日本政策金融公庫の融資を利用するデメリットは?

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2021/12/7

日本政策金融公庫 デメリット

 

日本政策金融公庫の融資には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。日本政策金融公庫の融資制度は、金利が低く猶予期間があるなど、メリットの部分ばかりが取り上げられていますが、公庫融資にも一定のデメリットがあります。この記事では、日本政策金融公庫の融資制度が持つ「デメリット」について解説します。

 

 
なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪

ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます!

現在のおすすめカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

もっとたくさんのおすすめカードローンを知りたいならこちらの特集記事をチェック!各種カードローンを比較して、今のあなたにぴったりなサービスを見つけられます。

 

 

この記事を書いた専門家(アドバイザー)

Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

 

 

記事の理解に役立つリンク集

厚生労働省

法務省

中小企業庁

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

 JFC日本政策金融公庫

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

日本商工会議所

中小機構

 

日本政策金融公庫のデメリットは?

 

日本政策金融公庫のデメリットをまとめてみました。

 

 

自己資金がいくらか必要になる

 

日本政策金融公庫の融資には一定の自己資金が必要です。事業全体の経費が1000万円ならば、自己資金は100万円程度用意しましょう。

また自己資金が無い場合には、以下の条件をクリアする必要があります。

 

  1.  現在勤めている企業と同種の事業をする場合で、なおかつ「現在の企業に継続して6年務めている」もしくは「現在の企業弩同種の業種に6年以上勤めている」に該当する
  2. 大学で学んで技能などと関連した職種に2年以上勤めている
  3. 経営革新計画などの一定の承認を受けている
  4. 中小企業の会計指針・基本要領の適用予定である

 

審査・融資実施までに時間がかかる

 

日本政策金融公庫の融資の審査は内容は若干ゆるいものの、時間がかかります。

審査と融資まに約1カ月〜一カ月半程度の時間をみておきましょう。

 

民間機関の借り換えには応じてもらえない

 

現在は民間金融機関の融資から日本政策金融公庫への借り換えは禁止されています。

※ 最初から日本政策金融公庫で借りれば問題ありません。

 

また担保で返すことを前提とした返済計画は対象外となっているので注意しましょう。

 

日本政策金融公庫のメリットは?

 

日本政策金融公庫のメリットは、他の金融機関に比べて圧倒的に低金利なこと。

他の金融機関で審査が通らなくても、日本政策金融公庫なら通る可能性あることです。

 

日本政策金融公庫のデメリットを回避する方法

 

日本政策金融公庫のデメリットを回避する方法は、申請をするまえに対策を立てておくことです。

資金調達プロでは、日本政策金融公庫の融資審査が通るコツや事業計画書の書き方、申請書類の書き方について特集を組んでいます。

 

【最新2021年版】日本政策金融公庫の融資に必要な書類と成功する準備の進め方!

 

審査可決率がアップするよう、ぜひ特集記事を参考に準備をはじめてください。

 

 

まとめ|日本政策金融公庫はデメリットよりメリットの方が大きい!

 

今回は、日本政策金融公庫の「デメリット」について解説しましたが、金利が低く、返済猶予があるなど、日本政策金融公庫の融資制度はメリットの大きな制度が多いです。

 

資金調達プロでは、この他にも日本政策金融公庫の融資制度や審査について特集を組んでいます。

この記事とあわせて、ぜひチェックしてみてください。

 

なお、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫の関連記事

 

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

もっとたくさんのおすすめカードローンを知りたいならこちらの特集記事をチェック!各種カードローンを比較して、今のあなたにぴったりなサービスを見つけられます。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k***n様が
    500万円を調達しました。

  • a******m様が
    600万円を調達しました。

  • f*****a様が
    400万円を調達しました。

  • a****j様が
    400万円を調達しました。

  • h**k様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング