閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【最新版】ファクタリングとは何か?5分で分かる世界一簡単なファクタリングの解説書

NEW!資金調達プロが「ファクタリング」に関するアンケートを実施しました!

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが、ビジネスローン(事業融資)に関するアンケートを実施

【最新版】ファクタリングとは何か?5分で分かる世界一簡単なファクタリングの解説書

 

皆さんは「ファクタリング」という言葉をご存知ですか?

ファクタリングとは、企業における資金調達方法の一つで、まだ未入金の売掛金をファクタリング専門業者に買い取ってもらうことにより即日の資金調達をはかるサービスのことを指します。あくまでも「請求金額の先払い」になるため「借りない資金調達」が可能となり、信用情報への影響なく資金繰りの改善が図れると経営者間でも話題のサービスです。

しかし、中には「ファクタリングってあまり聞いたこともないし…違法ではないよね?」と気になる方もいらっしゃるでしょう。

そういった方のためにも、本記事では「ファクタリングとは何か」その詳細について解説していきたいと思います。これからファクタリングに挑戦する人やオススメのファクタリング業者を知りたい人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【この記事がおすすめできる人】
☑️ ファクタリングとは何かを理解したい人
☑️ 事業資金を今すぐ調達できる方法を知りたい人
☑️ ファクタリング契約書の書き方を確認したい人
☑️ オススメのファクタリング業者を知りたい人
☑️ 初めてのファクタリングにトライしてみたい人

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2019年最新版】

 

【ファクタリングについてのオススメ記事】
・ 【2019年完全版】ファクタリングでよくある質問47選|ファクタリングの疑問や仕組みを徹底解説!
・ 【2019年最新版】ファクタリング20社徹底比較!手数料と条件で見分ける方法!
・ 【最新2019年版】売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド
・ 【2019年保存版】ファクタリングの仕組み、売掛金の買取と現金化までの流れを徹底解説!
・ 【最新2019年版】ファクタリング手数料が安い業者20選!経営者にオススメのファクタリングとは?

 

ファクタリングとは何か?

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金について、ファクタリングの専門事業者が返済の義務をつけずに買い取ることにより、企業に資金提供を行う仕組みのことをいいます。

※売掛金:納品および請求書の発行は完了しているが、支払いサイド側の事情で未入金のお金のこと

ファクタリング解説図

通常、未回収の売掛金が現金化されるまでには、一定の期間が必要となりますが、その期間が長ければ長いほど、企業の資金繰りに影響が出る可能性があります。しかし、このファクタリングを利用することにより、資金繰りに苦しむことなく即現金化をすることができるようになります。そのため、ファクタリングは、安定した売掛金のある経営者の方にとっては非常に便利なサービスとなっています。

このファクタリングには、次の2種類の方法があります。

 

  • 2社間ファクタリング

ファクタリング専門事業者と売掛金保有会社との間で結ぶ契約です。売掛金保有会社は、ファクタリング専門事業者に売掛金を売ることで資金調達を行います。売掛金保有会社は、ファクタリング事業者に手数料を支払い、その残りの売掛金を換金してもらうという仕組みになっています。

 

  • 3社間ファクタリング

売掛金保有会社・ファクタリング専門事業者・取引先間とで結ぶ契約です。ファクタリング事業者は、売掛金保有会社に売掛金の前払いをする代わりに、取引先から売掛金の入金を受けます。ファクタリング事業者に支払う手数料は、3社間ファクタリングのほうが低めに設定されていますが、利用するには取引先の了承を得なければなりません。

 

ファクタリングで売掛金を現金化する流れ

ファクタリングで売掛金を現金化するための流れは、「2社間ファクタリング」か「3社間ファクタリング」であるかどうかによって異なります。

ここでは、それぞれのファクタリングごとの現金化の流れについて、簡単に説明しておきましょう。

 

2社間ファクタリングの現金化

  1. ファクタリング会社へ申し込み
  2. ファクタリング事業者側での審査
  3. 審査通過後、ファクタリング事業者と契約締結
  4. ファクタリング事業者が売掛金を前払いで入金する
  5. 取引先から売掛金保有会社宛てに売掛金が支払われる
  6. 手数料込みで、ファクタリング事業者へ入金する

2社間ファクタリングでは、ファクタリング事業者への申込み後、審査に通過すればそのまま契約締結が可能です。契約後は、ファクタリング事業者から売掛金が前払いで入金されます。

ファクタリング事業者から入金された売掛金は、当初の目的である事業資金として運用することができます。後日、取引先から支払われた売掛金は、ファクタリング事業者へ支払う必要があります。その際は、ファクタリング事業者への手数料込みでの入金となりますので忘れないようにしましょう。

 

3社間ファクタリングの現金化

  1. ファクタリング会社へ申し込み
  2. ファクタリング事業者側での審査
  3. 審査通過後、ファクタリング事業者に取引先を交えた契約締結を行う
  4. ファクタリング事業者が売掛金保有会社宛てに前払いで入金する
  5. 取引先からファクタリング事業者宛てに売掛金が入金される

3社間ファクタリングの場合、契約にあたっては、ファクタリング事業者だけでなく、取引先の了承を得ることが必要になります。契約締結後は、ファクタリング事業者が売掛金保有会社宛に前払いで入金を行いますが、実際の売掛金は取引先からファクタリング事業者宛てに直接入金されます。

 

 

ファクタリング手数料を業者ごとに比較

ファクタリングに必要な手数料は、業者ごとに異なります。

ここでは代表的なファクタリング事業者として三共サービスベストファクタービートレーディングの3社を例にとり、手数料や現金化までの最短日数などについて比較してみましょう。

 

主なファクタリング事業者の手数料と現金化までの日数

ファクタリング事業者名手数料現金化までの日数特徴
三共サービス3社間:1.5%~

2社間:5%~

最短2日スピーディーな現金化、ファクタリングの手数料が格安
ベストファクター3社間:5%~10%

2社間:10%~30%

最短翌日~3日 スピーディーな現金化、審査時は来店不要、30万円~の少額売掛金でも対応可能
ビートレーディング3社間:3%~5%

2社間:10%~20%

最短即日~3日最短即日の現金化が可能、最大3億円までの売掛金買取が可能
参考)七福神3社間:3%~10%

2社間:10%~20%

 最短翌日即日審査で最短翌日の現金化、最大3,000万円までの買取が可能

※業界内でも珍しい個人向け給料ファクタリングを提供

 

こちらでご紹介した3社は、良心的な手数料設定・スピーディーな現金化で、経営者間でも評判の高いファクタリング事業者となっています。

中でも、三共サービスの手数料は、業界最安値を謳っているとおり競合他社と比較しても遜色ない安価さがポイントです。また、ビートレーディングは、三共サービスほどではないものの安価な手数料と、最短即日での現金化で人気です。

この他、業界でもめずらしい個人向け給料ファクタリングを提供する七福神もオススメの業者です。七福神では、他の事業者と同様、法人向けの2社間・3社間ファクタリングも取り扱っています。

その他、ファクタリング手数料については以下の記事も参考になります。

参考記事:【最新2019年版】ファクタリング手数料相場を6つの角度から徹底解説!安い優良会社選びと交渉の秘訣(資金調達最新ニュース)

 

 

ファクタリングを利用するメリットとデメリット

ファクタリングを利用するにあたっては、次のようなメリットとデメリットがあります。

 

ファクタリングを利用するメリット

 

最短即日での資金調達

最短即日での資金調達は、ファクタリングの一番大きな強みです。

ファクタリング事業者によっては、申し込みから仮審査・本審査・融資まで数時間以内というところもあります。早めの資金調達を希望される場合には、ファクタリングの利用はおすすめです。

 

審査基準が柔軟

ファクタリングは、ファクタリング事業者が売掛金の権利を買い取ることにより、企業に現金を提供する仕組みです。

そのため、審査の対象となるのは、「売掛金がきちんと存在するのかどうか」そして「売掛先の企業が安定した業績を保っているかどうか」ということになります。逆に言うと、この2つを証明することができれば、ファクタリング事業者の審査を問題なく通過することができるというわけです。
ファクタリングは、審査に割く時間を少しでも軽減したい、という方にとってもおすすめの方法となります。

 

担保や保証人が不要

ファクタリングを利用するにあたっては、担保や保証人を準備する必要はありません。担保に利用できるような不動産をあらかじめ用意しなければならないということもないのです。

そのため、ファクタリングでは、売却する売掛金の債権に見合っただけの資金調達を受けることができます。

 

信用情報への影響が少ない

ファクタリングにより得られる現金は借入金ではありません。ファクタリングは、「売買・譲渡行為」という位置づけになるため、会計上も負債に分類されることもないのです。

そのため、ファクタリングを利用することにより、会社の信用情報への影響が大きくなることはありません。

 

万が一の場合も現金の回収義務が発生しない

万が一、取引先が倒産し、現金を回収できない事態となった場合でも、その責任を負う必要はありません。原則、ファクタリング事業者が回収のリスクを負担することになっていますので、安心して利用できます。

説明する男性
  

ファクタリングを利用するデメリット

 

手数料を支払う必要がある

ファクタリングでは、利用する売掛金保有会社側は、ファクタリング事業者に手数料の支払いを行います。

その額は、2社間ファクタリングの場合は売掛金の10%~30%程度、3社間ファクタリングの場合は1%~5%程度とされています。
特に2社間ファクタリングは、ファクタリング専門業者側にとってのリスクが大きくなる分、どうしても手数料が高めに設定される傾向にあるようです。

 

売掛金以上の資金調達は難しい

ファクタリングによる資金調達は、原則、売掛金をもとにした額となります。そのため、売掛金以上の額を調達することはできません。

より大型の融資を希望する場合は、ビジネスローンの利用など他の方法を検討するほうがよいでしょう。

 

取引先に知られた場合、印象が悪い

3社間ファクタリングを選択した場合、取引先も含めた取引となるため、取引先の承諾が必要となります。場合によっては、取引先に対して資金繰りが苦しいという印象を与えてしまうため、以降の取引に難色を示されてしまう場合もあるでしょう。

2社間ファクタリングの場合は、あくまでも売掛金保有会社とファクタリング事業者のみの取引となりますので、その心配はありません。ただし、先に述べたとおり、手数料が高めに設定される傾向にあります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

ファクタリングの申し込みに必要な書類

ファクタリングの申し込みには、次のような書類が必要になります。

 

商業登記簿謄本や印鑑証明書

契約書への署名押印した際の証明として利用します。その際、身分証明書や住民票などの提出を求められる場合もあります。

 

決算書や確定申告書のコピー

基本は直近3年分のものが必要となります。主に会社の業績が確認できる書類として利用します。

 

試算表

前回の決算から半年以上過ぎている場合は、必要となる場合があります。

 

過去と直近の取引や入金が確認出来る書類

過去と直近の売掛先との取引・入金の有無を確認するものとなります。取引状況を証明するものとして、通帳を提出することでもかまいません。

 

売掛先との基本契約書

売掛先との間で結んでいる基本契約書を提出します。

 

発注書、納品書、請求書など

売掛金の証明となる発注書、納品書、請求書などを提出します。

 

ファクタリングには、これらの書類が必要になります。時間がかかる書類ほど、前もって準備をすることにより、スムーズな手続きにつながります。

その他、ファクタリングに必要な書類については、以下の記事が参考になります。

参考記事:ファクタリングに必要な5つの書類と売掛金を現金化する仕組み

 

 

ファクタリング契約書の書き方

ファクタリング業者を利用して契約を結ぶ際には、ファクタリング契約書の作成が必要です。ここでは、ファクタリング契約書とはどのようなものか、また作成する際の注意点について確認をしていきたいと思います。

 

ファクタリング契約書とは

ファクタリング契約書は、売掛金をファクタリング事業者に譲渡する契約となります。

そのため、国税庁ホームページに掲載されているような「売掛債権譲渡契約書」をファクタリング契約書の例として参考にしていただけるとよいでしょう。

売掛債権譲渡契約書

売掛債権譲渡契約書(国税庁ホームページより)

実際に契約を結ぶ際に提示されるファクタリング契約書も、このサンプルに近い内容となります。契約書内では、売掛債権の譲渡や契約期間、売掛債権の管理回収や支払い方法、手数料、承諾通知などについて明記をされているかしっかりとチェックしておきましょう。

 

 

契約書類を作成する際の注意点

契約書類を作成するにあたっては、以下の点に注意する必要があります。

 

対面での契約を行う

契約書類を作成する際は、必ず対面での契約を心がけましょう。対面での契約は、契約を結ぶファクタリング業者が信頼の置けるところであるか確認をする上でも意味のあることです。

逆に、来社を断ってくるなど対面での契約を嫌う業者は実体がない会社であるなど、悪徳業者である可能性がありますので、注意が必要です。

 

契約内容での不明点は必ず確認する

どんなに些細な内容でも、契約時に不明点が発生した場合は確認をするようにしましょう。不明な用語や費用・決済日、買取対象の売掛金債権など、わからないことをそのままに契約を結んでしまうと、後々会社の資金繰りに大きな影響を及ぼします。

 

必要書類や情報は事前に準備しておく

ファクタリング契約に必要な書類は事前に準備しておくと、契約がスムーズに進みます。また、契約の際にヒアリングを受ける情報についてもあらかじめ情報を整理しておきましょう。

ファクタリング事業者より確認される情報には、以下のようなものがあります。

情報名内容の詳細
会社概要会社名・現住所・登記上住所・電話番号・FAX番号・メールアドレス・資本金・設立年月日・事業内容・会社ホームページURL・従業員数
代表者情報代表者名・生年月日・自宅住所・固定電話・携帯電話番号・FAX番号・居住年数と住居種類・月額家賃もしくは住宅ローン費用・家族構成
財務状況売上・当期純利益・直近の売掛金と受取手形・前期流動資産額・前期流動負債額・前期純資産額・借入金額・債務超過・税金・社会保険納付状況・債権譲渡登記の有無・資金調達の希望金額・資金調達の希望日・資金の使途・売掛先への通知可否
銀行口座情報売掛金の入金口座・ファクタリング会社からの入金口座
譲渡希望の売掛金情報会社名・住所・代表者名・電話番号・メールアドレス・ホームページURL・業種・売掛金の内容・売掛金の金額・支払い予定日・支払い条件・年間取引額・取引期間

 

違法業者に気をつける

ファクタリング事業者を利用する場合は、違法性のある事業者ではないか必ず確認をするようにしましょう。

例えば2017年には、あるファクタリング会社が「貸金業無登録」でありながら、売掛金を担保に高金利で貸し付けを行い、貸金業法違反の罪で逮捕されたという事件も発生しました。

利用の際の手数料や費用が事前の話と異なっていたり、契約後の書類の控えを渡さない、また株式譲渡契約を結ばされるなどといった業者は、違法性のある事業者である可能性が高いため、契約を結ぶ前に、しっかりと見極めておくことが重要です。

 

ファクタリングを成功させる秘訣はこちらの記事で解説しています。

 

ファクタリングのオススメ業者10選

ここでは、資金調達プロでオススメのファクタリング事業者10社を集めてみました。経営者間で人気が高い業者が中心となっていますので、業者を選定する場合の参考にしてみてください。

 

ビジネクスト

ビジネスローンや不動産担保ローンを中心に手がけるビジネクスト。ファクタリングサービスの提供も行っており、売掛債権を持つの国内法人であれば利用が可能です。また、大手消費者金融であるアイフルのグループ企業であるという側面も持っています。

ビジネクスト

画像:ビジネクスト(ファクタリング)より

ビジネクストのファクタリングサービスは、「手数料が2%~と安い」「大手なので安全な資金調達が可能」というメリットがあり、初めてファクタリングを利用するという場合でも安心して利用できるというところがポイントです。

最大1億円までの売掛金を限度に現金化できますので、大型の資金調達での利用もおすすめです。

参考リンク:ビジネクスト(ファクタリング)

 

りそな決済サービス

りそなホールディングス100%出資子会社であるりそな決済サービスは、代金回収代行業・ファクタリングサービスを中心に、大手企業の他、中小企業も対象とし、様々な業務サービスを提供しています。

りそな決済サービス

画像:りそな決済サービス株式会社(ファクタリング)

少額の売掛金からでも対応可能で、多くの法人から利用されているのが最大の特徴です。また、「でんさい(電子記録債権)」を活用した「でんさい活用型ファクタリング」の取り扱いも行っています。

参考リンク:りそな決済サービス株式会社(ファクタリング)

 

みずほファクター

みずほ銀行グループのファクタリング事業者、みずほファクター。メガバンク傘下のファクタリング事業者であるため、その高い信頼性は折り紙つきです。

みずほファクター

画像:みずほファクター(ファクタリング)

他の事業者と比較して審査が厳しい傾向にありますが(取引先についても厳正な審査があります)、手数料が安く、海外取引の国際ファクタリングに対応するなど、幅広いサービスでも評判の高い事業者となっています。

なお、取り扱いのあるファクタリングサービスは、3社間取引のみとなります。

参考リンク:みずほファクター(ファクタリング)

 

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターは、メガバンクの一角を担う三菱UFJフィナンシャルグループ傘下のファクタリング事業者です。通常のファクタリング業務のほか、代金回収業務・でんさい一括ファクタリング業務を取り扱っています。

三菱UFJファクター

画像:三菱UFJファクター(ファクタリング)

1977年創業で40年以上の実績を誇りますが、利用にあたっての審査は厳しく、現金化までの日数を要します。また、3社間取引がメインとなっており、大手らしく少額の取り扱いは難しい傾向にあります。ただ、大手ならではの信頼と実績で、利用者からの評価が高い事業者といえるでしょう。

参考リンク:三菱UFJファクター(ファクタリング)

 

オリックス

大手金融事業者でもあるオリックスでもファクタリングサービスを提供しています。対応領域の幅広さには定評があり、スタッフの専門性の高さでも評価の高い事業者です。

オリックス

画像:オリックス(ファクタリング)より

ファクタリングについては、3社間取引のみの取り扱いとなっており、全体的に審査は厳しいとされています。また、大手らしくファクタリング以外の金融系サービスも幅広く取り扱っているため、資金繰りに関する各種相談に応じてもらうことも可能です。

参考リンク:オリックス(ファクタリング)

 

三共サービス

2001年創業のファクタリング事業者、三共サービス。最短2日でのスピーディーな現金化と1.5%~の圧倒的な手数料の安さで多くの経営者からの支持を得ています。

三共サービス

画像:株式会社三共サービスより

三共サービスは、ファクタリング事業者としての資金力に定評があるため、1億円ほどの高額案件でも超短期間で準備可能な点もうれしいところです。

また、実績ある事業者でもあり、長年に渡り培われたノウハウも豊富なため、安心して利用することができます。2社間・3社間取引いずれにも対応していますので、資金繰りにお悩みの経営者の方はぜひご相談ください。

公式サイト:株式会社三共サービス

 

東京スター銀行

個人向けローンでおなじみの東京スター銀行も「売掛債権担保ローン」という名称でファクタリングサービスを提供しています。銀行ならではの手数料の安さが魅力となっており、まとまった資金調達を希望する事業者の方に高い評価を得ています。

東京スター銀行

画像:東京スター銀行より

東京都に事業所がある場合は、東京都から売掛債権の調査費用についての補助を受けることもできます。

回収までの期間が20日以上の売掛金であれば対象となりますが、譲渡禁止特約のある売掛金や反対債権がある売掛金等は、サービスの対象外となりますのでご注意ください。

参考リンク:東京スター銀行

 

ワダツミ

3社間取引のファクタリングを専門に取り扱うワダツミ。2004年創業で、業界内では実績のある事業者として知られています。

ワダツミ

画像:ワダツミ株式会社より

原則3社間取引のみの取扱となるため、ワダツミを利用したい場合は、取引先の理解が必要となります。

手数料と現金化スピードについては、他社と比較しても平均的な事業者ですので、取引先の理解を得ることができる場合であれば、検討の余地があるファクタリング事業者といえます。

参考リンク:ワダツミ株式会社

 

NTTファイナンス

NTTグループ傘下のファイナンス事業者であるNTTファイナンス。30年以上の実績を誇り、NTTグループの決済業務を主に請け負っています。ファクタリングサービスも取り扱っていますが、3社間取引がメインとなっています。

NTTファイナンス

画像:NTTファイナンスより

3社間取引がメインとなっていることもあり、手数料は5%程度~と低めに抑えられているのも大きなポイントです。手数料が低めに設定されているため、少しでも多くの現金化を希望する場合にもおすすめできる事業者です。

また、取引先から警戒されてしまいがちな3社間ファクタリングを行う際にも、大手で安定性の高いNTTグループの企業が間に入っているということで、スムーズな資金調達にもつながります。

参考リンク:NTTファイナンス(ファクタリング)

 

七福神

七福神は、株式会社ZERUTA(本社:東京)が提供するファクタリングサービスです。法人向けの2社間・3社間ファクタリングのほか、個人向けに給料を買い取る給料ファクタリングサービスを提供している点が他社と異なる最大のポイントです。

七福神

画像:七福神より

給料ファクタリングは、国内では取り扱いのある事業者が少ないため、七福神は金融ブラックの方でも即日現金化可能と注目のサービスです。融資扱いではないため、利息も不要です。

また、七福神の給料ファクタリングサービスでは、勤務先の給料ファクタリングを知られたくない方のために、本人と七福神間の2社間契約も提供しています。

その他、株式会社ZERUTAでは、法人の方向けの資金繰りに関する無料相談も実施していますので、ぜひこちらもご利用ください。

参考リンク:七福神(株式会社ZERUTA)

 

 

まとめ|ファクタリングなら事業資金は今すぐ調達できる!

今回はファクタリングで事業資金を調達する方法について取り上げてきました。一見難しそうに見えるファクタリングですが、上手に活用することで資金繰りに悩む経営者の方の強い味方になってくれるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

安定した売掛金をお持ちの事業者の方は、ぜひ本記事で取り上げた内容を参考に、スピーディーな資金調達が可能なファクタリングの利用をおすすめします。

 

記事の内容まとめ

  • ファクタリングは資金繰りに悩む経営者の強い味方
  • 利用業者を選定する場合は、手数料にも着目しよう
  • メリットとデメリットを確認した上での利用を
  • 必要書類や契約書の準備は万全に

 

その他、資金調達プロ内でファクタリングについて取り上げている記事をまとめました。

あわせて読みたい関連記事

個人事業主でもファクタリングが利用できる!フリーランスの生活を支えるGMOのFREENANCE【2019年最新情報】

売掛債権担保融資とファクタリングの違い、売掛債権担保融資で資金調達するメリット【2019年最新ビジネスニュース】

【最新版】ファクタリングとは?ファクタリングの意味と売掛金買取で資金調達に成功する10の法則!

ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

ファクタリングと電子登録債権の違い

売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

売掛債権を担保にして資金調達!事前に決めるべき6つの項目とは?

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

参考記事:今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2019年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2019年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/17 09:21
    無料診断がされました。
  • 11/17 08:39
    無料診断がされました。
  • 11/17 07:32
    無料診断がされました。
  • 11/17 01:45
    無料診断がされました。
  • 11/16 23:35
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

ファクタリングの関連記事(62件)

1 2 3 4 5 13

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全858件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる