17Liveとは?イチナナライバーになって稼ぐ方法を徹底解説!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/2/9

副業で人気の17Liveとは?ライバーになって稼ぐ方法を徹底解説!

稼げると人気な17Liveを始めてみたいと思ってませんか?ライブ配信業界の中でも知名度が高い17Liveは、特徴を理解してコツを掴めば副業または本業としても稼げます。

 

 

稼ぐための知識として、17Liveの特徴とライバー事務所について、資金調達プロの現役フリーランサーTommyが徹底解説します!

 

記事の理解に役立つリンク集

厚生労働省

法務省

中小企業庁

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

 JFC日本政策金融公庫

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

日本商工会議所

中小機構

 

▋17Live(イチナナ)とは?

 

2020年から始まった経済悪化の影響で、自粛が長期間続いたことで「自宅で気軽に配信しながら稼げる」ライブ配信アプリを使う人が急激に増えてきました。

 

ライブ配信するためには、さまざまなライブ配信アプリの中から自分に適したアプリを選ぶ必要があります。

 

たくさんあるライブ配信アプリの中でも、17Live(イチナナ)は一番知名度が高いアプリです。

 

2015年に台湾でスタートした17Liveは、今では世界9カ国以上で展開しており4,000万人以上のユーザーが利用しています。

 

一般人や芸能人に限らず、無料で配信ができるうえに「投げ銭スタイル」で稼げる副業だと話題です。

 

スマホのカメラを通して配信し、リスナーはコメントを通してライバーとコミュニケーションを楽しめます。

 

17Liveの特徴や、メリットとデメリットについて紹介しましょう。

 

▋ライバーとは?

 

ライブ配信者のことを、どのライブ配信アプリも共通で「ライバー」と呼びます。

 

最近では、17Liveを利用しているライバーは「17ライバー」としても認識されてきました。

 

ライバーはスマホのライブ配信アプリを通して、歌配信・演奏配信・ダンス配信などを発信します。

 

また、リスナーが送ってくれるコメントに返答してコミュニケーションを楽しみながら雑談配信もできるのが特徴です。

 

リスナー側は、ライブ配信中に「投げ銭(課金ギフト)」をライバーに贈レます。

 

実際にリスナーが投げてくれた課金ギフトの金額が、ライバーの手元に収入として入る仕組みです。

 

努力次第で、ライブ配信だけで生活していけるぐらい稼げる「ライバー」は新しい副業やフリーランスの形として認められてきました。

 

実際に、トップレベルの17ライバーはライブ配信だけでも会社員以上に稼いでいる人もいるのです。

 

もちろん、画面上に顔出し配信するので個人情報が漏れてしまうと不安に感じる人もいます。

 

不特定多数の人に顔出し配信するライバーは、芸能人やアイドルと同じようにたくさんのファンを相手にしなければいけません。

 

見られる側の意識を持ち続けるのがライバーとして継続して配信していくコツのひとつでしょう。

 

▋ライバーの平均月収、平均年収

 

実際にライバーがどれくらい稼げるのか気になりませんか?

 

ライバーの稼ぎは、どのライブ配信アプリを見てもピンキリです。

 

配信を始めたばかりの期間は、微々たる報酬しか得られません。

 

しかし配信を継続していくと、固定ファンを得られるようになりライバーランク上がる仕組みです。

 

トップライバーにならなくても、配信時間をしっかりと設けて続けていれば報酬も増えてきます。

 

・中堅ライバー:月収8万円〜67万円以上

・トップライバー:月収85万円〜420万円以上

 

ライバーの平均月収も、ライバーランクによって比較できないほど差が出るのです。

 

トップライバーになるほど、たくさんのリスナーが集まるのでギフト金額も増えていきます。

 

大学生ライバーでもコツを掴めば稼げるので、バイト感覚でライバーとして活動している大学生もいるのです。

 

・中堅ライバー:年収100万円〜800万円以上

・トップライバー:年収1,000万円〜5,000万円以上

 

多くのライバーが一度はぶつかるのが、継続して配信していくモチベーションです。

 

ライブ配信を1年間、続けるのは意外に大変なのをご存知でしょうか?

 

しかし、1年間継続しているとファンも増え続けランクも上がっていきます。

 

継続した結果、サラリーマンより稼げるようになるのであればライバーだけで生活していけるようになるのです。

 

▋17Live(イチナナ)ライバーに人気の事務所

 

17Liveでライバーとして副業を始めようと考えたら、まずは事務所に所属するかどうか考えましょう。

 

もちろん、事務所に所属しないフリーライバーとしても活動するのもひとつの方法です。

 

ライバー事務所に所属していると、ライブ配信に関するアドバイスや悩みのサポートや配信設備を整えてくれる場合もあります。

 

17Liveでライブ配信をする際におすすめできる、人気の事務所を紹介しましょう。

 

・ベガプロモーション

・サムファン!

・Liverllc

・Good Fellows Co., Ltd.

 

このように、17Liveのライバーをサポートしているライブ事務所がたくさんあります。

 

17Liveでは「公式認定」という、ライバー事務所に対して認定が発行されているので認定事務所を選ぶのがおすすめです。

 

公式認定事務所に所属すると、17Live公式ライバーとして活動できるようになります。

 

フリーライバーとの差別化ができるので、公式ライバーになるために事務所に所属するライバーも多くいるのです。

 

所属しているライバーの人数や、どのようなサポートを提供してくれるのかを吟味して事務所を選んでみましょう。

 

実際に、ライバーとしてライブ配信した経験を持っている人の事務所を選ぶのがコツです。

 

▋ライバー事務所に所属するメリット

 

ライバー事務所に所属すると、どのようなメリットがあるのか覚えておきましょう。

 

副業として17Liveを始める場合は、メリットとデメリットを理解するのが大切です。

 

もちろん、事務所に所属するという事は事務所を通して報酬が支払われる事になります。

 

フリーライバーよりも、手元に残る報酬は少なくなってしまうのです。

 

それでもライバー事務所に所属した方がいいと感じる、メリットがたくさんあります。

 

メリット① 17Live公式ライバーになれる

 

公式認定を受けたライバー事務所に所属すると、17Live公式ライバーになれます。

 

公式ライバーになる事で、ライブ配信するにあたり知識と経験があるとみなされるのです。

 

認定マークがつくだけで、リスナーが枠を訪れてくれる可能性も上がります。

 

メリット② 配信についてサポートしてくれる

 

初めての配信や、配信で行き詰まった時に事務所がサポートしてくれます。

 

ライブ配信をしていると、リスナー対応や配信スタイルに不安を感じてしまうでしょう。

 

フリーライバーの場合は、相談できる人も少ないのです。

 

しかし、事務所が悩みを聞いてくれると安心して活動できます。

 

メリット③ 同じ事務所のトップライバーと知り合える

 

ライバーとしてライブ配信していると、なかなかトップライバーと密に交流できる機会はありません。

 

しかし、同じ事務所の先輩トップライバーとなると話は変わってきます。

 

すでに活躍しているトップライバーから、具体的なアドバイスをもらえる可能性もあるのです。

 

▋ライバー事務所に所属するデメリット

 

もちろん、ライバー事務所に所属した事で感じるデメリットもあります。

 

期間限定の副業として17Liveで稼ぎたいからライブ配信するのか?

 

もしくは、ライブ配信を本業として活動していきたいのでしょうか?

 

どのような目標を持ってライブ配信を始めるのか、しっかりと考えたうえでライバー事務所に所属するのか考えてみましょう。

 

デメリット① 所属期間の縛りがある

 

ライバー事務所に所属するという事は、決められた期間で契約書を交わすという意味です。

 

17Liveでライブ配信を始めたけれど途中で辞めたくなった場合は、契約期間内で辞める場合「違約金」が発生する場合があります。

 

配信時間の縛りが厳しい事務所もあり、自由に配信ができないと感じ事務所を辞めるライバーもいるのです。

 

事務所と契約を結ぶということは、その契約がストレスに感じてしまう場合もあると覚えておきましょう。

 

デメリット② 自分らしい配信ができなくなる

 

ライバー事務所は「稼げるライバー」を育成するのに力を入れています。

 

だからこそ、実際に成功しやすい配信スタイルやアドバイを教えてくれるのです。

 

しかし、ライバー事務所から教えられた内容に納得できない場合はどうなるでしょう?

 

自分らしい内容で配信がしたい、もっとリスナーとのコミュニケーションを密に取りたいというように考えるライバーもいます。

 

事務所に所属していない方が、楽しい配信ができる場合もあるのです。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

なお、資金調達プロでは「フリーランスになる方法」の特集を掲載しています。本記事とあわせて、フリーランスで成功する「ヒント」として活用してください。

 

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

■フリーランスの会計管理はfreee(フリー)。確定申告が面倒なアナタにピッタリ!

まずは無料でお試し可能です!

 

▋ フリーランスの資金繰り改善におすすめのサービス!

 

フリーランスのお金の問題を解決するには、仕事を終えた後、報酬受け取りまでの【期間】を短くすることです。

月末締め、翌月末といったサイクルであれば、資金ショートの心配はありませんが、月末締めの翌々月末払いという支払いサイクルでは、資金ショートを起こしてしまいます。

 

もし、クライアントからの報酬受け取りが「長い」と感じているのであれば、請求書買取サービスを利用しましょう。

請求書買取サービスとは、クライアントに発行した請求書を専門業者が現金化(先払い)してくれるサービスです。

 

参考リンク:【最新版】フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

 

こうした請求書買取サービスは、年々増加傾向にありますが、フリーランスの間で最も人気が高いのが株式会社ラボルが運営するlabol(ラボル)です。

 

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

labol(ラボル)は、フリーランス・個人事業主を対象とした新しい形の請求書買い取りサービスです。請求書アップロードから最短60分で口座に入金されるスピード感が最大の特徴で、審査手続きを自動化させる独自の仕組みによってこの仕組みを実現しています。

会員登録から審査手続きまですべてWeb上で完結しますので、書類審査や電話が発生せずスムーズに買取依頼を行うことができます。

 

運営元は東証一部上場企業である株式会社セレスの100%子会社となっていますので、資金面やサービス継続性の面でも安心できるでしょう。

買い取り手数料は、一律で買取金額の10%とシンプルで分かりやすい設計になっています。

明日までに資金が必要なフリーランスの方にはピッタリのサービスと言えそうです。

 

以下、labol(ラボル)の概要をまとめてみました。

 

labol(ラボル)の概要

サービス名 labol(ラボル)
おすすめ度  ★★★★★

(No.1人気!)

運営会社 株式会社ラボル
(英文表記:labol inc.)
代表取締役 吉田 教充
〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエアタワー
設立 2021年12月
申し込み条件 個人
手数料 10%
請求書の最小金額 1万円〜
現金化までの時間 最短60分
URL labol・ラボル(公式サイト)

 

labol(ラボル)の詳細は、以下公式サイトを確認してください。

 

参考リンク:labol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • g****x様が
    800万円を調達しました。

  • s****a様が
    800万円を調達しました。

  • v***p様が
    600万円を調達しました。

  • a**e様が
    500万円を調達しました。

  • c*****t様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング