閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【お金の豆知識】キャッシュレスとは?電子マネー決済を使うメリットとデメリット!

【お金の豆知識】キャッシュレスとは?キャッシュレス決済を使うメリットとデメリット! NEW

キャッシュレスとは, キャッシュレス決済とは?

キャッシュレスとは、その名の通り「現金を使わず決済できる」サービスのこと。キャッシュレスサービスには、クレジットカード決済のほか、電子マネー、デビット(銀行口座からの振替)などの方法があります。特に話題になっているのが、Paypay、モバイルSuica、楽天Pay、LINEPayなどの電子マネー決済です。

 

また『キャッシュレス』は、消費増税10%の負担を軽減するため設けられた事業でもあります。本記事ではキャッシュレスとは何か、電子マネーを使うメリットとデメリットについて紹介します!

 

キャッシュレス(YouTube)

 

***

 

この記事は、資金調達プロ『お金の専門家』Tommyが作成しました。

 

資金調達プロ

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaブログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

 

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、新たなシリーズとして【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を下のページにて連載しています。資金繰りでお困りの方は、ぜひチェックしてみてください!

 

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

【最新記事】起業家必見!Googleがスタートアップを東京で支援!新たなビジネスへの可能性をGoogle Startups Campusで掴もう!


【お金の問題解決・信用情報の確認に役立つリンク】

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構


▋ キャッシュレスとは?

 

キャッシュレスには『現金を介さない決済』という意味のほか、経済産業省による『キャッシュレス決済事業』を指しています。

 

キャッシュレスとは

現在、多種多様なキャッシュレス手段が登場しています。例えば、「クレジットカード」、「電子マネー」、「デビットカード」、スマートフォンを使った「QRコード」などの種類があります。タッチ式の決済であればスピーディーな決済、QRコードであればアプリ上で購買履歴が参照できるといったメリットがそれぞれに存在しています。

実際にお金を払うタイミングについても、例えば、予めお金を入金して使う、電子マネーに代表される「前払い」、買い物時に口座から引き落とされるデビットカードの「即時払い」、クレジットカードの「後払い」といった類型が存在します。

参考:キャッシュレス(経済産業省)

 

キャッシュレスがこれまでに無く盛り上がっているのは「消費税が10%」に引き上げられたからです。

経済産業省のキャッシュレス事業

 

2019年10月1日にスタートした消費税10%の影響を緩和するために、経済産業省は還元制度を設けました。

 

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

キャッシュレス事業(経済産業省)

 

『キャッシュレス』決済には、クレジットカードのほか電子マネー、デビットカードなどの方法があり、対象のサービスを利用することで最大5%の還元が受けられます。

 

参考:キャッシュレス事業(経済産業省)

 

▋ キャッシュレス決済の種類

 

キャッシュレス決済の種類は、次の通りです。

 

  • 電子マネー
  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • スマートフォン決済

 

この中で利用者が多いのは電子マネー、クレジットカード、スマートフォン決済です。特に電子マネーは、クレジットカードとの紐付けでポイントが二重取り〜三重取りできるといった「裏技」があり、クレジットカードのポイントや共通ポイント、マイレージを貯めている方の間で人気があります。

 

参考:キャッシュレス事業(経済産業省)

 

▋ 電子マネーの種類

 

電子マネーの種類は、次の通りです。

 

  • nanaco(ナナコ)
  • iD(アイディー)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • 楽天Edy
  • Suicaなど

 

電子マネーはスマートフォンや携帯電話、専用のカードに金額分をチャージして使用します。また、クレジットカードのような「審査」が無いのも電子マネーの魅力です。

 

※ このほか、プリペイドカードやデビットカード、スマートフォン決済も審査がありません。

 

▋ 電子マネー決済を使うメリット

 

電子マネー決済を使うメリットには「還元率の高さ」があります。例えば、各クレジットカード会社や銀行のデビットカード、電子マネー決済サービスでは、利用金額に応じて1%〜5%の還元を行っています。

 

経済産業省キャッシュレス決済事業|YouTube動画

 

現金で支払った場合、何もキャッシュバックは受けられませんが、キャッシュレス決済事業に参加しているサービスであれば、大きな還元が受けられるのでお得です。また、電子マネー決済サービスをクレジットカードでチャージした場合、電子マネーとクレジットカードのポイントが二重取りできるのでお得です。

 

▋ 電子マネー決済を使うデメリット

 

電子マネー決済を使うデメリットは、決済の手軽さによって「決済し過ぎる」点にあります。特にクレジットカードと電子マネーを紐付けている方は「チャージ=お金を支払う意識」が薄れるため、現金よりも財布の紐が緩くなります。

 

実際に、電子マネーやキャッシュレス決済が導入されたことで、これまで以上に「カードを使いすぎる」方の割合も増えているといいます。

 

▋ 電子マネー決済で支払いが厳しい時には?

 

前項「電子マネーのデメリット」でも説明をしましたが、電子マネー決済を利用し過ぎると、月々の支払いが難しくなります。電子マネー決済が原因で、お金が工面できない場合には、カードローンやおまとめローンを利用し「お金のピンチ」を乗り越えましょう。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

▋ おすすめ電子マネー3選!

 

資金調達プロがおすすめする「電子マネー」を3つ紹介します。

 

PayPay(ペイペイ)

 

PayPay(ペイペイ)は、スマホ一つで決済ができる便利な電子マネーサービスです。PayPay残高は銀行口座やクレジットカードから登録でき、最短1分で電子マネー決済が使えるようになります。

 

PayPay(YouTube)

 

PayPayを運営するPayPay株式会社の親会社はYahoo!株式会社、ソフトバンク株式会社、ソフトバンクグループ株式会社です。PayPayは加盟店のほか、親会社のサービスでアルYahoo!ジャパンや、ソフトバンクグループの決済にも広く使用されています。

 

参考リンク:PayPay(公式サイト)

 

モバイルSuica

 

モバイルSuicaは、携帯やスマートフォンで決済できるSuica(スイカ)です。モバイルSuicaはJR東日本だけでなく、全国のJRや私鉄各線、Suica加盟店で利用できます。

 

またモバイルSuicaに対応するコンビニエンスストアやスーパーマーケット、百貨店、飲食店、個人商店も多く、モバイルSuicaをインストールしておけば、スマホだけで買い物から移動(電車やバス、タクシーなど)まで、お財布ナシで決済できます。

 

参考リンク:モバイルSuica(公式サイト)

 

楽天Pay(楽天ペイ)

 

楽天Pay(楽天ペイ)は、楽天グループの電子マネー決済サービスです。街中の楽天Pay加盟店で使えるほか、ネット上の楽天Pay加盟店でも使用できます。

 

関連記事:【保存版】楽天Pay(楽天ペイ)の使い方&楽天Payで決済するメリットを徹底解説!

 

楽天Payがうれしいのは、楽天ポイントが貯まるほか、貯まった楽天ポイントがお買い物に使えることです。

 

楽天最新YouTube動画

 

利用額に応じて原則1%のポイントが付与されるほか、キャンペーン期間中にはポイントアップも受けられるので、楽天ポイントが短期間で大量に貯められます!

 

参考リンク:楽天Pay(公式サイト)

 

▋ キャッシュレス決済、お役立ちリンク

 

最後に、キャッシュレス決済を理解するのに「役立つリンク」をまとめてみました。

 

・ 【2019最新】年4万円以上もおトクに!キャッシュレス12種を徹底解剖

・ 【最新2019】デビットカードとは?消費増税10%で最も得するデビットカード(まとめ)

・ 【最新2019】消費増税10%で最も得するクレジットカード6選!高還元率はコレ!

・ 楽天ペイ完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

・ 【保存版】楽天Pay(楽天ペイ)の使い方&楽天Payで決済するメリットを徹底解説!

・ LINE Pay完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

・ PayPay(ペイペイ)完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

・ 【最新2020年11月版】楽天カードの審査を通す3つのコツ!楽天カード申込前に知るべき審査ポイントを徹底解説!

・ 【令和元年最新版】年会費無料で人気のクレジットカードベスト5!

 

▋ まとめ|キャッシュレス決済でポイント還元を受けよう!

 

キャッシュレス決済を利用し、クレジットカードやデビットカード、電子マネー決済サービスで「ポイント還元」を受けましょう。ポイント還元を受ければ、貯まったポイントを現金感覚で消費できるので、10%に引き上げられた「消費税の影響」が軽減できます。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

あわせて読みたい

【2019最新】年4万円以上もおトクに!キャッシュレス12種を徹底解剖

スマホで少額投資しよう!1,000円から始めるおすすめサービス11選

【令和元年最新版】年会費無料で人気のクレジットカードベスト5!

【最新2019】デビットカードとは?消費増税10%で最も得するデビットカード(まとめ)

【最新2019】消費増税10%で最も得するクレジットカード6選!高還元率はコレ!

楽天ペイ完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

お金を借金以外で作る方法!10万円20万円50万円100万円200万円を明日までに作る方法を徹底解説

LINE Pay完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

PayPay(ペイペイ)完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

アマゾンがレジ無しストアを空港で出店する予定、米国で話題に!【2020年最新ビジネスニュース】

クレジットカードってどのようなもの?個人・法人向け商品についても検証!

【最新2020年11月版】楽天カードの審査を通す3つのコツ!楽天カード申込前に知るべき審査ポイントを徹底解説!

***

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

 

資金調達プロ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

 

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

 

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

新型コロナウイルス対策

【新型コロナ情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

 

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

 

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

 

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

 

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

 

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

 

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

 

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

その他

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 10/31 21:11
    無料診断がされました。
  • 10/31 19:20
    無料診断がされました。
  • 10/31 19:15
    無料診断がされました。
  • 10/31 18:28
    無料診断がされました。
  • 10/31 17:48
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(377件)

1 2 3 4 5 76

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,129件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる