカード決済取引のことです。なお、アクワイアラーとショップ(マーチャント)の間に、中間的な決済会社が存在する場合もあります。これは、on-us取引ではなく、non-on-us取引とも呼ばれます。

 

オンアス取引(on-us)

発行者とアクワイアラーが同じ会社である取引のこと。

 

キャッシュ・アウト(cash out)

お店で買い物をした際に、デビットカードを使ってレジから現金を引き出すことができるサービス。

 

クリアリング(clearing)

銀行への支払いが完了した後、各銀行が最終的な受取額や支払額を集計すること。

 

決済代行サービス

マーチャントとクレジットカード会社や決済サービスプロバイダーとの間を仲介するサービスのこと。また、クレジットカード会社や決済代行会社との契約や支払いを、マーチャントに代わって行うサービスもあります。

 

決済代行業者

決済代行会社とは、決済処理サービスを提供する会社のことです。

 

決済手数料

決済代行会社とは、決済代行サービスを提供する会社のことです。例えば、お客様がクレジットカードでお支払いの場合、お店(加盟店)はアクワイアラー(お店が契約している決済会社)に、加盟店手数料、アクワイアラー手数料、決済手数料を支払います。

 

交通系電子マネー

鉄道会社が発行する電子マネーで、主に乗車券として利用できる。

 

コード決済/バーコード決済/QR コード決済

バーコードやQRコードを使って行う決済。決済方法には2種類ある。消費者がスマートフォンにコードを表示させる。

 

スマートフォン決済(スマホ決済)

スマートフォンを利用して決済を行うこと。

 

スマホ・デビット

スマートフォンを利用して、銀行口座から支払いを行うことができるサービス。

 

生体認証

生体認証とは、指紋や顔、目(虹彩)などの身体の一部を利用した認証のことです。

 

静的 QR コード

印刷物のように表示が変化しないQRコードの方式のことです。決済端末などのないお店でも、印刷したQRコードを置くだけでコード決済を導入することができます。決済のたびに電子的に作成されるQRコードを「ダイナミックQRコード」と呼びます。

 

接触型 IC カード

挿入用の集積回路を内蔵したカード。カード読取機に挿入し、直接接触して読み取る。典型的な例としては、クレジットカードがある。挿入用の集積回路を内蔵したカードのこと。

 

タッチ式

カードやスマートフォンを読み取り機に触れたり、かざしたりして読み取る。

 

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

 

提携カード

クレジットカード発行会社が他社と提携して発行するクレジットカードのこと。

 

デポジット(deposit)

一般的には、サービスの最初の支払いであるデポジットのこと。

 

電子マネー

電子マネーとは、様々な企業が発行している決済サービスで、主にお金の情報を電気信号の形でカードに保存するもの。タッチ式のICカード、スマートフォン、携帯電話などがあります。ほとんどの支払いは事前に行われます。

 

動的 QR コード

決済のたびに電子的に作成されるQRコードシステム。消費者のスマートフォンの画面や店頭のタブレット端末に表示されたQRコードを読み取ることで利用されます。決済のたびに電子的に作成されるため、偽造が困難です。なお、印刷されたQRコードと同じように表示が変化しないQRコードをスタティックQRコードと呼びます。

 

非接触型 IC カード

IC(集積回路)を搭載し、タッチ操作で決済ができるカード。電子マネーや社員証などが代表的な例。磁気カードに比べて、カードに保存されているデータの安全性が高く、偽造や改ざんの可能性が少ないのが特徴です。

 

プリペイド(prepaid)

商品やサービスを後で購入するために、前もってお金を支払ったり、預けたりする行為。

 

ブロックチェーン(blockchain)

暗号技術を用いて、過去の取引の連鎖を結びつけることで、取引の正確な履歴を維持する技術。ある取引を改ざんするためには、それ以降のすべての取引を改ざんする必要がありますが、この技術は、取引の正確な履歴を維持するために使用されます。

 

ポイントサービス(point service)

商品やサービスを購入した金額や回数に応じて、お客様にポイントを付与すること。お客様はこのポイントを商品やサービスの交換や購入に利用することができます。

 

ポストペイ(post-pay)

商品やサービスを事前に受け取り、後から代金を支払うこと。ポストペイとも呼ばれる。これはポストペイとも呼ばれる。クレジットカード、商品やサービスを受け取った後のコンビニエンスストアでの支払い、銀行振り込みなどの方法があります。これはポストペイとも呼ばれていますが、ポストペイ以外にもプリペイド方式やリアルタイム方式などがあります。

 

マイレージ サービス(Mirage Service)

航空会社が顧客のために提供するロイヤリティサービス。飛行機に乗ると、マイルと呼ばれるポイントが貯まり、航空券や割引券、座席のアップグレードなどと交換できるようになっている。飛行機に乗らなくても、さまざまなお店や会社で買い物をすることでマイルを貯めることができます。

 

流通系電子マネー

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどの流通業者、または流通業者と提携したクレジットカード会社が発行する電子マネー。代表的な電子マネーは「nanaco」や「WAON」などで、買い物をするとポイントが貯まります。

 

eWallet「イーウォレット」

電子ウォレットとは、電子マネーを管理する電子財布のことです。日本ではウォレットとも呼ばれています。電子マネーを所有し、保管し、使用するためのものです。
スマートフォンやパソコンで作成することができます。

 

Felica「フェリカ」

タッチペイメントに使われる技術のひとつ。タッチ決済とは、カードリーダーに触れなくても読み取れる非接触型ICカードを使った決済のこと。日本国内の非接触ICカードの8割以上に採用されており、Suica、PASMO、楽天Edy、nanacoなどの電子マネーに利用されています。

 

J-Debit「ジェイデビット」

日本の金融機関が発行している、キャッシュカードでお金を支払うサービスの名称です。デビットの一種で、買い物や食事などの支払いに利用すると、すぐに銀行口座からお金が引き落とされる仕組みになっています。

 

まとめ|キャッシュレスサービスでお金を増やそう!

 

今回は話題のキャッシュレスサービスについて解説しました。各サービスの還元率などを比較し、大量のポイントやキャッシュバックを受けとりましょう。

 

キャッシュレスサービスを活用すれば、上手にお金が増やせますよ♪

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • s*****d様が
    1000万円を調達しました。

  • i***u様が
    400万円を調達しました。

  • q****q様が
    700万円を調達しました。

  • i**t様が
    600万円を調達しました。

  • y****x様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング