生命保険を担保にしてお金が手に入る?契約者貸付制度100%ガイド

Boli
Boli
更新日2022/6/30

どうしてもお金が必要なときには、加入している生命保険を賢く使えば切り抜けられるかもしれません。

生命保険を担保に融資してもらう件を考える

この記事では、生命保険を担保にして融資を受ける方法について解説していきます。具体的には以下の点を取り上げます。

 

  • 生命保険の契約者貸付制度とは
  • 契約者貸付制度の利用手順
  • 生命保険を担保に借りたお金の返済方法

 

最後まで読んだうえで「生命保険を活用してお金を作るかどうか」決めてくださいね!

ちなみに、その他のお金を作る方法について知っておいても損はありません。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

と、その前に・・・生命保険を担保に融資してもらうことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、「生命保険を使ってお金を借りるというのはどうなのかな・・・」と情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

 

 

 

 

1. 生命保険の契約者貸付制度とは?

生命保険に加入しているなら、契約者貸付制度を活用してお金を手にすることができるかもしれません。

 

1-1.契約者貸付制度とは

生命保険の契約者貸付制度とは、契約者の請求によって解約払戻金の所定の範囲内で生命保険会社が資金を貸し付ける制度のことです。

生命保険の種類によっては、解約する時に「解約払戻金」と呼ばれるお金が返ってきます。終身保険や養老保険がそれに該当します。

 

1-2.契約者貸付制度のメリット

生命保険の契約者貸付制度を利用することにはこんなメリットがあります。

 

  • 一般のローンと比較すると利率が低い
  • 審査がない
  • 生命保険の保障はそのまま
  • 返済面で融通がきく
  • 信用情報への影響がない

 

1-2-1.一般のローンと比較すると利率が低い

まずメリットとして挙げられるのが「金利の低さ」です。

金利設定は保険会社によって異なりますが、だいたい2%から6%の間になっています。これは一般の金融商品と比較しても低い水準と言えます。

金利が低いので、急にお金が必要になった時の資金調達方法として選択肢に加えることができるわけです。

 

1-2-2.審査がない

契約者貸付制度には審査がありません。なぜなら、自分がこれまで積み立ててきたお金を元手にして借り入れを行なうからです。

審査なしでお金を借りられることがいかに素晴らしいか。それはこれまで銀行や金融関係の会社での審査に落ちた経験を持つ人や、なかなか審査がおりずにヤキモキした人なら痛いほど理解できるはずです。

他社からの借り入れがある人も、それらの借金が契約者貸付制度での融資に影響するわけではないので安心して申し込めます。

 

1-2-3.生命保険の保障はそのまま

契約者貸付制度を利用しても、生命保険を解約することなく保障はそのままにすることができます。これもメリットの1つです。

もしこのような制度がなければ、お金を工面するためにまず生命保険を解約して解約払戻金を受け取らなければなりません。そうなると、その時点で保障がなくなります。再び保険に加入しようとすると、年齢に応じて保険料は上がっていくため、以前よりも高い保険料を支払う羽目になります。

 

1-2-4.返済面で融通がきく

契約者貸付制度なら、好きなタイミングで返済していけばOKです。家計が厳しいときには返済せず、まとまったお金が入ったら一気に返していくなど、自由自在です。「返済していない期間が続いたら督促状が届く」なんてこともありません。

一般的に融資を受けたら毎月一定額を返済していくことになることを考えると、返済面で融通がきくというのは大きなメリットと言えます。

 

1-2-5.信用情報への影響がない

契約者貸付制度なら、利用しても信用情報への記載は関係してきません。

生命保険を担保に融資してもらう以外にもこれから新たな借り入れを検討している人にとって、信用情報への影響がないのは嬉しい限りです。

ここまで契約者貸付制度のメリットに注目してきましたが、いくらか注意点があります。次に見ていきましょう。

 

1-3.契約者貸付制度を利用する時の注意点

契約者貸付制度を利用するときには、以下の点を覚えておくようにします。

 

  • 金利が発生する
  • 契約内容や契約期間によっては融資してもらえないことも
  • 解約返戻金を超える金額を借り入れると保険が失効することがある

 

1-3-1.金利が発生する

契約者貸付制度は無利息ではありません。金利が発生しますので、借りるとその分だけ利息負担があります。

利率は保険加入時のものをベースにするため、高利率の時代に生命保険へ加入した人ほど契約者貸付制度の利息負担が大きくなります。もちろん高くなるといっても最大で6%程度に収まります。

 

1-3-2.契約内容や契約期間によっては融資してもらえないことも

先にも述べましたが、生命保険に加入していれば自動的に契約者貸付制度が利用できるわけではありません。解約払戻金のある保険に加入している契約者のみ利用可能です。

 

解約払戻金がある保険とない保険があります
終身保険、養老保険、学資保険など、保険期間が長い保険や貯蓄性のある保険には、解約払戻金があります。しかし、同じ死亡保障のための保険でも終身保険より保険料の負担が軽い定期保険、病気やケガでの入院や通院に備える医療保険などといった「備えるため」の保険には、解約払戻金は、ないか、あってもごくわずかです。

引用:アフラック公式サイト

 

また、生命保険に加入して間もない段階では払い込んだ金額が少ないため、契約者貸付制度を利用できないか、もしくは利用できてもごくわずかな金額になってしまう可能性があります。残りの保障期間がわずかな場合も契約者貸付制度が利用できない場合があります。

 

1-3-3.解約返戻金を超える金額を借り入れると保険が失効することがある

自分が払い込んでいるお金の枠内で借りられるのが契約者貸付制度ですが、うっかり解約払戻金を超える金額を借り入れてしまうことがあります。元金を返さないままにしていると、そこに金利負担が加わっていき、気づいたら金額が膨れ上がっていくのです。

元金+利息が解約払戻金を超えたら即保険が失効というわけではありませんが、保険会社からの通知を受け取って指定されている期日までに返済しないと、そのまま保険が失効してしまうことがあります。

返済に融通がきくのはメリットですが、同時に注意しないと保険契約を失うキッカケになりますので、この点をよく覚えておきましょう。

 

と、その前に・・・生命保険を担保に融資してもらうことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、「生命保険を使ってお金を借りるというのはどうなのかな・・・」と情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

 

 

 

 

2. 契約者貸付制度の使い方

いざ、生命保険を担保に融資してもらおうと思ったら、どんな手順で物事を進めていけばいいのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

 

2-1.保険証券など必要なものを準備

まず、契約者貸付制度を利用するために必要なものを準備します。

といっても、必要なのは契約している保険の証券番号だけです。保険証券や保険会社から発行された書類で確認することができます。

 

2-2.保険会社に連絡する

証券番号の用意ができたら、次に保険会社へ連絡します。

 

保険会社への連絡方法

  • 電話
  • 保険会社の窓口
  • インターネットの専用コーナーにログイン

 

インターネット上で申し込みをすれば、会社によっては数分で手続きが完了します。

 

2-3.書類に記入

次に、書類へ記入します。

保険会社の窓口へ行って申し込む場合はその場で書類に記入できます。電話で申し込む場合は、郵送されてくる書類に記入します。

 

2-4.書類を保険会社に提出する

書類に記入したら、保険会社へ提出します。

窓口にいる場合はそのまま提出できます。郵送されてきた場合は返送用封筒に入れて送り返します。

 

2-5.手続完了後に入金

手続きが完了すると、保険会社から「契約者貸付制度の手続きが完了しました」という内容の通知が届きます。そして希望した金額が銀行口座に入金されます。

最短での融資を希望するなら、インターネットでの申込みをおすすめします。

 

と、その前に・・・生命保険を担保に融資してもらうことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、「生命保険を使ってお金を借りるというのはどうなのかな・・・」と情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

 

 

 

 

3. 契約者貸付制度の返済方法は?

これまで、利用手順も含めて契約者貸付制度について見てきました。

さて、返済についても忘れずに確認しておきましょう。生命保険を担保に借りたお金はどうやって返済すればいいのでしょうか?

 

3-1.ネットバンキング、ATM、窓口での返済が一般的

契約者貸付制度の場合、返済期限が細かく定められているわけではないので、好きな時に好きな金額を返済していくことになります。

一般的な返済方法は以下のとおりです。

 

  • 元金と利息分をまとめて一括で返済する
  • お金に余裕がある時にその都度返済していく
  • 自分で返済ペースを決めて、それに沿って完済を目指す
  • とりあえずは利息分だけを返していく など

 

返済するための手段には以下のようなものがあります。

 

  • ネットバンキング
  • ATMから指定口座に振り込む
  • 保険会社の窓口に行って支払う など

 

3-2.生命保険会社に返済方法を確認しておこう

生命保険会社によっては、返済手段が指定されていることもあります。

契約者貸付制度を利用する前に、忘れずに返済手段を確認しておきましょう。

 

 

4. よくある質問

最後に、生命保険の契約者貸付制度に関係するよくある質問を取り上げておきます。

 

4-1.自分が契約している生命保険の契約者貸付制度の利率を知るにはどうしたらいいですか?

適用される利率は、契約している生命保険会社に問い合わせれば教えてもらえます。コールセンター、店頭窓口以外にも、インターネットの会員専用ページに「契約者貸付適用利率一覧表」のようなものが掲載されているかもしれません。

契約者貸付制度を利用する前に利率を確認しておくことをおすすめします。

 

4-2.契約者貸付の利用可能額はどうやって調べればいいのでしょうか?

契約者貸付の利用可能額は、契約している生命保険会社に尋ねればわかります。電話やインターネットで確認することができます。制度の利用開始後は、その都度ATMで確認できる場合があります。詳しくは生命保険会社にご確認ください。

 

4-3.契約者貸付制度は契約者本人以外でも利用できますか?

契約者貸付制度は、契約者本人のみ利用できます。貸付されたお金を家族を含む他者が資金として活用することはできませんので注意してください。

 

4-4.契約者貸付制度の最低利用金額を教えてください。

最低利用金額は、契約している保険会社へ確認してください。

一例ですが、メットライフ生命の場合は初回が1万円以上、2回目以降は100円単位での利用が可能(ただしインターネットの場合は1万円単位)となっています。

 

4-5.利率が複利で適用されるというのは本当ですか?

利率は複利で適用されます。

たとえば、2%の利率が適用されるケースで100万円の貸付を利用するとします。もし貸付金をまったく返済することなく1年を過ごすと、次の年には102万円になります。次の年も返さないと104万円、その次の年も返さないと106万円といった具合に年々増えていきます。

 

と、その前に・・・生命保険を担保に融資してもらうことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、「生命保険を使ってお金を借りるというのはどうなのかな・・・」と情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

 

 

 

 

まとめ

今回は生命保険を担保に融資を受ける方法について取り上げてきました。以下の点についてご理解いただけたでしょうか?

 

  • 生命保険の契約者貸付制度とは
  • 契約者貸付制度の利用手順
  • 生命保険を担保に借りたお金の返済方法

 

契約者貸付制度は自分の保険を利用してお金を借りることができる便利な制度です。でも、そこには当然利息負担が関係しますし、使い方を間違えてしまうと最終的には保険契約を失ってしまうことがあります。利用は計画的に行ないましょう。

「お金を手にすること」が目的なら、その他にもいろいろな方法があります。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

本記事と合わせて読みたいおすすめ記事

・ 長期投資がオススメの理由は4つ!投資でつくる個人年金!

・ ロボアドバイザーを使った国際分散投資で、1億円の資金を調達しよう!

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ 資産運用で失敗しない7つのコツ!初心者のあなたも確実に1000万円増やせる

・ 【2021年2月最新版】個人投資家ブログ80選!一番儲かっている国内&海外投資家ランキング 

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ 【最新】フィンテックで話題の資金調達法を5つ紹介!2018年〜2019年版

・ 【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・ TIMEBANK(タイムバンク)って何?タイムバンクで資金調達する方法!

【保存版】ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディングで資金調達を120%成功させる5つのコツ!

・ 資金運用100%成功ガイド!あなたの資産を確実に増やす方法人気ランキング

 

と、その前に・・・生命保険を担保に融資してもらうことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、「生命保険を使ってお金を借りるというのはどうなのかな・・・」と情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

 

 

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • x**h様が
    300万円を調達しました。

  • w******p様が
    700万円を調達しました。

  • i**r様が
    800万円を調達しました。

  • h***v様が
    500万円を調達しました。

  • p******r様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング