フリーランスの動画編集者は稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2021/12/3

フリーランスの動画編集者は稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

 

撮影した映像や音声をWeb上で公開する動画として編集する「動画編集者」。

近年のYouTube市場の拡大により、需要の高まりを見せる注目の職種です。

そこで今回は、フリーランスの動画編集者として活躍してみたい方向けに、仕事の内容や役立つスキル、収入の目安や仕事の探し方などを中心にご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、今人気のフリーランスの職種一覧は以下の記事で解説しています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 


 

【はじめに】フリーランスの動画編集者ってどんな仕事?

動画編集者とは、撮影した映像や音声をインターネット上で公開する動画として編集作業を行う仕事です。

一般的に、動画編集を扱う企業で動画編集者としての経験がある人が、フリーランスとしての独立を検討する場合が多くなっています。

 

動画を利用したビジネスが注目を浴びる昨今、動画編集者の需要は高まる傾向にあります。

フリーランスの動画編集者として生計をたてるためには、センスを磨き、他の人より優れた映像編集技術を身につけることが重要となります。

 

フリーランスの動画編集者におすすめの資格とは?

フリーランスの動画編集者として仕事をする場合、必要となる資格はありません。

基本的に動画編集の経験や実力が、そのまま仕事の案件獲得につながります。

未経験から動画編集者を目指すのであれば、動画編集の知識を本などを利用して勉強してみましょう。

 

そのほか、YouTubeといった動画サイトを利用して、解説動画を参考に知識を仕入れてみるとよいでしょう。

 

フリーランスの動画編集者に求められるスキルとは?

フリーランスの動画編集者として活動するにあたって求められるスキルには、次のようなものがあります。

 

フリーランスの動画編集者に求められるスキルとは?

 

フリーランスの動画編集者に求められるスキル

  • 動画編集用のソフト(After EffectsやPremiere Pro等)を使いこなせるスキル
  • デザインソフト(PhotoshopやIllustorator等)を使いこなせるスキル
  • 動画作成に関するスキル

 

これらのスキルは、「TechAcademy」「ヒューマンアカデミー」等で開講されている、動画クリエイター向けのオンラインスクール講座等を利用して習得するのがよいでしょう。

未経験からチャレンジするのであれば、実務経験を積むためにも、動画編集者の求人を積極的に行っている企業に応募してみるのもおすすめです。

 

収入の目安はどれくらい?

フリーランスの動画編集者の収入は、平均年収が約400万円程度となっています。

相場として、1本の動画編集につき、平均5,000円程度の報酬とされていますが、案件数をこなせばこなすほど、より多くの報酬を得られます。

そのため、まだ経験の浅いうちは、受けられる仕事数も少なく、報酬にはなかなか結びつかないかもしれません。

 

しかし、実績を積み、作成する動画のクオリティを高めることで、高単価の仕事を得られる可能性も高まるため、収入を伸ばすことも可能です。

このほか、より多くの報酬を得るため、動画広告の制作に力を入れたり、再生回数を伸ばすために市場調査や宣伝方法などを積極的に行っている動画編集者もみられます。

 

フリーランスの動画編集者のメリット・デメリット

フリーランスの動画編集者として働く際のメリット・デメリットには、次のような点が挙げられます。

 

フリーランスの動画編集者のメリット・デメリット

 

メリット

  • 自分のペースで、パソコン1台あれば仕事ができる
  • 動画編集に関する様々なスキルを身につけられる
  • 自分と相性のあうクライアントから受注できる

 

デメリット

  • 未経験から動画編集に携わった場合はほとんど稼げない
  • 自分から案件を獲得しに行く必要がある
  • 継続案件が獲得できなければ収入が不安定となりやすい

 

どんな働き方をするの?

フリーランスの動画編集者として活動する場合、基本的に自宅等、在宅での働き方が主となります。

パソコンとインターネットさえあれば仕事ができるため、自宅に限らず、外出先から仕事をすることも可能です。

自分のペースで仕事をできるというのが、動画編集者の魅力でもありますが、締め切り前は徹夜の作業が続くなど、大変な一面もあります。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 

どこで求人を探す?

フリーランスの動画編集者の求人を探すには、次の2つの方法が一般的です。

 

フリーランス動画編集者の求人を探す方法

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 友人・知人からの案件紹介
  • TwitterやInstagram等のSNSを利用して案件をチェックする

 

このうち、「ランサーズ」や「クラウドワークス」といったクラウドソーシングサイトを利用して、フリーランス動画編集者の求人を検索するのが、最も効率のよい方法です。

豊富な案件の中から、自分にあった案件を探し出すことができるでしょう。

また、SNSをこまめにチェックし、動画編集者の求人情報を調べるのもよいでしょう。

 

フリーランス動画編集者に向いているのはこんな人!

フリーランスの動画編集者は、このような人にぴったりの仕事といえます。

 

  • 動画編集のためのスキルやソフトを所有しており、すぐにでも仕事の始められる人
  • できれば一度動画編集者の経験を積める企業で勤務した経験のある人
  • 締め切り前の徹夜作業などハードな仕事内容にも耐えられる人

 

まとめ|フリーランスの動画編集者はこれからもますます需要の高まる仕事!

本記事では、フリーランスの動画編集者について、仕事の内容や役立つスキル、働き方や収入の目安などについてご紹介しました。

動画編集者の仕事は、過去に動画編集者としての経験のある人、必要なソフトを所有しており、即仕事を始められる人にとってぴったりの仕事です。

 

ただし、締め切り前は徹夜作業が続くなど、ハードな一面もありますので、体力に自信があるかどうかも確認しておきましょう。

「フリーランスの動画編集者として独立してみたい」とお考えの方は、今回ご紹介した内容を参考にチャレンジしてみてください。

 

フリーランスの動画編集者まとめ!
☑ フリーランスの動画編集者は、今後ますます需要の高まる仕事!
☑ スキルを身につけるには、オンラインスクールを利用する、もしくは企業での実務経験を積むのがおすすめ
☑ クラウドソーシングサイトを上手に使うと効率のよい案件獲得ができる

 

合わせて読みたい関連記事

・  フリーランスが登録必須なWebサイト16選!今すぐ仕事が見つかる

・  フリーランスで働くには?あなたが自由に働けるおすすめの4タイプ

・ 【最新2021年12月版】フリーランスで稼げる職業5選!

・ フリーランスでは生活できない?月10万円を突破するには?

・ フリーランスと会社員の違いを全解説!経験者が語る5つのメリットとは?

フリーランスとして活躍できるのはこんな人【フリーランスの仕事】

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • m****k様が
    900万円を調達しました。

  • a******e様が
    400万円を調達しました。

  • k*****s様が
    1000万円を調達しました。

  • m**i様が
    100万円を調達しました。

  • s*****d様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング