PayPay(ペイペイ)完全マニュアル!使い方からメリットまで徹底解説

ゆきひろ
ゆきひろ
更新日2022/6/30

「100億円あげちゃうキャンペーン!」

これは、2018年12月より行われた、PayPayの最大20%ポイント還元キャンペーンです。この大々的で、少し変わったネーミングのキャンペーンにより、ユーザー数は400万人以上に拡大! さらに、現在は第二弾のキャンペーンが開催され、大きな注目を集めています。

PayPayロゴ

(引用:PayPay公式サイト

 

今回の記事では、スマホだけで楽々キャッシュレス決済ができる「PayPay(ペイペイ)」を紹介していきます。特徴やメリット・デメリットはもちろん、画像付きで詳細な登録方法、チャージ方法もお伝えしています。

PayPayの運営はヤフーが中心となって行われているため、すでに「Yahoo! JAPAN ID」を所有していたり、ヤフー関連のサービスを利用することが多い方に最適です!

なお、キャッシュレスについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

1. PayPayとは?

お店のレジで携帯を使って支払う人

PayPay(ペイペイ)とは、店舗での決済(支払い)をスマホひとつで手軽にできるサービスです。PayPayのアプリにお金をチャージして利用するので、「プリペイド式の決済サービス」となります。2018年10月より、ヤフーとソフトバンクが共同出資して設立したPayPay株式会社によってスタートしました。

こうしたスマホ決済サービスについては、PayPayが登場する以前にも数多くの種類がありましたが、2018年12月に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」で注目を集め、サービス開始からわずか4カ月で400万人のユーザーを獲得しました。

また、PayPayはユーザーばかりではなく、導入する店舗側にとっても大きなメリットがあるので、利用できるお店が拡大しています。

 

店舗が電子マネーやクレジットカードの決済サービスを導入する場合、専用端末や、レジとの売上共有などで多額の資金が必要でした。しかし、PayPayの導入費用は無料なので、ファミリーマートやサンドラッグ、魚民など、幅広い業種の店舗で実装されています。ユーザーにとっても、利用できる環境が増えることは大きな利点です。

まだPayPayをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてこの記事を読み進めていってくださいね。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

なお、自分の店舗にPayPayを導入したい方は以下をご覧ください。今なら初期導入費、決済手数料など各種費用がお得になる大規模キャンペーン中です。

PayPay公式サイト

 

では、PayPayとは、一体どのような決済サービスなのでしょうか。ここから詳しくお伝えしていきます。

 

PayPay決済の仕組み

PayPay決済に対応した店舗なら、スタッフに「PayPayで」と申し出ることで手続きができます。この手続きには2種類の方法があり、それぞれ手順が少し異なります。

 

【お店にQRコードがある場合】

お店にPayPay専用のQRコードがあれば、PayPayアプリからそのコードを読み取ってください。すると、アプリ上に会計金額を記入する画面が表示されるので、商品の購入金額を入力します。あとはその画面をスタッフに確認してもらうと、決済は完了です。

 

【お店にQRコードがない場合】

お店にPayPay専用のQRコードがなければ、PayPayアプリから発行したバーコードをスタッフに提示します。すると、スタッフがそのバーコードを専用端末で読み取るので、それで決済は完了です。

 

このように、PayPayの決済は簡単な手続きだけで済み、支払いも瞬時に完了します。

では、PayPayの決済にはどのような支払方法があるのでしょうか。以下3つの支払方法から選ぶことができます。

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

 

PayPay残高は、銀行口座からチャージすることで利用できるお金が貯まっていきます。あらかじめPayPayの口座にお金を貯めておけば、小銭やクレジットカードなしでショッピングが楽しめるでしょう。

Yahoo!マネーは、1円単位で買い物に利用できる、ヤフー専用の電子マネーのことです。「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」、「LOHACO(ロハコ)」での決済に対応しており、商品代金の1%分のTポイントが還元されるメリットがあります。

 

また、あらかじめPayPayにクレジットカードを登録しておくことも可能です。PayPayの決済時にクレジットカード払いを選択することで、後ほどそのカード会社に料金が請求されます。クレジットカードを持っていなくても、「カード払い」ができるので便利です。PayPayに登録できる国際ブランドは以下の2種類となっています。

  • VISA
  • MasterCard

 

継続してチャージすればPayPay残高の有効期限も気にならない

PayPay残高については、以下のように2つの種類に分かれています。

  • PayPay残高ライト:PayPay残高にチャージした金額
  • PayPay残高ボーナス:特典やキャンペーンなどで付与された金額

 

そして、PayPay残高の有効期限については、「PayPayライト」もしくは「PayPayボーナス」の残高が変動した日から2年後までです。もう少し簡単に説明すると、チャージや特典付与などで、1円でも残高数が変動すれば、その時点から2年の有効期間が設定されます。

つまり、基本的に2年以内の期間内で、チャージさえ繰り返し行っていれば、特に有効期限を気にする必要もありません。ただし、その2年の間に残高に変動がなければ、PayPay残高が失効してしまうので気をつけてください。

 

PayPayが利用できる店舗

PayPayはまだ登場して間もない決済サービスですが、すでに100社以上がPayPay決済を導入し、現在も広がりを見せています。その理由として、やはり店舗の導入コストが低いことが挙げられるでしょう。店舗は、初期投資・固定費・決済手数料・入金手数料が無料で決済サービスを実装できます。

 

PayPay決済が利用できる店舗は以下の通りです。

業種・業態 店舗名・ブランド名
家電量販店 ヤマダ電機
ビックカメラ
エディオン
コジマ
ジョーシン
ソフマップ
ベスト電器
TSUKUMO
100満ボルト
マツヤデンキ
パソコン工房
GOODWILL
コンビニ・スーパー ファミリーマート
ミニストップ
ローソン(2019年3月26日より)
ポプラ
セイコーマート
ドラッグストア ウエルシア
ハックドラッグ
ゲンキ-
クスリのアオキ
ドラッグイン キムラヤ
ドラッグ新生堂
ドラッグイレブン
飲食店 松屋
上島珈琲店
ピザーラ
キッチンオリオン
和民
にくスタ
アメリカンレストラン&バー TGIフライデーズ
三代目 鳥メロ
旅行・宿泊 H.I.S.
ホテルモントレグループ
マイステイズホテルズ
マンスリーレジステイズ
アパレル earth music & ecology
アメリカンホリック
グリーンパークス
koe
ジーンズメイト
DIESEL
タクシー 伊予鉄タクシー
江ノ島タクシー
第一交通産業
アミューズメント ジャンカラ(ジャンボカラオケ広場)
カラオケ歌之助

(2019年3月時点)

参考:PayPayが使えるお店(公式サイト)

 

PayPayへの登録は空き時間1分からOK!

PayPayの登録方法は、アプリをダウンロードし、「Yahoo! JAPAN ID」でログイン(もしくは電話番号とパスワードを設定)、あとはチャージかクレジットカード登録ですぐにでも利用ができます。

早ければこの手続きも1分程度で済むので、手軽に始められる点が魅力です。

詳しい登録方法については後ほど紹介していきます。

 

まだPayPayをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてこの記事を読み進めていってくださいね。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

 

2. PayPayのメリット

虫眼鏡でBenefitsの文字を拡大している

PayPayの特徴として、3種類の支払方法や、幅広い利用可能店舗などを紹介してきました。そして、その特徴から、今度はPayPayを利用するメリットについてお伝えしていきます。

PayPayのメリットは以下3つのポイントに分類することができます。

  • 完全無料で利用できるほか、新規登録で500円ゲット!
  • 「PayPayボーナス」でポイント還元、クレジットカードで二重取りも可能!
  •  買い物時に財布やクレジットカードも不要

 

上記はいわば「PayPay独自の強み」と言い換えることも可能です。存分にその強みを発揮できるよう、PayPayのメリットを詳しく知っていきましょう。

 

完全無料で利用できるほか、新規登録で500円ゲット!

PayPayでは、新規ユーザー向けに「はじめ特典」というキャンペーンを提供しています。キャンペーンといっても、特に期間が定められているわけではないので、新規ユーザーなら誰でも特典が受けられる点が魅力です。

「はじめ特典」では、PayPayに新規登録したユーザーなら誰でも、500円相当のPayPay残高をゲットできます。特に条件も存在せず、新規登録が完了した時点で、PayPay残高に500円が反映されています。

 

先ほどもお伝えしましたが、この500円は2年間のチャージや特典付与などがないと失効してしまうので、新規登録するタイミングに注意しましょう。

 

「PayPayボーナス」でポイント還元、クレジットカードで二重取りも可能!

「PayPayボーナス」とは、PayPay決済を行った際に、支払総額の0.5%分のポイントが還元されるサービスのことです。

たとえば、ビックカメラで10万円のエアコンを購入し、PayPayで支払いを行ったとしましょう。すると、購入金額10万円の0.5%にあたる500ポイント(500円相当)がPayPay残高(PayPayボーナス)に付与されます(一か月につき5,000ポイントまで)。

このPayPayボーナスは、PayPay残高と同じように、次回より買い物の決済時に利用可能です。その場合は、決済時にPayPay残高の「PayPayボーナス」を選択してください。

 

また、このポイント還元は、PayPay決済であれば支払方法は問いません。PayPay残高や「Yahoo!マネー」、クレジットカード決済のいずれでも0.5%の還元が受けられます。

ちなみにPayPayボーナスを受け取るときは、クレジットカード決済がお得です。クレジットカード決済であれば、0.5%のPayPayボーナスポイントに加え、各種カード会社から受け取れるポイントも同時に付与されます。

つまり、ポイントの二重取りが可能です。マイルやOkiDokiポイントなど、有利に貯めていきましょう!

 

買い物時に財布やクレジットカードも不要

PayPayは、銀行口座からPayPay残高にチャージを行うか、クレジットカードを登録して利用することが多いです。決済時には、アプリでQRコードを読み取る、もしくは画面内のバーコードを店員に見せるだけで済むので、財布やクレジットカードも必要ありません。

 

 

3. PayPayのデメリット

お金とリスクの天秤

PayPayのメリットについて、500円ゲット特典や、二重取りのポイント還元などをお伝えしてきました。しかし、PayPayは必ずしもメリットばかり存在しているわけではありません。

いわゆるPayPayのデメリットですが、以下の2点が挙げられるでしょう。

  • PayPay残高へのチャージ方法が限られる
  • 支払いに若干の手間がかかる

 

PayPayはまだ誕生したばかりのサービスということもあり、他の電子決済サービスと比べると、少しだけ使いづらさを感じる部分もあります。こうしたデメリットの部分については、PayPayは登録無料なので、後から気付いても大丈夫かと思います。ただ、登録する手間もありますので、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

PayPay残高へのチャージ方法が限られる

PayPay残高へのチャージ方法は、基本的に銀行振込となります。しかし、現時点で利用できるのは三菱UFJ銀行の1行のみです。三井住友銀行や、りそな銀行など、大手銀行でも、PayPayのチャージには対応していないことが多くなっています。

では、他のチャージ方法はないのでしょうか。

 

実は、「Yahoo!カード」というクレジットカードを利用してチャージすることも可能です。ただし、現在はこの「Yahoo!カード」と、三菱UFJ銀行からの振り込みにしか対応していません。電子決済サービスとしては、大きなネックポイントと言えるでしょう。

ただし、チャージ方法については今後、PayPay株式会社によって改善が進むはずです。大手銀行を中心に、多種類のクレジットカードにも対応するようになっていくでしょう。

 

支払いに若干の手間がかかる

PayPayの支払い方法は、他の決済手段と比べると少しだけ手間がかかることがデメリットです。先ほども紹介しましたが、PayPayはアプリのバーコードを店員に見せたり、店内のQRコードを読み取って会計金額を入力して決済を行います。

その際にわざわざアプリを立ち上げる必要があるので、急いでいるときには不向きと言えるでしょう。現金の場合は小銭やお札を出せば済みますし、クレジットカードの場合も、暗証番号を入力する程度で完了しますよね。

急いでいるときには現金やカード払い、ポイントを貯めたいときなどにPayPayを利用する、このように使い分けて対応すると良いでしょう。

 

 

4. PayPayのセキュリティについて

南京錠を選択する手

PayPayは2019年1月より、「3Dセキュア」という本人認証サービスを開始しました。3Dセキュアとは、事前にクレジットカード発行会社で任意のパスワードを設定し、PayPayにてパスワードを登録することで、第三者による「なりすまし(不正ログイン)」を防ぐ方法です。

 

この3Dセキュアを導入するに至った経緯は、2018年12月に起きたPayPayを経由したクレジットカードの不正利用が発端でした。12月4日から開始した「100億円あげちゃうキャンペーン」で多くの新規ユーザーを獲得したPayPayでしたが、特定のアカウントにクレジットカードが勝手に登録され、PayPay決済を通じて不正に利用されていることが明るみに出たのです。

(参考:BusinessJournal、2018/12/19、PayPay、不正利用の温床に…脆弱な安全対策で利用者が犠牲、“急ぎ過ぎ”がアダ

 

その後、PayPay株式会社は早急に報道の検証にあたり、被害に遭ったユーザーに対しては全額補償を表明しました。以下、PayPay株式会社の公式発表より一部抜粋しています。

 

調査の結果、クレジットカード登録時にセキュリティコードを20回以上入力し登録に至った件数はPayPayのサービス開始以来13件であり、クレジットカード情報の入力回数に制限を設けるだけでは根本的な対策にはならないと判断しました。

PayPayにおける不正利用の主な要因は、悪意ある第三者が何らかの方法で、外部で入手したセキュリティコードを含むクレジットカード情報が利用されたことである可能性が高いため、このたび3Dセキュアの対応を決定いたしました。

また、上記13件のうち、PayPayでの利用があった9件について、カード会社と連携しご利用状況を確認したところ、全てご本人による登録と利用であったことが判明しています

PayPayでは、クレジットカード不正利用の対策として、2019年1月に3Dセキュアに対応いたします。クレジットカードを登録いただいたお客様に3Dセキュアのパスワードを入力いただきます。決済のたびに入力いただく必要はございません。

(参考:PayPay株式会社、2018/12/27、3Dセキュア(本人認証サービス)の対応と、クレジットカード不正利用への補償について

 

この3Dセキュア実装により、以前のような不正利用が再発することは考えにくいものの、ユーザーとしてもしっかりと対策を講じておく必要があるでしょう。たとえば、パスワードをランダム性が高く、文字数を多く設定したり、定期的に変更したりすることで、ログイン情報を特定されにくくすることができます。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

5. PayPayの利用方法

カードと携帯

PayPayの利用方法は2種類です。

  1. 店舗にあるQRコードをアプリで読み取る
  2. 店員にバーコードを提示する

 

まだPayPayをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてこの記事を読み進めていってくださいね。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

まずはPayPayに対応した店舗に行き、専用のQRコードが置いてあるか確認しておきましょう。QRコードがあれば、上記の1番目の支払方法をお試しください。

手順は以下の通りです。

  1. 店員に「PayPayで」と伝える
  2. PayPayアプリでQRコードを読み取る
  3. アプリ上で会計金額を入力する
  4. 店員にアプリ画面を確認してもらう

 

paypay QRコード決済

(出典:PayPay公式サイト

 

QRコードのない店舗の場合は、以下の手順で決済を行います。

  1. 店員に「PayPayで」と伝える
  2. PayPayアプリから発行されるバーコードを提示する
  3. 店員がバーコードを読み取って完了

 

paypay バーコード決済

(出典:PayPay公式サイト

 

 

6. PayPayの登録手順

PayPayの登録手順は以下3つの流れで進みます。

  1. アプリダウンロード
  2. 電話番号とパスワード設定(もしくは「Yahoo! JAPAN ID」で登録)
  3. メイン画面へ(登録完了)

 

アプリをダウンロードすれば、その後の手続きはとても簡単で、1分程度の時間があれば済みます。ここからは、それぞれの手順について画像付きで詳しくお伝えしていきましょう。

 

1.アプリダウンロード

まずはPayPayのアプリをダウンロードしましょう。もちろん、ダウンロードは無料です。iPhoneの方はAppStoreより、Androidの方はGooglePlayよりダウンロードしてください。以下リンクより各ストアにアクセスすることができます。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

2.電話番号とパスワード設定(もしくは「Yahoo! JAPAN ID」で登録)

ダウンロードしたアプリを起動すると、最初に「新規登録」の画面が表示されます。

 

登録画面1

 

上から「携帯電話番号」と「パスワード」を設定し、その下の「新規登録」をクリックしてください。

もし、「Yahoo! JAPAN ID」をお持ちの方であれば、「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をクリックしましょう。すると、下のようにヤフーのログイン画面が表示されます。

 

登録画面2

 

登録済みのIDや携帯電話番号、もしくはメールアドレスを入力し「次へ」を押します。その後、同様にパスワードを入力して「ログイン」をクリックしてください。

 

登録画面3

 

最後に携帯電話番号を入力します。すると、その番号宛にSMSが届きますので、中に記載されている認証番号をアプリ内に入力してください。

これでPayPayとヤフーとの紐づけができました。次回より、「Yahoo! JAPAN ID」を利用してログインすることが可能です。

 

3.メイン画面へ(登録完了)

新規登録が終わると手続きは完了です。以下のようにアプリのトップ画面が表示されます。

 

登録画面4

 

今度は、決済サービスが利用できるように、銀行口座を登録していきましょう。

 

 

7. PayPayに銀行口座・クレジットカードを登録して使う方法

PayPay決済を行うには、クレジットカードを利用して支払う方法と、PayPay残高から支払う方法があります。そのため、まずはPayPay残高に入金するための銀行口座を登録したり、クレジットカードを登録しなければなりません。

登録の手順としては、以下3つの流れに沿って行います。

  1. Yahoo!マネー・Yahoo!ウォレットの登録
  2. 銀行口座の登録
  3. クレジットカードの登録

 

ここでは、銀行口座やクレジットカードを登録する方法について解説しています。(画像出典:PayPay公式サイト

 

1.Yahoo!マネー・Yahoo!ウォレットの登録

まずはPayPayのアプリを立ち上げて、ホーム画面右下にある「アカウント」をタップします。

yahoo!マネーウォレットの登録1

 

次に、「お支払い方法の管理」をタップします。

yahoo!マネーウォレットの登録2

 

「Yahoo!マネーを登録する」をタップしてください。

yahoo!マネーウォレットの登録3

 

すると、登録するPayPayIDが表示されますので、問題なければ画面下の「同意する」をタップします。

yahoo!マネーウォレットの登録4

 

次は、携帯電話番号を入力し、「認証する」をタップします。すると、番号宛にSMSが送信されるので、中に記載されている認証コードをアプリに入力してください。

yahoo!マネーウォレットの登録5

 

最後にプロフィールの設定を行います。登録情報の確認や変更時などに使用する暗証番号と、表示名(ニックネームなど)を設定します。

yahoo!マネーウォレットの登録6

 

これでYahoo!マネー、Yahoo!ウォレットの登録は完了です。

 

2.銀行口座の登録

次に銀行口座を登録していきます。アプリのホーム画面から、右下にある「アカウント」をタップします。

銀行口座登録1

 

次に「お支払い方法の管理」をタップしてください。

銀行口座登録2

 

「チャージ用の銀行口座を追加」をタップします。

銀行口座登録3

 

預金払い用口座の一覧が表示されるので、指定の銀行をタップします。その後、銀行ごとに手続きページが表示されるので、画面の案内に従って登録を完了してください。

銀行口座登録4

 

3.クレジットカードの登録

次にクレジットカード登録を行っていきましょう。「Yahoo! JAPANカード」を登録する方法も同じ手順で行います。

まずはアプリのホーム画面より、右下の「アカウント」をタップします。

クレジットカード登録1

 

「お支払い方法の管理」をタップします。

クレジットカード登録2

 

「クレジットカードを追加」をタップしてください。

クレジットカード登録3

 

「Yahoo!ウォレットからインポート」または「クレジットカードの追加」をタップします。

クレジットカード登録4

 

「Yahoo!ウォレットからインポート」の場合 >は、インポートしたいクレジットカードを選択します(⑤-a)。

クレジットカード登録5

 

「クレジットカードの追加」の場合 は、 クレジットカード情報をカメラで読み取る、または必要情報を入力し、「追加する」を選択します(⑤-b)。

クレジットカード登録6

 

本人認証サービス(3Dセキュア)の本人認証用パスワードを入力すると、登録が完了します。

クレジットカード登録7

 

 

8. PayPayをチャージして使う方法

PayPay残高から支払いを行う場合、銀行口座やクレジットカードを登録しただけでは利用できません。残高にお金をチャージしておく必要があります。

チャージの方法は簡単です。

 

まだPayPayをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてこの記事を読み進めていってくださいね。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

まずは、アプリのトップ画面から、「残高を表示」という項目をタップします。

チャージ1

 

次に、「あなたの残高」に表示されている[+]をタップします。

チャージ2

 

チャージ手段の選択で、チャージしたい口座もしくはYahoo! JAPANカードを選択し、チャージしたい金額を入力します。入力する金額は100円以上から、となります。

チャージ3

 

最後に、「チャージする」をタップすると完了です。

チャージ4

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

9. PayPayのポイント還元

積み木で右肩上がりに星を並べる人

PayPayのポイント還元は、商品やサービスの購入総額の0.5%です。このポイント還元は「PayPayボーナス」と呼ばれ、PayPay残高の中にある「PayPayボーナス」にポイントが加算されます。1ポイント=1円で、決済時にPayPayボーナスを選択すれば、商品やサービスを購入するために利用することも可能です。

 

また、クレジットカード決済で商品の支払いを澄ましたときも、同様に0.5%分のポイント還元が受けられます。さらに、クレジットカードのポイント還元も同時に受けられ、ポイントの二重取りが可能です。

たとえば、クレジットカードのポイント還元率が1%だとすると、PayPayボーナスの0.5%も合わせて、合計1.5%のポイントが受け取れます。大変お得な仕組みなので、コンビニやスーパー、家電量販店などで支払うときは、PayPayのクレジットカードに集約させると良いでしょう。

 

 

10. PayPayから出金する

携帯を見ながらATMを操作する人

PayPayにチャージした残高や、「100億円キャンペーン」などで付与されたPayPayボーナスは、店舗やWebショップなどで商品・サービスの決済として利用できまし。

しかし、せっかく貯まったポイントやお金。どうせなら、現金化して利用する方法はないのでしょうか。

 

2019年3月9日時点では、PayPay残高を銀行口座に送金したり、PayPayボーナスを現金化することはできません。ただし、今後はサービスを拡充して、出金や現金化にも対応していくようです。

 

PayPay残高を出金する機能は現在ございません。恐れ入りますが、何卒ご了承ください。

なお、銀行口座に出金する機能は、今後ご提供予定となっております。
ご用意できる時期などについては未定ですので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

(参考:PayPayカスタマーサポート、PayPay残高を銀行口座に出金したい

 

現在でも、PayPay残高のメニュー項目には、「銀行口座に出金」というボタンが用意されていますが、現時点では使えなくなっています。今後はどのような対応になるかは分かりませんが、「今後、出金できる新しい電子マネーを提供予定です」と記されており、出金用の電子マネーが別に発行される可能性もあるでしょう。

 

 

11. PayPayはこんな人におすすめ

グッドサインを出す女性

PayPayは、ヤフーとソフトバンクが提携して立ち上げた決済サービスのため、「Yahoo! JAPAN」のサービスや機能と密接な関わりがあります。そのため、こうしたPayPayのメリットを活かせる人が、利用に向いていると言えるでしょう。

PayPayにおすすめの人としては、以下2つのポイントが挙げられます。

  • Yahoo!サービスを定期的に利用する方
  • Yahoo! JAPANカードを利用している方

 

PayPayは「Yahoo! JAPAN ID」と連携することで、簡単にログインできたり、「Yahoo! JAPANカード」で楽々チャージが可能です。普段からヤフーのサービスを利用している方にとって、PayPayは非常に使いやすい決済サービスとなります。

まだPayPayをインストールしていない方は、以下からダウンロードしてこの記事を読み進めていってくださいね。

available on the App Store

Google Playで手に入れよう

 

12. まとめ

今回はPayPayの特徴やメリット・デメリット、具体的な使用方法などをお伝えしてきました。

PayPayには、新規登録だけで500円分のPayPay残高をゲットできたり、クレジットカードを登録してポイント二重取りが可能など、様々なメリットがありました。また、チャージして使い続ければ、PayPay残高の有効期限を気にせず利用できることも大きな利点です。

PayPayの登録は1分程度で行えます。「Yahoo! JAPAN ID」を保有している方であれば、さらに手続きは簡単です。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**s様が
    100万円を調達しました。

  • w******u様が
    300万円を調達しました。

  • h****f様が
    100万円を調達しました。

  • g**j様が
    200万円を調達しました。

  • r*****q様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング