フリーランスのサーバーエンジニアは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2021/12/3

フリーランスのサーバーエンジニアは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

 

サーバーの構築や運用・保守を行うサーバーエンジニア。

人材不足に傾向にあるサーバーエンジニア職は、一般的に需要が高く、スキルや経験を保有している場合であれば、フリーランスで活動することでさらなる好条件で仕事をすることも可能です。

 

そこで今回は、フリーランスのサーバーエンジニア職に焦点をあて、仕事の内容や必要となる資格やスキル、また収入の目安や求人の探し方など、「サーバーエンジニアとしてフリーランスで活躍してみたい!」という方に役立つ情報をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、今人気のフリーランスの職種一覧は以下の記事で解説しています。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

 

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書買取サービス

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 


【はじめに】サーバーエンジニアってどんな仕事?

まず、はじめに「サーバーエンジニアとは一体どのような仕事か?」ということについて確認をしておきましょう。

サーバーエンジニアとは、システム運用に利用されるサーバー機器の構築のほか、サーバーソフトの設定を行う仕事です。

主な仕事内容としては、次のようなものが挙げられます。

サーバーエンジニアの主な仕事内容

  • サーバー機器の構築
  • サーバーの運用・保守
  • 障害発生時の応急対処・予防対策
  • セキュリティ対策

 

また、この他にも、サーバーを構築する段階で、システムエンジニアやプログラマーとの折衝・打ち合わせを行う必要があります。

サーバー運用時に緊急事態が発生した場合は、復旧対応を行わなければならないため、どうしても働き方が不規則になりやすく、ハードになりがちな側面もあります。

 

サーバーエンジニアにおすすめの資格

サーバーエンジニアとして仕事をするにあたって、さらに高単価の案件を獲得するには資格の取得がのぞまれます。

ここでは、サーバーエンジニアを目指す方におすすめの資格についてご紹介します。

 

サーバーエンジニアにおすすめの資格

  • Linux技術者認定
  • MCP(マイクロソフト認定資格)
  • CCNA、CCNP(Cisco技術者認定)

 

サーバーエンジニアに求められるスキル

サーバーエンジニアの仕事には様々な分野の専門性が求められるため、身につけておくべきスキルについて認識しておく必要があります。

以下にサーバーエンジニアに求められるスキルについてご紹介します。

 

サーバーエンジニアに求められるスキル

  • ハードウェアに関するスキル(サーバーというハードウェアに関する知識)
  • ネットワーク設定を行うためのスキル(システムの正常な機能に必要なネットワーク設定のスキル)
  • サーバーを構築できるスキル(複数のサーバーを立ち上げる際にも必要)
  • セキュリティに関するスキル(サーバー操作に必要な能力)
  • 論理的思考能力(物事を順序立てて思考し、サーバー構築できる能力)
  • コミュニケーションに関するスキル(他エンジニアとのコミュニケーションや作業には欠かせない)

 

収入の目安はどれくらい?

フリーランスのサーバーエンジニアの年収は、会社員として勤務した場合と比較してもかなり高い傾向にあります。

会社員のサーバーエンジニアの年収が平均で約450万円程度であるのに対し、フリーランスのサーバーエンジニアであれば900万円程度の年収を得ることも可能です。

高いスキルと経験・知識を保有しているエンジニアであれば、年収2,000万円以上を稼ぎ出す人もいます。

 

収入の目安はどれくらい?

 

しかし、持ち合わせているスキルによっては、年収300万円程度と、会社員よりも低い水準となる場合があります。

独立前には自分のスキルで必要な年収が得られるかどうか、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

 

フリーランスサーバーエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスのサーバーエンジニアとして働くことのメリット・デメリットには、次のような点が挙げられます。

フリーランスとしての独立を検討しているサーバーエンジニアの方は、一度確認してみてください。

 

メリット

  • 自分の興味ある分野の案件を選ぶことができる
  • 選んだ案件によっては、より高い収入を得られる
  • 時間の有効活用が可能

 

デメリット

  • 仕事柄時間が不規則になりがちなので自己管理が重要となる
  • トラブル発生時は激務が続く
  • 受注がない場合は収入が滞る

 

どんな働き方をするの?

フリーランスのサーバーエンジニアの働き方には次の2つがあります。

 

フリーランスのサーバーエンジニアの働き方2つ

  • 特定の企業に常駐・出向して作業する
  • 企業に常駐しながら半分は在宅からリモートで作業する

 

このうち、フリーランスのサーバーエンジニアとしては、特定の企業に常駐・出向して仕事をするケースが多くなっています。

その理由として、サーバーエンジニアの仕事が、実機を使っての操作やネットワーク回線を通じて遠隔操作する作業が大半を占めていることが挙げられます。

完全在宅でできる案件は少ないため、リモート案件であっても、週のうち数日は企業に常駐するという形を取る場合が多いと考えておくと良いでしょう。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

 

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書買取サービス

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 

どうやって独立する?

フリーランスのサーバーエンジニアとして独立するためには、次の方法がおすすめです。

 

フリーランスサーバーエンジニアの独立方法2つ

  • 初心者でもハードルが低い運用・保守の案件に応募する
  • スクールに通って資格取得を目指す

 

フリーランスサーバーエンジニアの独立方法

 

サーバーエンジニアとして経験のない方がフリーランスとして独立するのは至難の技です。

まずは、初心者でも比較的採用される可能性の高い「運用や保守の案件」に応募し、経験を積むところから始めてみましょう。

下流工程である運用や保守の案件に携わることで、将来的に上流工程であるサーバー構築業務に関わることも可能となります。

 

また、スキルを身につけられるスクールで技術や知識を学ぶのも、未経験者の方がサーバーエンジニアを目指すのにおすすめの方法といえるでしょう。

 

どこで求人を探す?

フリーランスのサーバーエンジニアを目指す場合、求人検索を行うには次の方法がおすすめです。

 

フリーランスサーバーエンジニアの求人を探す方法2つ

  • フリーランス向け求人サイトを利用する
  • フリーランス向けエージェントに登録して紹介を受ける

 

このうち、フリーランス向けエージェントが運営する紹介サイトでは、豊富な案件が用意されています。

登録は無料となっているところが多いため、興味のある方はぜひ積極的に活用してみましょう。

主なフリーランス向けエージェントには次のようなところがあります。求人検索の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめのフリーランス向けエージェント

 

サーバーエンジニアに向いているのはこんな人!

フリーランスのサーバーエンジニアは、このような人にぴったりの仕事といえます。

 

  • フリーランスのサーバーエンジニアとして生計を立てられる資格とスキルを保有している
  • サーバーの構築・運用というサーバーエンジニアの仕事内容に興味を持っている
  • トラブル対応などの激務続きでも対応できる体力を持ち合わせている

 

まとめ|スキルを磨いてフリーランスのサーバーエンジニアを目指そう!

本記事では、フリーランスのサーバーエンジニア職について、仕事の内容や必要となる資格やスキルのほか、収入の目安や求人の探し方等をご紹介しました。

「フリーランスのサーバーエンジニアとして独立したい」とお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に求人検索を行ってみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスのサーバーエンジニアまとめ!
☑ サーバーエンジニア職の仕事には、様々な分野の専門性が求められる
☑ フリーランスのサーバーエンジニアは、特定の企業に常駐・出向して作業することが多くなる
☑ 障害対応時は激務が続くので、体力的に問題がないか確認しておこう

 

合わせて読みたい関連記事

・  フリーランスが登録必須なWebサイト16選!今すぐ仕事が見つかる

・  フリーランスで働くには?あなたが自由に働けるおすすめの4タイプ

・ 【最新2021年12月版】フリーランスで稼げる職業5選!

・ フリーランスでは生活できない?月10万円を突破するには?

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるnugget(ナゲット)

ナゲット_nugget_フリーランス

 

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書買取サービス

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

freee

まずは無料でお試し可能です!

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • q*****v様が
    300万円を調達しました。

  • d*****v様が
    100万円を調達しました。

  • d*****n様が
    1000万円を調達しました。

  • n****x様が
    500万円を調達しました。

  • i******d様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング