閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【消費増税10%】住宅ローンは固定金利か低金利かどちらを選ぶべき?

【消費増税10%】住宅ローンは固定金利か低金利かどちらを選ぶべき?

2019年10月から、消費税が8%から10%へ増税されることが決定となりました。

この消費増税は、住宅ローンを利用する方にとっても影響が気になるところなのではないでしょうか。

そこで本記事では、消費増税が住宅ローンに与える影響や変更点、最新の金利情勢についてご紹介していきたいと思います。

おすすめの住宅ローンについてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事がおすすめ出来る人
☑️ 最新の住宅ローン金利情報を知っておきたい方
☑️ 今後の住宅ローン金利情勢について確認しておきたい方
☑️ 人気の高い住宅ローンについて知っておきたい方

 

なお以下の記事でも「住宅ローン」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

その前に…『住宅ローン借入』までには、最低でも1カ月程度の時間が掛かります。このため、つなぎ資金でお困りの方や「今スグお金が必要」という方には即日融資できるカードローンの利用がおすすめです。例えば、カードローンなら、ネットで今スグ申込みめるので便利です。また使途自由(生計費に利用できる)引越費用やその他諸経費にも活用できるので便利です。

例えば「大手四社」のカードローンは、利息も業界最低水準(=低金利)で、審査状況によっては即日融資も可能です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■アコム 最大30日間金利0円

 

2019年の住宅ローン金利は何パーセント?

2019年の住宅ローン金利は、どのような傾向となっているのでしょうか。

住宅ローン金利のタイプは大きく分けて、「変動金利」「固定金利」の2つが主となっていますが、それぞれのタイプごとに金利の傾向が異なっています。

 

変動金利

変動金利は、2015~2018年前半にかけて、金利低下傾向が続いていましたが、主要銀行・ネットバンクとも2018年前半~後半以降は動きがない状態でした。

しかし、今年に入り、ネットバンク大手のジャパンネット銀行が住宅ローンの取り扱いを開始したことにより、変動金利の最低金利にがさらに低下しました。(新規借入:0.415%、借り換え:0.415%)

他の金融機関がこの動きに追随するかが今後の注目ポイントといえますが、現在の金利は史上最低水準の金利とされているため、このまま横ばいで動く可能性も高いと考えられます。

 

固定金利

固定金利は、変動金利よりも高い金利設定となっていますが、0.5%程度の金利を適用しているところ多く、ここ数ヶ月のところは動きのない状態となっています。

なお、新規借入の場合、ソニー銀行「固定セレクト住宅ローン」の0.58%が最低金利となっており、固定金利でもネットバンクの金利の低さが目をひきます。

 

なお、「不動産・住宅サイト SUUMO」に掲載されている、主な金融機関の最新適用分住宅ローン金利は次の通りとなっています。最新の住宅ローン金利を確認したい方は、ぜひ参考にしてください。

2019年の住宅ローン金利

画像:2019年8月適用分住宅ローン金利(不動産・住宅サイト SUUMO:2019年8月 住宅ローン金利一覧より)

 
 

今後の住宅ローン金利は上がる?下がる?

今年10月には消費増税を控え、今後の住宅ローン金利の動向が気になる方も多いのではないでしょうか。

現在、住宅ローン金利は史上最低水準の金利とされており、これ以上は下がることがないのでは、というのが大方の見方です。

消費増税後を含めた今後の金利動向については、様々な意見がありますが、緩やかではあっても住宅ローン金利が上がることが見込まれています。増税後は一旦景気の悪化があると予想されていますが、その後は景気が少しづつ回復し、結果的に住宅ローン金利も上昇するのでは?という見立てです。

そのため、これから住宅の購入を検討している場合は、金利が上昇している可能性も念頭にいれつつ、ローンを組む必要があると考えたほうがよいでしょう。

 

 

固定金利を選ぶメリット

固定金利を選ぶメリットには、次のようなものが挙げられます。

 

  • 金利の上昇・下降に一喜一憂する必要がない
  • 返済額が一定となるため、長期的な家計管理がしやすい

 

住宅ローン

金利の安定感があり、返済額が一定であることが、固定金利最大のメリットです。そのため、金利の上昇・下降に一喜一憂しやすい傾向のある方は、固定金利を選択するのがおすすめといえます。

また、固定金利は、変動金利と比較して金利が高めに設定される傾向にあります。しかし、月々の支払い額が変動しないため、とにかく安定したライフプランを立てたいという方にとっては、適した金利タイプといえるでしょう。

 

その前に…『住宅ローン借入』までには、最低でも1カ月程度の時間が掛かります。このため、つなぎ資金でお困りの方や「今スグお金が必要」という方には即日融資できるカードローンの利用がおすすめです。例えば、カードローンなら、ネットで今スグ申込みめるので便利です。また使途自由(生計費に利用できる)引越費用やその他諸経費にも活用できるので便利です。

例えば「大手四社」のカードローンは、利息も業界最低水準(=低金利)で、審査状況によっては即日融資も可能です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■アコム 最大30日間金利0円

 

 

変動金利を選ぶメリット

それでは、変動金利を選ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここで確認をしておきましょう。

 

  • 他の金利タイプと比較して低金利
  • 景気の悪化により金利が下がれば、返済額が少なくなる

 

変動金利は、固定金利と比較して低金利な傾向となっており、景気が悪ければ金利が下がるため、自動的に返済額が少なくなるというメリットがあります。

世の中の動きをチェックすることが得意で、リスク管理能力の高い人には適している金利タイプです。また、判断力があり、考えたことをすぐに行動に移せる人にもぴったりといえるでしょう。

 

 

今すぐ申し込みたい!人気の住宅ローン5選

それでは、ここからは人気の高い住宅ローン商品を5つピックアップしてご紹介していきたいと思います。

今現在、住宅ローンの申し込みを検討されている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35)

住信SBIネット銀行の住宅ローン「フラット35」は、借入時や繰り上げ返済時にも、お得感のある手数料が魅力の住宅ローンです。

病気やケガで就業不能状態が続いた場合には、住宅ローン残高相当額を保証してくれるサービスもあるため、安心して利用することができます。

また、住信SBIネット銀行のサイトからでメールアドレスを登録するのみで、店舗に出向くことなく手続きが完了するのもうれしい商品となっています。

住信SBIネット銀行住宅ローン

画像:住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35)より

 

住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35)の概要

項目詳細
金利タイプ全期間固定
借入期間15年~35年
実質金利保証型: 0.770%、買取型:0.910(20年固定金利)・0.970(35年固定金利)
保証料不要
繰上げ返済手数料保証型:0円〜30,000円(+税)、買取型:0円
事務手数料保証型:借入額×2.16%(税込)、買取型:借入額×1.08%(税込)
優遇サービス対象期間中に当商品を利用した方で以下に該当する場合、現金1万円をキャッシュバック

  • 住信SBIネット銀行のWEBサイトから申し込みを行った方
  • 借入金額が1,000万円以上の方

 

参考サイト: 住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35)

 

楽天銀行住宅ローン(フラット35)

2018年、19年のオリコン顧客満足度調査で「連続第1位」を獲得した、楽天銀行住宅ローン。

業界最低水準の金利設定もさることながら、充実した保証内容にも定評があります。

インターネットと郵送を利用した簡単手続きで借入まで来店不要となっているため、日々忙しく、ローン申請のための時間が取れないという方にもぜひおすすめしたい商品となっています。

 

楽天銀行住宅ローン

画像:楽天銀行住宅ローン(フラット35)より

 

楽天銀行住宅ローン(フラット35)の概要

項目詳細
金利タイプ全期間固定
借入期間15年~35年
実質金利0.910%(20年固定金利)・0.970%(35年固定金利)
保証料不要
繰上げ返済手数料0円
事務手数料借入額×1.08%(税込)
優遇サービス返済口座を楽天銀行に設定している場合には、楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」のステージに、通常より1ランク上のステージを適用。
※スーパーVIPの場合、最大でATM利用手数料月7回、他行振込手数料は月3回無料

 

参考サイト:楽天銀行住宅ローン(フラット35)

 

ARUHI住宅ローン(フラット35)

中村アンさんのCMでもおなじみの「ARUHI住宅ローン」。特に「フラット35」では9年連続シェアNo1を誇っています。

「全国150拠点以上のスタッフが土日祝日も対応」「Webでの事前審査を随時実施」と、そのサポート体制や申込みやすさでも多くの支持を得ています。

また、他の住宅ローン審査では厳しくなりやすい「自営業の方」「転職したての方」でも、問題なく申し込みを受け付けていますので、ぜひご利用ください。

ARUHI住宅ローン

画像:ARUHI住宅ローンより

 

ARUHI住宅ローン(フラット35)の概要

項目詳細
金利タイプ全期間固定
借入期間15年~35年
実質金利0.910%(20年固定金利)・0.970%(35年固定金利)
保証料不要
繰上げ返済手数料0円
事務手数料借入額×2.16%(税込)
優遇サービスARUHI住宅ローンを利用されている方は、「ARUHI暮らしのサービス」を年会費無料で利用可能。

 

参考サイト:ARUHI住宅ローン(フラット35)

 

りそな銀行住宅ローン

りそな銀行住宅ローンは、忙しくて店舗に行く時間が取れないという方でもWeb上から申し込みが可能な住宅ローン。面倒な手続きが自宅から行えるため、気軽に住宅ローンの申請を行うことができます。

また、「インターネット上で繰り上げ返済を行った場合は、繰り上げ返済手数料が0円」「三大疾病の他、特定状態や要介護状態の場合は住宅ローン残高が0円」といったメリットの大きなサービスを取り扱っており、大変定評のある商品となっています。

りそな銀行住宅ローン

画像:りそな銀行住宅ローンより

 

りそな銀行住宅ローンの概要

項目詳細
金利タイプ変動金利または固定金利
借入期間1年~35年
実質金利0.470%(変動金利)

0.995%(2~5年固定金利)、 1.045%(7年固定金利)、1.195%(10年固定金利)、1.645%(15年固定金利)、2.195%(20年固定金利)

保証料不要
繰上げ返済手数料インターネット:0円

その他店頭・電話等:

(一部繰上返済の場合)5,400円もしくは32,400円

(全額繰上返済の場合)10,800円もしくは32,400円

※いずれも税込

事務手数料借入額×2.16%(税込)
優遇サービス
  • 「マイホームマイバンクプラン」利用でりそなクラブポイントを10000ポイントプレゼント(1ポイント=1円相当)。
  • 3大疾病や特定の状態に陥った際には、住宅ローンが0円となる保証サービス付き。

 

参考サイト:りそな銀行住宅ローン

 

ソニー銀行住宅ローン

インターネット上での住宅ローン仮審査を随時受付中のソニー銀行住宅ローン。AIを利用した審査を行っており、最短60分回答、早めの審査回答を希望されている方にはぴったりの商品となっています。

「保証料や繰り上げ返済手数料がなどが0円」「繰り上げ返済や金利タイプ変更が簡単」といったメリットもあり、トータルコスト的にもお得感のある住宅ローンといえるでしょう。

ソニー銀行住宅ローン

画像:ソニー銀行住宅ローンより

 

ソニー銀行住宅ローンの概要

項目詳細
金利タイプ変動、固定、全期間固定
借入期間15年~35年
実質金利0.757%(変動金利) 、0.650%~(固定金利)
保証料不要
繰上げ返済手数料0円
事務手数料43,200円
優遇サービス
  • 住宅ローンの契約で、優遇プログラム Club S (クラブエス)のステージが自動的に1ランクアップ。
  • ショッピングや新生活準備、旅行などの住宅ローン付帯サービスが利用可能。

 

参考サイト:ソニー銀行住宅ローン

 

 

まとめ

今回は、2019年に行われる消費増税に伴う住宅ローンへの影響や最新の金利情勢についてご紹介してきました。

住宅ローンには、固定金利と変動金利という2つの金利タイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあることもおわかりいただけたのではないでしょうか。そして、金利タイプを選択する際には、将来的にもリスクの低い、安心できるタイプを選ぶことも重要です。

ぜひ本記事の内容を参考に、ご自身にあった住宅ローンを選択していきましょう。

 

本記事のまとめ
☑️ 消費増税により住宅ローンの金利は、ゆるやかに上昇する可能性あり
☑️ 固定金利・変動金利、2つの金利タイプはそれぞれにメリット・デメリットがある
☑️ 住宅ローンの利用を検討する際は、商品の特徴をおさえて借入後のリスクの低い商品を選ぶことも重要

 

本記事と合わせて読みたいオススメ記事

・  良い不動産会社とは?|大手・免許番号・地域密着度で見分ける優良業者の特徴3つ!

・  不動産の売却|必要書類の作成・提出方法を徹底解説!

・  不動産の売却と税金|不動産所有者が、絶対に覚えておきたい8つのポイント

・  家を高く売るポイントは3つ!不動産売買で得するコツを徹底解説!

・  不動産売却100%成功ガイド!土地価格の相場と評価額の調べ方を徹底解説!

・ 【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

 

その前に…『住宅ローン借入』までには、最低でも1カ月程度の時間が掛かります。このため、つなぎ資金でお困りの方や「今スグお金が必要」という方には即日融資できるカードローンの利用がおすすめです。例えば、カードローンなら、ネットで今スグ申込みめるので便利です。また使途自由(生計費に利用できる)引越費用やその他諸経費にも活用できるので便利です。

例えば「大手四社」のカードローンは、利息も業界最低水準(=低金利)で、審査状況によっては即日融資も可能です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■アコム 最大30日間金利0円

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/19 21:57
    無料診断がされました。
  • 09/19 20:58
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:49
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:47
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:25
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(139件)

1 2 3 4 5 28

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全802件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる