閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【令和3年最新版】日本政策金融公庫で創業融資を受ける!金利は何パーセント?

日本政策金融公庫 金利

 

日本政策金融公庫の創業融資は、起業を検討している方、また、今まさに起業をされたばかりの方に最適の融資制度です。無担保・無保証で利用できるため、非常に利用しやすい制度となっています。本記事では、日本政策金融公庫で創業融資を受けることを検討している方を対象に、最新の制度の概要や金利情報をご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

【この記事がおすすめできる人】
☑️ 日本政策金融公庫で創業融資を受けることを検討している人
☑️ 日本政策金融公庫で創業融資の内容について確認しておきたい方
☑️ 日本政策金融公庫創業融資の適用金利について知っておきたい方
☑️ 日本政策金融公庫の創業融資以外の検討できるビジネスローンについて知っておきたい方

 

なお以下の記事でも「日本政策金融公庫」について詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせてご覧ください!

 

 

著者情報|資金調達プロ

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

日本政策金融公庫の創業融資とは?

日本政策金融公庫創業融資は、日本政策金融公庫の創業時支援として行われている融資制度の一つです。主に「新規に事業を立ち上げる方」や「事業を立ち上げて間もない方」が利用できる制度となっています。

創業融資を取り扱っているところには、日本政策金融公庫の他、信用保証協会や地方自治体などがありますが、中でも金利に保証料が含まれない点や融資枠の大きさでおすすめの融資制度です。

また、融資を受けるにあたって、担保や保証人の準備ができないという方であっても、問題なく融資を受けることができます。

なお、この創業融資は、日本政策金融公庫の他の融資制度(新規開業資金・女性、若者/シニア起業家支援資金 等)と組み合わせて利用する形となります。

 

 

日本政策金融公庫創業融資の概要

日本政策金融公庫の創業融資は、「新規事業を立ち上げる方」や「事業を開始してそれほど時間が経過していない方」が無担保・無保証人で利用できる融資制度です。

具体的には、以下の条件が利用にあたっての条件とお考えいただくとよいでしょう。

 

創業融資

利用できる方

次に挙げるすべての条件に該当する方

 

① 創業の要件

  • 新規事業を始める方
  • 事業開始後税務申告を2期終えていない方

② 雇用創出等の要件

  • 雇用の創出を伴う事業を始める方
  • 現在勤務中の企業と同じ業種の事業を始める方
  • 産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める方
  • 民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める方等)

③ 自己資金要件

  • 新たに事業を始める方
  • 事業開始後税務申告を1期終えていない方で、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金を確認できる方

 

資金使途

新規事業を始めるため、または事業開始後に必要とする設備資金および運転資金が対象となります。

 

融資限度額

3,000万円(うち運転資金1,500万円)が上限となります。実際の限度額は審査により決定となります。

 

返済期間

併用する制度の返済期間が適用されます。

例えば、「女性、若者/シニア起業家支援資金」と併用して利用する場合は、返済期間として、設備資金:20年以内、運転資金:7年以内と設定されます。

また、返済を猶予してくれる据置期間が設定される制度もありますので、創業時には利用しやすい制度となっています。

 

担保・保証人

担保・保証人は原則不要となります。そのため、万が一、事業がうまくいかず倒産をしてしまった場合でも、返済の必要はありません。

なお、融資にあたっての詳細について確認したい場合は、日本政策金融公庫の各支店窓口で相談を受け付けていますので、ぜひご利用ください。

 

参考サイト:新創業融資制度(日本政策金融公庫)

 

 

日本政策金融公庫創業融資の適用金利

日本政策金融公庫の創業融資は、以下の金利が適用されます。原則、無担保・無保証人で利用できる制度となっているため、他の融資制度と比較して若干高めの金利設定となっています。

ただし、信用保証協会や地方自治体の融資制度とは違い、保証料を別途支払う必要がありません。

 

新創業融資制度(無担保・無保証人)の適用金利

基準利率特別
利率A
特別
利率B
特別
利率C
特別
利率E
特別
利率J
特別
利率P
2.51

2.80
2.11

2.40
1.86

2.15
1.61

1.90
1.11

1.40
1.46

1.75
2.31

2.50

(令和元年6月3日現在、年利%)

 

特別利率とは、略して「特利」と呼ばれているもので、利用者の起業の背景と事業の属性から決定されます。特別利率は、基本となる基準金利と比較して低金利な設定となっています。

どの金利が適用されるかは、資金使途や融資期間、申込人の属性が関係すると考えておくとよいでしょう。

なお、実際の適用金利は、審査通過後に決定されますので事前に知ることはできませんが、原則基準金利が適用される場合が多くなっています。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫創業融資と合わせて検討したいビジネスローン

日本政策金融公庫の創業融資は、審査等に時間を要するため、急ぎでの資金調達を希望する方に対しては不向きな面もあります。

そのため、創業融資と合わせて専門事業者のビジネスローンの検討もおすすめしています。

ここでは、資金調達プロでもおすすめしているビジネスローンについて、いくつかご紹介をしておきたいと思います。

ビジネスローン

ビジネスローン① アイフルビジネスファイナンス ビジネスローン

アイフルビジネスファイナンスのビジネスローンは、個人事業主や中小企業の方に「口コミ評価」の高いビジネスローンです。

その理由として、「来店不要でネットから申し込み可能」「最短3日でのスピード融資」「最大1,000万円までの融資が可能」という点が挙げられます。

創業直後でも融資を受けられるため、「なるべく早くスタートアップ資金を準備したい」という方にもおすすめしたい商品となっています。

 

ビジネスローン① アイフルビジネスファイナンス ビジネスローン 

 このビジネスローンの特徴アイフルグループのビジネスローン専門事業者。来店不要で申込みから契約まで完結。

無担保・無保証での借入が可能。

 融資スピード最短3営業日
 融資額50万円~1,000万円
 年率年3.1%~18.0%
 融資対象条件 法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 必要書類●法人
代表者本人確認書類、決算書 等
●個人事業主
本人確認書類、確定申告書、所定の事業内容確認書 等
 借入方法電話、提携銀行、提携ATM

参考サイト:ビジネスローン(アイフルビジネスファイナンス)

 

ビジネスローン② MRF 「長期間元金据置プラン」

MRFは福岡市に拠点を置く、事業資金専門の金融事業者です。

最大3億円までの融資が可能な「長期間元金据置プラン」では、担保となる不動産を提供することで融資が可能となります。

国家資格を有する営業マンや訪問サービスなどといった充実したサービスで、急な資金調達にも対応できる体制をとっている点もうれしい限りです。

 

ビジネスローン② MRF「長期間元金据置プラン」

 このビジネスローンの特徴西日本エリアに幅広く展開する専門事業者。

融資額の高さと金利の低さが魅力のビジネスローン。

 

 融資スピード最短1週間
 融資額100万円~3億円
 年率年4.00%~9.90%
 融資対象条件 法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 必要書類●申込時
運転免許証、健康保険証等ご本人を証明するもの2点
不動産登記簿謄本
公的な営業許可証又は届出書
事業実績を証する書類[決算書・青色申告書・確定申告書・納税証明書、資金繰り計画等の書類など]
残高証明書(または返済予定表と引落通帳)
●契約時
権利証
実印
印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
 担保土地・建物に根抵当権設定
 保証人連帯保証人原則不要(※法人企業は、代表者の連帯保証が必要な場合あり)

参考サイト:MRF(公式サイト)

 

ビジネスローン③ ビジネスパートナー スモールビジネスローン

ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」は、インターネット&郵送でのやり取りで契約・融資までが可能なビジネスローンです。

ローンカードが利用できるため、24時間365日、セブン銀行のATMを利用して借入・返済が可能です。

また、担保・保証人や利息を除く手数料が一切不要となっているのも、利用しやすいポイントの一つといえるでしょう。

 

ビジネスローン③ ビジネスパートナー スモールビジネスローン 

 このビジネスローンの特徴来店不要で契約可能。

カードタイプなので、提携先金融機関ATM(セブン銀行)で借入や返済が可能。

 融資スピード最短翌営業日
 融資額50万円 〜 500万円
 年率年9.98% 〜 18.0%
 融資対象条件 法人または個人事業主
※申し込み時年齢 満20歳~満69歳まで
 必要書類●法人
代表者の本人確認書類、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)、印鑑証明書(法人・個人のもの)、決算書(原則直近2期分)等●個人事業主事業主本人確認書類、印鑑証明書(個人のもの)、確定申告書(原則 直近2年分)、所定の借入計画書 等
 借入方法銀行振込、提携ATM

 

参考サイト:スモールビジネスローン(ビジネスパートナー)

 

※なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2021年最新版】

 

ビジネスローン④ ビジネスローン エール500(日本保証)

日本保証のビジネスローン「エール500」は、「これから事業を始める方」や「事業をはじめて間もない方」でも利用可能な商品です。

大手金融グループの傘下企業でもあるため、「今までビジネスローンの利用経験がない…」という経営者の方でも安心して利用できるビジネスローンといえるでしょう。

なお、申込みから最短数日での融資が可能となっているため、急ぎでの資金調達を希望される方にもおすすめしたい内容となっています。

 

ビジネスローン④ ビジネスローン エール500(日本保証)

 このビジネスローンの特徴中小企業を対象にしたビジネスローン。

大手金融グループ「Jトラスト」傘下の事業者であるため、安心感が高い。

 融資スピード最短数日
 融資額50万円 〜 500万円
 年率年9.8% 〜 18.0%
 融資対象条件 法人または個人事業主
 必要書類
  • 本人証明書類(免許証・健康保険証・住民票・パスポート等)
  • 決算書等事業に関する資料
  • 商業登記簿謄本(法人の場合)
  • 印鑑証明書・実印
 借入方法銀行振込

 

参考サイト:ビジネスローン エール500(日本保証)

 

ビジネスローン⑤ オリックスVIPローンカードBUSINESS オリックス・クレジット株式会社

オリックス・クレジットのビジネスローン「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は、「融資まで来店不要」「最短即日での融資が可能」と、忙しい経営者の方にぴったりのビジネスローンです。

カードタイプのビジネスローンとなっているため、コンビニや提携金融機関でのスムーズな資金調達もOK。必要なときに必要な額だけ融資を受けることも可能となっています。

 

ビジネスローン⑤ オリックスVIPローンカードBUSINESS

 このビジネスローンの特徴申し込みから融資まで、来店不要で完結。スピーディーな融資もうれしい。

低金利で、月々の返済負担も少ない。

 融資スピード最短即日
 融資額500万円・400万円・300万円・200万円・100万円・50万円の6コース
 年率年6.0%~17.8%
 融資対象条件20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。

  • 業歴1年以上の個人事業主の方。
  • 法人格を有する事業の代表者の方
 必要書類申込者本人確認書類、所得証明書(年収を証明するもの)
 借入方法銀行振込、提携ATM

 

参考サイト:オリックスVIPローンカードBUSINESS

 

ビジネスローン⑥ ビジネスローン(ユニーファイナンス)

名古屋市に拠点を置くユニーファイナンス。

主に個人事業主の方を対象としてビジネスローンを提供しています。

カードローン形式となっているため、提携金融機関であるプロミスATMを利用することにより、いつでも必要な額の資金調達がOKとなっています。

なお、原則最大200万円までの融資となりますが、有価証券を担保とすることにより最大1,000万円までの借入も可能となります。

 

ビジネスローン⑥ ビジネスローン(ユニーファイナンス)

 このビジネスローンの特徴東海地方を中心に事業展開する金融事業者。

提携金融機関(プロミス)のATMを利用して、借入・返済が可能。

 

 融資スピード最短即日
 融資額最大200万円

※有価証券担保により最高1000万円までの借入が可能

 年率年12.0%~17.95%
 融資対象条件自営業の方で満23歳以上、満70歳未満の定期的な収入と返済能力のある方
 必要書類
  • 運転免許証または健康保険証、所得証明等
  • その他身分証明書の場合は2点以上
 借入方法銀行振込、提携ATM

 

参考サイト:ビジネスローン(ユニーファイナンス)

 

ビジネスローン⑦ 楽天スーパービジネスローン 楽天カード

楽天カードが提供する「楽天スーパービジネスローン」は、楽天市場に出店されている店舗を有する企業および個人事業主の方が利用できるビジネスローンです。

最短即日で最大3,000万円までの融資を、無担保・無保証人で受けることが可能となっています。

 

ビジネスローン⑦ 楽天スーパービジネスローン

 このビジネスローンの特徴楽天市場に出店されている店舗向けのビジネスローン。

資金使途は自由で、最大3,000万円までの融資を受けることができる。

 融資スピード最短即日
 融資額50~3,000万円
 年率年3.0%~15.0%
 融資対象条件楽天市場に出店されている店舗を有する企業および個人事業主の方
 必要書類●法人

代表者本人を確認できる書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)

●個人事業主

代表者本人を確認できる書類、確定申告書原則2期分

 借入方法銀行振込

 

参考サイト:楽天スーパービジネスローン(楽天カード株式会社)

 

ビジネスローン⑧ しずぎんビジネスクイックローン

静岡銀行の営業区域内で事業を行っている方向けのビジネスローン「しずぎんビジネスクイックローン」。

法人・個人事業主いずれの場合でも申込みが可能な商品です。

最大融資金額が最大500万円と、他のビジネスローンと比較して低めに設定されていますが、最短数日でのスピーディーな融資が可能なため、急ぎでの資金調達を希望されている経営者の方にはおすすめしたい商品となっています。

 

ビジネスローン⑧ しずぎんビジネスクイックローン

 このビジネスローンの特徴静岡銀行の営業区域内で事業を営んでいる方向けのビジネスローン。

仮審査の結果は、最短即日で回答可能。

 

 融資スピード最短2~3営業日
 融資額50~500万円
 年率法人:年4.0%~14.9%

個人事業主:年5.0%~14.9%

 融資対象条件
  • 静岡銀行の営業区域内で事業を営んでいる方(静岡県・東京都・神奈川県・愛知県・大阪府)
  • 静岡銀行に普通預金、または当座預金をお持ちの方(同時申込みも可)
  • 申込時の連帯保証人予定者の年齢が満20歳以上満70歳未満かつ完済時満76歳未満の方
 必要書類●法人

履歴事項全部証明書(3ヶ月以内に作成されたもの)、
連帯保証人の運転免許証および保険証

●個人事業主

印鑑(銀行お届け印)、運転免許証またはパスポートなど当行所定の本人確認書類、確定申告書等の年収確認資料(融資金額が300万円を超えない場合は不要)。

 借入方法銀行振込、提携ATM(個人事業主のみ)

 

参考サイト:しずぎんビジネスクイックローン

 

事業計画書の作成に時間を要する場合は、ビジネスローンの利用もおすすめ!

 

日本政策金融公庫の創業融資は、審査に1ヶ月程度の時間を要するほか、事業計画書の念入りな作成も必要です。その理由として、融資審査通過にあたって、「創業計画書の内容」が重要な位置づけを占めていることが挙げられます。

 

「とにかく急ぎで資金調達を受けたい!」という方にとっては、事業融資専門業者が取り扱っているビジネスローンの利用がおすすめです。例えばアイフルビジネスファイナンスのビジネスローンのビジネスローンやオリックスVIPローンカードBUSINESSMRFの「長期間元金据置プラン」などは「ネット申込」が可能、即審査してもらうことができ、正式契約時に来店の必要なども不要。事業立ち上げ時の忙しい経営者の方にもぴったりです。

 

『最短1日』での資金調達も可能な商品もありますので、「事業計画書の作成に時間がもう少しかかってしまう…でも事業に必要な資金もすばやく手に入れたい」とお悩みの経営者の方は、ビジネスローンの検討もおすすめします。

 

まとめ

 

今回は日本政策金融公庫の創業融資について、その概要や金利等のご紹介をしてきました。他の融資制度と比較して「融資枠が大きく」「無担保・無保証人で利用できる」といったメリットも多い日本政策金融公庫の創業融資制度を上手に活用してみてくださいね。

 

また、日本政策金融公庫の創業融資利用のために重要となる、事業計画書の作成に時間を要する場合は、本記事でご紹介した人気のビジネスローンの利用を検討されることもおすすめします。

 

本記事のまとめ
☑️ 創業時には、日本政策金融公庫の新創業融資制度を上手に活用しよう!
☑️ 日本政策金融公庫の新創業融資制度は、融資枠の大きさや無担保・無保証人などメリットの大きな制度!
☑️ 事業計画書の作成に時間を要する場合は、ビジネスローンの利用も検討しよう!

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫の関連記事

 

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資|KOUKO.GUIDE

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫国の教育ローン

融資制度一覧|日本政策金融公庫

各種書式|日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の店舗案内

Googleニュース|日本政策金融公庫

 

この記事を書いた専門家

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

著者:資金調達プロ編集部

 

2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

 

 

【資金調達プロ】YouTubeチャンネル


資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram

□ 資金調達プロのFacebook

□ 資金調達プロのnewspicks

□ 資金調達プロのAmebaブログ

□ note|資金調達プロ

 

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集

ビジネス関連|ニュースサイト一覧

労働問題の解決に役立つサイト一覧

上場・IPO・証券取引関連情報

お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧

公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧

中小企業・起業に役立つサイト一覧

官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫

クラウドファンディング協会

信用保証協会

日本信用情報機構(JICC)

CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

全国の銀行一覧|都市銀行、地方銀行、ネット銀行

金融庁

中小企業庁

日本弁護士連合会

フリーランス協会

一般社団法人 全国銀行協会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人日本クレジット協会

JCCA 日本クレジットカード協会

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

日本政策金融公庫

 

にほんブログ村 経済ブログへ

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

公的融資制度の関連記事(93件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,401件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる