閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

日本政策金融公庫とは?公庫の事業内容と最新情報【まとめ】

日本政策 金融公庫の 融資制度一覧

 

日本政策金融公庫の国民生活事業は、個人事業主や起業家向けの小口融資や創業融資、教育ローンが有名ですが、2020年以降の緊急事態になってから、日本政策金融公庫に融資を申し込んだ方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、日本政策金融公庫とは何か「公庫の仕組み」を徹底解説します。また日本政策金融公庫で利用できる融資制度、選考方法、日本政策金融公庫で借りるメリット・デメリットを詳しく説明しています。

 

日本政策金融公庫は、私たちの日常生活を支える金融機関であり、日本政策金融公庫を利用することで、いざというときの “資金 “を調達することができます。

 

日本政策金融公庫の仕組みを理解し、さまざまな融資方法の中から『自分に合った制度』を選ぶことが大切です。

 

著者情報|資金調達プロ

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫とは?主な業務は?

 

日本政策金融公庫とは?主な業務について解説します。

 

株式会社日本政策金融公庫(以下、公庫)は、株式会社日本政策金融公庫法に基づき、2008年10月1日に設立された財務省所管の特別目的会社です。

 

日本政策金融公庫は、政府が全額出資する政策金融機関です。

 

日本政策金融公庫は、「一般の金融機関が提供する金融サービスを補完する」ことを目的とし、法律や予算で定められた中小企業や農林水産業などの産業に対する政府の政策に基づいて金融機能を発揮しています。

 

日本政策金融公庫とは

 

簡単に説明すると。日本政策金融公庫は、財政投融資を財源とする政府が運営する金融機関であり、民間金融機関(銀行、信用金庫など)の後継機能を担うものです。

 

民間の金融機関は倒産することがありますが、日本政策金融公庫は政府が運営しているので、基本的に「民間の倒産」というものはありません。

 

また、日本政策金融公庫は政府が100%出資しているので、国民の税金で運営されており、国民のための金融機関とも言えます。

 

日本政策金融公庫の前身は、国民生活金融公庫、農林水産業金融公庫、中小企業金融公庫です。要するに、日本政策金融公庫は、前身組織である国民生活金融公庫、農林水産金融公庫、中小企業金融公庫の活動を引き継いでいます。

 

人々の生活に大きな影響を与えるこれら3つの組織の活動の一部は、民間企業に圧力をかけるのではないかという懸念に対処するために変更されました。

 

例えば、国民生活金融公庫では、低所得者の金融ニーズに応えるため、教育ローンプログラムの規模を縮小しました。

 

日本政策金融公庫の業務範囲は、沖縄県を除く46都道府県に及んでいます。略称については、当初は「日本政策金融公庫」と呼ばれていましたが、2009年1月に「日本政策金融公庫」に変更されました。

 

日本政策金融公庫の最新情報

 

日本政策金融公庫の最新情報をまとめてみました。

 

政府系金融機関である日本政策金融公庫は、今月末からの大型連休中も、新コロナの影響を受けた企業向けに電話相談を実施しています。

 

日本政策金融公庫の最新情報

 

日本政策金融公庫の受付時間は、2021年5月1日から5日までは土日祝日となっています。

電話番号は政策別に分かれています。

 

  • 個人事業主・小規模事業事業者の方・・・0120-112-476
  • 中小企業経営者の方       ・・・0120-327-790
  • 農林水産業の方         ・・・0120-926-478

 

サービスの提供時間は午前9時から午後3時までです。なお東京支店と大阪支店では、土・日・祝日の午前9時から午後3時まで店頭でのご相談を受け付けているとのこと。

 

各支店での相談は事前のご予約が必要ですが、詳しい予約方法については、日本政策金融公庫のホームページで確認できます。

 

□ 日本政策金融公庫ホームページ

https://www.jfc.go.jp/

 

日本政策金融公庫を運営する機関

 

日本政策金融公庫を運営する機関について解説します。

 

日本政策金融公庫は、行政改革における政策金融改革の一環として、国民生活金融公庫、農林水産金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行の国際金融等業務の4つの政策金融機関を統合して設立されました。

 

日本政策金融公庫の機関

 

日本政策金融公庫には、「国民生活事業」「中小企業事業」「農林水産業事業」の3つのフォーカルポイントがあります。

 

日本政策金融公庫は、一般の金融機関が提供する財源を補完しつつ、次のような業務を行うことにより、国民生活の向上に寄与することを目的とした政策金融機関です。

 

  • 国民生活事業
  • 中小企業事業
  • 農林水産事業

 

国民生活事業

 

国民生活事業の政策を紹介します。「国民生活事業」は、地域密着型の金融機関として、中小企業やベンチャー企業への事業資金の融資や、子供を学校に通わせるための資金が必要な人への教育資金の融資を行っています。

 

中小企業事業

 

中小企業事業を紹介します。

「中小企業事業」は、中小企業サービスよりも国民生活事業を主に利用しています。日本経済の活力の源泉であり、地域経済を支える中小企業の成長と発展を、融資や信用保険などのさまざまな機能を通じて金融面から支援しています。

 

「中小企業事業」に明確な基準はありませんが、「年間売上高が約5億円を超えてからの中小企業へのアドバイス」というイメージは持っておいてください。

 

実際、年商10億円の企業でも「国民生活事業」の窓口になっているところはたくさんあります。どの窓口を利用すればいいのかわからない場合は、日本政策金融公庫に直接問い合わせてみるといいでしょう。

 

農林水産事業

 

農林水産事業を紹介します。

「農林水産業事業」は、農林水産業や食品産業に携わる方々への融資をはじめとする様々な支援事業を通じて、国内の農林水産業の強化と安全で高品質な食品の安定供給に貢献しています。

 

農林水産業というと、農家や漁師に限定されると思われがちですが、例えば缶詰を加工する水産加工業者も農林水産業の対象となります。

 

また、複数の農場を持つ商工業者の組合でも農林水産業プログラムの融資を受けられる可能性がありますので、お住まいの自治体に問い合わせてみてください。

 

日本政策金融公庫の融資制度一覧

 

日本政策金融公庫の融資制度一覧を紹介します。

 

小規模事業者向け|公庫の融資制度一覧

 

『小規模事業者』向け融資制度は次の通りです。

 

  • 一般貸付
  • セーフティネット貸付
  • 新企業育成貸付
  • 企業活力強化貸付
  • 環境・エネルギー対策貸付
  • 企業再生貸付
  • その他の融資制度
  • 生活衛生貸付
  • 国の教育ローン
  • 恩給・共済年金担保融資

 

各融資制度の詳細は、日本政策金融公庫のホームページにて確認できます。

 

日本政策金融公庫の融資制度一覧

 

中小企業向け|公庫の融資制度一覧

 

『中小企業』向け融資制度は次の通りです。

 

  • 新企業育成貸付
  • 企業活力強化貸付
  • 環境・エネルギー対策貸付
  • セーフティネット貸付
  • 企業再生貸付
  • その他の融資制度

 

各融資制度の詳細は、日本政策金融公庫のホームページにて確認できます。

 

農林水産業従事者向け|公庫の融資制度一覧

 

『農林水産業従事者』向け融資制度は次の通りです。

 

  • 農業
  • 林業
  • 漁業
  • 農林漁業共通
  • 食品産業

 

各融資制度の詳細は、日本政策金融公庫のホームページにて確認できます。

 

なお「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 

融資制度の検索方法

 

融資制度の検索方法ですが、日本政策金融公庫の「融資制度一覧」というページから検索できます。また資金調達プロでも、日本政策金融公庫の融資制度をまとめたページを作成したので、ぜひ参考にしてください。

 

 

融資制度の検索方法

 

日本政策金融公庫の創業融資とは?

 

日本政策金融公庫の創業融資とは、事業の立ち上げに利用できる融資制度です。銀行の場合、事業での実績がなければ融資は受けられません。しかし日本政策金融公庫であれば【創業前・創業時・創業後】に融資が受けられます。

 

 

日本政策金融公庫の『創業融資』はオンラインで相談できます。

 

日本政策金融公庫では、創業をお考えの方を対象に、オンライン相談サービスを提供しています。
専任の担当者が約60分、オンラインのビデオ通話を通じてご相談を承ります。利用をご希望の方は、どうぞお気軽にご予約ください。

出典元:日本政策金融公庫の創業相談サービス(オンライン)

 

下のページから、直接相談できるので「創業融資が必要」という方は申し込んでみてください。

 

日本政策金融公庫の創業相談サービス(オンライン)

 

日本政策金融公庫の創業融資

 

日本政策金融公庫に不動産融資はある?

 

「日本政策金融公庫に不動産融資はある?」という質問は、資金調達プロにも多くよせられています。

 

不動産の購入価格は高額になるため、基本的には自己資金ではなく、金融機関からの融資を利用して不動産投資を行う方がほとんどです。融資は不動産投資の成否を左右する重要な要素であり、慎重に検討する必要があります。

 

民間の金融機関だけでなく、政府系の金融機関である「日本政策金融公庫」も利用できることをご存知でしょうか。

 

日本政策金融公庫の融資の最も重要な条件の一つは、「不動産賃貸業に使用すること」です。”結果的に “日本政策金融公庫を使って不動産投資をすることができます。

 

しかし、日本政策金融公庫の職員との会話の中で「不動産投資をしたいので、融資してください」と申し出ても、融資は受けられません。

 

なぜなら、日本政策金融公庫は、株式会社ではありますが、「公的金融機関」であり、「投資目的」での融資は行っていないからです。

 

日本政策金融公庫の不動産融資

 

投資目的で不動産を購入するために融資を受けたい場合は、不動産賃貸業申請書を提出して、「事業目的」で不動産を購入することを証明する必要があります。

 

また、投資用不動産を販売する事業者が日本政策金融公庫の融資を受けられるかどうかも確認する必要があります。

 

日本政策金融公庫の融資を受けられない場合は、当然、日本政策金融公庫の融資を受けて物件を購入することはできません。

 

例えば、購入した物件を売却しようとすると、融資の目的が賃貸ではなく投資であるため、審査に通らないことがありますのでご注意ください。

 

日本政策金融公庫では、土地だけでなく建物も担保に入れる必要があります。しかし、難しいとされる保証人は不要なので、リスクヘッジのためにも、土地と建物を担保にすることが望ましいといえます。

 

日本政策金融公庫は多くの書類を必要とし、物件評価の基準も厳しいので、十分な準備が必要です。日本政策金融公庫の審査に通れば、民間銀行よりも低い金利で融資を受けることができます。

 

しかし、いくら金利が低くても、返済期間は短くなります。そのため、賃貸事業を成功させるためには、現実的で無理のない返済計画を立てることが大切です。

 

日本政策金融公庫の審査難易度

 

日本政策金融公庫の審査難易度ですが、審査の『合格率』は公表されていませんが、「審査に落ちた」という声も多く聞かれますので、申し込みの際には十分な準備が必要です。

 

 

起業に向けてしっかりとした準備をしておけば、日本政策金融公庫の審査に落ちる可能性は低くなります。

必要な準備とは、自己資金を用意すること、日本政策金融公庫に提出する事業計画書などの書類を用意すること、面接の準備をすることです。

 

日本政策金融公庫の創業融資は、中小企業や個人事業主を支援するために国が出資しています。

 

そのため、日本政策金融公庫の融資は、ビジネス経験がなく、民間の金融機関からの借り入れが難しい事業主の方に、低金利でご利用いただけるようになっています。

 

日本政策金融公庫の審査難易度

 

日本政策金融公庫の融資は、低金利で返済期間も長く、有利な条件で利用できます。審査の結果によっては、融資を受けられない場合もありますが、審査基準は他の融資に比べて甘いとされています。

 

日本政策金融公庫の融資承認率は、50~60%と言われています。失敗する50%の人は、日本政策金融公庫のスタッフが「事業の見通しが立たず、事業で利益を上げていないため、返済を滞らせる恐れがある」と判断した人です。

 

以下は、審査に通らない人の5つの特徴です。

 

  1. 個人の信用情報に問題がある。
  2. 税金の支払いが遅れている
  3. 公共料金などの支払い遅延が多い
  4. 自己資金が少なすぎる
  5. 自分のビジネスプランに矛盾がある

 

クレジットカード、キャッシング、カードローン、奨学金、携帯電話の分割払いなどの支払いの遅れや未払いは、付帯情報として記録され、審査では却下の要因となります。

 

ローンのお申し込みの際には、過去6ヶ月間の源泉徴収票、確定申告書、通帳などと照らし合わせて、お支払い状況を確認させていただきます。また、ビジネスプランなどの経営計画に矛盾がある場合も、与信審査に落ちやすくなります。

 

融資を受ける際には必ず事業計画書が必要ですが、売上高や利益など、計画書のすべての項目について明確な根拠があることを証明できなければなりません。融資額がどのように使われるのか、どれくらいの金額になるのかを明確にすることも重要です。

 

また電話などの面接で自分のことをうまく説明できないと不利になります。融資を申し込む際には、担当者との面接を行いましょう。

 

ビジネスプランに合っていなかったり、回答に不備があったりすると、審査に通るのは難しくなります。聞かれるであろう質問を事前に考えて、面接の準備をしておくとよいでしょう。

 

日本政策金融公庫の貸し付け条件

 

日本政策金融公庫の代表的な制度「一般貸付」について融資条件を紹介します。日本政策金融公庫は一般貸付の融資限度額と返済期間を以下のように設定しています。

 

  • 運転資金:融資限度額4,800万円、返済期間は概ね5年以内
  • 設備資金:融資限度額4,800万円、返済期間は最長10年
  • 特定設備資金:融資限度額7,200万円、返済期間は最長20年。

 

※ 融資額や返済期間によっては、保証人や担保が必要となる場合があります。

 

日本政策金融公庫の貸し付け条件

 

「一般貸付」は細かい利用条件がなく、ほとんどの中小企業が利用できます。ただし、業種によっては日本政策金融公庫が資金を貸すことができない場合もありますので、注意が必要です。日本政策金融公庫が融資をしない業種の例としては、以下のようなものがあります。

 

  • 金融サービス(例:銀行業、協同組合金融、貸金業、証券取引、保険業)。
  • 娯楽(例:競輪、競馬、パチンコホール、馬券売り場
  • 郵便局、政治団体、社会保障機関、社会福祉事務所、リハビリテーションサービスなど

 

このように一般的なビジネスを開いて経営したいと考えているなら、日本政策金融公庫の代表的な制度「一般貸付」ができます。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫の融資|口コミ評価&評判

 

日本政策金融公庫の融資|口コミ評価&評判は、日本政策金融公庫の 「スタートアップ・カンパニー・ブック」が参考になります。

 

「スタートアップ・カンパニー・ブック」は、新しく革新的な技術やビジネスモデルを持つスタートアップのベンチャー企業を掲載しています。この本に掲載されている企業は、日本政策金融公庫(国民生活事業)の資金援助を受けています。

 

「スタートアップ・カンパニー・ブック」日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫の融資審査を通すコツ

 

ビジネスローンのほかにも、国民生活事業ではさまざまな資金援助を行っています。その一例が教育ローンです。

 

中小企業の経営者が、すでに日本政策金融公庫から多額の「事業資金」の融資を受けていたとしても、子供のための教育ローンは認められません。

 

つまり、教育ローンは原則として取得できるため、多くの起業家は「家計」のキャッシュフローを増やすために、あえて教育ローンを利用しているのである。

 

1. 無担保の融資を活用しよう!

 

日本政策金融公庫の融資は、ほとんどの場合、無担保でも発行されます。これは、担保があれば無条件で借りられるということではありません。

 

これから始める方は、ぜひ「小口融資制度」にお申し込みください。これは、日本政策金融公庫が積極的に取り組んでいる融資制度で、保証人なしで融資を受けることができます。

 

300万円程度の小口融資は、個人事業主や中小企業の経営者に特におすすめです。

 

なお、初めてローンを申し込む場合は、通常の申し込みよりも審査が慎重に行われます。そのため、200万円のローンを申し込んだのに、100万円しか承認されなかったということも珍しくありません。

 

借り入れの実績を作るためにも、まずは少額の融資から始めることをお勧めします。

 

日本政策金融公庫の融資審査を通すコツ

 

2. 回数を重ねて信頼を獲得!

 

日本政策金融公庫は、初めて融資を申し込むよりも、2回目、3回目に申し込んだ方が信頼度が高くなります。また、2回目以降よりも1回目の方が希望額の審査に通りやすくなります。日本政策金融公庫との取引は、長期的に考えることが大切です。

 

100%の承認を得るためには、地道に継続して信頼関係を築いていくことが一番の近道です。大口の融資を希望する場合でも、(最初は)小口の融資を受けて、チェックや借り入れの経験を積むことが必要です。

 

3.日本政策金融公庫の融資の平均は約700万円

 

日本政策金融公庫の融資の平均単価は約700万円と言われています。これはあくまでも平均額です。実際には、融資額が大きくなると平均額も大きくなりますので、最も多い(発行回数の多い)融資額は300万円から500万円となります。

 

加えて、自分が申し込む金額が妥当かどうかも重要です。単に300万円を申し込めばいいというものではありません。最も重要な問題は、資金の使用目的(融資の使い道)とビジネスの規模です。

 

資金には大きく分けて2種類あります。商品の購入や経費の支払いに充てられる「運転資金」と、車両や機械の購入に充てられる「設備資金」である。

 

運転資金は、ビジネスの規模に対して余剰か不足かを分析します。例えば、資金を仕入れに使用する場合は、数ヶ月分の仕入れの価値が適切な金額となります。

 

もちろん、ビジネスの種類によっても適切な金額は異なります。例えば、町のレストランのように、毎日現金を手にするようなビジネスであれば、仕入れのためにそこまでの資金は必要ないでしょう。

 

逆に、単価が高かったり、在庫を長期間保有する傾向のあるビジネスの場合は、仕入れにもっとお金が必要になるかもしれません。

 

4. 融資の大半は民間企業に向けて実施されている

 

日本政策金融公庫の融資の約9割が「民間企業」向けです。また、従業員9人以下の中小企業には約9割、個人事業主には約半数の融資が行われています。

 

つまり、日本政策金融公庫に関しては”個人よりも法人の方が有利 “ということはないようです。

 

近年、日本政策金融公庫は、高齢者や障害者の介護・福祉、子どもの教育支援、地域活性化、環境保全などの分野で、社会的事業を行う事業者を積極的に支援しています。

 

新規事業がソーシャルビジネスの分野であれば、日本政策金融公庫に積極的に相談されることをお勧めします。また日本政策金融公庫では、事業承継やシンジケートローン等にも力を入れているので覚えておきましょう。

 

5. 女性に有利な制度あり!

 

女性でこれから起業される方、企業間もない女性の方は「女性向け小口融資制度」に申込をしてください。日本政策金融公庫が積極的に取り組んでいる融資制度であり、保証人無しで融資が受けられます。

 

参考「女性向け小口創業特例制度」

 

一般の方(女性以外の方)が保証人を探すのなら、同じ「日本政策金融公庫で融資を受けている」人を探されることをお勧めします。

 

実は、事業融資の審査は本人だけでなく、保証人の返済能力についても「慎重に審査が実施」されます。このため、日本政策金融公庫と付き合いのある事業主がいれば、審査はよりスムーズに(審査が)通りやすくなるのです。

 

また、日本政策金融公庫で融資を受けた方なら、保証人に対する理解も大きいはずです。保証人が必要な場合は、既に「日本政策金融公庫で融資を受けている」人の中から候補者を探しましょう。

 

 

実は、ビジネスローンは、申込者だけでなく、保証人の返済能力も慎重に審査されます。ですから、日本政策金融公庫とお付き合いのある経営者の方がいらっしゃれば、審査はスムーズに(すんなりと)進みます。

 

また、以前に日本政策金融公庫から融資を受けたことがある方は、保証人のことをよく理解しているはずです。保証人が必要な場合は、すでに日本政策金融公庫から融資を受けたことのある方の中から候補者を探しましょう。

 

女性に有利な制度あり!
一般の方(女性ではありません)が保証人を探す場合は、日本政策金融公庫からも融資を受けたことがある方を探すことをおすすめします。

 

実は、ビジネスローンは、申込者だけでなく、保証人の返済能力も入念にチェックされます。ですから、日本政策金融公庫とお付き合いのある経営者の方がいれば、審査はスムーズに(すんなりと)進みます。

 

また、以前に日本政策金融公庫から融資を受けたことがある方は、保証人のことをよく理解しているはずです。保証人が必要な場合は、すでに日本政策金融公庫から融資を受けたことのある方の中から候補者を探してください。

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 

日本政策金融公庫の相談窓口

 

日本公庫は全国152箇所に支店があり、最近ではオンラインでも相談できるように制度が整えられました。なお融資申し込み後の審査も、電話で実施されることがほとんどで、緊急時の融資相談も安心して申し込みできます。

 

日本政策金融公庫の相談窓口を紹介します。

 

店舗検索|日本政策金融公庫 – Chizumaru

 

ここで日本政策金融公庫を最大限に活用するためコツをまとめてみました。

 

日本政策金融公庫の融資を活用するコツ

 

事業が大きくなると日本政策金融公庫との取引をやめてしまう経営者が多いのですが、それは主に大手金融機関との取引だからです。

 

基本的には、民間の金融機関と同じです。ただし、返済してから何年も経っている場合は、新たに詳細な審査が必要となり、時間がかかります。

 

継続的なローンであれば、審査期間はそれほど長くないかもしれません。また、様々な場面で民間の金融機関よりも柔軟に対応してくれるケースも多いです。そのため、継続的に取引することが非常に重要になります。

 

返済が困難な場合は公庫担当者に相談しよう

 

金融機関への借入金の返済が困難な場合、「リスケジュール」という方法があります。借金のリスケジュールの大原則は、返済の一時停止や減額です。

 

日本政策金融公庫は、期間の変更については、一般的にとても親切に対応してくれます。民間企業からの融資を併用している場合、民間金融機関が先に交渉しなければならないケースもあるので注意しましょう。

 

日本政策金融公庫を利用するメリット・デメリット

 

日本政策金融公庫を利用するメリット・デメリットを紹介します。

 

日本政策金融公庫を利用するメリット

 

メリット1:申し込み時に保証人が必要ない

 

一般的に、金融機関から融資を受ける際には、保証人が必要です。最低でも、会社の代表者が保証人になる必要があります。

 

しかし、日本政策金融公庫では、創業融資制度を利用すれば、通常は保証人なしで融資を受けることができます。また、会社代表者の共同保証人を必要としない融資を申し込むことも可能です。

 

民間の金融機関では、原則として保証人なしでの融資は行っていません。そのため、保証人なしで融資を受けたい人には日本政策金融公庫のメリットがあります。

 

日本政策金融公庫を利用するメリットは?

 

メリット2:審査通過率が高い

 

日本政策金融公庫の融資は、審査通過率が高いのが特徴です。実際、日本政策金融公庫では、個人事業主や中小企業、経験の少ない起業家でも融資を受けることができます。

 

銀行に融資を断られた方や、実績がなく資金調達が難しい事業者の方は、日本政策金融公庫をご利用ください。また、日本政策金融公庫では、事業再生のための融資(再建・再出発のための融資)も行っていますので、いざというときに頼れる金融機関です。

 

メリット3:低金利

 

日本政策金融公庫を利用する「最大のメリット」は、銀行に比べて金利が低いことです。

 

同じ100万円の融資で、日本政策金融公庫と消費者金融会社の金利を比較した例を見てみましょう。日本政策金融公庫から100万円を借りた場合、年率2.0%の金利を支払わなければなりません(※金利は会社によって異なります)。

 

しかし、消費者金融から100万円を借りた場合、「約18.0%」の金利を払わなければなりません。

 

これから起業する場合は、「新創業融資制度」が最適な場合が多く、基本金利は2%台です。他の金融機関で借り入れをすると、多くの場合3%以上の金利を支払わなければならないので、1%程度金利が低くなります。

 

特に300万円以下の「小口融資」では、金利の差が顕著に(大きく)なります。より低い金利で融資を受けたい方は、日本政策金融公庫から融資を受けた方が良いでしょう。

 

低い金利で融資を受けることができれば、リスクが低くなり、借り入れのコストを最小限に抑えることができます。

 

日本政策金融公庫を利用するメリット

 

日本政策金融公庫を利用するデメリット

 

日本政策金融公庫のデメリットは時間が掛かることです。

 

実際に日本政策金融公庫の審査は、他の金融機関に比べてかなり時間がかかります。消費者金融であれば数日、銀行であれば1週間程度で承認されるのに対し、日本政策金融公庫の審査は3週間から1ヶ月程度かかることもあります。

 

これは、日本政策金融公庫が「特殊な融資機関」であるためと考えられます。例えば、近所の銀行の口座にいくら入っているかは、銀行の担当者が簡単に知ることができます。

 

しかし、日本政策金融公庫は預金を預かっていません。審査の際に自分の資金がどうなっているかを知りたい場合は、メインバンクの普通預金口座に行って、口座残高、明細状況、毎月の収支、キャッシュフローの状況などを確認する必要があります。

 

さらに複数の銀行口座を持っている場合は、すべての銀行口座をチェックする必要があります。

 

複数の銀行口座をお持ちの方は、すべての銀行口座を確認する必要があります。日本政策金融公庫の融資は余裕を持って申し込むようにしましょう。

 

日本政策金融公庫を利用するデメリット

 

まとめ|日本政策金融公庫は個人&経営者の強い味方!

 

日本政策金融公庫は個人&経営者の強い味方です。目的に合わせて、申し込める融資制度をどんどん活用しましょう。

 

なお、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫の関連記事

 

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資|KOUKO.GUIDE

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫国の教育ローン

融資制度一覧|日本政策金融公庫

各種書式|日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の店舗案内

Googleニュース|日本政策金融公庫

 

この記事を書いた専門家

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

著者:資金調達プロ編集部

 

2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

 

 

【資金調達プロ】YouTubeチャンネル


資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram

□ 資金調達プロのFacebook

□ 資金調達プロのnewspicks

□ 資金調達プロのAmebaブログ

□ note|資金調達プロ

 

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集

ビジネス関連|ニュースサイト一覧

労働問題の解決に役立つサイト一覧

上場・IPO・証券取引関連情報

お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧

公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧

中小企業・起業に役立つサイト一覧

官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫

クラウドファンディング協会

信用保証協会

日本信用情報機構(JICC)

CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

全国の銀行一覧|都市銀行、地方銀行、ネット銀行

金融庁

中小企業庁

日本弁護士連合会

フリーランス協会

一般社団法人 全国銀行協会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人日本クレジット協会

JCCA 日本クレジットカード協会

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

日本政策金融公庫

 

にほんブログ村 経済ブログへ

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

公的融資制度の関連記事(93件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,402件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる