閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ビジネスローンの審査に通る11のコツ!この方法であなたも500万円の資金が調達できる

即日の資金調達や大型融資にも対応可能なビジネスローン。利用を検討されている経営者の方も多いのではないでしょうか。

ビジネスローンの審査に通る11のコツ!この方法であなたも500万円の資金が調達できる

しかし、「いざビジネスローンを利用したい!」と思っても、まずはビジネスローンの審査に通過しなければなりませんよね。ビジネスローンの審査に通過するためには、ポイントを抑えた申込みが必要です。

そこで、本記事では、経営者の方が知っておきたい「ビジネスローンの審査に通過するためのコツ」についてご紹介をしていきたいと思います。

これからビジネスローンの申し込みを検討されている経営者の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【この記事がおすすめできる人】
☑️ ビジネスローンの申し込みを検討している経営者の方
☑️ ビジネスローンの審査を受けるにあたっての注意点を確認しておきたい方
☑️ いくつかのビジネスローンを比較・検討したい方

 

なお以下の記事でも「ビジネスローン」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

※法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ビジネスローンとは?事業融資がおすすめの理由

ビジネスローンとは、銀行やノンバンクなどが取り扱う「事業用融資に特化した」金融商品です。

主に個人事業主や中小企業・法人を対象としており、事業の運転資金やつなぎ資金など、事業に関する資金の融資を目的としています。そのため、経営者の方にとってはまさに救世主ともいえる存在といえるでしょう。

そして、このビジネスローンには、次のようなメリットがあるため、近年利用を希望する経営者の方が非常に多くなっているのです。

 

ビジネスローンのメリットは4つ

即日の資金調達が可能

ビジネスローンは、銀行融資など他の融資方法と比較して融資までの期間が短い傾向にあります。中には最短1時間での審査回答・即日融資をアピールしている商品も存在します。

反面、銀行融資の場合は、銀行内での調査や審査を含め、融資までには1ヶ月程度を要するところも多くなっています。

 

担保や第三者保証人が不要

担保や第三者保証人が不要というのも、ビジネスローンのメリットです。

特に、資金調達を検討している経営者の方で、「担保を用意することができない」「第三者に保証人をお願いするのは気が引ける」とお悩みの方におすすめです。

 

銀行融資と比較して、審査基準がゆるやか

銀行融資と比較して審査に通過しやすい、というのもビジネスローンのメリットです。

ビジネスローンは、審査システムに「スコアリングシステム」を採用しており、統計的データに基づく自動的な審査が行われます。銀行融資にありがちな細かい審査を行っていないところも多く、あくまでも融資希望者の信用度から融資の可否が決定されているのです。

 

総量規制の対象外

総量規制とは、個人の借入総額を年収等の3分の1までに制限する仕組みのことを指します。2010年から施行された改正貸金業法によって定められました。

ビジネスローンで事業資金の借入を行う場合、年収の3分の1以上の借入が可能です。この時、法人の場合は「総量規制の対象外」、個人事業主の場合は「総量規制の例外」という扱いとなります。

そのため、個人事業主が「総量規制の例外」を受けるためには、「資金使途が事業資金である」「事業計画や資金計画を提出する」といった条件をクリアする必要があります。

 

 

ビジネスローン審査で重視されるポイント

ビジネスローンの審査で重視されるポイントには、次のようなものが挙げられます。

  • 決算書の数値
  • 事業歴
  • 経営者の信用情報
  • 税金の納付情報
  • 業種
  • 経営者の印象
  • 必要書類の提出状況

具体的にどのような点が重要な点となるのか、確認をしておきましょう。

 

決算書の数値

決算書は、ビジネスローン審査のポイントとして重要な位置を占めています。その中でも、「収益に問題がないか」「倒産しないかどうか」「返済する能力があるか」、この3点がチェックポイントとなります。

決算書の数値が赤字決算の場合は、審査に不利となり、借入ができたとしても金利が高くなる傾向にあります。

 

事業歴

事業歴の長さも審査の際のチェックポイントです。

多くのビジネスローンでは、業歴が2年を経過していることが最低条件となっているものもあります。業歴が1年程度の場合、審査には不利になることも多く、その際は申し込むビジネスローンの対象を絞るといった対策も必要となります。

 

経営者の信用情報

金融機関側は貸し倒れリスクを回避するため、経営者の信用情報に問題がないかをチェックします。万が一の時には、残債の請求を行うためにも、重要ポイントとしている事業者も多くなっています。

ビジネスローン審査で重視されるポイント

特に新規のビジネスローン申し込みの場合は、重点的な調査対象となると考えておくとよいでしょう。

 

税金の納付情報

会社経営をしている上で必要となる納税義務をきちんと果たしているかは、ビジネスローン審査でも重要なポイントとなります。

税金の未納は、会社の資金繰りが苦しいという印象を与えてしまうためです。万が一、未納がある場合は、確実にビジネスローン審査で不利となりますので注意が必要です。

なお、対象となる税金には、法人税・法人住民税・消費税などがあります。

 

業種

会社の業種についても、審査のポイントとなる場合があります。

業種によっては、「倒産しやすい業種」とされているものもあり、この場合、審査でマイナスとなってしまいます。結果、ビジネスローンの審査に通過することが難しくなるということにつながってしまうのです。

 

経営者の印象

経営者の印象がビジネスローンの審査に影響する場合もあります。

例えば、面談による審査を行う事業者であれば、経営者の印象で審査の通過可否が決定してしまうこともあり得るのです。面談審査がある場合は、受け答えや身なり、経営に対する姿勢などにも注意するとよいでしょう。

 

必要書類の提出状況

必要書類がきちんと提出されていない場合は、それだけでマイナスポイントとなってしまいます。

書類のミスやウソの報告は、経営者に対する信頼度も損ねてしまう行為です。このような行為が発覚してしまうと、審査のハードルがぐんと上がってしまいます。

また、書類提出に必要以上に時間がかかってしまうのも、審査には不利となってしまいます。注意しましょう。

 

※なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2019年最新版】

 

 

ビジネスローン審査に通る11のコツ

それでは、ビジネスローンの審査に通過するためには、どのような点に気をつけて申し込みをすればよいのでしょうか。

ここでは、「ビジネスローンの審査に通るための11のコツ」として、具体的に以下11のポイントを挙げて説明をしていきたいと思います。

  • 難易度の高すぎるローンは選ばない
  • 借入希望の金額は低めに設定する
  • 銀行よりも消費者金融系のビジネスローンを狙う
  • 必要書類はあらかじめ準備しておく
  • 会社の事業歴がある程度になった時点で申し込みを行う
  • 審査に有利な決算書を作成する
  • 中小の消費者金融への申し込みも検討する
  • 債務超過でないことを確認しておく
  • 税金の未納・滞納は行わない
  • 申込書に虚偽の内容を記載しない
  • 審査に通過できなかった場合のことも想定しておく

それでは、詳細について確認をしておきましょう。

 

① 難易度の高すぎるローンは選ばない

ビジネスローンを検討する際は、審査難易度の高すぎる商品は選ばないようにしましょう。難易度が高い商品は、それだけ審査のハードルが上がってしまいます。

各ビジネスローンにより審査の難易度は異なりますので、いくつかの商品を比較検討する際は、審査期間や必要な書類などをよく確認することをおすすめします。

 

② 借入希望の金額は低めに設定する

初めて借入をする段階で、高額の融資を希望すると審査に通過できる可能性が低くなります。

審査に少しでも通過できる可能性を増やすためには、まず少額を借りて返済実績を作りましょう。その後、増額依頼をすることが、ビジネスローンで希望額を融資してもらうための近道となります。

 

③ 銀行よりも消費者金融系のビジネスローンを狙う

一般的に、銀行と比べて、消費者金融系のビジネスローンは審査の通過率が高いとされています。

その理由として、銀行の場合は「優良な状態の企業データを基準」として審査を行いますが、消費者金融の場合は「銀行に断られてしまった企業のデータを基準」としてスコアリングし審査をおこなっていることが挙げられます。

少しでも審査に通過できる可能性を高くしたいのであれば、消費者金融系のビジネスローンを狙うのがおすすめです。

 

④ 必要書類はあらかじめ準備しておく

ビジネスローンの審査には、印鑑証明書や事業計画書、納税証明書など数多くの提出書類が必要です。

中には準備に時間を要する書類も存在しますし、場合によってははじめに求められていた書類とは別の書類が必要となる場合もありえます。

スムーズに審査・手続きを進めるためにも、必要書類はあらかじめ準備しておくのがおすすめです。

 

⑤ 会社の事業歴がある程度になった時点で申し込みを行う

多くのビジネスローンでは、業歴2年以上の事業者に対して融資を行っています。そのため、業歴の条件を満たしていないとそもそも審査すら行ってもらえないということも多いのです。

もちろん、1年程度の業歴でも審査対象となるビジネスローンもあるのですが、どうしても企業の信頼度という点ではマイナス評価となってしまいます。

そのため、ビジネスローンの申し込みは業歴が2年以上となった時点で申し込みをすることをおすすめします。

 

⑥ 審査に有利な決算書を作成する

この場合の「審査に有利な決算書」とは、虚偽の記載や粉飾決済などをすることではありません。会計処理の仕方を変えることで、ローン審査に有利な決算書を作成することを指します。

ビジネスローン審査に通る11のコツ

例えば「自己資本比率を向上させるため、設備機器を購入せずリース契約にする」「利益率をアップさせるために引当処理を行わない」といったちょっとした工夫をすることで、ビジネスローン審査を有利に進めることができます。

 

⑦ 中小の消費者金融への申し込みも検討する

「いくつかのビジネスローンに申し込みを行ったが、審査に通過できなかった…」

そのような場合は、中小の消費者金融が取り扱っているビジネスローンに申し込みを検討してみるのもよいでしょう。

中小の消費者金融では、大手消費者金融が採用している「スコアリングシステム」ではなく、面接による審査を重視しているところも多くあります。

特に決算に不安がある場合は、数値による審査より、面談による審査のほうが通過率が上がる可能性が高くなります。

 

⑧ 債務超過でないことを確認しておく

債務超過(赤字決済)の場合、ビジネスローンの審査ではマイナスの評価となります。ただし、償却前利益が黒字となっている場合は、経常利益が赤字でもビジネスローンの審査に通過する可能性が高くなりますので、申し込み前に損益計算書を確認してみましょう。

もし、償却前利益が赤字の場合は、必ず黒字にした上で申し込みをすることが重要です。

 

⑨ 税金の未納・滞納は行わない

税金の未納や滞納は、納税義務を果たしていないということで、審査の際にもマイナスポイントとなってしまいます。また、同時に、会社の資金繰りにも不安を持たれることにもなりますので、税金の未納・滞納は絶対に行わないようにしましょう。

 

⑩ 申込書に虚偽の内容を記載しない

申込書に虚偽の内容を記載することは、経営者本人に対しての信頼度も低くなる行為です。

特に申込書や決算書の記載ミスや数字のミスは大きく信頼性を損ねてしまいます。審査担当者にこのような評価をされてしまうと、圧倒的に審査に通過できる割合が低くなるので注意しましょう。

 

⑪ 審査に通過できなかった場合のことも想定しておく

ビジネスローンを申し込む際には、審査に通過できなかった場合のことも想定して対策を立てるとよいでしょう。

具体的には、「別のビジネスローンに申し込みを行ってみる」「ファクタリングやクラウドファンディングといった他の資金調達方法を検討する」といったことが挙げられます。

ビジネスローンの中でも最も審査に通過しやすいと言われているのが、消費者金融系のビジネスローンです。審査に通過できなかった場合は、あえて審査のやさしいビジネスローンを狙ってみるのもよいでしょう。

 

 

おすすめのビジネスローン10選

それでは、本サイト「資金調達プロ」おすすめのビジネスローン10選をご紹介していきたいと思います。これからビジネスローンの利用を検討されている経営者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ビジネスローン① MRF

事業融資専門事業者であるMRFが提供するビジネスローン「長期間元金据置プラン」は、法人・個人事業主の方いずれもが融資の対象となる商品です。

最大3億円までの融資が可能となっており、返済回数を最大36回まで設定できるためゆとりある返済プランを立てることができます。

なお、利用の際には、担保とできる土地や建物を所有している必要があります。

 

 商品名 MRF ビジネスローン「長期間元金据置プラン」
 貸付条件 法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 返済回数 3年以内(1回~36回)
 返済方法 元金据置一括返済
 担保・保証人担保:土地・建物に根抵当権設定

保証人:原則不要

 融資枠 100万円~3億円
 融資利率 年4.00%~9.90%
 オススメ度  ★★★★☆

参考サイト:MRF(公式サイト)

 

ビジネスローン② オリックスVIPローンカードBUSINESS オリックス・クレジット株式会社

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、申込みから融資まで来店不要で完結するビジネスローンです。申込みから最短即日での融資も可能となっており、急ぎでも資金調達を希望される方にもおすすめしたい商品となっています。

また、カード形式のビジネスローンのため、コンビニや提携金融機関ATMでも、必要なときに必要な分だけ融資を受けることができます。

 

 商品名 オリックスVIPローンカードBUSINESS
 貸付条件20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。

  • 業歴1年以上の個人事業主の方。
  • 法人格を有する事業の代表者の方
 返済回数 リボルビング払いの場合:最長10年2ヶ月(122回)

1回払いの場合:28日~61日(利用日により異なる)

 返済方法 リボルビング払いまたは1回払い
 担保・保証人 不要
 融資枠 500万円・400万円・300万円・200万円・100万円・50万円の6コース
 融資利率 年6.0%~17.8%
 オススメ度  ★★★★☆

参考サイト:オリックスVIPローンカードBUSINESS(オリックス・クレジット株式会社)

 

ビジネスローン③ ビジネスローン ビジネクスト

消費者金融大手アイフル傘下で、事業融資を専門としているビジネクスト。ビジネクストの「ビジネスローン」は、無担保・無保証で、最大1,000万円までの融資を受けることができます。

返済期間は元利均等返済の場合、最長5年と長めに設定されているため、資金繰りに困っている経営者の方でも、ゆとりある返済プランを立てることが可能となっています。

 

 商品名ビジネクスト ビジネスローン
 貸付条件 法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 返済方法・返済回数元利均等返済:最長5年(60回以内)
元金一括返済:最長1年(12回以内)
 担保・保証人不要(※ただし、法人の場合は代表者の連帯保証が必要。)
 融資枠 50万円~1,000万円
 融資利率 年3.1%~18.0%
 オススメ度 ★★★★☆

参考サイト:ビジネスローン(ビジネクスト)

 

ビジネスローン④ 楽天スーパービジネスローン 楽天カード

楽天市場に出店中の企業や個人事業主の方を対象とした、「楽天スーパービジネスローン」。

担保や保証人不要、24時間来店不要で申込可能とその手軽さが魅力のビジネスローンとなっています。

融資金額は最大3,000万円まで、利用可能枠の範囲内で繰り返し利用が可能な点もうれしいポイントといえるでしょう。

 

 商品名 楽天スーパービジネスローン
 貸付条件 楽天市場に出店している店舗を有する企業および個人事業主様
 返済回数  残高スライド定額方式の場合:1カ月~3年(36回以内)

元利均等払い・元金期限一括払いの場合:3カ月~5年(3回~60回)

 返済方法 残高スライド定額方式、元利均等払い・元金期限一括払い
 担保・保証人原則不要
 融資枠 50~3,000万円
 融資利率 年3.0%~15.0%
 オススメ度  ★★★☆☆

参考サイト:楽天スーパービジネスローン(楽天カード株式会社)

 

ビジネスローン⑤ しずぎんビジネスクイックローン

静岡銀行の営業区内で事業展開している方を対象とした「しずぎんビジネスクイックローン」。

法人・個人とも、最大10年以内とゆとりある返済計画を立てることができる商品となっています。最大500万円までの融資を受けることができ、最短即日での仮審査回答が可能。

スピーディーな融資を希望する方にもぴったりです。

 

 商品名 しずぎんビジネスクイックローン
 貸付条件
  •  静岡銀行の営業区域内で事業を営んでいる方(静岡県・東京都・神奈川県・愛知県・大阪府)
  • 静岡銀行に普通預金、または当座預金をお持ちの方(同時申込みも可)
  • 申込時の連帯保証人予定者の年齢が満20歳以上満70歳未満かつ完済時満76歳未満の方
 返済回数 法人の場合:10年以内(または120回以内)

個人事業主の場合:10年以内(返済回数6回以上120回以内)

 返済方法 1ヶ月毎元利均等返済
 担保・保証人 不要
 融資枠 50万円以上500万円以内(1万円単位)
 融資利率 融資利率は3段階あり、審査結果により決定
年5.0% ・年8.0% ・年14.9%
 オススメ度 ★★★☆☆

参考サイト:しずぎんビジネスクイックローン

 

※なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2019年最新版】

 

ビジネスローン⑥ 事業サポートプラン アイフル

消費者金融大手アイフルが発行するビジネスローン「事業サポートプラン(無担保ローン)」。

法人・個人事業主のいずれの方でも利用可能な商品となっています。最長10年とゆとりある返済が可能な他、担保・保証人不要での借入も可能です。

また、Webや電話での申し込みOKとなっており、申し込みの時間帯によっては即日融資を受けることもできます。

 

 商品名 事業サポートプラン(無担保ローン)
 貸付条件 法人または個人事業主
 返済回数最長10年(120回)
 返済方法借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式、元利定額返済方式、元金一括返済方式
(個人の場合はカードローン可)
 担保・保証人 原則不要
 融資枠 1万円~500万円
 融資利率 年3.0%~18.0%
 オススメ度  ★★★★☆

参考サイト:事業サポートプラン アイフル

 

ビジネスローン⑦ 不動産活用ローン 三井住友トラスト・ローン&ファイナンス

三井住友トラスト・ローン&ファイナンスの不動産活用ローンは、最大10億円までの融資が可能なビジネスローンです。

不動産を担保として活用できるため、他ビジネスローンと比較しても低金利での借入も実現できます。

 

 商品名 不動産活用ローン
 貸付条件 個人事業主・法人の方
 返済回数  13回~420回
 返済方法 元利均等返済・元金均等返済
 担保・保証人担保:(不動産の場合)第一順位の抵当権を設定

(債権)抵当建物の火災保険金請求権等に質権を設定

保証人:原則不要(審査結果によっては連帯保証人が必要となる場合もあります)

 融資枠 300万円~10億円
 融資利率 年3.90%~7.40%(変動金利)
 オススメ度  ★★★☆☆

参考サイト:不動産活用ローン(三井住友トラスト ローン&ファイナンス)

 

ビジネスローン⑧ 法人&個人事業主専用証書型ローン「ビジネスサポートプラン」 オリコ

オリコの「ビジネスサポートプラン」 は、法人もしくは個人事業主の方が利用できるビジネスローンです。

事業資金であれば、資金使途は不問。来店不要で契約も可能です。

年会費や入会金等も一切不要の商品となっています。

 商品名オリコビジネスサポートプラン
 貸付条件  業歴1年以上の法人・個人事業主の方
(法人の場合、直近決算期において債務超過でないこと)
 返済回数  1~60回(最長5年)
 返済方法 元利均等返済(ボーナス併用返済は不可)・一括返済(翌月一回払い、元金据置一回払い[最長据置期間3カ月])
 担保・保証人 不要
 融資枠 100万円~1,000万円(1万円単位)※クレジットカードタイプの場合、50万円~500万円(1万円単位)
 融資利率 年6.0%~15.0%※新規申込時は年8.4%~15.0%
 オススメ度 ★★★☆☆

参考サイト:ビジネスサポートプラン(オリコ)

 

ビジネスローン⑨ スモールビジネスローン ビジネスパートナー

事業融資専門事業者であるビジネスパートナーのスモールビジネスローンは、法人・個人事業主の方いずれもが利用可能なビジネスローンです。

全国のセブン銀行ATMから必要な時に必要な額の借入・返済ができますので、急な資金調達にも十分に対応可能な商品となっています。

 商品名 スモールビジネスローン ビジネスパートナー
 貸付条件  法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 返済回数 60回以内(最長5年)
 返済方法 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
 担保・保証人 不要
 融資枠 50万円 〜 500万円
 融資利率 年9.98% 〜 18.0%
 オススメ度 ★★★★☆

参考サイト:スモールビジネスローン(ビジネスパートナー)

 

ビジネスローン⑩ スタービジネスカードローン 東京スター銀行

東京スター銀行の「スタービジネスカードローン」は、カードローン形式のビジネスローンです。

東京スター銀行やゆうちょ銀行、全国の提携金融機関ATMで手軽に融資を受けることができるので、スピーディーな資金調達を希望する方にはぴったりです。

なお、申込みから審査回答までの期間は、最短5日となっています。

 商品名 スタービジネスカードローン
 貸付条件
  •  事業を営んでいる法人代表者・個人事業主の方
  • 申込時の年齢が満20歳以上、契約時の年齢が満69歳以下の方
  • 保証会社(アイフル株式会社またはオリックス・クレジット株式会社)の保証が受けられる方
 返済方法 残高スライドリボルビング方式
 担保・保証人 不要

※アイフル株式会社またはオリックス・クレジット株式会社が保証

 融資枠 50万円以上500万円以下(10万円単位)
 融資利率 年6.5%~14.5%
 オススメ度  ★★★☆☆

参考サイト:スタービジネスカードローン(東京スター銀行)

 

ビジネスローンの審査に通過できない場合は、ファクタリングの利用もおすすめ!

「いくつかのビジネスローンに申し込みをしたけれど、なかなか審査に通過できない…」とお悩みの方にはファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用もオススメです。

例えば、ファクタリングで今すぐ1,000万円の資金を調達したい方はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることも可能です!

また、ファクタリングは「借入の履歴を残したくない」という経営者の方にもおすすめの資金調達方法となりますので、ぜひご利用ください。

 

 

まとめ

今回は、ビジネスローンの審査に通過するための方法についての情報、おすすめのビジネスローンついてご紹介してきました。現在ビジネスローンの利用を検討されている方は、ぜひ本記事の内容を参考にローンの申し込みを行ってみてください。

また、ビジネスローンの審査に通過できなかった場合や、借入の履歴を残したくないという場合は、ファクタリングの利用もあわせて検討することをおすすめします。

本テーマと合わせて読みたい関連記事

・ 銀行から融資を受ける!審査を通す9のコツ。あなたも1000万円借入できる

・ 経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

・ 【2019年11月版】ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

・ 信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

・ 【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

・ ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ 

 

※法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/23 01:19
    無料診断がされました。
  • 11/23 00:19
    無料診断がされました。
  • 11/22 23:08
    無料診断がされました。
  • 11/22 22:45
    無料診断がされました。
  • 11/22 21:23
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

事業者ローンの関連記事(83件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全860件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる