WEBディレクターになるには?フリーランスで成功する方法!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/12

資金調達プロの人気記事  NEW

WEBディレクターになるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

またWEBディレクターの職で独立し「フリーランス」として稼ぐには、どのような戦略が必要なのか気になりますよね!

 

WEBディレクターの仕事の内容、年収、成功のコツも気になるところです。

 

この記事では『WEBディレクターになるには?』と題して、フリーの「WEBディレクター」で成功する方法を詳しく解説します。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

Webディレクターとは?

 

Webディレクターとは、WEBコンテンツの制作を取りまとめるディレクションリーダーのことです。

 

WebディレクターはWeb制作(例:編集・デザイン・SE職など)ジャンルでスタッフや仕事の進行をまとめます。

 

WEBコンテンツ制作の「ディレクション」業務をするのが、Webディレクターと覚えておきましょう。

 

Webディレクターの働き方

 

Webディレクターの種類は一種類ではなく、以下のような職種・業務内容があります。

 

  • 企画・マーケティングディレクター
  • アート・クリエイティブディレクター
  • システムディレクター
  • 営業系ディレクター 

 

Webディレクターとは(Web制作をおこなう際)表に立って指揮をとる職業です。例えばWebライターを統括して文章校正・添削・SEO施策などの管理する仕事も、Webディレクターといいます。

 

またデザイナーやプログラマー、エンジニアなどとクライアントの間に立ち、業務の進捗管理するのもWebディレクターの仕事です。

 

Webディレクターは直接制作物を作るのではありません。

 

クライアントと制作側のコミュニケーションとりながら、スムーズに業務を進めるのがWebディレクターの仕事です。

 

Webディレクターには、コミュニケーションスキルが必要です。

 

またフリーランスのWebディレクターは、クリエイターの営業を務めることも多く、交渉力や営業力も必要とされます。

 

会話が楽しめる方、普段から人との交流を楽しめる人に「Webディレクター職」はおすすめです。

 

ただし、2020年から始まった経済悪化の影響が大きな間は営業活動に限界があります。

 

これまで営業先に出向いたり、電話でヒアリングする必要がありましたが、現在ではリモートワークで営業や売り込み、ミーティングが行われています。

 

Webディレクターに向いている人

 

Webディレクターに向いているのは、次のような方です。

 

Webディレクターに向いている人
☑️ コミュニケーション能力が高い
☑️ スケジュール管理が得意
☑️ 分析やシミュレーションが得意

 

Webディレクターは、スケジュールの進行のほか、コンテンツの品質管理など「クオリティ」のほか、プロジェクトに携わるスタッフやメンバーとクライアントとの「橋渡し」を担う重要な仕事です。

 

このためコミュニケーション能力やスケジュール管理が得意な方に「Webディレクター」職が向いています。

 

Webディレクターに必須のスキル

 

フリーランスのWebディレクターになるためには、デザインや画像・動画制作、コンテンツ制作全般の知識が必要です。実際に クライアントの希望だけでなく、チーム全体の業務内容、制作スキル、デザインの知識がなければスムーズに仕事ができません。

 

クライアントだけでなく デザイナーやライター、印刷会社など一緒に仕事する仲間とのコミュニケーションも大切にしましょう。

 

Webディレクターには、一定の実務経験や他のクリエイターを上回るリーダーシップ、交渉力が求められます。フリーランスとして活躍をするには、デザイナーやライターを自分で経験してから、Webディレクターの道を選ぶようにしましょう。

 

Webディレクターと比較したい職業

 

Webディレクターの方に「狙い目」の職業をまとめてみました。

 

WEBデザイナー

WEBディレクター

WEBライター

 

フリーエンジニア

 

コンサルタント

投資家・トレーダー

デバッガー

 

YouTuber

 

編集者

アフィリエイター

 

WEBマーケター

動画編集者

映像クリエイター

 

 

このほかにも、フリーランスに人気の職業は以下の記事にて詳しく解説しています。

 

フリーランスとは?フリーランスの語源や意味、フリーランスの定義を徹底解説!

 

興味のあるジャンルがあれば、必要な資格を取得しましょう(職種をクリックをすると、仕事の内容や特徴など、詳細が開きます)。

 

Webディレクターの年収

 

フリーランスのWebディレクターの年収は約450万円です。

 

しかし デザイナーに実績があれば、平均よりも大きな報酬が支払われます。また取引先やプロジェクトなど、案件の大きさによっては、案件単価も変動するので受け取れる報酬や年収も大きく変わってきます。

 

フリーWEBディレクターの注意点

 

WEBディレクターの注意点ですが、リモートワーク化が進むなか、リーダー性を感じてもらえるようなコミュニケーションと「信頼性の構築」が必要です。

 

フリーランス, WEBディレクターになるには, フリーランスの仕事

 

特にスタッフやメンバーなど、顔が見えない中でのやり取りやコミュニケーションには、普段以上に気を使って「柔軟性、臨機応変な対応」を心がけましょう。

 

フリーWEBディレクターのオススメ度

 

WEBディレクターのオススメ度は、次の通りです。

 

WEBディレクターのオススメ度

総合評価 ★★★★☆(オススメ)
人気度 ★★★★☆(人気の職業)
難易度 ★★★★★(難しい)
将来性 ★★★★☆(将来性あり)
報酬の高さ ★★★★☆(普通)

 

フリーランスとして活躍する上で、重視したいのが将来性と報酬の高さです。現在の年収や仕事内容と比較して、フリーランス「WEBディレクター」を目指すべきか、時間をかけて検討しましょう。

 

なおWEBディレクター以外で、人気の「フリーランス職」は以下の記事でも詳しく解説しています。

 

 

ぜひWEBディレクターの仕事内容や口コミ評価と比較してみましょう。

 

フリーランスのお金の問題はラボルで解決!

 

フリーランスのお金の問題を解決するには、仕事を終えた後、報酬受け取りまでの【期間】を短くすることです。

月末締め、翌月末といったサイクルであれば、資金ショートの心配はありませんが、月末締めの翌々月末払いという支払いサイクルでは、資金ショートを起こしてしまいます。

 

もし、クライアントからの報酬受け取りが「長い」と感じているのであれば、請求書買取サービスを利用しましょう。

請求書買取サービスとは、クライアントに発行した請求書を専門業者が現金化(先払い)してくれるサービスです。

 

参考リンク:【最新版】フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

 

こうした請求書買取サービスは、年々増加傾向にありますが、フリーランスの間で最も人気が高いのが株式会社ラボルが運営するlabol(ラボル)です。

 

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

labol(ラボル)は、フリーランス・個人事業主を対象とした新しい形の請求書買い取りサービスです。請求書アップロードから最短60分で口座に入金されるスピード感が最大の特徴で、審査手続きを自動化させる独自の仕組みによってこの仕組みを実現しています。

会員登録から審査手続きまですべてWeb上で完結しますので、書類審査や電話が発生せずスムーズに買取依頼を行うことができます。

 

運営元は東証一部上場企業である株式会社セレスの100%子会社となっていますので、資金面やサービス継続性の面でも安心できるでしょう。

買い取り手数料は、一律で買取金額の10%とシンプルで分かりやすい設計になっています。

明日までに資金が必要なフリーランスの方にはピッタリのサービスと言えそうです。

 

以下、labol(ラボル)の概要をまとめてみました。

 

labol(ラボル)の概要

サービス名 labol(ラボル)
おすすめ度  ★★★★★

(No.1人気!)

運営会社 株式会社ラボル
(英文表記:labol inc.)
代表取締役 吉田 教充
〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
設立 2021年12月
申し込み条件 個人
手数料 10%
請求書の最小金額 1万円〜
現金化までの時間 最短60分
URL labol・ラボル(公式サイト)

 

labol(ラボル)の詳細は、以下公式サイトを確認してください。

 

参考リンク:labol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

補足|WEBディレクターになるのに役立つ資格

 

WEBディレクターになるのに役立つ資格は特にありませんが、「過去の経歴」に加えて、以下のような資格があれば有利です。

 

  • ITパスポート試験
  • Web検定 Webリテラシー
  • Web検定 Webディレクション
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Web検定 Webデザイン
  • ウェブデザイン技能検定
  • ネットマーケティング検定

 

高額案件の獲得、継続案件の受注、年収アップを目指して必要な「資格」を取得しましょう!

 

まとめ|フリー「WEBディレクター」を目指してみよう!

 

WEBディレクターで成功をするには「ディレクション能力」とコミュニケーション能力が必要だとわかりました。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在おすすめのカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット

* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
お急ぎの方は今すぐ下記をチェック!

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k*****t様が
    800万円を調達しました。

  • p****l様が
    1100万円を調達しました。

  • w***i様が
    1100万円を調達しました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング