フリーランスとは?目指す人が知っておきたいお金と仕事の基礎知識!

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/5/13

フリーナンス用語集|フリーナンスの基礎知識

フリーランスとは?目指す人が知っておきたいお金と仕事の基礎知識

 

今から新しいことを始めようというのであれば、フリーランスがおすすめです。

ここ数年、フリーランスの数が爆発的に増えており、フリーランサーとして活躍する人が増えているからです。

 

ある民間企業の調査によると、日本のフリーランス人口は約1,577万人にまで増加しており、経済規模は23.8兆円とフリーランス市場が急拡大していることが分かりました。

 

また、内閣官房日本経済再生総合事務局の調査でも、調査開始以来フリーランスの数は増え続けており、専門家たちも「今後も年間100万人規模で増えるのでは」と予測しています。

 

しかし、誰もがフリーランスを目指すことで、仕事がもらえないフリーランスの数も増えています。内閣府の調査によるとフリーランスの約60%が「収入が安定しないので不安」と答えていました。

 

フリーランス(内閣府の調査)

画像:フリーランス実態調査結果(内閣府)

 

こうした問題をクリアにするには、フリーランスがより安定して稼げる状況を作ることが重要です。

そこでこの記事では、フリーランスを目指す人に向けて、

 

〇 フリーランスになる方法

〇 フリーランスで安定して稼ぐ方法

〇 フリーランスのお金の問題を解決する方法

 

を徹底解説します。

 

この記事を読むことで、フリーランスとして安定して稼げるようになりますよ!

フリーランスは自由な働き方ができ、正しい方法で仕事をすれば大きく稼げるので、おすすめの職業です。

 

これからフリーランスを目指す人も、すでにフリーランスとして活動している人はぜひ、この記事を参考に行動を始めてみてくださいね。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

現在のおすすめカードローンはこちらです。

 

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。
SMBCモビット
* 申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット公式サイト

 

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

 

1. フリーランスとは?

フリーランスは、自由に仕事をする人の事を指します。
フリーランスは、会社や組織に属さずに働ける「自由さ」もあって、会社を辞めてフリーランスに転向する人が多いです。

 

フリーランスは、別名を自由業者やフリーランサーともいいますが、最近ではさまざまな業種でフリーランスになる人が増えています。文章や写真、デザイン、プログラミングなどの分野で独立して活動している人が多いです。

 

内閣府の調査によると、フリーランスを選んだ人の97.5%が「自分の仕事のスタイルで働ける」「働く場所や時間が自由」という理由で、フリーランスになったことが分かっています。

 

フリーランス(内閣府の調査)

画像:フリーランス実態調査結果(内閣府)

 

またここ数年は、スキル販売などのサービス(例:ココナラ)などで、フリーランスとして仕事をする人の割合が増えてきました。

 

『フリーランス』という言葉の歴史は、中世ヨーロッパにさかのぼると言われており、権力者に契約で仕える騎士を「フリーランサー」と呼んでいました(当時の武器は槍でした)。

 

フリーランスは受けた仕事を期日までに納めれば、その他の日の過ごし方は自由に決められます。最近ではテレワークなども増えていますが、仕事さえ納めれば働く場所や働く時間は自分でスケジュール管理ができます。

 

このため子育て中の方が、お子さんが学校に出ている時間帯や子どもが寝た夜中などに集中して仕事をするなど「自由な働き方が出来る」という良さがあります。

 

こうした「自由さ」は、フリーランス(freelance)という言葉からも伝わってきますね。

 

関連記事:フリーランスとは?フリーランスの語源や意味フリーランスの定義を徹底解説!

 

2. フリーランスは稼ぐのが大変?

フリーランスで稼ぐのは、年々難しくなっています。

なぜなら、フリーランスの数が増えて競争が激化しているからです。

 

実際に10年前、5年前と今では、フリーランス案件の取りにくさは全く異なります。

 

10年前であれば、いくつか案件を応募すれば雇ってくれるところはたくさんありましたが、今では数件〜数十件応募しても「採用されない」というフリーランスも珍しくありません。

 

このため、フリーランスの平均年収も減少傾向にあり「仕事がない」という理由で、フリーランスからアルバイトやパートタイムの仕事に戻る人も少なくありません。

 

内閣府の調査によると、フリーランスの62.6%が「収入に満足していない」と答えており、フリーランスとして生活することの難しさが浮き彫りになっています。
フリーランス(内閣府の調査)

画像:フリーランス実態調査結果(内閣府)

2-1. 副業フリーランスの平均年収は100万円以下

副業フリーランスの年収は非常に低く、平均年収は100万円以下です。

フリーランスは自由な働き方ができるという魅力はありますが、年収100万円ということは月に換算すると83,000円程度と非常に少ないです。

2-2. 専業フリーランスでも平均年収は250万円以下

専業フリーランスの平均年収は250万円です。

フリーランス(内閣府の調査)

画像:フリーランス実態調査結果(内閣府)

また、上の表からも分かるように100万円以下というフリーランスの数も同等数あり、専業で働いても年収100万円に満たないというケースがあるのです。

 

さらにフリーランサーは企業に雇用されていないため、雇用基準法などの労働法は適用されません。「最低賃金」「労働時間」「休日」「有給休暇」「労災」などの保証が無いのもフリーランスにとっては苦しいところです。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

2-3. 稼ぐフリーランスは年収2,000万円以上も

フリーランスは格差の大きな仕事ですが、夢があります。

先程紹介したように年収100万円というフリーランスもいれば、稼ぐ人は2,000万円以上稼ぐケースもあるからです。

 

前項で紹介した内閣府の調査でも、全体の3〜4%のフリーランスは年収1,000万円以上を稼いでおり、同じフリーランスでも売れっ子になると年収2,000万円以上稼ぐケースもあります。

 

実際にスキル販売のサイトでも、毎月100万円以上稼ぐフリーランスもいますし、クラウドソーシングでも企業向けの案件を中心に受注し、年収1,000万円以上を達成するフリーランサーもいます。

 

一例ですが外資系のコンサルティング会社を辞めて、WEBライターとして稼ぐ人もいますし、大手ゲームメーカーを辞めてフリーのクリエイターとして年収3,000万円以上稼ぐ人もいます。

 

フリーランスで成功をすれば、サラリーマンとして務めていた時には考えられないくらい、大きな年収を手にする人もいるのです。これは男女関係無く、平等に稼ぐチャンスがあり、フリーランスにとって大きな魅力となっています。

 

このように格差は大きいのですが、フリーランスには「大きく稼げる」という夢があるのです。

 

3. フリーランスで稼ぐコツは3つ!

ここまで、フリーランスの現状を見てきましたが、フリーランスにも「安定して稼ぐコツ」があります。

 

例えば、単価の高い仕事をしたり、毎月固定でもらえる仕事をするなどの方法で、年間500万円〜600万円以上稼げるからです。

 

年間600万円以上になると、平均的なフリーランスの3倍を稼ぐ計算になりますね。本項では、フリーランスが安定して稼ぐためのコツを3つ紹介しましょう。

 

✓ 単価の高い仕事を受ける

✓ 継続案件を取る

✓ 案件の多い企業と仕事をする

 

3-1. 単価の高い仕事

フリーランスは、できるだけ「単価の高い仕事」を取りましょう。

単価の高い仕事をすれば、少ない案件でも毎月安定した収入が得られるからです。

 

例えば、フリーランスで人気の「WEBライター」を例に説明をしますが、1本1,000円の記事を10本書くのと、1本10,000円の記事を1本書くのでは同じ10,000円という報酬でも、明らかに後者の方が楽に仕事ができますよね。

 

単価の高い案件を振ってくれるのは、大手の企業がほとんどです。個人や小規模な企業は、単価の安い仕事が多く安定して稼ぐのには向いていません。

 

ランサーズやクラウドワークスといった、WEBで仕事が取れるサイトでも、個人の募集する案件は単価の安い仕事が多いです。

 

しかし、同じランサーズやクラウドワークスでも企業が募集をしている案件があり、こうした案件は1件あたりの単価が高く、安定して稼ぐのに向いています。

 

安定した収入を得るためには、できるだけ単価の高い仕事を中心に探すようにしましょう。

 

3-2. 継続案件を取る

安定して稼ぐには、長期間続く「継続案件」を取るようにしましょう。

どんなに単価の高い案件でも、1回で終わってしまっては安定した収入にはならないからです。

 

例えば、半年〜1年以上続くような「継続案件」が取れれば、契約の期間中は安定して長く稼ぐことができます。

 

案件を探す際には、継続案件かどうか。どのくらい長く続けられる案件なのか、必ずチェックしてください。

 

3-3. 案件の多い企業と仕事をする

取引をする相手は、案件を多く持っている相手を選ぶことです。

なぜなら、企業によっては毎月50万円〜100万円といった予算があり、案件を振ってくれる数に限りがあるからです。

 

実際、個人や小規模のクライアントになると「毎月20万円しか出せません」といったところもあり、これを数人で分けるとなると一人あたりの予算も少なくなります。

 

しかし、案件の多い企業であれば「毎月の予算は1,000万円以上あります」という、大きな予算を組んで仕事を振ってくれるところもあり、フリーランスの安定収入につながります。

 

取引をする前には、毎月どのくらいの予算を組んでくれるのか。このあたりもしっかり確認をし、できるだけ案件を多く持っているクライアントと仕事をするようにしましょう。

 

4. 大きく稼げるフリーランスの職種

大きく稼げるフリーランスの職種

 

これからフリーランスを目指すなら、稼げる職種を選びましょう。

 

同じフリーランスでも、業種によって稼げる職種と稼げない職種があります。せっかくフリーランスを目指すなら、稼げる職種に就きたいですよね。

 

 

初めての方におすすめなのが、IT系のエンジニアです。

すでに一定のITスキルがあれば即戦力として働けますし、初心者の方であっても無料で学べる場所がたくさんあり、学校卒業後は仕事先も紹介してもあれるので安心です。

 

IT系エンジニアの平均年収は、450万円〜600万円程度と他のフリーランスに比べて、高い収入が得られます。

 

関連記事:【フリーランスで稼ぐ】未経験者OKのプログラミングスクール5選!

 

同じフリーランスでも、あまり稼げない職種もあります。例えば、今人気のWEBライターは競争率が高いため仕事を取ることが難しく、仮に仕事が取れたとしても月10万円を稼ぐのも難しいのが現状です。

 

WEBライターとは?

WEBライターは、その名の通り、WEBメディアで文章を書くプロフェッショナルです。インターネット上にアップロードされるコンテンツ記事を執筆しクライアントから依頼を受け、WEBサイトに掲載する記事を書くライターをWEBライターと呼びます。

ニュース、特集、インタビュー、メールマガジン、最近ではブログやECサイトの商品説明の執筆を運営者に代わって行うなど、その活動範囲は多岐にわたります。

 

WEBライターの働き方

WEBライターは、パソコンとインターネットへのアクセスさえあれば、いつでもどこでも仕事をすることができます。

 

例えば、休日のカフェやホテル、仕事から帰った後の早朝や夜間でも執筆が可能です。会社ではチームで仕事をしたり、大きな機械や設備が必要な人も多いですが、WEBライターはパソコンとインターネットがあれば仕事ができます。

 

子育てをしながら自宅で仕事をしたり、キャンプに行って焚き火を囲みながら仕事をすることもできますし、世界中を旅しながら仕事をすることも、家から出ずに仕事をすることもできます。自分の好きなスタイルや気分に合わせて、働く場所や時間を決めることができるのです。

 

WEBライターに向いている人

WEBライターは、文章を書くのが好き、専門知識がある、好きなジャンルがある、得意なことがあるという方におすすめです。興味があれば、ぜひWEBで文章を書いてみてはいかがでしょうか。記事を書くことで、自分の得意分野をどんどん伸ばしていくことができます。

 

例えばアウトドアが好き、子どもが好き、国家資格を持っている、仕事で特殊な仕事をしているなど、他の人より少しでも有利な点があれば、それを磨くことで知識や経験をより価値のあるものにすることができるのです。

 

好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、興味のないことに取り組むよりも、好きなことを伸ばしていくほうが楽しいものです。また、自分の得意分野を伸ばせば伸ばすほど、その知識や経験は誰かにとっても価値のあるものになります。

 

WEBライティングは、自分の強みを伸ばすことでお金を稼ぐことができる活動なのです。

記事を頻繁に更新し、質の高い記事を掲載することで検索で上位に表示されやすくなると言われており、SEO対策としてブログやコラムを募集するケースも多くあります。

 

インターネットやSNSの普及に伴い、WEBマーケティングを行う企業も増えており、今後WEBライターの需要は高まっていくでしょう。

自分が担当した記事が多くの人に読まれ、自分の文章が誰かの心に響いたり、記事を通じてクライアントに利益をもたらしたりできたときは、とてもやりがいのある仕事だと思います。

 

WEBライターの働き方

働き方改革やコロナの震災の影響もあり、スキルアップや副業を検討する人も増えています。好きなことを仕事に活かしたい、自由に働きたい、もっと稼ぎたい等々。

 

WEBライターになる人が増えている理由はここにあります。WEBライターは誰でも始められる仕事であり、パソコンとインターネットがあれば、どこでも仕事ができることが人気の理由です。

 

WEBライターは出世しても給料をもらうことができます。例えば、あなたが営業職で、「営業に役立つ知識やノウハウを集めました」という記事を書いたとします。

 

すでに営業マンとしての知識やノウハウを持っていたとしても、知識が不足していたり、ノウハウが明確でなかったりすると、思うように書けません。自分の知識や経験を整理し、新しい知識を導入しなければ、きれいな仕上がりにはなりません。

 

また、文章を書くこと自体にもスキルが必要で、これは記事を書く回数を重ねることで身に付いていきます。インプット、整理、アウトプットを繰り返していくと、意外と勉強になり、日々の仕事やプライベートに役立つことがたくさん出てきます。営業ノウハウを書くことで、自分の営業活動に役立つだけでなく、後輩にアドバイスする際にも執筆経験が活かされます。

 

自分の豊富な知識をきちんとアピールすることができ、後輩にもわかりやすくアドバイスすることができます。人を育てることができ、自分自身の営業力もどんどん磨かれていきます。

 

WEBライターの仕事はやりがいがあり、人間的にも成長できる仕事です。WEB記事の執筆は、誰にでも簡単に挑戦できる仕事ですが、誰にでも簡単に稼げる仕事ではありません。WEBライターとしてお金を稼ぐには、それなりの技術や知識が必要なのです。

 

知識が豊富でも、何をどのような順番でどのように書けばいいのかを考えるスキルがなければ、文章は読み手に何も伝わりません。読み手が理解できるもの、つまり価値のあるものを書けなければ、誰もその記事にお金を払ってはくれません。

 

WEBの記事作成は簡単に始められますが、簡単にお金を稼げる方法ではありません。しかし、心配はいりません。WEB記事のライターには専門的なスキルや知識が必要で、勉強して努力すれば身につけることができるのです。

 

しかも、スキルや知識は経験を積めば身につけることができます。最初のうちは少額しか稼げませんが、徐々にスキルや知識を向上させることができるようになります。

 

ただし、月収20万円以上稼げるWEBライターはごくわずかです。なぜなら、WEBライターにはさまざまなスキルが必要だからです。WEBライターが稼げる金額は、文字数と文字単価で決まります。文字数とは、記事の文字数のことです。例えば、1記事2000文字という依頼に応えようと思ったら、2000文字以上書かなければなりません。

 

また、最近では、WEBサイトのライターは「文字単価」で仕事をすることが多いです。文字単価とは、1記事あたりの単価のことで、初心者の相場は「0.5円」程度です。

 

1文字0.5円の単価で2000文字の記事を書いた場合、2000文字×0.5円=1000円です。2000字書くだけで1000円もらえるんだと思うとちょっとラッキーな気分になりますが、2000字というと手書きの紙5枚分です。初心者の場合、何をどう書くか考え、書き、下書きを確認し、手順を踏むのに半日以上必要かもしれません。

 

しかし、WEBライティングは、やり方次第で大きく稼ぐことができる仕事です。WEBコピーライターの給料は、文字数と文字単価で決まることが多く、WEBコピーライターとしての仕事が進むにつれて、文字数や文字単価が徐々に上がっていきます。

 

例えば、1文字3円で月に1万記事を書くことができれば、1万文字×3円×10記事=30万円の収入になります。さらに文字単価を上げることができれば、さらに稼ぐことができます。

 

この厳しい時代、夜勤や残業をしても手取りで数十万円しか稼げない人が多い中、WEBライターはパソコン1台で数十万円稼げる可能性があるのです。

 

WEBライターは誰でもなれる」と言う人が多いのですが、実際はそんなに簡単な仕事ではありません。私たちが今、手にしているスマートフォンの需要を支える、重要で意義のある仕事なのです。文章を書くことを生業とする人をライターと呼びます。ライターの仕事では、クライアントの要望に応じて情報を集め、文章にします。

 

WEBライターとして稼ぐためには、「誰かの役に立つ記事を書いた経験」が必要です。そして、その実績を定期的に積み重ねることで、WEBライターとしての権威が高まっていくのです。WEBライターとして経験を積むには、まず誰かにとって最適な記事を書く必要があります。

誰かのために、できるだけ質の高い記事を書けるようになり、ようやくWEBライターとして、独立することができるようになります。

 

諸経費や固定費が少なければ、売上を上げることはビジネスにおいて非常に重要です。諸経費や固定費が高いと、いくら売れても赤字になってしまうことがあります。

 

WEBライターとして稼ぐには、効率と信用が何よりも大切です。どんな記事を書けるのか、どの程度のレベルなのか。このノウハウを身につける必要があります。誰でも書けるような日記的な記事には意味がありません。誰かの役に立つ、参考になる記事にしなければならないのです。

 

インタビューでは、ターゲットやテーマなど、クライアントから情報を集め、記事の大まかな内容を把握します。どんな記事でも下調べは大切です。

 

記事を書く場合、インターネット上の記事は「検索で見つかった」タイミングでユーザーに読まれる。そのため、キーワードを入れる、タイトルタグを適切に使うなど、WEBライティング特有のルールに従って記事を作成し、ターゲットに見つけてもらう必要があります。

 

また、タイトルタグで文章を構造化することは、読みやすくなるだけでなく、SEOにも良い影響を与えます。タイトルとメタディスクリプションの最適化は、WEBライターに欠かせない知識です。

 

メタディスクリプションは、検索結果に表示される記事の説明文のことです。ユーザーが探している情報がサイト内にあるかどうかを判断するものなので、もっと情報を探したくなるような内容にする必要があります。

 

修正と最終チェックですが、誤字・脱字のチェックはもちろん、スマートフォンで見たときの改行バランスや、単語の重複がないかなど、無駄を省いて無理なく読める文章にすることが大切です。

 

また、インターネットユーザーの多くは、主に携帯電話でコンテンツを閲覧しています。WEB向けのライティングを行う際には、この点に留意する必要があります。

 

もともと「ライター」という言葉を耳にするのは、雑誌や書籍などの紙媒体に文章を書く人がほとんどでしたが、インターネットの進化に伴い、WEBに文章を書く人が増え、「WEBライター」という言葉も生まれました。WEBライターの使命は、WEBの信頼性を高め、WEBに貢献し、WEBで情報を求めるすべての人の手助けをすることです。

 

WEBライターに向いている人の特徴をまとめてみました。

 

✓  文章を書くことに強い情熱を持っている人
✓ WEB上の記事を定期的に読むのが好きな人
✓ 文章を書くことで「問題を解決したい」と思っている人
✓ 忍耐力がある人
✓ 強い責任感を持っている人
✓ 幅広い興味を持つ人
✓ 読者の声やPV/UUなど、出版後のことを気にする人

 

WEBライターになるために必要な資格は特にありませんが、WEBライティング能力検定®などのライティングに関する資格を取得することは、自分のスキルを評価・証明することになり、就職に有利に働くことがあります。

 

また、書籍やインターネット上の情報をもとに文章を書く場合、その情報が正しいかどうかを判断する力や、著作権法への理解も重要です。世の中の動きに敏感で、有益な情報をいち早くユーザーに伝えられるよう、アンテナを張っておくことも大切です。

 

WEBライターに向かない人は、以下のような人です。

 

✓ コミュニケーションを取るのが苦手な人
✓ 書くだけでいいと思っている人
✓ 楽な仕事をしたい人。
✓  自分の書いたものに責任を持たない人。
✓  SNSやブログのように自由に書きたい人。
✓ お金をたくさん稼ぎたい人

 

WEBライターの書くコンテンツは、企業サイトの特集記事やECサイトの商品情報など、多岐にわたります。雑誌や新聞などのメディアとは異なり、WEBライターはいかに記事を読んでもらうか、見つけてもらうかが重要で、主要な検索エンジンやSNSを通じた集客のためには、キーワードライティングが重要です。

 

初心者のWEBライターの中には、SNSやブログなどで自由に書きたい!という人も少なくありません。中には、自由に記事を書いて、そこで人気を博している人もいます。

 

自由に記事を書いて、それで人気を得る人もいますが、それはほんの一握りです。メディアの方向性や読者・クライアントのニーズに合わせて、書くことで問題を解決するアイデア、いろいろなことに挑戦できる柔軟な興味の幅、根気よく書くことをこなすマインドが大切です。

 

WEBライターになるには、特に資格は必要ありません。WEB上のライティングの仕事を請け負い、WEBライターとしての経験を積み、「WEBライター」を名乗れば、WEBライターになることが可能です。

 

WEBライターになるにはいくつかのモデルがあります。メディア運営、メディア管理、WEBコンテンツ配信を中心とした営利企業に入社し、その企業でWEBライターとして働くことで、企業のWEBライターになるモデルです。
社内で別の職種として働いていても、部署に異動することでこのような仕事を担当できる可能性があります。

 

ライティング会社に入社し、その中でWEBライターとして働くモデルです。未経験でいきなりライティング会社に入社するのは簡単ではありませんが、募集している会社は多数あります。

 

クラウドソーシングや個人のブログや日記など、自分が書いた記事のポートフォリオを持っておくとよいでしょう。クラウドソーシングや友人からの紹介で初めて経験を積んだことをきっかけに、WEBライターの道へ進む人も多いようです。

 

フリーランスのWEBライターになること自体は難しいことではありませんが、高額な案件を定期的にこなし続けることは容易ではありません。いきなりライター業を始めるのではなく、まずは本業に励みながら副業としてライター業を行う人が多いようです。

 

営利企業に所属し、自社メディアで執筆するライターはこのパターンです。ここ数年、集客やビジネスの成長を目的に、自社メディア(オウンドメディア)を作る企業が増えています。

オウンドメディアの記事執筆、自社サイトのコンテンツ更新、Wantedlyやビズリーチなどの求人媒体の求人票作成、社内マニュアルやメルマガ作成、SNSの更新など、仕事の範囲は多岐にわたります。

 

後述の編集プロダクションやフリーランスに所属するWEBライターは、複数のクライアントを集中的に担当しながらも、自社メディアやその状況をより深く理解したライティングが期待されます。

 

制作会社に所属するWEBライターもいます。編集プロダクションとは、企業に対してライティングや映像編集のサービスを提供する会社です。メディアや広告代理店を経営する企業から依頼を受け、それぞれのメディアに掲載する記事内容や文章を提供するなど。

 

例えば、医療分野や薬事法関連など、制作会社特有の非常に専門的な分野の文章を求められたり、高度な編集能力が求められたりすることが多いです。また、複数のクライアントを担当することが多いため、クライアントの要望やメディアの特性を熟知しながら、効果的なライティングを行う必要があります。

 

このほか、CMや編集プロダクションとは対照的に、企業に属さず個人で仕事を請け負うフリーランスのWEBライターが最近増えてきており、ランサーズやクラウドワークスなどのWEBプラットフォームを通じて、誰もが簡単に仕事を獲得し、依頼できるようになったのです。

 

また、ソーシャルメディアの発達により、自分で書いた記事をネット上で投稿することが容易になり、企業から直接受注しやすくなりました。こうした変化もあり、時短勤務の方や子育て中の方、副業を探している方など、フリーランスライターとして活躍する方が増えています。

 

WEBライターになるための特別な資格は必要ありませんが、WEBサイトに記事を掲載するには、文章の構成からHTMLタグ、SEOのためのキーワードの挿入など、幅広い知識が必要です。

 

まずは専門学校や大学で、文章の書き方やWEB公開に必要なコーディングの理解など、WEBライティングの基本を学ぶ必要があります。その後、広告代理店やWEBコンテンツ制作会社に就職するのが一般的です。そこで実績を積みながら人脈を広げ、フリーランスのWEBライターになることも可能です。

 

必要な知識・スキルを身につけるのも、稼げるWEBライターになるのに欠かせません。膨大な情報の中から、正確で質の高い情報を調査・収集する能力が必要です。質の高い記事は、正確な情報から生み出されます。

 

多くのお客様の基本的な願いは、「集客したい。売上を伸ばしたい。これを理解することが大切です。WEBライターの仕事を依頼するお客様の基本的な欲求は「記事を書いてほしい」ではないのです。

 

集客や売上を上げるためには、SEOを理解し、検索上位に記事を掲載することができれば、クライアントの一番の願いである「集客や売上を上げたい」を達成することができるからです。

 

SEOは技術的なスキルではありますが、基本は本を読めば理解できることが多いです。まずは書籍でSEOの基本を学ぶようにしましょう。また、記事を書いたらCMSに投稿するように言われることがあります。作業量は増えますが、その分単価も高くなるので、身に付けておきたい知識です。代表的なCMSはWordPressです。最初はWordPressの本を読んで、基本的な知識を身につけましょう。

 

モラルも重要な要素です。作成する文章は、オリジナルで著作権に違反しないことが絶対条件です。WEBサイトを参考にするにしても、自分の言葉で表現することが大切で、他のWEBサイトの文章をコピーしないモラルとマナーが必要です。

 

WEBライティングのスキルですが、雑誌などの紙媒体のライターとは異なり、WEBにはWEB用のライティングスタイルが存在します。

タイトルから内容がわかる」「一文が短く読みやすい」「改行や句読点の入れ方」「SEOキーワード」など、WEBの特性を理解した上で書くことが必要です。これを意識することで、サイトから離脱されにくくなり、検索で上位に表示される可能性が高まります。

 

クライアントの意図を汲み取り、適切な記事を書くためには、コミュニケーション能力が不可欠です。対面だけでなく、電話やメールなど間接的なコミュニケーションも多いため、より丁寧で細やかな対応が必要になります。

 

未経験からWEBライターになるには、まずはWEBライティングの基本を学ぶこと。WEBライティングの基本を学ぶには、初心者向けの本を読むのがよいでしょう。WEBの書き方を学ぶだけでなく、本を読むことで、正しい書き方や読みやすい書き方を身につけることができます。

 

WEBライターの仕事を探すには、クラウドソーシングサービスという便利なプラットフォームがあるので、それを利用するとよいでしょう。

 

WEBライターは、クライアントからの依頼を受けて記事を作成します。クライアントが何を求めているのか、どんな記事をいつまでに納品する必要があるのかなど、クライアントの要望を理解するための正確なコミュニケーションが必要になります。

 

レスポンスが早い、報告を徹底する、わからないことは質問するなどのコミュニケーション能力は、どんな仕事でも大切ですが、WEBライターでも同様に重要になってくるでしょう。コミュニケーション能力が低いと、仕事がうまくいかないだけでなく、次の仕事の依頼が来なくなります。
常にクライアントとコミュニケーションをとるように心がけましょう。

 

WEBライティングは誰にでもチャンスがある仕事ですが、簡単にお金を稼げる仕事ではありません。多くの知識と技術が必要であり、いざ書くとなると手が止まってしまうかもしれません。

 

しかし、パソコンとネット環境さえあれば、いつでもどこでも仕事ができ、頑張り次第では大金を稼ぐことができるのが魅力です。未経験でもWEBライターになれるので、スキルアップのためにWEBで文章を書いてみてはいかがでしょうか。

 

WEBライターとして仕事をしたいが、なかなか稼げないという方は、下の教材が役に立ちます。資金調達プロで稼ぐ、プロのライターが安定して稼ぐコツを紹介しています。基礎知識を身に付けたいという方にもオススメです。

 

5. フリーランスが気をつけたい3つの注意点

フリーランスになる前に、必ず知っておきたいのが「フリーランスに起こりがちなトラブル」についてです。

 

フリーランスの数が増えていることから、フリーランスを騙そうとする悪徳業者や悪質なクライアントも比例するように増えているからです。

 

ここで、フリーランスが「必ず注意したいこと」を3つまとめてみました。

 

✓ 詐欺が増えている

✓ 相手の未払い

✓ 経済的なリスク

 

それぞれの内容を順に解説します。

 

5-1. 詐欺が増えている

ここ数年、フリーランスを騙す「悪質な詐欺」が急増しています。

特に多いのが副業詐欺、情報商材などの類いです。

 

みなさんもYouTube、Instagram、Twitter、Facebookなどで「簡単に稼げる副業」「誰でも稼げる仕事」など、怪しい広告を目にしたことはありませんか?

 

クリックをするだけで毎月100万円、簡単なテキストを入力するだけで日給5万円など。

ありえないような条件で広告を打つ悪徳業者がいるので注意をしてください。間違って申し込みや登録してしまうと高額なセミナー費用や高額な教材を買わされてしまいます。

 

消費者庁でも、こうした手口が増えていることに対し注意喚起しています。

 

参考:20歳代の若者の「情報商材」をめぐるトラブルの状況

 

また厄介なのが、大手クラウドソーシングやスキル販売サイトにも、こうした副業詐欺のグループが登録をしていることです。

 

特に気をつけて欲しいのが、仕事のサンプルを無料で作成させるクライアントや「見習い期間」と称して、無料やありえない程の低賃金(1件あたり100円〜300円など)で仕事をさせるクライアントです。

 

こうしたクライアントは、応募者に無料や格安で仕事をさせて、得た成果物を他人に高額で転売する、または自社サイトのサービスに無料(無断)で使用しています。

 

このほか、昔からある手口ですが「登録詐欺」という業者も未だにいます。仕事を斡旋する代わりに、「登録料や会員費用を1万円払う必要がある」と言い、紹介料を受け取った後は一件も仕事を紹介しないといった手口です。

 

ややこしいのは、最初に簡単な高額案件をエサとして紹介し「もっと仕事が欲しいなら10万円の登録料が必要」といった手口で騙そうとする悪徳業者もいます。

 

こうした悪質なクライアントは後を絶ちません。フリーランスを騙す「悪質な詐欺」が急増しているので、これまで以上に「注意」をしてください。

 

5-2. 相手の未払い

未払いの問題は本当に厄介です。フリーランスの方であれば、一度や二度は相手の未払いで苦しんだ経験があるのでは?

 

特に個人や小規模な会社は未払いのリスクが多く、案件を納めたにもかかわらず、お金を払ってくれないといったトラブルが頻発しています。

 

また、クラウドソーシングで多いのは、納品をしたにも関わらず「受領」や「確認」の手続きが行われず、いつまで経ってもお金が振り込まれないといったトラブルです。

 

こうしたフリーランスのお金に関するトラブルが増えており、弁護士事務所でも「フリーランスとお金のトラブル解決」を多く扱うようになりました。

 

仕事をする時には、相手が信頼できるクライアントかどうかの見極めが必要です。

 

こうしたお金の問題の解決方法については、記事の後半でも詳しく解説します。

 

5-3. 経済的なリスク

最近では世界的レベルで経済状況も悪化しており、クライアントの事業が上手くいかないなどの理由で、急に支払いが滞るといったトラブルも起こっています。

 

経済的なリスクは、誰にも予測できないことです。

このため、取引をするクライアントは一社に絞るのではなく、できるだけ多く増やしておくと安心です。取引先が多ければ多い程、1〜2社の支払いが滞っても、他の会社からの収入でカバーできるからです。

 

こうしたトラブルは、特に2022年に入ってから増えています。クライアントから急に支払いが滞るといったトラブルに備えて、フリーランスの側も注意しましょう。

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

6. フリーランスの安心に役立つ保険と保証制度

ここまでの紹介したリスクに備えて、準備をしておきたいのが「保険」と「保証」です。

フリーランス人口の増加から、フリーランスの所得や生活を守る保険や保証が次々と生まれています。

 

フリーランスを守る2つの制度

〇 フリーランス保険

〇 請求書買取サービス

 

本項で紹介する保険や保証で、万が一のリスクに備えておきましょう。

 

6-1. フリーランス保険(賠償責任保険)

フリーランス保険は、フリーランスの仕事で起こった賠償責任の費用を補償してくれる保険です。

 

こうした保険では、業務遂行上の不備、著作権侵害、納期遅れなど、自営業につきもののリスクを補償してくれます。

 

一般の保険会社では扱いはなく、フリーランスの団体「フリーランス協会」に加盟をすると、会員特典として入会ができます。

 

フリーランスを守る保証制度であり、「フリーランス協会」への加盟で保険費用は無料になります。フリーランス協会の詳細は、下の記事にて詳しく解説しています。

 

関連記事:フリーランス協会とは?フリーランス協会に加入をするメリット&デメリット

 

6-2. 所得補償保険

フリーランスが病気や怪我をすると、会社のような補償はありません。

休養中に給料がもらえる訳ではなく、最悪の場合「仕事ができないなら、案件を打ち切ります」と言われる可能性も十分にあります。

 

また、最悪のケースでは「納品できないなら、賠償金を払ってもらいます」というクライアントもいて、フリーランスは益々辛い状況に追い込まれてしまいます。

 

こうした問題を解決してくれるのが「所得補償保険」です。

 

所得補償保険に加入をすると、月々の平均月収から算出して一定の金額を補償し保険加入者に支払ってもらえます。例えば、病気や怪我で働けなくなった場合、一定の補償額が支払われるのでフリーランスは治療や回復に専念することができます。

 

所得補償保険は、大手保険会社でも扱っているほか、先程紹介したフリーランス協会からも入会できます。

 

参考:フリーランス協会|プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会

 

7. お金の問題を解決する制度

フリーランスに起こりがちなお金のトラブルは、未然に防げます。

例えば「報酬トラブル」を回避するサービスや、請求書買取などの便利なサービスを利用することで、フリーランスに起こりがちなお金のトラブルが回避できます。

 

7-1. 報酬トラブル弁護士

報酬トラブル弁護士とは、フリーランスが未払いなどのトラブルに遭った場合、円滑に問題が解決できるよう、クライアントと交渉をしてくれるサービスです。

 

このサービスは「フリーランス協会」の会員は無料で利用できます。また、全国の弁護士事務所でも、こうしたフリーランス向けの交渉を行ってくれますが、個人で依頼をすると弁護士費用は高くなります。

 

フリーランス協会のように、無料で利用できるサービスを利用しましょう。

 

7-2. 請求書買取

フリーランスの「お金が無い」を解決してくれるのが、請求書買取サービスです。

請求書買取は、フリーランスが納めた仕事の請求書を現金で買い取ってくれるサービスのこと。

 

フリーランスになると、納品後「翌月末」や「翌々月末払い」といったクライアントもいて、現金を受け取るまでに時間がかかります。

 

しかし、請求書買取サービスを利用すれば、申請後最短60分後に現金を受け取ることができ、最小利用額も1万円からと小さな報酬でも当日中に受け取りができます。

 

また、請求書買取サービスがうれしいのは、取引先に請求書買取サービスの利用がバレないこと。電話や郵送なども一切なしで、申込者本人以外に請求書買取サービスの利用が知られることはありません。

 

気になる手数料ですが、請求書報酬10%のみで振込手数料や手続きに必要な手数料も一切無しで安心です。

 

こうした補償や請求書買取サービスなどを上手に併用することで、フリーランスに起こりがちな「お金がない」という問題はスッキリ解決できますよ!

 

フリーランスでまだ、利用したことがないという方はぜひ一度、チェックしてみてくださいね。資金調達プロでも、請求書買取サービス『labol(ラボル)』という便利なサービスを提供しています。

 

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

Labol(ラボル)の詳細は、下の記事をご覧ください!

 

関連記事:資金調達プロの運営が作った請求書買取サービス「ラボル」とは?

 

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

 

まとめ

今回は、フリーランスが知っておきたい「お金」と「仕事」のことを詳しくお話しました。

 

フリーランスにはクライアントの未払いなど、いくつかのリスクもありますが、上手に回避して稼ぐコツを実践すれば年収500万円〜600万円はもちろんスキルを身に付ければ年収1,000万円以上稼げる職業です。

 

今から新しいことを始めようという方には、自由に働けて大きく稼ぐチャンスの多いフリーランスという働き方がおすすめです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

現在のおすすめカードローンはこちらです。

■SMBCモビット 最短10秒で簡易審査ができる!

急ぎのあなたにピッタリの最短即日融資(*)!24時間申し込めて最大800万円まで対応できます。

SMBCモビット公式サイト

■レイクALSA  最短15秒で審査結果がわかる!

Webでスピード融資が可能なカードローン「レイクALSA」!担保・保証人不要で最大500万円の融資が可能です。

レイクALSA公式サイト

■いま登録すればマネーフォワード クラウド確定申告が3ヶ月間無料!フリーランスエンジニア・Webデザイナー向け、最短60分で資金調達できるlabol(ラボル)

AIファクタリングサービス_labol(ラボル)

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • w***i様が
    1100万円を調達しました。

  • j***k様が
    1000万円を調達しました。

  • j****v様が
    900万円を調達しました。

  • p**f様が
    900万円を調達しました。

  • d**j様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング