起業したい20代のアナタに!コワーキングで会社設立する方法【2022年最新ビジネスニュース】

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/1/4

起業したい20代のアナタに!コワーキングで会社設立する方法【2021年最新ビジネスニュース】  NEW!(令和元年最新版)

起業したい

「起業したい!」という思いがあっても、お金や場所、時間の問題で起業を断念する人は多い。

 

しかし、複数の仲間でオフィスをシェアする方法やコワーキングの方法であれば、ひとりで起業するよりもハードルは低く、若者やシニア層でもカンタンに会社が設立できるのでオススメだ!

 

本記事では、コワーキングの方法で「起業するメリット」について紹介しよう。

 

 

起業したい!あなたにおすすめの「コワーキング」とは?

 

コワーキング(Coworking)は、複数の仲間とオフィスや事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースを共有する「共働ワークスタイル」のこと。通常、起業をするにあたってオフィスを準備する必要があるが、コワーキングであれば「共有スペース」で作業をするものの、同一の団体には雇われることもなく自由に起業ができる。

 

また個人でオフィスを構えるよりもコストが掛からず、価値観の合う者同士のグループ内で、社交や懇親が図れる働き方として国内はもちろん、海外でも多く取り入れられている「新しい時代の働きから」だ。実際に都内や全国の地方都市、人口の少ない村にもコワーキングスペースは次々オープンしている。

 

コワーキングで起業するメリット

 

コワーキングで起業するメリットは、フリーランスが抱える「孤独」を解消し、異業種の仲間とオフィスを共有し、ひとつのコミュニティを創り上げる喜びにある。

 

実際、コワーキングの場がきっかけで、新しいプロジェクトが生まれたり、経営者同士がコラボレーションをして事業を始めるケースも少なく無い。

 

コワーキングスペースとレンタルオフィスの違い

 

起業をするにあたって、コワーキングスペースとレンタルオフィスの「どちらにすべきか」迷う人は少なく無い。

 

コワーキングスペースは(前述の通り)複数の仲間と作業スペースを共有する方法だが、レンタルオフィスの場合は、個人が事務所やオフィスを借りるので「コワーキング」とは違った方法だ。

 

また「シェアオフィス」という方法もあるが、シェアオフィスとコワーキングスペースにも違いがある。コワーキングスペースは「コミュニティ育成」を重要視する傾向が強いのに対し、シェアオフィスは単に、ひとつのオフィスを複数の利用者がシェアして使うという意味合いが強く「コミュニティ育成」などの意向は少ない。

 

つまり、シェアオフィスやレンタルオフィスは「オフィスを安価で借りるため、ひとつのオフィスを借り入れる」行為であり、コワーキングスペースはより「交流」やコミュニティ育成に力をいれた働き方として分けることができる。

 

⇩ 本テーマは、記事後半に続きます!


 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

コワーキングスペースを気持ちよく使うためのルール

 

コワーキングスペースでは、各自が起業することもできれば、コワーキングスペースで出会った仲間同士でひとつの会社を設立することも可能だ。多種多様な働き方の確立に伴って生まれたコワーキングスペースだから、働き方や起業の仕方も自由。一般的「会社」にある、堅苦しさや決まりも一切ない。

 

その分、仲間同士においてオフィスの使い方や「作業の進め方」には、一定のルールを設けておきたい。マナーの悪い利用者がいれば、職場の雰囲気も悪くなるし、コワーキングスペースでもめ事が起こると「収束」に向けて長く話し合いの時間を持つことになる。

 

コワーキングスペースは「小さな社会」であることを忘れずに。皆が気持ちの良い状態で働けるよう、ひとりひとり協力し合うことが重要だ。

 

起業に役立てたい!コワーキングスペースの活用法

 

これはレンタルオフィス、シェアオフィスも同じだが、コワーキングスペースの中には、法人登記できる場所がある。

 

法人登記できる場所があれば、賃貸でオフィスを借りるよりも資金は掛からず、少ない予算で「法人化」の夢が叶う。

 

コワーキングスペースで登記をする場合の注意点

 

ただし、一点だけ注意したいのは「共有スペースやレンタルオフィス」では、法人としての信用度は薄いということ。法人設立の手続きでは、法務局に「本社所在地」を登録する流れとなるが、レンタルオフィスの場合、同じ住所にいくつもの企業が登録するため「本社が乱立している」という複雑な状態となる。

 

このため銀行によっては(企業の信頼度が確認できないなどの理由で)法人口座の開設を断るケースがあるという。

 

起業の資金調達なら【資金調達プロ】にお任せ!

 

起業でお金が足りない、創業資金が足りず「法人化できない」というアナタには、資金調達プロの無料サービスをおすすめしたい。

 

 

資金調達プロでは、資金調達可能か「10秒」で診断できるサービスや、自分にとってピッタリの借入の方法、おすすめのローンを紹介している。起業したい、独立したい方は、今すぐ「資金調達プロ」をチェックしよう!

 

コワーキングと併せて検討したい、複数の方法による資金調達

 

今回は、コワーキングについて紹介をしたが、個人事業主や中小企業経営者におすすめなのは「いくつかの資金調達法」をミックスして、活用することだ。

 

たとえば、運転資金などの「事業資金」がショートしないためには、以下の方法も積極的に取り入れてみてほしい。

 

【中小企業経営者個人事業主におすすめの資金調達法】
・ 日本政策金融公庫からの借入
・ 信用保証協会を通じた借入
・ 自治体の補助金や助成金
・ ファクタリング
・ 金利が低い銀行ローン
・ 金利が低いビジネスローン

 

ひとつの資金調達法では、心細いかもしれないが、いくつかの方法をミックスすることで、融資決定までの「時間のロス」も無くし資金不足はスムーズに解決できる。

 

資金不足で悩む前に、まずは「安全材料」をひとつでも多く準備するようにしたい。なお、上の中で最も融資可決までの時間が短いのは「ファクタリング」と、「ビジネスローン」だ。

 

日本政策金融公庫からの借入や、信用保証協会を通じた借入、自治体の補助金や助成金については、手続き開始から1カ月〜2カ月の時間は見ておく必要がある。

 

また、銀行融資の場合も手続き開始から1週間〜最長1カ月程度「審査にまで時間が掛かる」ことがある。

 

特に使途が事業資金の「ビジネスローン」においては、融資をする金額も大きいため審査回答までに時間を要する。

 

これに対し、ファクタリング、金利が低いビジネスローンはわずか1日〜3日以内に結果が出るので安心だ。

■ ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

 

このため「資金調達」をお急ぎの方は、まず審査の速いビジネスローンや、ファクタリングの利用をオススメしたい。

 

■ アイフルビジネスファイナンス

■ しずぎんビジネスクイックローン

東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

 

またビジネス以外の借入については(例:生計費など)、プロミスやSMBCモビット、アコムなどのカードローンを利用する人も多い。

■PROMISE(プロミス)

■アコム

■SMBCモビット

 

ビジネスと生計費を上手に使い分けるようにすれば、お金の流れもスムーズになるので、良ければ試してみて欲しい。

 

コワーキングの専門家、資金調達プロでは起業資金の最新ニュースを紹介!

 

コワーキングや起業の専門家も集まる「資金調達の情報サイト」資金調達プロでは、創業融資に関する最新情報をはじめ、個人事業主や中小企業経営者が資金を調達するのに役立つ情報を毎日更新している。

 

最新ニュースは、資金調達プロ公式Twitterにて毎日更新中! 資金繰りでお困りの方はぜひ、資金調達プロ公式サイトと併せてチェックしてみてほしい!

 

(資金調達プロ編集部)2019年 5月20日配信


この記事を書いた人

 

この記事は、資金調達プロの金融Webライターの私Tommyが担当をしました。資金調達プロでは、主にお金にまつわる記事(お金を稼ぐ、副業、クレジットカード、カードローン、ビジネスローン他)を書いています。Twitterもやっていますので、ぜひ新着記事もチェックしてくださいね。

 

資金調達プロTommyのおまとめローンオススメ記事

【2021年最新】お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ)

【最新2021年】おまとめローンとは?返済でお困りのアナタにおすすめ!低金利おまとめローン26選

【最新2019】楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

【最新2021年】アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードが誰でも申し込めるってホント?AMEX全13枚を比較

【保存版】お金を稼ぐ方法50選!副業にもオススメ、ネットやスマホでお金が稼げる世界一カンタンな方法!

【2021年最新】プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

 

資金調達プロのアカウントはこちら⇒ 資金調達プロ(Twitter)

 

 


資金調達プロの人気記事ランキングBEST10!

資金調達プロで人気の記事BEST10はコチラ!

 

01位:【2021年最新版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!

02位:【2021年2月最新版】個人投資家ブログ80選!一番儲かっている国内&海外投資家ランキング

03位:【保存版】銀行融資徹底ガイド!元金融機関のプロが伝授、銀行融資の審査を通す9のコツ

04位:【2021年最新版】借用書のテンプレートひな形10選!個人・法人でもお金を貸すときに使える金銭消費貸借契約書のサンプル

05位:ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

06位:【2021年最新】日本政策金融公庫で融資を受けるメリットとデメリット総まとめ!

07位:【2021年最新版】プロパー融資とは銀行が直接融資を行う仕組み!事業資金の調達にも活用可

08位:エンジェル投資家とは?個人投資家から出資を受ける5つの秘訣とメリットとデメリット【2021年最新版】

09位:【2019年完全保存版】事業計画書の書き方100%ガイド!担当者に必ず響く事業計画書の作成方法&テンプレート

10位:【2021年最新】資金集め100%ガイド!ネットで資金集め&ネットで稼げるサイトを徹底解説

 

 


オススメの資産運用|不動産投資で1億円オーナーになろう

 

不動産投資に興味がある方、アパート経営やマンション経営に興味があるものの「資金が足りない」という方や、「どの不動産業者に依頼すれば良いのか分からない」という方には、最適な不動産会社と経営プランが一括見積もりできるOh!Ya(オーヤ)の利用がオススメです。

Oh!Ya(オーヤ)なら「希望条件」を入力するだけで、みなさんにふさわし不動産会社と経営プランが一括検索できます。不動産投資を今すぐ始めたい方、自己資金0円でアパート経営、マンション経営を始めたい方は、今すぐ下のリンクをクリックしてください。

 

⇒ 自己資金0円から始めるアパート・マンション経営!最適な不動産会社と経営プランが一括見積もりできるOh!Ya(オーヤ)

 


最新ニュースはTwitterで配信中!

 

資金調達プロではTwitterで、最新の「資金調達ニュース」や資金調達情報をアナウンスしています。

 

 

個人事業主や中小企業経営者の方、起業資金が必要な方はぜひ「資金調達のアカウント」をフォローしてくださいね!

 


本記事と合わせて読みたい!オススメ記事

この記事と合わせて読みたい「資金調達プロ編集部」おすすめの記事をご紹介します!

・ 起業資金の調達方法9選!借入・出資などメリット・デメリット完全比較

・ 【保存版】あなたもスグに会社設立できる!5つの手順で起業し1週間で社長になるためのパーフェクトガイド

・ 【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・ 中小企業が融資を受けるには?様々な資金調達方法を確認してみよう!

・ 【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

・ 2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

・ 【2021年最新版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!(2018年更新)

・ IT・WEB系の起業家&個人事業主にオススメの資金調達方法と助成金10選!

・ 【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

・ 制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

・ 【2019年完全保存版】事業計画書の書き方100%ガイド!担当者に必ず響く事業計画書の作成方法&テンプレート

・ 【保存版】あなたもスグに会社設立できる!5つの手順で起業し1週間で社長になるためのパーフェクトガイド

・ 【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

・ 【保存版】創業融資の審査を通す5つのコツ!あなたも無担保で3000万円借入出来る

・ 【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・ 地方で起業するメリット・補助金と助成金を活用した資金調達のコツ6つ

・ 55歳~65歳以上の方必見「シニア起業家支援資金」を活用し、会社を設立しよう!

・ 【起業家向け】経営に必要な資金調達はこれだ!必ず役立つ基礎知識10選

 

 


資金調達インフォメーション

 

「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 


資金調達プロのファクタリング「10秒」無料診断

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ShikinPro News All Rights Reserved


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • k***n様が
    500万円を調達しました。

  • a******m様が
    600万円を調達しました。

  • f*****a様が
    400万円を調達しました。

  • a****j様が
    400万円を調達しました。

  • h**k様が
    700万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り5社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング