閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

自動車ローンってどのようなもの?内容について確認してみよう

NEW!【2019年最新】プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

自動車購入に関する費用をまかなう際に利用されることの多い「自動車ローン」。

この「自動車ローン」、新車や中古車の購入費用だけでなく、ドライブレコーダー・ETC購入などの車関連諸費用、修理費用や車検費用などクルマに関係することであれば何でも利用することができます。そして、銀行や信販会社、自動車の販売ディーラーといった実に様々なところがこの「自動車ローン」を提供しています。あまりの数の多さに、申し込みをする段階になって「一体どの自動車ローンが良いのだろう・・・」と迷われてる方もおられるのではないでしょうか。

でも、「自動車ローン」とはどういうものなのか、内容についてはご存知でしょうか。ここで「自動車ローン」の内容や特徴、そもそもの歴史などを知っておくと、よりよい「自動車ローン」選びが可能になるかもしれませんね。

そこで、本記事では、この「自動車ローン」についての特徴や利用・審査の方法、メリット・デメリット等について調査をしてみました。

今現在「自動車ローン」の申し込みを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

※ 「自動車購入のための貸付を受けたいけれど、自動車ローンの審査に落ちてしまった・・・」

このような方が融資を受けるにあたって、少しでも低金利のカードローンの利用を検討されている方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。(原則使途自由となっているため、自動車購入のためのローンとして利用することも可能です!)何と言っても初めての方は「30日間無利息」で、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申し込んだことのある人は、こちらの2つもチェックしてみてください。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

▊ 自動車ローンとは?

自動車の購入の際に、分割払いを行うことで自動車購入資金を融資するローン商品のことを「自動車ローン」といいます。「自動車ローン」は、「マイカーローン」または「オートローン」といった名前でも呼ばれており、どちらかというと、これらの呼び名のほうがなじみがあるかもしれませんね。

「自動車ローン」には、「銀行・信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクといった金融機関により提供されているもの」と、「自動車メーカーのディーラー(販売事業者)が提供するもの」の2種類に分けられます。

そもそも「自動車ローン」は1920年代のアメリカで、大手自動車メーカーであるGM(ゼネラルモーターズ)やクライスラーが導入したことが始まりと言われています。これにより、いわゆる低所得層の家庭でも、分割払いで車を購入することができるようになったたため、中流・上流階級の家庭と同じように高級車を手に入れることが可能となりました。

その後、日本でも、「自動車ローン」は、1960年代にプリンス自動車(現在の日産自動車の前身)により導入されました。そして、1980年代には、自動車メーカーのディーラーが販売促進のため、「割賦販売方式」を導入したディーラーと購入者の間での「2者間取引」をするところが増えていきました。しかし、この割賦販売方式を採用する場合、万が一不渡りが発生した場合のリスクがディーラー側にとって大きな負担となるといった理由もあり、現在ではあまり一般的な方法ではなくなりました。

そのため、現在の「自動車ローン」では、自動車ディーラーと購入者の間に、信販会社や銀行、ファイナンス会社が入る「3・4者間取引」が一般的となっています。

▊ 自動車ローン、カードローンと比較した場合のメリットとデメリットは?

「カードローンを利用して、自動車を購入したい・・・」そう考えたことはありませんか?

でも、自動車もしくは自動車関連の支払いをするにあたっては、カードローンを利用するよりも自動車ローンを利用したほうがメリットがある場合もあります。具体的にカードローンと自動車ローンとではどのような違いがあるのか、両者を比較した場合のメリット・デメリットについて確認をしてみましょう。

自動車ローン利用のメリット

自動車関連の費用をまかなうために、自動車ローンを利用することのメリットには、次のようなものが挙げられます。

金利が低い

まずなんといっても、自動車ローンは金利が低いというメリットがあります。特に、銀行や信用金庫が発行する金融機関系の自動車ローンは金利年2.0%に満たないものも多いのです。

これは、金利が低いと言われている銀行カードローンでもなかなか見当たらないのではないでしょうか。金利の負担を少なく、自動車の購入を考えている方にとっては自動車ローンはぴったりの商品といえるでしょう。

消費者金融系カードローンを利用する場合は総量規制の対象となる

カードローンでも消費者金融系カードローンを利用している場合は、年収の3分の1以上の貸付を禁止する総量規制の対象となります。そのため、自動車購入をするにあたって、実際に希望する額を借り入れることができない場合があります。

自動車ローンはディーラーローンも含め、総量規制の対象外となっていますので、総量規制によりローンの限度額が制限されることはありません。

自動車ローン利用のデメリット

それでは、カードローンを利用せず、自動車ローンを利用した場合のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

審査に通りにくい

審査に通りやすいとされているディーラーローンであっても自動車ローンの審査は、カードローンの審査に通過するよりも難しい傾向があります。その代わり、自動車ローンは、カードローンと比較して金利も低めに抑えられているのです。

自動車関係の用途以外には利用不可

自動車ローンはあくまでも自動車購入の他、自動車関連費用に利用することを目的としたローンです。そのため、その他の用途に利用することは原則不可となっています。用途を選ばず利用したい場合は、やはり資金使途自由なカードローンの利用がおすすめです。

金融機関の自動車ローンの場合、審査に時間がかかる

銀行などの金融機関が提供する自動車ローンの場合、審査には時間を要します。短いもので1週間、長いもので1ヶ月かかるものもあります。通常のカードローンの場合は、申込み後即日で結果のわかるものも多いため、審査結果や融資を急ぐ方には向いているといえます。

▊ 自動車ローンはどこで借りることができるのか?

それでは自動車ローンにはどのようなところから借りることができるのでしょうか。

自動車ローンは、「銀行・信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなどといった銀行等の金融機関が提供するもの」と「デイーラーが提供するもの」とに分けられます。そして「ディーラーが提供する」自動車ローンとは、一般的に「ディーラーローン」と呼ばれているもので、各自動車ディーラーの傘下にある信販会社が提供する商品となります。

金融機関が提供する自動車ローンは、ディーラーローンと比較して金利が低めに設定されていて人気も高いのですが、その分審査の通過が難しい傾向があります。そのため、審査が比較的やさしく、自動車販売店でそのままローン契約の手続きが可能なディーラーローンを検討する方も多いようです。

この2つの具体的な違いについては、次の 「金融機関ローンとディーラーローンの違い」でみていきたいと思います。

▊ 金融機関ローンとディーラーローンの違いは?

それでは、金融機関ローンとディーラーローンの違いとはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを取り上げながら確認をしてみましょう。

金融機関のローン

金融機関の自動車ローンは、銀行・信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンクなどの金融機関が発行するローンを指します。この他にも、信販会社が発行する自動車ローンも存在します。

金融機関の提供する自動車ローンのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット

  • 低金利
  • ローンの種類が豊富
  • 金利優遇措置がある

銀行や信用金庫などの金融機関が提供する自動車ローンは、一般的に低金利で、ローンの種類が豊富であるというメリットがあります。年2%を切る商品も多数あり、利息の負担を抑えたい方にはぴったりといえるでしょう。

また、給与振込口座や公共料金引落し口座を設定している場合、住宅ローンを利用している場合などは、金利優遇のサービスが受けられる場合もあります。すでに利用実績のある金融機関で自動車ローンを利用する場合には、重要なチェックポイントになるのではないでしょうか。

デメリット

  • 審査が厳しい
  • 審査に時間がかかる
  • 保証料や事務手数料などの費用が必要なところもある

金融機関が提供する自動車ローンは、審査が厳しい傾向があります。年齢や勤続年数などの制限が課されている商品もありますので、注意が必要です。また、審査に時間がかかることも多く、急ぎでローンを組みたいという方にはあまり向いていません。時間がかかるものになると、申し込みから融資まで最短で1週間ほど、長ければ1ヶ月を要するものもあります。

また、ローンを利用する際に保証料や事務手数料などの費用が別途必要となる金融機関もあります。中には保証料が金利に含まれている銀行もありますので、商品概要をよく確認してみましょう。別途費用が必要となる場合は、あらかじめ準備をしておくと手続きがスムーズに進みます。

ディーラーローン

ディーラーローンとは、自動車メーカーの販売店が提携する信販会社が提供する自動車ローンのことを指します。ディーラーローンのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 審査がやさしい
  • 審査スピードが早い
  • ローン利用時の手続きが簡単
  • 在籍確認不要
  • 土日祝日も対応可能

ディーラーの自動車ローンは、銀行などの金融機関が提供する自動車ローンと比較して、審査が比較的やさしめとなっています。勤務先への在籍確認もありません。また、自動車メーカーのディーラーで購入と同時に直接手続きすることができるため手間が少ないというメリットがあります。

審査スピードは大変早く、申込みから審査終了までの所要時間は1時間程度となっています。そのため、早めの審査回答を希望されている方にはぴったりです。ディーラーで直接手続きを行うことができるため、土日祝日もそのまま対応してもらうことができます。

デメリット

  • 高金利
  • 返済期間が短い
  • 車を売却する際は、一括返済の必要がある

一方、ディーラーの自動車ローンは、銀行等の自動車ローンと比較して高金利な傾向があります。返済期間も短めに設定しているところが多く、金融機関が10年程を設定しているのに対し、6~7年位が平均とされています。そのため、ディーラーの自動車ローンのほうが、月々の返済負担も大きくなる傾向にあります。

また、ディーラーローンを利用して返済が完了していない場合、車を売却する際には、貸付を受けた分について一括返済を求められますので、注意が必要です。これは、ディーラーローンを利用する場合、ローンが完済されるまで車の所有権を持てないためです。一方、銀行などの金融機関系ローンを利用する場合、車の所有権を購入当初から持つことができます。

※ 「自動車購入のための貸付を受けたいけれど、自動車ローンの審査に落ちてしまった・・・」

このような方が融資を受けるにあたって、少しでも低金利のカードローンの利用を検討されている方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。(原則使途自由となっているため、自動車購入のためのローンとして利用することも可能です!)何と言っても初めての方は「30日間無利息」で、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申し込んだことのある人は、こちらの2つもチェックしてみてください。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

▊ 自動車ローン、選ぶ際にはどのようなポイントがあるの?

自動車ローンを選ぶ際には、どのような点に気をつけていくとよいのでしょうか。ここでは、自動車ローンを選ぶにあたって気をつけていきたいポイントについて確認をしていきたいと思います。

金利

自動車ローンを選ぶにあたって、「金利」は重要なポイントです。金利が低ければ低い商品ほど、返済時に支払う利息の負担が少なくなります。

自動車ローンの金利には、固定金利・変動金利が採用されていますが、通常、変動金利のほうが金利設定が低めです。ただし、変動金利の場合は、その時の景気により利率が変動しますので注意が必要です。

そのため、ローンを契約する際には、金利を確認すると同時に、返済までに支払う利息をシミュレーションしながら検討することが大切です。

審査基準

申し込みを検討している自動車ローンの「審査基準」を確認することも大切です。多くの自動車ローンでは、審査基準として、「過去の金融事故情報」や「年収」「勤続年数」「職種」「居住年数」などの確認が行われます。

「過去の金融事故情報」は、信用情報機関の個人データを照会することで確認がとれますので、信用情報に不安のある方は、一度開示請求をしてみるとよいでしょう。

融資のスピード

利用する自動車ローンの種類によって、融資のスピードが異なります。自動車ディーラーが提供するディーラーローンは、ローンの申し込みをしてすぐに融資を受けることができますので、「とにかく融資をすぐに受けたい」という方にはおすすめです。

反対に、金融機関が提供する自動車ローンは、融資まで時間を要するものが多いため、急ぎで融資を受けたいという場合は避けたほうが懸命といえるでしょう。

ローンに含まれる範囲

原則新車・中古車を問わず自動車購入の費用として利用することのできる自動車ローンですが、その利用範囲は利用するローン商品により異なります。例えば、車関連諸費用、修理費用や車検費用の他、自動車免許取得のための費用を借入の範囲に含めることができるものもあります。

そのため、自動車ローンを利用する際には、どこまでがローンで利用できる範囲にあたるのか、確認をした上で申し込みをすることをおすすめします。

金利以外の費用

自動車ローンを利用するにあたって、金利以外の費用の要不要を確認しておくとよいでしょう。必要となる費用には、「保証料」と「繰り上げ返済手数料」が挙げられます。

「保証料」は、金利に含まれるタイプと別途支払うタイプの商品がありますので、申込みの際にはしっかりと確認しておきましょう。

「繰り上げ返済手数料」は、その名の通り繰り上げ返済を行う際に必要となる手数料です。なお、自動車ローンの中には、繰り上げ返済を受け付けない商品もありますので、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

返済期間

返済期間も自動車ローンを利用する際には重要なポイントです。選択した自動車ローンによって、返済までの期間は異なるため、よりゆとりを持って返済をしたいと考えている場合は、返済期間が長めの商品を選ぶとよいでしょう。

なお、返済期間が短い商品であればあるほど、月々の返済負担が増える傾向にあります。注意しましょう。

繰り上げ返済・一括返済が可能か

「ローンの返済総額を少しでも減らしたい」「金利負担を少なくしたい」
そう考えて、自動車ローンの繰り上げ返済や一括返済を検討される方も多いのではないでしょうか。
実際、繰り上げ返済や一括返済を利用することで、自動車ローンの返済負担を減らせるというのは大きな魅力ですよね。

しかし、自動車ローンを提供している金融機関によっては、繰り上げ返済や一括返済が利用できないところもあります。また、繰り上げ返済や一括返済が利用できたとしても、別途手数料が必要となる場合もあります。

そのため、自動車ローンの繰り上げ返済や一括返済の利用を考えている場合は、申し込み前に一度確認をすることをおすすめします。

 

▊ 自動車ローンの審査の流れ、どのようになっているの?

自動車ローンの審査は、「金融機関のローン」と「ディーラーローン」とで異なります。それぞれの審査の内容について確認をしておきましょう。

金融機関のローンの審査

金融機関の自動車ローンを申し込むと、まず金融機関が提携している保証会社による仮審査が行われます。保証会社は、申込者の信用情報や勤務先・年収・勤続年数といった属性を点数化し、一定の点数以上となった人に対して仮審査OKの回答を出します。仮審査の結果が出るまでにはそれほど時間がかかることはなく、ここまでは早いもので最短即日という商品もあります。

その後、仮審査通過OKとなった申込者に対してのみ、本審査を行います。この本審査を行うのは、銀行や信用金庫といった各金融機関です。本審査に通過できた段階で、金融機関と初めて融資の契約を結ぶことができます。

なお、金融機関のローン場合は、契約の際、多くの書面による手続きや提出書類の多さにより、郵送による手続きや金融機関店頭に出向かなければならない場合も発生します。書類の用意に時間がかかってしまう場合もあるので、少しでも早めの融資を希望する場合は、あらかじめ準備をしておくのがおすすめです。

そのため、申込みから実際の借入はまでは、長いものだと1ヶ月ほどを要するものもあります。金融機関の自動車ローンを利用する際には、そのあたりも見積もった上で申し込み手続きをするとよいでしょう。

ディーラーローンの審査

それでは、ディーラーローンの審査はどのようになっているのでしょうか。

ディーラーローンの審査は、車を購入する段階で行われます。そして審査結果は、販売店にローンの利用を申し込めば最短数十分で判明します。場合によっては、翌日以降の審査結果回答となる場合もありますが、金融機関の自動車ローン審査(本審査)のように何日も待たされることは基本ありません。

また、車を購入したその場で申し込みができますので、郵送や店頭に出向いて手続きをすることもなく、スムーズなやり取りが期待できます。

土日祝日もディーラーは営業していますので、平日忙しくなかなかローンの契約の時間などとれない、という方でも問題なく利用できるという点でもディーラーローンはポイントが高いローンです。

とにかく早く「審査結果を知りたい」「自動車ローンを組みたい」「面倒な手続きはイヤ」という方にとっては、ディーラーローンはぴったりの自動車ローンといえるでしょう。

まとめ:自動車ローンを利用する際には、ポイントを確認の上、自分にぴったりの商品を選ぼう!

いかがでしたか?

自動車ローンを選ぶ際には、内容をしっかりと理解し、重要な点を確認の上、自分にぴったりの商品を選びましょう。それぞれの商品の特徴やメリット・デメリット等をしっかり抑えておくことが、最適な自動車ローン選びに向けた重要なポイントになるかもしれませんね。

通常のカードローンとは異なる「自動車ローン」をぜひ上手に活用して、素敵なカーライフを送ってみてください。

※ 「自動車購入のための貸付を受けたいけれど、自動車ローンの審査に落ちてしまった・・・」

このような方が融資を受けるにあたって、少しでも低金利のカードローンの利用を検討されている方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。(原則使途自由となっているため、自動車購入のためのローンとして利用することも可能です!)何と言っても初めての方は「30日間無利息」で、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申し込んだことのある人は、こちらの2つもチェックしてみてください。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/19 21:57
    無料診断がされました。
  • 09/19 20:58
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:49
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:47
    無料診断がされました。
  • 09/19 17:25
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(241件)

1 2 3 4 5 49

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全802件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる