フリーランスの小売店経営者は稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2021/12/3

フリーランスの小売店経営者は稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

 

「いつかは自分の店を持ちたい!」

フリーランスとしての働き方を希望している人の中には、そんな憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。

特に顧客とのつながりやコミュニケーションを大事にする人にとって、おすすめしたいのが小売店経営の仕事です。

 

そこで今回は、小売店の経営者として活躍してみたい方向けに、仕事の内容や役立つスキル、収入の目安や仕事の探し方などを中心にご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、今人気のフリーランスの職種一覧は以下の記事で解説しています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 


 

【はじめに】小売店の経営ってどんな仕事?

小売店経営とは、実際に自分の店を持ち商売をすることを指します。

インターネット上の店舗とは異なり、基本的には店の中で接客をして過ごす形となりますので、リアルなお客様相手に商売をしたいという人にとってはぴったりな仕事です。

小売店経営を成功させるためには、人を呼び込める商材を見つけること、また、条件の良い場所に店舗を構えるなど、出店前にさまざまな観点からの検討が必要となります。

 

小売店経営におすすめの資格や知識とは?

小売店経営をするにあたって、免許や許可証が必要というわけではありません。

しかし、開業する店舗によっては、店舗の内容に応じた免許や許可証が必要となる場合があります。

以下、「酒」「中古品販売」「食品販売」「ペット販売」を例にとり、小売店経営をする際に取っておくべき資格をご紹介します。

 

小売店経営におすすめの資格や知識とは?

 

酒の販売に必要となる資格

  • 一般酒類小売業免許

 

「一般酒類小売業免許」は、税務署で申請できます。

 

中古品販売に必要となる資格

  • 古物商許可申請
  • その他取り扱う商品に応じた資格

 

「古物商許可申請」は、警察署に申請する必要があります。

その他にも、取り扱う商品に応じて必要となる資格がある場合もあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

 

食品販売に必要となる資格

  • 食品販売業の営業許可申請

 

「食品販売業の営業許可申請」は、保健所に申請する必要があります。

申請内容の詳細については、店舗を管轄している自治体の保健所に確認を行いましょう。

 

ペット販売に必要となる資格

  • 動物取扱業

 

「動物取扱業」の届出は、自治体ごとに窓口が異なります。詳細については、自治体ホームページ等を参考にしてください。

動物取扱業の資格は、魚や昆虫を取り扱う場合は対象外となります。

 

その他、小売店経営にあたって、行っておきたい届出には次の2つがあります。

 

小売店経営にあたって行っておきたい届出

  • 個人事業の開業・廃業等届出書
  • 青色申告承認申請書

 

「個人事業の開業・廃業等届出書」「青色申告承認申請書」は、管轄の税務署へ提出します。

このほか、人を雇う場合には、「健康保険・厚生年金保険」や「労災保険・雇用保険」の加入も必要となりますので、あらかじめ念頭に入れておきましょう。

 

小売店経営の始め方は?

小売店経営を始めるにあたって、やっておくべきことには次の5つの点が挙げられます。

 

小売店経営を始める際にやっておくべきこと5つ

  • 立地の調査や選定
  • 品揃えの検討
  • 内装工事や設備の搬入
  • 仕入先の検討
  • 集客のための宣伝

 

この中で、店の売り上げをあげるという意味から最も重要な位置付けを占めるのが、出店する場所の立地選定です。

 

なんとなく「人が集まりそうな場所」「購買力の高そうな場所」を選んでしまいがちですが、必ずしもそのような場所が自分の店舗にとっての好立地とはならないため、注意しましょう。

どこに出店するのかが決まったら、対象とする顧客のイメージや、品揃えのコンセプトを検討します。

どのような価格帯の商品を揃えるのかということを考え、店の基本方針を決定したら、店の内装工事や仕入先の検討を行い、集客に必要な宣伝を行っていきましょう。

 

収入の目安はどれくらい?

小売店経営者の収入は、どのような商品を取り扱うかにより大きく異なります。

そして、季節や需要の変化を受けやすいため、一概にこの金額という額を挙げにくいのが現状です。

おおまかな目安としては年収600万円程度、となりますが、店舗経営を始めたばかりのころなどはほとんど収入がないことも珍しくないでしょう。

 

なお、収入とは異なりますが、小売店開業の際にはある程度まとまった資金を用意しておかなければならないため、注意しましょう。

例えば、店舗や事務所の準備、内装等だけでも最低1,000万円前後の資金を準備が必要となります。

 

小売店経営のメリット・デメリット

小売店経営を行うメリット・デメリットには、次のような点が挙げられます。

 

小売店経営のメリット・デメリット

 

メリット

  • 顧客とのコミュニケーションを大切にできるため、商品や店舗の個性をアピールできる
  • 店舗の立地場所や販売する商品によっては集客が簡単
  • 顧客が実際に商品を確認した上で購入できるため、クレームが少ない

 

デメリット

  • 店舗の営業時間は店で過ごす必要があるので、時間を拘束される
  • 開業資金としてある程度まとまったお金を準備する必要がある
  • 店舗の場所が限定されるため、遠方の顧客を呼び込むことが難しい

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 

小売店経営者に向いているのはこんな人!

小売店経営者は、このような人にぴったりの仕事といえます。

 

  • リアルな店舗経営に興味のある人
  • すでに取り扱ってみたい商品が決まっており、開業資金の準備が可能な人
  • 収入は季節や需要の変化を受けやすいため、多少収入が不安定でも継続できる気持ちのある人

 

まとめ|事前準備をしっかりと行い、小売店経営を成功させよう!

本記事では、小売店経営者について、仕事の内容や役立つスキル、働き方や収入の目安などについてご紹介しました。

「フリーランスとして小売店経営にぜひ挑戦してみたい!」とお考えの方は、今回ご紹介した内容を参考にチャレンジしてみてください。

 

フリーランスの小売店経営まとめ!
☑ 小売店経営者は、売りたい商材がある人やリアルな店舗経営に挑戦してみたい人にぴったりな仕事
☑ 開業する前には、必要となる免許や許可証について確認しておこう
☑ 収入は不安定になりがち。また、まとまった開業資金が必要となるので準備しておこう

 

合わせて読みたい関連記事

・  フリーランスが登録必須なWebサイト16選!今すぐ仕事が見つかる

・  フリーランスで働くには?あなたが自由に働けるおすすめの4タイプ

・ 【最新2021年12月版】フリーランスで稼げる職業5選!

・ フリーランスでは生活できない?月10万円を突破するには?

・ フリーランスと会社員の違いを全解説!経験者が語る5つのメリットとは?

フリーランスとして活躍できるのはこんな人【フリーランスの仕事】

 

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

shikin-pro

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • i***u様が
    400万円を調達しました。

  • q****q様が
    700万円を調達しました。

  • i**t様が
    600万円を調達しました。

  • y****x様が
    400万円を調達しました。

  • y**r様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング