退職代行とは?弁護士だけではない正しい業者の選択方法100%ガイド!

Boli
Boli
更新日2022/5/16

退職代行とは?弁護士だけではない正しい業者の選択方法100%ガイド! NEW

退職代行弁護士以外

 

今の会社を辞めようと思っている・・・でも、いざ切り出そうと思うとなかなかできない。
最近では、退職代行ビジネスというものがあるらしい。利用しても大丈夫なのかなぁ、よくわからないまま使うのは心配・・・

あなたは今、こんなことを考えていませんか?

 

会社を辞めることに決めた場合、次のステップは「会社に退職の意思を伝えること」です。会社に意思を伝えてスムーズに退職できる人もいれば、大きくこじれて大変な思いをする場合もあります。

ここのところ、退職に関係する事柄を代行してくれる業者が増えてきて、利用者も増加傾向にあります。あなたもこの退職代行に興味を持っている1人だと思います。

 

■退職引き止め交渉を受けたことがある人の割合カウンターオファー(退職引き止め交渉)に関するアンケート結果引用:32%が退職引き止め交渉を受けた経験あり – 引き止め成功率は?(マイナビニュース)

 

じつは、会社を辞めようとする人の30%が会社から引き止められてなかなか辞められずにいるというデータがあります。3人に1人が退職に手こずっていると聞くと、ビックリしませんか?

ということは・・・もしあなたが自力で退職しようと思っても、スムーズに退職できない可能性は少なくないということなんです。

 

そこでこの記事を通して、ご一緒に「退職代行とは」というテーマで考えていくことにしましょう。退職代行についてはっきり理解すれば、「利用するかどうか」を決定できますし、「どの業者を利用するか」も決めやすくなります。

それではまいります!

 

関連記事:【今すぐ会社を辞めたいアナタに】退職代行サービスとは?依頼費用&全20社人気ランキング!

 

※ SNS、ブログ、インターネットの『誹謗中傷』問題解決は、以下の記事にて詳しく解説しています。

【弁護士のIT業務】ツイッター誹謗中傷削除を弁護士に依頼するメリット

 

***

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaブログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

 

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、新たなシリーズとして【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を下のページにて連載しています。資金繰りでお困りの方は、ぜひチェックしてみてください!

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • c***i様が
    100万円を調達しました。

  • k***u様が
    700万円を調達しました。

  • p******j様が
    100万円を調達しました。

  • n*****u様が
    300万円を調達しました。

  • d***n様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング