フリーランスのプログラマーは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/5/12

フリーランスのプログラマーは稼げる?働き方や収入の目安などを紹介!

 

かつては企業に常駐し勤務する形態が多かったプログラマー。

しかし、近年はフリーランスとして活動する方も多くなっています。

スキルや経験を保有している方であれば、組織に属するよりもはるかに良い待遇で仕事をすることも可能です。

 

そこで今回は、フリーランスのプログラマー職に焦点をあて、仕事の内容や必要となる資格やスキル、また収入の目安や求人の探し方など、「プログラマーとしてフリーランスで活躍してみたい!」という方に役立つ情報をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

なお、今人気のフリーランスの職種一覧は以下の記事で解説しています。

 

【はじめに】プログラマーってどんな仕事?

まず、はじめに「プログラマーとは一体どのような仕事なのか?」ということについて確認しておきましょう。

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムの内容をもとにプログラミング作業を行います。

プログラミング作業を行う際には、様々なプログラミング言語を使ってシステム開発を行います。

プログラミングの他にも、システム上のバグ発見に必要なシステムテストの実施もプログラマーの主な仕事です。

テストを繰り返し、バグを修正して、クライアント先に問題のない状態で納品までを行います。

プログラマーにおすすめの資格

フリーランスのプログラマーとして仕事をするにあたって、条件の良い案件を獲得するには資格の取得がおすすめです。

ここでは、プログラマーを目指す方にぴったりの資格についてご紹介します。

 

プログラマーにおすすめの資格

  • ITパスポート試験(経済産業省が認定する国家資格)
  • Oracle Certified Java Programmer(Oracle社実施のJava認定資格)
  • C言語プログラミング能力認定試験(C言語のプログラム作成能力認定試験)
  • Ruby技術者認定試験制度(Ruby技術者認定資格)

 

プログラマーに求められるスキル

まず、プログラマーの仕事に必要なスキルとして、プログラミング言語の知識習得が挙げられます。

仕事上で使うことの多い、スタンダードな言語についてマスターするとことから始めてみましょう。

 

また、バグの少ないプログラミングを行うためには、物事を順序立てて考えられる論理的思考能力も重要となります。

以下にプログラマーに求められるスキルについてご紹介します。

 

プログラマーに求められるスキル

  • プログラミング言語に関する知識(まずはスタンダードな言語について知識を深める)
  • 論理的思考能力(不備の少ないプログラミングを行うためにも重要)
  • コミュニケーションに関するスキル(他メンバーとの作業を行う上では欠かせない)
  • 常に最新の技術を学ぼうとする意思
  • エラー発生時に最後まで修正を行う根気強さ

 

収入の目安はどれくらい?

フリーランスプログラマーの年収は、携わる案件の単価により変わってきます。

そのため、案件の単価が高ければ高いほど、多くの収入が望めると考えて良いでしょう。

 

収入の目安はどれくらい?

 

過去に会社員として勤務し、ある程度のスキル・経験を積んだフリーランスであれば、500~800万円の年収を得ることも可能です。

さらなる営業能力やスキルを保有していれば、年収1,000万円を超えることも夢ではないでしょう。

 

なお、プログラマーが副業で稼ぐ方法は以下記事で詳しく解説されています。

フリーランスにならなくても稼ぐチャンスはありますので、自分に合った働き方を見つけましょう。

 

参考:プログラマーが土日に副業で稼ぐ方法は?在宅・週末にプログラミングで稼げるおすすめ副業サービスを紹介!(パラレルワーカーズ)

 

フリーランスプログラマーのメリット・デメリット

フリーランスのプログラマーとして働くことのメリット・デメリットには、次の点が挙げられます。

フリーランスのプログラマーとしての独立を検討する前に、いま一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

メリット

  • ワークライフバランスを取り入れた働き方が可能
  • 高い年収をのぞむことも可能
  • 案件を選ぶことができる

 

デメリット

  • 福利厚生面での不安がある
  • 時間や健康面における自己管理が重要となる
  • 事務作業も自分で行う必要がある

 

どんな働き方をするの?

フリーランスのプログラマーの働き方には次の2つがあります。

 

フリーランスのシステムエンジニアの働き方2つ

  • 特定の企業に常駐・出向して勤務する
  • 在宅で働く

 

ここからは、これら2つの働き方についてご紹介します。

 

特定の企業に常駐・出向して勤務する

企業に常駐・出向して仕事をする形をとるフリーランスプログラマーでは、本業として活動する人が多くなっています。

組織との雇用形態は、案件ごとの業務委託契約となるため、クライアントと対等な立場で仕事することができます。

 

在宅で働く

在宅で働くフリーランスのプログラマーは、副業として仕事を行う場合が多くなっています。

基本的に空いた時間を利用して活動する形となるため、案件単価は低めになりがちですが、介護や家事のために自宅で仕事をしたいという方にはおすすめの働き方です。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

どうやって独立する?

フリーランスのプログラマーとして独立するためには、次の方法が一般的とされています。

 

フリーランスプログラマーの独立方法3つ

  • 企業に属してスキルを磨いた後に独立
  • 独学で勉強して独立
  • プログラミングスクールで学んで独立

 

フリーランスプログラマーの独立方法

 

この中でも企業に属してスキルや経験を積んだ後に独立すると、それが実績となり、クライアントからの信頼を得やすくなるというメリットがあります。

未経験からのチャレンジの場合、プログラミングスクールか独学で学ぶ必要がありますが、スクールに通うと効率よく専門的な知識を身につけることが可能です。

 

どこで求人を探す?

フリーランスのプログラマーを目指す場合、求人検索を行うには次の方法がおすすめです。

 

フリーランスプログラマーの求人を探す方法2つ

  • フリーランス向け求人サイトを利用する
  • フリーランス向けエージェントに登録して紹介を受ける

 

フリーランス向けエージェントが運営する紹介サイトでは、案件が豊富に用意されているため、効率よく案件を探すのにはぴったりです。

 

プログラマーに向いているのはこんな人!

フリーランスのプログラマーは、このような人にぴったりの仕事といえます。

 

  • フリーランスのプログラマーとして生計を立てられる資格とスキルを保有している
  • プログラマーの仕事内容に興味を持っている
  • 常にスキルアップを怠らず学び続ける意思がある

 

まとめ|フリーランスのプログラマーとして活動するためには、常にスキルアップを欠かさないことが重要!

本記事では、フリーランスのプログラマー職について、仕事の内容や必要となる資格やスキルのほか、収入の目安や求人の探し方等をご紹介しました。

「フリーランスのプログラマーとして独立したい」とお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に求人検索を行ってみてはいかがでしょうか。

 

フリーランスのプログラマーまとめ!
☑ フリーランスのプログラマーとして活動するには、プログラミング言語の習得は必須!
☑ 常に最新の技術を学び続ける向上心を持ち続けよう!
☑ フリーランス向けエージェントに登録して効率よく案件を探すのがおすすめ!

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • w***i様が
    1100万円を調達しました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング