閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【最新2020年8月版】おまとめローンとは?おまとめローンで借金を借換するメリット!

【最新2020年8月版】おまとめローンとは?おまとめローンで借金を借換するメリット! NEW!

おまとめローンとは

『おまとめローン』で、複数ある借入を一本にまとめてみませんか? 例えば3社で計100万円の借入がある方は、より低金利で利用枠の大きなローン(=おまとめローン)を利用することで、今抱えている借入を一本化し「返済総額」もグッと圧縮することができるでしょう。私Tommyがおまとめローンのメリットや活用法、今オススメのおまとめローンについてご紹介します!

 

***

この記事は、資金調達プロ『お金の専門家』Tommyが作成しました。

資金調達プロ

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

 

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

【最新記事】起業家必見!Googleがスタートアップを東京で支援!新たなビジネスへの可能性をGoogle Startups Campusで掴もう NEW!

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

おまとめローンとは?

 

おまとめローンは複数の借入を一本にするローンのことで、カードローン会社によっては「おまとめローン」のほか、借り換えローン、総量規制対象外のローン、貸金業法に基づくおまとめローンなど、さまざまな呼び方があります。

 

おまとめローンの呼び方

・ おまとめローン
・ おまとめ専用ローン
・ 借り換えローン
・ 貸金業法に基づくおまとめローンなど

 

クレジットヒストリーをよくすると何が良いの?

 

クレジットヒストリーとは、金融機関で審査を行う際、チェックされる『信用情報』のことです。カード社会を生きていく上で、クレジットヒストリーを良くするのは、何より大切なことです。

 

信用情報には、みなさんがいままで利用したクレジットカードの利用履歴、カードローンの借入や返済記録をはじめ、申し込み者の氏名や年齢や住所といった基本情報から、職業、勤続年数、家族構成、住まいの形態(持ち家か賃貸か)なども全て、信用情報に登録されています。

 

信用情報の種類

・ 個人を特定するための情報
・ 個人の属性
・ 信用情報の使用履歴
・ 本人の申告情報

 

例えば、スマートフォンを分割で購入する際「審査」が行われますよね? これは、分割で購入する際「きちんと返済能力があるか」どうか、信用情報機関のデータを確認しているのです。

 

同じようにクレジットカードやカードローンの契約では「この人にお金を貸しても返済してくれるのか」過去の情報を元に、審査を行っています。こうした情報を信用情報(=クレジットヒストリー)と言い、クレジットヒストリーが良い人は審査が通りやすくなります。

 

また、返済が出来ていない、遅延がある、過去の債務整理をした等の人は「クレジットヒストリーが悪い」とみなされ、クレジットカードの契約や各種ローン審査で否決(=審査が通らないこと)されてしまいます。

 

クレジットヒストリー

 

メモ|衝撃を呼んだ「破産者マップ」のその後

 

2019年3月、世間を震撼させる「サイト」が立ち上がりました。その名は破産者マップ。なんと官報に掲載された破産者の情報を地図上に落とし込んだ無料のサイトを何者かが作成・ネット上に立ち上げたのです。

 

問題のサイトは2018年12月に開設、その後2019年3月中旬頃まで「誰でも閲覧できる」状態だったというのですから驚きです。

 

官報に掲載された自己破産者らの氏名や住所を地図上に落とした無料のウェブサイト「破産者マップ」が閉鎖された。昨年12月から4カ月にわたり公開されていたが、「プライバシーの侵害だ」などと当事者や弁護士から批判が相次ぎ、政府の個人情報保護委員会も閉鎖するよう行政指導した。当事者からは運営者を特定し、損害賠償訴訟の動きもある。

2019年3月22日|朝日新聞掲載記事より一部抜粋

 

破産者マップは、弁護士や破産者たちの「厳しい処分を求める」声によって閉鎖に追い込まれ、2019年3月19日には無事閉鎖されることとなりました。しかし、破産者の受けた心の傷は未だに癒えないはずです。

 

官報で誰もが閲覧できるとは言え、個人の破産状況を「ネット上に上げる」というのは卑劣な行為であり、信用情報の扱いについて考えさせられる事件でもありました。

 

おまとめローンの種類

 

おまとめローンの種類は、大きく5つに分類できます。

 

おまとめローンの種類

① おまとめ専用ローン
② 低金利フリーローン
③ 銀行のフリーローン
④ 来店不要のフリーローン
⑤ 借り換え限度額が大きなフリーローン

 

①のおまとめローンは「おまとめ専用」のローンです。

 

対する②〜⑤のローンは、おまとめ目的で利用できるフリーローンです。フリーローンとは「使途自由」なローンのことで、低金利ローンや融資枠の大きなローンを活用し、おまとめローンとして使うことができます。①〜⑤の区分について、より詳しく説明しましょう。

 

① おまとめ専用ローン(借り換えローン)

 

おまとめローンという名称のほか、借り換え専用ローン、貸金業法に基づくおまとめローンなどの名称で、融資が行われています。

 

例えば、東京スター銀行の「おまとめローン」やアイフルの「おまとめMAX」、プロミスの「貸金業法に基づくおまとめローン」などは、①のおまとめ専用ローンに分類されます。

 

② 低金利フリーローン

 

一般的なローンよりも金利が低いローンがあれば、複数ある借入をまとめるのに向いています。低金利ローンは銀行のほか、信販会社、消費者金融で利用できます。

 

③ 銀行のフリーローン

 

銀行のフリーローンは、低金利なものが多いのですが、とりわけ「ネット銀行のローン」は低金利でおまとめをするのに向いています。

 

④ 来店不要のフリーローン

 

来店不要のフリーローンとは、ネットだけで申し込みや融資が完結するローンのことです。銀行や消費者金融のローンは、来店不要(ネット完結型)ローンが多いです。

 

⑤ 借り換え限度額が大きなフリーローン

 

銀行カードローンは、消費者金融よりも利用枠が大きく、フリーローンでも「おまとめローン」として利用できます。

 

このほか、不動産担保を使ったローンは利用枠が大きく、使途自由なのでおまとめローンとして使う方が多いです。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

図解で分かるおまとめローン

 

おまとめローンを分かりやすく図で説明しましょう。

 

おまとめローンとは?

 

このように、おまとめローンを利用すれば、複数の借入が一本にできるのはもちろん、信用情報など「クレジットヒストリー」を良くするのにも役立ちます。

 

おまとめローンと総量規制

 

おまとめローンや借り換えローンは、『総量規制対象外』として融資が行われます。このため、年収3分の1以上の借入がある方でも(原則)おまとめローンの契約が可能です。

 

総量規制とは?総量規制(そうりょうきせい)は2006年12月に改正、2010年6月に完全施行された法律で、消費者や事業者が健全に借入ができるよう設けられた「お金のルール」です。総量規制は年収の3分の1を超える貸付けが原則禁止されており、クレジットカードのキャッシング、カードローンのキャッシングなども総量規制の対象です。

 

総量規制外のおまとめローンを利用すれば、これまで融資が利用できなかった人も「負債を減らす」目的で、新たなローン契約が結べます。

 

総量規制については、下のページで全条項・全文が閲覧できます。

 

参考リンク:貸金業法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

 

おまとめローンの返済方法

 

おまとめローンの返済方法は、銀行口座からの振替、提携ATMでの返済、金融機関からの振込、オンラインでの返済など、さまざまな方法があります。

 

おまとめローンの返済方法

口座振替で返済
キャッシュカードで都度返済
ネット上で返済
金融機関から振り込みで返済

 

利用するおまとめローンの「利用条件」をよく読んで、毎月決められた「返済日」までに支払いを済ませましょう。

 

フリーローンを使った「おまとめ」

 

銀行、信販会社、カードローン会社のフリーローンを「おまとめローン」として使うことができます。

 

利用枠が大きい、金利が低い、借り換えで債務が抑えられるといったローンがあれば、フリーローンを「おまとめ目的」で使ってみましょう。

 

フリーローンは総量規制の対象となりますが、年収3分の1を超えない範囲であれば、自由に借入・返済ができます。

 

なお年収3分の1以上の借入を抱えている方は、総量規制対象外のローンとして「貸金業法に基づく借り換えローン」やおまとめ専用ローンを利用しましょう。

 

おまとめローンのメリット

 

おまとめローンのメリットは、これまで複数に分けて返済していた借入が「一つ」にまとまることです。本記事の冒頭(図解)でも説明をしましたが、借入先が一つになれば複数の利息がひとつになり、返済の相手も一社になるのでお金と時間の節約になります。

 

おまとめローンのメリット

返済の窓口が一つになる手間が省ける
クレジットヒストリーをよくする効果あり
返済総額が減らせる可能性大!

 

また、おまとめローンの多くは「総量規制対象外のローン」として融資を行っているため、借入件数が多くなってしまった方でも「ローン契約をし債務を減らすチャンス」があります。

 

信用情報やクレジットヒストリーを良くする意味でも、おまとめローンを利用するメリットは大きいでしょう。

 

おまとめローンのデメリット

 

おまとめローンのデメリットは、契約後(完済をするまでは)新たな借入ができないという点にあります。

 

おまとめローンのデメリット

新たな借入はできない
完済までに新たな債務を増やすと、これまで以上に大きな借入ができてしまう
気が大きくなり、借金をするくせがつく

 

また万が一、契約できたとしても「おまとめローン利用中」に新たな債務を増やしては、これまで以上に大きな借金を抱えることになり、大変危険です。

 

おまとめローンを利用した後は、債務が0になるまで返済に専念しましょう。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

おまとめローンと債務整理の違い

 

おまとめローンは、本記事で紹介した通り複数の借入を「一つにまとめる」ためのローンです。

 

これに対し債務整理(さいむせいり)は、債務を整理するための手続であり、具体的にはローン会社と交渉を行い、借金を減額したり利息を引き下げてもらったり、支払時期を延期するなどの方法を意味します。

 

なお過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産などもすべて「債務整理」に含まれます。

 

債務整理の種類

過払い金請求利息制限法の上限金利を超えて、払いすぎた利息を取り戻す権利のこと。
任意整理貸金業者に利息の引き下げや債務額全体を減らすよう交渉をすること。
民事再生住宅などの財産は残したまま、減額交渉をした借金を原則3年で返済する手続のこと。民事再生は、借金の総額が5,000万円以内、継続して収入を得る見込みがある人、このままの債務では「返済不能の恐れがある」人が利用できる手続です。
自己破産裁判所で「支払いが不能」だと認定され、面積が許可されたすべての債務を支払う必要がなくなる手続のことです。民事再生とは異なり、不動産や一定の財産はすべてお金に換えて債務者に配当する必要があります。

 

このように債務整理は、信用情報に影響のある手続きであり、債務整理をすることは「返済能力が無い」ことの証明となり、クレジット契約やローン契約において「不利」になる行為です。

 

実際に債務整理をしてしまうと、クレジットカードやローンは組みにくくなります。このため安易に債務整理をするのは(クレジットヒストリーを汚してしまうという意味でも)おすすめできません。

 

住宅ローンのおまとめ(借り換え)

 

一般的なおまとめローン、フリーローンを利用したおまとめ以外にも「住宅ローンのおまとめ」といった方法があります。具体的には(住宅ローンのおまとめとは)他社からの借り換えを指し、金利が高いローンから低金利ローンへ乗り換えることを意味します。

 

ビジネスローンのおまとめ

 

ビジネスローンを利用した「おまとめ」の方法があります。

 

実は、事業性の融資については「総量規制外」のものがほとんどで、個人の借入とは別に契約することができます。

もちろん、融資は「事業性のある使途」に限られますが、生計費と事業費を分けることで、無駄な借入を無くして債務を一本化するのに役立ちます。

 

個人事業主の方、経営者の方はぜひ、ビジネスローンを利用した「おまとめ」に目を向けてみましょう。

 

不動産担保を使ったおまとめ

 

土地・建物など、不動産を担保にすれば、通常のローンよりも大きな資金が調達できます。

 

参考記事:【2020年最新版】不動産担保ローンとは?不動産担保融資を成功させる3つのコツ!

 

不動産担保を使ったおまとめ

 

おまとめローンで失敗している人の例

 

便利なおまとめローンですが、使い方を間違えると「債務超過」による借金で首が回らなくなるので注意しましょう。

 

以下のサイトでは、おまとめローンで失敗している人の話とファイナンシャルプランナーによる「借金改善のアドバイス」が確認できます。

 

おまとめローンの失敗例と問題解決法

36歳子ども2人。貯金ゼロで毎月7万円以上の借金返済

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

おまとめローンで良くある質問

 

おまとめローンで良くある質問を集めてみました。

 

【質問1】審査が甘いおまとめローンってあるの?

 

回答:おまとめローンに限らず、ローンの借入に「甘い」ものはありません。カードローン会社は必ず審査を行い、申込者に「返済能力があるか」確認をした上で、年収の3分の1を超えないよう「無理のない範囲」で融資について判定します。

 

【質問2】おまとめローンでクレヒスは良くなるの?

 

回答:例えば、他社で3つのローンを組んでいたとします。その後、おまとめローンを利用し、債務を1本にすることができました。

この場合、借入の件数は「3⇒1」になったので、信用情報機関のデータも「借入件数は1件」と更新されます。

 

カードローン審査、クレジットカードの審査を受ける上で、借入件数は少なければ少ない程「良い」です。

このため、おまとめローンを活用すれば、クレジットヒストリーを良くすることができます。

 

【質問3】おまとめローンでオススメの金融機関はどこ?

 

回答:本サイトで紹介しているような大手の金融機関(例:銀行、信販会社、消費者金融)であれば、安心しておまとめローンが利用できます。

 

これに対し、個人から融資を受けたり、貸金業者としての登録がない「闇業者」から融資を受けるのは危険なことです。

 

借入をする前には、金融庁のサイトにある「登録貸金業者情報検索サービス」などを利用し、信頼できる相手かどうか確かめる作業が必要です。

 

登録貸金業者情報検索サービス(金融庁)

 

また日本貸金業協会でも、登録している業者・会員(全国)を調べることができます。

 

協会員検索【協会員情報】 | 日本貸金業協会

 

【質問4】おまとめローン利用後の信用情報はどうなるの?

 

信用情報機関において、これまで抱えていた借入件数は「一社」としてデータが更新されます。おまとめローン完済後は、良いクレジットヒストリーが蓄積されることになり、債務を複数抱えていた状態よりも「返済能力が高い」と見なされます。

 

【質問5】ローン契約で所得証明書が必要な理由は?

 

回答:所得証明書(源泉徴収票、確定申告書など)を提出するのは、返済能力の有無を確認してもらうためです。一般的に一社50万円、複数の社にまたがって借入をしている場合「合計100万円」を超える借入には所得証明書の提出が必要です。

 

おまとめローンの関連用語

 

おまとめローンでよく使われる用語を集めてみました。

 

おまとめローンでよく使われる用語

貸金業法消費者金融での借入・貸し付けについて定めた法律のこと。
総量規制借入残高が年収の3分の1を超える貸し付けができないといった法律(貸金業法に含まれる)
上限金利の引下げ法律上の上限金利は、借入の金額に応じて「15%〜20%」の範囲で設定する必要があります。
総量規制対象外のローン総量規制対象外の融資商品、貸し付け商品のこと(例:おまとめローン、事業者ローンなど)
グレーゾーン金利刑事罰対象未満、利息制限法を超える貸し付けのこと。貸金業法の改正によって、グレーゾーン金利は撤廃されました(平成22年6月18日)
過払い金返還請求払いすぎた利息を返還請求すること。
所得証明書源泉徴収票や給与明細、確定申告書など、年収を証明する書類のこと。
利息制限法貸付額に応じて設定された利息に関する法律で、超過した場合民事上、取り立ては「無効」とされる。
出資法の上限金利出資法において定められた利息に関する法律で、出資法の上限と利息制限法の間の金利対を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。
借り換えローン他社からの借り換え、おまとめ目的で貸し付けが行われるローンのこと。

 

分からない言葉があれば、ぜひ役立ててみてください。

 

おまとめローンを知るのに役立つリンク集

 

最後に、おまとめローンを知るのに役立つ「Webサイト」を集めてみました。

 

おまとめローンを知るのに役立つリンク集

内容
貸金業法について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会日本貸金業協会が「総量規制」について解説をしているページです。
金融サービス利用者相談室金融庁のサイト内にあるページで、ここでは金融サービスに関する質問や相談が行えます。
カードローンホットライン金融庁のサイト内にあるページで、ここではカードローンについてお困りのことを相談したり、カードローンのトラブルについて報告をすることができます。
多重債務についての相談窓口多重債務や借金問題全般、ヤミ金融のことで相談、質問、報告ができるページです(金融庁作成)。
JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)信用情報機関JICCのホームページです。
指定信用情報機関のCIC指定信用情報機関のCICのホームページです。
一般社団法人全国銀行協会信用情報機関、一般社団法人全国銀行協会のホームページです。
一般社団法人 全国銀行協会一般社団法人 全国銀行協会のホームページです。
個人信用情報機関およびその加盟会員による個人情報の提供・利用についてみずほ銀行が作成、信用情報機関と信用情報の取り扱いについて説明したページです。
貸金業法のキホン:金融庁貸金業法の基礎知識をまとめたページです。
貸金業法Q&A貸金業法で良くある質問をまとめたページです(金融庁作成)。
貸金業法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブここでは貸金業法のすべてを紹介・確認できます。
法テラスを利用して債務整理の費用を抑える – いがらし司法書士事務所法テラスで債務整理、過払い金返還請求を行う方法を紹介したページです。
【最新2020年】おまとめローンとは?返済でお困りのアナタにおすすめ!低金利おまとめローン30選資金調達プロ作成。おまとめローンの特集記事です。

 

このほか、おまとめローンをよく知る為に、以下のサイトも参考にしてみてください。

 

おまとめローンがよく分かるオススメ記事!

 

おまとめローン30選!経営者や起業家に人気の借り換えローンランキング(1位〜10位)

おまとめローン30選!経営者や起業家に人気の借り換えローンランキング(11位〜20位)

おまとめローン30選!経営者や起業家に人気の借り換えローンランキング(21位〜30位)

おまとめローンの審査と信用情報機関のしくみ

起業家・経営者に人気のおまとめローン5選

【完全保存版】おまとめローン&国内借り換えローン完全ガイド(全165種)

【保存版】都市銀行のおまとめローン&借り換え専用ローン(2019年版)

【保存版】ネット銀行のおまとめローン&借り換え専用ローン(2019年版)

【北海道・東北エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

【関東エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

【中部エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

【近畿エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

【中国・四国エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

【九州・沖縄エリア】の地方銀行おまとめローン(2019年版)

信用金庫のおまとめローン|おまとめローン完全ガイド(2019年版)

信販会社のおまとめローン|おまとめローン完全ガイド(2019年版)

ろうきんのおまとめローン|おまとめローン完全ガイド(2019年版)

その他のおまとめローン|おまとめローン完全ガイド(2019年版)

おまとめローンとは?借り換えローンの仕組み(2019年版)

 

まとめ|おまとめローンなら、借入負担が軽減できる可能性大!

 

今回は、日本全国の「おまとめローン」とおまとめローンとして利用できる「フリーローン」をまとめて紹介しました。

 

なお、おまとめローンの仕組みについては以下の記事でも詳しく解説しています。

 

増えすぎた借入件数を整理したい人、クレジットヒストリーをよくしたい人はぜひ、おまとめローンを活用してみてください。

 

低金利である程度「枠の大きなローン」を利用することで、今抱えている債務が(これまで以上に)軽くなるはずです。

 

おまとめローンを利用して、心の負担も一緒に吹き飛ばしてしまいましょう!

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

合わせて読みたい関連記事

【完全保存版】日本最大の「おまとめローン」完全ガイド!国内の全165種類おまとめローンを徹底解説!

【3日で300万円借りる】複数借り入れしている方に朗報!おまとめローンって何?

【最新2020年】おまとめローンとは?返済でお困りのアナタにおすすめ!低金利おまとめローン30選

【2019最新】年4万円以上もおトクに!キャッシュレス12種を徹底解剖

【最新2019】プロミスカードローン(PROMISE)の審査と金利、使えるATMを徹底解説!

カードローンのイメージは怖い・嫌い?資金調達プロが「カードローン」の意識調査を実施!

カードローン借り換えランキング厳選5社!低金利なカードローンの審査裏側まで徹底分析【2020年最新版】

銀行は10年連続「低金利」を更新、低金利の今こそお金を借りるチャンス!

プロミスの利息は 4.5〜17.8%!進化するアプリローンに注目が集まる【2019年カードローン最新ニュース】

プロミス利用者の口コミ、経営者や個人事業主にも人気【2020年最新版】

カードローンの借り換えで返済の負担を一気に解消する方法!【2020年最新情報】

担保を活用したローンにはどのようなものがあるのか

サラ金とは?銀行からのキャッシングとの違いはあるの?

借入とは?様々な借入方法や特徴も確認してみよう

銀行カードローンは本当に低金利?さらにお得に借りる方法も確認してみよう!

カードローンの金利0円や「無利息サービス」とは?内容について確認しておこう!


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

新型コロナウイルス対策

【新型コロナ情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

その他

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

 

 

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/07 01:05
    無料診断がされました。
  • 08/06 23:07
    無料診断がされました。
  • 08/06 23:04
    無料診断がされました。
  • 08/06 21:14
    無料診断がされました。
  • 08/06 20:24
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(116件)

1 2 3 4 5 24

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,074件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる