ドローン操縦士になるには?フリーランスで成功する方法!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/12

ドローン操縦士になるには?フリーランスで成功する方法! NEW

空撮などで大活躍しているのが、ドローン操縦士です。ドローン操縦士とは、その名の通りドローンを使って空から撮影をしたり、農薬の散布にもドローンが使われています。

 

また 建築物や重要文化財などの構造調査・データ記録などにもドローンが活用されています。

 

ドローン操縦士になるには、どのような方法があるのでしょうか? またドローン操縦士の職で独立し「フリーランス」として稼ぐには、どのような戦略が必要なのか気になりますよね!

 

ドローン操縦士の仕事の内容、年収、成功のコツも気になるところです。この記事では『ドローン操縦士になるには?』と題して、フリーの「ドローン操縦士」で成功する方法を詳しく解説します。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

ドローン操縦士とは?

 

ドローン操縦士という職業をご存知でしょうか?

ドローン操縦士とは、ドローンを操縦するプロのオペレーターを指します。

 

ドローン操縦技術に関する認定資格を制度化したものに、ドローン操縦士協会が認定する「DPA認定資格」や、一般社団法人日本UAS産業振興協議会のJUIDAドローン資格などがあります。

 

最近ではテレビで流れている動画や、雑誌に掲載されているドローン映像も増えてきました。

 

ドローン操縦士の働き方

 

動画や写真撮影以外にも上空からの調査などの分野でも、ドローン操縦士は活躍していますね。

 

・空撮
・農薬散布用
・土木測量
・ドローン講師
・屋根や発電所の点検

 

ドローン操縦士という職業は「空の産業革命」と呼ばれ、需要は増えてきました。

 

ドローン操縦士に必須のスキル

 

フリーランスのドローン操縦士は、使うドローン本体の周波数によって必要な資格が変わります。

産業用ドローンを使う場合は「第3級陸上特殊無線技士」という国家資格が必要です。

 

初心者はドローンスクールに通う場合もありますが、必要な一般知識は自分で調べられるので独学だけでもドローン操縦士になれます。

 

フリーランスのドローン操縦士に向いている人

 

ドローン操縦士に向いているのは、次のような方です。

 

ドローン操縦士に向いている人
☑️ ドローン操縦の資格を取得したい
☑️ 動画撮影、動画編集が得意
☑️ 新たな分野でスキルを取得したい

 

ここ数年、ドローン操縦士向けのスクールは増えており、どの場所で「どの資格を取るべきか」迷う方は多いです。

ドローンのスクール選びは、立地や授業料だけでなく、目指す仕事で必要な資格を取得してください。

 

参考リンク:ドローンに必要?シーン別・国家資格/民間資格と費用まとめ

 

フリーランスのドローン操縦士の平均年収

 

フリーランスのドローン操縦士の平均年収は約400万円です。

 

まだ成長途中の職業なので、求めているニッチに入り込んで年収1,000万円以上を稼いでいる人もいますよ。

 

参考リンク:ドローン操縦士の年収・平均給与は?需要や今後の将来性について(ドローンスクールナビ)

 

フリードローン操縦士の注意点

 

ドローンを飛ばす際に、さまざまな飛行に関する申請と許可をとらなければいけないと覚えておきましょう。

 

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

無人航空機の利用者の皆様は、以下に記載している無人航空機の飛行禁止空域や飛行の方法に関する同法のルール、関係法令及び地方公共団体が定める条例を遵守して無人航空機を飛行させて下さい。また、無人航空機を飛行させる場合には、当該ルールの遵守に加えて、以下のガイドラインもご一読いただき、第三者に迷惑をかけることなく安全に飛行させることを心がけましょう。

出典元:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール(国土交通省)

 

無断でドローンを飛ばしてしまうと、クライアントに迷惑をかけてしまうのでしっかりと法律を理解する必要がありますね。

 

ドローン操縦士と比較したいフリーランス職

 

注目すべきフリーランス職、「狙い目」の職業をまとめてみました。

 

 

インスタグラマー

カメラマン

 

YouTuber

 

動画編集者

映像クリエイター

 

 

このほかにも、フリーランスに人気の職業は以下の記事にて詳しく解説しています。

 

フリーランスとは?フリーランスの語源や意味、フリーランスの定義を徹底解説!

 

興味のあるジャンルがあれば、必要な資格を取得しましょう(職種をクリックをすると、仕事の内容や特徴など、詳細が開きます)。

 

フリーランス, ドローン操縦士になるには, フリーランスの仕事

 

ドローン操縦士のオススメ度

 

ドローン操縦士のオススメ度は、次の通りです。

 

ドローン操縦士のオススメ度

総合評価 ★★★★☆(オススメ)
人気度 ★★★★★(人気の職業)
難易度 ★★★★★(難しい)
将来性 ★★★★☆(将来性あり)
報酬の高さ ★★★☆☆(案件による)

 

フリーランスとして活躍する上で、重視したいのが将来性と報酬の高さです。

現在の年収や仕事内容と比較して、フリーランス「ドローン操縦士」を目指すべきか、時間をかけて検討しましょう。

 

なおドローン操縦士以外で、人気の「フリーランス職」は以下の記事でも詳しく解説しています。

 

 

ぜひドローン操縦士の仕事内容や口コミ評価と比較してみましょう。

 

ドローン操縦士|フリーランスのお金の問題はlabolで解決!

 

フリーランスのお金の問題を解決するには、仕事を終えた後、報酬受け取りまでの【期間】を短くすることです。

月末締め、翌月末といったサイクルであれば、資金ショートの心配はありませんが、月末締めの翌々月末払いという支払いサイクルでは、資金ショートを起こしてしまいます。

 

もし、クライアントからの報酬受け取りが「長い」と感じているのであれば、請求書買取サービスを利用しましょう。

請求書買取サービスとは、クライアントに発行した請求書を専門業者が現金化(先払い)してくれるサービスです。

 

参考リンク:【最新版】フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

 

こうした請求書買取サービスは、年々増加傾向にありますが、フリーランスの間で最も人気が高いのが株式会社ラボルが運営するlabol(ラボル)です。

 

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

labol(ラボル)は、フリーランス・個人事業主を対象とした新しい形の請求書買い取りサービスです。請求書アップロードから最短60分で口座に入金されるスピード感が最大の特徴で、審査手続きを自動化させる独自の仕組みによってこの仕組みを実現しています。

会員登録から審査手続きまですべてWeb上で完結しますので、書類審査や電話が発生せずスムーズに買取依頼を行うことができます。

 

運営元は東証一部上場企業である株式会社セレスの100%子会社となっていますので、資金面やサービス継続性の面でも安心できるでしょう。

買い取り手数料は、一律で買取金額の10%とシンプルで分かりやすい設計になっています。

明日までに資金が必要なフリーランスの方にはピッタリのサービスと言えそうです。

 

以下、labol(ラボル)の概要をまとめてみました。

 

labol(ラボル)の概要

サービス名 labol(ラボル)
おすすめ度  ★★★★★

(No.1人気!)

運営会社 株式会社ラボル
(英文表記:labol inc.)
代表取締役 吉田 教充
〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
設立 2021年12月
申し込み条件 個人
手数料 10%
請求書の最小金額 1万円〜
現金化までの時間 最短60分
URL labol・ラボル(公式サイト)

 

labol(ラボル)の詳細は、以下公式サイトを確認してください。

 

参考リンク:labol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

補足|ドローン操縦士になるのに役立つ資格

 

ドローン操縦士になるのに役立つ資格は、次の通りです。

 

ドローン操縦士協会が認定「DPA認定資格」

一般社団法人日本UAS産業振興協議会  JUIDAドローン資格

DJI JAPANの認定資格

 

高額案件の獲得、継続案件の受注、年収アップを目指して必要な「資格」を取得しましょう!

 

まとめ|フリーの「ドローン操縦士」を目指してみよう!

 

ドローン操縦士で成功をするには「ドローン操縦の資格」が必要だとわかりました。国土交通省の定めるルールを遵守し、今回紹介した資格を取得しておきましょう。

 

■ いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • w***i様が
    1100万円を調達しました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング