月50万円稼ぐライターが教える!Webライティングで稼ぐ7つの準備

Boli
Boli
更新日2022/5/16

お金を稼ぐために副業を探していると、かならずと言っていいほど「Webライター」というお仕事が見つかります。

webライティングに必要なものを集める

「Webライターか~在宅でできるみたいだし、これなら仕事の後や週末にできるな~」

「子育て中の私にピッタリ!」

 

そんなふうに思って興味を持つ人が多いのですが、いざ始めようとすると、“ものを書く”経験が少ないため躊躇してしまうようです。

 

そこで今回はWebライティングに必要なものをお教えします。読み進めていくとわかりますが、じつはやる気と環境さえあればだれでもWebライターになれるんです!

Webライティングに必要なものをそろえてさっそく始めてみませんか?

ちなみに、その他の方法でお金を稼ぐのもよい選択です。詳細は以下の記事をご覧ください。

 

と、その前に・・・Webライターとして稼ぐことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、Webライティングに必要なものについての情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

1. Webライティングに必要な7つの基本項目

ではさっそくWebライティングに必要なものをお伝えします。全部で7つあります。

 

Webライティングに必要な7つのもの

  1. パソコン
  2. ネット回線
  3. Wordなどの文章作成ソフト
  4. クラウドソーシングサイトへの登録
  5. Googleアカウント
  6. ライティングの基礎を学ぶための教材
  7. コミュニケーション能力(交渉力)

 

すべてをそろえることができるように、それぞれについて説明していきます。

 

1-1.パソコン

Webライターとして毎月コンスタントに稼ぐことを目指すなら、初期投資としてパソコンを準備しましょう。

普段の生活ではスマホがメインになっているとしても、タイピングのことを考えるとパソコンが断然便利です。スマホはスマホで使えるのですが、両方を使い分けて作業をサクサク進めていきましょう。

 

Webライティングにハイスペックのパソコンは必要ありません。標準のスペックで十分活躍できます。迷うとしたら、デスクトップ型にするかノート型にするかだと思います。

仕事終わりや休日にカフェなどでライティングしたいならノートパソコンを、家でじっくり取り組むならデスクトップ型パソコンを用意するとよいでしょう。

 

パソコンの選び方についてはこちら:価格.com

 

1-2.ネット回線

Webライターとしてのお仕事に欠かせないのはインターネット回線です。すべてのやり取りはネットになりますので不可欠です。

いつもWi-Fiのある環境で作業ができる場合や、スマホのテザリング機能を使ってパソコンをネットにつなげることができる場合は問題ないのですが、自宅を作業場にして真剣に取り組むことを考えるなら「光回線」の導入を検討するとよいです。

作業が軌道に乗れば、毎月の通信費も「必要経費」として惜しまず払っていけます。

 

導入を検討できる光回線
 

ドコモ光

auひかり

SoftBank光

NURO光 など

 

 

1-3.Wordなどの文章作成ソフト

Webライターは文章を作成するのがメインです。そのためには文章作成ソフトが必要になります。

パソコンに入っているメモソフトでも文章は作成できるのですが、クライアントによっては「Word形式で納品をお願いします」と指定されることがあります。

 

Microsoft Word(マイクロソフト・ワード)は、マイクロソフトがWindows、macOS及びiOS向けに販売している文書作成ソフトウェア。

Microsoft Excelとともに、同社のオフィススイート、Microsoft Officeの中核をなすアプリケーションである。一般的にはワード(WordまたはMS-Wordとも)と呼ばれることが多いが、「ワード」と名称が付く商品名や商標名は他にもある。

引用:ウィキペディア

 

せっかくパソコンを買うなら、Microsoft OfficeのWordが最初から付いているものを選ぶと便利です。

Wordについて詳しくはこちら:Microsoft公式サイト

 

1-4.クラウドソーシングサイトへの登録

初心者がWebライティングに挑戦するなら、クラウドソーシングサイトの活用がおすすめです。

 

クラウドは群衆、ソーシングとは業務委託という意味です。大勢の人が(群衆)が集まる場(サイト)で、
業務委託(ソーシング)をやり取りするという、2005年に提案された比較的新しい仕事の形態です。

引用:クラウドワークス

 

クラウドソーシングサイトに登録すれば、さっそく手がけられる仕事をたくさん見つけることができます。まずは500文字くらいのものを選んで慣れていき、やがてもっと大きな仕事にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

クラウドソーシングサイトへの登録は無料ですし、登録したからと言ってノルマがあるわけではありません。とりあえずランサーズとクラウドワークスに登録しておきましょう。

 

ランサーズに登録する:ランサーズ公式ページ

クラウドワークスに登録する:クラウドワークス公式ページ

 

1-5.Googleアカウント

Webライティングに必要なものとしてGoogleアカウントを加えておきます。

Googleアカウントがあれば、クラウドソーシングサイトへの登録が簡単になりますし、Googleが提供している各種サービスを利用できるようになります。

いまやGoogleの利用なくしてWebライターとしての仕事は成り立たないといっても過言ではありません。

 

Googleアカウントの作成について詳しくはこちら:Googleヘルプページ

 

1-6.ライティングの基礎を学ぶための教材

Webライティングに資格は必要ありませんが、基礎を学んでおくことは仕事を円滑にすすめる上で役立ちます。

義務教育で国語を学んできたとしても、Webページに載せる文章には独特のルールやテクニックがあります。読みやすい文章を書くためにも早い段階でそれらのテクニックを知っておくとよいでしょう。

今のうちに少なくとも1つの教材を選んで読み進めていくといいですよ!

 

Webライティングの基礎が学べる本
 

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

Web文章の「書き方」入門教室

 

 

1-7.コミュニケーション能力(交渉力)

Webライティングに必要なものとして最後にあげておきたいのがコミュニケーション能力(交渉力)です。

文字を書くこと自体にコミュニケーションや交渉は必要ありません。しかし、せっかく文字が書けても仕事をもらえなければ意味がありません。仕事をもらうためにはコミュニケーションが必要ですし、より良い条件を引き出すためには交渉力が欠かせません。

「交渉力が必要な理由がよくわかった」と実感するのは、実際にクラウドソーシングサイトを使って仕事を続けていくときです。でも今からコミュニケーションや交渉が必要になると理解して備えておきましょう。

 

コミュニケーション能力を高めるために意識できること

  • 相手の話(メッセージ)によく耳を傾ける
  • 相手の感情をくみ取る
  • 物事をわかりやすく伝える努力をする
  • 相手の口調や動作に合わせる

 

ここまでのところで、Webライティングに必要なものを7つ取り上げてきました。さっそく準備を進めてくださいね!

次の項目では、Webライティングの流れを説明していきます。

 

 

2. Webライティングの進め方

前の項目で、Webライティングに必要な7つのものを知ることができました。

ここからは、Webライティングの流れについて簡単に説明します。流れを理解しておくことは、今後の大きな助けになるに違いありません。

 

Webライティングの流れ

  1. キーワード(テーマ)についての調査・情報収集
  2. 記事の骨組みを考える
  3. 記事を書く
  4. タイトルを決める
  5. 推敲して納品

 

最初のうちは、クラウドソーシングサイトのタスク案件で「記事を書くだけ」が仕事になるかもしれません。慣れてきたら構成から考える案件が出てくる可能性がありますので、ここで全体を確認することにしましょう。

 

2-1.キーワード(テーマ)についての調査・情報収集

クライアントからキーワードが用意されたなら、そのキーワードについて調査したり情報を集めたりしていきます。これが第一段階です。

そのキーワードで検索する人は何を知りたくてそうするのだろうか。そこにはどんな意図が隠されているだろうか。検索する人はどんな年齢層でどんな職業だろうか。こんな点を考えながら調査していきます。

 

調査するための場所

  • Google検索
  • yahoo!知恵袋
  • はてなブックマーク など

 

2-2.記事の骨組みを考える

キーワードについての調査が終わったら、次に記事の骨組みを準備します。

キーワードについての調査がしっかりできていないと、この段階でつまずいてしまいます。骨子で苦戦するようなら、調査が足りていないのかもしれません。もう一度最初のステップに戻りましょう。

記事の骨組みは、クライアントが求めている記事ボリュームや想定読者によって変わってくるはずです。クライアントの求めをしっかり理解できているかどうかも重要なポイントと言えます。

 

2-3.記事を書く

記事の構成(骨組み)が完成したら、いよいよ文章を書いていきます。骨組みがしっかりできていれば、あとはそれに沿って書いていくだけなのでそれほど苦労はいりません。

クラウドソーシングサイトでタスク案件を受注する場合は、あらかじめ記事構成が用意されていて、そこに文章をはめ込んでいくのが仕事になります。

 

2-4.タイトルを決める

細かいことを言えば、記事の骨組みを用意する段階で「仮タイトル」を付けておくとよいのですが、記事を書き終えたらタイトルを決めます。

タイトルによって人はその記事を読むかどうか決めますので、タイトル付けは非常に重要なステップとなります。Webライターとして高く評価されるためにも、タイトル付けにはある程度の時間をかけるようにしましょう。

 

タイトルの基本

  • キーワードが含まれている
  • できるだけ32文字以内に収める
  • 読みたい!と思わせる工夫(数字・逆張り・簡単さのアピールなど)がされている

 

2-5.推敲して納品

調査して構成を決め、記事を書いてタイトル付けまで終わった!と思っても気を抜いてはいけません。そのまま納品するのではなく、かならず自分でチェックしてみましょう。

Wordのチェック機能を使って誤字脱字をチェックすることも大切ですが、読者の目線に立って「読みやすいか」「心に刺さるか」をチェックすることも大切です。

推敲が終わったら納品して、クライアントの返事を待ちます。

 

と、その前に・・・Webライターとして稼ぐことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、Webライティングに必要なものについての情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

3. Webライティング力を高める3つのコツ

ここまでで、Webライティングに必要なものとライティングの流れを知ることができました。

結局のところ、ライティングは実践することでうまくなっていきます。であれば、さっそくうまくなっていきませんか?

ここではおすすめのステップアップ法をご紹介します。もちろんこれが唯一の正解ではありませんので、それぞれの方法でチャレンジしてくださいね!

 

ライティング上達のための方法

  1. クラウドソーシングサイトのタスク案件をバリバリこなす
  2. プロジェクト形式の案件にチャレンジしてみる
  3. 記事のすべてを担当してみる(構成からタイトル付け、WordPress入稿など)

 

それぞれについて解説します。

 

3-1.1時間以内で終わるタスク案件をバリバリこなそう

ランサーズかクラウドワークスに登録していることを前提にして話します。まずサイト内のタスク案件をチェックしてみましょう。

 

ランサーズに登録する:ランサーズ公式ページ

クラウドワークスに登録する:クラウドワークス公式ページ

 

クラウドソーシングサイトには、小一時間でこなせる小さな仕事「タスク案件」が多く寄せられています。タスク案件では、クライアントとの打ち合わせや契約といった事前手続きをすることなく、すぐに作業にとりかかることができます。

引用:クラウドワークス

 

タスク案件は500文字くらいの記事で、だいたい1時間以内に1つの記事を完成させることができます。「だめだ・・・全然書けない」と悩むことなく、簡単に仕上げることができておすすめです。

タスク案件なら厳しいチェックがあるわけではなく、よほどのことがない限り検収してもらえます。そんなタスク案件をバリバリこなしていくうちにライティングに慣れていきます。これが最初のステップです。

 

3-2.プロジェクトでクライアントからのフィードバックをもらおう

タスク案件で十分に経験を積んだら、こんどはプロジェクトにチャレンジです。

 

プロジェクト形式

パートナーを選び、1対1でお互いに相談しながら進める形式です。

引用:クラウドワークス

 

プロジェクト形式になると応募したらかならず採用されるわけではなく、1対1で交渉しながら進めていきます。

プロジェクトのいいところは、提出した記事に対しての修正が入るかわりに、ちゃんとフィードバックしてもらえるところです。このフィードバックがライティング力向上に役立ちます。お金をもらいながら訓練してもらえてお得なんです。

 

3-3.記事に関係するすべてに慣れていこう

ライティング力を向上させて満足してはなりません!

というと「え?」と思うかもしれませんが、どこでも重宝されるWebライターを目指すなら、ただ文章を書けるだけではなく記事に関係するすべてを担当できるWebライターになりましょう。

 

記事に関係するすべてを担当できるWebライターとは

  • キーワードだけで構成を練り、文章を書ける
  • SEOを意識して書ける
  • WordPressに入稿できる など

 

ここで新たな言葉が出てきました。SEOとWordPressです。

 

SEOとは

検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施策のこと。特定のキーワードで検索された場合の検索結果で、自分のサイトのページを上位に表示させるように、ページやサイト、さらにサイト外の要因を調整することが多い。

引用:webtan

 

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくコンテンツ管理システム (CMS) としてもしばしば利用されている。

引用:ウィキペディア

 

現状ではWebライターになることを目指している段階ですから、SEOやWordPressはまだ先でかまいません。今後のためにも触れておきました。

 

まとめ

今回はWebライティングに必要なものからスタートして、Webライティングの流れ、実践方法を取り上げてきました。いかがだったでしょうか?

よし!Webライターになるぞ!と思ったら、さっそく必要なものを準備してランサーズやクラウドワークスにログインしてみましょう。

 

その他のお金を作る方法も先にチェックしておきたい人は、以下の記事をご覧ください。

 

と、その前に・・・Webライターとして稼ぐことについて考えているあなたは、今すぐお金を用意しないといけない状況になっていませんか?もしそうなら、Webライティングに必要なものについての情報を集めている今この瞬間にも、資金調達について具体的に考えて行動しなければいけません。当面の不足を補うために便利なのがカードローンです。当サイトに登録されている専門家が選んだ個人向けおすすめのカードローンを紹介しています。以下の記事を参考にして、さっそく申し込んでみると良いでしょう。

 

【合わせて読みたい参考記事】

・ 自由業で成功する!フリーランスの生活を安定させるコツ

・ お金がない?金欠のあなたも今すぐできる30のラクラク解決法!

・ お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ) 

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・  【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

・ お金が欲しい!あなたのお金が今日からグングン増える30の習慣と行動

・ 【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

・ 【保存版】ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディングで資金調達を120%成功させる5つのコツ!

・ クラウドファンディングやソーシャルレンディングで「資金調達」するメリットを徹底解説!

・ 【保存版】カードローン24選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

 

カードローンならネットだけ(スマホや携帯からもOK!)で申し込みできて、すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****s様が
    300万円を調達しました。

  • w*****l様が
    800万円を調達しました。

  • m***f様が
    900万円を調達しました。

  • e****r様が
    900万円を調達しました。

  • j*****h様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング