閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【最新2020年】デジタル仮想通貨がいよいよ解禁?Facebookリブラと各国の仮想通貨

【最新2020年】デジタル仮想通貨がいよいよ解禁?Facebookリブラと各国の仮想通貨

libra(リブラ)

ロゴマークは「Libra(リブラ)公式サイト」より

 

2020年になり、仮想通貨の潮目は変わりました。海外だけでなく、日本国内でもデジタル仮想通貨を導入する動きが加速化しています。また、Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)も1〜2年で発行される可能性が高くなりました。

 

本記事では2020年最新版として、デジタル仮想通貨の「新たな流れ」と各国の取り組みについて紹介します。また、Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)の最新情報も合わせて紹介します。仮想通貨の動きが気になる方は、要チェックです!

 

FacebookのLibra・リブラ(YouTube)

 

【関連記事】

【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

 

なお、個人事業主やフリーランスの方で「今すぐお金が必要!」という方には、請求書買取サービスの利用がおすすめです。

 

※ 今すぐ請求書を買い取って欲しい! 今すぐお金が必要というあなたには、業界最大規模の利用者を誇るフリーナンスがおすすめ! フリーナンスなら最高1,000万円の請求書買取サービスが利用でき、最高5,000万円のフリーランス保険が無料で利用できるので安心です!

 

■うれしい手厚い保障制度付き!個人事業主向けFREENANCE(フリーナンス)のファクタリングはこちら

 

このほか、資金調達プロは今話題の『請求書買取サービス』について特集を組んでいます。

□  請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

請求書の即日払いで資金繰りを改善しましょう!

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

***

 

この記事は、資金調達プロ『お金の専門家』Tommyが作成しました。

 

Twitterアカウント(資金調達プロ)

 

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaブログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

 

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう


【本記事の理解に役立つリンク】

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

文鉄・お札とコインの資料館

日本銀行 Bank of Japan

独立行政法人造幣局

財務省

金融庁ホームページ

金融庁チャンネル(YouTube)

日本司法支援センター|法テラス

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

 


デジタル仮想通貨とは?

 

デジタル仮想通貨は、デジタル化され「現金感覚で」通貨のように利用できるサービスを指しています。例えば、私たちが普段使っている電子マネーや仮想通貨は、デジタル通貨に分類されます。

 

【デジタル通貨】

  • 電子マネー
  • 仮想通貨

 

SuicaやPASMO、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)、Edyなどは「電子マネー」に分類されます。

 

一方の仮想通貨は、国家が発行する通貨ではなく、非中央集権的なデジタル通貨のことで、ビットコインやイーサリアム、リップルなど、さまざまな種類の仮想通貨が発行されています。

 

今話題のFacebookリブラも仮想通貨ですが、リブラは従来の仮想通貨にはない「価格変動が起こりにくい」といった特性があります。

 

なぜなら、Facebookリブラは発行には裏付けとなる資産(法定通貨)があるので、価格の変動が起こりにくいのです。今後、Facebookリブラは米ドルをはじめ、ユーロや英ポンド、シンガポールドル、日本円との連動が予定されています。

 

2020年にデジタル仮想通貨はどうなる?

 

2016年、2017年には仮想通貨が一大ブームとなりました。当時は「億り人」という言葉が流行するなど、人々の仮想通貨への想いや投資の勢いはピークにも達していたと思われます。

 

しかし、2018年の1月にビットコインが大暴落。他の通貨についてもハッキング事件などが影響し、通貨価値を下げる結果とりました。

 

仮想通貨は「不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる」といったメリットがります。

 

しかし、暗号化によってセキュリティ面が守られていたとしても、仮想通貨の取引口座自体に(セキュリティ上の)欠陥があると、保有する資産がネット上で盗み取られるなど「重大なリスク」に晒されてしまいます。

 

Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)とは?

 

Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)は、世界の金融インフラを整備する目的で開発が進められています。

 

現在、世界中の約17億人の人たちは銀行口座を持っていません(2020年1月時点)が、Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)を使えば、銀行口座を持たずにデジタル通貨が管理・保管できるほか、Wallet間の送金ができるようになります。

 

Libraが生み出す機会

  • もっと多くの人が金融サービスや安価な資本を利用できるようにする必要がある、と私たちは考えます。
  • 人には合法的な労働の成果を自分でコントロールする生まれながらの権利がある、と私たちは考えます。
  • グローバルに、オープンに、瞬時に、かつ低コストで資金を移動できるようになれば、世界中で多大な経済 機会が生まれ、商取引が増える、と私たちは考えます。
  • 人びとは次第に分散型ガバナンスを信頼するようになる、と私たちは考えます。
  • グローバル通貨と金融インフラは公共財としてデザインされ統治されるべきである、と私たちは考えます。
  • 私たちには全体として、金融包摂を推進し、倫理的な行為者を支援し、エコシステムを絶え間なく擁護する 責任がある、と私たちは考えます。

リブラ公式サイトより

 

また、国内・海外問わず、送金には高い手数料が掛かりますが、Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)を利用すれば、送金一回につき数円〜数十円の手数料だけで済みます。

 

仮想通貨Libra(リブラ)の導入は、資金洗浄などの危険性から導入が(当初の予定よりも)大幅に遅れています。

 

現時点(2020年1月)で、仮想通貨Libra(リブラ)を購入することはできませんが、Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)の実装は2020年の秋〜冬頃ではと言われています。

 

そして、2019年秋にスタートしたFacebookPayの動きも見逃せません。

 

参考リンク:Facebook Pay(公式サイト)

 

仮想通貨Libraは順調に開発進む、規制対応には言及せず

Facebookは、Libraに対する抵抗が高まる中、同社自身もフィンテックに参入するという保険をかけた。今週同社はFacebook Payをスタートし、Facebook、Messenger、WhatsApp、およびInstagramで友達や店や慈善団体に支払うための共通決済方法を米国で提供した。

Facebook Payは、同プラットフォーム上での買い物を推進し、取引に関する情報を取得するとともに、素早い決済方法に後押しされる売上を求めて売り手がもっと広告を出すことを期待している。それはFacebookがLibraに対して、金融の大衆化以上に一番に求めていたことだ。

出典:TachCrunch Japan 2019年11月18日掲載記事より一部抜粋

 

日本ではApple PayやLINEペイの利用が多数を占めますが、Facebook Payのリリースで今後の「勢力図はどのように変わるのか」世界中から注目を集されています。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

今注目のデジタル仮想通貨

 

2020年に注目を集める「デジタル仮想通貨」を集めてみました。

 

 

参考リンク:デジタル通貨を知る!仮想通貨や電子マネーとの違いやメリットとは?(三井住友カード公式サイト)

 

海外のデジタル仮想通貨事情

 

Facebookのデジタル仮想通貨Libra(リブラ)のほか、中国のデジタル人民元発行をはじめ、各国がデジタル仮想通貨の研究と発行を予定しています。

 

日本国内のデジタル仮想通貨事情

 

日本でもデジタル仮想通貨の導入に向けて、ブロックチェーンテクノロジーによる支払いソリューションの研究と採用の計画が進んでいます。

 

日本では「現金神話」が今でも根強く残っていますが、大手信販会社のJCBがブロックチェーンベースの商業決済プラットフォームPaystandとパートナーシップを結ぶなど、デジタル化の流れは加速しています。

 

参考:Paystand(公式サイト)

 

仮想通貨はオワコンなのか、それとも買いか?

 

デジタル仮想通貨の第一次ブームは、2018年1月の「ビットコイン暴落」で終焉を迎えました。

 

しかし、ここまで紹介した仮想通貨のこれからの将来性やプラスの側面を考えれば、ビットコインをはじめデジタル仮想通貨は「再び脚光を浴び」かつてのように「価格が高騰していく」と見る専門家も多く見通しは明るいです。

 

実際に、2020年に入ってビットコインは再び脚光を浴びており、専門家の中には、最低値5,000ドル〜最高値38,000ドルになると予測する人もいます。

 

参考記事:仮想通貨50人の2020年大予測(コインテレグラフジャパン)

 

デジタル仮想通貨のメリット

 

デジタル仮想通貨のメリットは、業者などの第三者(中央機関)に左右されることなく通貨が管理できることです。

 

Facebook Libra(リブラ)のように、変動のしにくいデジタル仮想通貨の発行も予定されており、用途に合わせたデジタル仮想通貨の流通と利用が可能になります。

 

そして、どのデジタル仮想通貨にも共通することですが、口座間の手数料が安く海外送金やビジネスでの送金にも、デジタル仮想通貨が役立ってくれます。

 

また、ビジネスの市場が「グローバル化」するなかで、デジタル仮想通貨をもとにした決済システムの整備は不可欠になります。

 

デジタル仮想通貨のデメリット

 

デジタル仮想通貨のデメリットは、資金洗浄などの危険性があること。ハッキング被害がおこりやすく口座の管理(セキュリティ面)が難しいこと。一部の権力を持ったマイナーによる取引記録改ざんのリスクなど、「安全性」に関するデメリットが多く、問題は解決されていません。

 

デジタル仮想通貨の注意点

 

デジタル仮想通貨には、「怪しい設け話」など投資詐欺が多く、年間数千万円〜数億といった資金をだまし取られる人がいます。デジタル仮想通貨は安全性を十分に確かめた上で、取引するようにしましょう。

 

デジタル仮想通貨で役立つリンク一覧

 

デジタル仮想通貨を知るのに「役立つリンク」を集めてみました。

 

 

まとめ|デジタル仮想通貨は、爆発的速度で世界に普及する!

 

今回は、仮想通貨Libra(リブラ)をはじめ2020年に注目すべきデジタル仮想通貨を紹介しました。「仮想通貨はもうオワコン」といっていたアナタも、2020年にはデジタル仮想通貨の明るい未来や輝かしい可能性を再発見することでしょう。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

合わせて読みたい

この記事と合わせて読みたい「資金調達プロ編集部」おすすめの記事をご紹介します!

・   個人事業主でもファクタリングが利用できる!フリーランスの生活を支えるGMOのFREENANCE【2020年最新情報】

・   【最新2020年4月版】OLTA(オルタ)で請求書を現金化!クラウドファクタリングで資金調達する方法

・   【最新2020年4月版】FREENANCE(フリーナンス)の審査難易度は?手数料や口コミ評判を徹底調査!

・   【最新2020年4月版】yup(ヤップ)先払いの使い方!フリーランス報酬即日払いでお金を受けとる方法!

・ 【最新2020年】デジタル仮想通貨がいよいよ解禁?各国の仮想通貨導入状況を徹底リポート!

・ OLTA(オルタ)が創業2年で100億円以上の申し込みを集めた理由!【資金調達プロ最新ニュース|2020年4月版】

・ 【保存版】請求書買取OLTA(オルタ)をクラウド会計ソフトfreee(フリー)使う方法!

・ 請求書買取サービスのOLTA(オルタ)とりそな銀行がビジネスマッチング!【資金調達プロ最新ニュース|2020年4月版】

・ AIが中小企業の資金繰りをサポート!請求書買取サービスの仕組み【資金調達プロ最新ニュース|2020年4月版】

・ 【最新ニュース2020年4月版】Origami Pay(オリガミペイ)がメルカリに買収!スマホ決済市場は今後どうなる?

・ 【最新2020年4月版】フリーランス&個人事業主向け請求書買取サービス!おすすめ比較ランキング

・ 【最新2020年4月版】yup(ヤップ)先払いの使い方!フリーランス報酬即日払いでお金を受けとる方法!

・ 【最新2020年4月版】OLTA(オルタ)で請求書を現金化!個人クラウドファクタリングで資金調達する方法

・ 新規開業資金とは

・ 開業資金・開業費用を助成金でゲット!200万円を手に入れる6つの手順

・ 【2020年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

・ 【起業時必見】個人事業主向け補助金で無敵になれる9つの方法とは?

・ クラウドファンディングで飲食業をはじめよう!ネットで資金調達すべき4つの理由

・ 若者が起業するメリット3つと、代表的な「資金調達先リスト」3つ!

・ 【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2016-2017年版)

・ 30歳までに起業する! 若者の起業支援制度と「資金調達先リスト50」

・ 資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

・ クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

・ 【最新版】クラウドファンディング「資金調達額」ベスト100(1位から50位まで)

・ 【保存版】【2020年最新】日本政策金融公庫で融資を受けるメリットとデメリット総まとめ!(2018年更新)

・ 2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

・ 創業計画書100%書き方ガイド!日本政策金融公庫から創業融資を受けるための5つのポイント

・ 日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

・ 日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

・ 【2018年度版】日本政策金融公庫(国民金融公庫)で融資を受ける際、注意すべきデメリットは4つ!

・ 日本政策金融公庫を利用するメリットは6つ!日本公庫の融資がお得なポイント

・ 日本政策金融公庫の貸付の種類|日本公庫で利用できる借入全ラインアップ(2018年更新)

・ 日本政策金融公庫とは?日本公庫を支える3つの機能と3つの目的

・ 日本政策金融公庫(日本公庫)の仕組みを分かりやすく解説!

・ 【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

 

【関連ページ】資金調達プロ「カードローン」ランキング

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

 

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

 

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

 

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

新型コロナウイルス対策

【新型コロナ情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

 

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

 

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

 

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

 

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

 

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

 

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

 

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

その他

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 04/02 09:10
    無料診断がされました。
  • 04/02 09:05
    無料診断がされました。
  • 04/02 08:28
    無料診断がされました。
  • 04/02 08:25
    無料診断がされました。
  • 04/02 08:07
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(337件)

1 2 3 4 5 68

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全952件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる