閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

ファクタリングで売掛金を現金化する方法!手数料や資金調達の方法を徹底解説

ファクタリングを含め、資金調達でお困りの経営者の方は多いのではないでしょうか。たとえば、個人事業主や零細企業というだけで、なかなか銀行から融資を受けられないことも多いですよね。また、堅調な売上があるものの、売掛金回収まで長期間に及び、キャッシュフローが悪化して困っている方も少なくないでしょう。

ファクタリングで売掛金を現金化する方法!手数料や資金調達の方法を徹底解説

今回お伝えするファクタリングは、そうした銀行融資や売掛金回収の悩みを解決するサービスです。ファクタリング業者に申し込めば、保有している売掛債権を短期間で現金化でき、会社運営に欠かせないキャッシュを確保できます。

では、どのようにして売掛金を現金に換えていくのか、今回はその方法を詳しくお伝えしていきます。

 

この記事がおすすめできる人

  • ☑️ 会社のキャッシュフローが悪くて困っている……
  • ☑️ 従業員の給与や家賃など近いうちにまとまった現金が必要……
  • ☑️ 銀行融資でなかなか審査に通らない……
  • ☑️ 即日現金化ができ、なおかつ銀行融資よりハードルが低い資金調達をお探しの方
  • ☑️ すでに売掛金をお持ちで、初契約など取引先の信用力が気になる方

 

【本記事と関連する記事】
・ 個人事業主でもファクタリングが利用できる!フリーランスの生活を支えるGMOのFREENANCE【2019年最新情報】
・ ファクタリングの無料診断(資金調達プロ)
・ 売掛債権担保融資とファクタリングの違い、売掛債権担保融資で資金調達するメリット【2019年最新ビジネスニュース】

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

ファクタリングとは

ファクタリングとは、企業の売掛金やその債権をファクタリング会社が買取るサービスのことです。

「売上はあるのに、売掛金の代金回収が遅れてキャッシュフローが悪い……」

このようなお悩みを抱えている事業者の方も多いでしょう。売掛金の回収が2か月後、3か月後になると現金の流れが悪くなり、最悪の場合は「黒字倒産」にも陥りがちです。ファクタリングサービスを利用することで、こうした現金流動性のリスクを最小限に抑えることができます。

また、取引先の信用情報が低く倒産のリスクがある場合でも、ファクタリング会社が保険をかけ、未回収の売掛金をすぐに現金化することも可能です。

ここからは、ファクタリングの特徴や仕組みについて、もう少し詳しくお伝えしていきます。「うちの売掛金は売却可能……?」とお悩みの事業主の方は、ぜひ次をご参考にしてみてください。

 

ファクタリングは「買取型」と「保証型」に分かれる

ファクタリングは「買取型」と「保証型」に分かれる

ファクタリングには大きく分けて、次の2種類のタイプがあります。

  • 買取型ファクタリング
  • 保証型ファクタリング

それぞれのファクタリング方法によって、その用途や目的が異なります。ファクタリング会社に依頼する前に、必ずそれぞれの違いをご確認ください。

 

買取型ファクタリングとは?

買取型ファクタリングとは、売掛金の債権をファクタリング会社に売ることで、その金額分を現金で受け取れるサービスです。つまり、売上をあげたと同時に現金化できるということで、キャッシュフローの改善に役立ちます。売却した売掛金の回収は、ファクタリング会社が肩代わりするという形です。

ファクタリング会社を利用することで、売掛金を持つ事業者は彼らに手数料を支払わなければなりません。その手数料は売却した売掛金の代金から差し引かれ、残りを現金として受け取れるという仕組みです。手形の割引にも似ていますよね。

ただし、買取型ファクタリングを利用するには審査を通過する必要があります。この審査は銀行融資などと異なり、「取引先(売掛金の債務者)の信用情報」を参考にします。取引先が大企業など信用力が高ければ、こちらが中小企業や零細企業であっても審査は通りやすくなるのです。

 

保証型ファクタリングとは?

保証型ファクタリングとは、取引先が倒産するリスクに備えて、あらかじめ売掛金の債権に保証をかけておく方法です。たとえば、取引先が破綻して売掛金の回収が不可能になった場合でも、保障型ファクタリングに登録しておけば、ファクタリング会社から保証金を受け取れます。

買取型ファクタリングと異なり、保証型ファクタリングは即時に現金化できるわけではありません。しかし、万が一のリスクに備えるというサービス内容から、保険に近いものと言えるでしょう。

保証型ファクタリングにも審査があり、事前に取引先の信用情報を調査します。その上で保証の限度額を決定し、万が一のトラブルに備えるという仕組みです。

 

買取型ファクタリングにはさらに「2社間」「3社間」に分かれる

買取型ファクタリングの場合だけ、さらに2つのタイプに分かれます。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

両者の違いは主に、「現金化のスピード」「コスト(手数料)」「取引先へのイメージ」という3つです。以下をご参考に、ご自身に最適なファクタリングサービスをお選びください。

 

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングとは、売掛金の債権を持つ事業者と、ファクタリング会社の2社間だけで契約を結ぶ方法です。取引先にファクタリングの情報はいっさい開示されません。

売掛金回収の流れは、事業者が債権をファクタリング会社に売却したときに現金を受け取ります。その後、取引先から事業者宛てに売掛金の支払いがあるので、その金額を今度はファクタリング会社に返済するという方法です。

たとえば、ファクタリングサービスを利用したことが取引先に知れ渡ると、資金繰りが苦しいという印象を与え、今後の取引継続にも大きな影響を与えるでしょう。そこで、取引先に情報を知らせることなく、2社間だけで合意することで、取引先へのイメージ悪化を防げるのです。

 

また、事業者はファクタリング会社とだけ契約すれば良いので、スムーズに現金化することができます。

ただし、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングより手数料が割高です。このコストのデメリットを、先ほどのメリットが上回っている場合、2社間ファクタリングをご利用ください。

 

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとは、2社間ファクタリングに加え、取引先との契約も結び3社間で売掛金の処理を進めていく方法です。事業者はファクタリング会社と取引先、それぞれ個別にファクタリング契約を結びます。

2社間ファクタリングと異なり、取引先は直接ファクタリング会社に売掛金を支払います。事業者は債権をファクタリング会社に売却した時点で、ファクタリング会社から現金を受け取っているため、取引先とファクタリング会社のやり取りには介入しません。

よって、2社間ファクタリングより手続きがスムーズとなり、それだけ手数料も安くなります。

 

ただし、3社間で契約を結ぶため、契約手続きが煩雑になり時間や手間がかかるというデメリットも忘れてはいけません。また、ファクタリングが取引先に知れ渡ることにより、イメージ悪化などにも留意する必要があるでしょう。

 

クラウドファクタリングも徐々に人気が集まる

クラウドファクタリングという、サービスがすべてWeb上で完結するタイプも注目を集め始めています。

クラウドファクタリングは、実店舗を持たずWeb上だけでサービスを行うことで、主に以下のようなメリットがあります。

  • わざわざ店舗まで出向く必要がない
  • 手数料が安くなることが多い
  • 審査スピードが速い(24時間以内が主流)

このように、ファクタリングの申込から債権回収まで、すべてWebを通して行えるので手間や時間がかかりません。

また、手数料の安さもクラウドファクタリングならではです。Webサービスは、店舗や窓口スタッフを少なくして、家賃や人件費を削減できるため低コストがユーザーに還元されます。

たとえば、実店舗型のファクタリング会社では、次のような手数料が発生します(あくまで目安です)。

  • 事務手数料・審査手数料:5,000円前後
  • ファクタリング手数料(2社間):6~40%
  • ファクタリング手数料(3社間):1~5%

契約書への収入印紙代や、債権譲渡登記の費用、登記に携わる司法書士の手数料などもかかります(詳しくは「手数料が安いファクタリング業者」でお伝えします)。

特に、2社間ファクタリングの手数料は最大40%と非常に高額です。

しかし、クラウドファクタリングの場合、2社間ファクタリングで2~9%程度の手数料しか発生しません。また、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記を行わないこともあれば(登記費用なし)、事務手数料も無料という場合もあります。

これも実店舗を持たない、クラウドファクタリングの大きな強みと言えるでしょう。

 

さて、ここまでファクタリングの仕組みや特徴を詳しくお伝えしてきました。今度は、ファクタリングでどうやって売掛金を回収するのか、その具体的な方法を解説していきましょう。

 

 

ファクタリングで売掛金を現金にする方法

ファクタリングで売掛金を現金にする方法

ファクタリングで売掛金を現金にするには、次のように8つの手順に沿って進んでいきます。

  1. 売上による売掛金が発生
  2. 取引先とファクタリング契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社とファクタリング契約を結ぶ
  4. 取引先と売掛金の請求金額を確認する
  5. ファクタリング会社へ請求金額を通知する
  6. ファクタリング会社と取引先が請求金額の最終確認を行う
  7. ファクタリング会社に債権を売り現金を受け取る
  8. 取引先からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

上記は一般的なファクタリング契約の手続き方法です。ただし、前述した通り、ファクタリングには、「2社間契約」と「3社間契約」の2タイプが存在します。

 

それぞれのファクタリングの手続きは少しだけ異なる部分もあり、以下で詳しく紹介しています。

 

2社間ファクタリングの流れ・手順

2社間ファクタリングでは、売掛金の債権を持つ事業者とファクタリング会社の2社だけで契約を結びます。そのため、取引先には情報が知らされず、契約を結ぶ必要もありません。

2社間ファクタリングの流れ・手順は次の通りです。

  1. 売上による売掛金が発生
  2. ファクタリング会社とファクタリング契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社に債権を売り現金を受け取る
  4. 取引先から事業者(債権者)に売掛金が支払期日通りに支払われる
  5. 事業者がファクタリング会社に回収した売掛金を支払う

先ほどの8つのステップから少しだけ省略されていることが分かります。このように2社間ファクタリングは手続きがスムーズなので、すぐに売掛金を現金化したいときに便利です。

 

3社間ファクタリングの流れ・手順

3社間ファクタリングでは、事業者とファクタリング会社のほか、さらに取引先とも契約を結ばなければなりません。そのため、手続きや手順も増え、先ほどの8つのステップに同じ形となります。

  1. 売上による売掛金が発生
  2. 取引先とファクタリング契約を結ぶ
  3. ファクタリング会社とファクタリング契約を結ぶ
  4. 取引先と売掛金の請求金額を確認する
  5. ファクタリング会社へ請求金額を通知する
  6. ファクタリング会社と取引先が請求金額の最終確認を行う
  7. ファクタリング会社に債権を売り現金を受け取る
  8. 取引先からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

ファクタリング会社で行う手続き

ファクタリング会社では、債権を持つ事業者と契約を結ぶため、「査定」と呼ばれる審査を行います。査定の聞き取りを行うのは基本的に事業者ですが、審査の対象となるのは事業者の取引先です。取引先の規模や知名度などが高ければ、それだけ審査に通りやすくなります。

では、審査はどのように行われるのか、その詳細をお伝えしていきます。

 

手続き(1):仮査定

ファクタリング会社の店舗に出向いたときや、もしくは電話やメールで仮査定を行います。ここでは売掛金の詳細から、債権価格がどの程度か見積もりが可能です。

仮査定では、主に簡単なヒアリングや会社概要、調達希望額、利用目的、日取りなどの聞き取りを行います。

 

手続き(2):本査定

仮査定が済むと、今度は聞き取り情報をもとに専任の担当者が本査定を行います。この本査定の段階で、必要な書類を提出することが多いです。

主な書類は次の通りです。

  • 登記簿謄本
  • 売掛金の詳細が分かる資料(契約書など)
  • 通帳のコピー3ヶ月分  等

必要な書類はファクタリング会社によって異なるため、公式サイトから確認しておきましょう。

 

手続き(3):成約

本査定が行われることで具体的な売掛金の回収代金が分かります。その金額に納得すれば、ファクタリング会社と契約を行います。

契約が完了すれば、その当日中に現金化できることも多いです。

なお、ファクタリングを成功させるノウハウは以下で詳しく解説しています。

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

 

個人事業主がファクタリングを利用する方法

個人事業主がファクタリングを利用する方法

「個人事業主ってファクタリングを利用できないんじゃないの……?」

このような疑問をお持ちの個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。確かに、インターネットなどの記事のなかには、「個人事業主はファクタリング不可」と紹介しているものもあります。

しかし、現実には個人事業主向けにファクタリングサービスを提供している会社も存在します

では、なぜ個人事業主がファクタリングを使えないと紹介されることがあるのか、その理由は以下の3点です。個人事業主がファクタリングを行っても決して違法にはならないので、よくご確認しておいてください。

  1. 売掛金を保有している
  2. 取引先と継続的な取引を行っている
  3. 取引先の経営状況が良い、もしくは会社規模が大きい

上記3点は、ファクタリングを利用する「最低限の条件」です。しかし、個人事業主の方のなかには、そもそも売掛債権を所持していなかったり、取引先の信用力が低く、不安定な売掛債権しか保有していない場合も少なくありません。

つまり、個人事業主はファクタリングが不可能なのではなく、「事業規模的にファクタリング(の審査通過)が難しい」ということです。

ただ、すでに売掛金を保有している個人事業主の方にとってみれば、その債権が回収できないリスクや、キャッシュフローの悪化などに悩むことも多いですよね。そこで、そうした悩みを抱えたままにせず、まずは個人事業主向けのファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。

個人事業主向けのファクタリング会社は、次の3社が手数料も安く、なおかつ資金化できるスピードも速いです。

  • ファクタリング東京
  • 三井サービス
  • トラストゲートウェイ

ここから各ファクタリング会社の特徴を紹介していきます。

 

ファクタリング東京

ファクタリング東京は、法人だけではなく、個人事業主の方にもサービスを提供しています。30万円という少額債権にも対応しており、売掛金の規模が低いという個人事業主の方でも安心して利用できます。

また、500万円以内の売掛債権であれば、即日入金も可能です。従業員の給料や買掛金の支払いなど、近く現金が必要になる場合に役立つでしょう。

運営会社は株式会社ライズジャパンで、すでに20年の歴史を持つ老舗ファクタリング会社です。債権回収会社として信頼も高いので、まずは電話やメールの相談から始めてみてはいかがでしょうか。

運営会社 株式会社ライズジャパン
設立年 1998年
営業時間 平日9:30〜18:00
本社所在地 東京都
資金化スピード 200万円まで:最短即日
200万円から:1週間程度
取扱金額 30万円〜1億円
ファクタリング手数料 3社間:7%〜
2社間:10%〜30%

三井サービス

三井サービスも個人事業主向けのファクタリングサービスを提供中です。3社間ファクタリングであれば、手数料は1.5%からと、業界でも最安値クラスを誇ります。

取扱金額は50万円以上と、ファクタリング東京より少し高くなりますが、できるだけコストを低く抑えて手続きしたいという方に最適です。

ただし、三井サービスは審査をより厳しくし、債務者の信用情報を細かくチェックします。そのため、債権の回収性が高くなる一方で、売掛金を現金にするまで最短でも2日はかかります。もし、すぐに現金化が必要という場合は、即日入金可能のファクタリング東京を選びましょう。

運営会社 株式会社三共サービス
設立年 2001年
営業時間 平日9:00〜19:00
本社所在地 東京都
資金化スピード 最短2日
取扱金額 50万円〜3,000万円
ファクタリング手数料 3社間:1.5%〜7%
2社間:10%〜20%

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは九州地方に特化したファクタリング会社です。最短で即日入金にも対応し、3社間ファクタリングの手数料は3%からと業界では低めの水準です。

トラストゲートウェイは即日入金ということで三井サービスより対応スピードが速く、なおかつファクタリング手数料はファクタリング東京よりも低く設定されています。

つまり、すぐに現金化しなければならない状況で、ファクタリング東京では手数料が高いという場合、このトラストゲートウェイが最適ということです。

運営会社 株式会社トラストゲートウェイ
設立年 2017年
営業時間 平日9:00〜18:00
本社所在地 福岡
資金化スピード 最短即日
取扱金額 50万円〜5,000万円
ファクタリング手数料 3社間:3%〜5%
2社間:10%〜30%

手数料が安いファクタリング業者

手数料が安いファクタリング業者

手数料の安いファクタリング業者を選ぶということは、企業の財務上で重要な意味を持ちます。手数料が安いほど、回収した売掛金の金額がそのまま残ることになるので(手数料は売掛金から引かれる)、できるだけファクタリング業者のコストを抑えることも重要です。

ただし、ファクタリングには様々な手数料や費用が発生することを忘れてはいけません。ここで少しだけ、ファクタリングに必要なコストをお伝えしておきましょう。

  • 着手金:無料の場合が多い
  • 事務手数料・審査手数料:5,000円前後
  • ファクタリング手数料(2社間):6~40%
  • ファクタリング手数料(3社間):1~5%
  • 契約書用の収入印紙代:0~20万円
  • 債権譲渡登記費用(2社間のみ):5万~7万円
  • 司法書士費用(2社間のみ):4万~5万円

特に2社間ファクタリングは業者に支払う手数料も高額で、なおかつ債権譲渡登記に必要な費用もかかります。そのため、コストを抑えるため3社間ファクタリングが主流です。

そして、ファクタリング業者ごとに手数料の比較を行う場合、「ファクタリング手数料」という「%」で見比べていきます。このファクタリング手数料は、売掛金を現金化するときに、その金額から引かれる料金です。

ファクタリング業者は全国に数多く存在し、それぞれ手数料が異なります。以下で手数料の比較を行っていますので、ぜひご参考にしてみてください。

順位 ファクタリング業者名 下限 上限
1位 トップ・マネジメント 1.0%
2位 NSキャピタルマネジメント 1.0%
3位 ライジングインベストメント 1.0%
4位 MEDS JAPAN 1.0% 10.0%
5位 JTC 2.0%
6位 事業資金エージェント 2.0%
7位 MSFJ 2.0%

ただし、ファクタリング業者を選ぶ場合は、単に手数料の安さだけでなく様々な要因を見極めることが大切です。その選び方は、後ほど紹介する「良いファクタリング業者の見つけ方」という項目をご参照ください。

また、総合力などを加味した手数料が安いファクタリング業者は、資金調達プロの別の記事でも紹介しています。以下、関連リンクよりご確認ください。

 

 

ファクタリングで気をつけたい2つのポイント

ファクタリングで気をつけたい2つのポイント

ファクタリングは専門業者が売掛金を即座に現金化してくれる、大変便利なサービスですが、利用する前に必ずチェックしておくべき注意点があります。ファクタリングで気をつけたいポイントは次の2つとなります。

  • ファクタリング業者の倒産リスク
  • 悪質なファクタリング業者

両者はどちらも、売掛金が回収できなくなるリスクがあります。そのため、上記2つの注意点をしっかりと確認し、十分な情報収集を行って業者選びをすべきです。

ここからはそれぞれの注意点を詳しくお伝えしていきます。

 

ファクタリング業者の倒産リスク

ファクタリング業者の業績が著しく悪化し、そのまま倒産してしまう危険性もあります。これは、企業であれば必ず起こりうるリスクの一つですよね。

ファクタリング業者が倒産してしまった場合でも、すでに売掛金の代金を回収できていれば何も問題はありません。しかし、代金が未入金の場合は、回収予定だったお金すべてが未回収のまま終わることも考えられるでしょう。

このリスクを避けるには、ファクタリング業者を選別する段階で、しっかりと情報を調べ入念に経営状態のチェックをすべきです。

 

悪質なファクタリング業者

悪質なファクタリング業者とは、たとえば法外な手数料を求められたり、2社間ファクタリングであるにも関わらず、取引先に情報を漏らしたりするような会社のことです。

ファクタリングの2社間取引であれば、初回契約で約15~20%程度の手数料が一般的となります。しかし、悪質な業者の場合は、30%を超えるような手数料を設定していることも多いです。

また、2社間取引で取引先に情報を漏らすような会社も悪質業者と言えます。2社間取引は、基本的に事業者とファクタリング業者の双方だけの契約となるため、取引先に情報を伝える必要はありません。しかし、悪質な業者は故意に情報を漏洩して、事業者と取引先との関係を悪化させるような行為まで及ぶのです。

こうした悪質なファクタリング業者を見極めるにも、先ほどと同じく業者選びの段階で入念に選別を行う必要があるでしょう。

では、一体どのようにして良いファクタリング業者を見つければよいのでしょうか。次の項目で正しい見つけ方をお伝えしていきます。

 

 

良いファクタリング業者の見つけ方

良いファクタリング業者の見つけ方

ファクタリング業者の見つけ方は、たとえば振込スピードが速いことや、手数料の安さ、少額買取可能など、ご自身がどの条件を優先するかによって異なります。しかし、たとえ振込スピードが速く、なおかつ少額の売掛金にも対応している業者だとしても、悪質な行為や倒産リスクが高ければ代金の回収は難しくなります。

そのため、まず第一前提として、「信頼のおけるファクタリング業者を選ぶ」ということが大切です。ただ、まだ一度も契約を結んでいないため、ファクタリング業者の信頼性を見極めるのは簡単ではありません。

そこで、次に挙げる5つのポイントを意識してみましょう。

  • 運営実績やファクタリング事業の経歴、評判を参考にする
  • 手数料があまりにも高すぎないか
  • 契約書の控えや請求書の確認をすぐにできるかどうか
  • 請求額の内訳が正しいかどうか
  • 入金日が正しいかどうか

詳しい内容は以下よりお伝えしていきます。

 

運営実績やファクタリング事業の経歴、評判を参考にする

ファクタリング業者は、主に公式ホームページで運営実績や経歴を紹介しています。業者としてあまりにも歴史が浅いところは、あまりおすすめできません。できれば10年~20年ほどの歴史ある業者を選ぶと良いでしょう。

また、公式ホームページに記載されている実績は必ずしも正しい情報とは限りません。そのため、気になるファクタリング業者が見つかれば、インターネットなどで口コミや評判なども調べるようにしてください。

 

手数料があまりにも高すぎないか

悪質業者の多くは法外な手数料を設定しているため、必ず事前に相場の手数料と比較するようにしましょう。そのファクタリング業者を初めて利用する場合、おおよそ15~20%の手数料(2社間)に収まることが多いです。それ以上の手数料を設定していたり、30%を超えるような場合は悪質業者として疑いを持ったほうが良いでしょう。

 

契約書の控えや請求書の確認をすぐにできるかどうか

契約書の控えは、基本的にどの業者でも契約してすぐに発行してもらえます。また、請求書の金額についても、その場で確認できることが多いです。

しかし、悪徳業者の場合は、契約書の控えをなかなか渡さなかったり、費用の請求額を契約ぎりぎりのタイミングまで教えないこともあります。途中でデータや情報を改ざんする目的があることが理由です。

控えの発行や請求金額の確認など、こちらの求めに応じないような業者は信頼には値しません。

 

請求額の内訳が正しいかどうか

ファクタリング業者から発行される請求には、必ず費用の内訳が記載されています。請求書が発行されたとき、必ずこの内訳を確認するようにしてください。売掛金回収には関係のない項目が入っていたり、平均相場より明らかに高額な料金が請求されていないかチェックしておきましょう。

ファクタリングの平均的な費用をもう一度おさらいしておきます。以下をご覧ください。

  • 着手金:無料の場合が多い
  • 事務手数料・審査手数料:5,000円前後
  • ファクタリング手数料(2社間):6~40%
  • ファクタリング手数料(3社間):1~5%
  • 契約書用の収入印紙代:0~20万円
  • 債権譲渡登記費用(2社間のみ):5万~7万円
  • 司法書士費用(2社間のみ):4万~5万円

上記の費用を参考に、少しでも変だと感じた場合は遠慮せずに業者に質問するべきです。

 

入金日が正しいかどうか

売掛金を買い取ってもらうと、その後銀行口座などにお金が振り込まれます。その入金日は、必ず契約書に記載されているはずです。もともと約束していた入金日と正しいかチェックしておきましょう。また、入金日通りに振り込まれたか確認することも忘れてはいけません。

 

 

まとめ

ファクタリングは、取引先が将来的に支払う売掛債務を、ファクタリング業者が即座に現金化してくれる便利なサービスです。売上があがった近日中に現金化ができるため、キャッシュフローの改善に役立つでしょう。

そのファクタリングは次のような手順で進めていきます。

  • 売上による売掛金が発生
  • 取引先とファクタリング契約を結ぶ
  • ファクタリング会社とファクタリング契約を結ぶ
  • 取引先と売掛金の請求金額を確認する
  • ファクタリング会社へ請求金額を通知する
  • ファクタリング会社と取引先が請求金額の最終確認を行う
  • ファクタリング会社に債権を売り現金を受け取る
  • 取引先からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

最近では個人事業主向けのファクタリングサービスも生まれたので、手元の現金が不足しがちで困っている経営者の方はぜひお試しください。ただし、悪質業者と契約を結ばないよう十分に気を付けて、事前にしっかりとファクタリング業者の信頼性を確認しておきましょう。

 

合わせて読みたいおすすめ記事

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

ファクタリングと電子登録債権の違い

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

・ 【要検討】ファクタリングに向いている業種一覧とその理由

・ 長期的な利用を見据えたファクタリング業者選びと注意点

・ 悪徳ファクタリング会社を見抜く為の5つの注意点

・ ファクタリングトラブル4例。資金調達で詐欺に遭わない為に

・ ファクタリングとは?売掛債権で資金調達する全体像を徹底解説!

・ ファクタリングでトラブルにならない為に確認しておくべき3つのポイント

・ ファクタリング契約から40日後までの流れとその後やるべき事

・ ファクタリングに必要な5つの書類と売掛金を現金化する仕組み

・ 資金調達に使えるファクタリングの最新動向

・ 経営者や個人事業主でもほとんどの人が知らない?ファクタリングと手形割引に関するアンケート

 

その前に・・・事業資金の調達でお困りの方、「今スグ資金繰りを改善したい」という方は、以下のビジネスローンを申し込んでみてください。これらのローンは、ネットで申し込み&審査を受けることができ、来店などの手間がありません。また500万円くらいの資金であれば「最短1日」で調達できるのでお急ぎの方におすすめです。

各ローンの内容は、以下のリンクをクリックすれば詳細が確認できます(オンライン申込みなら、わずか10分で手続きが完結するのでカンタンです)。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。

このほか毎月200万円以上、安定した売掛金の発生する「BtoB事業」を手掛けている方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

The following two tabs change content below.

ゆきひろ

ライター歴2年、これまで400件以上の受注実績、4,000記事以上の納入実績を誇る。個人ブログも運営しており、検索結果10位以内の記事を量産、SEOにめっぽう強い。新人ライター向けコンサル業も担い、成功法則やセルフブランディング戦略論などを教える。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 04/22 21:59
    無料診断がされました。
  • 04/22 19:41
    無料診断がされました。
  • 04/22 18:33
    無料診断がされました。
  • 04/22 14:32
    無料診断がされました。
  • 04/22 14:13
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(168件)

1 2 3 4 5 34

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全648件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる