約束手形の仕組みが100%わかる!受け取った約束手形を現金化する方法

吉永 あき
吉永 あき
更新日2021/12/3

約束手形の仕組み、現金化

企業間取引の支払いで現金の用意が難しい場合、利用されることの多い約束手形。特に資金繰りに苦しむ企業の場合は、約束手形を利用することで支払いを先送りにできる、というメリットがあります。

 

しかし約束手形を受け取った側からみると、手形には不渡りのリスクもあり、確実に現金化できるかどうか…という不安もあるのではないでしょうか。

そこで本記事では、約束手形を受け取った場合にキチンと現金化して、自社の資金繰りに苦しまないようにする方法やその注意点についてご紹介していきたいと思います。

約束手形の取扱について確認しておきたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、約束手形は2026年をめどに廃止予定となっております。廃止後は「電子記録債権」や現金での振り込みが主流となる見込みです。

約束手形 2026年めどに利用廃止を求める方針を決定 経済産業省|NHKニュース

 

【この記事がおすすめできる人】
☑️ 約束手形を利用した資金調達について、その概要を知りたい方
☑️ 約束手形で取引をする際の注意点について確認しておきたい方
☑️ 約束手形での取引に代わる資金調達方法について知っておきたい方

 

以下の記事でも「約束手形」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

約束手形とは何か?約束手形の目的

約束手形とは?

約束手形とは、「主に2社間で、手形を振り出す段階で現金の準備ができない場合に、一定の期日までに手形に記載された額面の支払いを約束する有価証券」のことを指します。

約束手形では、手形を振り出すことで、現金での支払いが延期できるため、主に資金繰りを調整する手段の一つとして利用されています。特に、約束手形の場合は、数カ月先まで支払いが延期できる、という点が他の支払いを延期する手段(売掛金や買掛金など)と異なっています。

 

画像:約束手形とは(暮らしの達人)より

通常、手形を作成した側を振出人とよび、手形を受け取る側を名宛人とよびます。

もし万が一、振出人が発行した手形の支払い期日までに名宛人側に支払いがなかったときは、その手形は「不渡り」という扱いになります。「不渡り」は、約束手形の名宛人側にとって、大きなリスクとなります。

約束手形を現金化するためには、「支払期日まで待つ」のが一般的ですが、リスクを回避するためには、他の手段をとることも可能です。その方法の一つとして挙げられるのが、後に説明する「手形割引を利用する」方法となります。

 

 

約束手形を現金化するには

約束手形を現金化するには

約束手形を現金化するには、次の3つの方法が一般的です。

  • 満期まで待つ方法
  • 手形割引を利用する方法
  • 手形貸付を利用する方法

これらの方法について、内容を確認しておきましょう。

 

満期まで待つ方法

一般的に、手形を現金化する方法として知られているのが「満期まで待つ方法」です。

約束手形に記載されている支払期日が手形の満期日とされており、原則支払期日から3営業日以内に手形を金融機関へ持参することにより、現金と交換することが可能となります。

支払期日は、手形の振出人と受取人との間での合意により決定となりますが、通常振出日から1ヶ月~4ヶ月程度の期間で設定されます。

もし万が一、期日までに支払いが行われなかった場合は、「不渡り」となります。不渡りとなった場合は、手形に記載されている金額の支払いを受けることはできません。

また、6ヶ月の間に2回不渡りを出してしまうと、振出人側には「2年間の銀行利用停止処分」というペナルティが課されてしまいます。

 

手形割引を利用する方法

「手形割引」を利用することにより、受け取った手形を即現金化することが可能となります。

手形割引では、銀行や手形割引の専門業者へ手形を持参し、買い取りを行ってもらうことになります。その際、受け取ることのできる金額は、支払期日までの利息が差し引かれたものとなりますので、注意しましょう。支払期日が長期に設定されているときほど、差し引かれる利息分は多くなります。

なお、手形割引の際には、銀行や専門業者による審査が行われます。審査では、手形の振出人と裏書人の信用度、手形に記載されている金額がきちんと支払われるかがチェックポイントとなります。

本サイトでご紹介している、人気の高い手形割引の専門業者には次のようなところがあります。各業者により、手数料が異なりますので、その点もチェックしてみるとよいでしょう。

手形割引業者の利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

・ アルクレインの手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

・ 東光商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

・ 龍実商事の手形割引とは?その特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説!

 

手形貸付を利用する方法

「手形貸付」は、受け取った約束手形を担保に、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる方法のことを指します。

先に説明した「手形割引」と同様、現金化までのスピードが早いため、手形を即お金に変えたいという場合に向いています。

ただし、指定された期日までに返済ができなかった場合には、金融機関側から追加の融資を受けることが難しくなるなどといったデメリットもあるので注意が必要です。

手形貸付の利用を検討されている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

 

この他、約束手形を現金化する方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

 

約束手形を受け取った際、注意すべきポイント

約束手形の注意点

約束手形を受け取ったときには、次の点に注意をしましょう。

  • 支払い条件が条件とあっているか
  • 手形に必要となる要件が記載されているか
  • 手形の現金化にかかる日数が問題ないか

具体的な注意点について、以下に説明します。

 

支払い条件が条件とあっているか

発注書に記載されている支払い条件(現金と手形の比率、手形の支払期日 等)と照らし合わせ、一般的な条件にあっているかを確認しましょう。

また、以前から継続の取引については、今までの条件から変更がないかをチェックしておきましょう。

 

手形に必要となる要件が記載されているか

以下に挙げる要件は手形に必要となる記載です。これらが手形にもれなく記載されているかどうかを確認しましょう。

  1.  「約束手形」という文言
  2.  受取人、振出人から手形の交付を受けるもの誤記がないかチェック。
  3.  一定の金額を支払う旨(算用数字はチェックライターを使用、漢数字は、手書き可)
  4.  振出日
  5.  振出地
  6.  振出人の署名(社判に捺印、手書きもOK)
  7.  手形の満期日
  8.  支払地(満期日に手形金額が支払される場所)

これらの要件で、一つでももれがあると、無効な手形となりますので注意が必要です。その他、10万円以上の手形には印紙が必要となりますので、忘れないようにしましょう。

 

手形の現金化にかかる日数が問題ないか

手形の現金化には、手形に記載されている期日を含めて3営業日までに銀行に手形を呈示する必要があります。この期間内に手形の呈示が行われなかった場合は決済ができなくなりますので、注意しましょう。

なお、遠方に支払い銀行がある場合は、手形を郵送する必要があるため、余裕をもった依頼を行うようにしましょう。

 

急ぎの資金調達ならファクタリングがおすすめ!

「約束手形は不渡りのリスクが心配…」「確実な資金調達を希望している」と希望されている方にはファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用もオススメです。

「借入の履歴を残したくない」という経営者の方にもおすすめの資金調達方法ですので、該当される方は利用を検討されるとよいでしょう。

 

例えば、今すぐ大型の資金を調達希望されている方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。安定した売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることも可能となっています。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

この他、「資金調達プロ」ではファクタリングについての情報を詳しくご紹介しています。急ぎの資金調達手段として、ファクタリングの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・   経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

・   ファクタリングと電子登録債権の違い

・   資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・   ファクタリングにかかるコスト全容!最小限に抑える秘訣とは

・   あなたは何%?ファクタリングの手数料を抑える4つの要素

・   【完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!

・   【徹底検証】ファクタリングで本当に資金繰りは改善されるのか?

・   ファクタリングで資金調達|ファクタリング4種類の内容を説明!

・   【最新版】ファクタリング徹底ガイド!売掛金で資金調達するメリット&おすすめのファクタリング業者を10社紹介!

 

まとめ

いかかでしたか。本記事では、約束手形の概要と目的、その現金化の方法や現金化における注意点についてご紹介してきました。

近年ではあまりなじみがなくなってきた手形取引ですが、賢く知識を身に着けて、損をしないようにしたいですね。

約束手形を受け取った際は、ぜひこちらでご紹介した内容を参考に手続きを進めてみてください。

 

本テーマと合わせて読みたい関連記事

・ 手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

・ 手形割引業者20選!割引料・割引率がお得でスピードが早いおすすめ業者一覧

・ 手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

・ 約束手形とは?振出人・受取人が知るべきメリットデメリット総まとめ

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

・ 約束手形の書き方100%ガイド!約束手形の見本から記載方法を学ぼう!

・ 【勘定科目】約束手形を振り出したとき&決済された時「仕分」はどうなるの?

・ ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

・ 経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

・ ファクタリングで売掛債権を3日以内に現金化するための6つの手順

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • r******o様が
    500万円を調達しました。

  • i****d様が
    400万円を調達しました。

  • k***n様が
    500万円を調達しました。

  • a******m様が
    600万円を調達しました。

  • f*****a様が
    400万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り4社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング