消費者金融の意味と役割、消費者金融カードローンの特徴を解説!

master
master
更新日2022/6/30

NEW!プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

消費者金融の意味、役割をご存じでしょうか? 消費者金融は個人を対象とした小口の貸付に対する総称です。日本ではサラ金と呼ばれることもありましたが、現在はイメージの問題から消費者金融という愛称が使われることが多いようです。

消費者金融の意味と役割、消費者金融カードローンの特徴

本記事では、消費者金融の意味や仕組みについて解説しましょう。

 

その前に・・・「カードローンで即日融資」を受ける方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ、本記事と合わせて参考にしてみてください。

 

参考:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

 

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

人気の消費者金融カードローン

 

経営者や個人事業主、一般にお勤めの方、主婦の間で人気が高いローンを5つ紹介します。

 

良く知られている消費者金融カードローン
・  プロミス
・  プロミスレディースキャッシング
・  アイフル
・  SMBCモビット
・  レイクALSA

 

消費者金融カードローンのメリット

 

消費者金融のカードローン最大のメリットは、どの方法よりも審査が速く「即日融資に強い」点にあります。例えば、上記のアイフルは特に融資スピードが速く『最短25分』で審査結果が通知されます。

* WEB申込なら最短25分融資も可能です
* お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

 

消費者金融の意味

 

消費者金融とは、「消費者信用貸し付け」を指しており、個人に対し「原則保証人・担保なしで」融資を行う小口融資のこと。

 

カードローン会社によっては、最高300万円〜500万円といった高額融資にも対応するが、50万円以上の借入には所得証明書が必要です。また、他社でキャッシングの借入がある場合は、合算し100万円を超える場合(新規借入希望額を含む)同じく所得証明書が必要になります。

 

消費者金融カードローンとは?

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。
以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

 

さて、消費者金融にあまりよくないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、どんなローンも結局は使い方次第です。確かに消費者金融には問題点も多いですが、うまく使えば経営の助けになることはあります。

 

消費者金融カードローンと総量規制

 

消費者金融カードローンは、総量規制の対象となり年収の3分の1を超える借入はできません。

 

貸金業法において、貸金業者から顧客に対する貸し付け額の制限のことを指す。総量規制の下では、年収の3分の1以上の融資は受けられない(※ 所得が無い、専業主婦への貸付もNG。)

ただし、銀行については銀行法の適用となり、明確な年収の制限や専業主婦への融資について規制は設けられていない。このため、一部の銀行カードローンは専業主婦からの申し込みを受け付けている。

 

銀行ローンは、総量規制の対象外ですが、2018年1月から即日融資が出来なくなり、審査には時間が掛かってしまいます。このため、融資をお急ぎの方には消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

 

【PR】資金調達プロの最新ニュースはTwitterでも好評配信中!

 

消費者金融カードローンのお役立ち記事

 

このほか、資金調達プロで「消費者金融カードローン」について取り上げた記事を紹介しておきます。

 

・  消費者金融の仕組み、消費者金融カードローンの正しい使い方

・  ノンバンクとは?カードローンなど、銀行以外の金融業者でお金を借りるメリット

・ ノンバンク融資を味方に付けて、事業資金を確保する6つのメリット

・ 【低金利・高額もOK?!】信販会社カードローンのすべて

・  【30分で30万円手に入れる】消費者金融系カードローンって大丈夫?

プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

 

消費者金融の強みと弱みを知り、適切な使い方をすることが大切です。

 

なお、同じノンバンクのローンでも『事業資金の融資』を受けるなら以下のビジネスローンに申し込むのがオススメです。オンライン申込で今スグ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • a******o様が
    200万円を調達しました。

  • q*****t様が
    1100万円を調達しました。

  • t**g様が
    300万円を調達しました。

  • j******y様が
    300万円を調達しました。

  • c***s様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング