ローン返済中でも貯金をしたい!上手な両立のポイントとは

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/5/16

NEW!プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

あなたは、「今借りているローンを返済中でも貯金をしておきたい!」という希望はありませんか?

早めのローン完済を達成したいけれど、返済を優先するあまり、手元にお金がない・・・となると、急に現金が必要となったときには「しまった!」ということにもなりかねませんよね。

いざというときのためにも、ローン返済中に貯金をしておくことは重要です。「でも返済中の貯金は難しそう」そう二の足を踏んでしまう方もいるでしょう。

そこで、ここでは「ローン返済中の貯金」ということについて一度考えてみたいと思います。自由になるお金が少しあるだけでも、精神的にもきっと楽になるはずです。

「ローン返済を頑張っているけれど、貯金もしておきたい!」そのようにお考えの方は、本記事の内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

▊「 ローン返済中の貯金」をする必要はあるのか?

「ローンの返済中には貯金などせず、とにかく返済を優先すべき」近頃このような意見はあちこちで目にしませんか?

確かにカードローンやキャッシング、クレジットカードのリボ払いなどは金利が高い(商品によっては、上限金利が年18%ほど)ため、銀行に預けた結果の利息が微々たるものであると考えると、ある種うなずける話ともいえるでしょう。

 

しかし、ローンの返済を優先するあまり、貯金が全く無かったとしたら・・・。もしあなたに「万が一」のことが起きた場合、どうすればよいのでしょうか。突然のケガや病気、冠婚葬祭など、急に現金が必要となるシーンは実に多くあります。そんな時、全く現金が用意できなければ、また新たにローンを利用することになってしまいますよね。そしてまた新たな借金を作ってしまうことになり、借金の返済に追われる・・・。このような状況ですと、「ローン完済は夢のまた夢」という気分にも陥ってしまうのも無理はありません。

だからこそ、「ローン返済中の貯金」は「必要」といえるのです。返済を行いながらの貯金は難しい面もありますが、ポイントを押さえつつ実践すれば、誰にでも可能です。

現在、「ローン返済中だが貯金がない」という方は、ぜひ「ローン返済中の貯金」にチャレンジしてみましょう。

 

 

▊ ローンの返済をしっかり行うためのポイントとは?

ローン返済中に貯金をしたいと希望する場合、まずは月々の返済をしっかりと行っていく必要があります。

では、そのローンの返済をしっかり行っていくには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ポイントとしては次の点が挙げられます。

 

早め早めの返済を心がける

ローンの返済を優先する場合には、とにかく早め早めの返済を心がけることをおすすめします。そのためには、毎月の給料が入った、早い段階で返済をするのがよいでしょう。

「最終的に残った金額を返済しよう」と考えると、なかなかローンの返済は終わりません。心がけ次第で、ローンの返済を優先することが可能となります。

 

利息分についての意識をする

ローン返済中は、月々いくらの利息を支払っているかについて意識をするように心がけましょう。利息は、返済の期間が長引けば長引くほど、総支払額が増え、その分返済への負担も増えていきます。

また、常に支払利息について意識をしておくことで、早めの返済への意欲も高まることが考えられます。ただなんとなく定額を返済し続ける場合と比較し、ぐっと返済スピードが早まるはずです。

 

貯金と返済のバランスに気をつける

貯金をしつつ、ローンの返済を行っていく場合は、この「貯金と返済のバランス」に十分気をつける必要があります。

ローンの返済を優先するがあまり、手元に全くお金が残らないというのも不安が残りますよね。「手元にお金がまったくない」ということは、もし急な出費が発生した場合、また新たなローンを組む必要が出てくるということでもあります。そうすればまた新たな借金が発生し、返済が待っている・・・この繰り返しが続いてしまうのです。

 

また、場合によっては、新規のローンを組めない場合もあり得ます。その結果、ヤミ金といった違法業者に手を出してしまうことも考えられなくはありません。それはまさに負のスパイラルともいえます。逆に貯金分にお金を回し過ぎた結果、月々の返済が滞り、生活にも支障がでるという場合もありますので、注意が必要です。

そのためにも、ローン返済を行っていくときには、常に貯金とのバランスには気を配ることをおすすめします。

 

 

▊ 効率のよいローンの返済方法とは?

それでは、効率よくローンを返済していくための方法とはどのようなものが考えられるのでしょうか。

一番効率の良いローンの返済方法は、「毎月入金された給料を受け取ったところで、定額の返済を行う。その後、手元にお金をいくらか残すための貯金をし、さらに余裕があれば次回給料日の前に繰り上げ返済をする。」ということでしょう。

この方法であれば、毎月計画的な返済を行うことが可能ですし、なおかつ手元にお金を残しつつ、効率的にローン残高をへらすこともできます。効率のよいローンの返済方法を模索している方は、ぜひこの方法を実践してみてください。

 

 

▊ ローンの繰り上げ返済にぴったりのタイミングとは?

早めの返済で利息分の負担を抑えることのできるローンの繰り上げ返済。この繰り上げ返済を上手に行っていくためのタイミングにはどのようなものがあるのでしょうか。タイミングをしっかりと理解することで、効率の良い返済が可能となります。

一般的に、繰り上げ返済に適したタイミングには、次のようなものがあります。ローンの繰り上げ返済を行う上でぜひ参考にしてみてください。

 

ある程度の貯金ができた時

ローン返済と貯金を並行している方であれば、ある程度の貯金ができた時に繰り上げ返済を行うのがよいでしょう。貯めたお金を繰り上げ返済にあてるため、今までの借入を一気に返済することも可能です。

 

手元の資金に余裕がある時

手元に余剰資金がある場合、繰り上げ返済に利用することができます。毎月の返済とは別に、返済を行っていくため、元金を減らし、早めの完済を目指す場合におすすめです。また、少しでも返済期間を短くすることにより、最終的な支払利息を軽減することができます。

特に少しずつでも返済を早めていきたいという方にはおすすめの方法といえるでしょう。

 

臨時の収入ができた時

臨時収入が入った時も、繰り上げ返済をするのに適したタイミングです。このタイミングで返済をする場合、毎月の返済は続けつつ、臨時収入が入ったときには、返済可能な額をまとめて返済してしまうのです。

この方法を取ると、現在貯金がないという方でも無理のない返済をすることができます。「早めに完済はしたいが、精神的な返済負担も少なくしたい」という方には最もおすすめの方法です。

繰り上げ返済にあたっては、ここに挙げたタイミングの中から、自分にぴったりのタイミングを見極めることが大切です。繰り上げ返済を上手に活用することで、利息の負担を減らすこともできますし、返済の長期化を防ぐことも可能となります。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

▊ ローン返済中の貯金額、増やすためのポイントは?

それでは、ローン返済中の貯金額を増やすには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。ここでは、ローン返済中でも手元に少しでも多くのお金をとっておく方法について検討してみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

生活に必要なお金を見直してみる

ローン返済中でも貯金額を増やすための第一歩として、生活に必要なお金で少しでも節約できるところがないか見直してみましょう。

例えば、今利用しているスマートフォン。月々の支払い料金をもっと安くすることはできないでしょうか。もし、今利用しているスマホがを大手キャリアのものであれば、SIMフリーの格安スマホに乗り換えることを検討してみても良いですよね。これだけでも月々の支払い料金を節約することは可能です。

また、現在賃貸住宅にお住まいの方であれば、家賃の安いところに引っ越すのも一つの手です。光熱費の使いすぎがあれば、こちらを見直してみるのも良いでしょう。

このように、毎月何気なく生活するために支払っているお金を節約するだけで、ローン返済中に貯金を増やす余裕も出てくるのではないでしょうか。

 

返済と貯金に割り振る額をしっかりと検討する

返済中でも貯金をしていくためには、返済と貯金に割り振る額をしっかりと検討する必要があります。

返済・貯金どちらかの負担が大きい状態ですと、最終的にはどちらも達成できないまま・・・ということにもなりがちです。また、「早く完済して楽になってしまいたい!」という思いが強いあまり、手元にほとんどお金を残さないまま繰り上げ返済などを焦ると結局月々の返済が滞ってしまった、ということもあり得ます。

確かに繰り上げ返済は、利息の負担をへらすなどメリットもありますが、利用する際には現在の生活に支障が出ないか、しっかりと見極めをしていくことが大切です。

ローン返済中の貯金額を増やすためにも、これらのポイントに気をつけながら日々の生活を送ってみてください。

 

 

▊ ローンを完済しても、貯金は継続しよう

さて、めでたくローンを完済した後は、ついつい気が緩み、以前のようにお金を使いたくなってしまいますが、ここで一旦立ち止まって考えてみましょう。

過去のように、お金を使いすぎるとその先に待っているのは再びの借金生活・・・。返済に追われた日々のことを思い返すと、「また同じような経験はしたくない!」そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

先ほども説明したとおり、手元に全くお金が残っていないというのは、借金を抱えているのと同様に大きなリスクです。急な冠婚葬祭や思いがけないケガや病気、失業など・・・人生の突発的な事態に対応できなければ、また新たな借金を抱えることにもなりかねません。これではせっかく頑張ってローンの返済を行ったとしても、全て水の泡になってしまいますよね。

そのためにも、たとえローンを完済した場合でも、これまでと変わらず貯金を継続することをおすすめします。貯金額は、今までどおり無理のない金額で問題ありません。

また、資金がある程度貯まってきたら、投資にチャレンジしてみるのもよいでしょう。手元に貯金があるということが、自分に対しての大きな自信になりますし、万が一の場合の保険として役立つことがあるはずです。

 

 

まとめ:ローン返済中も貯金を増やすことは可能。ただしあくまでも無理のない範囲で!

いかがでしたか?

ローン返済中でも貯金を増やすことは、心がけ次第で可能ということはおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただ、ローン返済と貯蓄を両立させるためには、無理は禁物です。生活がギリギリの状態なのに貯金をしたり、ローンの返済をしたとしても、いずれはまた借金生活となり、結果的に生活が破綻してしまいます。

常に返済額と貯蓄額のバランスを考えつつ、先取りで計画的な返済を行っていくことが、ローン返済中も貯金を増やすポイントといえるでしょう。

ぜひご自身に無理のない範囲で、本記事でご紹介した内容を試してみることをおすすめします。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • g*****i様が
    900万円を調達しました。

  • g**d様が
    600万円を調達しました。

  • a****i様が
    900万円を調達しました。

  • y***u様が
    100万円を調達しました。

  • t**p様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング