WEBライターになるには?フリーランスで成功する方法!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/13

いま WEBライターを目指す人が増えています。WEBライターの魅力は「文章が好き」な方であれば、未経験でもフリーランスになれることです。

 

 

WEBライターになるには、どのような方法があるのでしょうか?

またWEBライターの職で独立し「フリーランス」として稼ぐには、どのような戦略が必要なのか気になりますよね!

 

WEBライターの仕事の内容、年収、成功のコツも気になるところです。この記事では『WEBライターになるには?』と題して、フリーの「WEBライター」で成功する方法を詳しく解説します。

 

フリーランス|YouTube

【PR】フリーランスの資金調達でオススメのサービスはコレ!

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在のおすすめカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

WEBライターとは?

WEBライターとはネットで使われる記事、コピーライテイングを作る職業です。名前の通り、一般的なライティング職とは異なり、WEBコンテンツに限定して記事や文章を作成します。

 

WEBライターとは?

WEBライターとは、クライアントからの依頼を受け、様々なWEBサイト上に掲載する記事を書くライターのことです。ニュースやコラム、インタビュー、メールマガジンなどをはじめ、最近では運営者に代わってブログの文章を書くケースやECサイトなどで商品説明文を書くケースも増えており、ライティングの分野は多岐に渡っています。

出典元:そもそもWEBライターとは?(マイナビクリエイター)

 

2022年の調査によると、女子中学生のなりたい職業の上位に「WEBライター」がランクインしていました。

 

インターネットで検索したときに表示される記事のこと。この記事の文章を作成するのがWEBライターの仕事であり、WEBコンテンツなどの文章を書くプロフェッショナルのことを指しています。
最近では、フリーランスのWEBライターに出会うことも多くなってきました。企業に属さず、特定のメディアの専属ライターとして働く人もいれば、さまざまなメディアの記事執筆を任される人もいます。

 

WEBライターは「文章力」さえあれば、誰にでもチャンスがある仕事だと思います。

また、クラウドソーシングというサービスも出てきているので、企業からの依頼を受けて単発で記事を書くWEBライターもいます。

 

クラウドソーシングを活用して、学生や主婦、副業でWebライターとして働く人も多くなりました。WEBライターはネット環境さえあればどこでも働けるので、子育て中のママや、カフェなどで働くノマドワーカーも増えてきています。

 

WEBライターになるには、試験や資格は必要ありません。誰でもWEBライターになることができます。

 

WEBライターにとって一番大事なのは、書くことが好きかどうかです。WEBライターの仕事のほとんどは文章を書くことなので、書くことよりも話すことが好きな人、情報を公開することが苦手な人には向かない仕事だと思います。

 

WEBライターになりたい人は、自分が文章を書くのが好きかどうかを考えてみるとよいでしょう。

 

WEBライターに向いているのは、人や物事に対する好奇心が旺盛な人です。企業内ライター、フリーランスライター、インターンなど、特定のジャンルを書いて生計を立てられるライターはごくわずかです。何かに興味を持つことは必要ですが、いろいろなことに目を向けられる人は作家になる可能性が高いですね。

逆に、興味の範囲が狭く、人とのコミュニケーションがうまくとれない人にWEBライターは向いていません。

 

WEBライターは一人で黙々と記事を書くという概念が強いですが、他の仕事と同じように、クライアントのニーズを理解し、それを満たすコンテンツを作らなければ、取引は成立しないのです。

 

クライアントとのコミュニケーションだけでなく、記事を書く相手、時にはカメラマン、編集者、出版社、記事をチェックする校正者ともコミュニケーションをとる必要があります。

 

ほとんどのWEBライターは、記事の書き方や投稿の仕方について、細かいルールやガイドを持っています。また、誤字脱字がないか、言葉の使い方や選び方が正しいかどうかなど、記事の内容も問われます。

 

そのため、マニュアルやルール、文法に従うことが得意な人に向いています。逆に言えば、「間違っていても意味がわかればいい」「多少間違っていても問題ない」というメンタリティの人にWEBライターは向きません。

 

WEBライターが求められる背景

現在、多くの企業が自社サイトで商品発表会やコラムなどのコンテンツを公開し、集客に役立てています。このようなオウンドメディアの記事やPR記事は、商品やサービスに対して書かれるものです。その他にも、ネット広告や募集告知、イベントレポートなど、ネット記事の種類は多岐にわたります。

 

また、課題の内容によっては、インタビューや写真などの取材を自ら行ったり、記事に必要な調査を行ったり、記事をデザインしたりすることもあります。

 

WEBライターは、企業などのクライアントが設定したテーマや文字数、文体に沿って記事を執筆します。記事が公開されれば、多くの人に読んでもらえるので、文章を書くことが好きな人にとってはやりがいのある仕事です。

 

WEBライターの働き方

在宅ワークがあたりまえになった事で、未経験でも始められるフリーランスのWEBライターに注目が集まっています。

WEBライターとは主にWEB上で読まれる文章を書く職業です。

 

初心者でも知識があれば活動できるので、フリーランスのWEBライター人口は急増しています。そのため案件のクラウドソーシングで依頼される価格帯にも、大きな差が出るようになってしまいました。

 

WEBライターには、時間や場所にとらわれないというメリットがあります。逆に言えば、誰にもコントロールされないということでもあります。

 

通常、企業における営業や事務などの一般職では、最初に仕事の量や達成すべき目標について、ある程度の指示が出されます。

 

社員はその指示に従い、定期的に上司に仕事の進捗状況を報告・連絡・相談しながら、日々の仕事をこなしていくというルーティンですが、そこで仕事の方向性がずれているようであれば修正し、目標に達していないようであれば仕事の改善指導を受けることができますよね。

 

しかし、WEBライターは基本的に一人で仕事をするため、そのような手助けを受けることはできません。すべて自分でやらなければならないので、自分の能力に合わせて時間をやりくりしなければなりません。

 

さらに、WEBライターは単にニュース記事を書けばいいというものではありません。社会に存在する情報をもとに、あるテーマについて、どうすればいいのか、どんなメリットがあるのか、ユーザーが必要とする内容を積極的に盛り込まなければなりません。

 

しかし、普段からさまざまな分野の情報を吸収してまとめ、まったく関係のない分野の視点も加えることができれば、より精巧でオリジナルな文章を書くことができるようになります。そのため日頃から情報収集を行い、積極的に学習したい人がWEBライターに適しています。

 

WEBライターの仕事内容

WEBライターの仕事は、専門知識がなくてもWEB上で情報収集すれば書ける記事(いわゆる「こたつ記事」)から、専門的な知識や経験がなければ書けない記事まで、幅広く存在します。もちろん、後者の方が高収入になることは言うまでもありません。

 

調査→取材→執筆と一気通貫で書ける記事もあり、その場合はより高い収入を得ることができます。WEBライターには、企業に正社員として勤務する人と、在宅で仕事をする人がいます。

 

在宅勤務の場合は、クラウドソーシングを利用して案件を受注したり、クライアントの指示に従ったりすることが可能です。

 

また、正社員として働く場合は、ライティングの仕事を請け負う会社に所属することもありますが、WEBライターとして会社に所属する場合は、派遣社員やアルバイトとして雇用されることが多いようです。

 

正社員として働くWEBライターの職種の例としては、コピーライターやテクニカルライターなどが知られています。

 

コピーライターは、広告やポスター、チラシなど、販売促進を目的とした短い文章を作成する仕事で、WEBサイトやバナー広告の文章を書くこともあり、WEBコピーライターに近い側面もあります。限られた文字数で人の心をつかむことを目指す一方、長い文章で訴求することが多いため、業界や商品に関する知識、文章力、想像力などが求められます。

 

テクニカルライターは、主に製品マニュアルなどの「インストラクションライティング」、海外で作成されたマニュアルなどの翻訳を行う「テクニカルトランスレーション」など、特定の分野を扱います。テクニカルトランスレーターは、海外で作成されたマニュアルなどの翻訳を担当します。

 

テクニカルライターの仕事には、文章力だけでなく、技術的な知識も必要です。また、文章を読んだユーザーが製品を正しく使えるように、ユーザーの立場に立って考える能力も求められます。特に、技術的な知識が全くないユーザーの立場や視点に立つことは、技術的な知識を持つ者にとっては難しいかもしれません。

 

WEBライターがおすすめの人

WEBライターに向いている(=おすすめできる)のは、次のような方です。

 

WEBライターに向いている人
☑️ 文章を書くのが好き
☑️ 話題のテーマで記事が書ける
☑️ 調査、分析が得意

 

WEBライターは「文章力」だけでなく、読者がどのような記事を好んでいるのか、読み手側のニーズや「欲しい情報」をスピーディーに提供する能力が必要です。

 

またアクセス数を伸ばすべく、SEOの知識やWEBマーケティングの知識も必要になります。

 

WEBライターの平均年収

気になるWEBライターの平均年収ですが、前述の通り、WEBライターの経歴や月に受ける仕事の数、仕事の種類によって異なります。

 

WEBライターの平均年収は450万円と言われていますが、実際のところフリーランスWEBライターは3人に1人は200万円未満で、全体を通しての平均年収は約300万円といった調査結果も出ています。

 

しかし全体の2%には、年収1,000万円以上を稼げているフリーランスWEBライターもいます。どれだけ稼げるかどうかは、実績や専門性のあるライティングスキルを持っているかどうかで左右されてしまうのです。

 

参考リンク:ライターの仕事の年収・時給・給料情報(求人ボックス 給料ナビ)

 

例えば、どこの企業にも属さないフリーランスの場合、実績やキャリアによって1記事あたりの報酬額は変わってきます。

 

WEBライターは通常、クラウドソーシングなどでクライアントから案件を受注しますが、最初はまだ記事ライターとしての経験がなかったり、ライターとして案件を受注したりするため、低い単価で案件を受注することがあります。

 

会社に属さずにフリーランスでライティングの仕事を請け負う場合は、文字単価(1文字あたりの価格)で支払われるのが一般的です。

初級ライターは1文字0.5円~1円、中級ライターは1円~3円程度が一般的です。特定の分野に長けていたり、希少な資格を持っていたりする上級ライターは、1文字3円以上の報酬を得られることもあります。

 

フリーライターは、1記事ごとに仕事を受けることもあります。その場合、記事の難易度や文字数によって単価が変わります。

 

商品モニター記事なら1記事数百円、まとめ記事(コラムページ)なら1記事300~3000円、写真やインタビューが必要な取材記事なら1記事5万~10万円という単価が一般的です。

 

メディアを運営する企業などに勤務する場合は、時給制になります。記事を書くだけでなく、校正や管理業務も求められることがあります。地域によって異なりますが、時給は1300円~2000円が一般的です。

 

通常、経験を積むまでの期間は単価が低く、記事数の少ない案件を担当することになるため、労働時間に対する報酬は比較的低く、年収もそれに比例して低くなることが多いようです。

 

しかし、経験を積み、職歴が増え、専門性が出てくると、より高い単価、より多くのワード数の案件を受注できるようになります。また、取材やインタビューが必要な案件も受注できるようになり、その場合は報酬が高くなります。

 

クラウドソーシングでは、クライアントと報酬額の交渉もできるので、”記事に使う写真やグラフィックはお任せください、〇〇円でいかがですか?”というような提案も可能です。というような提案もできます。”掲載する写真やグラフもこちらで用意しますので、0.00円でいかがでしょうか?”といった提案も可能です。

 

【PR】フリーランスの資金調達でオススメのサービスはコレ!

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在のおすすめカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

WEBライターに必須のスキル

これからWEBライターとしてフリーランスになりたい人は、SEOライティング・コンテンツライティング・セールスライティングなどライティング分野においての専門性を高めておきましょう。

 

一般的にWEBライターに資格は必要ありません。しかし、持っていて損はない資格もいくつかあるので、以下に簡単に説明します。

 

WEBライティング技能検定

WEBライティング技能検定では、文章力を鍛え、WEBライティングの実力を発揮することができます。試験に合格すれば、クラウドソーシングの収入が増えたり、より良い案件に参加できたりと、クラウドソーシングを盛り上げるための特典があります。

 

未経験からWEBライターを目指すのであれば、ぜひ合格しておきたい試験です。WEBライティング技能検定は、月に1回、90分で受けられるWEBサイトライティングの検定です。WEBライティング技能検定講座を購入した方が受験でき、本試験の受験料6,000円のほか、認定証や修了証の発行料として3,000円が必要です。

 

SEO対策認定試験

Search Engine Optimizationの略で、SEOという言葉を聞いたことがありますか?WEBライターに活かせるスキル・経験」で詳しく解説しています。SEOとは、簡単に言うと、選択したキーワードで検索エンジンでの記事の順位を上げ、ユーザーに欲しいアクションを起こしてもらうための技術です。

 

SEOのスキルはWEB制作者として働く上で必須であり、SEO検定を取得することで、案件をこなす際にスキルを発揮することができるようになります。SEO検定とは、SEOの知識を試すために利用できる試験です。指定された試験会場で60分の試験を受けることになります。受験料は5,000円です。受験資格は特になく、認定証は無料で発行されます。

 

基本的にはWEBサイトの運営を行う人を対象とした試験ですが、公式テキストや動画も公開されているので、初心者でも気軽にSEOのスキルを身につけることができます。

 

SEO検定には、4級から1級までのレベルがあります。4級は検索エンジンの構造やGoogleの機能、SEOの重要性などSEOの基本的な知識が問われるので、4級を取得すればWEB制作者になるには十分なレベルだと言えます。

 

クライアントは専門知識や実績があるWEBライターを求めているので、どれだけ知識と実績があるのかがWEBライターとしてのアピールポイントになりますよ。

 

【メモ】WEBライターにSEOの知識が必要な理由

WEBライターが活かせるスキルの1つ目は、先ほど説明したSEOの知識です。WEB上に公開されている記事の多くは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードをもとに、ユーザーの端末に表示され、クロールされるようになっています。

 

しかし、多くのユーザーは、最初に閲覧したページで1~3位以上に表示される記事しか見ない傾向があります。せっかく、特定のキーワードで検索するユーザーに向けてわかりやすい記事を作成しても、読んでもらえなければ意味がありません。そのため、WEB記事の作成にはSEOのスキルが不可欠です。

 

検索エンジン最適化とは、ユーザーが狙ったキーワードで検索したときに、狙った記事がユーザーの目に触れる上位に表示されることです。

どんな記事でも、ユーザーに正確な情報を提供するだけでなく、商品の購入や自社の知名度アップ、会員登録の増加など、適切なアクションを促すことが最終的な目標になります。

 

そのため、WEBライターとして活躍したいのであれば、SEOのスキルが必要です。最初はよくわからなくても、徐々に覚えていくとよいでしょう。

 

SEOと並んでWEBライターに必要なスキルとして、「情報収集力」が挙げられます。前述したように、文章を書くには情報収集が重要です。

検索エンジンに打ち込むキーワードの選び方や、限られた時間の中で正確な情報を集めるために、日頃から各分野の専門家の存在を調べておくとよいでしょう。

 

また、読み手の立場に立って考えることができることも大切です。WEBライターの仕事は、ネット上で情報を見つけたいユーザーに対して、情報を正確かつ分かりやすく伝えることです。ですから、

 

自分が言いたいことをそのまま書くのではなく、ユーザーがどんな情報を求めているかを考え、それを書く必要があります。内容を詳しく説明した目次のある記事のアウトラインを書くように言われた場合も同様です。どのような目次であっても、ユーザーがどのような情報を求めているかを予測し、それに沿って書くことが重要です。

 

WEBライティングのメリット

WEBライターの仕事のやりがいは、自分の頑張り次第で報酬が徐々に上がっていくことです。

最初はフリーランスとして働いても、報酬の低い案件しか得られないかもしれませんが、コツコツと努力を続ければ、評価は上がっていきます。

 

クラウドソーシングサイトには、投稿者同士で評価したり、コメントを投稿したりできるコーナーがあるので、定期的に真面目に仕事をしていれば、案件を多く受注して高い評価を得ることができます。

 

そうなると、あなたの仕事を見た他のクライアントから、より高い単価で新しい案件を受注することができ、徐々に収入がアップしていきます。

 

それに、WEBライターとして毎日文章を書いていると、他の人の作品を読んで情報収集したり、自分の言いたいことをわかりやすく書く方法を学んだりするので、知らないうちに文章力がアップしていきます。

 

日々少しずつ上達していくので、普段は気づかないのですが、ある日、自分の昔の文章を読んでみると、そのことに気づくことができます。自分の上達を実感できるのも、ネットライティングのやりがいです。

 

WEBライティングのデメリット

WEBライターは、文字単価や記事単価で仕事を受けることが多いので、書けば書くほど収入になります。

しかし、記事を書くことに慣れるまで時間がかかることが多いです。そのため、当初は労力に比して収入が少ないと感じるかもしれません。自分との折り合いをつけるのが難しいと感じるかもしれません。

 

好きな時に好きな場所で仕事ができる分、サボらないように自己管理することが必要です。納期を必ず守るライターは、クライアントからの信頼を得て次の仕事につなげられる WEBライターとして働く場合、自分でうまくスケジュールを管理する必要があります。

 

収入が不安定なのも大きなデメリットです。企業に正社員として勤務している場合は別ですが、フリーランスの場合、ある案件は継続的に、ある案件は単発で獲得することができます。これを正社員にするのは、月収にばらつきがあるため時間がかかりますし、成功するかどうかは自分の頑張り次第です。

 

また、フリーランスとして働く場合、会社に勤める場合とは異なり、税金の支払いなどを自分で行わなければなりません。確定申告などの面倒な作業はすべて自分で行わなければならないので、この点はデメリットと言えるでしょう。

 

WEBライターになる前に抑えておきたいポイント

WEBライターは時給制ではなく、記事単位で報酬が発生するため、どれだけ仕事をこなせるかが重要です。

 

もちろん、質の高い情報や文章を書くことは大前提ですが、机の前で8時間かけて真剣に考えた文章でも、1記事完成しなかったからといって、すぐに給料につながるわけではありません。

 

決められた納期内に、一定数の記事を保証された品質で納品できなければ仕事にならないので、時間管理がうまくできない人は、WEBコピーライターには向いていないと思います。

 

WEBライターの仕事では、情報収集が最も重要な仕事です。自分が必要だと思うものだけを書いていては、ユーザーが本当に必要としている記事を提供することはできません。

 

何よりも、信頼できる一次情報をできるだけ多く集め、必要であれば取材を行うなど、情報収集を怠らないようにしましょう。ですから、情報収集が苦手な人、先延ばしにしてしまう性格の人には向かない仕事です。

WEBライターになる前に、自らスケジュール管理できる「習慣」を身に付けるようにしましょう。

 

WEBライターと比較したい職業

WEBライターの方に「狙い目」の職業をまとめてみました。職業をクリックすると、仕事の内容やフリーランスで働くコツ、その他詳細が確認できます。

 

 

このほかにも、フリーランスに人気の職業は以下の記事にて詳しく解説しています。

 

フリーランスとは?フリーランスになる方法と仕事をもらう方法

フリーランスとは?フリーランスの語源や意味フリーランスの定義を徹底解説!

 

興味のあるジャンルがあれば、必要な資格を取得しましょう(職種をクリックをすると、仕事の内容や特徴など、詳細が開きます)。

 

【PR】フリーランスの資金調達でオススメのサービスはコレ!

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在のおすすめカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

フリーWEBライターの注意点

フリーランスとして働く場合は、自分で積極的に営業をする必要があります。またポートフォリオなどを作成した売り込み、希望をする媒体への応募も必要です。

 

フリーランス, WEBライターになるには, フリーランスの仕事

 

ある程度の経験を積めば、WEBライターは過去に執筆した記事や、自分のブログなどが全て実績となりクライアントからオファーがくる場合もありますが、駆け出しの時期には自ら「売り込む」行動力が求められます。

 

WEBライターのオススメ度

WEBライターのオススメ度は、次の通りです。

 

WEBライターのオススメ度

総合評価 ★★★★☆(オススメ)
人気度 ★★★★☆(人気の職業)
難易度 ★☆☆☆☆(カンタン)
将来性 ★★★★☆(将来性あり)
報酬の高さ ★★★★★(報酬が高い)

 

フリーランスとして活躍する上で、重視したいのが将来性と報酬の高さです。現在の年収や仕事内容と比較して、フリーランス「WEBライター」を目指すべきか、時間をかけて検討しましょう。

 

なおWEBライター以外で、人気の「フリーランス職」は以下の記事でも詳しく解説しています。

 

フリーランスとは?フリーランスの全職種&仕事内容について徹底解説!

フリーランスが多い職種と業界、人気のWEBライターや話題のエンジニア職とは?

 

ぜひWEBライターの仕事内容や口コミ評価と比較してみましょう。

 

WEBライター|フリーランスのお金の問題はラボルで解決!

 

フリーランスのお金の問題を解決するには、仕事を終えた後、報酬受け取りまでの【期間】を短くすることです。

月末締め、翌月末といったサイクルであれば、資金ショートの心配はありませんが、月末締めの翌々月末払いという支払いサイクルでは、資金ショートを起こしてしまいます。

 

もし、クライアントからの報酬受け取りが「長い」と感じているのであれば、請求書買取サービスを利用しましょう。

請求書買取サービスとは、クライアントに発行した請求書を専門業者が現金化(先払い)してくれるサービスです。

 

参考リンク:【最新版】フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

 

こうした請求書買取サービスは、年々増加傾向にありますが、フリーランスの間で最も人気が高いのが株式会社ラボルが運営するlabol(ラボル)です。

 

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

labol(ラボル)は、フリーランス・個人事業主を対象とした新しい形の請求書買い取りサービスです。請求書アップロードから最短60分で口座に入金されるスピード感が最大の特徴で、審査手続きを自動化させる独自の仕組みによってこの仕組みを実現しています。

会員登録から審査手続きまですべてWEB上で完結しますので、書類審査や電話が発生せずスムーズに買取依頼を行うことができます。

 

運営元は東証一部上場企業である株式会社セレスの100%子会社となっていますので、資金面やサービス継続性の面でも安心できるでしょう。

買い取り手数料は、一律で買取金額の10%とシンプルで分かりやすい設計になっています。

明日までに資金が必要なフリーランスの方にはピッタリのサービスと言えそうです。

 

以下、labol(ラボル)の概要をまとめてみました。

 

labol(ラボル)の概要

サービス名 labol(ラボル)
おすすめ度  ★★★★★

(No.1人気!)

運営会社 株式会社ラボル
(英文表記:labol inc.)
代表取締役 吉田 教充
〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
設立 2021年12月
申し込み条件 個人
手数料 10%
請求書の最小金額 1万円〜
現金化までの時間 最短60分
URL labol・ラボル(公式サイト)

 

labol(ラボル)の詳細は、以下公式サイトを確認してください。

 

参考リンク:labol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

補足|WEBライターになるのに役立つ資格

 

WEBライターになるのに役立つ資格は、次の通りです。

 

WEBライティング能力検定(日本WEBライティング協会)

WEBリテラシー試験(ボーンデジタル)

ビジネス著作権検定(サーティファイ)

WEBライティング技能検定(日本クラウドソーシング検定協会)

 

高額案件の獲得、継続案件の受注、年収アップを目指して必要な「資格」を取得しましょう!

 

まとめ|フリーの「WEBライター」を目指してみよう!

 

WEBライターで成功をするには「文章力&営業力」が必要だとわかりました。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

  • q***e様が
    800万円を調達しました。

  • o***v様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング