レンタルスペースで起業する!始め方や成功のコツを解説

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/10/31

レンタルスペースで起業する!始め方や成功のコツを解説

 

ご自宅の中に使っていないスペースや空き部屋があれば、レンタルスペースとして貸し出しをすることで収入を得ることができます。

 

このような遊休スペースを利用した「シェアリングビジネス」は年々増加傾向にあり、個人でも取り組めるビジネスとして今注目を浴びているのです。

 

そこで今回は、空きスペースをレンタルスペースとして貸し出すことで報酬を得るビジネスについてご紹介していきます。

 

使っていないスペースを活用したビジネスで収益をあげてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、フリーランスの方が起業して法人化する場合の手順については、以下の記事で解説しています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 

空きスペースでレンタルビジネスを行う!どんな利用用途がある?

 

空きスペースでレンタルビジネスを行う場合、需要の多い利用用途には次のようなものがあります。

 

空きスペースを利用したレンタルビジネスの用途

  • インバウンド向けの民泊サービス
  • パーティースペース
  • 貸し会議室
  • シェアオフィス
  • コワーキングスペース
  • レンタルオフィス
  • 物置サービス

 

このほかにも、近年は、必要な備品があらかじめそろったスペースを貸し出す「シェアサロン」や決められた期間のみ出店する「期間限定ショップ」なども人気です。

 

このように、空きスペースを活用したレンタルスペースビジネスは、余った空間を収益化できるビジネスとして、年々増加する傾向にあります。

 

身近にレンタルスペースとして活用できる遊休スペースがある方は、ぜひレンタルスペース業にチャレンジしてみましょう!

 

レンタルスペース業の起業方法

 

レンタルスペース業で起業するには、次の2つの方法があります。

 

レンタルスペース業で起業する方法

 

  • 独自にサイトを制作し、集客する
  • レンタルスペース専用の予約サイトを利用する

 

独自にサイトを制作し、集客する

 

自分でスペースの予約受付専用のサイトを制作し、集客する方法です。

 

この方法は、すでに集客手段が用意されていて、予約システムだけを作りたい場合に適しています。

 

「サイトのシステム設計が自分で思いのままに作り込める点」と「予約の収益がすべて自分のものになる」という点にメリットがあります。

 

レンタルスペース専用の予約サイトを利用する

 

レンタルスペース専用の予約サイトに貸し出したいスペースを登録し、予約を受付をする方法です。

 

専用予約サイトは「掲載料無料で始められる点」と「利用者からの利用料決済までまかせられる点」で、レンタルスペース業未経験の方にもおすすめです。

 

人気の高いレンタルスペース専用予約サイトには、次のようなところがあります。

 

  • スペースマーケット(空きスペースのレンタルサービス、目的や人数・エリア別で検索可能)
  • インスタベース(スペースを借りたい人と貸したい人のマッチングサービス
  • モノオク(自宅空きスペースを利用した物置シェアサービス)

 

レンタルスペース運営を始める際に検討すべきこと

 

次に、レンタルスペース運営を起業する際に、検討しておくべきことについて取り上げます。

 

レンタルスペース業を起業するにあたって、どのように運営していくかはビジネスを軌道に乗せるためには重要なことです。

 

特に、次の3点については、ビジネスを立ち上げる段階であらかじめ検討しておく必要があります。

 

  • スタッフを常駐させるか
  • 鍵の受け渡しをどうするか
  • 清掃をどうするか

 

以下、これら3つの検討事項について、どのような点を検討すべきか紹介します。

 

レンタルスペース

 

スタッフを常駐させるか

 

レンタルスペースを開設するにあたって、スタッフを置くか置かないか、置いたとしても常駐してもらうのか、という点について検討しておく必要があります。

 

スタッフを置き、なおかつ常駐させるとなると、人件費や営業時間(スタッフがいる間だ営業可とするなど)さまざまな懸案事項が出てきます。

 

鍵の受け渡しをどうするか

 

次に、スペースの鍵の問題です。スペース貸しを無人で運営した場合には、あらかじめどのような形で鍵の受け渡しをするのか、考えておく必要があります。

 

いろいろな方法がありますが、より確実に、安全に受け渡しができるのは、スマートロックか電気錠を使う方法です。

 

貸し出しスペースの実態にあわせ、よりよい方法を検討してみてください。

 

清掃をどうするか

 

スペースの清掃についても、一定の間隔で行う必要があります。

 

清掃を依頼するスタッフは、クラウドソーシングサービスで募集したり、アルバイトやパートで探したりするとよいでしょう。

 

レンタルスペースのリピーターを増やすためにも、定期的な整理整頓・清掃は重要となります。

 

レンタルスペース業として起業するメリット

 

レンタルスペース業として起業するメリットには、次の点が挙げられます。

 

レンタルスペース業として起業するメリット

  • ビジネスを自動化して稼ぐことができる
  • 用途によっては時間単位での貸し出しも可能
  • 集客の仕方によっては売り上げが安定する

 

ビジネスを自動化して稼ぐことができる

 

レンタルスペース業は、自分がその場にいなくてもスペース貸しをすることで売り上げを出すことのできるビジネスです。

 

そのため、自分の時間を使わずに自動化してお金を稼ぎたい、という人に向いています。

 

用途によっては時間単位での貸し出しも可能

 

レンタルスペース業は、使い方によっては時間単位で貸し出しをすることもできます。

 

1日単位・1ヶ月単位といった期間では貸し出しはできないが、短時間でもスペースを貸して稼ぎを得たい、という場合にもぴったりです。

 

集客の仕方によっては売り上げが安定する

 

レンタルスペース業は、集客のやり方によっては売り上げが安定します。

 

例えば、習いごとの教室運営など、リピーターとして何度も利用してもらえるお客様を上手に見つけ、数年単位という長いスパンで契約してもらうと、長期的な売り上げ確保につながっていきます。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

補助金や助成金の受け取りは、基本「後払い」なので注意が必要です。このため、経営の途中で「運転資金が足りない」という時には、金融機関のローンや日本政策金融公庫の融資を上手に併用する必要があります。中でもおすすめなのは、審査が速い『ビジネスローン』の利用です。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

ビジネスローン

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

レンタルスペースビジネスの起業で成功に必要なこと!

 

レンタルスペース業としての起業で成功に必要なことには、次の点が挙げられます。

 

レンタルスペース業としての起業で成功するために必要なこと

  • はじめてビジネスを行う場合は複数の専用予約サイトに登録する
  • 常に清潔感ある場所となるよう気を配る

 

レンタルスペース業は、いかに多くの集客ができるかにより、成功の度合いが変わってきます。ビジネスを始めたばかりのころは、思うようにお客様を集められず、苦労することもあるでしょう。

 

知名度を上げるためにも、まずは複数の専用予約サイトに登録してみるところからはじめてみるのがおすすめです。

 

また、貸し出すスペースの清潔感は重要です。お客様に再度利用してもらいたい!と思ってもらえる場所とするためにも、清潔感には徹底的にこだわることが、多くの予約を集めることにもつながっていきます。

 

まとめ|身近の空きスペースを見直して、不労所得を手に入れよう!

 

今回はレンタルスペース業の起業を目指す方に向けに、起業の方法や必要となる資金、起業手順やメリット等についてご紹介しました。

 

レンタルスペースビジネスは、ご自宅の空き部屋や利用していない不動産などをお持ちの方であれば、上手に活用することで不労所得を手に入れられる夢のようなビジネスです。

 

ぜひ今回の内容を参考に、身近にビジネスに活かせる空きスペースを所有されている方は、レンタルスペース業に挑戦してみてください。

 

合わせて読みたい関連記事

・ 起業資金の調達方法9選!借入・出資などメリット・デメリット完全比較

・ 【保存版】あなたもスグに会社設立できる!5つの手順で起業し1週間で社長になるためのパーフェクトガイド

・ 【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

・ 【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

・ 【保存版】創業融資の審査を通す5つのコツ!あなたも無担保で3000万円借入出来る

・ 地方で起業するメリット・補助金と助成金を活用した資金調達のコツ6つ

・ 55歳~65歳以上の方必見「シニア起業家支援資金」を活用し、会社を設立しよう!

・ 【起業家向け】経営に必要な資金調達はこれだ!必ず役立つ基礎知識10選

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

 

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • d****y様が
    300万円を調達しました。

  • f****x様が
    100万円を調達しました。

  • e***d様が
    1100万円を調達しました。

  • w****k様が
    1000万円を調達しました。

  • c******m様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング