三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」とは?その特徴やメリット・デメリットを解説【最新2022年版】

Boli
Boli
更新日2022/5/16

事業を営んでいくうえで、どうしても資金が必要になる瞬間が訪れます。そんなとき、安心して利用できるビジネスローンは心強い味方になります。知名度が高い三井住友銀行が発行しているビジネスローンがあれば、申込みを検討してみたいと思いませんか?

スーツ姿の男性が札束を提示している

今回の記事では、事業を安定させたい、拡大したいと願う経営者の間で人気の三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」について紹介します!

 

※この記事のデータは2020年(令和二年)の最新版です!

 

ちなみに、個人事業主や法人の経営者に役立つビジネスローンについては、以下の記事で詳しく取り上げています。この記事と同じく、じっくり読むことをおすすめします!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

目次

はじめに|三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」とは

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、株式会社三井住友銀行(三井住友フィナンシャルグループ)が提供しているビジネスローンです。

法人経営者に向けて提供されており、事業性資金を調達するために活用できます。

 

三井住友銀行では、このビジネスセレクトローン以外にも、資金調達のために以下のような金融商品を提供しています。

 

三井住友銀行による資金調達のための主な金融商品

  • クライアントサポートローン(ビジネスセレクトローンの条件が一部緩和されたもの)
  • Webレポートローン
  • SMBC-ECOローン
  • 認定企業サポートローン
  • シンジケートローン など

 

事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

多彩な事業者向けサービスがある中で、「ビジネスセレクトローン」の特徴は何でしょうか?

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の特徴まとめ

申し込むかどうか検討するために情報を長々と読んでいくよりも、最初に「どんな点が特徴的なのか」や、「他のビジネスローンと比較してどうか」理解することができれば、さらに先へと読み進めるかどうか決めることができます。

それで、ここでまず三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の特徴をまとめておきます。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の特徴

  • 最高1億円までのワイドな融資
  • 借入利率の下限が低い
  • メガバンクが提供している

 

特徴①ー最高1億円までのワイドな融資

最高で1億円までの融資は、ビジネスローンの中でも最高レベルです。

 

他のビジネスローンとの比較

  • 三菱UFJ銀行:5,000万円まで
  • アイフルビジネスファイナンス:1,000万円まで
  • しずぎんビジネスクイックローン:500万円まで
  • アイフル:500万円まで
  • アコム:300万円まで

 

300万円や500万円では足りない!1,000万円以上の借入を希望している!

そんな経営者にとって、融資限度額が1億円までワイドに設定されているのは魅力的なはずです。

 

特徴②ー借入利率の下限が低い

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の借入利率も注目に値します。

 

借入利率の下限がなんと2.125%になっています!

 

他のビジネスローンとの比較

  • 三菱UFJ銀行:2.35%
  • アイフルビジネスファイナンス:3.10%
  • しずぎんビジネスクイックローン:5.0%
  • アイフル:6.0%
  • アコム:12.0%

 

もちろんすべての借入で下限利率が適用されるわけではありませんが、年2%台で借りることができたら魅力的ではありませんか?

 

特徴③ーメガバンクが提供している

ビジネスセレクトローンを提供しているのは三井住友銀行。日本では誰もが知るメガバンクです。

メガバンクの最大の魅力は信用力です。安全性やサポート面でもこれまでの実績ゆえに心から信頼できます。

 

銀行の規模が大きいため店舗数が多く、足を運びやすいのも助かります。ビジネスローンに限らず、お金が関係する他の面でも相談に乗ってもらえる安心感があります。

そんな三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」ですが、審査面はどうなんでしょうか?

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査は厳しい?それとも簡単?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、「メガバンクが提供している信頼性の高いビジネスローン」です。

でもその裏を返せば、銀行側が厳正な審査をしたうえで融資を実行するということです。厳しいか簡単か。それは一概に回答できませんが、「借りやすいですよ!」「審査は甘いですよ!」とは言えないのが事実です。

 

なお、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査基準や難易度については、この記事の後半部分で取り上げます。

賢い経営者は、メガバンクからの資金調達がうまくいかなかったときのことを考えて、次善の策を検討します。ノンバンクが提供しているビジネスローンも合わせて視野に入れておくことができます。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の評判は?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の対象は法人経営者です。法人経営者からの評判はどうなっているでしょうか。

実際に融資を受けた経営者は、「低金利で高額融資を受けることができて満足」「事業拡大に大きく貢献してくれた」と感じています。

 

たいていは“最初にチャレンジしてみるビジネスローン”として選ばれているので、審査が通って融資してもらえるとわかった途端に安堵する経営者が多いです。

やはり、高額融資と下限金利の低さは評判の良さに直結しますね。

 

□ 事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の詳細(契約内容)

ここで、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の内容を簡単に説明しておきたいと思います。

利用資格として、大前提は「法人」であることです。

その前提のもとに、以下の条件を満たしていなければなりません。

 

  1. 業歴が2年以上であること
  2. 三井住友銀行の取り扱い窓口(エリア・法人営業部・支店)で取引が可能な地域に所在すること
  3. 最新決算期において債務超過ではないこと
  4. 申込みの時点で税金の滞納がないこと

 

債務超過とは、企業の負債総額が資産総額を上回る状態を指します。すべての資産を手放したとしても債務を返済しきれない財務状況であるため、倒産する可能性が高いと判断されます。

引用:フリーウェイ経理

 

利用条件を満たしているなら、下記の内容を確認するとわかるのですが、ビジネスローンとしては非常に魅力的な内容となっています。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の内容

融資対象者 法人
使いみち 運転資金、設備資金

※決算・賞与資金としての利用も可能

融資額 1億円以内(10万円単位)
契約利率 2.125%~

※変動金利の場合
※審査結果に応じた金利が適用される

融資期間 最長7年

※据置期間の設定が可能

担保・保証人 担保不要

第三者保証不要

※代表取締役全員の連帯保証が必要

返済方式  元利均等返済
必要書類
  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・3-3)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内のもの)
事務手数料(消費税込み)
  • 初めての借入:77,000円(借入金額が3,000万円以上の場合は99,000円)
  • 上記以外:33,000円(借入金額が3,000万円以上の場合は55,000円)

※所定の印紙代が必要

※固定金利を選択する場合、事務手数料に加えて当初手数料として33,000円必要

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の契約内容については、この記事で項目ごとに解説していきます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の融資対象者

上の項目で取り上げたとおり、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の融資対象者は条件を満たしている法人です。

個人事業主や業歴が2年に満たない新しい法人の場合は、他のビジネスローンを探すことになります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の借入方法

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の借入方法ですが、審査を通過して本契約が終わったら、融資額が法人口座に振り込まれます。

カードタイプのローンのように、融資限度額の範囲で何度でもお金を借りられるわけではありません。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のWeb対応は?

三井住友銀行は、「Value Door(バリュードア)」というインターネットサービスを提供しています。このValue Doorというのは法人の利用者向けインターネット窓口です。

三井住友銀行では、Value Doorを窓口にして各種サービスが提供されます。

利用者ごとにIDが発行されますので、融資が実行されるタイミングで申し込んでおくと便利です。

 

三井住友銀行「Value Door」について詳しくはこちら

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のためのATMはどこにある?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」で使えるATMは以下のとおりです。

 

  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • ゆうちょATM
  • イーネットATM

 

その他、MICS提携金融機関(地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合・信託銀行・労働金庫・新生銀行・あおぞら銀行・商工中金・農協等)のATMが使えます。

三井住友銀行提携金融機関一覧はこちら

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の金利(利息)

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の金利は、驚きの2.125%~となっています。

ちなみに、金利の上限は公表されていません。一般的には金利の下限と上限が「〇〇%~〇〇%」という形で明記されているので、下限だけの公表は珍しいと言えます。

 

だれもが低い金利を望むわけですが、実際にどの金利が適用されるかは審査によって決まります。審査を通過した時点で「あなたの金利は〇〇%ですよ」と知らされる形になります。

とはいっても、上限が知らされていないことを過度に不安に思わなくて大丈夫です。ちゃんと「利息制限法」の枠内で設定されています。

 

利息制限法が定める上限金利

 

元本額が10万円未満の借金:年20%まで

元本額が100万円未満の借金:年18%まで

元本額が100万円以上の借金:年15%まで

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の融資限度額

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の融資は、最小単位が決められていません。最大で1億円まで対応しています。ちなみに、借入単位は10万円になっています。

※ただし、担保を設定することで借入金額については最大3億円まで申込みが可能になります。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の返済方法

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の返済方法は「元金均等返済」となっています。

 

元金均等返済とは、元金の部分(借入金額)を返済期間で均等に割って月々の元金部分の返済金額を決め、そこに借入金額に応じた利息分を上乗せする方式のことです。

元金均等返済の場合、借入金額が多いほど利息負担が増えるので、返済当初のほうが毎月の返済額が多くなり、徐々に少なくなっていきます。

 

元金均等返済に対して「元利均等返済」という方式があります。参考までに両者を比較してみましょう。

 

元金均等返済と元利均等返済の違い

元金均等返済 元利均等返済
メリット 返済額が返済期間が進むほど少なくなっていく

元利均等返済と比較して、総返済額が少なくなる

返済額が一定なので計画が立てやすい

元金均等返済と比較して返済当初の負担が少ない

デメリット 返済開始時点での負担が大きい

審査次第で、借入可能額が少なくなる可能性あり

元金均等返済と比較して総返済額が大きくなる

 

返済は、毎月一定日に行うことになります。契約時に月々の返済日を確認してください。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」申込のための必要書類

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」に申し込むためには、以下の書類の提出が必須となります。

 

申込に必要な書類

  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・3-3)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内のもの)

 

税務申告書とは決算書をベースに作成する書類で、税金を計算するためのものです。

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では、申込時に税金の滞納がないことを条件にしているので、税務申告に対して実際に納税した証明書の提出も必須です。

商業登記簿謄本の提出によって、三井住友銀行側は取引相手の会社がどんなものか予測でき、安全に取引できる相手かどうかの判断材料にします。

 

上記3書類は必須ですが、その他に提出が求められる書類が出てくることもあります。事前に三井住友銀行に確認しておくとよいです。

 

確認先:

三井住友銀行 法人プロモーションオフィス: 0120-16-2310(通話料無料)

※受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00(銀行休業日を除く)

 

□ 事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査難易度

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査難易度について、数値化したものや他のビジネスローンと比較したランキングが公表されているわけではありません。

しかし、メガバンクが提供しているビジネスローンであることや、融資限度額や必要書類などの詳細情報を分析していくとある程度のことがわかります。

 

結論から言うと、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査はビジネスローンの中でも厳しいのは間違いありません。根拠として挙げたいのが税務申告書が3年分求められるなど必要書類による厳正な審査です。

通常、ビジネスローンで税務申告書の提出が求められるとしてもせいぜい直近2期か1期になっています。それに対して三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では3期分となっています。

 

ほかにも、債務超過だったり税金未納だったりすると、その時点で審査の対象外になります。

もちろん審査が厳しいからといって自動的に諦める必要はありません。低金利やワイドな融資限度額は魅力的なのでチャレンジしてみるのは悪いことではありません。しかし同時に他の方法での資金調達方法も視野に入れておくと安心です。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査にかかる日数

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、公式サイト上で「スピード回答」と掲載しています。しかしこれは仮審査についての結果であって、本審査が即日や3営業日以内で終わるわけではありません。

銀行系のビジネスローンに共通していますが、厳正な審査を経て融資が実行されます。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の融資が実行されるまでの日数について、平均日数が公表されているわけではありませんが、1ヶ月かそれ以上を見込んでおくとよいでしょう。

「1ヶ月も待てない・・・」など猶予がない場合は、他のビジネスローンについて検討するのが得策です。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の年会費や保証料

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では、利用に対しての年会費は不要です。また、保証会社への保証料を別途請求されることはありません。

※保証料は不要ですが、契約時に手数料が発生します。

 

手数料

  • 初めての借入:77,000円(借入金額が3,000万円以上の場合は99,000円)
  • 上記以外:33,000円(借入金額が3,000万円以上の場合は55,000円)

※所定の印紙代が必要。固定金利を選択する場合、事務手数料に加えて当初手数料として33,000円必要

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は保証人や担保が必要?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の利用のために担保を差し入れる必要はありません。ただし、担保をつけることで融資限度額を上げることが可能です。

保証人については、第三者保証は不要です。代表取締役全員の連帯保証のみが条件となっています。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の利用でポイントは貯まる?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の利用に関係するポイント制度は存在しません。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」に付帯のカードはある?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用することで自動的に付帯するものやオプションで選択できるカードはありません。

ETCカードの利用を希望する場合は、別途「三井住友ETCカード(法人用)」を申し込むか、その他の会社で発行してもらう必要があります。

三井住友ETCカード(法人用)について詳細はこちら

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の取引手数料は無料?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は、毎月一定日に口座引き落としされる場合は取引手数料は発生しません。

ただし、銀行振込や提携ATMで取引すると、所定の手数料が発生することがあります。

 

□ 事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」以外の金融商品

三井住友銀行では、法人のためにさまざまな金融商品を用意しています。その一例をご紹介します。

 

三井住友銀行による法人のための金融商品

  • クライアントサポートローン(ビジネスセレクトローンの条件が一部緩和されたもの)
  • Webレポートローン
  • SMBC-ECOローン
  • 認定企業サポートローン
  • シンジケートローン など

 

ビジネスセレクトローンと合わせて内容を確認しておくこともできます。

三井住友銀行中小企業向け融資ビジネスセレクトローン&クライアントサポートローン

 

 

三井住友銀行とはどのような企業なのか

三井住友銀行は株式会社です。株式会社三井住友銀行の本店は東京都の千代田区にあり、三菱UFJ銀行、みずほ銀行とともに3大メガバンクと呼ばれることがあります。メガバンクと呼ばれるものの、区分としては都市銀行です。

株式会社三井住友銀行は三井住友フィナンシャルグループの傘下です。

 

三井住友銀行の経営理念

  • お客さまに、より一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する
  • 事業の発展を通じて、株主価値の永続的な増大を図る
  • 勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る

 

この経営理念の下、日本とアジアを牽引するグローバル金融グループとして多方面に事業を展開しています。

事業資金支援の面でも長年の実績と信頼があります。

三井住友銀行について詳しくはこちら

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のメリットは?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のメリットには次のようなものがあります。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のメリット

  • 最大1億円の大口融資
  • 担保を差し入れれば最大3億まで融資が可能
  • 下限金利が低金利
  • メガバンクのビジネスローンという安心感

 

順番に見ていきましょう。

 

最大1億円の大口融資

最大1億円の融資限度額は、ビジネスローンの中でも最大級です。

 

他のビジネスローンとの比較

  • 三菱UFJ銀行:5,000万円まで
  • アイフルビジネスファイナンス:1,000万円まで
  • しずぎんビジネスクイックローン:500万円まで
  • アイフル:500万円まで
  • アコム:300万円まで

 

大幅な運転資金の調達や設備投資の際も、1億円まで幅があれば安心です。

 

担保を差し入れれば最大3億まで融資が可能

「1億円でも足りない・・・」

そんなときは、担保を差し入れることで最大融資額が3億円になる。これも三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のメリットです。さすがに3億円まで対応しているビジネスローンは他にありません。

 

下限金利が低金利

もし下限金利で借りられるとしたら、ビジネスローンの中でもかなり低水準です。

 

他のビジネスローンとの比較

  • 三菱UFJ銀行:2.35%
  • アイフルビジネスファイナンス:3.10%
  • しずぎんビジネスクイックローン:5.0%
  • アイフル:6.0%
  • アコム:12.0%

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」なら2.125%です。

 

メガバンクのビジネスローンという安心感

ビジネスローンというくくりで言うと、提供している会社の多くはノンバンクなどで、大企業ではありません。

その点、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」はメガバンク、グローバル金融グループが提供しているビジネスローンで、知名度、安心感、信頼性共に抜群です。

 

□ 事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のデメリットは?

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のデメリットにも目を向けておきましょう。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」のデメリット

  • 審査は簡単ではない
  • 審査スピードが遅い
  • 手数料がかかる

 

こちらも順番に見ていきます。

 

審査は簡単ではない

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査は簡単ではありません。

審査は甘く、融資限度額は大きく、金利は安い。そんなビジネスローンがあったらいいのですが、なかなかそうはいきません。融資額と金利面でのメリットが大きい分だけ審査は厳しいと言えます。

 

審査スピードが遅い

即日融資を希望とか、2週間以内になんとか資金の目処をつけないと・・・

そんなときには、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の利用では間に合いません。大抵は、審査を経て融資が実行されるまでに1ヶ月はかかってしまいます。

 

手数料がかかる

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を初めて利用するときには、手数料として70,000円(税別)が必要になります。借入金額が3,000万円を超えると手数料は90,000円(税別)になります。

手数料がほとんどかからないビジネスローンと比較すると「もったいない」と感じてしまうかもしれません。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」申込の流れ

ここで、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」に申し込むときの流れについて説明します。

 

  • STEP1:フリーダイヤルへ電話して詳しく聞く
  • STEP2:来店
  • STEP3:必要書類の提出
  • STEP4:審査と審査結果の通知
  • STEP5:申込内容の連絡
  • STEP6:契約
  • STEP7:融資実行

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の場合、電話やWebで“カンタン申込”とはいかず、来店が必須になっています。

 

STEP1:フリーダイヤルへ電話して詳しく聞く

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を初めて利用するときには、申込みのための道は1つしかありません。それは電話相談です。フリーダイヤルへ電話してローンの詳細を確認する必要があります。

 

連絡先:

三井住友銀行 法人プロモーションオフィス

フリーダイヤル 0120-16-2310(通話料無料)

※受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00(銀行休業日を除く)

 

電話をすることで詳細を聞くことができ、次のステップに進めます。

 

STEP2:来店

次のステップは「来店」です。

来店不要の銀行やノンバンクが増えていますが、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用するためには来店が必要です。

店舗であらためてビジネスセレクトローンについて聞き、その上で次のステップに進みます。

 

STEP3:必要書類の提出

こんどのステップは「必要書類の提出」です。

 

審査に必要な書類

  • 最新の税務申告書(原本3期分)
  • 最新決算期の納税証明書(法人税・消費税、その1・3-3)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書、発行後3ヵ月以内のもの)

 

必要書類を提出したら、いよいよ審査です。

 

STEP4:審査と審査結果の通知

仮審査の結果はスピーディに知らされるとしても、本審査を通過できるかどうかの決定には時間がかかります。

1ヶ月程度待ったら審査結果が通知されます。

 

STEP5:申込内容の連絡

審査に通ったら申込内容について知らされるので、あらためて契約に向けて書類をそろえていきます。

 

STEP6:契約

本審査を経て申込みを済ませたら、契約になります。契約も来店によって行われます。

 

STEP7:融資実行

無事契約まで済ませたら、念願の融資実行です。

このように、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用するためには何度か来店することになります。

申込までの流れは確認できたとしても、大切なのは「審査が通るかどうか」ですよね。

 

□ 事業資金調達なら三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

ビジネスセレクトローンはメガバンクが提供しているビジネスローン!

最大で1億円までのワイド融資、法人経営者にとっては見逃せません。まずは相談からスタート

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」で審査を通すコツはある?

前提として三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の審査は簡単ではないのですが、だからといって通過不可能ではありません。

では具体的にどんな点を意識すると「より通りやすくなる」のでしょうか。意識したいのは以下の3点です。

 

  • 銀行側に信頼してもらえるようにする
  • 提出書類に不備がないかチェック
  • 事業の業歴や将来性、資金計画に問題かないか再吟味する

 

それぞれについて説明していきます。

 

銀行側に信頼してもらえるようにする

銀行側に信頼してもらうためにできることには限りがありませんが、最低限のことを怠っていないかチェックしておきましょう。

とくに税金の未納、滞納、延滞に対してメガバンクは厳しい姿勢を示しています。「未納があっても審査は大丈夫ですよ!」とはなりません。先に問題をクリアしてから審査を申込みましょう。

 

以下の記事を読むと、法人が銀行に信頼してもらえるためにできることがわかります。合わせてチェックしてください。

 

提出書類に不備がないかチェック

「提出書類に不備があっても、その都度指摘してもらえばいいか・・・」などと考えないようにしましょう。書類をそろえてこない時点で「いい加減だ」と思われて審査に不利な影響が及ぶかもしれません。

とくに間違えやすいのは「最新の税務申告書」です。1期分だけそろえて「よし!」となるとアウトです。三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」では、原本が3期分必要です。

他のビジネスローンに申し込んだ経験があるとしても、かならず三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の必要書類をチェックして細心の注意を払って準備してください。

 

事業の業歴や将来性、資金計画に問題かないか再吟味する

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用するためには、実際に店舗まで足を運んで対面で申し込む必要があります。

その際の会話の中で、事業について尋ねられることを予期すべきです。事業の業歴や将来性、資金計画について思い巡らせておくと助けになります。

 

とくに今後の事業展開や資金計画については、相手側の気持ちになって「どう受け止められるか」を意識して再吟味してみるとよいでしょう。

最善を尽くした結果、やっぱりメガバンクのビジネスローンは壁が高かった・・・となるかもしれませんが、そのときは他社のビジネスローンを検討してみましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用する際に注意したいポイントは?

最後に、三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用する際に注意したいポイントについて取り上げます。

 

 

最新決算で債務超過になっていると利用不可

もし最新の決算で債務超過になっているなら、次の決算で好転するのを待って申し込むか、または他の方法での資金調達に舵を切るべきです。

 

債務超過とは、企業の負債総額が資産総額を上回る状態を指します。すべての資産を手放したとしても債務を返済しきれない財務状況であるため、倒産する可能性が高いと判断されます。

引用:フリーウェイ経理

 

今いちど、賃借対照表(バランスシート)で財務状況を確認してみましょう。仮に債務超過に陥っているなら、それは支出が収入を上回る「赤字」とはわけが違うので要注意です。

債務超過の場合は、資金調達だけではなく事業の見直し・立て直しで利益を増やすことや増資を検討する必要が出てきます。

 

三井住友銀行の取引エリアであること

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」を利用するためには、三井住友銀行の営業エリアで事業を営んでいなければなりません。

ただしこの点はさすがメガバンク。全国のほとんどのエリアは網羅されています。

三井住友銀行の国内営業拠点所在地一覧はこちら

 

使いみちは無限ではない

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」は事業性資金として提供されますが、その使いみちは無限ではありません。

 

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の使いみち

  • 運転資金
  • つなぎ資金
  • 仕入資金
  • 設備資金
  • 給与支払い資金
  • 納税資金
  • 決算・賞与資金

 

もっと幅広い用途で使えるビジネスローンを希望する場合は、メガバンクではなくノンバンクのビジネスローンなどを探してみるとよいでしょう。

 

借入期間は最長で7年

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」の借入期間は最長で7年となっています。

返済計画と照らし合わせて、7年以内の借入で十分かどうか判断してください。ちなみに、他社のビジネスローンに目を向けてみると、借入期間が最長10年になっていたり延長を認めるところもあります。

 

他のビジネスローンとの比較

  • オリックスVIPローンカード:1年ごとの更新
  • アイフルビジネスファイナンス:最長5年
  • しずぎんビジネスクイックローン:10年以内

 

注意点をよく理解し、契約内容を十分に確認したうえで申込について検討してください。

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」に申し込む

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • v***p様が
    600万円を調達しました。

  • a**e様が
    500万円を調達しました。

  • c*****t様が
    700万円を調達しました。

  • n******h様が
    500万円を調達しました。

  • o***g様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング