カードローン審査に不安あり!審査通過のために気をつけることとは?

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/5/16

NEW!プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

カードローンを申し込みするにあたって、気になることの一つとして挙げられるのは「審査に通過できるか」ということではないでしょうか。

 

書籍のレビューで稼ぐ

 

「同じように申し込みをするのであれば、少しでも審査がやさしいカードローンに申し込みたい」と希望される方も多いでしょう。

特に「今すぐにでもお金を借りたい!」という方にとっては、カードローンの審査が厳格かどうかが死活問題になる可能性だってありますよね。

 

そこでここでは、「カードローンを利用して、とにかく今すぐにでもお金を借りたい!」と希望される方のために、カードローンの審査についてその内容をご紹介していこうと思います。

現時点でカードローンに申し込みをしようとされている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

▊ カードローンの審査とは?

そもそもカードローンの審査とは何のために行うものなのでしょうか。

それはズバリ「お金を貸すにあたって、貸したお金を返済する能力があるか」を確認するためのものとなります。

 

カードローンを発行する銀行や消費者金融側からすると、貸したお金の返済が滞り回収不能な状態となってしまう(=貸し倒れ)ことが一番恐れていることですので、そのリスクを避けたいと考えています。

ですので、あらかじめローンの契約を行う際には、審査を行い、貸し倒れリスクが高いと判断した人に対しては融資を実行しないという流れになっています。

 

そのため、カードローンを利用するためには、申込者全員が審査を受け、ローン会社側でリスクが少ないと判断された人のみがお金を借りることが可能となります。

審査の際は、申込者の属性の他、過去に利用したローンの返済状況などが確認されます。

 

 

▊ カードローンの審査の流れはどのようになっているのか

それでは、カードローン審査の流れはどのようになっているのでしょうか。ここで一度確認をしておきましょう。

カードローン会社により詳細な部分は異なりますが、一般的に次のような形となっています。

 

①必須書類を準備する

審査に申し込むために、必要書類を準備します。必要書類としては、運転免許証等の本人確認書類が必要です。

もし運転免許証がない場合は、どのような書類が必要か、各ローン会社のホームページを確認してみるとよいでしょう。

その他、希望融資額によっては、源泉徴収票等の収入証明書が必要となる場合もあります。

 

②書類提出後、申し込みを行う

申込書の他、必要書類を準備し、申し込みを行います。

申し込み方法は、各カードローン会社により異なりますので、確認の上、手続きを行ってください。

 

③ カードローン会社側で審査を行う

必要書類をカードローン会社側で受理後、審査を行います。

審査にかかる時間はカードローン会社により異なりますが、最短数十分というところもあります。早めの審査回答を希望する方は、そのような商品を狙って申し込みをするのもおすすめです。

 

④審査通過後、契約を行う

審査に通過した場合、カードローン会社側より審査通過の連絡があり、契約書類が送付されます。

受け取った書類に記入を行い、カードローン会社へ提出します。

 

⑤ローンカードが発行される

カードローン会社側で契約書類受理後、ローンカードを発行します。

ローンカードの受け取り方法は、各ローン会社により異なりますので、各社ホームページ等を確認するとよいでしょう。

 

 

▊ カードローンの審査に使われる情報には何がある?

カードローンの審査は、「信用情報」「収入」「他社からの借り入れ状況」「年齢」などの情報を基として、貸し倒れのリスクを判断します。

ここでは、これらカードローンの審査基準に利用されている情報について確認をしておきましょう。

 

信用情報

信用情報とは、個人のクレジットカードやローンの借り入れに関する利用状況について記録したものを指します。

そして、この信用情報は「信用情報機関」と呼ばれるところに登録されており、信用情報機関の会員となっているクレジットカード会社や金融機関は、内容を簡単に確認することができます。

 

信用情報機関には、延滞情報が5年、債務整理の情報が5年(官報情報については5年~10年)、多重申込は6カ月といった形で金融事故情報が記録されています。

 

収入

収入が安定しているか否かは、キャッシングの審査を行う上で重要なポイントとなります。継続的に安定した収入のある人は、ローン会社からみても貸し倒れリスクの少ない人と判断されるため、審査に通過しやすくなります。

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員の方と比較して、正社員の方がローンの審査に通過しやすいのはそのためです。

 

他社からの借り入れ状況

他社からどれくらいの借り入れがあるのかは、重要なポイントです。特に消費者金融カードローンの場合は、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上の借り入れはできません。

すでに他社から借り入れがある場合は、合算しての借入額となりますので、審査に通過することが難しくなります。

 

また、複数社から借り入れがある場合も多重債務者のイメージが強く、ローン会社側も「貸し倒れ」のリスクを心配するため、審査に影響する場合があります。

 

年齢

カードローンを利用する上でもう一つ重要となるポイントとして、利用者の年齢が挙げられます。

多くのカードローンでは、利用対象者を「20歳~65歳未満」と設定しているものが多いため、この範囲に該当しない場合は、そものそも審査に通過することができません。

 

カードローンの審査基準については、以下の記事でもご紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

カードローンの審査内容|カードローン会社が審査で重視するポイントはコレ!

 

 

▊ カードローンの審査に通過しやすくするためには?

それでは、カードローンの審査に通過しやすくするためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?

ここでは、審査に通過しやすくするために気をつけるべき点について、簡単にご紹介します。

 

融資限度額を必要以上に高くしない

融資限度額は必要以上に高くしないようにしましょう。

初めて利用する場合には、10万円程度の借り入れがおすすめです。きちんと返済を実行し、正常な利用履歴を作ることで後々限度額も上がっていきます。

 

利用目的を具体的に伝える

利用目的を具体的に伝えることで審査に通過しやすくなります。「レジャー」や「冠婚葬祭」など、きちんとした目的を伝えると良いでしょう。

ただし、「ギャンブル」目的での利用となると、審査には通過しにくくなってしまいます。注意しましょう。

 

属性は良好な状態にしてから

カードローン審査には、個人情報となる「属性」がスコアリング(点数化)され、審査の基準として利用されます。(ただし、カードローン会社により、属性それぞれの点数の付け方は異なるとされています。)

特に審査に必要となる属性情報には、「住居形態(持ち家、社宅、賃貸等)」「家族構成(配偶者の有無・同居家族の人数)」「年収」「勤務先(一部上場企業かそれ以外か)」「勤続年数」「雇用形態(正社員・契約社員・派遣社員・フリーター等)」などが挙げられます。

 

もし、これらの属性情報に不安のある方は、カードローンの審査に少しでも通過しやすくするために、属性は良好な状態にしてから申し込みを行うとよいでしょう。

 

他社からの借り入れは可能な限り返済

他社から借り入れを受けているときは、可能な限り返済を行ってからにしましょう。

特にすでに多くの借り入れを受けていると、さらに新たに借り入れを受けることで総量規制の対象である年収3分の1を超えてしまうこともあります。このような場合は、審査に通過することができませんので気をつけましょう。

 

その他にも、カードローン審査に通過するためのコツについては、以下の記事も参考になります。

カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる 

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

▊ カードローンの審査、落ちる理由にはどのようなものがあるのか

カードローンの審査に落ちる理由には、「過去に利用したローンで信用情報に傷がついている」ということが挙げられます。

その中でも、カードローンの審査に影響する信用情報は次のとおりです。

 

  • 他社ローン(クレジットカード含む)の長期延滞
  • 携帯電話料金の長期延滞
  • 申し込みブラック(同時期の多重申込み)
  • 債務整理の経験がある

 

これらについて、一つずつ確認していきましょう。

 

他社ローン(クレジットカード含む)の長期延滞

他社ローンやクレジットカードを利用した場合、3ヶ月以上の延滞があると信用情報機関への登録の対象となります。

心当たりのある場合は、新規にローンの申し込みを行っても審査に通過しない可能性が高いと考えたほうがよいでしょう。

 

携帯電話料金の長期延滞

つい見落としがちな携帯電話料金ですが、本体料金を割賦払いしている場合は、その支払期限に注意が必要です。

長期延滞を行ってしまうと信用情報機関へマイナスの情報が登録されてしまいます。こちらも他社ローンやクレジットカードと同様、3ヶ月以上の延滞が対象となります。

 

申し込みブラック(同時期の多重申込み)

「申し込みブラック」という同時期のローン多重申込みも信用情報機関への登録対象です。

この場合、ローン会社で確認をとれるのは、あくまでも信用情報機関に登録されているローンの申込み情報だけです。ただし、この申込み情報が1ヶ月ほどの間に複数件集中していると、複数のローン会社からの同時借入を行う「多重債務者」の可能性を疑われます。

そのため、仮に同時期の複数ローンへの申し込みを希望している場合も、最大2社ほどに留めておくほうがよいでしょう。また、同時期の複数申込を行った場合は、1ヶ月以上の期間を置いた上で、次の申し込みを行うのがおすすめです。

 

債務整理の経験がある

自己破産などの債務整理を行った場合は、最短で5年、最長で10年は信用情報機関に情報が登録され続けます。

この場合、信用情報機関からの情報が削除されるまでは、新規のローンは組むことができないと考えておいたほうがよいでしょう。また、情報が削除されたあとも、新たに信用実績を積み直す必要があるため、さらに半年ほどはローンの審査に通過するのは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

 

なお、自身の信用情報について確認したい方は、信用情報を管理する「信用情報機関」に直接情報照会を求めることで可能となっています。

主な「信用情報機関」には、「日本信用情報機構(JICC)」「シーアイシー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」がありますが、インターネット(パソコンやスマートフォン)や郵送・窓口などから情報開示申し込みが可能です。

参考サイト①:株式会社日本信用情報機構(JICC)(情報開示手続き等のご案内)

参考サイト②:株式会社CIC(情報開示とは(自分の信用情報を確認))

参考サイト③:一般社団法人全国銀行協会「全国銀行個人信用情報センター 本人開示の手続き」

 

その他、カードローン審査の通過については、以下の記事も参考になります。「ローンへの申込みを何度か行っているが、審査に通過できない・・・」とお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。

お金を借りたいのにローン審査が通らないのはなぜ?キャッシングと与信業務の仕組み

 

 

▊ 信用情報には問題なし!それでもカードローンの審査に落ちてしまう場合とは?

「信用情報には自信がある。しかしカードローンの審査に通過できなかった・・・」

「情報開示請求をした結果、問題はなかったのに・・・」

 

このような場合、「過去にクレジットカードやローンの利用履歴がないため、信用情報機関でも信用情報が登録されていなかった」ということが考えられます。

特に今まで「クレジットカードを作りたくない」「安易にローンを組んで借金を作りたくない」と基本現金主義を貫いてきた方であれば、「なぜローン審査に落ちてしまったのか?」と悩んでしまう方もいるでしょう。

 

ただ、クレジットカード会社やローン会社側から見ても、(新卒でもない限り)信用情報が全く登録されていない人というのは、「貸したお金をきちんと返してくれるかわからない人」となってしまい、簡単に契約をすることができない相手となってしまうのです。

 

また、過去に債務整理などの金融事故を起こした場合も、信用情報が登録期間経過で情報が削除されているということが考えられます。

そのため、カード会社やローン会社からみると、「実は過去に金融事故を起こしているのでは?」と懸念する相手となるため、結果ローン審査に落とされてしまう場合もあります。

 

 

▊ 審査に通過しやすいカードローンはあるのか

それでは、少しでも審査に通過しやすいカードローンというものはあるのでしょうか。

 

カードローンには、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがありますが、その中でも消費者金融系カードローンは比較的申込しやすいといわれています。

例えば、ホームページ上で公表されている成約率をチェックしてみますと、「プロミス」の場合42%、「アイフル」の場合45%と比較的高い率となっています。申込者の2人に1人は審査に通過するイメージですね。

 

ただし、このように申込しやすい消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと比べると「金利が高い」というデメリットがあります。

ローン会社側からすると、「申込者を申込しやすくする」というリスクを抱えていることから、金利を上乗せしたローンを提供しているという側面があります。

 

しかし、これら大手消費者金融系カードローンの場合、初めて契約する場合に限り、契約から30日間利息0(ゼロ)などの「無利息期間サービス」が充実しているところも多数あります。

少しでも利息の負担を抑えたいとお考えの場合は、この「無利息期間サービス」が充実しているカードローンを狙ってみるのもよいでしょう。カードローンの「無利息期間サービス」は、先程ご紹介した「プロミス」や「アイフル」といった大手消費者金融で提供されています。ぜひ利用してみてください。

 

なお、カードローンの無利息期間サービスについては、以下の記事が参考になります。

カードローンの金利0円や「無利息サービス」とは?内容について確認しておこう!

 

また、銀行カードローンや消費者金融カードローンの他、近年はAIを用いた審査システムを採用するローンも人気があります。

ここでは、特に注目されている新ジャンルのカードローンとして「J.Score(ジェイスコア)」の「AIスコア・レンディング」をご紹介しておきましょう。

 

J.Score「AIスコア・レンディング」

「J.Score」は、みずほ銀行とソフトバンクにより設立されたFinTech(=テクノロジーを用いた金融サービス)企業です。

 

「AIスコア・レンディング」とは、この「J.Score」が提供するローン商品で、顧客の年齢や年収・勤務先等属性の他、性格や好み・ライフスタイルといった情報も取り入れ、顧客の信頼性や可能性を公正に審査するという点で非常に人気が高まっています。

審査のスピーディーさにも定評があり、最短30秒仮審査・最短即日融資が可能という点もうれしいですね。

ちなみに、このAIを用いた審査システムはだれでも受けることができますので、審査の通過が不安な方も安心してお申し込みください。

 

また、すでにみずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANをご利用の方ですと、これらの企業との情報連携を行った場合に限り、さらなる金利優遇のサービスも用意されています。

「J.Score」は、実店舗を持たない金融会社のため、申込みや契約の際に店舗に出向く必要もありませんので、日頃手続きのためになかなか時間がとれないという方にもおすすめです。

 

参考サイト:株式会社J.Score「AIスコア・レンディング」

 

 

まとめ:たとえ不安があっても、審査通過のコツをつかめばカードローン審査は怖くない!

いかがでしたか?

もし現時点でカードローン審査の通過に不安があっても、審査通過のコツをつかめば、カードローン審査は怖くないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

ただ、信用情報にキズがある状態で、新規のカードローンに申し込みを行ってもなかなか審査に通過することができませんので、その際は、信用情報のマイナス登録がなくなるまでは新規の申し込みは控えたほうがよいでしょう。

信用情報の開示手続きは、以外と簡単にできますので、もし信用情報に不安のある方は積極的に開示手続きを行ってみてください。

 

また、審査に不安があるからといって、「審査なし」などと謳っているローン商品に安易に手を出さないようにしましょう。

このような商品を提供する事業者には、違法業者が含まれている可能性があるためです。もし万が一、違法業者に手を出して被害に遭ってしまった場合は、速やかに最寄りの交番や警察署に相談をしてください。

 

その他、カードローン審査についてのお役立ち記事をまとめてみましたのでご紹介します。これからカードローンの申し込みを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・ 【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

 【保存版】カードローン24選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

・ カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる 

・ 楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

・ 即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

・ お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・ プロミス申込方法まとめ:Webの入力方法や審査に通る5つのコツ!

・ プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

・ プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • j****s様が
    300万円を調達しました。

  • w*****l様が
    800万円を調達しました。

  • m***f様が
    900万円を調達しました。

  • e****r様が
    900万円を調達しました。

  • j*****h様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング