フリーランスのアプリケーションエンジニアは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/5/12

フリーランスのアプリケーションエンジニアは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

 

システム設計からプログラム開発、開発したシステムの動作テスト等、システム開発における一連の作業を担当するアプリケーションエンジニア。

システム開発についての様々な知識が求められると同時に、クライアントとやり取りを行うコミュニケーション能力も必要とされる仕事です。

フリーランスのアプリケーションエンジニアとして活躍するには、これらの能力を磨いた上でチャレンジするのがおすすめです。

 

そこで今回は、フリーランスのアプリケーションエンジニア職に焦点をあて、仕事の内容や必要となる資格やスキル、また収入の目安や求人の探し方など、「アプリケーションエンジニアとしてフリーランスで活躍してみたい!」という方に役立つ情報をご紹介していきます。

 

なお、今人気のフリーランスの職種一覧は以下の記事で解説しています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

【はじめに】アプリケーションエンジニアってどんな仕事?

まず、はじめに「アプリケーションエンジニアとは一体どのような仕事か?」ということについて確認をしておきましょう。

アプリケーションエンジニアとは、ITシステムで利用されるアプリケーションの設計・開発およびテスト作業を行う仕事です。

開発するアプリケーションは、業務系アプリ・Webアプリ・スマホアプリと多岐に渡ります。

アプリケーションエンジニアの主な仕事内容には、次のようなものが挙げられます。

アプリケーションエンジニアの主な仕事内容

  • システム設計
  • プログラム開発
  • 開発したシステムの動作テスト
  • 開発したシステムの運用・保守

 

このほか、顧客と直接やりとりを行ったり、プロジェクトを統括するためのマネジメント業務を行う場合もあります。

 

アプリケーションエンジニアに必要な資格は?

フリーランスのアプリケーションエンジニアとして仕事をするにあたり、資格の取得が必要、というわけではありません。

しかし、資格を取得しておくことで、仕事に関する知識が身についたり、求人に応募する際に有利に働いたり、というメリットを得られます。

そのためにも、ぜひ積極的に資格取得を目指してみると良いでしょう。

フリーランスのアプリケーションエンジニアが取得しておくと有利となる資格には、次のようなものがあります。

 

アプリケーションエンジニアにおすすめの資格5つ!

  • 基本情報技術者資格(IT業界全般に関わる基本的な知識や技術を証明)
  • 応用情報技術者資格(IT業界全般に関わる知識や技術を高度に活用できることを証明)
  • セキュリティスペシャリスト(セキュリティに関しての技術や管理能力を証明)
  • ネットワークスペシャリスト(ネットワーク構築に関する知識や技術を証明)
  • システムアーキテクト(情報システム構築に関する能力を証明)

 

アプリケーションエンジニアに求められるスキルとは

アプリケーションエンジニアに求められるスキルには、次のようなものが挙げられます。

 

  • 組織の中でのコニュニケーション能力
  • コーディング・プログラミング能力
  • 担当するサービスへの理解
  • ネットワークやデータベースに関する最新の知識

 

これら4つのスキルを積極的に磨くことが、収入のアップにもつながります。

フリーランスのアプリケーションエンジニアとして活躍し続けるためにも、より高いスキルを身につけることが必要といえるでしょう。

 

収入の目安はどれくらい?

フリーランスのアプリケーションエンジニアの収入の目安は、年収にして900万円程度とされています。

受注した案件によっては、月収100万を超えることも可能ですので、年収1,000万円を超えるエンジニアもおり、実力次第ではさらなる収入アップを目指すこともできます。

 

ただし、持ち合わせているスキルによっては、年収400万程度と会社員のエンジニアよりも低い水準となってしまう場合もありますので注意が必要です。

フリーランスとして独立する前には、過去の開発経験やスキル等も勘案した上でのチャレンジがおすすめです。

 

フリーランスアプリケーションエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスのアプリケーションエンジニアとして働くことのメリット・デメリットには、次のような点が挙げられます。

 

フリーランスアプリケーションエンジニアのメリット・デメリット

 

メリット

  • 収入が上る可能性が高い
  • 自分の興味やスキルに応じて案件を選べる
  • 興味ある分野で専門性が高まることから成長の速度が上がる

 

デメリット

  • 福利厚生面での不安がある
  • 独立により社会的信用が落ちやすい
  • 教育を受けられる機会が減る

 

どんな働き方をするの?

フリーランスのアプリケーションエンジニアとして活動する場合、基本的に契約しているクライアント先に出向いて作業をする形となります。

中には在宅で働くフリーランスエンジニアもいますが、受ける案件はどうしても小規模なものとなりがちです。

より多くの収入をのぞむのであれば、大きなプロジェクトに関わることも可能な常駐しながらの案件から探してみるのがよいでしょう。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

どこで求人を探す?

フリーランスのアプリケーションエンジニアの求人を探すには、次の方法がおすすめです。

 

フリーランスアプリケーションエンジニアの求人を探す方法

  • フリーランス向け求人サイトを利用する
  • フリーランス向けエージェントに登録して紹介を受ける

 

フリーランスアプリケーションエンジニアの求人を探す方法

 

このうち、フリーランス向けエージェントでは、案件の紹介サイトで多くの仕事が紹介されているため、効率よく案件を探すことが可能です。

有名どころのフリーランス向けエージェントには、「ギークスジョブ」「レバテックフリーランス」などがあり、登録無料で様々な案件を比較・検討できます。

 

アプリケーションエンジニアに向いているのはこんな人!

フリーランスのアプリケーションエンジニアは、このような人にぴったりの仕事といえます。

 

  • フリーランスのアプリケーションエンジニアとして生計を立てられる資格とスキルを保有している
  • アプリケーションエンジニアの仕事内容に興味を持っており、常に技術を学び続ける意思を持っている
  • 特定の企業に常駐・出向して働くことに対して抵抗がない

 

まとめ|アプリケーションエンジニアを目指すには、システムにおける幅広い知識を身につけよう!

本記事では、フリーランスのアプリケーションエンジニア職について、仕事の内容や必要となる資格やスキルのほか、収入の目安や求人の探し方等をご紹介しました。

「フリーランスのアプリケーションエンジニアとして独立したい」とお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に求人検索を行ってみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスのアプリケーションエンジニアまとめ!
☑ フリーランスのアプリケーションエンジニアに必要なのはシステム関連の幅広い知識とコミュニケーション能力!
☑ 独立することでより大きな収入アップをのぞめる可能性もある
☑ 案件を効率良く探すのであれば、フリーランス向けエージェントの利用がおすすめ!

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

  • q***e様が
    800万円を調達しました。

  • o***v様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング