〈はまぎん〉スーパービジネスローンの特徴やメリット・デメリットを徹底解説【最新2022年版】

Boli
Boli
更新日2022/5/9

会社を経営する中で、事業資金調達は重要課題です。上手に調達したいですよね。

でもほとんどの場合、急なタイミングで資金が必要になります。そんなときに、スピーディな融資でしかも有利な条件のビジネスローンがあったらいいと思いませんか?

積み重なったコインにfundingの印字

今回は、神奈川県内や東京の町田市で会社を経営する人たちに人気の〈はまぎん〉スーパービジネスローンについて紹介します!

 

※ 本記事のデータは2020年(令和二年)の最新版です!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

目次

はじめに|〈はまぎん〉スーパービジネスローンとは

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、横浜銀行が提供している中小企業向けのビジネスローンです。

すばやい資金提供とともに、十分の資金提供を心がけているため、大変人気の高い商品となっています。スーパービジネスローンのほかにも、横浜銀行ではさまざまなローン商品を用意しています。その点はこの記事の後半で取り上げます。

 

初めに注意点として覚えておきたいのは、〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、神奈川県と東京都町田市の中小企業法人のためのローンだということです。対象エリア外の法人は業歴・業績に関わりなく融資不可です。

 

なお、ビジネスローンについて総合的にチェックするためには以下の記事が役に立ちます。

 

必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの特徴を概観しよう

詳細について調べていく前に、まずここで〈はまぎん〉スーパービジネスローンの特徴を概観してみましょう。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの特徴

  • 売上高10億円以下の中小企業向けビジネスローン
  • 無担保で最高5,000万円まで融資
  • 返済は最長5年
  • 運転資金、設備資金に使える
  • 金利は年2.75%~

 

詳細は、この記事で順番に説明していきます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査は厳しい?それとも簡単?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査は、「銀行=審査がかなり厳しい」という先入観を持っている人にとっては、イメージが変わるといっても過言ではないほどスムーズです。利用者の声を総合すると、「厳しすぎることはない」と結論付けられます。

もちろん所定の審査を通過する必要がありますし、そもそも融資対象者であることと、必要書類を準備できることが条件になっています。

審査については、この記事で後ほど取り上げます。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの評判は?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、利用者の間では評判がいいです。審査もスムーズで、5年間の借り入れが可能なので、長期的に事業展開をサポートしてくれます。

スーパービジネスローンをきっかけに横浜銀行との取引を増やす法人も少なくありません。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの詳細(契約内容)

ここで、〈はまぎん〉スーパービジネスローンの契約内容を概観しておきましょう。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの契約の内容

融資対象者 神奈川県と東京都町田市の中小企業で、以下のすべての要件を満たす法人

  1. 売上高10億円以下の中小企業であること
  2. 業歴2年以上かつ直近2期以上の確定申告を継続完了していること
  3. 利用している金融機関からのお借り入れの延滞および税金の滞納のないこと
  4. 金融保険業、不動産業、パチンコホールのいずれでもないこと
  5. 会社法上の会社であること(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社)
資金使途 運転資金、設備資金

※ 土地取得、建物取得・建設資金(不動産取得・建設資金)など一部の設備資金については利用対象外

融資額 5,000万円以内(申し込みは100万円以上で10万円単位)
契約利率 固定金利:年2.75%~

変動金利:年2.95%~

※ 融資利率は借り入れ時の基準金利により決定するため、必ずしも上記の金利とは限らない

※ 融資利率は申込者の財務内容、事業規模などのデータをもとに銀行側の審査基準により一定の範囲内で決定

※ 変動金利の場合、銀行の短期プライムレートに連動するので、短期プライムレートが引き上げ(引き下げ)になると、同じ上げ幅(下げ幅)で変動する

返済期間 期日一括返済の場合は3か月以上1年以内

元金均等返済の場合は5年以内

※ 横浜銀行から初めて借り入れで期日一括返済を受ける場合は3年以内
※ 元金均等返済で期間が1年を超える場合は、据置期間を6か月以内で設定することが可能

担保・保証人 担保は不要

※ すでに根担保権を設定している場合は、その根担保権が及ぶ

保証人:

必要に応じて代表者が連帯保証人になる

返済方式  

期日一括返済:3か月以上1年以内

元金均等返済:5年以内(注1、注2)

(注1)
横浜銀行から初めてお借り入れを受ける場合は、3年以内。

(注2)
期間1年超の場合は、据置期間6か月以内で設定することができます。

利払い方式 1年を365日とする日割りで計算し、次回利払い日までの前払い
必要書類 かならず必要になる書類:

  • 直近2期分の決算書(税務署の受付印のある確定申告書の写しを含む)
  • 資金使途確認資料(見積書など)

その他、別途必要になるかもしれない書類:

  • 商業登記簿謄本または履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明書(会社・代表者全員)
  • 住民票(代表者全員)
  • 最新決算期の納税証明書(その1、3の3)
  • 主たる金融機関の返済予定表・通帳写し3か月分 など
事務手数料 なし

 

ここでは表によって概観するだけにしておきます。契約内容の詳細についてはこれから順番に取り上げていきます。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの融資対象者

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用できるのは、横浜銀行が定める要件を満たしている法人です。

 

横浜銀行が定める要件

  1. 売上高10億円以下の中小企業であること
  2. 業歴2年以上かつ直近2期以上の確定申告を継続完了していること
  3. 利用している金融機関からのお借り入れの延滞および税金の滞納のないこと
  4. 金融保険業、不動産業、パチンコホールのいずれでもないこと
  5. 会社法上の会社であること(株式会社、合名会社、合資会社、合同会社、特例有限会社)

 

売上高と業歴、借り入れの延滞や税金の滞納の有無、業種を再チェックした上で、融資対象の会社かどうか自己診断するようにしましょう。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの資金使途は?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、資金使途が決められています。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの資金使途

  • 運転資金
  • 設備資金

 

「事業性資金としてビジネスに関係していれば何でもいい」というわけではないので注意してください。

また、設備資金として使えるのは事実ですが、土地や建物の取得などについては使途として認められていません。資金使途として当てはまるか不明な場合は事前に確認しておくとよいです。

 

問い合わせ先:

横浜銀行 ビジネスローンプラザ
0120-76-4580(銀行窓口営業日の午前9時~午後5時)

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの借入方法

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの場合、申し込んで審査を通過し契約に至ると、銀行口座へ融資額が振り込まれます。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのWeb対応は?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、現在のところWeb申込みには対応していません。

※ 横浜銀行では「ビジネスサポートダイレクト」というWebサービスを提供しています。

 

ビジネスサポートダイレクトの特徴

  • 会社にいながら振り込みや預金残高、入出金明細などの照会が可能
  • 横浜銀行や他行あての当日中の振込みが、土・日・祝日を含め24時間可能
  • 振込手数料がお得になる

 

もしスーパービジネスローンに申し込むなら、ついでにビジネスサポートダイレクトへの申込みを検討するとよいでしょう。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのATMはどこにある?

横浜銀行のATMは、本店がある神奈川県以外にも、東京都、群馬県、愛知県(名古屋市)、大阪府にあります。

その他、コンビニATMや提携金融機関のATMの利用が可能です。

 

提携金融機関

  • 東日本銀行
  • 千葉銀行
  • きらぼし銀行
  • 常陽銀行
  • 筑波銀行
  • 武蔵野銀行
  • 千葉興業銀行
  • 山梨中央銀行
  • 神奈川銀行
  • 北陸銀行
  • 北海道銀行
  • 東邦銀行
  • 群馬銀行
  • ゆうちょ銀行 など、

 

詳しくは:横浜銀行 店舗・ATMのご案内

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの金利(利息)

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの利息は、固定金利か変動金利かによって変わってきます。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの金利

  • 固定金利を選ぶと年2.75%~
  • 変動金利を選ぶと年2.95%~

 

上記は現在の金利目安ですが、 融資利率は借り入れ時の基準金利によって決められますので、絶対に上記の金利が適用されるとは限りません。

実際にどの金利が適用されるかは、 申し込む法人の財務内容や事業規模などのデータに基づいて、横浜銀行側の審査基準に従って一定の範囲内で決定されます。

 

変動金利にすると、銀行の短期プライムレートに連動する形になります。短期プライムレートが引き上げ(引き下げ)になると、同じ上げ幅(下げ幅)で変動します。

 

短期プライムレート (たんきプライムレート)

銀行が最優良の企業(業績が良い、財務状況が良いなど)に貸し出す際の最優遇貸出金利(プライムレート)のうち、1年以内の短期貸出の金利を「短期プライムレート」(略して「短プラ」)といいます。

引用:SMBC日興証券

 

※ 固定金利と変動金利のどちらがいいかは、一概に言えません。将来の金利動向によって結果的に「こちらのほうが良かった」となることがあります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの融資限度額

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの融資は、最小100万円から最大5,000万円まで対応しています。借り入れ単位は10万円です。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの返済方法

〈はまぎん〉スーパービジネスローンでは、2つの返済方法があって便利です。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの返済方法

  • 期日一括返済
  • 元金均等返済

 

この2つには大きな違いがあるので、融資を申し込む前に返済方法についてよく思い巡らせておきましょう。

期日一括返済の場合、その名の通り期日が来たら一括返済することになります。横浜銀行から借りたお金を返済期日の最終日にまとめて返済します。元本を一括して返済するため「元本一括返済」と呼ぶこともあります。

 

期日一括返済のメリットは、借入期間中については銀行への返済は利息分だけで済むことです。でもその分だけ、借入期間の最終日に返済するための元金を用意しておかないといけません。

それに対して借入金を継続的に分割返済していくのが「元金均等返済」です。横浜銀行ではこちらも選択できます。

 

元金均等返済では、元金の部分を返済期間で均等に割ります。そして、残高に応じた利息分がプラスされた金額を毎月返済します。この方式の特徴は、返済当初に返済額が大きくなり、返済が進むにつれて返済額が徐々に少なくなっていくところです。

どちらの返済方法を選択するかによって借り入れできる期間が変わりますので注意が必要です。

 

借入できる期間

  • 期日一括返済:3か月以上1年以内(横浜銀行から初めて融資を受ける場合は3年以内)
  • 元金均等返済:5年以内

 

一般的に、期日一括返済は短期融資のときに活用され、元金均等返済は3年や5年など長期的な融資の際に活用されます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンへの申し込みに必要な書類

〈はまぎん〉スーパービジネスローンに申し込むためには、銀行側が指定する書類を提出しなければなりません。その中には「必須の書類」と「場合によっては提出を求められる書類」があります。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローン申込に必須の書類

  • 直近2期分の決算書(税務署の受付印のある確定申告書の写しを含む)
  • 資金使途確認資料(見積書など)

 

場合によっては提出を求められる書類:

  • 商業登記簿謄本または履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明書(会社・代表者全員)
  • 住民票(代表者全員)
  • 最新決算期の納税証明書(その1、3の3)
  • 主たる金融機関の返済予定表・通帳写し3か月分 など

 

スーパービジネスローンは法人を対象にしているので、どの法人に対しても「決算書」と「資金使途確認資料」が求められます。資金使途確認資料は「資金使途証明書」と呼ばれることがあります。

 

資金使途証明書は、借入の目的を証明するために、金融機関等に提出する書類をいいます。これは、金融機関等が融資の審査にあたって、借入の申込者の資金使途を確認(チェック)するために使うもので、具体的には、見積書や注文書など、発行者の名称・所在地・電話番号、発行日付、金額、宛名などが明記されているものが該当します。

引用:iFinance

 

なぜ資金が必要なのかについて明確に証明できるように準備しておきましょう。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査難易度

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査に関係する一切の情報は非公開です。これは横浜銀行に限らず、どの銀行でも同じです。したがって、審査難易度について正確かつ具体的な情報はありません。

 

しかし、驚くほど厳しいと考える必要はありません。スーパービジネスローンは「中小企業のために必要資金をすばやくサポートする」ことを目的にしているので、融資対象者の要件を満たしているなら審査に通る可能性が高いと言えます。

注意点として覚えておきたいのは、〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、神奈川県と東京都町田市の中小企業法人のためのローンだということです。対象エリア外の法人は業歴・業績に関わりなく融資不可です。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査日数やカード発行までの日数

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの審査日数について正確な数字が発表されているわけではなく、申込時に日付が知らされるわけでもありません。

それでも、申し込んだら審査結果の回答をスピーディに出してくれます。書類の提出や来店等がすべてスムーズに進めば、1週間から2週間以内に融資実行までこぎつけることが可能です。

※ 即日融資には対応していません。

 

スーパービジネスローンはカードローンではないので、専用のカードが発行されることはありません。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの年会費や保証料

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用するために年会費を払う必要はありません。

保証会社の利用が融資の条件ではないため、別途保証料を徴収されることはありませんし、年利に保証料が組み込まれているわけでもありません。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは保証人や担保が必要?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、基本的に保証人は不要ですが、状況によっては法人の代表者が連帯保証人になります。

ちなみに、銀行のビジネスローンの中には法人の代表取締役全員が連帯保証人になることを求めるケースがあります。

 

保証人と連帯保証人には違いがあります。保証人の場合、債権者から債務返済の督促を受けたときに「まず債務者に請求してください」と言えます。一方、連帯保証人の場合は支払いの督促を受けたら応じなければなりません。連帯保証人のほうがより重い責任があります。

企業の信用力が低い場合、経営者の個人資産をリスク対策として活用することを目的として、法人の代表者が連帯保証人になるよう求められることがあります。

 

スーパービジネスローンでは担保を差し入れる必要はありません。

仮に連帯保証人にならないといけないとしても、全体的に見て融資の条件は悪くないと言えます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの利用でポイントは貯まる?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用してもポイントは貯まりません。

※ なお、横浜銀行が発行しているクレジットカードで買い物をするとポイントが貯まって景品等と交換できます。詳しくは横浜銀行公式ページをご確認ください。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンに付帯のカードはある?

〈はまぎん〉スーパービジネスローン自体でもカードは発行されませんし、付帯のカードもありません。

※ 横浜銀行では「ETC専用カード」を発行しています。詳しくは横浜銀行 ETCカード(ETC専用カード)をご覧ください。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの取引手数料は無料?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンでは、契約時にかかる取引手数料(事務手数料)が無料になっています。数万円程度の事務手数料が発生するビジネスローンと比較すると大変お得です。

事務手数料は発生しませんが、もし繰り上げ返済を希望する場合は別途手数料がかかります。

繰り上げ返済とは、追加で残高を一括、または一部返済することを指しています。繰り上げ返済によって利息負担を軽減できますが、手数料とのバランスで判断してください。

 

はまぎん〉スーパービジネスローン繰り上げ返済にかかる手数料

  • 別途33,000円(税込み)

※ ただし次に該当する場合は繰り上げ返済手数料はかからない

  1. 借り入れから1年未満で繰り上げ返済を行なう場合
  2. 繰り上げ返済時の借り入れの残存期間が1年未満の場合
  3. 繰り上げ返済前の借り入れ残高が400万円未満の場合

 

繰り上げ返済についての相談や申込みは、横浜銀行各融資取扱店の窓口で行なえます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローン以外の金融商品

横浜銀行(はまぎん)では、事業者に向けてさまざまな金融商品を提供しています。ここで個人事業主や中小企業法人が活用できるものをご紹介します。

 

  • 〈はまぎん〉スーパービジネスローン
  • 〈はまぎん〉ビジネスコネクトローン
  • ビジネスフリーローン
  • ビジネスファストローン
  • クラウド会計ソフト freee提携〈はまぎん〉スーパービジネスローン

 

〈はまぎん〉ビジネスコネクトローン

〈はまぎん〉ビジネスコネクトローンは、中小企業が利用できる「オンライン完結融資」です。法人が横浜銀行に口座を持っていると、このビジネスコネクトについての案内が来ます。任意で利用できます。

 

ビジネスフリーローン

ビジネスフリーローンは個人事業主を対象にしたローン商品です。所得確認や資金使途証明書の提出は不要で、簡単に利用開始できるのが特徴です。

 

ビジネスファストローン

ビジネスファストローンは法人を対象に最大1,000万円まで融資するローン商品です。保証会社を利用する分だけ審査が簡単になっています。

 

クラウド会計ソフト freee提携〈はまぎん〉スーパービジネスローン

クラウド会計ソフト freee提携〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、freeeを使っていると申し込める提携商品です。

※ クラウド会計ソフトfreeeについては、freee(フリー)クラウド会計ソフトを活用した資金コントロールのコツ【2021年最新ビジネスニュース】も参考にしてください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを提供している横浜銀行とはどのような企業なのか

株式会社横浜銀行は、1920年創業の地方銀行です。現在はコンコルディア・フィナンシャルグループの傘下になっています。

本店は神奈川県横浜市で、横浜市内と隣接する川崎市に店舗が多いのが特徴です。

 

神奈川県内の個人や企業をとくに大切にしており、スーパービジネスローンは神奈川県と東京都町田市の中小企業しか利用できません。

神奈川県内で事業を営む法人にとっては、付き合っておくとよい銀行の1つです。

 

本店所在地:

〒220-8611
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
電話:045-225-1111(代表)

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのメリットは?

ここで、〈はまぎん〉スーパービジネスローンを「メリット」という観点で見てみましょう。

以下のメリットがあります。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのメリット

  • スピード回答ですばやい資金調達が可能
  • 無担保で最大5,000万円まで融資してくれる
  • 金利水準が低い
  • これまで横浜銀行と取引がなくても申し込める
  • 返済方式を選べる

 

順番に説明していきます。

 

スピード回答ですばやい資金調達が可能

できるだけ早く資金調達したいというニーズに答えるため、〈はまぎん〉スーパービジネスローンは「スピード回答」を約束しています。

具体的に「即日回答」「翌営業日」とは言っていないものの、申込みがあったらすぐに融資の可能性について検討し、答えてくれます。すぐに答えてくれるので、その先の計画が立てやすくなります。

一般の銀行融資のように、申し込んでから1ヶ月かそれ以上かかるということはありません。

 

無担保で最大5,000万円まで融資してくれる

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの特徴の1つは無担保であること。不動産などの担保を差し入れなくてもよいので安心です。

ふつうは担保を差し入れないとその分だけ融資してくれる額が少なくなってしまいます。その点、スーパービジネスローンなら最大5,000万円まで融資してくれます。5,000万円あれば、大抵の状況には対応できますよね。

 

金利水準が低い

〈はまぎん〉スーパービジネスローンなら、変動金利を選択しても固定金利を選択しても、下限金利が2%台に設定されています。

金利が高ければその分だけ利息負担が多くなり、返済総額が増えてしまいます。賢い資金調達をするためには、金利水準をチェックすることが欠かせません。スーパービジネスローンの金利水準は申し分ないと言えます。

 

これまで横浜銀行と取引がなくても申し込める

〈はまぎん〉スーパービジネスローンなら、これまで横浜銀行と取引がなくても申し込めます。

「これまでの取引があって初めて信頼関係ができ、融資について検討してもらえる・・・」では間に合いませんよね。スーパービジネスローンなら、いきなりの取引で最大5,000万円まで融資してもらえるんです。

また、横浜銀行に口座を開設しているかどうかも問われません。

 

返済方式を選べる

〈はまぎん〉スーパービジネスローンでは、契約時に返済方式が選べます。

期日一括返済と元金均等返済のどちらがよいか検討して、都合のよい方を選択すればいいわけです。短期融資・つなぎ融資を目的にしているなら期日一括返済が便利でしょうし、一定期間の運転資金に充てるなら元金均等返済になるでしょう。

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのデメリットは?

ここで、〈はまぎん〉スーパービジネスローンのデメリットにも目を向けておきましょう。考えられるのはこの2つです。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンのデメリット

  • 対象エリアでないと申し込めない
  • 場合によっては連帯保証人にならないといけない

 

こちらもそれぞれ解説します。

 

対象エリアでないと申し込めない

大切な点なので強調しておきたいのですが、〈はまぎん〉スーパービジネスローンには対象エリアの中小企業だけが申し込めます。

 

  • 対象エリア:神奈川県と東京都町田市

 

対象エリア外なら、別のビジネスローンの利用を検討しましょう。交渉の余地はありません。

 

場合によっては連帯保証人にならないといけない

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用するために、場合によっては法人の代表者が連帯保証人にならないといけません。

もちろん、借りた資金を返済できれば何の問題もありません。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローン申込の流れ

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを申し込む際の流れを確認しておきましょう。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローン申込の流れ

  1. 横浜銀行融資取扱窓口に行く
  2. 申込手続き
  3. 審査結果の通知
  4. 来店・契約の手続き
  5. 融資

 

それぞれのステップについて説明します。

 

ステップ1:横浜銀行融資取扱窓口に行く

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、Web申込みに対応していません。また、電話での申込みも不可です。

申込みのためには、まず横浜銀行の融資を取り扱っている窓口に行きましょう。その際に必要書類をしっかりそろえていくとよいでしょう。

融資取扱窓口についてはこちら:横浜銀行 店舗・ATMのご案内

 

ステップ2:申込手続き

横浜銀行の融資取扱窓口にて、スーパービジネスローンに申込みます。

窓口で担当者が丁寧に説明してくれるので何も心配はいりません。申込みが完了したら、さっそく審査に入ってくれます。

 

ステップ3:審査結果の通知

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、スピーディな回答を約束しています。審査結果は早めに通知してもらえます。

審査結果は原則として電話連絡になります。審査が通ったら、日にちを約束して来店します。

 

ステップ4:来店・契約の手続き

再び来店し、こんどは契約のための手続きに入ります。

審査結果通知の電話で契約に必要な情報を教えてもらえます。

 

ステップ5:融資

契約が完了したら、口座に振り込まれます。これにて融資が実行、完了となります。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンで審査を通すコツはある?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンで審査を通すための特別な裏ワザはありません。

融資対象者であることをしっかりと確認し、申込みに必要な書類を確実にそろえて審査結果を待つことになります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンについてよくある質問

ここで、〈はまぎん〉スーパービジネスローンについてよくある質問をまとめて取り上げます。

 

スーパービジネスローンは中小企業ならどんな会社でも申し込めますか?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンに申し込めるのは、売上高が10億円以下の中小企業に限ります。売上高が超えていないか事前に確認しておくべきです。

また、業種によっては申込みを断られる場合があります。金融保険業、不動産業、パチンコホール経営は不可です。

 

新規取引になりますが、問題ありませんか?

問題ありません。〈はまぎん〉スーパービジネスローンは新規取引でもOKです。

 

他の金融機関から借り入れをしていて、返済が滞っています。それでも融資してもらえますか?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンに申し込むための条件は、「利用している金融機関からの借り入れの延滞、および税金の滞納がないこと」です。他の金融機関への返済が遅れている場合は申し込めませんので注意してください。

 

うちは株式会社ではなく合同会社なんですが、融資対象になりますか?

〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、株式会社だけではなく、以下の会社法上の会社なら申し込めます。

 

  • 合名会社
  • 合資会社
  • 合同会社
  • 特例有限会社

 

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用する際に注意したいポイントは?

最後に、〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用する際に注意しておきたいポイントを取り上げます。

 

対象エリアに注意

これはこの記事で何度か触れてきた点ですが、最後にもう一度繰り返しておきます。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンを利用できるのは・・・

  • 神奈川県内の中小企業
  • 東京都町田市の中小企業

 

このどちらかで設立されている会社のみの申込みとなりますのでご注意を。

 

返済方法選びは慎重に

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの返済方法は2つあります。この点も何回か触れてきました。選択する返済方法によって毎月の返済額や返済総額が変わりますので、慎重に検討してください。

 

期日一括返済だと・・・

  • 毎月の返済は利息分だけで済む
  • 最終的に元金をまとめて返さないといけない

 

元金均等返済だと・・・

  • 毎月元金の一部も返済していくので、最終的な一括返済の必要がない
  • 借り入れ当初から返済額の多さが負担になることも

 

繰り上げ返済についても知っておこう

場合によっては、「この状況なら繰り上げ返済できそうだな」となるかもしれません。それは経営者として嬉しいことですよね。繰り上げ返済する可能性を視野に入れて、それに関係する点について事前に知っておくのはよいことです。

 

〈はまぎん〉スーパービジネスローンの繰り上げ返済に関係する情報

  • 原則として、繰り上げ返済には手数料として別途33,000円(税込)かかる
  • ただし、場合によっては繰り上げ返済手数料が免除される

 

繰り上げ返済手数料がかからないケースは以下のとおりです。

 

  • 借り入れから1年未満で繰上返済を行う場合
  • 繰上返済時の借入残存期間が1年未満の場合
  • 繰上返済前の借入残高が400万円未満の場合

 

□ 必要資金をすばやく調達するなら〈はまぎん〉スーパービジネスローン

無担保で5,000万円まで、最長5年借りられる!新規取引でもOK

確実な資金調達のために今すぐ申込みを!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。


 

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****s様が
    300万円を調達しました。

  • w*****l様が
    800万円を調達しました。

  • m***f様が
    900万円を調達しました。

  • e****r様が
    900万円を調達しました。

  • j*****h様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング